銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

パリより愛をこめて(2010)FROM PARIS WITH LOVE

2010-05-18 | 映画:シネコン

人生のひきがねを引け。

MOVX京都にて鑑賞。トラボルタがリュック・ベッソンフィルムに登場とは、、、、、。ジャイソン・ステイサムの中年版というところでしょうか?
何でもリュック・ベッソン × ピエール・モレルがトラボルタを起用して撮りたかったそうです。
前作「96時間」ではリアーム・ニ―ソンだったように、今回もおやじのアクションに拘った結果のキャストのようです。何がトラボルタの魅力か?実は、俳優として同じような役を演じない、という点が素晴らしいと思っていて、彼はやはり異色の存在なんだよね。トラボルタがおもしろいのは、出演する作品ごとに役柄やルックスが全然違っていること。

なるほどそう言われてみればそうなのかしら?でも私的には、前作の「サブウェイ123 激突」の電車ジャックのライダーの乗りと重なるんですがね。もちろん今回は悪役じゃあないので、違うといえば違うんですが、、、、、。


スキンヘッドで強面なワックス、ワルな面を持ち合わせた諜報部員という設定は、確かにトラボルタのこの風貌にはぴったり!

突然チャイニーズレストランで撃ちまくるワックス、いやあ何が何だか分からない間にドンパチが始まった。どうもこのレストランの連中はヤバい奴らだということが判明するのですが、、、、、。ベッソンならではの、アクションシーンは相変わらず凄いです。トラボルタは全てスタントをこなしたそうです。まだまだ若い者には負けていませんね。

STORY

任務のためには手段を選ばない危険な男と、人を撃てない見習い捜査官
世界一真逆の二人が、パリを舞台に巨大犯罪組織を追う――!

謎の犯罪組織に、立ち向かうことになった一人の男。彼の名は、ジェームズ・リース(ジョナサン・リース=マイヤ―ズ)。表の顔はパリのエリート米大使館員、裏の顔はCIAの見習い捜査官だ。ようやく与えられた重大任務に張り切るリースを待っていたのは、任務を全うするためには手段を選ばない危険すぎる相棒、ワックス(ジョン・トラヴォルタ)だった―。チェスの名人で数カ国語を駆使する知性派だが、繊細な性格で人を撃ったことがないリースと、推理力も腕力も超一流だが、口より先に銃が出るワックス。生き方も考え方も正反対の二人が、犯罪組織のアジトを捜して、パリ中を駆け巡る。組織は麻薬密売を資金に爆弾を入手、世界崩壊を目論むテロ集団だった。しかし、全貌解明にあと一歩と迫った時、予想もしなかった事実が発覚する。リースの機密情報が組織に流され、彼は命を狙われていたのだ。裏切り者は誰なのか?やがて爆破ターゲットは国際サミットに参加するアメリカ政府要人だと判明、二人は会場へと走るのだが―。


リースとはまったく正反対のワックスとパートナーを組むことになったが、リースは戸惑いに、反発も、、、、。

ジョナサン演じるリース、次々と出くわす事件にタジタジ状態(汗)そんな状況の中、恋人キャロリンのことばかり考えている。しっかりせよ!と尻を叩きたい感じ。危険を承知でCIA捜査官に志願したのにね。


これがその彼女キャロリン(カシア・スムトゥニアク)リースはベタぼれ

しかし次第にリースは、ワックスに煽られ強くなっていきます。


壺の中には白い粉、、、、、。


トラボルタの銃さばき、お見事でした。両手で撃つ姿もナイス!やっぱり悪人に見える。

ルックスや髪型はトラボルタが自ら工夫して作り上げた。

監督がおやじにこだわった理由。

映画でサプライズを経験する。それこそ映画を観る醍醐味だと思うんだ。まさかジョン・トラボルタやリーアム・ニーソンのような俳優がこんなに破壊力のあるキャラクターを演じて、しかもパリ中でトラブルを起こしてまわるなんてみんな思わないよね?だからこそわざと今回のようなキャスティングをしたんだ。


