銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

トランスアメリカ

2006-09-14 | 映画:ミニシアター

 京都シネマにて「トランスアメリカ」を鑑賞しました。水曜日のファン感謝ディーのためか多いです。ここはミニシアターのため、収容人数は62席、1・2・3とシアターがあるのですが・・・・。シアター1で100席ちょっと、シアター2で90席、そしてシアター3は、上記の席数なのです。私が行った時点でもう半分以上の席がゲットされていました。結局満席立ち見の方もありこの映画は人気があるようで・・・多分他の日も多いようですね。さてお話はLAで女性として、つましく暮すブリー(フェリシテイ・ハフマン) 実は男性なのですでもその事に違和感を持ち・・・肉体的にも女性になるための手術を受けようとしているところへ、トビーという少年が突然現れますトビーは17年前、ブリーがスタンリーという男性だった頃に出来た実の息子だったのです。二人はひょんなことから、NYからLAへの大陸横断=トランスアメリカの旅に出かけることに・・・・。ブリーは、自分が男性で父親だという事を隠して、トビーは本当の父親を探すために・・・・。女性になるため、性転換手術を受ける男性役を演じるのはフェリシテイ・ハフマン、女性なのに、難しい役どころ・・・。でも見事に演じていました声も何となく男性が女性の声帯を真似しようとしているようです。本当に男性が女性になっているような錯覚にもみえます。顔つきも、そういう風に見えるところが凄い性同一障害(英語ではトランスセクシュアルと言います)を持つブリーは何も特別ではありませんし、世界には多く存在するでしょう。でも、なりたい自分になるためには、痛み・苦しみがついてきます。しかしトビーの出現で、なりたい自分のための手術の費用が彼のために使う事に・・・・。養父の元に返すことが、幸福と思ったブリーですが、トビーは拒否しかしその拒否の意味も、養父のところへ行って知ることに養父の性的虐待・・・・進路を変え、ケンタッキーへと愛を忘れたブリーと愛を知らないトビーの旅は始まるのです。

  中古車で二人の旅が始まるのだ

 父親と息子

 トランスアメリカ 公式HP

 追記:トランスセクシュアルとは生まれながらの性別と心の性認知に
     違和感のある人のこと言います。ゲイ(同性愛)と一緒?と混同
     されがちですが、違うそうです。以前、これとは逆のケースの方
     と出会ったことがあります。
     
 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (10)   Trackbacks (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ENNENN FACTORY 銅版画展、... | TOP | バトンが来ました・・・・。 »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
オモシロそう~ (千太郎)
2006-09-14 09:10:47
お久し振りにお邪魔します。

での映画特集か何かで予告を観て、見てみたいと思ってたんです!

やっぱり面白そうですネ~

でもうちの近辺では上映されてないんです悲しいな~…

ビデオかDVDがでたら観てみたいッス

トランスセクシャル (daisaku)
2006-09-15 21:50:49
身近にトランスセクシャルの方が居られるので、この映画見てみたいですね。

連休中にお許しが出れば行ってこようかな・・・。



そうそうDMしました。
こんにちは♪ (ヘーゼルナッツ)
2006-09-18 07:27:15
"やさしい映画”って言葉がほんとピッタリですね^^

ブリーは女性らしくてエレガントでとても良かったです。

映画全体的にも重くなりがちなテーマをうまく表現

してあって私の好きな作品の1つになりました。



TBありがとうございます。

お返ししたいのですが、なぜかgooさんのにTBできないんです(TT)

でも、またお邪魔させていただきますね(^_-)☆

祇園会館よかったですよ (ともこ)
2006-09-18 11:39:24
長らくご無沙汰しています。

祇園会館の映画それぞれによかったです。

ナイロビの方だんだん食いついていっていました。トランスアメリカもうやっているのですね。時間があればいってみたいですが
はじめまして (sicca)
2006-09-19 12:53:57
こんにちは。

ブリーとトビーが徐々に歩み寄っていくところを、切なく、温かく描かれていて、素敵な作品ですよね。

フェリシティ・ハフマンは本当に素晴らしい演技で感動!



TBありがとうございました!
初めまして (ニンマリ)
2006-09-20 10:00:59
ハフマンの演技は言うまでも無く、トビー役の男の子が自然でよかったですね。それと、音樂。思わずサントラ買ってしまいました。自分を貫く難しさと、人を受け入れる難しさ。ブリーの家族の反応も(特に母親?)自分も子供がいる身で、考えさせられました。



この日はマッチポイントとはしごをしましたが、両方ともどっぷりはまる面白さでした。こう言う映画に一日に二本も当たるなんて、なんて幸せ!これだから、映画見るのやめられないわ。歳とともに?映画の趣味も変ってきたのか、最近京都シネマで見たい映画が沢山あり、とうとう会員になってしまいました。これからもみたい映画が一杯。時間を作って頑張ります。
こんにちは♪ (ミチ)
2006-10-13 14:48:29
この映画大好きでした!

