銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

(500)日のサマー♪(500)Days of Summer

2010-03-04 | 映画:ミニシアター


運命の恋なんて、
あるに決まってる。

京都シネマにて鑑賞。ところでタイトルのカッコは何を意味するのかしら?いまだに謎です。調べているのですが、分かりません。
さてこの物語に登場する男性と女性のタイプは逆のようです。一般的に女性が運命的な恋を信じるというパターンが多いけれど。トムはその運命的な恋を期待する男の子でありました。

STORY

トムは落ち込んでいたサマーとの仲が上手くいかなくなってしまったのだ。悪友のポールとマッケンジーは「忘れてしまえ。女なんていくらでもいるさ」と言うが、そんな決まり文句はトムにとって慰めにはならなかった。サマーはトムにとって“運命の恋人”のはずだったから。どうしてこうなってしまったのか。トムの想いは、サマーと出会ってからの500日を行ったり来たりする。

建築家を志しながらもカード会社でライターの職に甘んじているトム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット) は、運命の恋を夢見るロマンチスト。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマー(ズーイー・デシャネル) に一目惚れしてしまう。一方のサマーは真実の愛なんて信じない女の子だった・・・。


 出会いから4日目、トムが偶然サマーと同じエレベーターに乗り合わせたとき、彼が聴いていたザ・スミスの音楽について会話が弾み、以後二人の交流が始まる。


28日目、カラオケパーティの席で、トムとマッケンジーはサマーに重要な質問をした。「彼氏はいるの?」。サマーの答えはノ―だった。「恋人なんて欲しくない。誰かの所有物になるなんて理解でいないわ」と恋愛観を語るサマー。彼女は愛なんて信じていなかった。別れ際、「私のことが好き?だったら友達になって」と言う。

数日後、仕事中にサマーはトムにキスをした

34日目、トムとサマーは一緒にIKEAへ行き、展示されているソファに並んで腰をかけたり、ベッドに寝そべって見つめ合ったりして、新婚ごっこを楽しむ。
「真剣に付き合う気はないのがそれでもいい?」と訊ねるサマーに気楽な関係でと答えるトム。その後は2人で気軽にベッドインした。

サマーの腕に建物の設計図を描くトム。

公園で叫んだ言葉にちょいとびっくり!トムも恥ずかしくて言えないが、サマーに言われて仕方なく叫ぶことに。大きな声でとサマー。

デートを重ねる2人。トムのお気に入りの公園へサマーを連れて行き、建築家になる夢を語るのだった。
そして109日目、とうとうサマーが初めて自分の部屋に招きいれた!トムは、2人の間を隔てる壁が一気に低くなったと実感。


トムのダンスシーン、良かった♪恋する男の子のトキメキがビンビン伝わってきます。可愛いですよね。

259日目、バーでサマーにいい寄る男をトムは殴ったら、逆にやり返される。「ニ度とこんなことしないで!」と怒るサマー。自分たちの関係は何なのか?あくまで友達だが、2人の間には埋められない溝があるのは確かだ。

ある日、2人は映画「卒業」を観た。結婚式から花嫁キャサリン・ロスを略奪するダスティン・ホフマンの有名なラストシーンが映し出されていた。バスに乗って逃げる恋人たちの顔から笑顔が消えていくのを見て、サマーは泣いた。帰りたがるサマーをトムは無理やり誘ったカフェで、サマーは「私たちもう会わないほうがいいわ」と言った。
「この数カ月の私たちって、シド&ナンシ―状態よ」
「シドは包丁で7回も刺したんだぞ。僕はシドにはなれない」 「違うわ。シドは私よ」

しばらくして、サマーが会社を辞めたことをトムは知った。ポールやマッケンジ―の勧めに従い、サマーを忘れて新しいガールフレンドをつくろうとするトムだが。。。。
やっぱり無理。誰とデートしてもサマーと比べてしまう。どうしてもサマーが忘れられない。

