銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ザ・スピリット★☆

2009-06-13 | 映画:シネコン


最大の敵こそ、真実。

6月12日、MOVX京都にて鑑賞。このところ鑑賞した作品があまり良くない。この作品も今一評判はそれほど良くなそうな話でした。
ところで、フランク・ミラーってコミックライター兼アーティストであり、監督なんですね。知らなかった(汗)
彼の作品は、「シン・シティ」に「300」を鑑賞しています。独特の映像でインパクトのある作品というイメージだったのですが。今回はどちらかと言えば、こじんまりとまとまったという感じがしたり。実はエグさやグロさがあるのかなんてちょっと期待していたんですが。まったくそんな感じではありませんでした。

「シン・シティ」や「300」よりもっと新次元へと加速させた?確かにそうかもしれません。(ちょっと微妙)ほぼモノクロの色彩に1、点だけ赤の色がうごめいています。この色が主人公スピリットらしいイメージカラーらしく。常にネクタイの赤がたなびいていたり・・・・・。

ところで、主人公スピリット役のガブリエル・マクトって一体誰なんだ??と思っていたんです。こんな俳優知らないよ!でも結構イケてそう。黒い縁取りの眼鏡もどきの向こうからちらっと見える限りではハンサムそうだ。そいでもって調べたら、私も観ていたのだ!彼の作品。なんだ彼だったのか・・・・・。思い出しました。
スカちゃんの作品「ママが遺したラブソング」やダイアン・キートン主演「恋とスフレと娘とわたし」等にも登場していたイケメン俳優さんだったと知ったわけです。

 

 
あのガブリエル君だとはまったく知らず・・・・。

こちらが素顔のガブリエル・マクト

 

さてさてお話・・・・。

解説その①

主人公スピリットは一度は死んだ。なぜ墓場から甦ったのかは本人さえも分からない。ただひとつ、彼が確信できるのは、愛するべき町セントラル・シティを守り続けなければならいという使命だけ。倒すべき敵は町を混沌に陥れるマッドな犯罪者オクトパス(サミュエル・L・ジャクソン)。二人の間に繰り広げられる超絶バトルの中で、スピリットの驚くべき過去が明かされていくーーーー!

解説その②

セントラル・シティを悪から守る仮面の男、スピリットの正体は死んだはずの元刑事デニー・コルトだ。彼は一度死んだもののなぜか墓場から甦り、死なない肉体を武器に戦い続けている。ある日連絡を受けたスピリットは闇取引の現場へと向かうと、そこには凶悪犯罪者オクトパスの姿が。また同じ現場からは宝石泥棒サンド・サレフ(エヴァ・メンデス)も脱出を図っていた。スピリットはサンドが自分の初恋の相手であることを知り、彼女を探すが……。


スピリットのかっての恋人サンドは宝石泥棒に・・・・・。強敵オクトパスとも何かで絡みがありそう?


オクトパスを演じるのは、あのサミュエル・L・ジャクソンおじさん。今回は色々な衣装で登場!ナチス将校の姿も見れる。


医者のコスチュームのオクトパス。何やらへんてこりんな生き物を作っているが。

 


