銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ブーリン家の姉妹★☆THE OTHER BOLEYN GIRL

2008-11-06 | 映画:シネコン

 これは、エリザベス一世の母の物語です。

10月29日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディースディなので、1000円です。そんなこともあってか?どうか?は分かりませんが。満席に近い状態でした。しかも8割強が女性で、年齢層も高い。

豪華キャストです。姉妹を演じる超豪華女優はナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンです。夢の共演!だそうです。そしてこの二人の姉妹の心を翻弄させる、ヘンリー8世役には、エリック・バナ です。これだけでも、女性客が多いはずですよね!

後にイングランドの女王となる、エリザベス一世の母、アン・ブーリン(ナタリー・ポートマン) 、強い野望を持った女性だったようです。その妹メアリー(スカーレット・ヨハンソン) は姉のアンとは違い、心優しい女性だったらしいです。ブーリン家の当主であり、娘たちの父親、トマス・ブーリンはそんな彼女たちを一族のため、経済的かつ社会的繁栄をもたらすための大切な道具としていた。何か凄い話ですよね。子どもを使い、出世しようとするなんて。

STORY

時は16世紀、王族間においては政略結婚が常識だった時代。アンとメアリー、そしてジョージの父親トマス・ブーリン卿(マーク・ライランス)にとっても、娘たちは一族の繁栄や富を得るための大事な道具であった。姉のアンには貴族との結婚を画策し、裕福な商人ケアリー家には、妹のメアリーを差し出す。ケアリー家の息子ウィリアムは、「爵位を持つ夫が良かったのでは?」と尋ねるも「地位もお金にも興味ない。ただ私を愛してくれる夫がいればいい」とメアリーは答える。2人の結婚は幸福に包まれているかのように見えた・・・・。

時の支配者、イングランドの国王ヘンリー8世の王妃はスペインから嫁いだキャサリン・オブ・アラゴン(アナ・トレント)。(メアリー一世の母)兄アーサーの元へ嫁いだが、彼が急死したため、弟ヘンリー8世と結婚することになる。しかし流産、死産を繰り返す6歳上の妃の間に生まれたのは王女メアリーただ1人。。“この結婚は呪われている”と思いつめるヘンリーは王妃との男子の世継ぎを諦めかけていた。

仲の良い姉妹が愛したのは“一人の男”愛は分けられない。

そんな状況を知っているノーフォーク卿(デヴィッド・モリッシー )(アンとメアリーの母 レディ・エリザベス(クリスティン・スコット・トーマス) の弟)は、王の男子の世継ぎを生むための愛人候補を探していた。もし男子が生まれれば、一族にとって莫大な富と権力を得るチャンス。ノーフォーク卿とブーリン卿は、美しく才気溢れる自慢の娘アンを差し出す事に。最初は戸惑うアンだったが、王に気に入られば、しい未来が待っている、という父の説得に従うことにする。

姉妹の伯父、ノーフォーク卿とメアリーの夫ウィリアム(ベネディクト・カンバーバッチ

王ヘンリーが鹿狩りのために、ブーリン邸に滞在することが決定した。期間は2日。その美貌と知性で、ヘンリーを魅了すべく振舞うアン。ヘンリーはその知性と美しさに興味を抱くものの、女としての魅力は乏しいと感じる。

事態は大きく変わる!鹿狩りにヘンリーとアンは行くのだが、途中迷子?になったアン探しの際、ヘンリーは落馬。そのことがきっかけで、アンの思惑と違う方向へ・・・・・。

何とヘンリーが惹かれたのは妹メアリーだった。落馬したヘンリーを介抱したメアリー。その気立てのよさと愛らしい新婚のメアリーに、彼は惹かれてしまう。

そしてヘンリーは、ブーリン家の両親、2人の姉妹、弟のジョージ、ノーフォーク公爵を含めて宮中に召喚し、メアリーは愛人にしたいと申し出る。複雑なのは夫のウィリアムだ。しかし王の申し出を断ることは出来ない。先行きの不安を感じながら、従順に受け入れるしかない。

素朴な田舎娘メアリーは宮中の生活には何の興味も抱いてなかった。一方、ヘンリーに拒絶されたアンは妹に対して表面的には平静を装っていながらも、心の内では激しい嫉妬を湧きあがらせていた。

