銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

お買いもの中毒な私!

2009-07-11 | 映画:シネコン

原題:Confessions of a Shopaholic

お買いもの中毒には縁のない、映画中毒の私が鑑賞しました。最終日滑り込み!!
女性の多くが憧れるファッションの世界をたっぷり見せてくれる映画ですね。私も一応女性ですが・・・・。あんまりこういう世界にはとんと縁もないし、興味もないので観る予定ではなかったのですが。ヒュー・ジャックマンが出ていると聞いていたのでそうれなら観なければ!と行ったら・・・。何とヒュー違いでした。あのヒュー・ダンシーじゃあないですか。地味キャラの彼が出ていたとはちょっとびっくりそういえば、この9月に仏蘭西でクレア・デインズと結婚するそうですが・・・。個人的にはクレアさん、あんまり好きじゃないんだよね

さて映画の事ですが、この作品も「プラダを着た悪魔」のようにファッションが見どころ。何でもファッションを手がけたのもそのプラダを着た悪魔と同じスーパー・スタイリストのパトリシア・フィールドさん。アメリカでもっとも傑出したファッション・デザイナーのひとりであると同時に、映画やTV業界から引く手あまたの存在だそうです。

 この方が衣装デザインのパトリシア・フィールドさん。

今回の主人公レべッカファッションのポイントは?
ショッピングに抑えがきかないレべッカは、服にバッグ、靴をたくさん持っている。それらがカラフルなワードロープになっているはず。何でも手にいれたいという彼女のショッピングへの情熱を、スタイリングで表現したそうだ。毎日買い物しているわけだから、同じコートを30着も購入しない。大量の服や小物があれば、彼女は好きなように何でも組み合わせできる。
ちなみにオープニングで着ていたパープルのジャケットとサテンのパンツ、ピンクのブ―ツは日本の109で購入したそうです。日本のファッションは世界中のどこよりもセレクションが豊富で、何でもありらしい。(凄いんですね日本って・・・・)

さてお話は・・・・。

レベッカ・ブルームウッド (アイラ・フィッシャー)、25歳、NYに暮らす彼女の夢は、一流ファッション誌の記者になることだ。けれど現実の生活は夢にほど遠く、ガーデニング雑誌の編集部で興味のない記事を片付ける毎日。そんな彼女のストレス解消法は・・・・何といっても、お買いもの当然ながら、クレジットカード会社から毎月、送られてくる請求額は半端ではなかった

   アイラ・フィッシャー、今年33歳だそうで。
その上子供がいるらしい。驚きですね年齢よりず〜と若く見えます。

あこがれのファッション誌「アレット」の欠員募集の面接に向かう今日も、大好きなショップのセールだけは素通り出来ない。そんな彼女は以前から目をつけていたグリーンのスカーフがお買い得と知った瞬間、彼女にマネキンがセールストーク。その誘惑にフラフラ「これは自分への投資」とレジへ直行お会計・・・・・のはずが、なんとカードが限度額をオーバー

それでもあきらめきれないレべッカはホットドッグの屋台で出会った男性から“入院中の大叔母へ贈るスカーフ”のために20ドルを寄付してもらい、まんまとスカーフをゲットする。(まさか30分もたたないうちにその男性と再会するとは、思いもよらずに・・・・)
彼の名はルーク・ブランドン(ヒュー・ダンシー)。募集を締め切った「アレット」の代わりに、レべッカが面接に出かけたマネー情報誌「サクセスフル・セイビング」の編集長だった。もともと金融の知識などゼロに等しく、「アレット」への踏み台のつもりで面接に臨んだので次々とボロを出してしまい、そそくさと退散するハメに・・・・。
その上追い打ちをかけることが!仕事場に戻ったらレベッカを待ち受けていたのは、ガーデニング雑誌休刊のニュースだったいきなり無職となった彼女の手元に残ったのは、カードの請求書とショッピングの戦利品の山だけだった。

親友スーズ(クリステン・リッター)の助言に従ったレべッカはテキーラの酔いも手伝って、大胆な売り込みレターを「アレット」の編集長宛てにしたためる。
そして「サクセスフル・セイビング」のルークには、借りた20ドルと毒舌を郵送・・・したはずが、実際には彼の手元に売り込みが届いていたやばい〜〜!


