銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

「それでもボクはやっていない」を観た・・・・。

2007-02-02 | 映画:ミニシアター

 
最近、富山で○○罪で実刑判決を受けた男の人が二年9ヶ月服役後、無罪だという事が判明した。それは昨年8月に別件で逮捕された男が「自分がやった」という自白からだ。警察の取調べもかなり不十分だったようである。しかし無罪であることを主張することも出来なかったその状況の裏には何があったのだろう?

この作品は11年ぶりに周防正行監督が“撮らないわけにはいかない”という使命感を持って作った初めての映画である。題材は冒頭で書いた冤罪がテーマだ。

2002年12月に、ある新聞記事と出会った監督。その記事の内容はこうだった東京高裁で痴漢事件の逆転無罪判決を伝えていた。被告人と家族、大学時代の友人らを中心とした支援者たちが、彼の無罪を勝ち取るために支援活動をして、検察官の有罪立証を覆し、無罪を取ったという内容だったそうだ。監督が今まで取り組んだ“素人ががんばる”というコンセプトにぴったりはまっていたのがひとつの大きな理由も・・・・。素人がプロと闘うなんてあまりない事なので、自分が漠然として思っていた裁判の姿と実際は違うのではと取材を始めたらしい。そして取材を進めるうちに、《裁判》というテーマに出会った。

周防監督の作品はこんなきっかけから誕生した。日本の刑事裁判の実態をこの作品を通して、えぇ〜こんなのありという疑問がたくさんある。一番の驚きは無実だと訴えたら、不利になるということ。素直に容疑を認めたら、身柄釈放→起訴(多くは略式起訴、正式裁判はなしで、書面のみ)→罰金刑 つまり前科がなければ、身柄釈放されて不起訴、もしくは起訴猶予という事が多い。もし起訴されたとしても多くは略式起訴で罰金刑の適用となる。そしてこの略式起訴は軽微な犯罪の場合に限る。やっていないと無実を主張するならば、留置場に勾留されるのだ主人公撤平(加瀬亮)は容疑を否認して、無罪を主張したので、4ヶ月もの間勾留に・・・。つまり否認続けることで勾留延長する可能性が多いようだ。勾留期限が切れるまでに検察官は起訴するか否かを決めなければならない。起訴が決定すれば、正式裁判となる。そして被疑者から被告人と立場がかわり、刑事裁判となるのだ

まだまだ分からないこと、理解できないことが多くあるが・・・。裁判所は被害者の供述を依拠して有罪判決を決めるという現実が今の状況だし、そしてあいまいな証拠で簡単に有罪されてしまうのも現実そしてもうひとつ、否認事件での有罪率は何と映画の中で述べられているように99.9%なのである

金子徹平はある日、会社の面接に向かう満員で痴漢と間違えられる。話せば分かると思っていた。駅員に促されるまま、駅事務所に行ったら何も言わずに警察官に引き渡されてしまうそこから徹平の人生は思わぬ方向へ・・・・。現行犯で逮捕何もやっていないという無実の訴えには、耳もかそうとしない警察官。否認を続ける事は立場が悪くなるから、罪を認めよ!と言う弁護士の言葉に驚く徹平・・・・。でもそれが日本の刑事裁判の実態だったやがて裁判が始まり、被告として立つ徹平

弁護士荒川正義(役所広司)
元裁判官、父親も冤罪事件を積極的に弁護した人権派の弁護士だった。正しい裁判を行えば冤罪は生まれないと思い、裁判官になったが、現実は単純ではなかった。父親の死後、裁判官を辞めて弁護士に・・・・。国家権力に物を言う個人でありたいという決意の元に弁護をしている

新人弁護士須藤莉子(瀬戸朝香)
荒川弁護士と同じツグミ法律事務所で、否認事件担当は初めて

斉藤達雄(山本耕史)
徹平の大学時代の友人、徹平と同じくフリーター、徹平の無実のために支援

金子豊子(もたいまさこ)
徹平の母、定職につかない息子のことを心配して上京する。突然の息子の逮捕に衝撃友人達雄とともに息子の無実を訴える。

         金子徹平(加瀬亮)
就職活動中のフリーター、痴漢に間違えられて現行犯逮捕“被疑者”となり、起訴されて“被告人”となる

さてこの映画を観て、貴方は無罪それとも有罪、どちらだと思いますか?

