銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ハート・ロッカー◆◇THE HURT LOCKER

2010-03-12 | 映画:シネコン


イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態

東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。
ニューヨークアイラブユーパート2はちょっと後にしてまずこの記事を書きたいと思います。

さてTHE HURT LOCKERとは?アメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」という意味だそうです。サンボーンがこの地での恐怖をジェームズに語るシーンが後半にありましたが。まさにこのタイトルの恐怖を語っていました。

かなりリアルでした。爆発音も凄いし、爆弾の処理シーンも何か言い知れない緊張感がじわじわと伝わってきます。またベッカムと言う名の少年の遺体(実は人違いだった)からも爆弾が見つかり、ジェームズがその取りだすシーンも見ていてわあ〜とのけぞってしまうくらいドキドキものです。

STORY

2004年夏。イラク駐留米軍のブラボー中隊に所属するJ.T.サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)とオーウェン・エルドリッジ技術兵(ブライアン・ジェラティ)と隊長であるトンプソン軍曹(ガイ・ピアース) は、猛暑のなか、いつものように爆発物処理の任務に携わっていた。


ガイ・ピアーズとは気付きませんでした。

ところがトラブルが重なり何と大爆発。防護服を着てはいたものの、爆弾の至近距離で作業していたトンプソン隊長は即死してしまう。( トンプソン隊長がガイ・ピアーズとは知らないままこの物語から消えちゃいましたよ。)

代わって中隊のリーダーとして赴任してきたのが、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー) だ。


遠隔ロボットなんかいらないと一蹴りするジェームズ。

最初の任務は住宅街のモスク近くで発見された爆弾の処理。ジェームズは、部下のサンボーンとエルドリッジを連れて現場に向かう。だが、通常のチームのように危険を回避できる遠隔ロボットを使わず、自らが防護服に身を包み、爆弾撤去に向けて歩き出したのだ。 目くらまし用の煙を焚きながら、爆弾に近づいていく。死と背中合わせの任務なのに、異様なまでに落ち着き払っていた。そこへ何やら怪しげなタクシーが猛スピードで突っ込んで来た。そんなタクシーにもひるむことなく、何と運転手に銃を突きつけて追い返す。そして地中に埋められた6つの爆弾の処理を無事にやってのける。冷や汗を垂らしながら、この状況を見守るサンボーン、中隊のルールを守るように諭すが、ジェームズはまったく動じない。

翌日、ジェームズ、サンボーン、エルドリッジの3人は国連の施設に向かう。入口付近に無断駐車されている車が怪しげな荷物を積んでいるという知らせが入ったからだ。ジェームズが車に近づくと突然向いの建物からテ●リストが発砲し、車が炎上。そんな状態の中、ジェームズは消火器を使い、任務を遂行。後部トランクに積まれていた無数の爆弾を発見。「どうせなら気持ちよく死にたい」と呟きながら車の内部の爆破装置を解除する。無謀なジェームズに、2人は怒りや不安を覚える。
上官はそんなジェームズの行動を賞賛!彼もまた今までの功績を明かすのであった。

砂漠地帯の任務終了後、帰途についた中隊の面々に予測もつかないアクシデント。捕虜を護送中、車がパンクして立ち往生している米軍請負人グループ。助けようとした矢先、テ●リストとの戦闘に巻き込まれるのである。敵を倒さなければならない状況に陥った中隊の3人、小さな建物から様子をうかがう敵との持久戦が始まる。



お手柄のエルドリッジ。


戦闘経験の浅いエルドリッジがからくも射殺。サンボーンも850メートル先の敵を見事にライフルで狙撃。
ジェームズはサポート役となり、二人を励ます。

※請負人チームリーダーにはあのレイフ・ファインズ 。ところが戦闘半ばであっけなく射殺され。。。。お終いでした。レイフさん、なかなか格好良かったのですが。

その夜、基地に戻った3人はストレス発散のためか?酒盛り。夜更けまで飲みまくる。ジェームズ、故郷にいる別れた妻と幼い息子の話をポロリ。。。。。驚くことに、自ら回収した爆弾の部品をコレクションしていたことが分かってしまう。
何やら風変わりで謎だらけのリーダー・ジェームズである。

