銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

スノーホワイト(2012)***SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN

2012-06-23 | 映画:シネコン

 


“おとぎ話”は終わった。今、新たなる「白雪姫」伝説がはじまる!

好き度:=70点

母が退院したので一段落。ご心配下さった方、またコメントのお返しにお邪魔したいと思っております。誠にありがとうございます。

さて観たい作品は知らぬ間に終了していたり、、、、。6月は思っていたほど鑑賞出来ておらず(涙)

今回はレイトで「スノーホワイト」を鑑賞して来ました。本作はそんなに期待度高くなかったせいか、意外にも楽しく鑑賞出来ました。

何が凄いってやっぱりシャーリーズ・セロンの邪悪なラヴェンナ女王ですかね。なかなか絵になっていましたよ。美人だけど意地悪そうな感じですものね(笑)


目つきが本当に意地悪そうです。

 さて本作はあのグリム童話でお馴染の白雪姫なのですが。何とこの白雪姫、戦うヒロインの物語として大胆にアレンジして甦らせたファンタジー・アドベンチャーなんです。

主人公の白雪姫を演じたクリステン・スチュワート、勇ましかったし格好良かった。彼女の出演作を観るのはまったく初めてだったのですが。板についていましたね。22歳だそうですが、若いのに落ち着いた演技でびっくりです。

 


鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰?あの定番のセリフですね。


若い娘のエキスを頂かないと女王は急に老化現象を起こすというもんで常に女性たちを喰い物にしている。まさに化け物の女王です。

美しいシャーリーズのお顔がしわしわになるあたりがなかなか面白いです。CGで上手く映し出されていました。

 

 
間一髪のところハンターエリックに助けられ、闇の森で生き伸びるスノ―ホワイト。姿も美しければ心も美しい彼女はトロルの心にも優しさを与える。


森のすべての生き物にも安らぎを与えるスノ―ホワイト。

あらすじ(goo映画より)

スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送ることになる。一方、女王ラヴェンナは魔法の鏡にいつも問いかけていた。「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう言った。「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」その娘が自分の継娘スノーホワイトと知った女王は、彼女を殺そうとするが、闇の森へ逃げられてしまう。女王は森に詳しいハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)を雇い、刺客として解き放つ。だが、スノーホワイトは彼と手を組み、危険をかわしながら、たくましく生きる能力を身につけていくのだった。女王はその後も、あの手この手でスノーホワイトを追跡、罪のない命と自然を破壊していく。すべては自分のせいと心を痛め、たとえ地の果てまで逃げても女王の魔の手から逃れられないと悟ったスノーホワイトは、抵抗軍を組織し、女王を倒すべく進軍を開始する……。

  
甲冑スタイルも勇ましい

  
姫をサポートするエリックにはソーでお馴染のクリス・ヘムズワース。


白雪姫といえばやはり7人の小人。

顔ぶれは、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィンストン、ニック・フロスト、トビー・ジョーンズと超豪華でした。

 
ウィリアム王子にはサム・クラフリン この人何処かで観たと思ったらパイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉でフィリップ役に抜擢された方でした。

  
何といってもシャーリーズの邪悪な女王の豪華な衣装もこの作品の見どころかも。

重厚な感じで結構見ごたえありましたが、ラストはあっけなく終了するのでちょっと拍子抜けするところもあり。

解説(goo映画より)

グリム童話「白雪姫」をモチーフに、悪に立ち向かい、タフに進化していくヒロインの姿を描くアクション・アドベンチャー。監督は、CM界で華やかなキャリアを築き上げ、本作が長編デビューとなるルパート・サンダース。出演は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、「ヤング≒アダルト」のシャーリーズ・セロン、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース。

メディア 映画
上映時間 127分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2012/06/15
ジャンル アクション/アドベンチャー/ファンタジー
映倫 G

オフィシャル・サイト
http://snowwhiteandthehuntsman.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://snowwhite-movie.jp/
 
 
 
 
 
 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オレンジと太陽(2010)*OR... | TOP | 少しお休みします。 »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ました (きさ)
2012-06-24 07:49:50
ビジュアル的にはなかなか良いのですが、ストーリーと演出はいまいちかな。
シャーリーズ・セロンの悪役は強烈ですが、ヒロイン役のクリステン・スチュワートもちょっと弱いです。
そのあたりも演出でもっとカバーするべきだったかと。
アクションとかVFXはなかなか良く出来ているのでかなりもったいない感じでした。
きささん☆★ (mezzotint)
2012-07-17 19:51:51
今晩は☆彡
お久しぶりです。
一杯コメントやらTB頂いたもんで、、、。
なかなかお返し出来ずすみません(汗)