周防正行監督最新作『それでもボクはやっていない』
               公式サイトです。クリックしてね

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (15)   Trackbacks (103)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『イカとクジラ』 何でこんなタ... | TOP | えぇ〜家が生きている?!『モン... »
最近の画像もっと見る

15 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
考えさせられます (betty)
2007-02-03 02:41:30
mezzotintさん
すごい映画でしたねえ〜。私はこの映画を観るまで司法制度のことを特に考えたことがなかったので、衝撃を受けたといっても過言ではなかったです。ほんと勉強不足でした。
そういう意味で私にとっては映画という枠を超えた存在意義のある映画でしたわ。
役者さんたちも皆さんすごく良かったですよね〜。


願わくは・・・ (たいむ)
2007-02-03 09:55:25
こんにちは。
この有罪率、痴漢(迷惑防止条例違反?)だけのものと思いたいものです。
全てがそんなものだとしたら、やり切れませんよねぇ。
こんにちわ。 (千太郎)
2007-02-03 11:28:18
私はまだこの作品を観てないのですが
すごく勉強になるみたいですね??
裁判とか法律とか殆ど縁が無くてわからんちんなんですが
すごく興味があります!この映画!!
最後に判決は出ないのですか??

それとですね、昨日ハプニングが起きてgooIDを消してしまった為
新しくブログを開設しました。
良かったら遊びに来てください〜!!
すみません。 (千太郎)
2007-02-03 11:32:23
URLを載せ忘れました><
これからも宜しくお願いします
こんばんは★ (やまたく)
2007-02-04 01:07:20
衝撃的な作品でした。
警察や検察や裁判官があまりに忙しく、
人を裁くことの意味が希薄になっているのでしょうか…?
それとも単なるモラルや正義感の欠如でしょうか…?
やりきれなさを感じました。
現在の司法制度や法にかかわる人のモラルの実態を
世に知らしめた周防監督の手腕に脱帽です。
追伸 (やまたく)
2007-02-04 01:08:52
gooと相性が悪いのでTBはできないかもしれません…。
そうだったのですか。 (J.T.)
2007-02-04 12:14:08
こんにちは。記事読ませていただいて、
周防監督が、“素人ががんばる”というコンセプトをもっている事を知りました。なるほどです。
それにしても、一度作られた仕組みから脱却するのはほんと難しいんですね。民間企業でも大きくなるほどその傾向があるから、国家機構ならなおさらじゃないかななんて想像してます。
意外と、関係機関の方は、良く映画にしてくれた!と、変革のきっかけになることを期待してるかも知れませんね。
素人がんばる! (えい)
2007-02-04 16:36:54
こんにちは。

なるほど。
確かに周防監督の作品は
“素人がんばる”ですね。

だからぼくらにも共感しやすいのかも。
参考になりました。
TBありがとうございました。
TBありがとうございました☆ (ななこぉ)
2007-02-05 00:20:01
こんばんは☆
先日、「R30」という番組に周防監督が出演されていたのを見たのですが、本当に日本の裁判に対して問題意識をしっかりと持って取り組んでいらっしゃるんだなぁという印象を受けました!!!
だからこそ、このような素晴らしい映画を作ることが出来たんでしょうね!!!
本当に他人事ではないこんじょ問題についてもう少し勉強しなければならないなぁと思いました!!!
Unknown (ななこぉ)
2007-02-05 00:23:26
連続ですみません。。。。。
私、TBする記事を間違えてますね
もう一度TBさせていただきます!
こんにちは (kenko)
2007-02-05 12:42:28
TBありがとうございました。
”素人ががんばる”がテーマ。
なるほど。そうだったのですね。
日本の裁判制度に関する多くについて
勉強させられながらも、映画としてもキッチリと
エンタテイメントしているところが素晴らしかったです。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-02-05 22:59:18
色違いのテンプレートですね〜!
周防監督は11年も待たせましたが、素晴らしい作品を引っさげて登場しましたね。
今年のベストテンに確実に入る作品に今年早々出会ってしまったような気がします。
ボクはホントにやってない? (にら)
2007-02-08 12:16:05
こんな司法制度に無知無関心だった国民全員が有罪です!
とはいうものの、事勿れ、日和見、判官贔屓・・・日本人らしさがそのまま司法制度にも表われてるだけなのかもしれませんね。

という現実はさておき、映画の加瀬クン、「冤罪」という視点ではなく「もしや・・・」の視点で見ると、とっても怪しいんですよねぇ(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
こんばんは (syunpo)
2007-02-22 19:49:11
日本では、どんな刑事事件でも、逮捕されると即犯人、という目でマスコミも国民の大半も見てしまいますから、そのような風潮が本作で描かれている裁判制度の歪みを助長してきたようにも思います。
いずれにせよ、いろいろと考えさせられる映画でしたね。
Unknown (ケント)
2007-03-08 21:40:20
こんばんはTBお邪魔します
この裁判、というより裁判のシステムに腹が立ちますね。
周防監督にしては、地味だけど退屈しないところが巧いですね。
監督も冤罪の経験があるのだろうか、凄い執念を感じましたよ。(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