幸せを自らの手で掴もうと決意したアンは、かねてから想いを寄せていたイングランドで最も裕福な領主ノーサンバランド公爵の跡取りヘンリー・パーシー(オリヴァー・コールマン)と秘密裏に結婚する。しかし当時は貴族間の結婚は王に決定権があり、勝手な結婚は許されない。心配したメアリーは家族に事実を話す。両親はアンのスキャンダルが露見する前にフランスに送る。

もともと宮中生活に乗り気でなかったメアリーだが、ヘンリーの優しさと気遣いに触れ、次第に深い愛情を感じ始める。

   

そしてまもなくヘンリーの子どもを身ごもる。父親はロチフォード伯爵に、弟のジョージは子爵に取り立てられた。ジョージは名門の子女ジェーン・パーカー(ジュノー・テンプル)との結婚が決まり、一族の繁栄は留まる所を知らないかに見えた。

しかしメアリーの体調の悪化から、ベッドで過ごすことが多くなり、ヘンリーは次第に彼女への興味を失っていく。そのことは、キャサリン王妃や他家の娘から痛烈な攻撃となり・・・・。危機感を感じたブーリン卿は王を繋ぎとめるためにアンを呼び戻す。これはまさにアンにとって待ち焦がれた絶好の機会だった王を奪われ、ヘンリー・パーシーとの結婚も失い、国を追われたアンにとって妹メアリーの行為は許せない裏切りであり、復讐のときを虎視眈々と待ち望んでいたのだ

フランスから戻ったアンはその洗練された身のこなしと美しさで宮中を魅了するとりわけ、彼女に夢中になったのはヘンリー王、その人だった「妹のお腹には陛下の子が・・・・。妹は裏切れない」と毅然と拒絶するアンにますます想いを募らせるヘンリー王。

メアリーは無事に男の子を出産しかし愛人の子は男の子であれ庶子にかわりはない。このとき、アンは自分が息子を生むなら私生児にはしない!と心密かに誓う。愛人でなく、王妃となるための計画を着々と遂行する。

まずメアリーと息子を、田舎の夫の元へ送る。そして20年続いたキャサリンとの結婚生活を解消するように、王に強く迫る。ヘンリーは躊躇する何故ならローマ・カトリック教会では許されておらず・・・・。離婚はヨーロッパ社会では孤立を意味するのである

アンとヘンリーの関係を良く思わない陣営の中にかっての恋人ヘンリー・パーシーの妻メアリー・タルボットがいた。過去の極秘結婚が明るみになると、アンの計画は失敗になる恐れがある。アンが唯一信頼できる人物は妹メアリーにほかならない。アンと和解を願うメアリーは、“アンを信頼すべき”とヘンリーを説得。1533年、ヘンリーの子を身ごもったアンと結婚する。アンの勝利だった。アンは遂にイングランドの王妃の座に上りつめたのである。

しかしこの結婚は宮廷のスキャンダルとなり、更にイギリス教会の設立は、ヨーロッパを敵に回す事となった。この屈辱と危機をはらすためには、アンが世継ぎを生めば逃れることができると信じていたが・・・・アンが最初に生んだのは女の子、さらに2人目を流産すると、王の忍耐も限界に達し、アンは不貞と近○相○の反逆罪に問われ、死刑を宣告されてしまう。無慈悲な宮廷で、アンの無実を信じるのはメアリーただ一人・・・・。そしてメアリーは自らの危険も顧みず、アンの命乞いをするために王の元へ果たしてメアリーは姉アンを救えるのか?

アンの弟ジョージ(ジム・スタージェス) は、アンと通じたという罪で処刑されてしまう。

男の世継ぎはいないというヘンリー8世の不安は現実となった。1533年9月7日、アンが生んだ女の子・・・・・・後のエリザベス1世はイングランドを45年間統治し、黄金の時代、ゴールデン・エイジをもたらした。

 

 

