銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ブラッド・ダイヤモンド☆自由・家族・真実、3つの願い。

2007-04-14 | 映画:シネコン


ひとつのダイヤ3つの願い、そして100カラットの感動
(MOVX京都にて鑑賞。)



自由 FREEDOM ダニー・アーチャー
ダイヤ・・・・それは、現実から脱出するための“チケット”

1999年、内戦が続くアフリカのシエラレオネ共和国で、ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)はダイヤの密輸業者として生計を立てていた。自分の仕事で、多くの犠牲者が出ても、そんなことを気にかけていない男かっては傭兵だった彼はタフで、武器の扱いにも慣れている。だから今まで数々の修羅場も乗り越えて、この土地で人生を生き抜いてきたそんな彼はこの暴力と悪事にまみれた暗黒大陸から、いつか抜け出すことが夢だった。そんなアーチャーに転機がやって来る密輸に失敗して、刑務所に入れられた彼は、思わぬ話を耳にする巨大なピンクのダイヤがどこかに隠されていると・・・・。その場所を知っているのはソロモン・バンディー(ジャイモン・フンスー)という男。実はこの刑務所に政府軍によって、反政府軍RFUの兵士とともに、ソロモンも囚われていたのだ。やがて釈放されたアーチャーは裏から手をまわし、ソロモンを釈放。そしてソロモンにある提案を持ちかける。ダイヤのある場所へ案内して欲しい案内してくれれば、行方不明のソロモンの家族探しに協力すると申し出る最初は渋っていたソロモン結局ダイヤを隠した場所へと向かうことに・・・・。アメリカのジャーナリスト マティー・ボウエンとともにジャーナリスト専用に乗り込み、ダイヤの埋められたジャングルの奥へと進む。

 


家族 FAMILY ソロモン・バンディー
ダイヤ・・・・・それは、家族を奪還するための“切り札

メンデ族の漁師ソロモン・バンディーは愛する家族とつましいながらも、幸福な家庭生活を送っていた。自慢の息子ディア(カギソ・クイバーズ)は学校に通いながら、医者になる夢を見ている。そんな息子に愛情を注ぐソロモンだった。しかし、そんな平和な暮らしは、ある日、反政府軍RUFの襲撃で崩されてしまう家族と引き離され、ダイヤモンドの採掘場にひとり連れて行かれるソロモン。そこはRUFの資金源となっているダイヤが掘り出されているところだった。川べりで作業をする人々。もし拾ったダイヤを隠し、見つかったらすぐに射殺される危険な場所で働くソロモンはある日、大きなピンク・ダイヤを発見足の指に隠して川の外へ持ち出すことに成功土の中に埋めて隠した。そのとき政府軍がやってきて、RUFのメンバーとともに刑務所に入れられてしまうそして釈放後、アーチャーと知り合うわけだ。アーチャーとともに難民キャンプへ・・・・。念願の家族と再会を果たすも、息子ディアの姿はなかった。いよいよダイヤを探す旅に出発。そのときRUFのジープの上で、少年兵となったディアの姿を発見ディアを連れ戻そうとするも、訓練を受けたディアは別の人格になっていた

 


真実 TRUTH マディー・ボウエン
ダイヤ・・・・・それは、暴かなければならない真実のための“証言”

アメリカ人ジャーナリスト、マディー・ボウエン(ジェニファー・コネリー)は海辺のバーで、ダイヤの密輸業者、ダニー・アーチャーに出会う。RUFの資金源となっている“ブラッド・ダイヤモンド”の真相を追っていた彼女はアーチャーがダイヤの密売人と知ると、情報提供を求めるが、冷たく拒否されてしまうところが、アーチャーはソロモンとダイヤ探しするためには、ジャーナリストとしてのマディーの立場が必要になる。(立ち入り禁止地区に入るためである。)条件を飲めば、“ブラッド・ダイヤモンド”のシンジケートの秘密を話してもいいと・・・・。その申し出にマディーは応じ、アーチャー、ソロモン、マディーの3人はジャーナリスト専用で移動することに。心を許さないアーチャーに最初は反発を感じたマディーだったが、旅を続けていくうちに二人の距離は少しづつ近くなった過去の話などで、心触れ合うようになる。次第にアーチャーに惹かれるマディーはを感じ始めたソロモンとアーチャーはダイヤのある奥地へと・・・・。見送るマディー、での連絡を待つ。

 

