銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン せつなくて(T_T)

2007-05-23 | 映画:シネコン


リリー・フランキーの国民的ベスト&ロングセラー小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」がついに映画化。多くの熱い思いが集まって、立ち上がったという。

5月9日(水)のレディスディーにMOVX京都にて鑑賞しました。何と200万部を超えたということで・・・・。ブレイク中の作品は、この日も大入り満員でした。実際のところ、この小説の存在も知らなかったし、テレビでも放送されていた事を最近知りました。かなり出遅れている私です

映画館に行くたび、予告編を観てたが・・・・。最初は観る気もなくでもキャスト陣が、オダジョー、樹木希林、小林薫、松たか子そして樹木希林の娘さん、内田也哉子が演技初挑戦というそんなこんなで色々観たくなるような宣伝につられて、観る事にしました。

もうだめですとにかく終始状態に・・・・。他のお客さんもウルウル〜〜〜〜〜せつなくて、悲しくて・・・・・。

お話は主人公“ボク”(オダギリ・ジョー)と“オカン”(樹木希林)の親子の絆を自然なタッチで描かれています。またそんな2人につかず、離れず、飄々と生きる“オトン”(小林薫)がいます。3人で楽しく暮していたけど・・・・オトンの気ままな生活に愛想をつかしたオカン(内田也哉子)は、ボクを連れて筑豊の実家帰ることになります。オカンは妹の小料理屋を手伝い、ボクを育ててくれます。美味しいご飯を作って食べさせてくれたおかげで、ボクは大きくなった。トロッコに乗って遊ぶやんちゃなガキに育ちました一方オカンもそれなりに楽しくやっていたようです。近所の人たちと花札をしたり、ボーイフレンドとデートも酒乱のオトンから逃れて、解放されたオカンは自由なひとときを満喫していたようです。学校の長い休みにはオトンのところへ行かされました。一度オトンがボクのために船の模型を作ってくれたが、なかなか上手く行かず結局未完成だったことも・・・・。

1970年代は筑豊の炭鉱町も、小倉の製作所もだんだん衰退して、町も活気が無くなる。そんな町を出たくなったボク、そして少しでもオカンを自由にしたいと思うボクだった。大分の美術学校を受験して合格したボクは下宿をすることに・・・・。旅立つボクにオカンはかばんに下着や弁当箱、そしてしわくちゃの一万円札がのばして封筒にいれてあった。列車の中でオカンの作ったおにぎりと漬物を食べて、15歳のボクはした。

1980年代、ボクは憧れの美大生となるしかし学校へもろくに行かず、絵も描くこともせず・・・・。自堕落な生活を送っていた。ダラダラと4年間が過ぎた。このままやったら、卒業できんオカンが無理をして送ってくれた学費なのに・・・・。親不孝した告白をしなければならなかったボクに「オカンもあと一年るけん、あんたも頑張って卒業しなさい」オカンに甘えて留年させてもらい、オカンを喜ばせるために、何とか卒業したが・・・・・・。

その後の進路は何も考えていなかった就職する気もないことをオカンには言えずオトンに相談した。「何事も最低5年はかかるんや!何もせんにしても5年は何もせんようにしてみい。」と遊び人のオトンのアドバイスは妙に説得力あり

1990年、バブルがはじけたボクには関係の無いことだったが・・・・・。何もしないから、借金がずんずん増えていくボクだった。たまっていく借金の返済のため、何でもかんでも仕事を引き受けた。そのうちボクはイラストレーター兼コラムニストとして食えるようになっていく

これでオカンに心配かけずにやっていけると思った矢先、おばさんからでオカンが癌で手術を受けたことを知る一応手術は成功したが、完治はしていなかった。残った癌細胞は投薬で治療を続けるということだった。そんな状況なのに、オカンはまだ働くつもりだった。「東京に来たらええやん」「ほんとうに行ってええんかね」遠慮がちなオカンをボクは呼び寄せた。15歳でオカンの元を離れて15年経っていた。ボクとオカンは東京の雑居ビルで再び2人の生活が始まった

ボクには新しい恋人ミズエ(松たか子)もいた。彼女とオカンは意気投合お互いにいい関係になる。ボクにとって東京暮らしを初めての一番の幸せを感じる

オカンは代々の糠床をもってやって来た。ボクの仕事仲間や友人たちがやって来ると必ず手料理をふるまう。ボクがいなくても皆、オカンの料理を食べにやって来たいつも笑い声のたえない、心温まるができた。オカンが来たので、帰るはなくなったけど雑居ビルの一室がとなった。

