銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ノーカントリー: NO COUNTRY FOR OLD MEN

2008-03-19 | 映画:シネコン

  

第80回アカデミー賞 4部門受賞作品 「ノーカントリー」

 

今までに観たことがない殺人鬼、ハンニバル・レクター以上に凄い男をハビエル・バルデムが演じています。そしてこの役で彼は見事、最優秀助演男優賞をゲットしたわけです。

 

3月18日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。アカデミー賞受賞したこともあって、公開前から、気になっていた作品です。そしてあのコーエン兄弟が監督・脚本しているということもあって、非常に興味がありました。

溜りに溜まった鑑賞作品の記事も後回しにして、この「ノーカントリー」のレビュー・感想などをつらつらと書きたいと思います。

追っ手の男、アントン・シガー(ハビエル・バルデム)は冒頭から凄い殺しをやっちゃいますここでわぉ~~

 

 警官に逮捕されるのですが、いきなり背後から手錠した手で、警官の首を、ぐいぐいと締めつけて殺すのです。いやぁいきなりこのシーンはびっくりもんですあれよあれよという感じなので。緊張感と怖さはあるものの、じっくり見据えてしまいましたね。息思わず息を呑みます。

 

 モス(ジョシュ・ブローリン)

「プラネット・テラーinグラインドハウス」では医師ブロックを演じる。また「アメリカン・ギャングスター」にも出演、悪な警官を演じていた。1968年、米カリフルニア生まれ

 

1980年代のアメリカのテキサス、メキシコ国境に近い砂漠に、複数のが放置されている。ルヴェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は狩りをしていたところ、見つけたものは、何と車の周りには多くの死体、そしての荷台にはヘロインが大量に載せられ、数メートル先の木の下には死体との中には何と200万ドルという大金も残されていた。お金を見つけたモスは目がくらんでしまい、つい奪ってしまうそしてこれがモスの人生を大きく変えてしまうことになるのだ。追っ手は彼の置き去りしたの検査証プレートが見つけ持っていってしまい、モスの身元はばればれ状態。身の危険を感じたモスは愛する妻カーラ・ジーン(ケリー・マクドナルド)を実家に戻し、自分は金の入ったとともに逃亡の旅に出る。

 

アントン・シガー(ハビエル・バルデム)1969年、スペイン生まれ。女優の母、監督のファン・アントニオ・バルデムを叔父に持つ。2001年「夜になるまえに」でキューバ人の詩人レナルド・アレナスを演じてアカデミー賞主演男優賞にノミネートされている。

 

警官を殺害したアントン・シガーはで逃走するが、途中車を見つけると、停止させて、静かな口調でしかも低い声で「降りてください」と話しかける。相手の質問には答えず、ただその言葉を繰り返す。そして・・・・。何が起こるか?わかるのだが、この緊迫した瞬間がなんともいえない一種の恐ろしさを観ている者に与える。彼はガスボンベのようなエアガンで一瞬にして殺害する。

今までにはない殺人鬼のタイプだ。彼は消えた金を取り戻すため雇われた殺し屋だが、心があるのか?ないのか?選択するときは、コインの裏・表で殺しを決めることもある。さてシガーは途中で盗んだ車で、現場へと向かう。そして現場でモスのことや、状況を確認すると、案内役の麻薬密売人をも始末。消えた金には発信機が取り付けられている。その受信装置を手がかりに、モスの行方を追い始めるのだ

 

エド・トム・ベル保安官(トミー・リー・ジョーンズ)

1946年、テキサス、サン・サバ生まれ。父親と油田で働いた後、ハーバード大学で英語の学位を取得して優等で卒業。以後本格的に演劇活動に打ち込む。1970年の「ある愛の詩」で映画デビュー。「逃亡者」でアカデミー賞助演男優賞をゲット!2005年「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」では監督・主演をつとめた。私はこの作品、大好きです。

 

翌朝、エド・トム・ベル保安官と部下のウェンデル(ギャレット・ディラハント)が現場検証にやって来た。検証プレートの外されたモスのと無残に横たわる死体の山を見たベル保安官は、モスが事件に巻き込まれたのではないか?と考える。と同時にモスの命も危ないと思った。何とかモスの身柄を保護するため、また殺し屋を捕らえるために彼らの行方を追う。

 

逃亡の始まり

 

モスは別の町のモーテルにチェック・インし、金を隠して用心を重ねていた。しかしシガーはすぐに居場所をかぎつけやってきた。慌ててモスは別のホテルへと隠れ場所を移動しかしまたしても、居場所をつきとめられる。一体何故なのかそこでようやくの中に発信機が仕掛けられていることに気づく