アフリカの情勢をテーマにした映画が、このところ続いている。「ホテル・ルワンダ」、「ルワンダの涙」、「ダーウィンの悪夢」等・・・・。今後も新たな作品が上映されるようだ。ルワンダについても、ホテル・ルワンダを観たことで、少しだが、どんな国で、どのような状況かを僅かながら知ることが出来た。この「ブラッド・ダイヤモンド」の舞台となったシエラレオネ共和国についても、まったく耳にするのも初めてで、このような国が存在することさえ知らなかった本当に無知な話だが。それだけアフリカについての情報も少ないのだろう。シエラレオネ共和国はマラリアなどの感染症があるため、白人にとっては危険な場所だといわれている。首都はフリータウン。かってアフリカ大陸における教育の中心地だそうだ。国立大学(現シエラレオネ大学)は1827年設立され、西アフリカで最古の大学として長い歴史がある。伊勢崎賢治さんはシエラレオネ紛争の際武装解除に従事された日本人で、1988年~92年まで住んでいた。当時、この国には伊勢崎さん家族とカソリックのシスター以外、日本人の姿はなかったと思うと語る。映画に出てくる、RUF(革命統一戦線)侵攻が始まったのは90年頃からで、その後10年間シエラレオネでは内戦状態が続いた。それを率いたのはティム二族出身のフォディ・サンコケゥという人物。RUFの活動名目一党独裁で腐敗していた政府への革命多くの若い連中が参加した。またその中にはインテリの人も多かったそうだ。2001年に再び、伊勢崎さんは戻った。そしてPKOの幹部として、1万7千人の多国籍軍と全線闘員の武装解除にあたった。9年ぶりに戻ったときはRUFがマケニという町をすべて占領本拠地になっていたらしい。この映画の話と同じく、ダイヤも、RUFの大きな資金源だったようだ。鉱山資源は、外国資本によって、治外法権的な搾取を受けていた。そしてこの外国資本とともに進出したが傭兵会社だったわけだ。原石は簡単に持ち出し可能で、個人レベルで持ち出す人も多く、人道的支援に携わる外国人でさえ、密輸に手を染めるということも・・・・・。

劇中で、マディーが写真を撮る部族が出てくる。あの部族はカマジョールという伝統的な狩猟部族だそうだ。政府も警察も当てにならないと、彼らは独自でCDF(市民防衛隊)を結成RUFに対抗する組織を作る。映画では出てこないが国の兵士や警察が、RUFに寝返ることも。結局最後はCDF対RUFという構図だったらしい。

少年兵について、この映画ではかなりリアルに描かれているが、どうもハリウッド映画の暴力的な作品を見せて、少年たちに兵士としての教育をさせていたようだそして洗脳するために薬を使ったのも事実らしい。伊勢崎さんが武装解除したときにいたRUFの兵士は2万人、そのうちの3000人が少年兵だったというまさに映画の話は本当のシエラレオネの現状だったのだ。(伊勢崎賢治さんの話から抜粋)

伊勢崎賢治さん、プロフィール

内戦初期のシエラレオネを皮切りにアフリカ3ケ国で10年間、開発援助に従事し、その後東チモールで国連PKO暫定行政府の県知事を務め、再びシエラレオネへ。同じく国連PKOの幹部として武装解除を担当。内戦の終結に貢献する。その後アフガニスタンにおける武装解除を担当する日本政府特別代表を務める。東京外国語大学院地域文化研究科教授

 

伊勢崎賢治さんについてもっと知りたい方はこちらから

 


ソロモン役、ジャイモン・フンスー
若い頃に自分はアフリカを出てが、今も親戚はアフリカに住んでいる。里帰するたび、紛争地域を横断するそうだ。この映画は日ごろから痛切に感じている問題なんだと語る。今回のこの作品はどの作品より、パワフルだと・・・・話す。

 
ソロモンとディア、RUFに洗脳された息子はやがて、本来の自分を取り戻す
父ソロモンの愛によって・・・・・。


アーチャーはマディーに“ダイヤモンド”のシンジケートの秘密についてのを渡す。自分の行く末のことを分かっていたのか


監督 エドワード・ズウィック 
「ラスト・サムライ」2003年ではナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀監督賞を受賞また製作者として、アカデミー賞に輝いた「恋におちたシェークスピア」(98)、「アイ・アム・サム」(01)などを世に送り出している。

 

ロケを振り返る

本作は、ほぼ全編を通してアフリカで撮影された。現地でのロケは、作品の出来を左右する重要な要素だったと監督は振り返る。アフリカは矛盾だらけの大陸だ。どこへ行っても、息を呑むほど美しい風景とひどく不潔なスラム街があり、、豊かな精神性と深刻な飢餓が同居している。何もかもが生々しく、スタッフ全員が影響を受けた。その影響を具体的に表現するのは難しい・・・・・ただ、アフリカ以外で撮影していたら、あのなんとも形容しがたい土地柄は出せなかったと思う。