408日目、同僚の結婚式に向かう列車の車内でトムはサマーと再会。久しぶりに交わす会話はなごやかだった。

サマーが「今度の金曜日にアパートの屋上でガーデンパーティを開くから、来ない?」と誘う。ヨリを戻すチャンスだとトムは信じたが、現実は厳しい。
408日目のパーティ当日、彼女の心が自分から完全に離れてしまったことを悟る。


パーティでこんな風になることをトムは信じていたのに。。。。。

442日目、会社のプレゼン会議。トムの心は荒れていた。トムは立ちあがり言った。
「人々がカードを買うのは、自分の気持ちを口に出すのが怖いからだ。小細工するより本音を言うべきだ。カードも、映画もポップスも、ウソばかりだ!」

辞めます!!


今度こそ建築家の道を進もう。トムは就職活動を始める。
何故か彼の心はすがすがしく晴れていた。サマーとの恋に悩み続けた日々は、何だったのだろう。。。。。

お気に入りのベンチに座って、未来の自分を想うトム。そこにサマーが現れた。長かった“500日の夏”が終わろうとしていた。

リンゴ・スターのファン?

 

 
悪友ポール(マシュー・グレイ・ガブラー


悪友マッケンジ―(ジェフリー・エアンド

 トムの恋の相談役 レイチェル(クロエ・グレース・モレッツ

トムの上司ヴァンス(クラーク・グレッグ

トムの新しいガールフレンド・アリソン(レイチェル・ボストン

解説(allcinemaより抜粋)

運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を綴った異色のロマンティック・コメディ。真実の愛など信じないちょっと風変わりな女の子と恋に落ちた主人公に訪れる様々な感情の変遷を、その心象風景を趣向を凝らした映像で表現しつつ、男目線からリアルに描き出していく。主演は「BRICK ブリック」のジョセフ・ゴードン=レヴィットと「ハプニング」のゾーイ・デシャネル監督はこれまで数々のミュージック・クリップを手掛け、本作で劇場長編監督デビューの新鋭マーク・ウェブ

男性目線で描かれているところがなかなか面白い。トムの切ない恋心、じわっと感じたり。。。。傷つきやすいナイ―ブなトムをジョセフ君は見事に演じていました。
それに比べてズ―イ演じるサマーはどこかエキセントリックで一風変わった女の子。
こういうラブストーリーも悪くないかも。。。。。でも振りまわされるトムは正直お気の毒でした。サマーの本当の心理はどうなのよ??


マーク・ウェブ監督


メディア 映画
上映時間 96分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2010/01/09
ジャンル ロマンス/コメディ/青春
映倫 PG12

 

オフィシャル・サイト
http://www.foxsearchlight.com/500daysofsummer/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/500daysofsummer/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   Trackbacks (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倫敦から来た男(2007) | TOP | パーシー・ジャクソンとオリンポ... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2010-03-04 02:39:43
トムならずともサマー(ズーイー・デシャネル)の可愛さにぞっこん(死語)だった私です。お姉さんのエミリーはどちらかというと美人だけど、彼女はポニテが凄く似合うんですよねぇ。自分までときめきながら観てました。(笑)
ポニテリボン (にゃむばなな)
2010-03-04 22:14:28
サマーことズーイー・デシャネルちゃんのポニテリボンに撃沈してしまいました。
あぁ~、かわぇぇ~!

ちなみにタイトルの「(500)日」ですが、トム目線でのサマーと出会い過ごした500日間ということでこういう表記にしているそうですよ。
ですから劇中でも時間軸がバラバラだったのも、そういうことなんでしょうね。
『卒業』 (えい)
2010-03-04 22:41:17
こんばんは。

