銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

サイドカーに犬♪竹内結子復帰第一作

2007-08-15 | 映画:ミニシアター

あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。

 

7月24日、京都みなみ会館にて鑑賞。竹内結子、二年ぶりのスクリーン登場となった作品だ何か一段と綺麗になった気がする。出産したとは思えないくらい、体形も崩れていないよね。だ!!

 

《物語》たまっていた有給休暇を取ったとき、ふと思い出した。ヨーコさんと過ごした、あの日々。20年前の刺激的な夏は母の家出で始まった

 

不動産会社に勤める薫(ミムラ)は真面目に職務をこなしている30歳で独身の薫には、弟、透がいる。結婚することになった透は、薫に招待状を手渡しにやって来た。離婚した両親(古田新太・鈴木砂羽)も出席するという。たまっていた有給を取ることにした薫は、ふと20年前のあの夏のことを思い出した。

母は突然、を出た。その数日後、突然その女の人はやって来た!颯爽とに乗って・・・・。チャイムも押さず、に平然と上がりこんだ女の人は“ヨーコさん”という人だった。「驚かなくてもいいよ。ご飯つくりにきただけだから」と10歳の薫(松本花奈)にそう言った。豪快で自由奔放なヨーコに戸惑いながらも、次第に惹かれていく薫

 

 

ヨーコさんがおしえてくれたもの。
自転車の乗り方、コーラの味、キヨシローの歌
ヨーコさんといると、世界が広がる

 

父、誠に頼まれて来たヨーコ、それから、毎日のように夕食つくりに来た。父は夜になると、友人たちを呼んで、マージャンヨーコは台所で、タバコを吸いながら、を読む。そのかたわら、薫と透は麦チョコを食べながら、ゲームをしたり、宿題をしたりにして過ごす。そんな生活が当たり前になっていた。ヨーコは薫に、の乗り方やコーラの味を教えてくれる。ある夜、「百恵ちゃんのを探しに行こう」とキヨシローの歌をながら散歩することに。帰り道が分からず、父に迎えを頼む。サイドカーで父は迎えにやって来た。そんなサイドカーに乗った薫は何故か気持ち良かった

 

初めて見たヨーコさんの
そして一緒に行った、海辺の行楽地
最後のヨーコさんと思い出

 

 

父はヤバイ仕事に手を出してかけていたそれを食い止めるために、ヨーコは金の工面をした。そんなヨーコに腹を立てた父は「はもういらん」と言い出す。そのことでヨーコはする。薫が見たヨーコの初めてのだった。今もそのときのことを、薫は思い出す。泣き笑いの表情が印象的だった。父からもらった馬券を換金したヨーコは、薫に「夏休みに付き合ってくれる?」と誘う。大人にも夏休みがあるんだと知った薫。ふたりは海辺の行楽地にで向かう。一緒に亀の手という貝を採ったり、アイスクリームを食べたりした。そして、これがヨーコとの最後の思い出になる(yahoo映画より抜粋)

 

俊英作家:長嶋有と名匠監督:根岸吉太郎による豪華コラボレーション

 

10歳の少女は、ヨーコという女性と出会い、新しいことに出会う・・・・・。大人がダメだということも体験させてくれる。規制なんてナンセンスということも教えてくれた。日常の中での未知なる冒険を一緒にする薫にとっては、ヨーコの存在は大きいものだったに違いない。大人目線で薫と付き合うこともせず、対当に付き合うところも、凄い 自然体なヨーコの生き方はすべて何か素晴らしいこんな大人が沢山いるといいのにね。それにしても、竹内結子の演技も自然体だった

 

ユニークで豪華ななキャスト陣トミーズ雅、温水洋一、樹木希林、椎名桔平等

何と冒頭で伊勢谷友介も、出演していた。

 