第79回アカデミー賞、5部門ノミネート
主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ
助演男優賞 ジャイモン・フンスー
編集賞 音楽効果賞 録音賞

 

残念ながら、受賞されなかった。ディカプリオは何度もノミネートされているのだが、やはりハードルが高いのかな?ファンとしてはこの作品で受賞して欲しかった

 

ダニー・アーチャーの役作りにあたって、ディカプリオは現地独特の英語をマスターしようと思ったそうだ。実際彼らの話す英語は、これまで聞いたことのないアクセントだった。出来るだけ、傭兵たちと時間を過ごそうとして、ときには酔っぱらせて、経験談を語らせた。彼らから軍隊や戦闘の知識をたっぷり仕入れたそうだ。そのことで、ダニーの役を形成していったと語る。

 

ダイヤモンドを購入する際には“4つのC”をチェックすることが大切だと言われる。

              Color カラー

              Cut  カット

             Clarity 透明度

              Carat カラット

 しかし、私たちがチェックすべきCが、実はもうひとつある

        それは、Conflictの、“C”
               争い

 

 ※けして映画の中だけの話ではありません多くの子どもたちが兵士として、訓練を受けさせられ・・・・。無差別に殺人をしているのです。それがアフリカでの現状なのです。同じ国で暮す人たちが、何故憎しみ合わなければならないのか民族が違うという理由だけで???? こんなのひどいよね。

 

 

 ブラッド・ダイヤモンド 公式サイト

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (10)   Trackbacks (102)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宮の記憶:愛と再生 | TOP | PARIS JE TAIME 『パリ、... »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ミチ)
2007-04-14 21:10:56
>アフリカは矛盾だらけの大陸だ
本当にそのとおりですよね。
アフリカを舞台にした映画を見る機会が増えて、つくづくそう思います。
何もはじめることができない弱い自分だけれど、映画でまた勉強させてもらったなという気がします。
こんばんは。 (ジョー)
2007-04-14 22:46:42
TBありがとうございます。
アフリカの映画を観るたびに、アフリカについていかに無知か知らされます。しかも、身近にあるものとこんなに深いつながりがあったなんて。(ダイヤは残念ながら持っていませんが)
レオの熱演 (ぴぃち)
2007-04-14 23:14:44
mezzotintさん、こんばんは♪

レオナルド・ディカプリオ、本当にいい演技をしてましたね
アカデミー賞ノミネートが『ディパーテッド』じゃなくこの作品だったのも納得のいく、迫真の演技でした。

内容は考えさせられる点が多かったです。
アフリカものの映画が最近増えてきたようですが、そういう作品を観る度に、いかに自分が無知であるかと、悲惨な現状に対して何も出来ない無力さを感じます。
こんばんは♪ (kira)
2007-04-14 23:52:48
TBありがとうございました☆

ストーリー、キャスト、音楽、どれを取っても素晴しい作品でした!
一人でも多くのひとに、この作品のメッセージを受け取って欲しいですね
こんにちは! (アイマック)
2007-04-15 16:19:16
TBいつもありがとねー☆

アフリカの現状をまた別の角度で描いてましたけど、内容は濃かったですね。
娯楽ものにしたことで、観やすくなってますが、重い!!
少年兵の話は、辛すぎるね・・・
ダイヤ以外にもわれらのまわりでは、アフリカの紛争の資金源になるものがあり、私たちが手を貸しているかもしれないと思うと、とっても複雑・・・
見応えがありましたねー。
レオさま、次こそオスカーだ!

こんばんは (未来)
2007-04-15 23:29:02
TBありがとうございます。
伊勢崎さんの話など興味深い内容で、とても考えさせられました。
当時のシエラレオネは、少年兵はあんな様子だったんですね。
遠い国のことで殆んど何も出来ない自分・・・
でも映画を通して‘知る’だけでも意味があると思います。
ディカプリオはまさに‘オスカー級’の演技でした。
あ~~~~ (sameko)
2007-04-16 14:51:36
どれもこれも見たい映画ばっかり。
でも、今は、見に行く原器さえありません。
元気になるまで上映してくれていることを願うか、早く元気になるかです…ね。
Unknown (AnneMarie)
2007-04-19 13:17:15
こんにちは♪
ディカプリオ、よかったです!
できればアカデミー賞を受賞してもらいたかったな。