不○弾の回収というシンプルな任務が中隊に下された。デスワークに退屈したという軍医ケンブリッジ大佐(クリスチャン・カマルゴ)と3人は、テ●リストの爆弾製造拠点らしきビルの内部を調査。
やがてジェームズは人間爆弾になりそこねた少年の遺体を発見、ショックを受ける。その少年は、ジェームズがサッカーに興じて心通わせたベッカムという少年のようだった。
腹部に埋め込まれた爆弾を取りだし、遺体を運び出すジェームズ。一方ケンブリッジは地元の市民の中に紛れ込んだテ●の爆弾のせいで、彼も殉死となる。彼と親しかったエルドリッジはその場で激しく動揺。


その夜、また大きな爆破事件が起こる。また3人は原因究明のため駆り出される。
ベッカムの死で怒りを募らせるジェームズは完全に我を見失っていた。彼の頭の中で自○テ●ではなく、犯人は逃亡したと断定する。サンボーンの反対を押し切って任務外の追跡作戦を開始。しかし成果はまったく得られず。。。。その上エルドリッジはテ●リストに拉致されかけたところを救出されたが。足を重傷して離脱するはめに。。。
そして不幸中の幸いだったのは、遺体がベッカムではなかったこと。その事実を知ってジェームズはただ呆然とするばかりだった。

次に中隊が遭遇したのは、体中に爆弾を巻かれたイラク人の男だった。通訳を介して衣服を脱ぐように指示。何とシャツの下から大量の爆弾が現れる。サンボーンは自爆テ●だと主張するが。


「俺はまだ死にたくない。子供が欲しいんだ。男の子が」とサンボーン。


ジェームズは防護服を着て「家族がいる。助けてくれ」と叫ぶ男に近づき、爆弾を調べ始める。厳重にロックされ、カッタ―では切断できるものではなかった。しかも時限装置つきで、タイマーは後2分しかない状況。さてこの男を助けることが出来るのだろうか?


ロケ地は隣国ヨルダン

バグダッドのシーンは、首都アンマンの貧困地域周辺が中心だが、なかにはロケ現場が実際の戦地から数時間の場所もあり、「これほど戦地に近いところにいることが、演技と撮影のあらゆる面において特別な効果をもたらした」と監督は話している。  

また監督が目指したのは、まるでドキュメンタリーのような戦争映画。
地面の石ころたちが爆破によって、飛び跳ねたりするのも印象的な場面である。
脚本はマーク・ボールのイラク取材体験を元にしたオリジナル、手持ちカメラを駆使した撮影、現実の音にこだわったという音響効果まで、随所に見られる。 (日経トレンディネットより抜粋)

有名スターを使わず、あえて、観客が顔を知らないような無名の俳優を主役3人に抜てきしているのも、その1つ。「スターは映画の終わりまで死なないという約束事があるでしょう? それでは、誰にでも、いつでも死が訪れる可能性がある戦争を描くことができない」と監督。

そして何よりも本作が低予算で製作されていることも一つのポイントだろう。ハリウッドのメジャー・スタジオの資金を得ていない独立系作品のため、監督自ら各所に奔走してかき集めた製作費は約1100万ドルといわれている。ちなみに「アバター」は2〜3億ドルだそうですから、この作品はその20分の1以下で作られたことになる。

レイフ・ファインズ、ガイ・ピアーズといった有名俳優が名を連ねているが、彼らはあくまでも本作の企画趣旨やビグロー監督の情熱に突き動かされて小さな役での友情出演を買って出たということで、いわばサポーターだそうです。

女性監督が作ったとは思えないくらいハードでリアルな作品でした。凄いバイタリティのある方ですね。


キャスリン・ビグロー監督

「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。テ●の脅威が続く混沌のイラク・バグダッドを舞台に、爆発処理チームのリーダーとして新たに赴任した破天荒な主人公ら3人の兵士が尋常ならざるプレッシャーに晒されながら爆弾解除に取り組むさまを、徹底したリアリズムで生々しくスリリングに捉えていく。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。共演に「ミリオンダラー・ベイビー」のアンソニー・マッキーと「ジャーヘッド」のブライアン・ジェラティ。

ラスト:ジェームズは、また新たなる365日間の任務を遂行するため、またしても死地に降り立つ。

メディア 映画
上映時間 131分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)
初公開年月 2010/03/06
ジャンル アクション/サスペンス/戦争
映倫 PG12

オフィシャル・サイト
http://www.thehurtlocker-movie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://hurtlocker.jp/

