銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

センター・オブ・ジ・アース2D☆残念ながら3Dじゃなかった(>_<)

2008-11-23 | 映画:シネコン

 

まるでテーマパークのような、スリルとアクションの世界だ!と思ったら東京ディズニーシーに同じ名前のアトラクションがあるそうで・・・・。まったく知りませんでした(汗)

11月14日、東宝シネマズ二条で鑑賞。「かけひきは恋のはじまり」鑑賞後、この作品を鑑賞しました。こちらでは3Dでの上映はありません。その上、字幕版ではなく、吹き替え版。せめて字幕版くらいやってくれてもいいのに・・・・・。お子さま向けということもあるからなんでしょうね。まあ仕方ありません。

「かけひきは恋のはじまり」より、こちらの方が断然良かった。お子さま向けといえばそうなのですが。楽しいし、何か遊園地にいる気分です。

主役のトレバーを演じるのは“ハムナプトラシリーズ”のブレンダン・フレイザーです。何でもこの映画の製作総指揮もやっているそうです。

冒険SF小説の大家として知られるジュール・ヴェルヌが140年前の名作『地底旅行』で描き出した“地底世界”が21世紀の最新技術によって、まったく新しい映像体験である《3D映画》としてよみがえった!ということですが、今回は2Dなのでその体験は出来ませんでしたが。とは言え、結構アトラクション気分で楽しく鑑賞できたかな。

STORY

大学教授で地質構造学のトレバー・アンダーソン(ブレンダン・フレイザー)は10年前に行方不明になった兄マックスの遺志を引き継いで、地球内部のマントルを貫く裂け目の存在を証明しようとしていた。ところが研究はさっぱり進展せず、大学からは研究室の閉鎖を宣告されてしまう

ちょうどその折、義姉のエリザベスに頼まれて、マックスの息子で13歳の甥っ子ショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)をしばらく預かることになった。一緒にマックスの遺品も渡されたトレバーは、兄の愛読書だったジュール・ヴェルヌ著書『地底旅行』を見つける。何気なく開いた本の中には、10年前に兄が書きこんだメモが残されていた。そこには世界各地に設置した地震センサーの計測値が記されており、驚くべきことに、ちょうど10年前と現在がまったく同じ数値指し示していたその数値がマックスの失踪の謎を解くカギだと考えたトレバーは、地震計が反応しているアイスランドでの調査旅行を決意ほとんど父のことを覚えていないショーンも、父がどんな人物だったのか?を知るために、強引にトレバーに同行する。

アイスランドに飛んだ二人は、マックスのメモを手がかりに“先進火山研究所”を訪ねるが、すでに研究所は閉鎖され、3年前に亡くなった所長の娘で山岳ガイドのハンナ(アニタ・ブリエム)が住んでいるだけだった。ハンナの案内で、地震センターがあるスネフェルス山を目指すことにしたトレバーとショーン。そしてスネフェルス山はまさにヴェルヌの『地底旅行』で「地球の中心へとつながる入り口がある」と書かれた山だった

3人は入り口を探すためにスネフェルス山を登山する。

首尾よく地震センターを見つけたものの、落雷で巨大な洞窟に閉じ込められてしまったトレバーたち。古い廃坑に迷い込んだ彼らはトロッコに乗って脱出を試みる。

 

ところが出口も間近だと思われた瞬間、さらに地中へと続く深い壁穴に落ちてしまう。

この場面は3Dでなくても迫力ありました~~

到着したのは、地底160kmにある広大な洞穴。太古の動物や植物が生息し、美しい大自然が猛威をふるって荒れ狂う、まさに「地底旅行」に描かれていた世界そのものだった。

3人は石化した巨大キノコの森を探索し、10年前にマックスがこの地到着していた足跡を発見する。マックスが唱えていた学説は正しかったのだ。喜ぶトレバーとショーン。そしてハンナもまた、マックスと同じく地底世界の存在を信じ続けた亡き父親に思いを馳せていた。