ダイヤの背景を初めて知ってかなりショックでした。
さらに少年兵のことはもっとショックだったよ。
アフリカの土の色、本当に血なのかもって思っちゃうほどたくさんの血が流れてましたね。悲しい。
Unknown (ケント)
2007-04-22 18:03:11
こんにちは、TBお邪魔します
ダイヤがあるから、武器を買い戦闘が起こる。しかし欲のために、ダイヤを闇市場に流す死の商人がいるから、RUFに武器が流れる。そして平和で裕福な国の金持ちが、ダイヤをありがたがるからダイヤが高価になる。嫌な循環ですよね。J・コネリーファンとして観た映画でしたが、期待以上に優れた作品でした。それにデカプリオはいつの間にか逞しい体つきになっていたので驚きました。
こんばんは (はらやん)
2007-04-23 22:06:09
mezzotintさん、こんばんは!

映画っていろいろなことを考えることのきっかけになりますよね。
映画を見なかったら、遠い異国のアフリカのことを気にすることはないんですよね。
こういう映画を通じて、多少なりとも、自分を含めてみんなの中に少しずつでも問題意識が芽生えてくることが大切なのかなと思いました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

102 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブラッド・ダイヤモンド (そーれりぽーと)
またまたまたアカデミー賞を逃したレオちんの『ブラッド・ダイヤモンド』を観てきました。 ★★★★ 『ディパーテッド』の時にも書いたけど、レオナルド・ディカプリオはスターっ気が抜けてほんと良い俳優になったよなぁ。 今までレオちんの演技に共感できた映画って、思...
映画 【ブラッド・ダイヤモンド】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブラッド・ダイヤモンド」 1990年代後半、激しい内戦のアフリカはシエラレオネを舞台に、ダイヤモンドの不正取引を描いた社会派サスペンス映画。 ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、巨大なピンク・ダイヤを隠し持つ...
映画 【ホリデイ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ホリデイ」 ナンシー・メイヤーズ監督によるロマンティック・コメディ。 アマンダ(キャメロン・ディアス)とアイリス(ケイト・ウィンスレット)はそれぞれクリスマス直前に恋に破れて傷心。そんなときネットで“ホーム・エクスチェンジ”を知り、二週間だ...
ブラッド・ダイヤモンド (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
最近、映画館に歩けばアフリカに当たるほど、アフリカが舞台の映画が多い。ジェニファー・コネリーがアフリカ救援活動するオードリー・ヘップバーンの物語を演じている――と幻想してしまうほど、往年のオードリーの生まれ変わりのような気品を湛えた美しさ。
ブラッド・ダイヤモンド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レオナルド・ディカプリオが、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたこの映画。公開日が待ち遠しかったよぉ~【story】ダイヤモンドの価値は『4つのC』で決まると言われている―『color・色』『cut・カット』『clarity・透明度』『carat・カラット』しかし、実は5つ...
『ブラッド・ダイアモンド』 (Sweet* Days)
監督:エドワード・ズウィック CAST:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー 他 アカデミー賞主演男優賞、助演男優賞 他ノミネート STORY:1999年、アフリカ、シエラレオネ。ダイアモンドを巡る内戦で反政府軍によって家族と...
ブラッド・ダイヤモンド/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
話題の大作という事で言えば「ディパーテッド」より断然この作品ッ。近年、アフリカを舞台にした社会派系の話題作が数多く公開されてますが、この作品もそんな中の1つとして位置付けることは出来るでしょう。方向性としてはハリウッドの超がつく娯楽大作ではあるけど、物...
「ブラッド・ダイヤモンド」:日の出桟橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}日の出という名がつきながら、こう、どんよりした空模様の日の出桟橋に立つと感慨深いものがあるな。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}いや、アフリカの日の出はいつ来るんだろうって思ってさ。 {/hiyo_en2/}まあ、最近は「ホテル・ルワンダ」とか「ナ...
ブラッド・ダイヤモンド (メルブロ)
ブラッド・ダイヤモンド 上映時間 2時間23分 監督 エドワード・ズウィック 出演 レオナルド・ディカプリオ ジェニファー・コネリー ジャイモン・フンスー マイケル・シーン 評価 9点(10点満点) 会場 厚生年金会館(試写会)  アカデミー賞5部門にノ...