リース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)もおっさんに負けずやってくれました。

何とラブラブだったキャロリンなのですが、、、、、実は。


意外な展開となります。


彼は事実を受け止め、サミット会場へ、、、、、。

意外にもラストはあっけないような感じで締めくくられる。これってまた続編ありそうな?気もするのですが、、、、どうでしょうね。

解説(allcinemaより抜粋)

 「96時間」のピエール・モレル監督が、「サブウェイ123 激突」のジョン・トラヴォルタを主演に迎えて贈るサスペンス・アクション。パリを舞台に、型破りなCIAエージェントとコンビを組むハメになった駐仏アメリカ大使館の若手職員が、その強引な捜査手法に戸惑いながらも巨大犯罪組織に立ち向かっていく姿を、ハードなアクション満載で描き出す。共演は「マッチポイント」のジョナサン・リス・マイヤーズ。


メディア 映画
上映時間 95分
製作国 フランス
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2010/05/15
ジャンル アクション/サスペンス
映倫 R15+

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (10)   Trackbacks (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9〈ナイン〉 9番目の奇妙... | TOP | ルドandクルシ(2008)◆◇... »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-05-18 02:14:48
とにかくトラボルタのおっさんがメッチャかっこよかったですね~。
ずーっと目立たなくて引っ張りまわされてたジョナサンもラストは美味しいところ全部もっててたし。(笑)
バズーカもってアウディにハコノリしたおっさんはトラボルタが初じゃないでしょうか。(爆)
Unknown (mig)
2010-05-20 11:15:57
こんにちは★
わたしも↑まったく同じ事書きたいです(笑)

トラさんはズラつけるよりこっちの方が断然カッコいいけど
これじゃ気質のひとにみえないからムリか
息子さん亡くしてから半年、奥さんケリープレストンが妊娠したみたいで(高齢だけど)
幸せそうで良かった★
楽しかったです。 (マリー)
2010-05-20 19:49:41
こんばんは~~♪

映画でのサプライズ~確かに!
本当にトラさん、スキンヘッドで登場~からサプライズの連続でした(笑)
そして、こんなに人が死んでるのに~楽しめるなんて、凄い。
壺に入ったヤクだって、かる~いノリで見てられるし~それをちょっと頂いてラリってもご愛嬌~。
そして、ラストはちょっと切なく・・・
ただ彼女の背景が浅くて、イマイチ同情できず。そこが惜しい・・・
けどアクション映画だから関係ないのね?

久々にすっきり楽しめる映画だったわ~。


以前からお願いしたかったのですが~
こちらのmezzotintさんのblog、お気に入りに入れさせていただいてよいでしょうか?
よろしくお願い致します。
migさんへ♪ (mezzotint)
2010-05-20 20:51:00
今晩は☆彡
トラボルタはスタントを全て自分で
こなしたそうです。さすがですよね。
スキンヘッドも多分自分で考えての
スタイル、かなり工夫を凝らして
挑んだ役らしいので、成功ですね。
そうそう奥さん、47歳での妊娠。
良かったですね。無事に産まれると
良いですね♪
マリ―さん♪ (mezzotint)
2010-05-20 20:58:16
今晩は☆彡
何も考えず、楽しめた作品ですよね!
まさか?!彼女が、、、?と
ちょっと驚きましたが。確かにちょっと
あれでは分かりにくいですよね。
まさかテロ?ということになるなんて、、、。
まあアクションがあそこまで弾けるので、
話は薄くてもいいかな?なんて思いましたが。

