銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

インランド・エンパイア((+_+))ディヴィッド・リンチ

2007-09-02 | 映画:ミニシアター

  

わたしも、世界も、乱れていく。

 

9月になりました。暑さも一段落でしょうか?涼しくなりましたね。今月も色々な作品が公開されますね。書けていない8月の鑑賞作品があるので、引き続き書いていきたいと思います。

 

8月17日、京都シネマにて鑑賞。何と上映時間が3時間という超長い作品デヴィット・リンチ監督の「インランド・エンパイア」。正直なところ、かなり難しいです。ワケが分からなくなります映像や音楽を楽しむほうがいいのかな。かなり前衛的な要素の濃い映画だと思います。

 

彼の作品はいくつか鑑賞しています。「エレファント・マン」、「ツインピークス」、「ワイルド・アット・ハート」、「デューン/砂の惑星」等・・・・。気づいたら、わあ〜結構観てるなと・・・・。この中で好きなのは「ワイルド・アット・ハート」かな。これにも、ローラ・ダーンが出ていた。魅力的なローラ・ダーンだったのが印象的

 

 

「ツイン・ピークス〜ローラ・パーマーの最期の7日間」

 

デヴィット・リンチが監督・脚本・出演した人気テレビドラマの映画化。90年4月から91年の4月まで放映された。ゴールデン・グローブ賞を受賞した。しかし映画はいまひとつだったらしい。話題性のある映画だということで、鑑賞した。

 

ということで、横道にそれてしまいましたが。本題へ・・・・。

 

INTRODUCTION

 

ハリウッド⇔ポーランド、現実⇔映画、そして、ウサギ人間たち。

5つの世界が交差する。

 

 

何でも、リンチ・イヤーだとか・・・・。そういえば京都みなみ会館では、9月15日(土)に“朝までリンチnight”というインベント上映会が開催されるそうです。

23:15 マルホランド・ドライブ

02:00 ロスト・ハイウェイ

04:35 エレファント・マン   という予定で上映されます。

 

そんなリンチ・イヤーに放つ、蟲惑的な難解さに満ちた21世紀型映画。(本当に難解

「マルホランド・ドライブ」は未見だが、あらゆる映画的拘束から解放された妖艶なラブストーリーといわれている。2001年に公開されて、あれから5年待望のデヴィット・リンチ監督の最新作がこの「インランド・エンパイア」(06)。リンチ・ワールドの集大成にして、前人未到の境地に達したネクストレベルの映画(なるほどう〜ん

77年の長編第1作 「イレイザー・ヘッド」から30年。アメリカでは全世界を熱狂させたTVドラマ「ツイン・ピークス」のDVDも発売!日本でもDVDのレンタルも秋には開始されるそうだ。またパリのカルティエ現代美術財団では「THE AIR IS ON FIRE」と題された新作を含む現代美術家リンチの一大回顧展が3月3日から5月27日まで開催された。会場は大いに賑わい、閉幕されたようだ。まさに今年は「リンチ・イヤー」と言っても過言ではない。

 

リンチの「内なる帝国」で進んで迷子になる者が続出

 

ハリウッド女優ニッキー・グレース(ローラ・ダーン)は未完のポーランド映画「47」のリメイク「暗い明日の空の上で」の主演で最起を狙うも、映画の展開とリンクするように、私生活でも相手役デヴォン・バーク(ジャスティン・セロー)と不倫をし、現実と映画の区別がつかなくなり、そして・・・・・。

 

「インランド・エンパイア」とは?南カルフォルニア州の地域名で、つまりハリウッドから見下ろす山道のことだそうだ。2001年の「マルホランド・ドライブ」とハリウッド・バビロンを再び描いたという意味でも、対となる作品のようだ。

 