オクトパスの右腕でさまざまなコスチュームで登場する冷血な小悪魔シルケン・フロス 役にはスカーレット・ヨハンソン。スカちゃん、この後も色々な映画に登場します。


スピリットの初恋相手サンドにはセクシーなエヴァ・メンデス嬢です。ナイスバディな方ですよね。


元婚約者の外科医エレンには、サラ・ポールソン。この方は初めて見ました。小顔でスレンダーな素敵な女性ですね。

後輩の女性警察官モーゲンスターン(スタナ・カティック


妖艶なダンサープラスター・オブ・ハリス(パス・ベガ


美しき死神ローレライ(ジェイミー・キング

解説その③

殺害されるも奇跡的に甦った刑事デニー・コルトは、以来マスクで顔を隠しながら犯罪に立ち向かう“スピリット”として愛する街セントラル・シティを守り続けていた。しかし、彼は死同然の状態から復活出来る自身の謎について未だ分からぬまま。そんなある夜、最凶の犯罪者“オクトパス”がウォーターフロントの泥地で何やら怪しい取引に及んでいることを聞きつけ、現場へ駆けつけるスピリット。そして2人が壮絶な死闘を繰り広げる中、オクトパス腹心の部下シルケンが海底から引き揚げた謎の品2つのうちの片方を持ち去っていく。やがて、もうひとつの品を手にしたのが世界で暗躍する魅惑の宝石泥棒サンド・サレフだと知るスピリット。サンドは彼の幼馴染みで初恋の相手だった。複雑な思いを胸に、謎の品を持つかつての恋人サンドと宿敵オクトパスを追うスピリットだが…。(allcinemaより抜粋)


泥地での格闘の勝敗は?


オクトパスの手下フォボス(ルイス・ロンバルディ
同じ人がいっぱい登場!


刑事ドーラン、エレンの父(ダン・ローリア

監督も映画に登場。確かサンドの恋人役だったような?


まさにと黒の世界

魅力的な女性たちがいっぱい登場!コスチュームも素敵。スピリットも素敵だけれど、何か物足りないなあと思いました。

 「シン・シティ」「300 <スリーハンドレッド>」の原作者フランク・ミラーがメガホンを執り、アメコミの巨匠ウィル・アイズナーの傑作コミックを斬新な映像で実写化したアクション・サスペンス。殺されたあと謎の復活を遂げた元刑事の仮面ヒーロー“スピリット”が、妖艶な女性たちに囲まれながら街に蔓延る凶悪犯罪に立ち向かうさまを多彩なキャスト陣でスタイリッシュに描き出す。主演は「恋とスフレと娘とわたし」「ママの遺したラヴソング」のガブリエル・マクト。

メディア 映画
上映時間 103分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2009/06/06
ジャンル アクション/サスペンス/犯罪


闇が溶け出す!


赤がうごめく!

ちょっとネタばれしちゃいます。最後にオクトパスは○○なんだけれど、芋虫?それともミミズのような生き物がちょろちょろ現れる。それをスカちゃんが拾っていく場面があるんですね。この生き物の正体、ひょっとして?これでいくと続編ありそうですね。

 

オフィシャル・サイト
http://www.lionsgate.com/thespirit/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thespirit/

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイ・カム・ウィズ・ザ・レ... | TOP | TERMINATOR SALVATION★ター... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^ (KLY)
2009-06-13 12:23:28
スカーレット目当てで行った私としては、彼女以外にもコレだけ美人女優がそろうとそれはそれで満足だったりします。ある意味男性向け映画なのかも。(笑)

正直スピリットはいま一つ影が薄いし、物語もどーということもない出来でしたが、この手の映像効果は割と好きなタイプなんですよね。♪
Unknown (mig)
2009-06-18 23:59:45
こんばんは♪

先日はお祝いコメントありがとうございました★嬉しかったです♪
これからも宜しくです!

ところで、「恋とスフレと娘とわたし」
わたしも記事upしてないけど3ヶ月ほど前に観たんです☆
そのガブリエルと同じってあまり思えないですよね~。
今回のはあんまり光っていなかったなぁ。素顔の方がいいのかも、、、、?
それともサミュエルの怪演がすごすぎて(笑)

スカちゃんは相変わらずセクシーで良かったです
いつものように (メル)
2009-11-20 08:31:21
mezzotintさん、こんにちは☆^^

いつもTBではお世話になりっぱなしで、
どうもありがとうございます♪
今回はコメントまで頂いて、感謝感激です!