『卒業』のラストは、いま考えるとかなり画期的ですね。
最初観た時、
こんなことを言った友人がいました。
「あのふたりはカメラを意識している。ありゃダメだ」。
そう言わせるほど、ショッキングな真顔でした。
ボーイズオブサマー (クラム)
2010-03-04 23:37:56
観られたんですね。
どうですか、おとこのこの恋愛は?
かわいくてイタくて、大好きなんですよ。
もちろんZ.デシャネルあってのときめきと傷心なんですけどね。
男目線・女目線 (ノルウェーまだ~む)
2010-03-07 09:47:37
こんばんは☆
私は男目線でも女目線でも十分共感できて、いっしょにドキドキわくわくしました。
素敵な恋は始まりも終わりもあるけど、それでひとつ大人になっていくのなら、切ない想いも無駄ではないですね。
結構 (sakurai)
2010-06-01 08:55:45
楽しみにしていたんですよ。
やっと来ました!
うん、よかった。なんだか昭和の匂いを感じた。メリケンものに、昭和のというのは失礼かもしれないのですが、携帯は出てこないし、二人の感じが古典的で、なんだかほっとしながら見てました。
まあ、ありがちが話ですが、描き方が独特でしたね。
ジョセフ君。 (BC)
2011-01-18 21:28:44
mezzotintさん、こんばんは。

サマーの女心はつかみどころがなかったですよね。。。
サマーに振り回されただけだったトムがお気の毒でしたよ。。。

ジョセフ君は『セントアンナの奇跡』にも
出演されていたのですね。
幅広いジャンルの作品に出演されているようですね。
結果的には、、、。 (mezzotint)
2011-01-19 00:22:02
BCさん
今晩は☆彡
そうですよね。かなり振り回されましたね。
どんなろう。でも女性・男性とわずこういう
人いるような、、、。でもこういう女性が
きっと魅力的なのかもしれませんね。
ジョセフ君の活躍、期待しています!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