しかしこの幸せも、そう長くは続かなかった「いつかやって来る」というボクの恐れていたことが・・・・・。

2001年4月1日、桜の季節なのにが降った。オカンとボクは、病院の窓から東京タワーを間近に見上げていた。

脚本は原作者リリー・フランキーと同世代、同郷出身の松尾スズキ、昭和の筑豊で育った少年が平成の東京タワーの下で母を看取る主人公の精神を正しく理解し、原作の魅力を損なうことなく、再構築した作品。

エンディング曲は福山雅治の「東京にもあったんだ」、リリー・フランキーの大ファンの福山がこの映画のために書き下ろした感動のバラードです。

何と言ってもオカンを演じた樹木希林のユーモアとせつなさのある演技に感動した。オダジョーも母を思う素敵な息子を演じている。涙なくしては観れない親子の心温まる情感にただただがあふれるばかりです。

 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

 

 ※リリー・フランキーと言えば、NHKのアニメ「おでんくん」を思い出します。
  独特なアニメは結構インパクトありますね。
  リリー・フランキーの公式サイトはこちらからどうぞ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   Trackbacks (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BABEL 人間は皆、何処かで繋が... | TOP | ツォツィ 南アフリカの後遺症(>... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰です (sameko)
2007-05-23 14:34:06
ただいま〜
とりあえず、退院しました。
また、1週間後には別の病院に
入院ですが…
映画も見たいものばかりなのに…
早く元気になってたくさん観に行くぞ
こんにちは♪ (ミチ)
2007-05-23 19:28:45
そうですか、最初は見る予定がなかったんですね〜(笑)
でも、見てよかったでしょう?
オダジョーの演技もさることながら、樹木希林さんのオカンが良かったです!
この作品でオダジョーが各種映画祭で賞を貰えたらサイコーなんですけどね〜
こんばんは! (由香)
2007-05-24 07:55:03
こんにちは!
私も最初は観る予定がなかったのですが、原作ファンの友達に誘われて行ってきました。
とても感動して観て良かったなぁ〜と思っています。
オダギリさんの演技が素晴らしくて、にわかファンになっちゃいました♪
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-05-24 15:22:35
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。

 観終わってやさしい気持ちになれる映画でしたね。
 親のことを思い出しました。
 
2度目も涙 (TATSUYA)
2007-05-24 18:16:35
達也です。
トラバありがとです。
GWに二度目の東京タワーを観て来ました。
いやー、良いものは何度見ても良いですね。
試写会より落ち着いてよいスクリーンで観れたので、
全編をしっかりと堪能致しました。
こんにちは。 (hyoutan2005)
2007-05-26 14:49:00
私も試写会を含めて2度鑑賞しましたが、わかっていても同じところで泣けてきました。
1回目よりも2回目のほうが、より登場人物の心理が理解できてしまって、余計に泣けたかもしれません。
母って、偉大ですね。
樹木希林さんの迫真の演技にも圧倒されました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