103 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
それでもボクはやってない (シネマでキッチュ)
(札幌シネマフロンティアにて鑑賞) この映画、とっても上質ですね〜。 満員電車の中で痴漢に間違われた青年の姿を通して、日本の司法の問題を浮かび上がらせてゆく。 誰にもわかりやすく噛み砕き、ハイレベルに観せきった周防監督の心意気にまず驚かされましたわ。 問...
それでもボクはやってない (シネマでキッチュ)
(札幌シネマフロンティアにて鑑賞) この映画、とっても上質ですね〜。 満員電車の中で痴漢に間違われた青年の姿を通して、日本の司法の問題を浮かび上がらせてゆく。 誰にもわかりやすく噛み砕き、ハイレベルに観せきった周防監督の心意気にまず驚かされましたわ。 問...
それでもボクは・・・ (それだ!)
痴漢冤罪をテーマにした映画 「それでもボクやってない」 見てきました! ドライブ
『それでもボクはやってない』 (Sweet* Days)
監督:周防正行 CAST:加瀬亮、役所広司 他 STORY:フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、ある日満員電車で痴漢に間違われ拘留されることに・・・・ 良かったです! 周防監督が徹底的にリアリズムにこだわったというだけあっての生々しさ、 そして2時間を超...
それでもボクはやってない@アミューズCQN (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
11年ぶりの監督作となった周防正行はそれだけ時間があったということで丹念に調査したのだろう。理詰めだった。日本の裁判の形式、実態に大きな疑問を抱いているのだろう。メッセージ性が強かった。 通勤ラッシュの中、金子徹平は女子中学生に痴漢をしたとされ現行犯逮...
それでもボクはやってない (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
本当に無実でも、無罪になるとは限らない・・・ってホント? 「ファンシイダンス」(1989)。。。仏門修行、「シコふんじゃった」(1992)。。。学生相撲、そして『Shall We ダンス?』(1996)。。。ボールルームダンス・・・と、これまで意外な切り口の...
「それでもボクはやってない」みた。 (たいむのひとりごと)
裁判モノの作品は、結構好んでみる。今回法廷で争われる事件は”痴漢”。「無実」を主張する青年及び弁護側と、「容疑を認めろ」と迫る検察側の真っ向対決。被害者による現行犯逮捕から判決までに約1年。それは「なんで?どうして?そんな馬鹿な!」という
感想/それでもボクはやってない(試写) (APRIL FOOLS)
周防監督最新作は加瀬亮主演の裁判エンタ! 『それでもボクはやってない』1月20日公開。フリーターの徹平は満員電車で痴漢の容疑をかけられ現行犯逮捕される。一貫して容疑を否認するも、自白を強要され、拘置され、ついには起訴されることに。裁判を身近に起こりうるネ...
それでもボクはやってない (Akira's VOICE)
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。
それでもボクはやっていない (メルブロ)
それでもボクはやっていない 上映時間 2時間23分 監督 周防正行 出演 加瀬亮 瀬戸朝香 山本耕史 もたいまさこ 役所広司 評価 7点(10点満点) 会場 東商ホール(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 電車の中で痴漢に間違えられ、それからなんだかんだで...
それでもボクはやってない (えいがの感想文)
監督:周防正行 主演:加瀬亮 おそろしい現状です。 こんな流れで犯人にされてしまうなんて。 もっとおそろしいのは 真犯人以外、被害者の女の子、駅員、刑事、裁判に関わる全ての人に、 悪意はないってこと。 みんな、自分のやるべきことを迅速に滞りなく...
『それでもボクはやってない』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『それでもボクはやってない』鑑賞レビュー! 11年ぶりの新作、遂に始動!! 周防監督が選んだ題材は “裁判” 十人の真犯人を逃すとも、 一人の無辜(むこ)を罰するなかれ ★review★ 公開日に観て来ました〜! 予想通りと言うか予想に...
それでもボクはやってない(日本) (映画でココロの筋トレ)
映画ファンだけど監督には無関心なアンマリーだけどさ、さすがに周防監督は知ってるよ。 周防監督って知ってます?  ってバイトくん(大学院生)に聞かれたときも知ってるよって即答できたもん これ、昨年のコト。 一緒に勉強してたんで、昨日試写会に呼んでもらった...
それでもボクはやってない (Diarydiary!)
《それでもボクはやってない》 2006年 日本映画 ある日満員電車に乗った鉄平
それでもボクはやってない (ちわわぱらだいす)
見てきました。。。 いや~大変ですよね。。。無実なのにあれよあれよで有罪決定說 世の中にはいろんな事件があるけど 納得できないものいっぱい獵 うさぎの納得いかない事件は飲酒運転で子供を2人殺してるのに 結構軽い判決が下りた事件。。。 子...
「それでもボクはやってない」 (歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。)
20日より全国ロードショーが始まった映画、「それでもボクはやってない」。待望の周防正行監督作品であることもさながら、冤罪や裁判制度を取り上げたことが話題になっています。 正直申しまして私、まだ観てません(汗)が、観たら観たでネタバレしてしまいそうですので...
『それでもボクはやってない』 (Brilliant Days)
「Shall we ダンス?」以来なんと11年ぶりの新作!? だったんですねぇ・・周防監督。 観終わってみれば2時間23分という長い上映時間だったにも関わらず、手に汗握り、夢中で主人公の青年の行く末を見守っていました!悔しい! そんなバカな!? どうなってるん...
「それでもボクはやってない」そのリズム (映画雑記・COLOR of CINEMA)