「アレックス」のオフィスに忍び込み、間違いを取りに入るレべッカ

レベッカにユニークな文章を気にいったルークは、彼女をテスト採用することに。やった「アレックス」への夢に一歩近づいたレべッカは、お買いもの中毒で借金まみれの彼女ならではの視点で原稿を執事。


“グリーン・スカーフの女の子”のペンネームで、「サクセスフル・セイビング」の人気コラムニストとなっていく。

そしてイケてるルークとのマイアミ出張も決まり、気分は最高だ


ルークとのダンス扇子を振り振りレべッカダンス

さて皆さん、彼女はこのまま上昇気流に乗り続けることができるのでしょうか
それとも

仕事は順調のようだったが・・・・。ローンの取り立て屋が彼女を追いかける
ルークには借金問題を告白出来ず取り立て屋を何とSUTOKAーにしてしまう
ルークは彼女の言葉を信用しちゃっている。


借金地獄のレベッカだが、仕事は益々上昇そんなレベッカのライバルアリシア・ビリントン(レスリー・ビブ)は面白くない「アックス」の編集長アレット・ネイラー(クリスティン・スコット・トーマス)にもレベッカが気に入られているからだ。

そしてはルークは良家のご子息ということが分かると、今度は彼にアリシアは接近し始めたのだ。


ルークとレベッカ、な雰囲気なんだけどね・・・・。

親友スーズの花嫁介添え人も引き受けていたレベッカだが・・・・・。この後彼女とも関係がまずくなることに

おまけに心惹かれていたルークとものような?


傷心のレベッカを癒してくれたのは両親だった。
父グレアム・ブルームウッド 役(ジョン・グッドマン)と母ジェーン・ブルームウッド( ジョーン・キューザック)持つべきものは親の愛

 

ショッピング中毒のヒロインが騒動を繰り広げるジェリー・ブラッカイマー製作のロマンティック・コメディ。ソフィー・キンセラによるベストセラーの小説シリーズ『レベッカのお買いもの日記』を映画化。カード限度額を超えるほどお買いものにハマり続ける主人公が、持ち前のポジティブ・キャラでピンチを切り抜けていくさまと、ふと訪れた恋の行方を描く。主演は「ウエディング・クラッシャーズ」「ハッカビーズ」のアイラ・フィッシャー。監督は「ベスト・フレンズ・ウェディング」のP・J・ホーガン(allcinemaより抜粋)


原作はソフィー・キンセラの『レベッカのお買いもの日記』。

中央の方がソフィー・キンセラさん。


いやいや意外に面白かったですね。最初はこういうファッション系の話題満載の作品ってどうも苦手なジャンルでしたが、単にファッション狂いの女の子のお話だと済まされないなあなんて。誰しも何かにハマり、そこから抜け出せなくなるってあるんじゃないかな?と・・・・。それがお買いものだったり、他の趣味だったり色々あるわけで。程よいところでブレーキがかけられるといいのでしょうが。そんな彼女の生き方を見て自分はどうだろう?と考えせられました。映画鑑賞にハマっている私にも言えるかも。ということで観ないと良いか?どうか分かりませんね。
さて貴方は何の中毒ですか?

追記:中毒状態になるくらいハマるのはいいけれど、こんなにふくれあがった借金地獄はいけませんね。絶対迷惑をかけては駄目です ! 

メディア 映画
上映時間 105分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2009/05/30
ジャンル コメディ/ロマンス

オフィシャル・サイト
http://www.shopaholicmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.movies.co.jp/okachu/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィッチマウンテンー地図から消... | TOP | サスぺリア・テルザー最後の魔女ー »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2009-07-12 01:24:17
結構ベタな内容でしたが私も中々楽しめまし
た。もっともヒロインのファッションには賛否
両論あるようですが、男の私からするとなかな
かその拘りは難しいです。(笑)
個人的にはスーズのほうが好みだったり…^^;
あらま! (sakurai)
2009-07-12 16:47:51
mezzotintさん、ちょっとおもしろかったですかあ。
あたしゃ、見てて腹立ってきましたよ。
あんまり浅はかな女で。
あれ自分の娘だったら、まずちゃんと払えるようになってから、買え!
借金は、ちゃんと返しなさい!!!!と怒りまくりながらひっぱたきそうです。
って、あたしも映画中毒だから、あんまりでかいこと言えないかな。
ヒューさま違いでしたか・・。
こっちのヒュー君もなかなかよかったですよね。それが救いのような映画でした・・・。
Unknown (mig)
2009-07-12 22:23:05
こんばんは★
コメTBありがとうございました