私はかなり期待度低めで観たのでまあまあ
楽しめましたが。まあこんなものかななんて。
話の展開は大体分かっているので
ちょっと変えても良かったような気もしましたが。
こんばんは。 (ヒロ之)
2012-10-20 02:00:31
私も割りと楽しんで見れました。
映像が綺麗だったです。
勿論セロンさんもですけども。
ストーリーも良かったと思います。
「白雪姫」の大事な部分はきちんと映像に反映されていたので、こういった解釈の作品もアリかなって思いました。
ヒロ之さん☆★ (mezzotint)
2012-11-01 20:52:22
今晩は☆彡
かなり遅れてのコメントでごめんなさい!
ヒロ之さんも楽しめたんですね。
期待度低めで鑑賞したもので意外に楽しめました。
ただ白雪姫役のクリスティンはあまり好みでは
なかったかな。セロンの女王はなかなか迫力あって
良かったです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

20 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
スノーホワイト (Akira's VOICE)
中途半端が点在していて立ち上がる心が整わない。  
『スノーホワイト』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。 ヒロインのス...
スノーホワイト/Snow White and the Huntsman (LOVE Cinemas 調布)
有名なグリム童話の「白雪姫」をアレンジし、白雪姫vs女王の戦いの物語として映画化。主人公スノーホワイトを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、女王には『ヤング≒アダルト』のシャーリーズ・セロンが演じている。スノーホワイトを助けるエリック...
スノー・ホワイト (風に吹かれて)
甲冑を着た白雪姫公式サイト http://snowwhite-movie.jp雪のように白い肌、血のように赤い唇、漆黒の髪を持つ王女、スノーホワイト(クリステン・スチュワート)。母の死後、ラヴェンナ(
スノーホワイト (だらだら無気力ブログ!)
まさかの「もののけ姫」。
「スノーホワイト」 (或る日の出来事)
白雪姫のクリステンさんの映画というよりは、継母のシャーリーズ姉御の映画ですね。
映画「スノーホワイト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「スノーホワイト」観に行ってきました。グリム童話の名作「白雪姫」をベースにしつつ、中世騎士道物語的な冒険ファンタジーとアクション要素を取り入れ大幅にアレンジされたア...
美しさは権力なのか 『スノーホワイト』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンアメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点
スノーホワイト 自然に逆らうものと、自然と共生するものの闘い (労組書記長社労士のブログ)
【=27 -2-】 今年の父の日は何事もなく終わった・・・( ̄ω ̄;)エートォ... 白雪姫ってディズニーのアニメとその絵本でしか知らないが、もともとグリム童話なんだから、ディズニーでのお話しと違ってかなり残酷なお話しなんだろうとは思っていた、だからこの映画は、そ...
「スノーホワイト」 スノーホワイトが象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
みなさんご存知グリム童話の「白雪姫」、こちらを新解釈で映画化したのが本作品です。
映画『スノーホワイト』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:ルパート・サンダース◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)◆クリステン・スチ...
スノーホワイト (銀幕大帝α)
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/12年/米/127分/ファンタジー・アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/06/15) -監督- ルパート・サンダーズ -出演- *クリステン・スチュワート『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』・・・スノーホワ...
スノーホワイト (いやいやえん)
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力ってものがあるでしょうよ。そんでもってシャーリーズの存...
スノーホワイト (Snow White and the Huntsman) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・サンダーズ 主演 クリステン・スチュワート 2012年 アメリカ映画 132分 アドベンチャー 採点★★ 知り合いに、私が他の女性と楽しげに会話していたり他の女性の話題を話したりすると、途端に不機嫌になる女性が。「あらヤダ!惚れられてんじゃない...
スノーホワイト (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
スノーホワイト '12:米 ◆原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN ◆監督:ルパート・サンダース ◆出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン ◆STORY◆とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のよ...
スノーホワイト (こんな映画見ました~)
『スノーホワイト』---SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN---2012年(アメリカ)監督:ルパート・サンダーズ 出演:クリステン・スチュワート 、シャーリーズ・セロン 、クリス・ヘムズワース 、サム・クラフリン 有名なグリム童話“白雪姫”を...
『スノーホワイト』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:127分  原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN  配給:ジェネオン・エンターテイメント  監督:ルパート・サンダーズ  主演:クリステン・スチュワート  ...
『スノーホワイト』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:127分  原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN  配給:ジェネオン・エンターテイメント  監督:ルパート・サンダーズ  主演:クリステン・スチュワート  ...
映画評「スノーホワイト」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ルパート・サンダーズ ネタバレあり
【映画】スノーホワイト…私と魔法の鏡の見解は違う (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況から。 夜勤明けでスタートしたゴールデンウィーク後半。 2014年5月3日(土曜日・憲法記念日)は夕方まで寝て過ごし、夕方からお酒でも飲みに行こうかと小倉まで。嫁と娘との三人で、「アイリッシュパブブーティーズ」で食事(ここのところこの店には月イチペー...