女優ニッキーの世界、映画内映画「暗い明日の空の上で」のハリウッド、ロストガールの世界、映画内映画「47」のポーランドサイド、そして謎のウサギ人間たち。

5つの世界が3時間にわたって複雑に交差(@_@;)2つの世界がブルーボックスを支点にねじれた前作を凌ぐ、蟲惑的な難解さに満ちている。だけどリンチは本作を「A WOMAN IN TROBLE」としか語らない海外ではリンチが仕掛けた罠を必死で解こうとする人もあれば、あえて理解せず、スクリーンで浮遊しようとする人も・・・・・。またまたリンチの「内なる帝国」をもう一度というリピーターも多いようだ。そんな熱狂ぶりの人がサイトに訪れているらしい。

 

 

豪華キャスト・・・・・ローラ・ダーン(主役兼プロデューサー)

           ジェレミー・アイアンズ(映画監督役)

           ジャスティン・セロー(相手役)

           ナオミ・ワッツ(ウサギのスージー役)

           裕木奈江(ホームレス役)

           ハリー・ディーン・スタントン(フレディ役・助監督)

           カロリーナ・グルシュツカ(ロスト・ガール役)

最後に何とリンチは本作をすべて、ソニーのDVカムで撮影しているからです。

 

 

インランド・エンパイア 公式サイト

 

全ては、鑑賞する人がこの作品をどのように受けとめるか?だろう。最後まで謎を解く事が出来ない私だったし、さて楽しめたかどうかも、分からない。難解で複雑なリンチの世界を最後まで理解する頭はなかったと・・・・。しかし3時間は長いよね。疲れました裕木奈江さん、ちょい役かと思ったら、アップシーンで長々と話していました。リンチ監督に起用されて、凄いです

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロヴァンスの贈りもの☆ラッセ... | TOP | 消えた天使(T_T)THE FLOCK »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2007-09-03 09:37:07
いつもTBをありがとうございます。
京都の記事のとき以来ですが、、、
お元気ですか?

リンチ映画、わたしは毎回ハマってしまいます
今回も例外ではなくて3時間も見事に世界に入り込んでしまいました☆
リンチ映画は理解するかではなくて楽しめるかが重要ですね
TBありがとうございます。 (masala)
2007-09-03 12:03:15
こんにちは。
3時間集中して最後に行き着いたのが裕木奈江かよ!
それにしても「硫黄島からの手紙」のイーストウッドに続いてリンチ作品に出演とは凄い快挙です。
いや〜 (apple-ogojo)
2007-09-03 21:48:00
こんばんわ。
長く難解な映画の内容をよくまとめてらっしゃる…
頭が上がりません。
私も気になる映画は、沢山あるのですが、何しろ、車で約1時間かけて映画館まで行かなきゃならないので…
今の私には、気力と根性が足りず…
だから、やっぱりここが、私の映画館になってしまいます。
裕木奈江さん。 (BC)
2007-09-04 23:43:08
mezzotintさん、こんばんは☆
トラックバックありがとうです。(*^-^*

難解な内容だったけど、不思議なインパクトのある作品でした。
裕木奈江さんは後半の数分だけの出演だったけど、健気な存在感ありましたね。(^-^)
こんばんは! (hyoutan2005)
2007-09-25 00:04:06
難しかった!!
DVDが出たらもう一度見て考えて見たい作品です。
ちなみに秋に出る「ツイン・ピークス」のBOXを予約してしまった私であります(汗

