銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ダージリン急行♪乗ってみたいな・・・。

2008-04-21 | 映画:ミニシアター

兄弟の絆を取り戻すため、3人兄弟はインドの旅を始めることに。

 3月21日、京都シネマにて鑑賞。3人兄弟がダージリン急行に乗って、旅をしながら、行く先々でさまざまな人と出会い、ふれあいながら、壊れた関係を修復しながら、再生してくといヒューマン・ロードムービーです。

 

ところで本編上映前に、短編「ホテル・シュヴァリエ」が上映されます。パリのホテルを舞台に、ジェイソン・シュワルツマンとナタリー・ポートマンがミステリアスな男女のを演じます。このプロローグも本編と何処かつながっているようです。

 

パリのホテルで久しぶりに再会した元恋人同士彼らが繰り広げるエピソードとは・・・・・・。

 

 

STORY

父の死を機に絶交していた兄弟は、長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)の呼びかけで、次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)、三男ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)のホイットマン3兄弟が集うことに。

フランシスは、このインドの旅を通じてもう一度、兄弟の結束を固めようと皆に誓う

3人のそれぞれの問題。

フランシス彼にはいつも忠実な助手ブレンダンとともに、旅の日程を作る。そして、まるで親のように弟たちに世話を焼く。彼の顔には包帯がぐるぐる巻きにされている。じつはバイク事故で瀕死の重傷を負うも、奇跡的生還したばかり

ピーター父の遺品をひとり占めしているとフランシスからののしられている。妻アリスは妊娠7ヶ月だというのに、価値観が違うとかで離婚を考えているようだ。

ジャック作家の彼は、近頃「ルフトヴァッフェ修理工場」という彼らの家族をネタにした小説を書き上げたばかり失恋の痛手を負ってダージリン急行に乗り込んだと思いきや、すぐさま、列車のアテンダント、リタ(アマラ・カラン)と恋に落ちる。でもかっての恋人が忘れられず、彼女の留守電をチェックしている。(何と優柔不断なやつ

ジャックとリタ、キョロキョロあたりを見回し・・・・。これからどうするのか?

 

喧嘩がたえない3人、食事をすれば、やれ唾が飛んだ、やれ義歯を外すなどと口論掴みあい、いがみ合うのだ

長男のフランシスが次々と協定を作り、彼らを引率することに。「心の旅では仲間割れしないことそして賢人をのけ者にしないこと」皆は口々に言う「意義なし」彼らは人生を変える旅を必要としていた。

 

 

 

車窓から見るインドの絶景が3人兄弟の心を潤していく母親(アンジェリカ・ヒューストン)がヒマラヤの修道院で尼僧をしていることもわかり、彼らは会いにいこうと約束する。しかしまた、再び取っ組み合いの大ゲンカが始まり・・・・・。列車を追い出されてしまう

 

 

助手のブレンダンから愛想を尽かされ、砂漠の真ん中で途方に暮れる兄弟。別れ際、ブレンダンから渡されたには、母からの“会えない”という言葉が残されていた

 

荷物を抱えて、3人はひたすら歩く

 

空港を目指す彼らの前に、ロープをつたい川を渡ろうとしている幼い兄弟が「ムチャだ!」と思ったのも束の間、ロープは切れ、兄弟は激流に飲み込まれてしまった。慌てて救助向かう3人、しかし彼の懸命な努力もむなしく、幼い兄弟のひとりは岩場に激突し、命を落とす亡くなった子どもの遺体を抱え、彼らの住む村へと・・・・。民族衣装に身を包む、ホイットマン3兄弟は葬儀に参列した。

空港にやっと到着した彼らは、一年前の父の葬儀を懐かしく思い出していた。3人協力して、父を弔ったあのころ、インドでのさまざまな思いを胸に抱き始めていた。

そして3人は・・・・・。

フランシスブレンダンに、彼を再雇用することに。

ピーター妻アリスのお腹にいる子どもが男の子だと分かる。

ジャック元恋人とイタリアで再会することに。

いよいよ3人はヒマラヤにいる母親に会いに行くことにする。彼らはこの美しいインドで、いつのまにか兄弟の絆を深めていた

 