「サイドカーに犬」オフィシャルサイト~あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackbacks (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラダイス・ナウ☆サイードと... | TOP | それでも生きる子供たちへ☆ ... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (MIYAUCHI)
2007-08-15 16:59:34
こんにちは、初めまして。
TBありがとうございました。
銅版画を制作されているのですね。
版画と言えば子供の時に学校の図工の時間を思い出します(笑)。
銅を彫るというのは難しそうですね。
こんばんは (サラ)
2007-08-17 19:46:10
TBありがとうございました。
竹内結子さんの演技が自然でしたね。
こういう空気感の映画は好きです。
いつも、ストーリーの解説が上手いなあと思います

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

42 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「サイドカーに犬」を観ました!!(2007-17) (馬球1964)
映画「サイドカーに犬」を観ました!!2007年の第17作目です。
サイドカーに犬 (シャーロットの涙)
80年代の香りが満載のちょっと懐かしい、まるで私の物語
「サイドカーに犬」松本花奈に主演女優賞を (ももたろうサブライ)
監督 根岸吉太郎 映画の舞台になっているのは1980年代なのだけど、私の記憶が確かなら、80年代の初めごろは日本映画が結構盛り上がっていた時期だった。70年代中盤からハリウッド映画の物量攻撃に負けて日本映画が冷え切っていたところへ、文庫本とのタイアップ宣伝とい...
[ サイドカーに犬 ]好きなものを嫌いになるほうが難しい (アロハ坊主の日がな一日)
[ サイドカーに犬 ]を銀座シネスイッチで鑑賞。 人の思いを大切にするあまり自分を素直に出せない薫と自由奔放な女性、ヨーコさんとのひと夏の思い出を描いた作品です。最近、これでもかこれでもか主張する大作映画が多い中、本作は心にじわりとしみこむように伝わって...
サイドカーに犬 (八ちゃんの日常空間)
犬をチャリンコのかごに乗せてる人はいるけど、サイドカーに犬を乗せてツーリングなんてかっこいいですよ!それも海岸線と並行して走る道路ですよ! やってみたいっ!
感想/サイドカーに犬(試写) (APRIL FOOLS)
竹内結子復活! 『サイドカーに犬』6月23日公開。不動産屋で働く薫・30歳。小学校4年の時、母が家出をし、突然ヨーコという女が家に入り浸るように。彼女は父の愛人。薫の人生でもっとも刺激的だった夏休みがはじまった。 映画[サイドカーに犬]オフィシャルサイト~あの...
「サイドカーに犬」(日本 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
どの靴を履いて行って良いのかわからなくなっていた夏、 私は20年前の特別な夏を思い出す。 母は家を出て行ったあの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。 「サイドカーに犬」
伊勢谷友介 (クチコミコミュニケーション)
「伊勢谷友介」に関する複数のブログの検索結果をマッシュアップして口コミ・評判、ショッピング情報をお届けしています
映画 『サイドカーに犬』 (Death & Live)
『サイドカーに犬』  2007年 原作 : 長嶋有 監督 : 根岸吉太郎 カオルが可愛かったですねぇ。 トオルもなかなかパンチのある小僧でしたねぇ。 脇を固める俳優たちもベテランばかりで、 久々に安心して観れる邦画だったなぁ。 ミムラも良かった... なん...
映画 【サイドカーに犬】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サイドカーに犬」 芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を根岸吉太郎監督が映画化。 おはなし:不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日釣堀に出かける。彼女は少女に餌をつけてあげながら、20年前の夏休みを思い出していた。母の家出の後、ヨーコ(竹内結子)...
「サイドカーに犬」:森下五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ここの高校は、自動車学科もあるんだって。 {/kaeru_en4/}じゃあ、ここを卒業すればサイドカーとかつくれるかな。俺のバイクにもサイドカーをつけたいんだけど。 {/hiyo_en2/}うーん、それはどうかな。 {/kaeru_en4/}でも、「サイドカーに犬」みたいな映画を...
微妙な時代設定でインパクトがない。『サイドカーに犬』 (水曜日のシネマ日記)
ひとりの女性が20年前の夏休みを回想する物語です。