ブリーにだんだん感情移入していっちゃいましたよ~。

自分の子供がいるなんてこれっぽっちも思っていなかったでしょうに、会った瞬間からもう父親というか母親というか肉親の情が沸いちゃうものなんですね~。

一方、ちょっとひんしゅく物のブリーのママの気持ちも分からないではないなと思いました。

自分の息子が・・・と思うとやはり理解してあげたいとは思うでしょうが、なかなか受け入れられないのも現実かもしれません。
こんにちは! (アイマック)
2007-01-30 12:56:43
DVDで観ました!
フェリシテイ・ハフマンの女装ぶりはびっくりしました。
声も低くしてましたね。
手術後のブリーの号泣は、私も泣いてしまいました。
よだれもいいね^^
自分らしく生きる事って大切だと思います。
音楽もよかったし、癒されました!
今晩は (ゴブリン)
2007-02-26 18:51:04
申し訳ありません。先に違う記事をTBしてしまいました。お手数をおかけしますが削除願います。
親子の情を描いたいい映画でした。

素顔 (kimion20002000)
2007-10-20 02:58:52
TBありがとう。
素顔のポートレート見ましたが、女性らしい人ですねェ。メイクや役つくりがうまかったんでしょうね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

55 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
トランスアメリカ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
男性であることに違和感を持っているブリーは、LAでウェイトレスをして慎ましく暮らしながら、肉体的にも完全に女性になるための手術を控えています。そこに、突然、父親を捜しているトビーという少年が現れます。トビーがブリーに伝えた父親の名は、かつてブリー ...
『トランスアメリカ』 (ラムの大通り)
----これって、主演のフェリシティ・ハフマンが オスカーにノミネートされた話題作だよね。 「うん。ゴールデングローブ賞のドラマ部門で受賞しただけに 一部では本命視されてもいた」 ----確か、ちょっと変わった役柄だった気が…。 「そうだね。性同一性障害の男 ...
『トランスアメリカ』 (京の昼寝~♪)
スカートの中に何があるかより もっと大事なこと。     ■監督・脚本 ダンカン・タッカー■キャスト フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、キャリー・プレストン、グレアム・グリーン、バ ...
「トランスアメリカ」 (てんびんthe LIFE)
「トランスアメリカ」マスコミ試写会 松竹試写室で鑑賞 タサカの会社の社長さんあての試写状でしたがいただきました。このあと11日の昼間しかないので今日が最後のチャンスのようなもの。今日は精神的にとても疲れていたし、昼間は会社のPCを直す事に必死 ...
感想/トランスアメリカ(試写) (APRIL FOOLS)
『デス妻』女優フェリシティ渾身の傑作。なんと性同一性障害の男性役を"可憐に"演じ切った。これはオススメしたい『トランスアメリカ』7月22日公開!! 観て観て! トランスアメリカ/TRANSAMERICA LAで暮らすブリーは、いよいよ最後の手術で肉体的にも完全に ...
『トランスアメリカ』 (Brilliant Days)
久々に新作映画の劇場鑑賞です♪ 『トランスアメリカ』 2005年 アメリカ 監督・脚本:ダンカン・タッカー 出演:フェリシティ・ハフマン/ケヴィン・ゼガーズ/フィオヌラ・フラナガン/バート・ヤング/キャリー・プレストン /エリザベス・ベーニャ/グレアム・グ ...
映画「トランスアメリカ」 (☆幸せmanpuku日記☆)
きょうの1枚 男性である事に違和感を持ち、肉体的にも女性になるため手術を控えた彼女の前に、ある日突然トビーという少年が現れる。トビーは17年前男性だった頃に出来た息子だった。二人はひょんな事からトランスアメリカの旅に出る事になる。トビーに父親だと ...
トランスアメリカ (シャーロットの涙)
LAで男性である事に違和感を持ち、今は女性として生きるブリー。肉体的にも女性になる為最後の手術を前にその費用を捻出する為につつましく生活している。 そんな彼女にNYの拘置所から電話が入る。 トビーという父親を探している少年。彼こそ、ブリーがただ一度男 ...
秀作ロードムービー。『トランスアメリカ』 (水曜日のシネマ日記)
男性である事に違和感を持ち、女性として生きようとするひとりの男と、 ある日、突然、存在を知らされた彼の息子の物語です。
意外と自分を見つめる旅 「トランスアメリカ」 (平気の平左)
評価:70点 トランスアメリカ 久しぶりに映画の感想。 感想書こうと思ったら、文体が安定しなかったりして自分でビックリ。 コンスタントに書かないとダメですね。 ちょいネタバレあり 性転換手術を目前に控えた中年のおっさんおばちゃんに、息子がいるこ ...