54 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
東京タワー オカンとボクと,時々,オトン (Akira's VOICE)
母と子,そして父の小さくて大きな物語。
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (そーれりぽーと)
短期間に2種類のテレビドラマが製作されたリリー・フランキー原作の『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』。 松尾スズキの脚本による映画版はオダギリジョー主演という事で、昨年末から期待していたのがようやく公開されたので早速観てきました。 ★★★★ この映...
感想/東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(試写) (APRIL FOOLS)
映画としてはつまらない。けれど人としては温かい。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』4月14日公開。もう今さら言うまでもなしの大ヒット物語。ぼかー、原作もSPドラマも観てないの。連ドラは初回観ただけなの。 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』...
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (京の昼寝〜♪)
オカン、ありがとうね。   ■監督 松岡錠司 ■脚本 松尾スズキ■原作 リリー・フランキー(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」扶桑社刊) ■キャスト オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫、松たか子 □オフィシャルサイト  『東京タワ...
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」公開記念パネル展 (京の昼寝〜♪)
映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』公開記念パネル展    映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』はもちろん公開初日に観て、たまたま東京タワーで「福山雅治+東京タワー」という企画が催されていたので行ってみたのですが、タワーの中...
試写会「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」 (日々“是”精進!)
TBSラジオ主催、ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」の試写会に出席してきました才人リリー・フランキーが亡き母への思いを中心に全身全霊で綴り、「号泣した」熱烈な読者の輪を拡げ、社会現象的なブームを巻き起こし...
イオンりんくうで「東京タワー」の試写会に行ってきました。 (かなやす日記)
今日、イオンりんくうでやっていた地元テレビ局主催の「東京タワー」の試写会に行ってきました。 テレビや小説でやっていたのでご存知だとはおもいますが、内容は、九州の炭鉱に暮らしていた母子がいまして、その子が東京の大学に出て、出世をしましたが、母親の方ががん...
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (Sweet* Days**)
原作:リリー・フランキー 脚本:松尾スズキ CAST:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫 他 STORY:1960年代、小倉に暮らすボクは、オカン(内田也哉子)と共に、オトン(小林薫)と暮らした家を出る。その後高校になったボクは、大分の美術学校に入学す...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン  (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 142分 監督 松岡錠司 原作 リリー・フランキー 脚本 松尾スズキ 音楽 上田禎 出演 オダギリジョー 、樹木希林 、内田也哉子 、松たか子 、 小林薫 、冨浦智嗣 、田中祥平 、谷端奏人 、渡辺美佐子 、原知佐子 ...
映画 【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 リリー・フランキーの大ベストセラーとなった同名小説の映画化。 この映画を「泣ける」と思って見に来る人はある意味肩透かしを食うかもしれない。ここが泣きどころですよ〜というポイントは明確ではない。丁寧...
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 (アンナdiary)
原作本を読み、去年暮れのスペシャルドラマを見て 今年始めの連続ドラマも見た私。。。 正直、もういいだろうって感じだったんだけど この作品を大きなスクリーンで見たらどうなんだろうって 思って母と見に行きました。。。やっぱり泣いてしまった。。。
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (ともみの言いたい放題♪)
あのベストセラー小説が、満を持して映画で登場。
東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン (花ごよみ)
原作はリリー・フランキー 同タイトルの映画化。 ボク、オダギリジョー、 オカン、樹木希林、 オトン、小林薫。 オカンの若い頃を実の娘の 内田也哉子が演じている いつも笑顔を絶やさない、 弱音をはかないオカン。  みんなに慕われてる明るいオカン。   我が道...
東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                評価:★10点(満点10点) 2007年 142min 監督:松岡錠司 出演:オダギリジョー 樹木希林 内田也哉子 松たか子 小林薫 冨浦智嗣 泣きました、、、。そしてオカンが恋しくな...
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (Give me your paw !)
2007年 日本監督 松岡錠司出演 オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫 他1960年代。3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。オカンは女手ひとつでボクを育てた。オカンの作る美味しい...
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」試写会レビュー おかんと映画を観た。 (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
エンドロールが流れ、涙で目が痛い。でも安心しきっている。 手をひいて歩くなんて恥ずかしくてできない世界に生きている僕だが、母を誘って、試写会でともに、東京タワーを観た。
映画〜東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (きららのきらきら生活)