周防正行監督11年ぶりの新作「それでもボクはやってない」。冤罪事件と日本の裁判システムについてをドキュメンタリーの手法ではなく、きっちりと「映画」として描き出した超傑作 !! 注・内容(カメラワーク)
「それでもボクはやってない」有罪ありきの現実に立ち向かった冤罪被害者と支援者たちの過酷な闘い (オールマイティにコメンテート)
「それでもボクはやってない」は痴漢と間違えられたフリーターの青年が無罪を訴えて裁判と闘うストーリーである。周防正行監督11年ぶりの作品として現在の裁判の現実と問題点を忠実に描かれた作品として注目だ!
それでもボクはやってない (UkiUkiれいんぼーデイ)
これを観た男性諸氏は 満員電車に乗るとき 両手を上げていたくなる・・・にちがいない! 観たかった!待っていた!周防監督の最新作♪ しかもテーマが「裁判」 これね、劇場予告とかCMとか観てる限りでは、コメディー風味なのかしら、な〜んて気軽に思...
それでもボクはやってない (何書☆ねくすと)
 評価:◎  無実度:0.1% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  面接を受けに行くために、満員電車に乗り込んだフ
それでもボクはやってない☆独り言 (黒猫のうたた寝)
痴漢って現行犯だよね?今になって・・・あーいう告発なんだったら、冤罪ごろごろあるんじゃないかって思っちゃった。。。『それでもボクはやってない』観てきました。警察や裁判所は公正な所である・・・信じられなくなってきますね。交通事故をやったときも、そうだった...
それでもボクはやってない (Big Screen)
○ドラマ[◆◆◆◆◆◇5/6] ○2007日本/143min/公開2007/01/20東宝 以前、「あなたの知らない世界」と言う異界の話を扱う番組がはやりましたが、この映画の題材も、知らない人にとっては異界とも言える程の「知らない世界」のリアルな話です。世の中、平穏無事に過...
『それでもボクはやってない』-知っておいた方がいい裁判の現実。 (アジアンリミックス)
『それでもボクはやってない』(★★★★☆) 2006年/日本 監督/周防正行 脚本/周防正行 出演/加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、大森南朋、鈴木蘭々、小日向文世 他 痴漢えん罪事件の裁判をテーマ
それでもボクはやってない (ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜)
         それでもボクはやってない(2007年、東宝) http://www.soreboku.jp/index.html ? 監督&脚本:周防正行 出演:加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司、山本耕史、もたいまさこ、大森南朋、他          フリーターの金子徹平は、 通勤ラッシ...
それでもボクはやってない (そーれりぽーと)
久々の周防正行監督作品は加瀬亮主演。 と、発表された時から興味津々だった『それでもボクはやってない』を早速観てきました。 ★★★★ さすが加瀬亮、ヒト癖有るフツーな人を演じさせたらこんなにはまる俳優は居ない。 周りを固める俳優達も、みんなどこか癖の有る俳...
『それでもボクはやってない』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----“全世界衝撃のとことん社会派ムービー”? これって周防正行監督の作品だよね。 彼ってコメディの人ってイメージがあるけど…。 「...
それでもボクはやってない (Addicted to the Movie and Reading!)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞 それでもボクはやってない 2007年/日本/143分 監督: 周防正行 出演: 加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司 公式サイト フリーターの金子徹平はある日、就職面接に向かう途中の満員電車の中で、...
「それでも ボクは やってない」試写会招待券 (雲九の物品購入覚書)
これが今年の初荷でした(12日着)。 {/pen/}応募メモ:ネットとハガキで各4件応募。ネット1、ハガキ3当選。 周防監督の舞台挨拶つきだったのでとても行きたかったんです。 2002年の小さな新聞記事をきっかけに4年がかりで調査したそうで、 まだまだ語りたいことはい...
それでもボクはやってない (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 143分 監督 周防正行 製作総指揮 − 脚本 周防正行 音楽 周防義和 出演 加瀬亮 、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、 清水美砂 、本田博太郎 、竹中直人 、小日向文世 、高橋長英 、役所広司 解説: ...
それでもボクはやってない (我想一個人映画美的女人blog)
最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。 男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。 ってこの頃感じてた。 車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるし そういう痴漢行為...
それでもボクはやってない(2007年) (勝手に映画評)
周防正行監督の『Shall we ダンス?』以来11年ぶりの作品。その11年ぶりの作品は、これまでの周防作品とは全く異なる社会派の映画。しかもその内容は、単に映画と言う枠を超え、ほとんどドキュメンタリーと言ってもいい様な、非常に重い、意味のある内容となっています。 ...
「それでもボクはやってない」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