ラストシーン アンの娘エリザベスがメアリーに抱かれている。彼女が後のエリザベス1世だ。

原作本は上下巻あるらしい、ということは長編小説なんでしょうね。映画の上映時間が114分ということなので、1時間半弱という短さです。時間内におさめるっていうのは、やはり大変。キャスト陣が豪華で、しかも演技力のある俳優さんばかりなので、かなり期待していたのですが、意外にもあれ~?って感じで終わってしまったというようなものでした。何が物足りなさを感じさせるのか?分からないのですが。出来ればもう少し長くてもいいのでは?なんて思ったり。今回もアン役のナタリー・ポートマンは熱演でした。演技はもちろん凄いし、野心をむき出しに傲慢な女性を見事に演じていたのが印象的です。それに対してスカちゃん、慎ましやかで姉思いの優しいメアリーを上手く演じていました。え~とエリック・バナは、「ミュンヘン」に出演していたんですが、あまり覚えていません。かなり暗いイメージがあるのですが?母国オーストラリアでは人気コメディアンだそうです。へぇ~分からないもんですね。それから、ジム・スタージェス君も主要な役で登場していました。色々な作品での活躍が続きますね。

 

追記:ひょっとして8割近くが女性の観客だったのは、内容が昼メロ的だったからか?主婦が興味のあるものだったのかもしれませんね。

 

 オフィシャル・サイト
http://www.theotherboleyngirlmovie.co.uk/ (英語)

 

 


 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (86)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12人の怒れる男 ふと、裁... | TOP | わが教え子、ヒトラー◆about... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (にゃむばなな)
2008-11-08 16:11:35
こういうイギリス王室関係の映画って女性客が多いですよね。
『エリザベス』の時も『クイーン』の時も女性客が多い中で見た記憶があります。

やっぱり王室は女性にとって憧れの場所なんでしょうか?
エリック・バナ。 (BC)
2008-11-08 20:01:31
mezzotintさん、こんばんは。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

特に後半はバタバタした展開だったように感じたので
もう少しじっくりと描いてほしかったですね。

エリック・バナは母国オーストラリアでコメディアンなのですね☆
二枚目なイメージなので意外な感じです。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-11-08 22:50:54
本もねぇ、そんなに深いもんじゃないです。
なんかゴシップものっていう感じ。
H描写はねちっこいです・・。
なんだろうなあ・・、今までと違った解釈で、奇をてらったという感が、どうしてもぬぐえないです。
まあ、それを演技と知名度で見せた二人の若い女優さんの凄みでしょうか。
ナタリーさんは「V・フォー・バンデッタ」で、坊主にしたあたりから二皮くらいむけたような気がしますわ。
こんにちは★ (dai)
2008-12-30 15:22:11
TBの件すみませんでした☆
おっしゃる通り記事によりけりそうですね。
本当に良く分かりませんw