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」公式サイト リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。東京に弾き飛ばされ、故郷に戻っていったオトンと、同じようにやってきて帰るところを失ってしま...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (めでぃあみっくす)
原作は未読、連続ドラマどころか単発ドラマさえ見ていない私でしたが、う〜んこれはすごくいい物語ですね。一歩間違えれば単なるマザコン話になるところを、一歩も間違えずに誰もが体験する親子愛の物語に仕上げているのが素晴らしいです。この先100年経とうがこの世から...
「東京タワー」:フジテレビ前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}もし自分の母親が東京に出てきたらどこに案内したい? {/kaeru_en4/}そりゃ、ここ、お台場だろう。 {/hiyo_en2/}まあ、最新のスポットのひとつだもんね。 {/kaeru_en4/}でも、映画の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の中で主人公のオダギリ・ジ...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (ネタバレ映画館)
ヘルメットを描くよりオッパイを描いたほうが・・・
東京タワー オカンとボクと、時々オトン/オダギリジョー (カノンな日々)
大泉洋くんのTVドラマスペシャル版、もこみち君の月9ドラマ版と見てきたところに、この映画版となるとさすがに商魂逞しさを感じるというか、原作が感動作なだけにちょっとしつこいんじゃないかと思うんだけど、でも劇場予告編を観る限りではこの映画版が最も原作に合った...
映画鑑賞記「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:07.05.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ  母と子、父と子、友情、青春の屈託…いま語りにくく感じづらいことをまっすぐ、そしてリアルに描く。200万部を超えるリリー・フランキーの自伝的小説の映画化。 <ストーリー>  1960年代、“ボ...
「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」 (てんびんthe LIFE)
「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」イイノホールで鑑賞 読んだら誰でも泣くといわれた超ベストセラーを半年かけて読んだせいか、ちっとも泣けなくて、まさか映画をみて涙を流してしまうとは思ってもいませんでした。トシのせい?当然会場内は涙涙…。 何が泣...
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞レビュー! オカン、ありがとうね。 200万部を超える大ベストセラー、ついに映画化 『ボクの一番大切な人。 ボクのために自分の人生を生きてくれた人── ボクのオカン。』 母と子、父と子...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (5125年映画の旅)
ボクが三歳の時にオトンと別居して、女手一つでボクを育ててくれたオカン。ボクが家を出てからも、ずっとボクを支えてくれたオカン。これからはボクがオカンを支えようと決めた矢先・・・ リリー・フランキーのベストセラーを映画化。これまでにもTVスペシャルとT...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
セブンイレブンでいまだに・・・というか4月30日までらしいのですが前売券売ってます(笑)『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』観てきました。昨日のレディースディに行けばいいのに・・・すっごく眠かったので・・・今日になりました^^;まぁ1300円で観られ...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
原作未読、ドラマ未見、鑑賞予定もなかったが、友達に半ば強引に誘われたので、鑑賞してみることに―【story】1960年代の九州で、両親が別居してオカン(樹木希林)に引き取られたボク(オダギリジョー)は、やがて上京し東京の美術大学へと通う。バブル崩壊後、イラスト...
『東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン』 (映画館で観ましょ♪)
大泉さんのドラマは見ました。 もこみち君のは見ていません。   ダメダメなボクはキレイに(オダジョーだからでしょうか)さらりと描かれ、 オカンはとても生々しく見えました。 だからでしょうか。 映画はボク
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫、他 *監督:松岡錠司 *原作:リリー・フランキー 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (シャーロットの涙)
ぶどうとパン・・・{/fuki_cute/}
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(映画館) (ひるめし。)
オカン、ありがとうね。
東京タワー −オカンとボクと、時々、オトン− [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「東京タワー −オカンとボクと、時々、オトン−」     (松岡錠司:監督/リリー・フランキー:原作)  の試写会に昨日行ってきました。    SPドラマ(大泉洋:主演)、連続ドラマ(速水もこみち:主演)  ときて、オダギリジョー主演のこの映画。  SP...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (映画を観たよ)
原作も読んだことないしドラマも観たことありません。
『東京タワー』を試写会で観る。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
    嘘の無い映画に、ありがとうね。 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (出演 オダギリジョー) / 大阪フェスティバルホールに併設された、『リサイタルホール』で観てきました。 会場は8割以上がオダジ
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (映画大陸)
 東京タワー。東京を象徴する一大観光スポットで僕も何度か訪れた事はあります。でも展望台に登ったことはほとんどありません。なぜなら僕のお目当ては蝋人形館やトリックアート館だから。  これらの不思議スポットのせいなのか東京タワーのイメージと言うとどうも胡散...
映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (健康への長い道)