映画 「サイドカーに犬」 (ようこそMr.G)
映画 「サイドカーに犬」 を観ました。
サイドカーに犬/竹内結子、松本花奈 (カノンな日々)
竹内結子さんにとっては2年ぶりになる映画出演。ワタシ的には清純なお姫さまの竹内結子さんより予告編で見せているようなはっちゃっけた威勢のいいキャラのほうが合うんじゃないかなぁと思っていたのでわりと楽しみにしていた作品です。予告編はかなりノリが良くて痛快な...
映画「サイドカーに犬」を観た! (とんとん・にっき)
「サイドカーに犬」、原作者・長嶋有は1972年生まれ。小説「サイドカーに犬」でデビュー、文学界」2002年6月号に掲載され、第92回文学界新人賞を受賞し、2002年に「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞。この2編をあわせた「猛スピードで母は」(文藝春秋刊)は、
「 サイドカーに犬 (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 根岸吉太郎 出演 : 竹内結子 /古田新太 /松本花奈
サイドカーに犬 (しまねこ日記)
不動産会社に勤める薫(ミムラ)は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。なじみの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、20年前のことを思い出す。 小4の夏休みが始まった日、以前から父(古田新太)とうまくいってなかった母(鈴木砂羽)が家を出た。数日後、か....
『サイドカーに犬』 (映像と音は言葉にできないけれど)
竹内結子といえば、僕にはNHKの「あすか」です。そうですか、あれから8年近く経つんですね。いや....実はこの映画...微妙なタイトルで観たくなりました。
サイドカーに犬 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
可笑しかったなぁ!パックマンの死んだ時の音!
サイドカーに犬 (サックス吹きKazutaのホームページ)
 続けて渋谷に移動して『サイドカーに犬』を観ました。 20年前の夏、母が家出した日に、 突然我が家にやってきた きれいな女性・ヨーコさん(竹内結子)。 少女だった薫(松本花奈)に「オッス!!」と挨拶し、「食事をつくりに来た」と言うヨーコさん。 ドロップハ...
「サイドカーに犬」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「サイドカーに犬」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、谷山毅、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、椎名桔平、他 *監督:根岸吉太郎 *原作:長嶋有 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログから...
『サイドカーに犬』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 『サイドカーに犬』□監督 根岸吉太郎 □原作 長嶋 有(「猛スピードで母は(サイドカーに犬)」文芸春秋刊) □脚本 田中晶子、真辺克彦 □キャスト 竹内結子、吉田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊...
サイドカーに犬 (シネマと!)
少女時代のひと夏の出来事を回想する物語。 母が家出したあと、突然やってきたヨーコさん。 神経質な母とは正反対の豪快なヨーコさんに 薫は最初は戸惑うけど、次第に惹かれていく。 「そんなことしたらお母さんに叱られる」 が口癖で、大人に気を使う薫は、 ...
サイドカーに犬 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
竹内結子、2年ぶりのスクリーン登場!!ヨーコさんの登場と共に、刺激的な夏休みが始まる!                               評価:★6点(10点満点) 2007年 ...
サイドカーに犬 (とりあえず、コメントです)
公開が終わってしまう~と思って急いで観て来ました。やっぱり観てきて良かったです~ 爽やかな風のように清々しい気持ちが残る作品でした(^^) 不動産会社に勤める薫(ミムラ)は、嫌な客にもそつなく対応しつつ仕事をこなしてきた。 ある日、久々に会った弟が自分の結...
『サイドカーに犬』。 ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:日本映画、根岸吉太郎監督、竹内結子主演。
サイドカーに犬 (愛猫レオンとシネマな毎日)
「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督の最新作です。 原作は芥川賞作家、長嶋有さんの「猛スピードて母は」の中に収められている 「サイドカーに犬」 サラっとしてて、チョッピリユーモアもあって、爽やかな映画でした。 ワタシ的には、こうゆうマッタリ系は好きです。...