 

このドアの向こうには、あのシガーがいるはず・・・・・。

 

しかし時すでに遅し。シガーはもう目の前までやってきていたのだシガーはあのボンベのエアガンでモスの隠れる部屋の錠のシリンダーを打ち抜いたシリンダーはモスの腹に命中し、モスの腹から血があふれだす。激痛に耐えながらも金を持って、部屋から脱出したモスはシガーと銃撃戦の末かろうじてその場を切り抜けるモスは金の入ったを国境にかかる橋の上から河川敷に投げ捨て、メキシコへと逃げ込む。モスが次に目を開けたのは病院のベッドだった。そこには、カーソン・ヴェルズ(ヴッディ・ハレルソン)と名乗る別の殺し屋が座っていた。

 

ウェルズは「素直に金を返せば命は助けてやる」とモスに取引を申し出る。

 

いよいよ運命のクライマックス 

モスは病院からウェルズにをかける。しかしそのにでたのはシガーだった。「おれに会いに来い。金を渡せば、女房は見逃してやる。でないとふたりとも死ぬことになる。これが最後の取引だ」 妻をという弱みを握られたモスは「分かった」と答えるしかなかった。しかしベトナム戦争を体験して生還したモスは金を奪い、殺し屋から逃れる自信があった

 

一方のシガーは金は自ずと自分の手元に戻ってくる運命にあり、自分から逃れられる者はいないという自信があった。

 

 

そのころ、ベル保安官は実家に戻ったカーラの元を訪れていた。モスの置かれている危険な状況を話し、彼の居場所が分かり次第、連絡するようにと説明する。おさまらない胸騒ぎを抱えながら、町を離れると、まもなく彼女から一本のが入る。居場所がわかったとのこと。すぐさまモスの元へを走らせる。冷静な目を持つ法の男ベル保安官は昔ながらの秩序と正義が悪に勝つという自信があった。

はたしてモスを救うことはできるのか?モスは逃げ切れるのか?そしてシガーはモスを射止めることができるのか?それぞれの思惑と自信が絡み合いながら、男たちは意外なクライマックスを迎えることになる。

 

やはり結末は・・・・・。時遅しって感じでした。でもここで終わりません。もう少し続きます。(少々ネタばれかな。)ベル保安官もやばいのでは?とハラハラする場面もありましたが、シガーは何故か?彼を殺そうとしなかった。ベルには手を出さないのは一体何でなのでしょうか?

 

お話の半ばで、シガーはモスに足を銃で撃たれます。かなりひどい負傷場面でした。しかし彼は独自に治療をするのです。医療品も手元にない彼は、薬局で盗むんだけど、何と店の前に駐車されていたを爆破させ、人の気を逸らした隙にやっちゃうんです。はじめは何をしようとしているのか?と思いきや・・・・。きました。傷で歩けないはずのシガーは常に冷静かつしゅうとうにこのようなことをやってのける。この凄い精神力はどこから?まさに超人的な人間なんですね。

 

今までのホラームービーに出て来る殺人鬼とは違います。何がどう違うのか?言葉での表現は難しいですが、生きている人間なんだけど、心のないロボットのような感じとでもいいましょうか。冒頭の警官殺害シーンでの表情は狂気的な表情で、うわ~~と震えがくるものを感じましたね。こいつは人間なの?って・・・・。

 

追記:何かあのおかっぱ頭のハビエル・バルデムの印象がかなり強く、いまだにあの声と無差別に人を殺害するシーンが、脳裏から離れません。ジョシュ・ブローリンもかなり癖のある役者さんですが、それ以上にこのおかっぱ頭のシガー役のバルデムのインパクトがありすぎて・・・・。トミー・リー・ジョーンズ演じる保安官が、いい人なので、ちょっとホッとする気分にさせてくれたのが、救いですね。ヴッディ・ハレルソン、出番は少なかったけど、この人も味のある役者さんでですね。

 

ノーカントリー 公式サイト

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (99)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陰日向に咲く 駄目男を岡田... | TOP | いつか眠りにつく前に☆母の隠... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBどうもでした (くまんちゅう)
2008-03-22 12:10:42
シガーのキャラと存在感は凄かったですね
シリンダーを吹っ飛ばす武器も強烈でした
途中の対決は緊張感有って引き込まれて見てましたです。
後半あっさり目でラストが唐突な感じがしましたが
おおむね楽しんで見てました
シガーの活躍?はまた見たい気がしますけど
続編は無いでしょうねぇ
Unknown (ryoko)
2008-04-19 20:58:24
TBありがとうございます。
先日テレビを見ていて、
シガーの髪型はふかわりょうと一緒じゃない?と思ったら笑ってしまいました。
おかっぱというより、マッシュルームカット?
シガーの殺しの判断基準は何でしょう?
特に無いってところが、誰にでも起こりうる災難のようなものなのかなと思いました。
こんにちは (happy)
2008-04-24 10:01:35
お返し遅くなってしまいすみませんでした!
TB有難うございました(^^)