この作品は男性より女性向きですね。昼ドラが好まれる理由がわかったような気がしますw

それでは今年1年お世話になりました!来年も何卒よろしくお願いします☆

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

86 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
「ブーリン家の姉妹」も「闇の子供たち」も共に大人のエゴに子供... (映画と出会う・世界が変わる)
「闇の子供たち」と「ブーリン家の姉妹」には共通したシーンがある。前者ではセンラーとヤイルーンが川で水遊びをするシーン。後者ではブーリン家の子供たちが野原で遊ぶシーン。この作品ではその場面が冒頭と結末に2度にわたり登場する。どちらも子供たちが無邪気に遊ぶ...
ブーリン家の姉妹 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した...
ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl (我想一個人映画美的女人blog)
スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikari_blue/} (この会場、劇場仕様じゃないからパイプ椅子並べての鑑賞{/m_0156/}) ...
ブーリン家の姉妹 (小部屋日記)
The Other Boleyn Girl(2008/イギリス)【劇場公開】 監督: ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ/ジム・スタージェス/マーク・ライランス/クリスティン・スコット・トーマス/デヴィッド・モリッ...
宮廷画家ゴヤは見た (映画鑑賞★日記・・・)
【GOYA'S GHOSTS】2008/10/04公開(10/04鑑賞)製作国:アメリカ/スペイン監督:ミロス・フォアマン出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・リベラ ...
ブーリン家の姉妹 (映画鑑賞★日記・・・)
【THE OTHER BOLEYN GIRL】2008/10/25公開(10/25鑑賞)製作国:イギリス/アメリカ監督:ジャスティン・チャドウィック出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティン・スコット・トーマス、マーク・ラ...
「ブーリン家の姉妹」みた。 (たいむのひとりごと)
悲劇だと思う。脚色はあるだろうが、実にやりきれない苦い後味が残る物語だった。王が絶対的権力を持ち、続いて「爵位」がモノを言う時代の英国。”政略結婚”で「ブーリン家に繁栄を」という父親の野心が狂わせた姉
ブーリン家の姉妹 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン(アン・ブーリン)    スカーレット・ヨハンソン(メアリー・ブーリン)    エリック・バナ(ヘンリー8世)    ジム・スタージェス(ジ...
映画 【ブーリン家の姉妹】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブーリン家の姉妹」 16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。 おはなし:16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポー...
ブーリン家の姉妹 (だらだら無気力ブログ)
16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国王ヘンリー8世には、王妃キャサリンとの間に 男子の世継ぎが...
『ブーリン家の姉妹』 (千の天使がバスケットボールする)
今から500年前のイングランド、ヘンリー8世(エリック・バナ)が統治していた時代。 5歳年上の王妃キャサリン・オブ・アラゴンの度重なる流産と死産で、世継ぎの男子に恵まれないことから、ヘンリーはこの結婚が呪われているとまで思いつめるようになっていた。ノー...
「ブーリン家の姉妹」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ブーリン家の姉妹」公式サイトイングランド王ヘンリー8世とアン・ブーリンの結婚秘話&エリザベス1世誕生秘話。ナタリーとスカーレットの競演てだけで楽しみにしてましたー。正反対の姉妹役が二人ともほんとハマリ役。野心家のアン。王をじら...
映画レビュー「ブーリン家の姉妹」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
The Other Boleyn Girl [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆若手実力派女優2人の競演が華やかな歴史劇。前後につながる実在の人物を想像しながら見ると面白い。 【70点】  16世紀のイングランド。新興貴族のブーリン家は、男子の世継ぎに恵まれな...
『ブーリン家の姉妹』(2008)/アメリカ・イギリス (NiceOne!!)
原題:THEOTHERBOLEYNGIRL監督:ジャスティン・チャドウィック原作:フィリッパ・グレゴリー出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、エディ・レッドメイン、アナ・トレント公式サイトはこちら。<Story>16世紀...
ブーリン家の姉妹 (心のままに映画の風景)
16世紀、イングランド。 国王ヘンリー8世(エリック・バナ)は、王妃キャサリンとの間に男子の世継ぎが出来ず焦りを感じていた。 そこに目...