43 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
(500)日のサマー (LOVE Cinemas 調布)
運命の恋を信じる青年と信じない女性のちょっとほろ苦い500日間を描いたラブコメディーだ。主演は『セントアンナの奇跡 』や『G.I.ジョー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のズーイー・デシャネル。監督のマーク・ウェ...
(500)日のサマー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『運命の恋なんて、あるに決まってる。』  コチラの「(500)日のサマー」は、運命の恋を夢見るトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が愛を信じないミステリアスでエキセントリックな女性サマー(ズーイー・デシャネル)に恋をしたビタースウィートな500日間を描い...
(500)日のサマー/(500) DAYS OF SUMMER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 恋って辛いもの?楽しいもの? 全米でもヒットし、観た人たちの評判も既に良いのを聞いてたから楽しみにしてた本作。 え~?そうくるの? ラストはとても意...
【(500)日のサマー】 (日々のつぶやき)
監督:マーク・ウェブ 出演:ズーイ・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット  サマーに恋をした。最低で最高の500日。 「カードライターの仕事をするトムはある日運命の恋に落ちた。 サマーもトムに好意を持ち二人はデートを重ねるが、サマーは恋人はい...
『(500)日のサマー』 (めでぃあみっくす)
これは(恋)の物語。(恋をしたくなる)物語。恋をした人なら誰でも共感できる、スウィート&ビターで楽しくて切なくて苦しくて、でもかわいらしく思えるラブストーリー。 しかも終始男目線で描かれている以上に、サマーを演じるズーイー・デシャネルのかわいらしさに惚れて...
『(500)日のサマー』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:(500)DAYSOFSUMMER監督:マーク・ウェブ出演:ズーイー・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ、ミンカ・ケリー、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公....
『(500)日のサマー』 (ラムの大通り)
(原題:(500)Days of Summer) ----変わったタイトルの映画だニャあ。 500に、()まで付いている。 「そうだね。 これはサマー(ズ―イー・デシャネル)という名前のキュートな女の子に 一目ぼれしてしまったトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)という男の子の目を...
(500日)のサマー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:マーク・ウェブ
『(500)日のサマー』・・・サマーの“青”が印象的 (SOARのパストラーレ♪)
今年最初の鑑賞作品は、ほほえましくもちょっとほろ苦いボーイ・ミーツ・ガール。誰もが心の中で大切にしているであろう恋愛の思い出にきっと重ね合わせたくなるような、いい意味でごく等身大の恋物語だった。
「(500)日のサマー」 (Con Gas, Sin Hielo)
約(120)日の幸せな日々を。 昨年のレビューは、ヴァージン・アトランティックの機内上映(吹替え版)だったが、今回は満を持して(?)の劇場観賞(字幕版)。 展開が分かっていても、というより分かっているからこその要素が加わって更に楽しめた。 たとえば、何日...
(500)日のサマー (だらだら無気力ブログ)
運命の恋を信じる男と信じない女と対照的な恋愛観を持つ二人が繰り広げる 甘くてほろ苦い500日の愛の軌跡を描いた恋愛コメディー。 主演は『セントアンナの奇跡』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと 『イエスマン "YES"は人生のパスワード』のゾーイ...
「(500)日のサマー」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
最初に「恋愛映画ではありません」と出る^^ 日付が出るものの、バラバラのシャッフで、最初混乱しました。テンポも良くて、今風なテイスト...
10-08「(500)日のサマー」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
ボーイ・ミーツ・ガール、ノット・ラブ  グリーティングカードの会社に勤める建築家志望のライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。それが彼にとって運命的に出会った彼女との1日目だった。そして4日目には、エレベー...
『(500)日のサマー』 ('10初鑑賞6・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月9日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:30の回を鑑賞。
★(500)日のサマー(2009)★ (CinemaCollection)
(500)DAYSOFSUMMER運命の恋なんて、あるに決まってる。映時間96分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2010/01/09ジャンルロマンス/コメディ/青春映倫PG12【解説】運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の...
(500)日のサマー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
センスの良さとユニークな個性を感じさせる小品である。トムは、運命的な恋を信じるロマンチスト。ある日、秘書として入社してきた魅力的な女性サマーに一目惚れしてしまう。音楽の話題で意気投合した二人だったが、サマーは、真実の愛など信じていない女の子だった。トム...
(500)日のサマー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
低予算作品ながら、昨年の夏に全米でロングヒットを記録したラブコメディ。 「(500)日のサマー」とは変わったタイトルだが、これは映画のヒ...
「(500)日のサマー」 心の傷にしみる・・・ (はらやんの映画徒然草)
アタタタタ・・・、心の傷がうずきます。 本作「(500)日のサマー」は冒頭にある
「(500)日のサマー」夢をみるのは女とはかぎらない (ノルウェー暮らし・イン・London)
突然、「私、結婚することにしたから・・・・・」って言って、ごめんなさい。
(500)日のサマー (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『(500)日のサマー』  (2009) = グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。 ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。 ...
(500)日のサマー (心のままに映画の風景)
グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、アシスタントとして入社してきたサマー(ズーイー・デシャネル...
(500)日のサマー (Memoirs_of_dai)
涙の数だけ強くなれる 【Story】 グリーティング・カード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・...
「(500)日のサマー」:千束バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}山形水ラーメン? {/kaeru_en4/}おお、こんなところにあったのか、山形水ラーメン。 {/hiyo_en2/}知ってるの? {/kaeru_en4/}俺たちラーメン通の間では、伝説のラーメンだ。こんなところで出会うとは、まさに運命。 {/hiyo_en2/}単なる偶然だと思うけど。 {/...
(500)日のサマー (映画道)
運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を綴った異色のロマンティック・コメディ。真実の愛など信じないちょっと風変わりな女の子と恋に落ちた主人公に訪れる様々な感情の変遷を、その心象風景を趣向を凝らした映像...
(500)日のサマー (to Heart)
運命の恋なんて、 あるに決まってる。 原題 (500) DAYS OF SUMMER 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 96分 監督 マーク・ウェブ 音楽 マイケル・ダナ/ロブ・シモンセン 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ゾーイ・デシャネル/ジェフリー・エアンド/...
(500)日のサマー (小部屋日記)
(500) Days of Summer(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レビット/ズーイー・デシャネル/ジェフリー・エアンド/クロエ・グレース・モレッツ/マシュー・グレイ・ガブラー/クラーク・グレッグ サマーに恋をした。 最低...
★「(500)日のサマー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンをはしごして2本。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。
(500)日のサマー (Diarydiary! )
《(500)日のサマー》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - (500)DA
「(500)日のサマー」 (再出発日記)
身につまされる話だった。監督:マーク・ウェブ出演:ズーイー・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ、ミンカ・ケリー、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツお話はありがちな男女の話ではある。最...
カラオケでピクシーズ大熱唱 (宇宙のめいぐると)
「(500)日のサマー」
「(500)日のサマー」  (500) DAYS OF SUMMER (俺の明日はどっちだ)
・ 運命の恋なんぞを信じている草食系な男子が、恋も愛も幻想だと思っているちょいと風変わりな女の子と恋に落ち、そんな彼女と過ごす500日間にわたるほろ苦い愛の軌跡をあくまでも男目線からリアルに描き出していったロマンティック・コメディ。 いやはや前評判がかなり...
(500)日のサマー (迷宮映画館)
題名はサマーですが、男子の成長物語?
偶然なんてない、あるのは必然、でも運命って残酷。~「(500日)のサマー」~ (ペパーミントの魔術師)
いやもう、にゃむばななさんとこで ポニテリボンサイコー♪ってな話で そこばっか意識して見たんで 「ポニテキターーー!!!」 なんで盛り上がってんだ、あたし。(笑) いや実際可愛かったです、ピンポイントで。 やなオンナだけど(わわわわわ) まあね、ウソは...
(500)日のサマー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:(500)日のサマー 制作:2009年・アメリカ 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー あらすじ:グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴード...
「(500)日のサマー」 (古今東西座)
草食系男子とはよく言ったもので、ひ弱そうで繊細な男の子を表現する実に便利な言葉である。この『(500)日のサマー』の主人公トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はまさに草食系男子という言葉がピッタリのグリーティングカード会社の若いサラリーマン。その会社に...
(500)日のサマー (Blossom)
(500)日のサマー (500) DAYS OF SUMMER 監督 マーク・ウェブ 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット ゾーイ・デシャネル     ジェフリー...
(500)日のサマー (映画鑑賞★日記・・・)
【(500) DAYS OF SUMMER】 2010/01/09公開 アメリカ PG12 96分監督:マーク・ウェブ出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ運命の恋なんて、あるに決まってる。秘書と...
(500)日のサマー (RISING STEEL)
(500)日のサマー / (500) DAYS OF SUMMER いや~、恋愛映画のレビューなんて慣れない事したら、意味わかんない文章になってしまいました。 2009年 アメリカ映画 フォックス・サーチライト製...
~『(500)日のサマー』~ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、マーク・ウェブ監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル、ジェフリー・エアンド、 クロエ・グレース・モレッツ、マシュー・グレイ・ガブラー出演。 ≪DVD観賞≫
(500)日のサマー (悠雅的生活)
運命。本音。偶然。
(500)日のサマー ((500) Days of Summer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーク・ウェブ 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2009年 アメリカ映画 96分 ラブロマンス 採点★★★★ “付き合ってる”って形式上の口約束みたいなものに過ぎないのに、“彼氏・彼女”って言葉自体を非常に重要視するんですよねぇ、男は。「やぁねぇ...
喪中映画評「(500)日のサマー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督マーク・ウェッブ ネタバレあり
(500)日のサマー (いやいやえん)
ボーイ・ミーツ・ガール。恋の経験がたくさんある方のほうが、主役の男女の心の機微がわかって面白いと思います。 とにかくトムを振り回すサマー役のズーイー・デシャネルさんが可愛かった。髪型、服も凄く可愛い。最初から本気ではない事を前提にして、最後までそうな...