シガー役を演じたハビエル・バルデムはホント凄い役者さんでした。
彼なしではこの作品これほどまでに騒がれたかどうかと思うくらいに。
(もちろん脚本も良かったのですが)彼の次回作が気になるところです。
こちらからもTBさせて頂きますね~
ロボット!! (sakurai)
2008-05-20 08:51:16
最近、ロボットでも人間っぽいですからね。
私たち人間は、どこかでああいう要素を持っている・・・みたいな救いのなさを突き付けられたようで、・・・・疲れました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

99 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ノーカントリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『純粋な悪にのみこまれる』  コチラの「ノーカントリー」は、コーエン兄弟がメガホンをとった最新バイオレンス映画なのですが、いよいよ本日3/15公開となりましたので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ご存知のようにアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞...
ノーカントリー (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”No country for old men ”原作=コーマック・マッカーシー『血と暴力の国』。脚本・監督=ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン。撮影=ロジャー・ディーキンス。音楽=カーター・パーウェル。コーエン兄弟が血と暴力を題材に描くのは、不条理な世界に変質した現代...
映画レビュー「ノーカントリー」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆暴力的なのに抗いがたい魅力がある逃亡/追跡劇。コーエン兄弟独特のノワールな笑いが彩りを添える。 【90点】  80年代のアメリカ・テキサス。砂漠でハンティング中だったモスは、偶然に、死体の山と麻薬、現金200万ドルを見つけ、危険を承知で現...
映画「ノーカントリー」を試写会にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 25日、新宿明治安田生命ホールにて「ノーカントリー」を鑑賞した。 当日はアカデミー賞授賞式で各賞が発表されて「ノーカントリー」が作品、監督、脚色、助演男優賞の4部門を受賞の報告が入っての鑑賞となった。客入りは意外と普通の8割ほどでアカデミー賞の影響は...
ノーカントリー・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ハビエル・バルデムの変な髪形だけではない、超一級のクライムサスペンス。 監督デビュー作の「ブラッド・シンプル」以来コーエン兄弟が拘っ...
「ノーカントリー」 (てんびんthe LIFE)
「ノーカントリー」試写会 新宿明治安田生命ホールで鑑賞 オスカーとったということで大注目の作品ではありますが、こんな内容だったのか…、とある意味意表を突かれた感じ。 ん、恐い! なにが恐いかってそりゃああの殺し屋さんでしょ。 ハビエル・バルデムって何...
ノーカントリー (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題No Country for Old Men、コーマック・マッカーシー原作(邦題「血と暴力の国」、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督、トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン。本年アカデミー作品賞の割にはつまらない。なんか舞...
『ノーカントリー』 (ラムの大通り)
(原題:No Country for Old Men) ----これって、アカデミー賞の本命と言われている映画でしょ? 確か最多8部門ノミネートで、 他の映画賞でもゾクゾク受賞。 「うん。2月5日現在で 作品賞23冠。 助演男優賞25冠。監督賞21冠。 各映画賞計96部門受賞。まさに快挙だね」 -...
ノーカントリー 86点(100点満点中)08-080 ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
わしらの席は、もうどこにもないのさ 公式サイト コーマック・マッカーシーの小説『No country for old men(邦題:血と暴力の国)』を原作に、犯罪コメディとシリアスなノワールを交互に作る、コーエン兄弟が映画化。 原題はアイルランドの詩人ウィリアム・バトラ...
ノーカントリー (B級パラダイス)
すごくよかったというわけではないんですが、かといってつまらないわけでもなく、何とはうまくいえない不思議な魅力がありました。
「 ノーカントリー  / No Country for Old Men (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ノーカントリー(2008) 】2008年3月15日(土)公開 監督 : イーサン&...
ノーカントリー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量...
ノーカントリー/ NO COUNTRY FOR OLDMEN (我想一個人映画美的女人blog)
前評判は高かったけどホントに穫っちゃいました、コーエン兄弟の最新作! 皆様ご承知の通り先日のアカデミー賞で作品賞、監督賞含む4部門で受賞のこの作品、 3月15日から日本でも公開予定{/star/} ちょっとだけ先に観て来ました~。 これまでの彼らの作品は全部観...