わあ~!私のブログをお気に入りにですか!
つたないブログですが、入れてもらえたら
こんなに嬉しいことはありません。
私のブログにもマリ―さんのブログを、
ぜひお気に入りにいれさせて下さいね。
宜しくお願いします!!
お持ち帰り (sakurai)
2010-05-21 08:01:19
なんだかあたしの趣味がもろにわかりそうですが、もろい男が好きなんすね、あたし。
ジョジクルが苦手なゆえんはそこなんですが、あははは、完全にジョナリスばかり見てました。
トラちゃんは、もとはダンサー(?)のばりばりアクション俳優ですから、やるっしょ。
心臓まひ起こさないかと、はらはらしながら見てましたがね。
奥様、47歳で妊娠!!すごいですね。
うーん、ほぼあたしと同じですが、成長するまでがんばらないとね。きついわ。
すいません (sakurai)
2010-05-21 09:13:26
題名が意味不明でしたね。
8枚目と10枚目のジョナサン、お持ち帰りしてよろしいでしょうか?
どうぞ!! (mezzotint)
2010-05-21 10:41:09
sakuraiさん
お写真、お持ち帰り下さい!!
これから映画館へ行きます。
また後ほどお伺い致します。
えへへへ (sakurai)
2010-05-21 21:14:55
ありがとうございます!!
PC壊れて、イーサンの写真集もパーで、さびしい限りでございます・・・。
これで元気百倍!
Unknown (アイマック)
2010-12-09 12:59:39
こんにちは!
トラヴォルタの暴れっぷりに目がいきますね。
やりすぎぐらいが丁度いいのかも。笑
ジョナサン・リース・マイヤーズとのコンビネーションもよかった。
続編つくってほしいなあ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