「トランスアメリカ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Transamerica」2005 USA 性同一性障害に悩む男と、その息子が織りなすロード・ムーヴィー。 主演はフェリシテイ・ハフマン。監督、脚本ダン・タッカー。ハフマンは第78回アカデミー賞(2005)主演女優賞にノミネートされたが、惜しくもゲットしたのはリース・ ...
映画~トランスアメリカ (きららのきらきら生活)
  「トランスアメリカ」公式サイトロードムービーってなんだかちょっと苦手イメージ あるので、この映画もどうしようかなぁ。。。って思っていたのです。ところがところが、もう笑いあり、涙ありでとても良い映画でしたLAでつつましく暮らすブリー(フェ ...
トランスアメリカ (5125年映画の旅)
同一性障害のスタンリーは自分の体と心に疑問を感じ、ブリーと名を変えて女として生きる道を選ぶ。そして彼が完全な女になるための最後の手術を行う1週間前に、彼の前に自分の知らない内に出来た息子トビーが現れる。ブリーはひょんな事からトビーと旅をする事 ...
*トランスアメリカ* (Cartouche)
{{{       ***STORY*** トランスセクシャルのブリーは、男性としての身体を完全に捨てる手術を目前に控えている。そんなある日、ブリーは驚くような電話を受ける。ブリーがかつて、男性として一度だけ関係した女性との間に、息子がいたのだ。窃 ...
トランスアメリカ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Transamerica”脚本・監督=ダンカン・タッカー。音楽=デイヴィド・マンスフィールド。心も外見も既に女性だが、トランスセクシュアル(性転換)のための仕上げの手術を待っている性同一障害の主人公がトランスアメリカ(アメリカ横断)するロード・ムーヴィー ...
劇場『トランスアメリカ』 (映画ダイエット)
監督&脚本:ダンカン・タッカー 出演:フェシリティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、グレアム・グリーン、バート・ヤング、キャリー・プレストン他 “女性になるための性別適合手術を受ける直前の男性”が、若気 ...
フェリシティ・ハフマン in トランズアメリカ (有閑マダムは何を観ているのか?)
なにはともあれ、フェリシティ・ハフマンです。 シャーリーズ・セロンの「モンスター」での体当たり演技を思い出しました。 あんな美しい人が、醜く化けること、化けること。 フェリシティの「トランズアメリカ」での役どころは、性同一障害の男性。 今ま ...
映画* トランスアメリカ (有閑マダムは何を観ているのか?)
性転換手術を目前に控えた、性同一障害を抱える男の話。 というと、「女装した、滑稽な男のコメディ?」と勘違いされそう。 たしかに、滑稽なところ、笑ってしまうところは度々あります。 でも、笑えるところがあるからこそ、救われる。 笑っただけではすま ...
トランスアメリカ (まぁず、なにやってんだか)
シネスイッチ銀座で「トランスアメリカ」を鑑賞してきました。 ミニシアター系の映画だけど、雑誌などで大きく取り上げられていることもあり、期待の映画でした。 そして期待を裏切らない、いい映画でした。 性同一性障害のブリー(フェリシティ・ハフマン) ...
「トランスアメリカ」 (the borderland )
トランスセクシャル(性同一性障害による性転換者)、いわゆるゲイをテーマにした作品だけど、とても爽やかなのは、ブリー(フェリシティ・ハフマン)が自分の生き方に信念があって言い訳しないところかなぁと思う。言葉遣いやマナーは女性よりも女性らしい面を持 ...
[ トランスアメリカ ]旅は終わり、関係は始まる (アロハ坊主の日がな一日)
[ トランスアメリカ ]@銀座で鑑賞 男性の肉体で生まれながら、本来の自分は女であると確信 し女に生まれ変わりたいと切に願うブリー(フェリシテイ・ ハフマン)。性転換手術を控える彼女の前に、ある日突然ト ビーという少年が現れる。トビー(ケヴィン・ゼ ...
トランスアメリカ (future world)
性同一性障害・・・このテーマは重く暗く圧し掛かるように描かれるのか、それとも笑い重視のコミカル路線で描かれるのか、そのバランスが難しいところ。 この映画、「重い」というよりはややコミカルで暖か味のあるストーリーに仕上がっており、満足いく作品だ ...
トランスアメリカ (knockin' on heaven's door)
Transamerica 奇抜な設定なのに、こんなにも優しく暖かい。ささやかな幸せを届けてくれる素敵なロードムービー。 Transamerica・・・アメリカという国と、境界線に立つ人生を渡る旅。このタイトルも絶妙です。
トランスアメリカ (映画とはずがたり)
性同一性障害に悩み、 “女性”として暮らす主人公と、 彼女の前に突然現れた17歳の息子。 そんな奇妙な親子が、 NYからLAへの大陸横断の旅を経て、 本当の自分とお互いの愛情を確認し合っていく、 ハートフルなロード・ムービー!! STORY:トランスセク ...