ヒマラヤの修道院で暮らす母。

 

実際にダージリン急行の列車の中でのロケ、かなり大変だったよう。

 

あのビル・マーレイもカメオ出演しています。3人兄弟と同じ列車に乗り込む?はずだったが・・・・・。でも後半の列車シーンでは乗っていた。何処から乗ったのか?分かりませんが。

 

『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』『ライフ・アクアティック』と一筋縄ではいかないコメディを送り出しているウェス・アンダーソンの新作は、常連オーウェン・ウィルソンにアカデミー賞俳優エイドリアン・ブロディ、『マリー・アントワネット』でルイ16世を演じていたジェイソン・シュワルツマンが3兄弟を演じ、インドの大地を列車で走るという意表をついたもの。テーマはデビュー作から一貫している「家族の絆」だ。シリアスなドラマにもなりうる話を、新しいのか古いのかわからい独特のユーモアとペーソスでくるむスタイルは健在だ。なお本編前に、短編『ホテル・シュヴァリエ』が上映されるが、これは本編へのプロローグとなっている。(goo映画より)

 

出演: オーウェン・ウィルソン フランシス・ホイットマン
エイドリアン・ブロディ ピーター・ホイットマン
ジェイソン・シュワルツマン ジャック・ホイットマン
アンジェリカ・ヒューストン パトリシア・ホイットマン
アマラ・カラン リタ
カミーラ・ラザフォード アリス
ウォレス・ウォロダースキー ブレンダン
イルファン・カーン
ビル・マーレイ
ナタリー・ポートマン

 

監督:ウェス・アンダーソンのインタビューはこちらを・・・・。

 

オフィシャル・サイト
http://www.foxsearchlight.com/thedarjeelinglimited/ (英語)

 

製作には、フランシス・フォード・コッポラ監督の息子、ロマン・コッポラが担当。、妹が「マリー・アントワネット」の監督、ソフィア・コッポラでした。訂正・お詫びいたします   ちなみに、三男役を演じた、ジェイソン・シュワルツマンはコッポラファミリーの親戚だそうです。そしてこの作品の製作にも関わっているそうです。

 

※内容はいたってシンプルだと思います。まその辺がこの作品の良さかもしれません。3人兄弟の絡みがなんといっても目玉のでしょうね。そこはそれぞれ凄い演技の達人たちなので、良かったと思います。ところでダージリン急行は現在走っていないようです。

 

 


 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackbacks (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダーウィン・アワード★ジョセ... | TOP | バンテージ・ポイント:大統... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。  (moriyuh)
2008-04-22 07:43:46
おはようございます。
私もお返しさせていただきました。

>3人兄弟の絡みがなんといっても目玉のでしょうね。そこはそれぞれ凄い演技の達人たちなので、良かったと思います。ところでダージリン急行は現在走っていないようです

ストーリーはともかく(眠ってしまったので)として、印象的なのは常に「3人セット」ということでした。

ダージリン急行乗りたかったですよね…。
まったり旅したいなぁと思いましたからね。


どうもです♪ (sakurai)
2008-04-23 08:23:52
どっかゆるくて、どっかシュールで、んでもって独特の世界観を描くこの監督、結構好きです。
オーエン・ウィルソンは、やっぱこの監督とのセットのときが、一番らしいかもです。
3人の個性が、うまく絡んでましたね。
「マリー・アントワネット」の監督は、ソフィア・コッポラだったでのは。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