「 ブラッド・ダイヤモンド / Blood Diamond (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : エドワード・ズウィック 出演 : レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・
ブラッド・ダイヤモンド / BLOOD DIAMOND (Sapphire)
2006 / アメリカ 監督:エドワード・ズウィック CAST:レオナルド・ディカプリオ / ジェニファー・コネリー / ジャイモン・フンスー / マイケル・シーン / アーノルド・ボスロー アフリカ・シエラレオネ共和国。反政府軍組織RUFに捕まり闇ダイヤの採掘場で強制労働...
ブラッド・ダイヤモンド (Yuhiの読書日記+α)
 「グローリー」「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィックが監督、レオナルド・ディカプリオが主演の「ブラッドダイヤモンド」の試写会に行ってきました。  予備知識なく見に行ったので(てか、私もこればっかりだけど)、予想以上の重いテーマとヴァイオレンスシ...
「ブラッド・ダイヤモンド」 (てんびんthe LIFE)
「ブラッド・ダイヤモンド」東京厚生年金会館で鑑賞 レオくんが主演賞にノミネートされて話題が先行してしまった模様。悪い作品とは思わないし、レオくんもノミネートされるほどにがんばっていたと思うけど、まるで戦争映画。嫌いな人はかなりいたんじゃないのでしょう...
ブラッド・ダイヤモンド (to Heart)
原題 BLOOD DIAMOND 製作年度 2006年 上映時間 143分 監督 エドワード・ズウィック 出演 レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・コネリー/ジャイモン・フンスー/アーノルド・ヴォスルー 自由― 家族― 真実― 彼らはダイヤに、それぞれ別の輝きを見た{/hikari_bl...
「ブラッド・ダイヤモンド」 Blood Diamond (俺の明日はどっちだ)
劇中の台詞にも出てくるように、神すらも見放したかのように思えてしまう土地アフリカで繰り広げられる所謂「紛争ダイヤ」をめぐって、大きなメッセージ性を持たせつつ、微妙なバランスの上でエンターテイメント性もうまく引き出して展開する社会派サスペンスアクション作...
ブラッド・ダイヤモンド (Kinetic Vision)
冒頭から、銃の引き金を引くこと、鉈で手足を切断することに躊躇しない世界が描かれ、ぞっとさせられる。さらに重い気分にさせられるのは、そこに少年兵がいるからだ。少年たちから人間性を奪う訓練の様子もかなりリアルに
ブラッド・ダイヤモンド (シャーロットの涙)
ダイヤの輝きの裏に秘められた真実と、何ものにも代え難い自由と絆・・・
ブラッド・ダイヤモンド (悠雅的生活)
 一粒のダイヤモンドが、男たちの運命を変える。
ブラッド・ダイヤモンド/ Blood Diamond (我想一個人映画美的女人blog)
レオナルドディカプリオが、今年のアカデミー賞、 主演男優賞でノミネートされた作品{/ee_3/} 結果としてはアミン大統領を熱演したつるべーフォレストウィテカーに持ってかれちゃったけど、(さすがにあの演技には負けるね) ゴールデングローブ賞でもこの作品と『ディパ...
ブラッド・ダイヤモンド (花ごよみ)
出演は、レオナルド・ディカプリオ、 ジェニファー・コネリー、 ジャイモン・フンスー。    監督は、ラスト サムライの、 エドワード・ズウィック監督。 ピンク・ダイヤモンドを背景に、 密売人と息子をRUFに奪われた父親、 ジャーナリストの3人のトライアングル。 ...
ブラッド・ダイヤモンド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:BLOOD DIAMOND) 【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 第79回アカデミー賞で主演男優賞、助演男優賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の5部門にノミネートするも、惜しくも受賞を逃してしまったヒューマンドラマ。 内戦が続くアフリカ、シエラレオネ共...
ブラッド・ダイヤモンド☆[自由][家族][真実]──彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た。 (☆お気楽♪電影生活☆)
10日、レディースDにて鑑賞・・・1本目♪
『ブラッド・ダイヤモンド』 (ラムの大通り)
(原題:BLOOD DIAMOND) ----あっ、ディカプリオだ。 確かゴールデン・グローブの主演男優賞部門で 『ディパーテッド』とWノミネートされたんだよね。 「そう。またまた逃してしまったけどね。 この映画を観る限り、かなりいいところまで行ってるんだけどな」 ----『ブラ...
映画 「ブラッド・ダイヤモンド」 (ようこそMr.G)
映画 「ブラッド・ダイヤモンド」 を観ました。
「ブラッド・ダイアモンド」(Blood Diamond) (映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記)
1979年から1999年の間にシエラレオネで起こった内戦が舞台となった、 「紛争 ダイアモンド」(又はブラッド・ダイアモンド)を映画化した、ディカプリオ主演の最新作「Blood Diamond」を さっそく観て来