38 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
パリより愛をこめて (LOVE Cinemas 調布)
原案リュック・ベッソン、『96時間』のピエール・モレル監督で送るアクションエンタテインメントムービーだ。主演は『サブウェイ123 激突』のジョン・トラボルタ。共演に最近では『シェルター』が記憶に新しいジョナサン・リス・マイヤーズ。フランス・パリを舞台に...
『パリより愛をこめて』 (ラムの大通り)
(原題:From Paris with Love) ----『パリより愛をこめて』? タイトル、間違っているんじゃニャい。 「ところが、これが原題の直訳。 もちろん、あの名作...
パリより愛をこめて (そーれりぽーと)
てっきりジョン・トラボルタが悪役なんだと思って『パリより愛をこめて』を観てきました。 ★★★★ リュック・ベッソン製作脚本作“らしく”、脚本から編集まであらゆる部分がシャープな代わりに無駄にオサレな演出、ドラマチックな部分はどこか無機質な感覚といつも通...
パリより愛をこめて (だらだら無気力ブログ)
パリを舞台に、型破りなCIAエージェントとそのCIAエージェントとコンビを 組むことになった駐仏アメリカ大使館員がパリを訪れるアメリカ要人への 爆弾テロを防ぐべく奮闘する様を描いたサスペンスアクション。 型破りなCIAエージェントには『サブウェイ123 激突』の...
『パリより愛をこめて』産業ムービーを送ります (映画のブログ)
 「産業ロック」という言葉を使い始めたのは渋谷陽一氏であろう。  氏は、世界的に売れているバンドの音楽を指して、こう呼ぶことがあった...
『パリより愛をこめて』(2010)/フランス (NiceOne!!)
原題:FROMPARISWITHLOVE監督:ピエール・モレル出演:ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<...
映画:パリより愛をこめて From Paris with Love 96時間コンビの最新作の出来は? (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日アップした記事にもふれてはいるが、 「96時間」のコンビが次に作ったのがこの「パリより愛をこめて」。 当ブログでは「96時間」を激賞している(2009-08-19「96時間」Taken 褒め言葉1~5(本文)でわかっていただきたい、必見のアクション!) ということで、この...
「パリより愛をこめて」  From Paris with Love (俺の明日はどっちだ)
ウヒョー、良くも悪しくもリュック・べッソンらしいB級テイスト満載な痛快アクション、バディムーヴィー。 実のところ、悪者となる人間、そして殺される人間もほぼ全員非白人で、クスリが隠されているアジトはやはりこんな感じでしょと中華料理店が登場し、そこではうじ...
パリより愛をこめて (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】意図的な『007』のサブタイトルっぽいのがダサい
パリより愛をこめて /FROM PARIS WITH LOVE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「共演のジョナサン・リースマイヤーズと顔が似てるから、区別の為に剃ったんだ」とトラさん。 そんなことしてくれなくったって誰も間違えませんから{/m_0088/} 原案リュック・べッソン、監...
パリより愛をこめて (迷宮映画館)
すべてはジョナサンでございます♪
パリより愛をこめて (風に吹かれて)
一日で26人 [E:wobbly]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/frompariswithlove原案: リュック・ベッソン監督: ピエール・モレル 「アルティ
パリより愛をこめて (ともやの映画大好きっ!)
(原題:FROM PARIS WITH LOVE) 【2010年・フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 諜報員に憧れる駐仏アメリカ大使館員が、凄腕諜報員に翻弄されながらも重大事件を解決していくサスペンス・アクション。 パリのアメリカ大使館に務めるジョナサン・リース(ジョナサン・...
★「パリより愛をこめて」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、TOHOシネマズららぽーと横浜で1本。 マット・デイモンの「グリーン・ゾーン」とどっちにしようか迷ったけど、 トラヴォルタのスキンヘッドに魅せられて、こっちにしちゃった。
パリより愛をこめて (犬・ときどき映画)
パリより愛をこめて「From Paris With Love」 <Story> リース(ジョナサン・リース・マイヤーズ)はパリのアメリカ大使館に勤めるエリート外交官、しかしその本当の顔はCIAの見習い捜査官。パリには婚約者もいる。 そこにミッションの相棒である型破りなワックス(ジョ...
[映画『パリより愛をこめて』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆原案がリュック・ベッソンで、監督がピエール・モレルという、昨年のメチャ面白アクション作品『96時間』の二人が作り上げた新作。  今回も、悪党に容赦なく非常に面白かったが、  設定を変えただけで、見せ方は同じなので、やや新鮮さに欠けた。
パリより愛をこめて (心のままに映画の風景)
駐仏アメリカ大使館員のジェームズ・リース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)は、エリート大使館員にしてCIAの見習い捜査官。 ある日、CIA本...
パリより愛をこめて (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレルという、『TAXi』『96時間』のコンビが花の都・パリを舞台に織り成す極上のサスペンス・アクション。 物語:パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えない秘密があった。CIAの見習い捜査官として諜報活...
パリより愛をこめて (Movies 1-800)
From Paris with Love (2010年) 監督:ピエール・モレル 出演:ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス・マイヤーズ、カシア・スムートニアック パリの米国大使館に勤めるCIA見習いの若者が、アメリカからやってきた凄腕の諜報員とコンビを組んで、パリ市内をターゲット...
「パリより愛をこめて」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 いつもながらリュック・ベッソンとは、非常に「分かりやすい」映画人だと思う。 監督にせい原案にせい、基本的にやってる事は同じながら、間違えた物が出てくる事がほとんどなく...
『パリより愛をこめて』 (Cinema + Sweets = ∞)