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

38 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ナオミ・ワッツが着ぐるみ? デイヴィッド・リンチ 『ラビッツ』 “Rabbits” (海から始まる!?)
 “Rabbits”は、“Dumbland”と同じくデイヴィッド・リンチが2002年にネットで発表していた短編で、こちらも8編に分かれていますが、こちらは一つながりになったものを8つに分割しているようです。
感想/インランド・エンパイア(試写) (APRIL FOOLS)
迷宮入り必至の180分! 『インランド・エンパイア』7月21日公開。女優のニッキーは新作映画『暗い明日の空の上で』への出演が決まる。その映画は、かつて主演俳優が殺され未完のままであったポーランド映画『47』のリメイクだった。2つの国、現実と映画、そして謎の世界...
「インランド・エンパイア」デヴィッド・リンチ(二度目) (Mani_Mani)
「インランド・エンパイア」二度目、行って来ました。 これはですね、二度目の方が初回よりずっと楽しめました。 謎がわかる、とか、筋が見える、という楽しみとはまったく別物です。 浸りこめるものに一層浸りこんでいく、そういう楽しみです。 リピータープレゼントで...
インランド・エンパイア (It's a Wonderful Life)
デビッド・リンチの劇場映画としては、 傑作「マルホランド・ドライブ」から6年ぶりの新作。 あの訳わからん感じがさらに強力になってるといえば 想像つくでしょうか・・・。 始まったらすぐに不思議なな迷宮に連れていかれて、 3時間出して貰えません。その3...
インランド・エンパイア / INLAND EMPIRE (我想一個人映画美的女人blog)
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} デヴィッド・リンチの映画の魅力のひとつは不可解さ。不思議...
インランド・エンパイア (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
例えば左の写真⇒は主演のローラ・ダーンが室内に佇むシーンで、黄金色のカーテンで外光を遮っているだが、一見、暗鬱な曇り空の下の荒涼とした原野に佇んでいるようにも見える。内と外が反転してエッシャーの騙し絵のようだ。こういうシーンが結構ある。さすが製作期間が...
映画「インランド・エンパイア」を鑑賞しました。 (e-mono select)
   映画の話  ハリウッド女優ニッキー・グレース(ローラ・ダーン)は未完のポーランド映画『47』のリメイク『暗い明日の空の上で』の主演で再起を狙うも、映画の展開とリンクするように、私生活でも相手役デヴォン・バーク(ジャスティン・セロー)と不倫をし、現実...
映画「インランド・エンパイア」を試写室にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 5月初旬、紀尾井町の角川試写室にて「インランド・エンパイア」を鑑賞した。 この作品はデイヴィッド・リンチの最新作と言う事で、試写室にはリンチがプロデュースしたコーヒーが用意されているのだが、3時間の長尺作品の前にコーヒーを飲むのは何だが話の種に一口だ...
インランド・エンパイア 50点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
『冒険ロックバット』のミミーちゃんは目が怖い 公式サイト 今や天才を通り越して遥か遠い世界へ行ってしまった感の強い異才、デヴィッド・リンチの最新作。 主観と客観、別の主観、劇中劇に空想、妄想、と、様々な世界が入り乱れて進んでいく本作の内容は、女優を...
インランド・エンパイア・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
デビット・リンチの悪夢的迷宮。 「インランド・エンパイア」は、女優志望のヒロインが迷い込んだハリウッドという幻想を描いた傑作「マルホランド・ドライブ」と対を成す様な作品だ。 リンチによって作品として提示され、無
『インランド・エンパイア(INLAND EMPIRE)』 (chaos(カオス))
『インランド・エンパイア(INLAND EMPIRE)』 デイヴィッド・リンチ監督ならではの、悪夢系。そして暗闇系。 妖しくて不気味でエロくてバイオレンスでちょっと切ない。(毎度のことながら) おなじみランプシェードとか電話の音とかの演出も。 ハリウッドで女優....
『インランド・エンパイア』 (ラムの大通り)