★「ブーリン家の姉妹」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはたっぷり・ゆったり映画が見れる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 この映画のために、計画した 「大スカちゃん祭り」のメイン・イベントの作品だよー。
ブーリン家の姉妹 (郎女迷々日録 幕末東西)
 書きかけの記事を多数かかえながら、またまた脱線しまして、「ブーリン家の姉妹」です。  1日は映画が1000円で、たまたま土曜日に重なりましたので、行ってまいりました。  ブーリン家の姉妹 公式サイト  もともと、コスチュームプレイが好きですし、いまちょ...
ブーリン家の姉妹 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
歴史物って大好きなので楽しみにしていました~【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノーフォーク侯爵(デヴィッド・モリッシー)は、ブーリン卿(マーク...
ブーリン家の姉妹 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト原題:The Other Boleyn Girl. フィリッパ・グレゴリー原作、ジャスティン・チャドウィック監督、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス、アナ・トレント、マーク・ライランス。原題の「別の娘」は...
『ブーリン家の姉妹』 (ラムの大通り)
(原題:The Other Boleyn Girl) ----ブーリン家って、どこの家のこと? 「家?(笑) でもそうだよね。 この名前、ちょっと日本にはなじみないものね。 ところがなんと、 これはかの有名なヘンリー8世の話だった」 ----その人、有名ニャの? 「うん。有名も有名。 なに...
ブーリン家の姉妹 (2008 映画観てきましたっ!)
観てきました。公開初日に。
映画「ブーリン家の姉妹」(2008年、米英) (富久亭日乗)
     ★★★★★  16世紀の英国を舞台にした、 King Henry VIII をめぐる新興貴族の姉妹の悲劇。 原題は「The Other Boleyn Girl」。      ◇  成り上がりのBoleyn家には、 2人の娘と1人の息子がいた。 一族の繁栄のために、 当主Sir Thomas Boleyn(Mark...
野望に取り憑かれた魔女。『ブーリン家の姉妹』 (水曜日のシネマ日記)
王の愛を巡り、16世紀のイギリスの宮廷を舞台に描かれた作品です。
ブーリン家の姉妹/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
歴史的にも有名なヘンリー8世のお世継ぎを巡る物語。そしてエリザベス1世の誕生のエピソード。今日の英国王室にも影響を与えてると言われてるこの物語をナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナを主演に愛憎劇たっぷりな宮廷ラブサスペンスとし...
ブーリン家の姉妹 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
大英帝国の礎を築いたエリザベス1世の母、アン・ブーリンと、歴史上は無名だったその妹、メアリーを主人公とするフィリッパ・グレゴリーの同名小説を映画化した作品です。 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリンは、一族の繁栄のため、才気溢れる美しい...
「ブーリン家の姉妹」 (或る日の出来事)
私の彼女ナタリー・ポートマンと、ほぼ同世代の人気若手女優スカーレット・ヨハンソンの共演というので、楽しみにしていた作品。
『ブーリン家の姉妹』(原題:The Other Boleyn Girl )~感想編~ (潮風のささやき)
6世紀イングランド国王ヘンリー8世をめぐる姉妹の物語。要するにですね、大奥なんで
ブーリン家の姉妹・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
16世紀のイングランド王宮を舞台に、国王ヘンリー八世と彼の寵愛を受けたブーリン家の二人の姉妹を巡る愛憎劇。 強大な権力を持つ者を巡って...
ブーリン家の姉妹 (ダイターンクラッシュ!!)
11月3日(月) 10:30~ 有楽座 料金:1450円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:不明(未確認) 『ブーリン家の姉妹』公式サイト 前売り購入時、間違って「ブーリン家の三姉妹ください。」と言ってしまった。「ブーリン家の姉妹ですね?...
★ブーリン家の姉妹(2008)★ (CinemaCollection)
THEOTHERBOLEYNGIRL愛は、分けられない。最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン。世界を変えた華麗で激しい愛の物語。映時間115分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)初公開年月2008/10/25ジャンル歴史劇/ドラマ/....
ブーリン家の姉妹 (★ Shaberiba ★)
イギリスの史実に基づいたロングセラー小説の映画化!!
映画 「ブーリン家の姉妹」 (ようこそMr.G)
映画 「ブーリン家の姉妹」 を観ました。
『ブーリン家の姉妹』 (めでぃあみっくす)
なんともおぞましい物語。事実は小説より奇なりとはまさにこのこと。しかし映画としては凄く見やすく、嫉妬や裏切り・近親相姦未遂まで描いているのに嫌な感じを全く受けない演出の丁寧さに驚きました。 そしてこの映画を見て確信したことはナタリー・ポートマンの「脱マ...