「それでもボクはやってない」 ネタバレ、完全、ご注意あれ。 昨年観た映画で、一番観たのが加瀬亮です。(途中、映画レビュー書いてませんが。) 昔は嫌いだったのに、昨年ですっかりトリコです。 そんな加瀬亮は早速、逮捕。 「ハチミツとクローバー」の真山のイメ...
それでもボクはやってない (映画チラシ館)
  2006年 143分 監督 周防正行 出演者 加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、役所広司、田中哲司、光石研、尾美としのり、小日向文世、高橋長英、本田博太郎、竹中直人、鈴木蘭々、清水美砂、大和田伸也 就職の面接に向う満員電車で痴漢に間違われ、被...
それでもボクはやってない (八ちゃんの日常空間)
びっくりしたのは、(きっと誰もがそうでしょうが…)「裁判」それも「冤罪事件」をまとに絞った映画と言う事で、決して皮肉たっぷりに描いたエンタメ性の作品ではなく、全篇を通してかなり真面目、それもリアリティにこだわった作品だと言うことです。前半、拘置所内での...
それでもボクはやってない (2007) 143分 (極私的映画論+α)
 ネタバレしてますので・・・気をつけてください(^^;
「それでもボクはやってない」 (古今東西座)
は〜〜〜〜〜っ。 裁判が進み、冤罪で法廷に立つ主人公が不利な状況になる度に巻き起こる観客のため息が劇場に充満する。観客は映画を観ていると言うよりは、主人公の支援者になって裁判に立ち会っている傍聴人のような気分で椅子に座っている。そして何度も落胆し、思わ...
それでもボクはやってない (ネタバレ映画館)
主文、評価は満点とす。日本の裁判制度の矛盾点と冤罪事件で被疑者とされた者と弁護士による国家権力に抗う姿、それによって正しき主張をも蔑ろにしてしまう社会の醜さをも描いた本作は大いに評価できるものである。
それでもボクはやってない 〜ニッポンの刑事裁判は有罪推定?〜 (映画のメモ帳+α)
それでもボクはやってない(2007 日本) 監督 周防正行 脚本 周防正行       撮影 栢野直樹         音楽 周防義和       出演 加瀬亮 瀬戸朝香 役所広司    「疑わしきは被告人の利益に」 憲法31条に基づく刑事裁判の鉄則...
それでもボクはやってない (BBRの雑記帳)
先日、こちらのエントリで「お父さんはやってない」について少し書きましたが、金曜日の夕方、ようやく周防監督の映画の方に行ってきました。八尾のMOVIXだったんですが、105席の部屋だったのに意外に空いていて、ちょっと「おや?」と思いましたね。行ったタイミング....
「それでもボクはやってない」:品川警察署入口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}警察は関係ないな、俺のような善良な市民には。 {/hiyo_en2/}あの青年もそう思ってたのよねえ、電車から降りるまでは。 {/kaeru_en4/}あの青年って? {/hiyo_en2/}「それでもボクはやってない」の主人公よ。 {/kaeru_en4/}痴漢をしてないのに、逮捕されちゃ...
「それでもボクはやってない」 もう裁判が人ごとではいられないのかも・・・ (はらやんの映画徒然草)
周防正行監督の久しぶりの新作です。 今までもユニークな題材を選んできた周防監督で
それでもボクはやってない (It's a Wonderful Life)
いや〜周防監督の久しぶりの作品で期待大だったもんで、 意識的に劇場でかかった予告編以外はほとんど情報をシャットアウト してましたが、正解だったような気がしました。 この映画これから観ようかと思われている方がいたら、 ここも含めレビューの類は鑑賞前は...
『それでもボクはやってない』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
見ごたえ満点。怖い、悔しい、面白い。 フリーターの金子徹平は、通勤ラッシュの電車に乗り、降りたホームで痴漢だと言われた。映像主義、アート系好きの私としては、本来はこの作品はスクリーンで観る必要のないタイプなんだけど。周防正行監督の11年ぶりの作品で、そ...
*それでもボクはやっていない* (Cartouche)
{{{       ***STORY***               2007年  日本 フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗っていた。そして、乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為を問いただされ...
『それでもボクはやってない』@テアトルダイヤ (映画な日々。読書な日々。)
フリーターの金子徹平は会社の面接のため、通勤ラッシュの満員電車に乗った。ホームに降りると女子中学生から「痴漢したでしょ?」と声を掛けられ、駅事務室に連れて行かれ、そのまま警察署へ。「ボクは何もやってないんだ」そんな訴えに耳を貸してもらえず、いわれもない...
それでもボクはやってない (C'est Joli)
それでもボクはやってない'07:日本 ◆監督:周防正行◆出演者: 加瀬亮 、役所広司、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、田中哲司 、光石研 ◆STORY◆会社の面接に向かう金子徹平は、満員電車で痴漢と間違われ逮捕された。取調べで無実を主張した彼だが、つ...
「それでもボクはやってない」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「それでもボクはやってない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司、もたいまさこ、山本耕史、他 *脚本・監督:周防正行 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。...
ディパーテッド (☆★けせらせら映画ブログ☆★)
「ディパーテッド」を鑑賞。
それでもボクはやってない(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】周防正行 【出演】加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司/他 【公開日】2007/1.20 【製作】日本 【コメント】 フリーターの金子徹平は、通勤ラッシュの電車の中で女子中学生から痴漢をした言わ