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューヨーク、アイラブユー(2... | TOP | NEW YORK I LOVE YOU パー... »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
まったくもって… (KLY)
2010-03-12 03:08:32
ガイ・ピアーズがいきなり爆死ですからねぇ。しかもレイフ・ファインズが出てきて、華麗に反撃かと思いきやこれまた射殺…。安直な方向には流さないぞって決意の表れなのかな。^^; 恐ろしく驚異的な緊張感は、まさに現場感覚でした。
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-03-22 19:17:50
TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
目が乾く映画 (ノルウェーまだ〜む)
2010-03-24 19:32:50
こんにちは☆
臨場感がものすごくて、2時間イラクにいましたってかんじでした。
すっかり目が乾いて疲れちゃいましたけど、素晴らしい映画にめぐり合えてよかったです。
アカデミー賞を取れたのも納得ですね。
Unknown (vic)
2010-03-24 23:28:49
アバターの20分の1の予算で作られたとは!怖ろしくコストパフォーマンスが良い作品ですね!

女性が作ったという感じがしなくて
情感に訴えてくるような作りではなく、とても淡々としていました。
coolでdryでしたよね。
意外でした。

私はアバターの方が見応えがあったなあ、と思いながら劇場を出ました。
TBありがとうございました! (sakurai)
2010-04-05 20:07:57
ハート・ロッカーを「棺桶」という風に解釈するみたいですが、私はこの題名を聞いたときに、心を封印しなければこんなことは出来ない・・という意味かな?と勝手に想像してたんですよ。
あながち、とんちんかんな解釈ではないかも、と自分で思ってますが。
あまり馴染みのない役者を使った、というのもあたりでしたね。これでジェレミー・レナーは一躍有名になりましたけどね。
ガイ・ピアース・・・ (小米花)
2010-04-16 21:36:15
私も気がつかなかったのです。。。
ええ?そうだったのかぁ、、、でした。
随所にこだわり (メビウス)
2010-05-19 00:31:30
mezzotintさんこんばんわ♪遅れ馳せながら自分もようやく鑑賞しましたっ。

ドキュメンタリーさながらの本作の映像は終始リアリティと緊張感に富んでいて自分も驚きましたけど、この作品に含まれている随所の『こだわり』などを↑のmezzotintさんの記事で拝見し、やはりかなり徹底した内容なんだと知る事が出来ますねぇ。ほぼ知名度の低い俳優さんを起用した理由は知っていましたけどそれ以外、実際の戦地にかなり近い場所での撮影や低予算のことなどは初耳だったので、ビグロー監督の本気度や監督としての手腕の高さも伺えますね。