The Other Boleyn Girl 「ブーリン家の姉妹」 (表参道 high&low)
ヘンリー?世に処刑された悪名高い姉アンをNatalie Portman(ナタリー・ポートマン)、その妹がScarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)で悪女に翻弄される王をEric Bana(エリック・バナ)が演じた史実の映画化がThe Other Boleyn Girl「ブーリン家の姉妹」。世継...
「ブーリン家の姉妹」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
イギリスの国教が何故カトリックじゃないのか?それが分かる映画です。じゃ、あんまりなので、ぷち感想を。一応役柄上はスカーレット・ヨハンソンが妹でナタリー・ポートマンが彼女の姉役なんですけど、表情とかはどうみても、逆の役柄にした方が宜しかったのではと個...
ブーリン家の姉妹 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年10月25日 公開 ケイト・ブランシェットのお母さんはナタリー・ポートマンなのね! うぅぅぅーーーーっ!!! す、すごかったぁ!!! 最初から最後までスクリーンに釘付けぇぇぇぇぇ(*^艸^) 『エリザベス』のエピソー...
試写会「ブーリン家の姉妹」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/9/25、神保町、一ツ橋ホールでの開催。 ここは後方の席は、前席の頭がかなり気になるので、 いつものように前から数列目に陣取る。 今回の試写会は、hyoutan2005さんから譲り受けたもの。 ありがとう、hyoutan2005さん。 **   16世紀初頭のイングランド王家に...
ブーリン家の姉妹 (利用価値のない日々の雑学)
16世紀は世界中が構造的に大きな変化を遂げた世紀であったが、特に、英国と日本という極東西の島国は特にそれが顕著であったと言える。英国は、ヘンリー8世という寵児の出現に丹を発しており、中でも、ローマとの決別は画期的なことであったが、同じ様に宗教的な因子で...
ブーリン家の姉妹 (2008・イギリス/アメリカ) (白ブタさん)
美しい姉妹の壮絶な闘い{%王冠webry%} ようやく見てきました(^^)
「ブーリン家の姉妹」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  見事なキャスティングによる重厚な歴史ドラマでした。史実に基づいた英国王室の愛憎劇。英国国教会は、こうやって生まれたのか…と、“歴史の陰に女あり”とはよく言ったものです。ナタリー・ポートマン演じる悲劇の王妃アン・ブーリンの...
*『ブーリン家の姉妹』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+イギリス合作映画、ジャスティン・チャドウィック監督、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ共演。
「ブーリン家の姉妹」 上昇志向が身を滅ぼす (はらやんの映画徒然草)
アン・ブーリンはその時代に生きるには、あまりに賢く上昇志向が強い女性だったのでし
后 ~「ブーリン家の姉妹」~ (サナダ虫 ~解体中~)
ジャスティン・チャドウィック監督作品、ナタリー・ポートマン主演の、 映画 「ブーリン家の姉妹」を観た。 愛は、分けられない。 感想。 ?とんでぶーりん!(すみません、無視して下さい・・) ?女(娘)は出世や快楽の道具かぁ・・。(時代が時代だから仕方無い...
ブーリン家の姉妹 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン__。世界を変えた美しくも哀しい運命の恋の物語。 物語:16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む...
【ブーリン家の姉妹】愛と欲にまみれた宮廷の悲劇 (映画@見取り八段)
ブーリン家の姉妹 ~THE OTHER BOLEYN GIRL~ 監督: ジャスティン・チャドウィック 出演: ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エ...
ブーリン家の姉妹 (迷宮映画館)
かなり薄味に仕上がったかな。
ブーリン家の姉妹◆歴史を変えた女たち、その光と影 (好きな映画だけ見ていたい)
     「ブーリン家の姉妹」 (2008年・イギリス/アメリカ) 16世紀、6人の女性との結婚・離婚を繰り返したイングランド国王ヘンリー8世の宮廷を舞台に、2人目の妃でエリザベス1世の生みの母となったアン・ブーリンと、その妹メアリーの運命を描いた歴史ドラマ。新興...
ブーリン家の姉妹 (悠雅的生活)
 愛された女と、勝ち取った女。
ブーリン家の姉妹 (Diarydiary!)
《ブーリン家の姉妹》 2008年 イギリス/アメリカ映画 - 原題 - THE
「ブーリン家の姉妹」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ、イギリス  監督/ジャスティン・チャドウィック  出演/ナタリー・ポートマン      スカーレット・ヨハンソン      エリック・バナ  ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの人気女優二人の共演も話題になった作品。 ...
『ブーリン家の姉妹』 (・*・ etoile ・*・)
'08.11.02 『ブーリン家の姉妹』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった。やっと鑑賞。 「16世紀イングランド。ヘンリー8世には世継ぎとなる王子がいない。野心家のトーマス・ブーリンは妻の弟で王の側近ノフォーク公と共に、利発な長女アンを王の愛人にしよう...