映画鑑賞記「それでもボクはやっていない」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:07.02.04 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ  知りません、ではすまない。 明日裁かれるのはあなたかもしれない。 周防監督11年ぶりの映画、舞台は「裁判」。 こんな司法制度で果たして良いのだろうか? 身近に起こる事件で、本人も家族も一瞬に...
【MOVIE】それでもボクはやってない (思いつくままに)
■感想など これが、現実。 全体を通して、大きな盛り上がりがなく(強いて言えば、判決の場面くらい)ストーリーが 進むのですが、ディテールにこだわったという臨場感ある展開に、最後まで緊張感が 途切れることはありませんでした。主役の加瀬亮がなんといってもよかっ...
「それでもボクはやってない」 (てんびんthe LIFE)
「それでもボクはやってない」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 加瀬亮ってやっぱりオダジョーに似てない?前に何かで完璧オダジョーだと思い込んでみていたら加瀬くんでした。全く、どこ見ているんだ!といわれそうですが…。 痴漢での冤罪を取り上げた法廷劇、周防監督...
「それでもボクはやってない」 (−☆ EL JARDIN SECRETO ☆−)
法廷ものっていうのは、ただでさえ極上のエンタテインメントなのですが、いつ何時自分に降りかかってくるかもしれない話の上に、送り込まれる世界がとことん不条理であるということで、上映時間中片時も目を離さずに観続けました。不条理の極みは冒頭に集約されています。...
それでもボクはやってない (シャーロットの涙)
大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平。 連行された警察署で容疑を否認すると、そのまま拘留される。その後も一貫して無実を主張するものの、結局は起訴...
それでもボクはやってない (☆★けせらせら映画ブログ☆★)
「それでもボクはやってない」を鑑賞。
【2007-9】それでもボクはやってない (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
おかしい 日本の裁判 裁判とは何か? そして真実とは・・・ 今、運命の法廷が開かれる
『それでもボクはやってない』 (Rabiovsky計画)
『それでもボクはやってない』公式サイト 監督・脚本:周防正行 音楽:周防義和 出演:加瀬亮 、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、田中哲司 、    光石研 、尾美としのり 、大森南朋 2007年/日本/143分 おはなし Yahoo!映画 フリーター...
「それでもボクはやってない」  I JUST DIDN'T DO IT (俺の明日はどっちだ)
  リチャード・キンブル、職業医師、   正しかるべき正義も、時として盲しいる事がある。   彼は身に覚えのない妻殺しの罪で死刑を宣告される。   護送の途中、列車事故にあって辛くも脱走した。   孤独と絶望の逃亡生活が始まる・・・冤罪を扱ったエンターテイ...
「それでもボクはやってない」 (prisoner's BLOG)
日本の刑事裁判で起訴されたうちの99.9%が有罪になるとは知っていた。 検察が有罪に持ち込める案件しか取り上げないからだろう、それでとりこぼされる事案が出るのは問題だ程度には思っていたが、どうもそこらへんではないのだね。 裁判官が無罪判決を書くということは...
映画「それでもボクはやってない」を観て (とみのひとりごと)
映画「硫黄島からの手紙」を観た時、クリント・イーストウッド監督が、日本人でもないのに、日本兵の苦悩を真摯に描いていた事に感動した。そして、今度は、映画「それでもボクはやってない」を観て、周防正行監督が、冤罪事件の関係者でもないのに、ここまで日本の裁判の...
映画〜それでもボクはやってない (きららのきらきら生活)
 「それでもボクはやってない」公式サイトもう1本の映画はコチラです。フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子中学生から「痴漢したでしょ」と訴えられてしまう。まったく身に覚えのない金子は、話せば分かってもらえると思い、大人しく駅の事務室...
それでもボクはやってない (迷宮映画館)
裁判員制度を一番導入したいのはきっと裁判官なんじゃないかと・・・・。
それでもボクはやってない (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 今年1本目の映画 周防監督11年ぶりの新作「それでもボクはやってない」 映画館は満員(年配の男性が多かったです) 十人の真犯人を逃すとも、一人の無辜(むこ)を罰するなかれ 監督・脚本:周防正行 出演:加瀬亮・瀬戸朝香・山本耕史・もたい...
それでもボクはやってない (5125年映画の旅)
フリーターの青年・金子は、就職希望先の面接に向かう満員電車の中で、痴漢と間違えられて逮捕されてしまう。無実を訴える金子だったが、警察は彼の主張に耳を傾けず弁護士も「たとえ無実でも罪を認めて示談にした方が良い」と彼に言う。それでも潔白を訴え続ける金子...
それでもボクはやってない (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  無罪と無実はどう違う?  
それでもボクはやってない (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  無罪と無実はどう違う?  
映画「それでもボクはやってない」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「それでもボクはやってない」 11年ぶりの周防正行監督作品。 いつも周防監督の扱う題材は新鮮で、「こんな世界があるのね」ということをエンタメ性たっぷりに描いてくれる。今回も馴染みの無い裁判の世界を面白おかしく描いてくれるのだと想像していたら、こ...