これ、Sex and the cityのカリスマスタイリスト、パトリシアフィールド
のスタイリングで
お買い物の話、加えて大好きな監督の作品だったので
公開前からめっちゃ楽しみだったんですよ〜
期待値高かったわりになんかパっとせずな主人公に
笑いのタイプも苦手でがっかりになっちゃいました、、、、
「幸せになるための24のドレス」といい、
どうもダメです
でも監督の次回作にはまた期待しちゃいます。
日本で調達! (AnneMarie)
2009-07-15 11:40:43
知らなかった〜、109で購入だったとわ。
しかも33歳で子持ち?
さっきまで「イマイチかわいくない」なんて思ってたのに、イッキに評価上がっちゃいました。
私、単純ですから。

最後、全額小銭で返済って意地悪だよね。
自分が使いまくったお金なんだから返済はトーゼンのことなのにー。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

38 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
お買いもの中毒な私! (LOVE Cinemas 調布)
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズやドラマ「CSI」シリーズのジェリー・ブラッカイマー製作。監督は『ベスト・フレンズ・ウェディング』のP・J・ホーガン。主演はアイラ・フィッシャーですが、むしろ私はライバルのスーズ役、透き通るような色白美人のクリス...
お買いもの中毒な私! (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋も仕事も頑張っています。でも…”お買いもの”だけはやめられない!!』  コチラの「お買いもの中毒な私!」は、ソフィー・キンセラの大人気シリーズ小説「レベッカのお買いもの日記」をハリウッド屈指のヒットメーカーのジェリー・ブラッカイマー製作で映画化...
お買いもの中毒な私! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
お買いもの中毒な私!は、買いもの中毒のレベッカが経済情報誌の会社に転職するという恋愛コメディ映画です。原作はソフィ・キンセラの「レベッカのお買いもの日記」ですが、カード返済で困窮している女性が金融アドバイスのコラムニストになったりします。
お買いもの中毒な私!/アイラ・フィッシャー (カノンな日々)
このダサいタイトルと日本ではあまりウケそうには思えない主演女優のアイラ・フィッシャー。予告編での主人公の印象もワタシ的にはまり良くなかったんだけど、このネガティブ感がかえってもしかしたら面白いのかもという期待感に大変換してしまったという不思議な動機で観...
お買いもの中毒な私!/Confessions of a Shopaholic (いい加減社長の映画日記)
やっと記事が追いついてきました^^; 土曜日のレイトショーで、純粋に笑えそうなコメディ「お買いもの中毒な私!」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな。 「お買いもの中毒な私!」は、中くらいのスクリーンで、3〜4割か。 【ストーリー】 レベッカ・ブ...
「お買いもの中毒な私!」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「お買いもの中毒な私!」公式サイトお買いもの中毒のレベッカが繰り広げる騒動と恋の行方。松坂屋での試写会でした・・試写会後買い物どうぞー、てコトらしい^^;プラダを着た悪魔とは逆で、ファッション誌記者が夢なのに経済誌の編集に採用さ...
『お買いもの中毒な私!』 ('09初鑑賞70・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (5段階評価で 3.5) 5月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
お買いもの中毒な私! (迷宮映画館)
ヒュー様、いいですねえ。3人のヒュー様だ。
『お買いもの中毒な私!』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「お買いもの中毒な私!」□監督 P・J・ホーガン □原作 ソフィー・キンセラ □脚本 トレイシー・ジャクソン、ティム・ファース、ケイラ・アルパート □キャスト アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、ジョーン・キューザック、ジョ...
お買いもの中毒な私! (ダイターンクラッシュ!!)
5月30日(土) 21:20〜 109シネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『お買いもの中毒な私!』公式サイト 駄目女のサクセス・ストーリー&ラブ・コメディという王道作品。 駄目な女が新しい仕事で成功を掴みかけ男も掴みかけるが、問...
お買いもの中毒な私!/ CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click この世界的大不況のおり、節約、倹約、貯蓄、、、 わかっちゃいるけどヤメられない{/atten/} 頑張った自分へのご褒美、自分への投資、自分への誕生日プレゼ...