残されていたマックスの日記とヴェルヌの「地底旅行」から、目の前に広がる海の向こうに地上につながるルートがあると考えたトレバーは、いかだを組んで海を渡ろうと試みる。

 しかし地底の火山活動が活発化し、地底の温度が急激に上昇一刻も早く脱出しなければ死んでしまう。ところが行く手には凶暴な海洋生物や不気味な人食い植物が立ちふさがり、激しい嵐の中でショーンともはぐれてしまう。

海にはヘルヴィティス(飛びピラニア)がいかだの彼らを狙う!

かけがえのない家族であるショーンのため、決死の捜索に向かうトレバー。2人の生還を信じ、地上に通じる穴で待つハンナ。

ショーンは夜光鳥に導かれ、トレバーたちを探す。途中不思議な磁力の石に乗る。ところが、その後たどり着いた砂漠のような場所で、ギガントサウルスという肉食恐竜に遭遇絶滅したはずなのにショーンに襲いかかる

ショーンは捜しに来たトレバーと一緒に逃げる危機一髪何とか逃げ切る。

刻一刻とタイムリミットが迫る中、3人は最後の望みをかけることに。

 

マグマの活動を利用して、その圧力で脱出を試みる。さて?上手く脱出できるか

 

 冒険SF小説の巨匠ジュール・ヴェルヌによる『地底旅行』の世界を最新の3D技術を駆使して映画化したアクション・アドベンチャー。地底奥深くの未知なる世界を発見したことから繰り広げられる冒険とサバイバルを迫力の映像で描き出す。主演は「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザー。監督はこれまで多くの作品で特殊効果を務め本作で劇場映画初監督となるエリック・ブレヴィグ。(allcinemaより)
 

 

冒険中に二人の間にが芽生えます。

 

 

監督:エリック・ブレヴィグ

キャストは3人だけで、悪役となる人物は登場せず、彼らが立ち向かうものは、自然や動物、生き物だけですが、映像効果のせいでしょうか?迫力も感じられ、また体験的感覚も味わえます。テーマパークに行ったようなスリルもあり、楽しめました。

 

今回は吹き替え版ということで下記の方たちの吹き替えでした。

※字幕版での上映があるといいのですが・・・・・。

 

オフィシャル・サイト
http://www.journey3dmovie.com/ (英語)

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かけひきは恋のはじまり▼Lea... | TOP | “レッツ、ハンサム”人生を変える... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