「ブーリン家の姉妹」 The Other Boleyn Girl (俺の明日はどっちだ)
時は、まさにイギリスが時代の表舞台に登場してくる16世紀(日本では室町時代、安土桃山時代!)。 イングランド王室史上最高のインテリであるとされた(らしい)ヘンリー8世が君臨していたその時代の宮廷を舞台に繰り広げられる歴史&愛憎ドラマ。 正直言って、さほ...
「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね~、今が旬の美女2人が共演。吾輩的にはとっても嬉しい!でも姉妹役ですか~、全然似てないよね(^^;!?  16世紀、国...
ブーリン家の姉妹 (5125年映画の旅)
16世紀のイングランド。国王の世継ぎが生まれない事から、ブーリン家は娘のアンを世継ぎを生むための愛人として国王と引き合わせる。しかし、国王が選んだのはアンの妹メアリーだった。メアリーは無事に妊娠するが、体調の悪化から、部屋に閉じ込められる。国王がメ...
ブーリン家の姉妹 ヘンリー8世のあのお話か!? (労組書記長社労士のブログ)
【40-20-】俺「海は日~月に行くことにしたし、土曜は映画の日だし映画行こう」 妻「ええよ、なに行くん」 俺「土曜からの封切り、レッドクリフはもう試写会で観たし、うちの{/m_0038/}にはハンサムも【~⌒(・・)⌒~】もいるし、先週公開だったブーリン家の姉妹を見に行こ...
【映画】ブーリン家の姉妹 (新!やさぐれ日記)
▼動機 とあるプロの方の批評文を読んで ▼感想 イングランド及び英国の歴史の一端を知るいい機会に ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を...
ブーリン家の姉妹(映画館) (ひるめし。)
愛は、分けられない。
映画 『ブーリン家の姉妹』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。どちらも国王の寵愛を受けながら、まったく異なる道を歩むことになる美しい姉妹の劇的な人生を鮮やかに映し出す。16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなか...
ブーリン家の姉妹 (こんな映画見ました~)
『ブーリン家の姉妹』 ---THE OTHER BOLEYN GIRL--- 2008年(イギリス/アメリカ) 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン 、スカーレット・ヨハンソン 、エリック・バナ、ジム・スタージェス、 マーク・ライランス ヨーロッパの歴史を大きく...
『ブーリン家の姉妹』 (試写会帰りに)
新しい女欲しさに国を動かし、宗教をも変え、その後の世界を変えてしまうなんて!? こうやって歴史は作られてきたのかと思うと、人間の欲や業の深さや、人を動かす力の強大さを、頼もしくもありながら恐ろしく感じる『ブーリン家の姉妹』(『THE OTHER BOLEYN GIRL』) ...
「ブーリン家の姉妹」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Other Boleyn Girl」2008 UK/USA イングランド王ヘンリーに愛されたブーリン家の二人の姉妹による愛と葛藤の歴史ドラマ。 アン・ブーリンに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」のナタリー・ポートマン。 メアリー・ブーリンに「私がクマにキレた理由(わけ)/200...
ブーリン家の姉妹 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ヘンリー8世の愛憎うずまく嫁遍歴は,「ヘンリー8世と6人の妻たち」という言葉でも有名だけど,その中でも特に知名度の高い(何しろ,王をしてバチカンに絶縁状を叩きつけさせた女性だから)アン・ブーリン。彼女の一族や,姉妹のことは今まであまり知らなかったけど。...
ブーリン家の姉妹 (描きたいアレコレ・やや甘口)
今日は、語学や芸術にも造詣が深く、体格も立派ならスポーツ万能、歴代英国王きってのすっごいハンサム......というヘンリー8世を描いてみまし...
ブーリン家の姉妹 (映画通の部屋)
「ブーリン家の姉妹」THE OTHER BOLEYN GIRL/製作:2008年
「ブーリン家の姉妹」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
運命を変えたのは、やはり男たちの私利私欲。ぼくは本当に歴史に疎い。そのお陰でこういう作品を観た時の驚きが大きいという、これはいいことなのか?政略結婚という言葉を聞くと、いま絶賛放映中のNHK「篤姫」が思い浮かぶ。ブーリン卿も島津斉彬も、自分の手持ちの駒か....
『ブーリン家の姉妹』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【The Other Boleyn Girl】 2008年/英・米/ブロードメディア・スタジオ/115分 【オフィシャルサイト】 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス、アナ・ト...
【ブーリン家の姉妹】 (日々のつぶやき)
監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 「イギリス16世紀、後継ぎの男児を授からなかったヘンリー8世の夫婦仲は冷えていた。貴族のブーリン家は一族の権力の為に一家で相談のうえ長女のアンを差
「ブーリン家の姉妹」 (てんびんthe LIFE)