それでもボクはやってない (パフィンの生態)
痴漢現行犯として捕まった青年が無実を訴えるも拘留され、 法廷で罪を裁かれる様子を臨場感たっぷりに描いた秀作。 裁判に縁がないと思っている人にこそお奨め!周防正行監督、2007年 冒頭、痴漢して警察に連行され、罪を認めたため罰金を払って釈放される男と 何も...
それでもボクはやってない:ストレートなメッセージ性で押し切る力作 (犬儒学派的牧歌)
★監督:周防正行(2007年 日本作品) 新京極シネラリーベにて鑑賞。 ★あらすじ(Yahoo!ムー...
「それでもボクはやってない」5つ★ 周防正行監督に拍手! (ポコアポコヤ 映画倉庫)
見て良かった!今まで全然知らなかった「日本の裁判の現実」に驚きと、恐怖・・・。
映画:それでもボクはやってない試写会 (駒吉の日記)
それでもボクはやってない試写会(TOKYOFMホール) 「裁判は真実を明らかにするものではない」 正直者は・・をみるのでしょうか。正しいことをするのはソンなんでしょうか。 やってない人がやってないことを証明することがこんなに難しいとは思ってもみませんでし...
それでもボクはやってない (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★★ 外国映画では味わえない自国の刑事裁判に興味津々でした(笑) 自分はまだ警察に拘留された経験がないので非常に新鮮だった! その前に満員電車で痴漢行為をしたことがなかったので新鮮!じゃなくて、この金子(加瀬亮)の扱われ方が気になって仕方が...
それでもボクはやってない(2007/日本/周防正行) (CINEMANIAX!)
【ユナイテッド・シネマとしまえん】 フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗っていた。そして、乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為を問いただされる。そのまま駅員によって駅事務所へ連れて行かれた...
それでもボクはやってない (Thanksgiving Day)
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控え...
私には見抜く事が出来るだろうか。『それでもボクはやってない』 (水曜日のシネマ日記)
電車で痴漢に間違えられた青年の物語です。
それでもボクはやってない (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ  監督:周防正行  出演:加瀬亮      役所広司      瀬戸朝香      山本耕史 フリーターの金子徹平は会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗って いた。そして乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為...
『それでもボクはやってない』 (ねこのひたい〜絵日記室)
あなたの「冤罪被害者」度をチェック。 1.電車の扉に上着の裾を挟みがちだ。 2.猥褻な雑誌やビデオ、DVDの類を自宅に所持している。 3.バイト先の未亡人から盗んだ私物を自宅に所持している。 4.上司の命令とは
「それでもボクはやってない」 赤トレーナーの人 (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
ジョージ・ルーカスとか、テレンス・マリックとか、ブランクのあいた監督の作品を見るにつけ、期待してもあかんやろな〜と思う間もなく、すぐに2件の痴漢が始まり、間違われて、取調べされて、勢い流されるままに留置場泊まりになり、自分は悪いことしてないからすぐに出...
「それでもボクはやってない」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
それでもボクはやってない    製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 143分 監督 周防正行 脚本 周防正行 音楽 周防義和 出演 加瀬亮 、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、田中哲司 、光石研 、尾美としの
それでもボクはやってない(07・日) (no movie no life)
この映画を論ずることは、日本の裁判制度そのものを論ずることになるんだろうと思う。 それくらい、「映画」と言うよりはリアルな現実を見せてくれた映画ではないだろうか。 そして、「これが日本の裁判」だとしたら、我々は現状を知らなすぎる。 周防監督は3年間の取...
映画「それでもボクはやってない」を観て (RUN & GUTS)
【01月27日(土)晴れ時々曇り】 今日は1ヶ月ぶりに映画館に行き 「それでもボ
『それでもボクはやってない』 (映像と音は言葉にできないけれど)
タイトルに「僕」では無く、「ボク」としたところが引き気味の主人公のイメージに当て嵌まります。 海外では『悪魔探偵』のリメイクが話題になっている中、『Shall We...』の周防作品と『硫黄島...』の加瀬亮が出るとなれば話題になっていそうなのですが、日本の恥ずか...
それでもボクはやってない (とにかく、映画好きなもので。)
 テーマは日本の裁判。  今まで、裁判というものを傍聴した事の無い、私のようなサラリーマンにとって裁判というのはあまり身近で無く、蚊帳の外のような気もする。大学時代に刑法はかじった程度。判例や六法を引っ張り出して勉強した覚えもあるが、今...
『それでもボクはやってない』 (京の昼寝〜♪)
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・   ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない』...
「それでもボクはやってない」試写会レビュー 運命 (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