29 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
センター・オブ・ジ・アース (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を見た子どもが楽しみにしていました~吹き替え版で鑑賞―(というか、コチラでは吹き替えしか上映していない・汗)【story】兄の遺志を継いで地質学研究に打ち込むトレバー(ブレンダン・フレイザー)は、甥っ子のショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)を預かるが、...
映画 『センター・オブ・ジ・アース 3D』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆ ジュール・ヴェルヌ原作の冒険SF小説を、最新3D技術で実写化した冒険ファンタジー。『メン・イン・ブラック』の特撮の監修をしたエリック・ブレヴィグが、立体デジタル撮影装置を駆使して色鮮やかな地底世界を表現。兄の遺志を継いで地質学研究に打...
センター・オブ・ジ・アース 3D版 (映画君の毎日)
ストーリー// 兄の遺志を継いで地質学研究に打ち込むトレバー(ブレンダン・フレイザー)はおいっ子のショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)を預かるが、ぶっきらぼうで何ごとにも無関心なショーンに困り果ててしまう。そんな2人は過去に取り付けたアイスランドの地震調査...
映画「センター・オブ・ジ・アース 3D」を試写室で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「センター・オブ・ジ・アース 3D」@GAGA試写室 映画の話 兄の遺志を継いで地質学研究に打ち込むトレバー(ブレンダン・フレイザー)はおいっ子のショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)を預かるが、ぶっきらぼうで何ごとにも無関心なショーンに困り果ててしま...
映画「センター・オブ・ジ・アース」感想 (オ・リーブ)
イメージ絵ですので‥ 一度フキサチーフを吹きかけ  後で透明水彩を置いたら 見事 ムラになりました^^ 映画「センター・オブ・ジ・アース」より  ショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)とハンナ(アニタ・ブリエム)を 「センター・オブ・ジ・アース」公式サイト ...
センター・オブ・ジ・アース (Memoirs_of_dai)
1800円でディズニーランドを 【Story】 兄の遺志を継いで地質学研究に打ち込むトレバー(ブレンダン・フレイザー)はおいっ子のショー...
センター・オブ・ジ・アース (描きたいアレコレ・やや甘口)
今日のイラストは、いつもにましてゴチャゴチャですっ!(人、大杉) あの~、これ、生きてないと思う(笑) すごーく落っこちているし...
センター・オブ・ジ・アース (花ごよみ)
映画が始まるやいなや、 うがいの水は飛んでくるは、 ヨーヨーは飛んでくるはで (そう見えるのです。) 思わず体を後ろに反らしてしまいます。 前から3番目の席、3Dで見ました。 立体映画、飛び出す映像です!! この状態でティラノサウルスでも、 出現したら恐ろ...
センター・オブ・ジ・アース:2D (08’F=4本目) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★ 台詞のあった登場人物はたったの6人
センター・オブ・ジ・アース (2008 映画観てきましたっ!)
3D映画初体験は 大・大好きな ブレンダン・フレイザー主演 「センター・オブ・ジ・アース」でしたのよ。
「センター・オブ・ジ・アース」 アトラクションとして観れば・・・ (はらやんの映画徒然草)
3D映画なんて何年振りでしょう・・・。 「スパイキッズ」等も観ていなかったし、も
センター・オブ・ジ・アース (映画鑑賞★日記・・・)
【JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH 3D】2008/10/25公開(10/25鑑賞)製作国:アメリカ監督:エリック・ブレヴィグ出演:ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、アニタ・ブリエム
センター・オブ・ジ・アース (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
映画館にいながらテーマパークのアトラクションの迫力が味わえる冒険ファンタジー。地質学者のトレバーと甥のショーン、山岳ガイドのハンナの3人はアイスランドの洞窟から地底世界へ転落。そこは地球の中心部で、恐竜や食人植物などが生息する、恐ろしくも美しい世界だっ...
センター・オブ・ジ・アース 3D・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ジュール・ヴェルヌ原作の「地底探検」のリメイク。 監督に、懐かしのディズニーランドの立体映画アトラクション「キャプテンEO」などのVFXマ...
センター・オブ・ジ・アース 3D (5125年映画の旅)
行方不明の兄の意思を継いで地質学の研究に明け暮れるトレバー。彼は2週間、兄の息子ショーンの面倒を見る事になるが、兄の遺品から地質異常の兆候を見つけたことで、二人はアイスランドへ向かう。ガイドのハンナと共に謎の洞窟に入ったトレバー達は、そこで地底に広...
『センター・オブ・ジ・アース 3D』 (ラムの大通り)