48 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ダージリン急行 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あした、僕たちはどこにいるんだろう… 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!』  コチラの「ダージリン急行」は、3/8公開となるウェス・アンダーソン監督のロード・ムービーならぬレール・ムービーなのですが、試写会で観てきちゃいまし...
「ダージリン急行」 (てんびんthe LIFE)
3月9日「ダージリン急行」日比谷シャンテシネで鑑賞 予想外のパート1上映。 ナタリー・ポートマンは一瞬のカメオ的な扱いだと聞いていたのに、これはサービス? 魅惑のフルヌード。 とはいうもののきわどい角度からのショットなのでモロ見せちゃいました…、では...
「ダージリン急行」感想と、ダージリンの場所・地図 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
田舎のインドの雰囲気や風景などが、凄~~く良い!!! しかし内容的には、別に・・・。(スイマセン) 感想は、3つ☆ 3兄弟の珍道中旅...
ダージリン急行 (B級パラダイス)
本編上映前に「ホテル・シュヴァリエ」という短編作品が上映されます。一粒で二度おいしい?(笑)あ、違うか。
『ダージリン急行』 (ラムの大通り)
(原題:The Darjeeling Limited) 「これはまた紹介が難しい映画だなあ」 ----えっ、父親が亡くなって以来、 疎遠になっていた3人の兄弟が 失われた日々を取り戻すために 長男の呼びかけでインドで列車に乗って旅する---- それだけのお話じゃニャいの? 「うん。それだ...
ダージリン急行/THE DARJEELING LIMITED (我想一個人映画美的女人blog)
カルト的?な人気を誇る、『天才マックスの世界』や『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 コレ{/hand_iine/} のウェス•アンダーソン監督最新作{/ee_1/} 全米では公開済み、日本では、東京国際映画祭でも上映されました {/shootingstar/}一般公開は2008年3月予定...
「ダージリン急行」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 ウェス・アンダーソン監督の作品には 変な家族と変な人が出て来ます。 この作品もそうでした。 この人達、かなり変です。 でも何となく理解出来てしまう…。 「そういうこと、あるよね」とか 「そういう気分、わかる」なんて思いながら ...
ダージリン急行 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
ウェス・アンダーソン監督、オーウェン・ウイルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン。イカれた3人兄弟のインド珍道中。いつも列車に乗り遅れそうになるところに出鱈目加減が十分現れているのだが一丁前に旅程表をこしらえているところが痛い。
ダージリン急行 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
不思議なユーモアが漂うが、それには、インドという舞台設定が何より効いている。ちぐはぐな3兄弟が自分探しと兄弟の絆を確認するロード・ムービーだ。個性的な顔つきの俳優、おそろいのスーツケース、顔の包帯など、ビジュアルもインパクトがあって面白い。亡くなった父...
「ダージリン急行」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/ウェス・アンダーソン  出演/オーウェン・ウィルソン      エイドリアン・ブロディ      ジェイソン・シュワルツマン  ウェス・アンダーソンのロードムービー。出演陣は「ウェス・アンダーソンファミリー」と言うべき面子...
ダージリン急行 41点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ここに座ってくれ 足を組んでくれ 公式サイト ウェス・アンダーソン監督による最新作。オーウェン・ウィルソンやジェイソン・シュワルツマンら"いつものメンバー"に、エイドリアン・ブロディが加わった三兄弟の、インドからヒマラヤへの旅を描いたロードムービー。 ...
ダージリン急行 (Kaz.Log ☞ Loft Cinema)
=== 一度は乗ってみたいか?  『ダージリン急行』 2007 === {{{: 【ダージリン急行】 The Darjeeling Limited 2007 '''監督・製作・脚本''' ウェス・アンダーソン    '''製作''' ロマン・コ...
ダージリン急行 (ダイターンクラッシュ!!)
3月29日(土) 21:35~ チネ9 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『ダージリン急行』公式サイト 好きなジャンルであるロード・ムービーだ。 何とも間抜けな三兄弟が、久しぶりに再会し、自分を変えようとインドを旅する話だ。 かなりのガッカ...
★ダージリン急行(2007)★ (CinemaCollection)
THEDARJEELINGLIMITEDあした、僕たちはどこにいるんだろう...心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!上映時間91分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2008/03/08ジャンルドラマ/コメディ【解説】父の死をきっかけに疎遠となってい....