(原題:INLAND EMPIRE) 「うう〜む。この映画は何から喋ったらいいのやら。 デイヴィッド・リンチ、もうやりたい放題。 あんたには負けました。 好きにしてちょ〜だいって感じ」 ----結局、えいの手には負えなかったってわけだ(笑)。 「そう見られても仕方ないね。 こ...
#108.インランド・エンパイア (レザボアCATs)
キましたねぇ、リンチワールド!かなり今回、キテます。まさにド真ん中な感じ。現実なのか、悪夢なのか・・・。一言で言えば、リンチの大好きな悪夢の世界。濃度の濃いリンチファンにも、ずっしり来ること間違いナシな作品だ。
「インランド・エンパイア」 カリスマ熟女ローラ (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
一応自分ではリンチ・フリークのつもりやったんですが、早々にストーリーについていけなくなったんで、ローラ・ダーンの熟女っぷりを眺めてました。 いかにもええとこに嫁いだ感じで、子供なし、お手伝いさん付きの高級マダムは、持て余した時間をヘアースタイルや化粧の...
インランド・エンパイア (シネ・ガラリーナ)
2006年/アメリカ 監督/デヴィッド・リンチ <京都シネマにて鑑賞> 「抜け出せぬ迷宮」 リンチと言えば「倒錯」の世界なんだけども、今回は100%「迷宮」。見終わった瞬間は、何が何だかさっぱりわからない。1週間ほど前に見に行って、なんとか思考をまとめよう...
”インランド・エンパイア” (映画趣味)
”インランド・エンパイア”を観た。 訳が分からんかった。 3時間。最初の内はまだ普通だが、段々と5つの世界が交差してくる。今は訳分からずとも観ていくうちにきっと繋がってくるんだと思って観てたがいつまでたっても??? もうこれは世界観を楽しむだけの映画。...
インランド・エンパイア (映画通の部屋)
「インランド・エンパイア」 INLAND EMPIRE/製作:2006年、アメリ
カルティエラブリング (カルティエラブリング)
カルティエラブリングにはいくつか限定モデルがあります
「ロスト・ハイウェイ」 (どや!みてみぃ〜。)
1997年(アメリカ)原題「LOST HIGHWAY」135分 ★★★★★←独断と偏見による とは言ってもボン・ジョヴィのアルバムではありません(笑)。 デビッド・リンチの作品です。文句なしに満点評価。 「インランド・エンパイア」公開記念ということで許して下さい。 しかし「...
「インランド・エンパイア」 (或る日の出来事)
理解不能。 リンチ監督の劇場用映画の前作「マルホランド・ドライブ」(2001年)では、かなりの部分で、話は分かったのに、今回は、よく分かりません! 監督自身も、撮っている間は、どんな映画か分からないといっ
インランド・エンパイア:他人の見た夢を、延々3時間・・・ (犬儒学派的牧歌)
★監督:デヴィッド・リンチ(2006年 アメリカ・ポーランド・フランス作品) 京都シネマにて。 ★あ...
「インランド・エンパイア」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「インランド・エンパイア」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ローラ・ダーン、ジェレミー・アイアンズ、ジャスティン・セロー、ハリー・ディーン・スタントン、カロリーナ・グルシカ、他 *監督:デイヴィッド・リンチ 感想・評価・批評 ...
『インランド・エンパイア』... ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2006年:アメリカ映画、デイビット・リンチ監督最新作、ローラ・ダーン主演、裕木奈江もちょこっと出演しています。
『インランド・エンパイア』 (映像と音は言葉にできないけれど)
前作『マルホランド・ドライブ』に引き続きハリウッドを皮肉っぽく扱ったタイトルですけど、これは5年ぶりのデヴィッド・リンチの新作。
インランド・エンパイア (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  歪み乱れ墜ちゆくパラノイア  
★「インランド・エンパイア」 (ひらりん的映画ブログ)
観ようか観まいか、悩んでた作品。 あの、「マルホランド・ドライブ」のデビット・リンチ監督だし・・・ 3時間超の長編だし・・・ でも、何故か裕木奈江出てるみたいだし・・・一応観ておく事に。
インランド・エンパイア\"Inland Empire\" (映画と読書の感想ブログ)
悪夢を見ると、おそらく余りの恐怖に心からの叫び声を上げ、そのことで目が覚めることが多いと思います。 何者かに追われ、襲われ、得体の知れない恐怖に動揺して目が覚める。悪夢は目が覚めることで救われるのですが、その悪夢が覚めなかったら・・・それを敢えて映像に...