ここのところ、仕事の疲れだったり、シフトの組まれ方だったり、転職活動していたりと色々な要素が重なって、映画館に全然足を運べていなかったんだけれど、昨日・今日と2連休なので、久々に映画を観てきましたー。 ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リース・マイヤー...
疾走する快作バディムービー「パリより愛をこめて」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
これはまさにトラちゃん大暴れの映画。なんといってもシネスコサイズからはみ出るぐらいなのだ。原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレルの『96時間』のコンビによる『パリより愛をこめて』。そんな疾走する
「パリより愛をこめて」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「パリより愛をこめて」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原案・リュック・ベッソン 監督・ピエール・モレル リュック・ベッソン×ピエール・モレルのコンビが今回もパリを舞台に魅せてくれました! ちょ...
映画「パリより愛をこめて」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/5/26、ユナイテッドシネマ豊洲。    ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク。 *** ジェームズ・リース(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、 アメリカのフランス大使館勤務の外交官で、大使の補佐官(秘書)...
パリより愛をこめて (こんな映画見ました~)
『パリより愛をこめて』 ---FROM PARIS WITH LOVE--- 2010年(フランス) 監督:ピエール・モレル 出演: ジョン・トラヴォルタ チャーリー・ワックス ジョナサン・リス・マイヤーズ ジェームズ・リース カシア・スムートニアック キャロリン フランスのアメリ...
パリより愛をこめて(フランス) (映画でココロの筋トレ)
ジョン・トラヴォルタ×ジョナサン・リス・マイヤーズ。 劇場予告観た瞬間からワクワクだった「パリより愛をこめて」を観ました! ( → 公式サイト  ) 出演:ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス・マイヤーズ、カシア・スムートニアック、リチャー...
パリより愛をこめて【2回目】 (犬・ときどき映画)
水曜日で1000円だし、また観てしまいました。 「パリより愛をこめて 」[FromParisWithLove] 何回観ても面白い映画は面白い。 結末がわかっていても、わくわくドキドキは変わらない。 結末がわかっているだけに今日は、新米CIA諜報部員のリース(ジョナサン・リース・...
パリより愛をこめて (Yuhiの読書日記+α)
花の都・パリを舞台に織り成す極上のサスペンス・アクション。監督はピエール・モレル、原案はリュック・ベッソン、キャストはジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク他。 <あらすじ> CIAの異端児諜報(ちょうほう)員ワックス(...
「パリより愛をこめて」 パリはハリウッドよりビター (はらやんの映画徒然草)
世界的にみてアクション映画といったら、アメリカのそれもハリウッドで作られたものに
パリより愛をこめて / From Paris With Love (勝手に映画評)
『TAXi』『96時間』『トランスポーター』でお馴染みのリュック・ベッソンが原案の、パリを舞台にしたアクション映画。期待を裏切らず、めちゃめちゃ派手なアクションが画面に繰り広げられます。 最初に原題の『From Paris With Love』で思いついたのは、007の『From Russ...
パリより愛をこめて (C'est joli~ここちいい毎日を~)
パリより愛をこめて’10:フランス◆原題:FROM PARIS WITH LOVE◆監督:ピエール・モレル「96時間」◆出演:ジョン・トラボルタ 、 ジョナサン・リース・マイヤーズ 、 カシア・スムトゥニアク◆STORY◆パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えな...
パリより愛をこめて (From Paris with Love) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピエール・モレル 主演 ジョン・トラヴォルタ 2010年 フランス映画 95分 アクション 採点★★★★ ベッソンって、ホント素直なんでしょうねぇ。何かを観て気に入ったり「スゲェ!」と思ったら、即座にベッソンネタ帳に「俺だったらここをこーやって、そんで...
パリより愛をこめて (小部屋日記)
From Paris With Love(2010/フランス)【Blu-ray】 監督:ピエール・モレル 出演:ジョン・トラボルタ/ジョナサン・リース=マイヤーズ/エリック・ゴードン/リチャード・ダーデン/カシア・スムトゥアニク 人生のひきがねを引け。 「96時間」の制作リュック・ベッ...
【映画】パリより愛をこめて…2010年の残務整理(11)トラボルティング更に微減 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
寒いです 心配していたような大雪は降りませんでしたが(それでも昨晩から今朝にかけてうちの前…いわゆる一部山沿いの地域…は地面が真っ白になっていましたけど)、悪天候が平日の明日に順延なんて事じゃないと良いなぁと思っています。九州の交通網は雪に激弱ですから...
【映画】パリより愛をこめて…2010年の残務整理(11)トラボルティング更に微減 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
寒いです 心配していたような大雪は降りませんでしたが(それでも昨晩から今朝にかけてうちの前…いわゆる一部山沿いの地域…は地面が真っ白になっていましたけど)、悪天候が平日の明日に順延なんて事じゃないと良いなぁと思っています。九州の交通網は雪に激弱ですから...
『パリより愛をこめて』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 パリより愛をこめて 』 (2010)  監  督 :ピエール・モレルキャスト :ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズ、エリック・ゴードン、 リチャード・ダーデン、カシア・スムトゥアニ...
映画評「パリより愛をこめて」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年フランス映画 監督ピエール・モレル ネタバレあり
パリより愛をこめて (Blossom)
パリより愛をこめて FROM PARIS WITH LOVE 監督 ピエール・モレル 出演 ジョン・トラヴォルタ ジョナサン・リス・マイヤーズ     カシア・スムートニアック リチャード・ダーデン フランス 2010