『サイドカーに犬』 (映画大陸)
 僕が自転車に乗れるようになったのは多分、小学生になるかならないかの頃だったと思う。  親に買ってもらったピカピカの補助輪付き自転車。そこには何故か「鉄腕アトム」の絵柄が描かれていた。別段「鉄腕アトム」のファンでもなかったし、アニメを熱心に観た記憶すら...
サイドカーに犬 (Kinetic Vision)
サイドカーと自転車、二つの乗り物が薫(松本花奈)にとって重要な乗り物として登場する。 小学生にとって両親の存在は絶対だから、親がふらふらしていると子供はどこに立っていたらいいのか分からない。薫はしっかりしてい
『サイドカーに犬』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『サイドカーに犬』 (本館) 【監督】根岸吉太郎 【脚本】 田中晶子/真辺克彦 【原作】 長嶋有 『サイドカーに...
サイドカーに犬 (ダイターンクラッシュ!!)
8月12日(日) 21:20~ CINEAMUSE WEST 料金:1300円(シネカノン会員料金) パンフ:600円 『サイドカーに犬』公式サイト 中村獅童を捨て去り女を上げた竹内結子。 その今までの役柄イメージと違うスカッとした態度から、今回のオファーでもあったのかね。豪...
【2007-105】サイドカーに犬 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 母が家出してから数日、その人は突然現れた・・・ 性格 豪快、大ざっぱ、大胆、でも時々涙 あの夏、ヨーコさんが教えてくれたこと コーラと清志郎と思い切り笑うこと あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。
サイドカーに犬 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「サイドカーに犬」の感想です
サイドカーに犬 (ネタバレ映画館)
ふと聞えてきた漫才はトミーズか?
竹内 結子について? (クローズド・ノート沢尻エリカ~画像・動画・壁紙・あらすじ・出演者・感想・レビュー~)
引越し先の前の住人・伊吹を演じる竹内 結子。女優として復活してくれたのはウレシイ限りですが、プライベートが釈然としないのは残念です。そんな竹内結子をリサーチしました。竹内 結子(たけうち ゆうこ )所属:スターダストプロモーション。プロフィール:1980年生...
生田斗真&小栗旬 「SMAP×SMAP」出演決定!「花ざかりの君たち... (生田斗真&小栗旬 「SMAP×SMAP」出演決定!「花ざかりの君たちへ」予告)
9月17日放送のフジテレビ系列「SMAP×SMAP(スマスマ)」に生田斗真と小栗旬が出演することがわかった。今までジャニーズ事務所所属のゲストでは、SMAPの先輩である近藤真彦や少年隊しかでたことがない。いくらフジテレビでジャニーズ事務所所属タレントの主演のドラマやス...
映画「サイドカーに犬」・・・ヨーコさん、あなたは誰? (システムエンジニアの晴耕雨読)
  今朝は、早く目が覚めたので、 映画の日・・・自分にとっての?! まず、封切られてしばらく経ちますが、楽しみにしていた 「サイドカーに犬 ~あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。~」を見る。 ミムラ扮する不動産会社の事務員をしている女性、薫・・・ 物語...
『サイドカーに犬』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ小4の夏休みのはじめ、父と喧嘩が絶えなかった母が家を出た。その数日後に薫の家に突然やって来たヨーコさんは神経質な母親とは対照的な大らかな人。煙草をスパスパ吸い、性格はサバサバ、大らかで気が強い。感想山路ふみ子映画賞 女優賞日刊スポーツ映画大賞 ...
mini review 07278「サイドカーに犬」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を映画化した、心温まるヒューマンドラマ。『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が1980年代の夏を舞台に、内気な少女と破天荒な女性の心の交流を優しくつづる。2年ぶりの映画出演となる竹内結子がヒロインを好演し、さばさばした勝ち気な女性...
【DVD】サイドカーに犬 (新!やさぐれ日記)
■動機 竹内結子がメインじゃないみたいだったから ■感想 竹内結子のくせにいいじゃんこれ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日、有給をとって釣堀に出かける。彼女は少女にエサをつけてあげながら、20年前の...
『サイドカーに犬』 (『映画な日々』 cinema-days)
サイドカーに犬 長嶋有のデビュー短篇小説の映画化 父の愛人ヨーコと過ごした 薫の10歳の夏休み。 個人評価 ★★ (自宅鑑賞)
「サイドカーに犬」 (或る日の出来事)
竹内結子さんの役柄であるヨーコさんって、竹内さんが最近演じているJOMOのテレビコマーシャルみたいなキャラだよね。さっぱりとした自然体な...