少し間隔が空きましたが、今年の10本目。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を近所の映画館で。 さすがに200万部を越える話題の原作の話題の映画化ということで、ほぼ満席でした。 2時間ドラマも連続ドラマもありましたし、もうストーリーの解説は不要でし...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原作=リリー・フランキー。脚本=松尾スズキ。監督=松岡錠司。☆☆☆★★★
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
私は元々リリー・フランキーのイラストや文章はそれほど好きではないので、200万部の大ベストセラーとなった本作の原作も読んでいないし、テレビドラマも観逃している。 さすがにこれだけ話題になると、本を読んでいなく
北九州→東京へ。 (ひょうたんからこまッ!)
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(2007年・日本/142分)公式サイト3月28日:ヤクルトホールにて試写会小倉→筑豊→東京オカンとボクの寄り添う日々、離れて暮らした日々。そしてまた寄り添う日々。ありがとね、オカン。ボクはあなたの子どもに生...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (えいがの感想文)
2007年 監督:松岡錠司 出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、    松たか子、小林 薫  ほかたくさん 原作は前に読んでいました。 細かい所は忘れちゃったけど、できる限り忠実に作られたのがわかります。 淡々としたナレーションなど、小説の持...
東京タワー (シネ・ガラリーナ)
2007年/日本 監督/松岡錠司 「もっとオカンを見たかった」ようやく見ることができました、東京タワー。公開からかなり日にちが経っているにも関わらず、館内はほぼ満員で、かつ、実に年齢層が高いことにビックリ。中高年マーケットの間でクチコミで広まっているの...
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (future world)
大いに笑わせてくれて、ホロリと泣かせてくれる〜〜 親子の絆、中でも‘母親と息子’という関係は、ときにマザコンっぽくなったり、息子溺愛ダメママっぽくなってしまいそうだが、 そこにいたのは、我が子を愛し、信じて、穏やかな心の広いオカンと、 どこにでも居そ...
映画@東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (sattyの癒しのトビラ)
1960年代、オトンに愛想を尽かしたオカンは 幼いボクを連れ、小倉から筑豊の実家に戻ると、 妹の小料理屋を手伝いながら女手一つでボクを育てた。 1970年代、15歳となったボクは大分の美術高校に入学、 オカンを小さな町に残し下宿生活を始めた。 1980年代、ボクは美大...
【2007-52】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
いつも笑っていた みんなが好きになった ずっと一緒だと思っていた これは、 ありふれた物語 けれど、 すべての人の物語 ボクの一番大切な人 たった一人の家族 ボクのために、自分の人生を生きてくれた人 ボクのオカン オカン、ありがとうね...
*東京タワー オカンとボクと、時々、オトン* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2007年  日本 1960年代。3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。オカンは女手ひとつでボクを育てた。オカンの作る美味しいご飯を食べて、ボクは...
「 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 松岡錠司 出演 : オダギリジョー  /樹木希林 /内田也哉子
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』舞台挨拶@丸の内ピカデリー1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1に続いての生オダジョー。あれはホント酷かった(爆)さて田中裕子・大泉洋による2時間ドラマ版、最終回だけ見たw倍賞美津子・速水もこみちによる連ドラ版、そして映画版『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が満を持しての登場...
真・映画日記『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (          )
4月26日(木)◆423日目◆ 終業後、有楽町のマリオンの9階で 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を見た。 う〜〜〜ん、正直、微妙でしたなあ…… 原作が良かっただけに、ねぇ〜〜〜。 リリーさんの原作をなんとか映画化した、 って感じだった。 ...
[ 東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン ]東京にもあったんだ (アロハ坊主の日がな一日)
[ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン ]を歌舞伎町で鑑賞。 しっかりと作りこまれたパンフレット。邦画のパンフレット(時代劇を除く)としては、[ 空中庭園 ]以来じゃなかろうか。装丁も美しい。 このパンフレットを読むと、キャストやスタッフそれぞれに、そ...
東京タワー オカンとボクと、時々オトン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『オカン、ありがとうね。』  コチラの「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」は、リリー・フランキーさんの大ヒットベストセラー同名自伝小説をオダギリジョー&樹木希林共演で映画化した4/14公開のハートフルな感動作なのですが、試写会で観て来ちゃいました...
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (たーくん'sシネマカフェ)
先日21日、特番のドラマをレンタルを観て本日やっと映画版を、オカンと観てきました 監督:松岡錠司 原作:リリー・フランキー  歌:福山雅治 出演:オダギリジョー、樹木希林、小林薫、内田也哉子、松たか子、   勝地涼、仲村トオル、小泉今日子、宮崎あ...
mini review 07078「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。監督を『さよなら、クロ』の松岡錠司、脚本をリリーと同郷の松尾スズキが担当し、社会現象的なブームにまでなった原作の映画化に挑んだ。主人公の“ボク”...
『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボクを筑豊の実家に連れ帰り妹の“ブーブおばさん”の小料...
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (『映画な日々』 cinema-days)
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 進学の為、故郷の炭鉱町を出た青年が 自堕落な生活を送るが、 母の病床を切欠に真っ当な生活に... ...