ノーカントリー (Kinetic Vision)
大金をめぐる血なまぐさい争奪戦があり、それを捜査する良識ある保安官がいる。今までの映画ならどこかでこの二つの線は交錯するのだが、こ...
映画 『ノーカントリー』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆1980年代のテキサスを舞台に、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス。監督は映画『ファーゴ』のコーエン兄弟。狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大...
「ノーカントリー」試写会 (今日という一日。)
試写会に行ってきました。先日のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞(ハビエル・バルデム)、脚色賞の4部門を受賞した「ノーカントリー」。 アカデミー賞のほかにも全米各映画賞95部門受賞とのこと。コーエン兄弟の最高傑作とも言われています。 しかし...
ノーカントリー (Akira's VOICE)
ユーモアを持つ者,持たない者。
「ノーカントリー」圧倒的迫力の殺人者ハビエル (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハビエル・バルデムの寝たきりの男性を演じた人だってーー!!)演じる殺人者が、もの凄い怖い!この人、ペネロペクルスの彼なんだとか@@...
ノーカントリー(2007年) (勝手に映画評)
2008年アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、助演男優賞(ハビエル・バルデム)、脚色賞)受賞作。ネタバレ注意。 摩訶不思議な、難解な作品。いきなり最初に、アントン・シガー演じるバルデムが、トミー・リー・ジョーンズ演じるエド・トム・ベル保安官に逮捕される...
ノー・カントリー (eclipse的な独り言)
 割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、
『ノーカントリー』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 一度観ただけでは意味がわからなかったのだが、もう一度観たいとも別に思えない……。 『ノーカントリー』 "No Country for Old Men" 2007年・ア...
ノーカントリー・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ハビエル・バルデムの変な髪形だけではない、超一級のクライムサスペンス。 監督デビュー作の「ブラッド・シンプル」以来コーエン兄弟が拘っ...
『ノーカントリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ノーカントリー」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)□キャスト ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケ...
No Country For Old Men 「ノーカントリー」 (表参道 high&low)
映像化された冷酷な衝撃が画面を支配し、原作を超えて恐怖と暴力をアピールするのがコーエンブラザーズのNo Country For Old Men(ノーカントリー)。狂った殺し屋ジュガーによくぞJavier Bardem(ハビエル・バルデム)を起用した製作者と、人殺しの役は嫌だと最初は断る...
ノーカントリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ そのボンベ、かなり気になるんですけど・・
★★ 『ノーカントリー』 (映画の感想文日記)
2007年。ParamountVantage."NO COUNTRY FOR OLD MAN". ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン監督・脚本・製作。  この映画を見て、主演が...
ノーカントリー (ダイターンクラッシュ!!)
3月16日(日) 16:40~ 日比谷スカラ座 料金:1480円(有楽町の金券屋で前売り券を購入) パンフレット:600円 『ノーカントリー』公式サイト コーエン兄弟の新作だ。久しぶりのスリラー? かなり客を突き放している感じの作品で、誰が主役だか解らない。 なんせ、...
ノーカントリー (ダイターンクラッシュ!!)
3月16日(日) 16:40~ 日比谷スカラ座 料金:1480円(有楽町の金券屋で前売り券を購入) パンフレット:600円 『ノーカントリー』公式サイト コーエン兄弟の新作だ。久しぶりのスリラー? かなり客を突き放している感じの作品で、誰が主役だか解らない。 なんせ、...
ノーカントリー (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 NO COUNTRY FOR OLD MEN 上映時間 122分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/03/15 監督 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 原作 コーマック・マッカーシー 『血と暴力の国』(扶桑社刊) 脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン ...
『ノーカントリー』 (映画大好き夫婦のパリ新婚日記)
フランスでは1月23日から公開されていた『ノーカントリー』を観てきました。・・・が、観終わった感想は「結局、何が言いたいの???」。(なのでこの日記はかつてないぐらい否定的な意見のオンパレードです、ごめんなさい。まだ観ていない人には役立たない事しか書いて....