(原題:Journey to the Center of the Earth 3D) ----あれっ。これってジュール・ヴェルヌの『地底旅行』だよね。 ニャんでお魚がいるの? 「あらら。 ということはフォーンはこのお話のこと、 よく知らないな。 なんて、かくいうぼくも実はあまりよく覚えてないんだけ...
『センター・オブ・ジ・アース』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH 3D】 2008年/ギャガ・コミュニケーションズ/92分 【オフィシャルサイト】 監督:エリック・ブレヴィグ 出演:ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、アニタ・ブリエム、セス・マイヤーズ、ジャン・ミシェル・...
『センター・オブ・ジ・アース』 2008-No77 (映画館で観ましょ♪)
結局 ワタシも3D で観ました! どんな手段(割引)も使えない3D映画・・・2度目 ( 1度目はこちら → 『ベオウルフ/呪われし勇者』 ...
【センター・オブ・ジ・アース】 (日々のつぶやき)
監督:エレック・ブレヴィグ 出演:ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、アニタ・ブリエム 「地質学の研究をするトレバーは財政難、研究室を取り上げられそうになっている。数日預かっている亡き偉大な兄マックスの息子ショーンと一緒ににある地震調
『センター・オブ・ジ・アース』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
飛び出すぞ!衝突注意!! 最新の映像技術で、あの「地底世界」が蘇る!  冒険SF小説の大家として知られるジュール・ヴェルヌが、140年前の名作『地底旅行』で描きだした“地底世界”が、21世紀の最新技術によって、まったく新しい映像体験である《3D映画》とし...
センター・オブ・ジ・アース~3D~ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
あの大人気のアトラクションでもおなじみ!冒険SF小説の父ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」が全編フル3Dになって映画館に登場! 謎の地底生物や恐竜たちがスクリーンを飛び出して大暴れ!想像を超える90分の大冒険! 物語:今は亡き兄の遺志を継ぎ地質学研究...
「センター・オブ・ジ・アース」 (大吉!)
<土曜日> アイスランドで地質学の調査を行なっていたトレバーと甥っ子ショーンは、地元の山岳ガイドのハンナと共に、洞窟の中に閉じ込められてしまう。 脱出口を探して彷徨う内、3人は不思議な地中の世界に迷い込む・・。 「ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」を映...
「センター・オブ・ジ・アース」 (大吉!)
<土曜日> アイスランドで地質学の調査を行なっていたトレバーと甥っ子ショーンは、地元の山岳ガイドのハンナと共に、洞窟の中に閉じ込められてしまう。 脱出口を探して彷徨う内、3人は不思議な地中の世界に迷い込む・・。 「ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」を映...
センター・オブ・ジ・アース  (ケントのたそがれ劇場)
★★★  地球の中心というタイトルであるが、わかり易く言えば『新・地底探検』ということかな。ジュール・ヴェルヌの『地底探検』に取り憑かれた兄(父)の痕跡を追う教授と甥っ子、それに研究所の美女が加った地底世界での冒険物語なのだから…。        トロッ...
センター・オブ・ジ・アース<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
3D上映で観てきた。 かなり面白い 目の前に出てきまくり3Dと言えば 赤色と青色のメガネ・・・な~んてイメージがあるおばはんですが最近は違うのねえぇ~ ディズニーシーのマジックランプシアターのメガネもそうだけどふつーのサングラスなんやねぇ 今どきは~チ...
318「センター・オブ・ジ・アース 3D」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
皆さま、これが地球の中心です  地質構造学の科学者で大学教授のトレバーは、10年前に行方不明となった兄マックスの遺志を継ぎ、地球内部に関する研究を行っていた。そんなある日、兄の13歳になる息子ショーンを預かることになったトレバーは、ショーンが持っていた本?...
『センター・オブ・ジ・アース3D』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
原作はジュール・ベルヌ。 なので、当然『地底旅行』の映画化なのかと思いきや一種のメタフィクションになっていて、『地底旅行』は単なるSF小説じゃなく、実体験に基づいて書かれていたのだということを"発見”するというお話だった。 地面が割れて落下したり、筏...
センター・オブ・ジ・アース (mama)
JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH 2008年:アメリカ 原作:ジュール・ヴェルヌ 監督:エリック・ブレヴィグ 出演:ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、アニータ・ブリエム 地球内部の研究を行っていた大学教授のトレバーは、ある日、甥っ子の...
センター・オブ・ジ・アース (Blossom)
センター・オブ・ジ・アース JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH 3D 監督 エリック・ブレヴィグ 出演 ブレンダン・フレイザー ジョシュ・ハッチャ...