「トランスアメリカ」 TRANSAMERICA (俺の明日はどっちだ)
なんてやさしい映画なんだろう。 「ブロークン・フラワーズ」然り、「アメリカ、家族のいる風景」然り、若干違うけれど「家の鍵」然りと、最近何故か予期せぬ息子の出現から始まる父親と息子の成長物語という映画が数多く公開され、まるでひとつのジャンルを形成 ...
トランスアメリカ (映画を観たよ)
ロードムービーは好き♪ だからこの映画も楽しみにしていました。 でも何よりも楽しみだったのは予告で見たリネットの変貌振り! 性同一性問題という非常に難しい問題が入っているはずなのに何だかとても楽しくって不思議と居心地がいい映画でした。 とっても複雑 ...
トランスアメリカ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  世にも奇妙な親子の、世にも素敵な愛の物語  
『トランスアメリカ』 (きぶんしだい)
9月公開の映画の中で一番(どーしても)見たかった映画 フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ主演『トランスアメリカ』 ●あらすじ● 女性の心をもつ男性がさまざまな葛藤をするヒューマンドラマ。 1週間後に女性の体を持つための手術を控えている ...
トランスアメリカ (ゆるゆる日記)
海賊映画を見てから1ヶ月ぶりの映画。単館で見るのがお勧めなとっても素敵な作品。性同一性障害で性転換手術を希望するブリー。やっと許可が下り、1週間後に手術を受けらることが決まった時、1本の電話がかかってくる。「スタンリーの息子(トビー)がNYで逮捕さ ...
トランスアメリカ (skywave blog)
おかしくて、切なくて、温かい映画です。 NYからLAへ、父親と名乗れない’彼女’ブリーと、息子トビーの新しい家族愛を見つける旅が、始まる。 男から女へトランスしようとする
【劇場映画】 トランスアメリカ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ トランスセクシャルのブリーは、男性としての身体を完全に捨てる手術を目前に控えている。そんなある日、ブリーは驚くような電話を受ける。ブリーがかつて、男性として一度だけ関係した女性との間に、息子がいたのだ。窃盗の罪で拘置所に入ってい ...
フェリシティ・ハフマン演じる“中年男”は必見!『トランスアメリカ』 (CINEMA COMIN'SOON シネマブログ)
編集部お助けスタッフ・ロックがマスコミ試写に潜入! 『トランスアメリカ』に感動し...
映画:トランスアメリカ (駒吉の日記)
トランスアメリカ@シネスイッチ銀座 「いや、あんたはただのウソツキだ」 女になって幸せになろうとしていた時にいきなり17歳の息子登場。 変なおばさんが本当はおじさんで実は父親、で女性になるための手術を受けようとしている。 どっちも思考停止に ...
トランスアメリカ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2005年のアカデミー賞は賞を独占するほど強い作品がなかったことも大きな特徴だったが、『ブロークバック・マウンテン』、『カポーティ』など一部で“ゲイ映画祭”などと言われるほど、その手の作品がいくつもノミネートされたことも話題となった。今回紹介する ...
トランスアメリカ/TRANSAMERICA (我想一個人映画美的女人blog)
フェリシティ・ハフマンの圧倒的な演技力{/ee_1/} 今年のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされて、リースウィザースプーンに持ってかれたけど、 ゴールデングローブ賞は受賞☆ 賞に値する素晴らしい名演 {/hakushu/} 海外ドラマ、「デスパレートな妻たち」は未 ...
トランスアメリカ (とにかく、映画好きなもので。)
   トランスセクシュアルのブリー(フェリシティ・ハフマン)は、男性としての体を消すために手術を目前に控えた人物。  そんな、ある日。ブリーは突然の電話を受ける。  かつて、ブリーが一度だけ関係した女性との間に生まれた息子がいた ...
トランスアメリカ (tomozoのうれし★たのし★大好き)
トランスジェンダーといっても、「プルートで朝食を」のキトゥンのように前向きなタイ
トランスアメリカ (ぐ~たら主婦のマイナー好き日記)
心温まるロード・ムービーでした。 性同一性障害の男性ブリーが主人公。LAで女性として生きています。もうすぐ女性になるための最後の手術を受ける予定。そこへNYから一本の電話が。彼女(?)は男性だった頃に子供を作っていたのです。この息子トビーが又ワ ...
トランスアメリカ  (★しゃべりば ★)
正真正銘女性なのにだんだん「男性が女装しているように」みえてしまう。この女優フェリシティ・ハフマンさんはすごい。息子トビー役のケヴィン・セガーズの美しさにも 私すっかりやられました~最後の金髪は似合わなかったケドね 性転換手術を前に自分に息子 ...