ブラッド・ダイヤモンド 65点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
超人硬度10! 公式サイト ハリウッド的お約束を踏まえた上で、"日本武士の魂"を描いた『ラストサムライ』のエドワード・ズウィック監督最新作。今回もまた、ハリウッド的お約束の中で、現在もアフリカに蔓延する、搾取と貧困と暴力の図式を啓蒙する作品となっている。...
ブラッド・ダイヤモンド (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 143分 監督 エドワード・ズウィック 製作総指揮 レン・アマト、ベンジャミン・ウェイスブレン、ケヴィン・デラノイ 脚本 チャールズ・リーヴィット 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード 出演 レオナルド...
[Review] ブラッド・ダイヤモンド (Diary of Cyber)
人間の生命に比べたら、ダイヤモンドの価値など『たかが』である。 だが、その『たかが』のために、今も尚、多くの人間の生命が奪われている     。 『高価なものの覇権争い』は、今に始まったことではない。 コーヒー、紅茶、胡椒。何十年何百年と繰り広げられ...
「ブラッド・ダイヤモンド」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「ブラッド・ダイヤモンド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、アーノルド・ボスルー、カギソ・クイパーズ、デイビッド・ヘアウッド、ベイジル・...
ブラッド・ダイヤモンド (とんとん亭)
「ブラッド・ダイヤモンド」 2006年 米 ★★★★★ 1990年代の後半、アフリカのシエラレオネでの激しい内戦を描いた社会派 アクション映画。 アフリカのあちこちで石油・象牙などを密輸されては国民の知らない所で「大金」 が動いている。ダイヤモ...
ブラッド・ダイヤモンド (5125年映画の旅)
武器やダイヤモンドの密輸売買を生業とするダニーは、一時的に拘束された留置所でソロモンという男が幻のピンクダイヤを発見したという情報を入手する。それに目を付けたダニーはソロモンと接触するが、彼はダイヤを渡す条件として、生き別れた家族と再開させるよう求...
ブラッド・ダイヤモンド(2006年) (勝手に映画評)
2007年アカデミー賞5部門(主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)、助演男優賞(ジェイモン・フンスー)、編集賞、音響効果賞、録音賞)ノミネート作品。 1999年、アフリカ・シエラレオネが舞台。反政府組織RUFに拉致されダイアモンド採掘場での労役を強いられていたジ...
ブラッド・ダイヤモンド (ネタバレ映画館)
 I am a cameraman.
Blood Diamond 「ブラッド・ダイアモンド」 (表参道 high&low)
混乱するシエラレオネのダイアモンドを巡って現地の家族、密売人とジャーナリストの運命が絡み合うのが’Blood Diamond’(ブラッド・ダイアモンド)。 タイタニックに出なきゃ良かったのにと個人的には思うディカプリオが見事に悪役の売人を演じています。 Djimon Houn...
ブラッド・ダイヤモンド (B級パラダイス)
とても美しい宝石、ダイヤモンド。そのダイヤモンドを売買する裏に、残酷な現実があるとは知りませんでした。
『 ブラッド・ダイヤモンド 』 (My Style)
週末、 『 ブラッド・ダイヤモンド 』 を観た。 紛争や少年兵、全国民ホームレスな難民キャンプなどのアフリカが抱える 深刻な問題をいやが上にも目の当たりにしつつも、サスペンス&アクション ありな社会派ムービー!だった{/good/} 1990年代後半の内戦下のアフリカ、...
ブラッド・ダイヤモンド (Akira's VOICE)
石言葉は「永遠の絆・純潔」
「ブラッド・ダイアモンド」 (映画鑑賞検定3級blog)
有給消化でお休みをとり、2本立てで映画を観ることにしました。そのうちの1本にはこれをチョイス。なんとなく面白そうなにおいがしたので。
■ブラッド・ダイヤモンド~レオナルド・ディカプリオの名演! (AKATUKI DESIGN)
久々にディカプリオの素晴らしい演技を見てきました。 タイトルは「ブラッド・ダイヤモンド」 本年度のアカデミー賞で、レオ様が主演男優賞にノミネートしていた作品です。 惜しくも受賞とならなかったけれども・・・ ほんと、見事な演技。 憎まれ役をうまく表現していま...
ブラッド・ダイヤモンド (めでぃあみっくす)
輝きや硬度だけでなく、そのダイヤのために起きた争いで流れた血の量までもがダイヤの価値になる。そんなダイヤのために家族が引き離され自由が奪われる世界があるという事実に、我々が無関心であることもまた大きな罪であると感じました。 とにかくオープニングいきな...
ブラッド・ダイヤモンド 試写会 (ビター☆チョコ)
1999年、内戦が続くシエラレオネ。反政府テロ組織RUFは、村の働き盛りの男を拉致しダイヤモンド鉱山で強制採掘させた。男の子は拉致されたあと、少年兵としてRUFに強制的に加えられた。そうして採掘されたダイヤモンドは密輸され、その膨大な金額はURFの活動資金と...