※そいえば自分も最初ガイ・ピアースだって事を知らず、それこそ冒頭はただ普通に観てましたね^^;
気付いた時彼は爆発に巻き込まれてる寸前でした・・(汗

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

64 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ハート・ロッカー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ...
ハート・ロッカー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ〜♪監督は...
ハート・ロッカー (Akira's VOICE)
処理できないものは人間の心。  
ハート・ロッカー/ The Hurt Locker  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 各映画祭などでの受賞数、100近く{/eq_1/} もうすぐ発表される、アカデミー賞作品賞の大本命{/eq_1/} 21日に発表になったばかりの英国アカデミー賞でも圧勝{/...
*ハート・ロッカー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2008年  アメリカ 2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソン軍曹の代わりに派遣されてきたのは、ウィリア...
「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています...
『ハート・ロッカー』 (ラムの大通り)
(原題:The Hurt Locker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ〜あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞する...
ハート・ロッカー (あーうぃ だにぇっと)
ハート・ロッカー2月23日(火)@なかのZERO 今週の試写会は、ハート・ロッカーとNINEだけ。 ハート・ロッカーはかなり気合を入れて応募して2枚ゲット。 開場10分前の18時20分になかのZEROに到着。 行列の最後尾は建物の横をぐるりとまわり、南側の公園のトイレの前。 ...
ハート・ロッカー (Lovely Cinema)
 彼らは、数えきれない命を救う。たった一つの命を懸けてー。
ハート・ロッカー (風に吹かれて)
War is drugなぜ 再び戦場へ行く公式サイト http://www.hurtlocker.jp監督: キャスリン・ビグロー 「ハートブルー」「K-19」原題“The Hurt Locker”の
映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェー...
『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>2004年....
ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本命と...
The Hurt Locker / ハート・ロッカー (Akasaka high&low )
Jeremy Renner(ジェレミー・レナー)演じるワイルドな爆弾処理班の兵士が煙草をくわえたジャズプレイヤーにも見えた戦争物がThe Hurt Locker(ハート・ロッカー)。 ハリウッド初のまともなイラク戦争を題材にしたフィクション・ドキュメンタリーは女性監督が作ったと...
ハートロッカー (幕張コーポ前)
金曜の夜、ハートロッカー観てきました。見事にアバターをふっ飛ばしましたね笑アバターが幻想なら、ハートロッカーは現実。アカデミー賞を争った2作品ですけど、比べること自体、ちょっと変な気もしますね。広い意味で言うと、アバターも戦争映画か。THE HURT LOCKER「究...
ハート・ロッカー (小部屋日記)
The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース 彼らは、数えきれない命を救う。 たった一つの命を懸けて...
ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER (いい加減社長の映画日記)
ちょっと苦手とする戦争ものみたいだし、パスしようかと思ってたんだけど。 アカデミー賞を受賞してしまうと、見ないわけにはいかない。 ということで、平日ちょっと早めに会社を抜けて「ハート・ロッカー」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方ということで少なめ。...
[映画『ハート・ロッカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われ...
10-59「ハート・ロッカー」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
爆弾処理班は必要だ  2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班では、任務中に殉職者が出たため、ジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。こうして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とした爆弾処理チーム...
ハート・ロッカー (しーの映画たわごと)
アカデミー賞では9部門にノミネートされたとか。「アバター」はまだ観ておりませんが、作品賞はこの作品にあげたいです。それくらい良かったと思います。娯楽映画の類ではないので、決して楽しい作品ではありませんがメッセージ性はすこぶる高い作品でしょうか。
ハート・ロッカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】 緊張とスリルを味わいたかったらお薦めの本作。
ハート・ロッカー THEHURTLOCKER (まてぃの徒然映画+雑記)
ヒリヒリとした緊迫感が続く2時間。今年のアカデミー賞受賞作、だからというわけではないけれど、結構ノミネートされてたので前売りを買って日曜日に行ったら、すでにお目当ての回は満員で、平日仕事が終わった後に出直したのでした。それでも6〜7割の入りだったから、相....
No.208 ハート・ロッカー (気ままな映画生活)
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった
『ハート・ロッカー』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3...
ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!  (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナ...
「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER (俺の明日はどっちだ)
・ テロの脅威が続くイラク・バグダッドを舞台に駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちの姿をサスペンスフルに描き、先ごろ行われた第82回アカデミー賞で作品賞&監督賞含む6部門を受賞した戦争映画ならぬ “ 戦場映画 ”。 スローモーションを効果的に使った初っ端の...
ハート・ロッカー (だらだら無気力ブログ)
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3...
■映画『ハート・ロッカー』 (Viva La Vida!)
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...
【ハート・ロッカー】大人のオモチャ (映画@見取り八段)
ハート・ロッカー〜THE HURT LOCKER 〜 監督: キャスリン・ビグロー    出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・...
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観た! (とんとん・にっき)
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観てきました。言わずとしれた第82回アカデミー賞受賞作品、女性監督では初めてだという。「ハート・ロッカー」は「棺桶」を意味するアメリカ兵の俗語。また戦争映画かとやや拒否反応を示しながら、観たのはイラクに駐留
「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 (はらやんの映画徒然草)