*お買いもの中毒な私!* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                2009年  アメリカ 25歳のレベッカは、一流ファッション誌の記者になることを夢見る普通の女の子。しかし、現実は地味な園芸雑誌の編集者。レベッカは、毎日のストレスを大好きなお買いもので発散して...
お買いもの中毒な私! (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
この不景気なご時世に買い物が止められない話とは、さすがは娯楽派ブラッカイマー作品だ。だが買物依存症は立派な病気。少女時代の苦い体験でその原因を説明する導入部が上手い。買物が何より好きなレベッカはカード会社からの支払い催促と請求書の山から逃避する日々を送...
お買いもの中毒な私! (Peaceナ、ワタシ!)
- 幸せ「検索中」のあなたに贈ります。 - 『お買いもの中毒な私!』を観てきました。 やっぱり、というか予想通りに館内は女性オンリー・笑。 洋服、鞄、靴、アクセサリー…名立たるブランドがひしめき、色とりどりのファッションが画面を彩る様子は『プラダを着た悪...
お買いもの中毒な私 (◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜)
お買い物命な感じが面白そうで、予告編見て気になってた作品 映画館で観てきました あらすじ:25歳のレベッカは、一流ファッション誌の記者になることを夢見る普通の女の子。しかし、現実は地味な園芸雑誌の編...
お買いもの中毒な私! (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『プラダを着た悪魔』『SEX AND THE CITY』を担当した名スタイリスト、パトリシア・フィールドがセレクトしたという衣装目当てに鑑賞【story】一流ファッション誌の記者を目指す、NY在住のレベッカ(アイラ・フィッシャー)は、ショッピングに明け暮れる買い物中毒。カー...
お買いもの中毒な私! (そーれりぽーと)
とても他人事とは思えない『お買いもの中毒な私!』を観てきました。 ★★ ほんまに他人事とは思えない主人公の買い物衝動が止まらない性格に、無駄遣いが止まらない俺としては共感しまくり(恥)。 しばらく無駄遣い辞めておこうと心に決めたその足で、朝まで酒飲んで結...
「お買いもの中毒な私!」 そろそろボーナスですが (はらやんの映画徒然草)
最近、物欲があまりないんですよね。 そろそろボーナスの時期だったりもしますが、今
お買いもの中毒な私! (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
表向きは買い物中毒である女の子のロマンティック・コメディだけど、裏ではアメリカ経済の病的な債務超過を皮肉った経済危機を告発する映画になっている。特に主人公のレベッカが、手違いから経済専門誌のライター・グリーンスカーフと名乗った設定は、オバマ大統領が推進...
『お買いもの中毒な私!』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
今日は仕事帰りに、新宿ピカデリーで『お買いもの中毒な私!』を鑑賞。21:50〜のレイトショーにも関わらず、ほぼ満席。 さすがレディースデーで、女性集客に成功する作品は違うなーっていうくらい、圧倒的に女性の方が多かった。。。 ちょっと肩身が狭い。。。 *****...
映画 【お買いもの中毒な私!】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「お買いもの中毒な私!」 ソフィー・キンセラのベストセラー小説を、『ベスト・フレンズ・ウェディング』のP・J・ホーガン監督が映画化。 おはなし: 一流ファッション誌の記者を目指すNY在住の25歳レベッカ(アイラ・フィッシャー)はショッピングに明け暮...
[映画『お買いもの中毒な私! 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆非常に面白い作品だった。  仕事の前にMOVIX昭島で観た^^  仕事の後に、<立川シネマシティ>や<ワーナーマイカル・日の出>では『ターミネーター4』の超先行ロードショーが行なわれていたが、明日は早番で5時起きなので、断念した。  故に、このレビュ...
「お買いもの中毒な私!」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/アメリカ  監督/P.J.ホーガン  出演/アイラ・フィッシャー      ヒュー・ダンシー      クリスティン・スコット・トーマス  「レベッカのお買いもの日記」の映画化。製作はヒットメイカーのジェリー・ブラッカイマー。実を言うと、ブラッ...
『お買いもの中毒な私!』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
25歳のレベッカは、一流ファッション誌の記者になることを夢見る普通の女の子。しかし、現実は地味な園芸雑誌の編集者。レベッカは、毎日のストレスを大好きなお買いもので発散していた。そして、月末になると請求書の山と支払い催促の電話に悩まされるのだった。こんな自