ブラッド・ダイヤモンド (ちわわぱらだいす)
話題の映画はチェックしなきゃ撚。。。で行ってきました~ 。。。。 いやいや。。。。きつい映画でした殮 ダイヤの為にこんな戦争があってるなんてまったく知らなかったし。 真もかなりショックを受けてました。 「これって本当にあった...
人間は誰もが皆同じ。『ブラッド・ダイヤモンド』 (水曜日のシネマ日記)
ダイヤモンドの密輸を巡り、1990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの、激しい内戦を描いた映画です。
人間は誰もが皆同じ。『ブラッド・ダイヤモンド』 (水曜日のシネマ日記)
ダイヤモンドの密輸を巡り、1990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの、激しい内戦を描いた映画です。
映画~ブラッド・ダイヤモンド (きららのきらきら生活)
 「ブラッド・ダイヤモンド」公式サイト本年度アカデミー賞、主演男優賞ノミネート作品1990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの激しい内戦を描いた社会派アクション映画。ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、巨大なピンク・ダイヤ...
感想/ブラッド・ダイヤモンド(試写) (APRIL FOOLS)
おもしろいけどバランス悪っ!なダイヤ物語『ブラッド・ダイヤモンド』4月7日公開。内戦が続くアフリカの小国シエラレオネ。反政府軍に連行され、ダイヤの採掘現場に放り込まれたソロモン・バンディーは、超レアものダイヤを発見! 黒幕の命を受けてダイヤを狙う密輸ハン...
ブラッド・ダイヤモンド (描きたいアレコレ・やや甘口)
ダイヤモンドは買うな!って?!いや、自慢じゃないけど縁が無いし...。 この地域のダイヤモンドは、残虐な反乱軍(RUF)の武器の資金源になる血にまみれた”紛争ダイヤ”だった! 最近『ホテル・ルワンダ』等、アフリカ物
ブラッド・ダイヤモンド (小部屋日記)
Blood Diamond(2006/アメリカ) 監督:エドワード・ズウィック 出演:レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・コネリー/ジャイモン・フンスー/マイケル・シーン/アーノルド・ヴォスルー/カギソ・クイパーズ 永遠の輝き、誰もが憧れるダイヤモンドの価値を決...
ブラッド・ダイヤモンド (映画を観たよ)
キラキラのダイヤの裏には・・・
「ブラッド・ダイヤモンド」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Blood Diamond」 2006 USA アフリカ、シエラレオネを舞台に、巨大なピンク・ダイアモンドを巡る社会派アドヴェンチャー。 出演者は、アフリカ生まれの白人であり、ダイヤ密売人ダニー・アーチャーにレオナルド・ディカプリオ「ディパーテッド/2006」。 良き父...
【2007-48】ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
地球の奥で生まれた── 幻のダイヤ それは人を狂わせる ダイヤの価値を決める“4つのC”── color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット) しかし、実は5つめのC<conflict(争い)>が存在することを、あなたは知る── [自由]...
ブラッド・ダイヤモンド (Diarydiary!)
《ブラッド・ダイヤモンド》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - BLOOD
ブラッド・ダイヤモンド(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】エドワード・ズウィック 【出演】レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・コネリー/ジャイモン・フンスー/マイケル・シーン/アーノルド・ヴォスルー/カギソ・クイパーズ 【公開日】2007/4.7 【製作】アメ
ブラッド・ダイアモンド(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
ダイアモンドの石言葉は『永遠の絆、不屈、純潔、清浄無垢』 ところが真偽は別としてダイアモンドほど『呪い』と冠が付く宝石はない。 イギリス王室が所有してる『コ・イ・ヌール』 スミソニアン博物館で展示されている『ホープダイヤ』 などなど。 その屈折率の高...
ブラッド・ダイヤモンド (パフィンの生態)
レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた映画。 エドワード・ズウイック監督、2006年。 ”Blood Diamond"とはアフリカ某国で反政府組織が民間人に強制労働させ発掘した原石を密輸し武器購入の資金源となっている”違法ダイヤモンド”をさ...
ブラッド・ダイヤモンド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