映画「トランスアメリカ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「トランスアメリカ」 男性であることに違和感を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は、肉体的にも女性になる最後の手術を目前に控えていた。そんな彼女の前に突然現われたトビー(ケヴィン・セガーズ)という少年は、ブリーが男だった頃にできた息 ...
トランスアメリカ (ネタバレ映画館)
うぁ、モロ見えちゃってるよ・・・などと思ったほどトランス状態になっていた・・・
「 トランスアメリカ(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : ダンカン・タッカー 出演 : フェリシティ・ハフマン  / ケヴィン・ゼガー
トランスアメリカ (小部屋日記)
Transamerica(2005/アメリカ)【DVD】 監督:ダンカン・タッカー 出演:フェリシティ・ハフマン/ケヴィン・ゼガーズ/フィオヌラ・フラナガン/エリザベス・ペーニャ/グレアム・グリーン/バート・ヤング スカートの下に何があるかより、もっと大事なこと。 それは...
トランスアメリカ (とんとん亭)
「トランスアメリカ」 2006年 米 ★★★★★ きゃほ~~♪ 良かったです。映画館で公開されなかったけどDVD化が早くて嬉しいな。 去年は同じようなコンセプトの映画が3本あったんですね~~? 「ブロークン・フラワーズ」「アメリカ、家族のいる風景」そ....
親を探して (Akira's VOICE)
「トランスアメリカ」 「プルートで朝食を」
浅間サンライン (銀の森のゴブリン)
 休みになるとふと車で走ってみたくなる道がある。浅間サンライン。国道18号線の北
トランスアメリカ (銀の森のゴブリン)
2006年 アメリカ 2006年7月公開 評価:★★★★☆ 原題:TRANSAM
『トランスアメリカ』 (Sweet* Days)
トランスアメリカ CAST:フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・セガーズ 他 ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞、アカデミー賞主演女優賞 他ノミネート  STORY:ずっと男性である自分に違和感を感じていた性同一性障害のブリー(フェリシティ・ハフマン)は、念...
『トランスアメリカ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ性転換手術が控えているブリー(フェリシティ・ハフマン)はかつて関係した女性との間に息子がいた事を知る。拘置所にいる息子トビー(ケヴィン・ゼガーズ)を保釈する為ブリーはニューヨークへ向かう・・・。感想「デスパレートな妻たち」で知られる女優のフェリ...
「トランスアメリカ」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりん、ゲイものも、レズものも苦手なんだけど・・・ これも、性同一性障害の話。
トランスアメリカ@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する映画は、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた作品『トランスアメリカ』です。 まずはストーリーから・・・ 普通の女性として、LAでつつまし暮らすブリー。 男性であることに違和感を持ち、肉体的にも女性になるための最後の手術を控えたトラン...
mini review 07077「トランスアメリカ」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
解説: 女性の心を持ちながら、体は男性として生まれた主人公の葛藤をモチーフにしたハートフルな人間ドラマ。愛を忘れてしまった親と愛を知らない息子の複雑な関係を、新鋭監督のダンカ・タッカーが、彼らのアメリカ大陸横断の旅を通してたおやかに描き出す。人気TVド...
トランスアメリカ (映画鑑賞★日記・・・)
【TRANSAMERICA】R-15【公開】2006/07/22  
トランスアメリカ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】男性であることに違和感を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は、肉体的にも女性になるための最後の手術を控えていた。そんな彼女の前に、トビー(ケヴィン・セガーズ)という17才の少年が出現する。彼はブリーが男性だった頃に出来た息子で...
トランスアメリカ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『スカートの下に何があるかより もっとだいじなこと。』  コチラの「トランスアメリカ」は、7/22公開のちょっぴり複雑な父子のハートフルなロードムービーで、製作総指揮のウィリアム・H・メイシーの妻のフェリシティ・ハフマンが性同一性障害(トランスセクシャル...