んで、この映画ですが
mezzotintさんの記事の女性たちの写真を見て、つくづく今回はスピリットとその周りにいた美女たち・・という感じの映画だったなぁって思いましたわ^^
皆さんとても素敵でした♪

それにオクトパスのサミュエル・L・ジャクソンは嬉々として演じてるなぁって思いましたし、俳優さんたちには何も不満はなかったんですが、テンポがユルユルだったせいか、どうも途中で眠気が・・σ(^◇^;)

マクトさんもなかなか素敵なルックスなんですが(恋とスフレ・・のとき、私も素敵だなぁって思いました♪)、マスクで隠しちゃってたのが残念でした(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

26 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「ザ・スピリット」 (古今東西座)
世間ではどうやら不評なこの『ザ・スピリット』だが、僕は割と楽しんで観ることができた。最近ホントにたくさんあるアメコミの映画化である。この作品を監督したフランク・ミラーもまた、元コミックの作家で『スパイダーマン』や『ウルブリン』などを描いていたらしい。お...
ザ・スピリット (LOVE Cinemas 調布)
またしてもアメコミ原作の実写化作品。更に『シン・シティ』、『300』の原作者であるフランク・ミラーが自ら監督。主演は『ママの遺したラヴソング』のガブリエル・マクト。共演は『ジャンパー』、『アイアンマン』のサミュエル・L・ジャクソン。しかし私の目当ては、...
[映画][劇場公開]ザ・スピリット 78点 (さとうれおはオレだけか)
去年の年末大コケした映画だったので公開が決まった時はがっかりしましたが見ました。 どっか日本の漫画で見たようなシーンが多く美女だらけの走馬灯は「最強伝説 黒沢」でしょうか。 アイディアの質がこっちよりになってきて日本の漫画もウカウカしてられないでしょう。...
映画「ザ・スピリット」@東京厚生年金会館 (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割ほど。  映画の話 殺された後で謎の復活を遂げ、愛する街セントラル・シティを守るために犯罪者たちと戦う仮面のヒーロー、スピリット(ガブリエル・マクト)。ある夜、怪しげな取引の通報を受けて現場に向かった彼は、宿敵オクトパス(サミュエル・L・....
映画「ザ・スピリット」@東京厚生年金会館 (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割ほど。  映画の話 殺された後で謎の復活を遂げ、愛する街セントラル・シティを守るために犯罪者たちと戦う仮面のヒーロー、スピリット(ガブリエル・マクト)。ある夜、怪しげな取引の通報を受けて現場に向かった彼は、宿敵オクトパス(サミュエル・L・....
ザ・スピリット (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最大の敵こそ、真実。』  コチラの「ザ・スピリット」は、ウィル・アイズナーの傑作コミックを「シン・シティ」や「300 スリーハンドレッド」の原作者フランク・ミラーが「シン・シティ」に続いて、脚本と監督を手掛けた6/6公開のアメコミ・ヒーローものなのです...
試写会「ザ・スピリット」 (流れ流れて八丈島)
今月最後の試写会は、新宿厚生年金会館で「ザ・スピリット」です5月は結局、試写会は7本止まりでしたね。(いま数えてみたら、4月は何と13本も観てましたよ)この「ザ・スピリット」は今流行りのアメコミ・ヒーローもので、評判もイマイチなんだけど、「シンシティ」...
『ザ・スピリット』 (マガジンひとり)
The Spirit@虎ノ門・ニッショーホール, フランク・ミラー監督(2008年アメリカ) 闇が溶け出す!赤がうごめく!『シン・シティ』より刺激的に『300』より大胆に──鬼才フランク・ミラーが世界を挑発する超映像ワールド! この街の《夜》を守る男、“スピリット”ことデ...
ザ・スピリット (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランク・ミラー監督、ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、エヴァ・メンデス、サラ・ポールソン、スタナ・カティック。原作のアメコミの画質をそのまま映像化したような作品。原題:The spiritは亡霊の意味。セント...
ザ・スピリット/ガブリエル・マクト (カノンな日々)
『シン・シティ』はイマイチ合わなかったけど『300 <スリーハンドレッド>』は楽しめたフランク・ミラー監督の最新作。アメコミ原作で作品の雰囲気からしても『シン・シティ』系っぽいんですけど、『シン・シティ』同様にこの豪華キャスティングが気になっちゃうんですよ...
「ザ・スピリット」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
「シン・シティ」も「300」も独特の映像感覚で、個人的には、ストーリーそっちのけで、映像だけを愉しむ、そんな作品でした。 何だろ?「スタイリッシュな映像美」のひな形、映画学校辺りでの参考資料になりそうな、兎に角、切れ味鋭いナイフでさくっと切り取ったよう...