【映画】 ノーカントリー (Coffee and Cigarettes)
「ノーカントリー」 上映時間    122分 製作国      アメリカ 公開情報    劇場公開(パラマウント=ショウゲート) 初公開年...
ノーカントリー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
インディペンデント感マキシマム!! 一筋縄ではいかないオッサン 3人の物語。
人間に未来はあるのか。『ノーカントリー』 (水曜日のシネマ日記)
1980年代のテキサスを舞台に描かれた、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス映画です。
ノーカントリー/トミー・リー・ジョーンズ (カノンな日々)
アカデミー賞を獲ったからどうのこうのというわけじゃないんだけど、この映画に関して言えば、日本公開は絶妙のタイミングといえるでしょう。観るほうとしても期待値もグーンとアップしてかなりワクワクです。 出演はその他に、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリ...
ノーカントリー (そーれりぽーと)
アカデミー賞絡みで、この映画が今月一番の話題になるだろう。 なのでしっかりレビューも書かなきゃと思いつつ『ノーカントリー』を観てきました。 ★★★ えーと。 やっぱりコーエン兄弟の映画に感想を書くのって難しいですねぇ。 週末からいろいろと考えたんですが、や...
明白な運命「ノーカントリー」 (再出発日記)
この国は人に厳しい監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン原作:コーマック・マッカーシー出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド話の筋は麻薬がらみのカネをめぐる、男と殺し屋の追っかけ劇なの...
ノーカントリー/NO COUNTRY (描きたいアレコレ・やや甘口)
アカデミー賞、最多4部門受賞、中でも作品賞を穫った映画とはどのようなものか? ハビエル・バビデムはどのような"悪"を演じているのか?その...
ノーカントリー (映画のメモ帳+α)
ノーカントリー(2007 アメリカ) 原題   NO COUNTRY FOR OLD MEN    監督   ジョエル・コーエン イーサン・コーエン    原作   コーマック・マッカーシー 『血と暴力の国』    脚色   ジョエル・コーエン イーサン・コーエン       撮...
『ノーカントリー』 (めでぃあみっくす)
コーエン兄弟といえばアメリカ社会の矛盾と闇を時にはコミカルに、時にはシリアスに描く映画監督。第80回アカデミー作品賞受賞作品で一気に知名度の上がったこの映画はコーエン作品の中でも特に演出面において特筆すべき素晴らしさがある一方で、見終わったあと多くの観客...
『ノーカントリー』:フラストレーション溜まる!:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
ダメだ、コーエン兄弟とは肌が合わない。アカデミー賞を取ろうがどうだろうが、肌が合わないのだからどうしようもない。 (って、昨年度の受賞作でスコシージ監督にも、そんなことを言ってしまったが)
「ノーカントリー」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
圧倒的な緊迫感の近くにいながら、所在なし。いろいろ捉え方がありそうな作品ですが、興味深いのはT.リー・ジョーンズの保安官でしょうか。原題"No Country for Old Men"の"Old Men"に当たる人物であり、冒頭もラストも彼。物語の中心に位置づけているのは間違いないはず....
ノーカントリー (5125年映画の旅)
テキサスで狩猟を営むモスは、ある日不審な数台の車を発見する。そこには争った形跡と複数の死体、大量の麻薬が残されていた。そこから少し離れた場所には、鞄に詰まった現金200万ドル。モスは200万ドルを持ち帰るが、謎の殺し屋シガーが200万ドルを狙ってモ...
「ノーカントリー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ノーカントリー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド、ギャレット・ディラハント、テス・ハーパー、他 *監督:ジョエル...
ノーカントリー◆死との対峙を掘り下げた不条理劇 (好きな映画だけ見ていたい)
     「ノーカントリー」 (2008年・アメリカ) 藤原新也は生と死に関する考察の中で、こう記している――「死というものは、なしくずしにヒトに訪れるものではなく、死が訪れたその最期のときの何時(いつ)かの瞬間を、ヒトは決断し、選びとるのです」(「メメン...
「ノーカントリー」獲っちゃいましたか…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿2008年2月28日0時45分 ※投稿日時を映画公開開始日に設定。公開後、1週間固定。   いやあ、獲っちゃいましたか“第80回アカデミー賞・作品賞”。「ノーカントリー」(パラマウント/ショウゲート)。重い、暗い、救いが無い…。アメリカは確実に病んで...
★『ノーカントリー』★ (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:アメリカ映画、コーエン兄弟監督&脚本、トミー・リー・ジョーンズ主演、第80回アカデミー賞4部門受賞作〔最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚色賞・最優秀助演男優賞:ハビエル・バルデム〕。