「ブーリン家の姉妹」シャンテシネで鑑賞 日本人が大好きなおどろおどろしい、王様をめぐる女性たちの攻防。 これはみるしかない! しかし~、イギリスの王室にもこんな恐ろしい史実があったんだよねと思うことしきり。 これって、一体何なんだろう。 男の身勝手な...
ブーリン家の姉妹 (シネマ日記)
公開前から楽しみにしていた作品です。スカーレットヨハンソンだし、ナタリーポートマンだし。二人とも、最近別の作品を記事にしたばかりです。こういう歴史物も好きだし。日本の歴史は苦手なんですが、西洋の歴史物は好きです。さて、このお話。イングランドにゴールデン...
『ブーリン家の姉妹』@シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
16世紀、イングランド。20年にわたる夫婦生活で王女メアリーしかもうける事が出来なかったヘンリー8世はの目下の関心事は、立派な男子の世継ぎをあげる事。一族の富と権力を高めるため、新興貴族のトーマス・ブーリンは自慢の娘アンを差し出す。しかし、王が目をとめたの...
ブーリン家の姉妹 (週末映画!)
期待値: 88% ベストセラー小説の映画化。 16世紀イギリスの、ドロドロヒストリーロマンス。 出演
ブーリン家の姉妹 (ふぴことママのたわ言)
公開されている劇場が少なく、いつものシネコンではやっていないけど観たかった作品。 観て来ましたよ~ 150席の劇場で前3列くらいは空いていたようですが、ほぼ満席。 レディスデーではありませんが、そのほとんどが女性でした。 男性は、3人ほどお見かけしまただけ。{/f...
映画】ブーリン家の姉妹 (びーぶろぐ?)
本日見てきた映画はこちら、「ブーリン家の姉妹」。ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ。見ごたえがないはずがないでしょう?しかもヨーロッパ時代モノです。【ブーリン家の姉妹】 (原題・The Other Boleyn Girl) 映画公式HP
ブーリン家の姉妹 (シネマ大好き)
16世紀のイングランド。政略結婚が当たり前だった時代に生きた二人の姉妹の物語。 ブーリン卿は、娘のうち、妹メアリー(スカーレット・ヨハンセン)を裕福な商人と結婚させる一方、王子が生まれないことに焦る王に姉アン(ナタリー・ポートマン)を近づけて一族の出世...
映画 「ブーリン家の姉妹」 (英国日記)
映画「ブーリン家の姉妹」を一足早く試写会で観てきました。 会場は英国大使館! イギリスに住む前にヴィザ取得のために 一度だけ門をくぐったことがありますが、 その時に行ったのは別棟の事務手続き専門の建物でした。 でも今回はメインの建物です。
ブーリン家の姉妹 (シャーロットの涙)
女ってすごいのね;
ブーリン家の姉妹 を観ました。 (My Favorite Things)
チョー久しぶりのスクリーンです。観たかった作品のひとつでしたので迷わず…
『ブーリン家の姉妹』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
歴史モノはかなり好きなので、これも予告を観て公開を待ちかねていました。イギリス史は特に、同じ名前の○世が多くて、どうにもややこしいのですが!ここで一つ勉強できました。.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+ (C)2008ColumbiaPicturesIndustries,Inc.andUniversalCit...
ブーリン家の姉妹 (Memoirs_of_dai)
キャラと実質は逆? 【Story】 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛...
311「ブーリン家の姉妹」(アメリカ・イギリス) (CINECHANの映画感想)
エリザベスが生まれるまで  時は16世紀のイングランド。国王ヘンリー8世は王妃キャサリンとの間に世継ぎである男子が産まれず、焦りを感じていた。そこに目を付けた新興貴族のトーマス・ブーリン卿は、長女アンをヘンリーの愛人に仕立て上げようと画策する。しかし、...
「ブーリン家の姉妹」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
歴史物、実話を基にってやっぱり面白い
『ブーリン家の姉妹』 2008-No74 (映画館で観ましょ♪)
こんな風にたくさんの映画を観るようになって思うこと。 英語が分かったら....歴史をきちんと学んでいれば.... 社会科が嫌いで英語が苦手...
「ブーリン家の姉妹」ゆかりの地を訪ねて (ノルウェー暮らし・イン・London)
せっかくイギリスの各地を観光しているのだから、何か関係のある映画を観たい♪と思っていた矢先、たまたま訪れたスードリー城も、ロンドン塔も、どちらもアン・ブーリンと係わりがあることが判明。 それなら絶対見なくちゃ!
【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです{/face_hekomu/} 17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業{/face_hekomu/}{/down/} …(チョイ愚痴ですが{/face_ase2/})私の計画通りだとこんな残業は発生しないんですけどねぇ{/face_ikari/}…人の後始末みた...
ブーリン家の姉妹 (mama)
THE OTHER BOLEYN GIRL 2008年:アメリカ・イギリス 原作:フィリッパ・グレゴリー 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、エリック・バナ、ベネディクト・カンバーバッチ、オリバー・コールマン、エディ・レッドメイン、ジム・スタージ...
映画『ブーリン家の姉妹』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・...