ザ・スピリット (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE SPIRIT) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ウィル・アイズナーによる連載コミックに基づく本作を、「シン・シティ」や「300」のグラフィック・ノベルのクリエイターであるフランク・ミラーが初監督で映像化。 大都会セントラルシティで孤独に...
★「ザ・スピリット」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で。 キムタクの出てる「アイ・カム~」でも良かったんだけど、 やっぱりスカちゃんモノが優先なひらりん。
ザ・スピリット (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
この作品が目指すのは、ひたすらスタイリッシュな映像を作ること。強いコントラストのモノクロの中、パート・カラーの赤が怪しげだ。物語は、覆面とスニーカーのヒーロー・スピリットが、愛する街を守るため、宿敵のオクトパスと死闘を繰り広げるというもの。主人公の個性...
ザ・スピリット (だらだら無気力ブログ)
『シン・シティ』の原作・監督を務めたフランク・ミラーが同名アメコミを 実写映画化。一度死んだ男が蘇り、仮面のヒーロー・スピリットとして 愛する街を犯罪から守るさまを描く。 主演のスピリットを『グッド・シェパード』や『ママの遺したラヴソング』の ガブリエル...
ザ・スピリット (Memoirs_of_dai)
敵キャラ濃過ぎて主役が目立たん 【Story】 殺害されるも奇跡的に甦った刑事デニー・コルト(ガブリエル・マクト)は、以来マスクで顔を隠し...
ザ・スピリット (そーれりぽーと)
フランク・ミラー自身による映画化は『シン・シティ』から2作目の『ザ・スピリット』を観てきました。 ★★★★ どのカットを取ってもコミックの一コマになりそうな、アメコミがリアルな実写と融合して動いている感覚。 フランク・ミラー自身による実写化は2作目とは言え...
ザ・スピリット/ THE SPIRIT (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 『シンシティ』『300』のフランク・ミラーが今作で単独監督デビュー{/ee_3/} 巨匠ウィル・アイズナーによるアメコミの映画化{/m_0158/} 『シンシティ』大好...
「ザ・スピリット」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ザ・スピリット」 (原題:THE SPIRIT) 監督:フランク・ミラー 出演:ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン、ダン・ローリア、パス・ベガ、ルイス・ロンバルディ、...
『ザ・スピリット』2.64点で面白いか? (映画のブログ)
 「みんなの意見」は案外正しいという考え方がある。  だからというわけではないが、観る映画を選ぶのにネット上のレビューを参考にする...
mini review 09416「ザ・スピリット」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
アメコミ界の巨匠ウィル・アイズナー原作の同名グラフィック・ノベルを『シン・シティ』『300 <スリーハンドレッド>』の原作者フランク・ミラーが実写映画化。死からよみがえり、愛する街を守るために犯罪組織と戦う仮面のヒーローを『グッド・シェパード』のガブリエル...
ザ・スピリット [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE SPIRIT公開:2009/06/06製作国:アメリカ上映時間:103分監督:フランク・ミラー出演:ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン最大の敵こそ、真実。+あらすじ+殺...
「ザ・スピリット」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
この映像の色合いと、雰囲気は良かったんですが・・
【映画】ザ・スピリット…映像は上出来。次は脚本強化に努めてね。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
連休も最終日に突入しちゃいました{/down/}{/face_hekomu/} すでに昨日{/kaeru_fine/}の事ですが、2010年5月4日(火曜日・祝日)は息子が関東に戻る日。 お昼の新幹線{/m_0032/}に乗るという事なので小倉駅まで送り&見送りに行きました。 …なだけの1日だったんですよ...
映画評「ザ・スピリット」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督フランク・ミラー ネタバレあり
『ザ・スピリット』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ザ・スピリット 』 (2008)  監  督 :フランク・ミラーキャ スト :ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、 エヴァ・メンデス、ジェイミー・キング、サラ・...