★ノーカントリー★ (CinemaCollection)
NOCOUNTRYFOROLDMEN世の中は計算違いで回る異様なまでに生真面目な殺し屋と、時代に取り残された保安官ーふたりの男に追われる男の可笑しいほど残酷な運命上映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント=ショウゲート)初公開年月2008/03/15ジャンルドラマ/....
ノーカントリー(2007) (けいのよりみち)
1980年代のアメリカ・テキサス州。 荒野で狩りをしていたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、 激しい銃撃戦があったと思われる死体の山を発見、 そこで大量の麻薬と200万ドルの入ったカバンを見つけ、大金を持ち逃げする。 そのため殺し屋アントン・シガー...
ノーカントリー (future world)
緊迫感の連続、癒しや娯楽性など感じない、良くも悪くも存在感のある、まさに観る者を選ぶ作品だと思います。 コーエン兄弟監督の作品として「ファーゴ」が印象深く好きなのだが、 同じ殺人の犯罪物とはいえ、かなり切り口が違う・・・ 緩む隙が無くストレートな印...
映画「ノーカントリー」(2007年、米) (富久亭日乗)
     ★★★★☆  1980年代のテキサスを舞台に 不気味な殺人鬼を描いたCoen兄弟監督のサスペンス。 2008年アカデミー賞の 作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞をとった。 原題は「No Country for Old Men 」。  テキサス州西部の荒野で、 麻薬取引のこじれ...
ノーカントリー (映画を観たよ)
話題作。
[映画]ノーカントリー (落とし穴には気をつけろ!)
アカデミー賞4部門受賞ということよりも、「ハンニバル・レクター以来の史上最悪の殺し屋」というコピーに惹かれて見てみましたが。。。。正直私には難しかった 殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)は、あのダサダサの髪型に死んだ魚の目のような無表情ぶりで、気味の悪...
ノーカントリー (シネマ日記)
ジョエル&イーサンコーエン兄弟の作品かー。アカデミー賞作品賞獲得かー。コーエン兄弟の作品の中では「ミラーズクロッシング」「オーブラザー!」「ディボースショウ」は結構好き。でも、その他はほとんど好きじゃないなぁ。「ビッグリボウスキ」「バーバー」「ファーゴ...
今の国を作ったのは誰なのか?●ノーカントリー (Prism Viewpoints)
過去を懐古し、今を憂うだけでは何も変わらない。 『No Country for Old Men』 ノーカントリー - goo 映画 メキシコ国境に近い砂漠でハンティング...
ノーカントリー (メルブロ)
ノーカントリー 203本目 2008-9 上映時間 2時間2分 監督 コーエン兄弟 出演 トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム ジョシュ・ブローリン 評価 7点(10点満点) 会場 渋東シネタワー  今年のアカデミー作品賞受賞作。これは映画ファンとしては...
ノーカントリー  NOCOUNTRYFOROLDMEN (映画に恋してる)
日の当たる白いポーチに出て男はおもむろに靴底の汚れを気にした。たったそれだけの仕草で私たちは全てを悟る。静寂の中に漂う異様なまでの緊迫感。コインの表裏という彼にしか解らない奇妙なルール。「私は選ばない。決めるのはあなただから」搾り出すようなそれがたぶ...
ノーカントリー (シャーロットの涙)
追われるから、逃げるのだ。
ノーカントリー を観ました。 (My Favorite Things)
さすがコーエン兄弟ですね…。ファーゴ以来のオスカーなんですよね?
43●ノーカントリー (レザボアCATs)
アカデミー賞の作品賞&監督賞を取った作品というのは、やっぱり要注目になるのだけれど、その発表が終わってすぐの公開、という、まるで結果を分かっていたかのような印象。批評家の評価もこぞって高かったというこの作品。私もすっごく楽しみにしていた。
ノーカントリー (心のままに映画の風景)
メキシコ国境に近い砂漠で狩りをしていたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、 偶然、死体と出くわし大量のヘロインと200万ドルの...
映画 『ノーカントリー』 (Death & Live)
『ノーカントリー』  2007年 原題 : NO COUNTRY FOR OLD MEN 監督 : Ethan Coen, Joel Coen ハビエル・バルデムが好きでしてね。 名優だと思うわけですよ。 アカデミー賞にノミネートされた時は、 彼しかいないと思いましたね。 あの役の幅の広さはどこから...
恐怖おかっぱ男【ノーカントリー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
今年のオスカー総ナメした「ノーカントリー」を見てきました。 先に見た友人から「む
ノーカントリー (悠雅的生活)
追われる男、追う男、追いつけない男
『ノーカントリー』 (試写会帰りに)
シンプルでよくあるストーリーなのに、迫ってくるような恐怖感、緊張感がスゴイ。 静けさの中で突如爆発する暴力の迫力。コーエン兄弟の底力を見せつけられた『ノーカントリー』(『NO COUNTRY FOR OLD MEN』) No Country for Old Men 原作は「すべての美しい馬...
ノーカントリー (It's a Wonderful Life)
面白かった! アカデミー賞作品賞を始め4部門・・といっても そんなにオスカー作品賞はアテにならんと思ってる ほうなんですが、これは気に入りました。 でもオスカーよりやはりカンヌ向きって感じで、 かなり好き嫌いが別れそうな作品かも。 なんだかつまんな...