★「ダージリン急行」 (ひらりん的映画ブログ)
この作品の為にミニ・オーウェン特集をやってたんですよ、ひらりんは。 「魔法にかけられて」の先行とか、「バンテージ・ポイント」より、こっちが先。 でもこれでネタ切れなので、特集はここまで。
「ダージリン急行」 (古今東西座)
実はあまり映画を観られなかった(観なかった)時期が数年間ある。であるからその間に出てきた監督の作品は案外観ていない。この映画の監督であるウェス・アンダーソンもその中のひとり。『ザ・ロイヤル・テネンバウムス』は前売り券を買っていながら観られなかったし、『...
ダージリン急行 を観ました。 (My Favorite Things)
おすぎさんの評価は、「この監督とは相性が悪い…」でした。そして私はどうなのか?
インド鉄道の昼(と夜) ウェス・アンダーソン 『ダージリン急行』 (SGA屋物語紹介所)
♪ インドの鉄道で 修行しない 壊れかけてる長男(長男) むっつりスケベの三男(
「ダージリン急行」 (或る日の出来事)
「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」と同じく、ナタリー・Pが出ていなかったら観なかった映画。(ナタリー・Pという言い方は私が勝手...
『ダージリン急行』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEDARJEELINGLIMITED監督・製作・脚本:ウェス・アンダーソン出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、ビル・マーレイ鑑賞劇場 : シャンテ・シネ公式サイトはこちら。<Story>イ...
【ダージリン急行】 (日々のつぶやき)
監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、アマラ・カラン、カミラ・ラザフォード、イルファン・カーン、ナタリー・ポートマン 「疎遠になっていたホイットマン
ダージリン急行/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
ダージリンって言えば紅茶の名前でくらいしか知らないんだけど、私がよく足を運んでいるチネチッタとシャンテシネでの公開予定作品だったこともあって単館系のわりにはだいぶ前から何度も予告編を観る機会がありました。男3人のロードムービーなんだけど「サンジャックへ...
ダージリン急行/短編:ホテル・シュヴァリエ(映画館) (ひるめし。)
あした、僕たちはどこにいるんだろう・・・
心の変化に付いて行けない。『ダージリン急行』 (水曜日のシネマ日記)
ダージリン急行に乗ってインドでの旅を始めるアメリカ人三兄弟の物語です。
ダージリン急行 (なんちゃかんちゃ)
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」の俊英ウェス・アンダーソンが個性派俳優たちとインド・ロケを実施。風変わりな3兄弟の冒険と再生の旅を、独特のユーモアでつづる。
「ダージリン急行」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Darjeeling Limited」2007USA ウェス・アンダーソンが描くインド舞台のヒューマン・コメディ。 長男フランシスに「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合/2006」「ナイト・ミュージアム/2006」のオーウェン・ウィルソン。 次男ピーターに「戦場のピ...
ダージリン急行 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
明日、僕たちはどこにいるんだろう・・・心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー! ハリウッドで異才を放つ鬼才ウェス・アンダーソン監督の待望の新作は、セレブな家庭に育ちながらもイマイチぱっとしない3兄妹が“ダージリン急行”に乗って魅...
ぶらり強制下車の旅 (宇宙のめいぐると)
「ダージリン急行」
『ダージリン急行』 (Rabiovsky計画)
THE DARJEELING LIMITED 監督:ウェス・アンダーソン 脚本:ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン 出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、    アンジェリカ・ヒューストン、...
僕たちは行方不明 (CINECHANの映画感想)
71「ダージリン急行」(アメリカ)  インド北西部を走るダージリン急行に、長男フランシスの呼びかけで、次男ピーターと三男ジャックが乗り込む。父の死をきっかけに疎遠となっていた3人だったが、フランシスはこのインドの旅を通じて、再び兄弟の結束を高めようとし...
ダージリン急行 (迷宮映画館)
ウエス・アンダーソン・・・いい方に全開。よかった。
ダージリン急行(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★ダメダメ兄弟達とインドの風景に心が癒される映画です★『インドに行けばなんとかな~る~♪』なんていきなり歌詞を書いても「そんな歌あったっけ?」と言われそうですが…(ICE-BOXっていうグループのアルバムに入っていた曲なんですが、知らないですよねw)誰...