真・映画日記『インランド・エンパイア』 (          )
7月22日(日)◆509日目◆ デイヴィッド・リンチ最新作『インランド・エンパイア』を見てきた。 午後3時の回である。 『ロスト・ハイウェイ』や『マルホランド・ドライブ』と比べるとシンプルだ。 テーマは「虚構の世界」。 テレビや映画の中の世界、妄想・願望...
インランド・エンパイア を観ました。 (My Favorite Things)
鬼才デビット・リンチは私の好きな監督のひとりです…。 でも?相変わらずワケわかんないのですが、今回は見事にやられました。
スター・メイクス・ドリーム、ドリーム・メイクス・スター (CINECHANの映画感想)
231「インランド・エンパイア」(アメリカ)  ハリウッド女優ニッキー・グレイスは、夫で街の有力者ビオトルケ・クロールと豪邸に暮らしている。ある日訪問者から不気味な予言を聞かされる。  そのニッキーは女優としての再起をかけ、キングスリー・スチュワート監...
観たゾ! インランド・エンパイア Inland Empire =リンチ新作。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
期待をこめて昨日公開日の朝にアップした Inland Empire について(2007-07-21今日から公開。デビッドリンチの新作 インランド・エンパイア)のあと、ちょうど外出の用事もあったこともあり、さっさと観てしまえということで恵比寿ガーデンプレイスに行ってまいりました。...
難解!降参!〜インランド・エンパイア (ひょうたんからこまッ!)
『インランド・エンパイア』INLAND EMPIRE (2006年・アメリカ・ポーランド・フランス/180分)公式サイト2007年度全米批評家協会賞 実験的映画賞受賞うさぎ人間の不思議。その映像を見守る女性の瞳に浮かぶ涙。繰り返し流れるそのシーンが意味するところを誰...
インランド・エンパイア (辛口だけれど映画が好きです)
インランド・エンパイアInland Empire(2006年/米・仏・ポーランド/デイヴィッド・リンチ監督/公式サイト)女優ニッキーは、ある役を手に入れる。ところが撮影間近になって、その映画は実はある映画のリメイク...
リンチ新作、インランド・エンパイア2枚組DVD!! これはこれで、かなり楽しめた! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
当ブログの記事、観たゾ! インランド・エンパイア Inland Empire =リンチ新作(2007-07-22) 以降、この3時間の悪夢に改めて向き合うか、迷っていたのですが... <Q: また映画館に行くか? <A: 即答はできない。もう少し時間を置いて考える。 <一方、米国で間もなく...
映画 【インランド・エンパイア】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インランド・エンパイア」 鬼才DAVID LYNCH監督最新作。ベネチア映画祭で栄誉金獅子賞を受賞。 おはなし:ニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は、映画監督キングスリー(ジェレミー・アイアンズ)の手がける映画に出演する事に...
『インランド・エンパイア』'06・米・ポーランド・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は映画監督のキングスリー(ジェレミー・アイアンズ)が手掛ける映画に出演することになる。その作品は、ある秘密を抱えており、主演女優のニッキーは役にのめりこむにつれ、次第に役柄と私生活を混...
【映画】インランド・エンパイア…モニター調整は是非実行をオススメ(DVD鑑賞限定) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今週は記憶が週頭の記憶が残らない{/hiyob_hat/}ぐらい働きました{/face_hekomu/}{/down/} 今週の頭に何か映画観た記憶があるんだけど…なんだっけかなぁ{/eq_1/}(※借りてきてるレンタルビデオ確認したら「バタフライ・エフェクト2」でした{/face_ase2/}…鑑賞のご報告...
インランド・エンパイア (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
    = 『インランド・エンパイア』  (2006) = 街の実力者である夫とともに、とある豪邸に暮らす女優ニッキー(ローラ・ダーン)。 彼女は、新作映画の主演に抜擢され、再起を狙うことに。 しかし、不倫を描いたその作品「暗い明日の空の上で」は、曰く付...