ノーカントリー(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★邦題はもうちょっと何とかならなかったんでしょうかねぇ…★映画の邦題…「宣伝マンのアイデアの勝利!」といったモノから「こりゃまた安易な…」「誰が一体こんな邦題つけたんだよ!?責任者出せ~ゴルァ!!」ってモノまで様々です。結構前からアメリカのメジャー会社から...
ノーカントリー (利用価値のない日々の雑学)
今年度のオスカー作品賞。但し、2年連続、オスカーは何を基準に作品賞を選んだのかという疑問だけが残った作品鑑賞であった。 9.11以降、アメリカは何を基準に何処へ行こうとしているのかが本当に不明瞭に成ってきている。昨今の大統領候補選びもそうだ。民主党と...
「ノーカントリー」 彼らは国を失った (はらやんの映画徒然草)
コーエン兄弟の作品は「バートン・フィンク」以来だから、かなり久しぶりです。 「バ
正義が死んだ国 (CINECHANの映画感想)
94「ノーカントリー」(アメリカ)  アメリカ、テキサス州、メキシコ国境に近い砂漠。狩に来ていたルウェリン・モスは偶然死体の山に囲まれたピックアップ・トラックを発見する。そしてその現場の近くで200万ドル近い金を発見し、危険を承知で持ち帰ってしまう。し...
ノーカントリー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『突然』の残酷、『予想外』の運命  
「ノーカントリー」 (或る日の出来事)
大金を拾い、黙って自分のものにしようとした男が、恐ろしい殺し屋に追われる。 老保安官は、自分には理解できないような犯罪が増えたことを...
ノーカントリー (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー賞をはじめ、様々な賞を獲得したこの作品。 見に行かなくっちゃ~と思いつつ、 バイオレンスと殺し屋さんを強調した前宣伝と、 公開当初旅行していたこともあって行きそびれておりました。 !?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!? ノーカ...
ノーカントリー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
アメリカの南西部、メキシコとの国境に近い砂漠でハンティングをしていたルウェリン・モスは、大量のヘロインと200万ドルの現金を見つけます。危険を知りながら、200万ドルを奪ったモスですが、すぐさま非情の殺し屋、アントン・シガーに追われます。必死に逃げるモスと着...
ノーカントリー(2007) NO COUNTRY FOR OLD MEN 122分 (極私的映画論+α)
 「老いぼれに故郷はない」ってこと?
映画『ノーカントリー』 (ルールーのお気に入り)
アカデミー助演男優賞のハビエル・バルデム演じる殺し屋の奇妙な風貌ばかりが目立つサイコサスペンスと思いきや、よくよく噛み砕いてもいまだ「理解」の扉の前にすら立てないような気がするほど、非常に哲学的なストーリーでした。。
ノーカントリー (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 NO COUNTRY FOR OLD MEN 上映時間 122分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/03/15 監督 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 原作 コーマック・マッカーシー 『血と暴力の国』(扶桑社刊) 脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン ...
『ノーカントリー』 (映画大陸)
 コインの表裏が人生を決める。  その言葉を聞いて僕がまず思い出すものは車谷長吉の『漂流物』。  友人から借りて読んだ小説ですが、ある男が旅先でコインを投げ、その表裏によって会社に戻るかそれともこのまま旅を続けるかを決める。コインに命運をゆだねた結果...
『ノーカントリー』 @シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情...
ノーカントリー (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀助演男優賞、最優秀脚色賞の4賞に輝いた映画です。といっても、さすがにR15で4週目のナイトショー(ナイトだと元々R18か)、しかもマニアックな内容のせい?観客は3人でプライベートシアター状態でした。  砂漠で....
【ノーカントリー】 (日々のつぶやき)
監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 出演:トミ・リー・ジョーンズ、バビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 「1970年代のテキサス。 溶接工のモスはハンティングの最中、死体の山を発見する。そして車には麻薬と死体が抱えていた大金・・危険を知り
ノーカントリー (PLANET OF THE BLUE)
先月見ました。 アカデミー賞総なめのあいつです。 ストーリーは・・・ 大金を拾ってしまった男。 それを追う殺し屋の男。 事件を捜査する警官の男。 3人の男の迎える結末は。 しずかーな映画でした。 殺し屋の男(アカデミー賞獲得)の演技は凄かった...
ノーカントリー (future world)
緊迫感の連続、癒しや娯楽性など感じない、良くも悪くも存在感のある、まさに観る者を選ぶ作品だと思います。 コーエン兄弟監督の作品として「ファーゴ」が印象深く好きなのだが、 同じ殺人の犯罪物とはいえ、かなり切り口が違う・・・ 緩む隙が無くストレートな印...