ダージリン急行 (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞ダージリン急行/THE DARJEELING LIMITED 2007年/アメリカ/91分 監督: ウェス・アンダーソン 出演: オーウェン・ウィル...
ダージリン急行 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ映画論】★★★★☆  ボンクラクールな3兄弟、異国で歩く絆道  
感想/ダージリン急行(試写) (EDITOREAL)
むちゃおもろいやんけ! 『ダージリン急行』3月8日公開。インドを走る列車、ダージリン急行に集まった3人の男たち。彼らは父の死以来、1年ぶりに顔をあわせる兄弟。仲がいいんだか悪いんだかわからないまま、長兄の定める妙ちくりんな規律に基づいて、修道院にいるという...
ダージリン急行 (knockin' on heaven's door)
The Darjeeling Limited 青いデザイナーズ列車と、お揃いのスーツケース。神秘と熱気が交錯するインドで始まる、3兄弟のマジカル・ミステリーなセンチメンタル・ジャーニー。 旅はやがてそれぞれの思いと枷を少しずつインドの大地に捨ててゆく。ゆるーい空気感と脱....
ダージリン急行 (future world)
ヘンテコな3兄弟の珍道中、ロードムービー~ まずプロローグとして短編作品「ホテル・シュヴァリエ」が流れる。 いきなり始まって終わっちゃうもんだから 「予告編?シアター間違った?」なんて思ってしまった。 ホテルの一室のある風景・・なかなか洒落てる。 訪...
ダージリン急行:いわば「阿房列車インド編」みたいな映画 (犬儒学派的牧歌)
★監督:ウェス・アンダーソン(2007年 アメリカ) ★あらすじ(Yahoo!映画より引用) 父の死...
真・映画日記(1)『ダージリン急行』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月8日(土)◆738日目◆ この日は最近の土曜では珍しく午前からの行動。 午前10時20分頃に日比谷「シャンテシネ」に到着。 『アメリカを売った男』の初回が見られるが、FBIものは朝から見るものではない。 なので、一番の目当てでもある『...
ダージリン急行 (おたむ’ず)
★★★☆☆byおたむ   どーやら長男は母親の遺伝子を色濃く受け継いでしまったようだ(・ω・;)てか、その杖いらないだろ(・ω・;)斜面駆け下り...
映画 【ダージリン急行】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ダージリン急行」 インドを舞台に、大人に成り切れない3兄弟が列車での旅を繰り広げるヒューマン・コメディー。 おはなし:父の死をきっかけに絶縁状態になっていたホイットマン家の三兄弟は、インド北西部を走るダージリン急行で旅をすることで結束を取り...
『ダージリン急行』 (カエルノセカイ)
父の死を堺に仲違いしていたホイットマン兄弟が、何故か、ダージリン急行に乗り込んで「インドで“魂の旅”をしようぜ!」ってことに。 仕切り屋の長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)、予期せぬ妻の妊娠でブルーになってる次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)...
映画 ダージリン急行 THE DARJEELING LIMITED (さぷら伊豆 ・・・渋谷の平日・伊豆の休日・・・)
今日は渋谷のシネマ・アンジェリカで"ダージリン急行"を見ました。 マークシティ裏...
mini review 08326「ダージリン急行」★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
魅惑的なインドを舞台に、大人に成り切れない3兄弟が列車での旅を繰り広げるヒューマン・コメディー。監督は『ライフ・アクアティック』のウェス・アンダーソン。主人公の3兄弟をアンダーソン監督の盟友オーウェン・ウィルソン、『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロ...
「ダージリン急行」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)、次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)、三男ジャック (ジェイソン・シュワルツマン)のホイットマン3兄弟。フランシスの提案で、インド北西部を 走るダージリン急行に乗る。旅の目的は、父の死をきっかけに1年ものあいだ...
ダージリン急行 (映画鑑賞★日記・・・)
【THE DARJEELING LIMITED】2008/03/08公開製作国:アメリカ監督:ウェス・アンダーソン出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、アマラ・カラン あした、僕たちはどこにいるんだろう...心が...
ダージリン急行 (悠雅的生活)
旅は道連れ、3兄弟。トランク抱えてどこへ往く。
ダージリン急行 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『ダージリン急行』  (2007) = 父の死をきっかけに別々の道を歩みはじめ、それぞれの人生で悩み迷っていたホイットマン家の3兄弟、フランシス(オーウェン・ウィルソン)、ピーター(エイドリアン・ブロディ)、ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)...