すごいリアルに作りこまれた映画やとは思うけど、やっぱり邦画バブルの中ではその魅力はだいぶ、、、。
映画『それでもボクはやってない』 (コラムニスト宣言)
 「痴漢の冤罪事件には、日本の裁判の問題点が詰まっている」ーー役所広司扮する弁護士のこのセリフが、この作品の問題意識を端的に言い表わしている。  周防正行監督は、素材の面白さで勝負してきた生粋の映画監督だが、本作では、エンターテインメント性にあえて固執...
映画『それでもボクはやってない』 (コラムニスト宣言)
 「痴漢の冤罪事件には、日本の裁判の問題点が詰まっている」ーー役所広司扮する弁護士のこのセリフが、この作品の問題意識を端的に言い表わしている。  周防正行監督は、素材の面白さで勝負してきた生粋の映画監督だが、本作では、エンターテインメント性にあえて固執...
0.1%の無罪に向かって。~「それでもボクはやってない」~ (ペパーミントの魔術師)
まずは公式サイトへ。 →http://www.soreboku.jp/index.html トラックバックも受け付けてるようですので みなさんで意見交換するのもよろしいかと。 てっきりコメディタッチにしながらも最後にホロッとくる そういう作品だとばっか思ってました。 思いっきり正統派社会...
それでもボクはやってない・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
大ヒット作「Shall We ダンス?」が公開されたのが1996年だから、実に11年ぶりの新作となる。 何はともあれ、周防正行が第二の長谷川和彦化しなかったのは喜ばしい。 周防映画といえば、主人公がひょんな事から仏教、相撲、
それでもボクはやってない (いろいろと)
少し前にみた映画ですが感想などを 周防正行監督作品 テーマは「裁判」 出演 加瀬
それでもボクはやっていない (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  全編のほとんどが、痴漢冤罪の裁判シーンという重いテーマにも拘らず、全く退屈することなく、最後まで息を呑んで見入ってしまった。それほど周防監督の力量が秀逸なのだろう。        痴漢冤罪というテーマにも興味があったが、それよりも何よりも、...
『それでもボクはやってない』  裁きの庭の矛盾 (カイロの紫のバラライカ)
この物語の主人公や、主人公を痴漢と勘違いしてしまった女の子の立場に立たされるとい
それでもボクはやってない (銀の森のゴブリン)
2007年 日本 2007年1月公開 評価:★★★★★ 監督:周防正行 脚本:
[ それでもボクはやってない ]怒れ徹平! (アロハ坊主の日がな一日)
[ それでもボクはやってない ]をアミューズCQNで鑑賞。 僕もモノづくりの端くれとして経験があるが、作ることか らしばらく遠ざかっていた時に、いざ、作ろうという気持 ちを奮いたたせるのは、口でいうほど簡単にできることで はない。そこには、作り手を作ること...
完成された映画 「それでもボクはやってない」 (平気の平左)
評価:90点
それでもボクはやってない@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する映画は、2007年1月に公開された周防正行監督作品、『それでもボクはやってない』です。 まずは映画のストーリーから・・・・ 大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ...
それでもボクはやってない@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する映画は、2007年1月に公開された周防正行監督作品、『それでもボクはやってない』です。 まずは映画のストーリーから・・・・ 大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ...
それでもボクはやってない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『これが、裁判。』  コチラの「それでもボクはやってない」は、来年1/20公開になる周防正行監督の最新作なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪今回の試写会は、約1ヶ月程の先取り&周防監督のティーチ・イン付きで、とても楽しかったです。  社交ダンス...
それでもボクはやってない (めでぃあみっくす)
『Shall we ダンス?』から約10年ぶりの周防正行監督の作品。とある映画ファンの方が「こんな映画を周防監督が作ってくれるなら、また10年でも待ちます」と言っていたのも納得の素晴らしい出来の映画でした。それ故に公開当時、関西の某弁士タレントH村淳さんが自身のラ...
それでもボクはやってない (めでぃあみっくす)
『Shall we ダンス?』から約10年ぶりの周防正行監督の作品。とある映画ファンの方が「こんな映画を周防監督が作ってくれるなら、また10年でも待ちます」と言っていたのも納得の素晴らしい出来の映画でした。それ故に公開当時、関西の某弁士タレントH村淳さんが自身のラ...
『それでもボクはやってない』07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじフリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子学生に痴漢したと訴えられ、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった・・・。感想数多くの映画賞に輝いた『それボク』が早くも地...
それでもボクはやってない (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] フリーターの徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車内で、女子中学生に「痴漢」に間違えられる。 まったく身に覚えのない徹平は、話せば分かってもらえると思い、おとなしく駅の事務室に行った。 しかしながら、そのまま警察に連行されて...