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった
戦争中毒〜『ハート・ロッカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカ...
ハート・ロッカー■大義なき戦争を描いている (映画と出会う・世界が変わる)
この映画をどのように評価すべきか、見た感想を、どのようにまだ見ていない人にどのように伝えればいいのだろうか?冒頭から緊迫感あふれる場面である。このタッチがラストまで続くが、その緊迫感に観客として興奮したり、スリリングな感動を得るかというと、決してそうで...
ハート・ロッカー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任...
ハート・ロッカー (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER 2008年/アメリカ/131分 監督: キャスリン・ビグロー 出演: ジェレミー・レナー/アンソ...
「ハート・ロッカー」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...
戦争はドラッグなのか・・・ (笑う学生の生活)
15日のことだが、映画「ハート・ロッカー」を鑑賞しました。 アカデミー賞 作品賞を受賞した話題作 ということで、期待度は高かったのですが・・・ うーん、正直 期待値は越えず・・・ 期待度が高すぎたというのもあるが 爆弾処理班の主役に イラクでの活動を追った作...
「ハートロッカー」 (Con Gas, Sin Hielo)
24時間緊張を保てるとしたら、それは中毒でしかあり得ない。 この映画の上映時間は131分。その間、生命を削る兵士たちの闘いが切れ目なく描かれる。 正直言って疲労が溜まる。2時間ちょっとでこれなのだから、前線に派遣された者が味わう戦慄はもはや想像の域を遥かに...
『ハート・ロッカー』... ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ映画、キャスリン・ビグロー監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース出演。
ハート・ロッカー (悠雅的生活)
2004年、バグダッド。任務完了まで38日・・・
映画鑑賞記「ハート・ロッカー」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.03.22 鑑賞場所:シネプレックス幕張 彼らは、数え切れない命を救う。 たった一つの命を懸けて―。 <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  2004年、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の危険物処理班は、仕掛けられた爆弾の解体、爆破...
ハート・ロッカー■この作品を素直に名作とか傑作とか言えない (映画と出会う・世界が変わる)
この作品の登場人物には誰一人共感したり、あるいは批判的になったりなど出来ない。映画の表現技術は別にしてこの作品に対して何らかの思い入れを持つこと自体が出来ない。見終わって、2日ほど経って、見終わった直後の異様な感覚の正体は、「この映画に一切共感できる部...
「ハート・ロッカー」 息継ぎできない・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヒリヒリするような緊迫感、標的を見据えて 目にハエが入ろうとも瞬きもしない・・・・ こちらまで息を凝らし、瞬きできない。 気が付くと、息が苦しくなって、大きな深呼吸。 目もすっかり乾いてしまい・・・・・・
映画「ハート・ロッカー」 (FREE TIME)
話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。
ハート・ロッカー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描...
『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争 (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。
ハート・ロッカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...
ハート・ロッカー (ダイターンクラッシュ!!)
2010年3月28日(日) 20:50〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ハート・ロッカー』公式サイト アカデミー作品賞受賞の映画をやっと観た。 感動作が取るべきだとという思い込みがあるので、「ノー・カ...
ハート・ロッカー (Movies 1-800)
The Hurt Locker (2008年) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ イラクにて爆弾処理の任務をこなす兵士の命がけの日常を描いた戦争ドラマ。 2009年度アカデミー賞において作品賞、他計6部門受賞。 殉職...
『ハート・ロッカー』 (You got a movie)
監督    キャスリン・ビグロー キャスト  ジェレミー・レナー       アンソニー・マッキー       ブライアン・ジェラティ  第82回アカデミー賞 最優秀作品賞受賞。監督は「K−19」「ストレンジ・デイズ」の女性監督キャスリン・ビグロー。前作...
「ハート・ロッカー」は悪質なプロパガンダ映画である (映画と出会う・世界が変わる)
「アバター」と「ハート・ロッカー」は共にアメリカというものを描いているが、その視点は正反対である。「アバター」が反米的であり、アメリカという国の成り立ちを極めて批判的に描いているのに対して、「ハート・ロッカー」はそうではない。むしろ現在、戦地で苦闘して...
ハート・ロッカー (迷宮映画館)
緊迫感は半端でない。
【映画】ハート・ロッカー (新!やさぐれ日記)
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジ...
ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演! 配信限定!放課後DA★話特別編(「ライムスター... (ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!)
○「ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演
ハート・ロッカー (こんな映画見ました〜)
『ハート・ロッカー』 ---THE HURT LOCKER--- 2008年(アメリカ) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。 アメリカ陸軍...
劇場鑑賞「ハート・ロッカー」 (日々“是”精進!)
遅ればせながら、「ハート・ロッカー」を鑑賞してきました行きつけのシネコンでは5月8日から漸く上映開始に・・・。「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、...
ハート・ロッカー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】キャスリン・ビグロー 【出演】ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファイ...
【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕...
ハート・ロッカー 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
『ハート・ロッカー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアース、レイフ...
映画評「ハート・ロッカー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督キャサリン・ビグロー ネタバレあり
ハート・ロッカー (RISING STEEL)
ハート・ロッカー / THE HURT LOCKER 2008年 アメリカ映画 監督・製作: キャスリン・ビグロー 製作:マーク・ボール ニコラス・シャルティエ グレッグ・シャピロ 脚本:マーク・ボール ...
ハート・ロッカー (いやいやえん)
アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感じた作品でした。 人間が壊れてしまう。戦争中毒者となってし...
ハート・ロッカー (いやいやえん)
アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感じた作品でした。 人間が壊れてしまう。戦争中毒者となってし...