「お買いもの中毒な私!」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Confessions of a Shopaholic」 2009 USA レベッカ・ブルームウッドにアイラ・フィッシャー。 ルーク・ブランドンに「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」「美しすぎる母/2007」「ジェイン・オースティンの読書会/2007」「いつか眠りにつく前に/2007」の...
お買いもの中毒な私! (とりあえず、コメントです)
ソフィー・キンセラの人気小説もとに映画化したファッショナブルなコメディです。 お買いもの中毒の女の子が頑張る楽しいサクセス・ストーリーでした(^^)
『お買もの中毒な私!』 (千の天使がバスケットボールする)
6月も半ばを過ぎると、なんとなく気持ちがそわそわしてくる。白状してしまうと、、、私の弱点は「SALE」の4文字。。。お気に入りのお店から早々に届いた前倒しのSALEのご案内のはがき。待ってました!とばかりに、残業対策を自主的に敢行して、明日はお目当ての戦利品ゲ...
09-168「お買いもの中毒な私!」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
カードが通った時の快感  地味な園芸雑誌の編集部で働くレベッカ・ブルームウッドは、華やかな一流ファッション誌の記者になることを夢見るニューヨーク在住の25歳。彼女も多くの女性と同じく“お買いもの”で日々のストレスを解消している。ただ、レベッカのお買いも...
お買いもの中毒な私!(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
「愛を読むひと 」で重〜い気分になっちゃったので、即、隣のスクリーンへ。 シネコンってステキ ということで「お買いもの中毒な私!」を観ました〜。 ( → 公式サイト  ) 出演:アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、ジョーン・キューザック...
お買いもの中毒な私! (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
レベッカ・ブルームウッド25歳。夢はファッション誌の編集者。憧れのNYライフを満喫している彼女の最大の悩みは・・・お買い物がとまらない! 物語:マンハッタンで暮らす主人公のレベッカ・ブルームウッド(アイラ・フィッシャー)は、一流ファッション誌のジャ...
「お買い物中毒な私!」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  この作品は、いろんな意味で楽しみにしていました。まずは、監督がP・J・ホーガンであること。初期の作品「ミュリエルの結婚」(1994)「ベストフレンズ・ウエディング」(1997)が大好きで、この作品も何となく似たようなテイストに見え...
「お買いもの中毒な私!」 (てんびんthe LIFE)
「お買いもの中毒な私!」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 夕方「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」を観に行く約束をしていたのでその前に1本わかりやすいものを!ということで選んだ作品。 ラブコメの王道です。 この主演の女の子についてあまり今までの印象もないの...
お買いもの中毒な私! (Memoirs_of_dai)
努力と好き 【Story】 一流ファッション誌の記者を目指す25歳のレベッカ(アイラ・フィッシャー)は、何かしら理由を見つけてはショッピン...
「お買いもの中毒な私!」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ヒュー・ダンシー、素敵でした^^両親も良かったなぁ♪
「お買いもの中毒な私!」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
偶然ですが、「プリンス・オブ・ペルシャ」に続いて、 ジェリー・ブラッカイマー製作ものをチョイスしてました。
お買いもの中毒な私! (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:お買いもの中毒な私! 制作:2009年・アメリカ 監督:P・J・ホーガン 出演:アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、ジョーン・キューザック、ジョン・グッドマン、ジョン・リスゴー あらすじ:一流ファッション誌の記者を目指す、ニューヨーク...
映画評「お買いもの中毒な私!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督P・J・ホーガン ネタバレあり
『お買いもの中毒な私!』 (『映画な日々』 cinema-days)
お買いもの中毒な私! カード依存症の記者が 畑違いのマネー誌を記事を書く事に... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:ソ...