【劇場映画】 ノーカントリー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰...
『ノーカントリー』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
アカデミー賞4部門受賞の話題作をやっと鑑賞ー。とにかくハビエル・バルデムのイッちゃった演技は強烈でした。 テキサスの砂漠で狩りをしていたモスは、銃撃戦が行われたと思われる現場を発見。複数の死体が転がる現場には大量のヘロインを積んだトラックがあり、近く...
真・映画日記(1)『ノーカントリー』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月15日(土) 745日目 さあ、待ちに待った『ノーカントリー』の公開初日である。 このために、前の日は無理をせずに『魔法にかけられて』を見終えた後はマンガ喫茶で休んだ。 時間的にもう一本見るのも手だったけど、 翌日に備えるため...
ノーカントリー (映画鑑賞★日記・・・)
【NO COUNTRY FOR OLD MEN】R-152008/03/15公開(05/03鑑賞)製作国:アメリカ監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン製作:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、スコット・ルーディン原作:コーマック・マッカーシー『血と暴力の国』(扶桑社刊)...
映画 【ノーカントリー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ノーカントリー」 アカデミー作品賞など4部門を受賞した、コーエン兄弟による犯罪サスペンス。 おはなし:1980年代のテキサス。ベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山と大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。大金をネコババした...
ノーカントリー (TRUTH?ブログエリア)
原題:NO CANTRY FOR OLD MEN原作:マーコック・マッカーシー「
【映画】ノーカントリー (新!やさぐれ日記)
■動機 なんとなく観たかった ■感想 上質なかんじ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち...
ノー・カントリー (迷宮映画館)
コーエンの遊びは、嘆きの声に聞こえてきた。
ノーカントリー (夫婦でシネマ)
コメディが続いていたコーエン兄弟が「ブラットシンプル」タッチの犯罪スリラーに再び取り組みました。
ノーカントリー (C'est Joli)
ノーカントリー’07:米 ◆原題:No Country for Old Men◆監督・脚本: ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン「ディボース・ショウ」「ファーゴ」◆出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド ◆STORY◆...
「ノーカントリー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
テキサスの荒野でハンティング中に、銃撃戦が行われたと思しき麻薬取引現場に出くわしたモス (ジョシュ・ブローリン)。複数の死体が横たわる現場の近くで、200万ドルの大金を発見した彼は、 危険と知りつつ持ち帰ってしまう。その後、非情な殺人者シガー(ハビエル・バ...
ノーカントリー  宇宙人ジョーンズも ハビエルにはかなわない (大好き!ヨーロッパひとり旅)
最近見た 強烈な映画! ノーカントリー って、ホントの題は No country for old man (2007年の作品・今年のアカデミー賞4部門) だが、年寄りじゃなくったって、こんな犯罪が自由にできちゃうようなアメリカ社会は、国じゃないよ と思ってしまう。日本....
★「ノーカントリー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、今年のオスカー4冠の話題作。 ■ 作品賞 ■ 助演男優賞 ハビエル・バルデム ■ 監督賞 イーサン・コーエン    ジョエル・コーエン ■ 脚色賞 イーサン・コーエン    ジョエル・コーエン
『ノーカントリー』 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』 (マガジンひとり)
@高田馬場・早稲田松竹 ノーカントリー/No Country for Old Men、ジョエル&イーサン・コーエン監督(2007年アメリカ) すべての始まりは1980年代アメリカの、メキシコ国境に近いテキサス州の砂漠にて……観客を震え上がらせる、恐ろしくも魅力的なキャラクターの登場! ...
【映画】ノーカントリー…ホリヤ君の怪演ナイス! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でサブタイトルが上手く思いつかないから{/face_ase2/}と保留した本日の記事ですが…結局こんなのでスイマセン{/dogeza/}(サブタイトルの意味は最後まで読んでいただけると分かると思いますが…伝わることは無いと思います{/face_ase2/}) さて本日{/kaeru...
『ノーカントリー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベ....
ノーカントリー (mama)
NO COUNTRY FOR OLD MEN 2007年:アメリカ 原作:コーマック・マッカーシー 監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ハビエル・バルデム、ケリー・マクドナルド、バリー・コービ...