アフリカで実際に起きた紛争をリアルに描く、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたレオナルド・ディカプリオの迫真の演技が見のもの! 90年代。内戦渦中のアフリカ、シエラレオネ。南アフリカ人ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリ...
ブラッド・ダイヤモンド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
アフリカで実際に起きた紛争をリアルに描く、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたレオナルド・ディカプリオの迫真の演技が見のもの! 90年代。内戦渦中のアフリカ、シエラレオネ。南アフリカ人ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリ...
ブラッド・ダイヤモンド (りらの感想日記♪)
【ブラッド・ダイヤモンド】   ★★★★ 2007/03/27 試写会(7) ストーリー 激しい内戦が続く90年代のアフリカ、シエラレオネ。
ブラッド・ダイヤモンド (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
レオナルド・ディカプリオがアカデミー主演男優賞にノミネートされた ブラッド・ダイヤモンド。 なんでディパーテッドやないねん? と思ったけれど、、納得。 こっちのディカプリオのほうが良かった!!
ブラッド・ダイヤモンド (映画鑑賞★日記・・・)
【BLOOD DIAMOND 2007/04/07】(04/08)製作国:アメリカ監督:エドワード・ズウィック出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー激しい内戦が続く90年代のアフリカ、シエラレオネ。漁師のソロモンはある日、反政府軍RUFが襲撃、ソ...
ブラッド・ダイヤモンド (映画鑑賞★日記・・・)
【BLOOD DIAMOND 2007/04/07】(04/08)製作国:アメリカ監督:エドワード・ズウィック出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー激しい内戦が続く90年代のアフリカ、シエラレオネ。漁師のソロモンはある日、反政府軍RUFが襲撃、ソ...
ブラッド・ダイヤモンド (future world)
アフリカが舞台の社会派作品では「ナイロビの蜂」が記憶に新しいが、 このブラッド・ダイヤモンド・・・ 90年代のアフリカの厳しく悲惨な現状を、リアルに残虐なところも余すことなく描かれている。 悲惨な過去を持つ密売人ダニー(ディカプリオ)、真面目で家族をこ...
「ブラッド・ダイヤモンド」 Blood Diamond (cine log)
ダイヤモンドをめぐりアフリカで起きる争いの実態を描いたフィクション。ダイヤの密売人ダニーにレオナルド・ディカプリオ、密売の実態を探るジャーナリストのマディーにジェニファー・コネリー、強制的に闇ダイヤの採掘場で働かされる魚師ソロモンにジャイモン・フンス...
ブラッド・ダイアモンド (Happy days***)
ダイヤの価値を決める4つのG 色・・・color カット・・・cut 透明度・・・clarity カラット・・・carat しかし実は5つ目のconflict争いが 存在することをあなたは知る。。。 またもやディカプリオ主演映画 ゴールデン・グローブ賞に デパーテッドと共にWノミ...
「ブラッド・ダイヤモンド」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ブラッド・ダイヤモンド」 監督:エドワード・ズウィック 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、アーノルド・ヴォスルー、カギソ・クイパーズ 1999年、内戦がつづくアフリカ・シエラレオネ共和...
ブラッド・ダイヤモンド (5125年映画の旅)
武器やダイヤモンドの密輸売買を生業とするダニーは、一時的に拘束された留置所でソロモンという男が幻のピンクダイヤを発見したという情報を入手する。それに目を付けたダニーはソロモンと接触するが、彼はダイヤを渡す条件として、生き別れた家族と再開させるよう求...
映画@ブラッド・ダイヤモンド/BLOOD DIAMOND (sattyの癒しのトビラ)
激しい内戦が続く90年代のアフリカ、シエラレオネ。 反政府軍RUFの襲撃で、家族と引き離されたソロモンは ダイヤモンド採掘場で強制労働を強いられる。 そんな中、彼は大粒のピンク・ダイヤを発見、 監視の目をかいくぐりそれを秘密の場所に隠す。 一方、ダイヤの密輸...
ブラッド・ダイヤモンド・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
エドワード・ズウィックのベスト。 アフリカの紛争地帯を舞台に、巨大なピンクダイヤモンドを巡る冒険を描いた社会派サスペンス大作だ。 アフリカ、内乱下のシエラレオネ、1990年代。 滅亡した白人国家ローデシア出身のダ
ブラッド・ダイヤモンド(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】 ★★★★★ 血塗られたその輝きが明かすもの 
ブラッド・ダイヤモンド(2006) (かこぶろ。)
4月7日(土)公開です。 今月の試写会はアカデミーで受賞は逃したものの「ディパーテッド」と共に、ディカプリオがノミネートされた「ブラッド・ダイヤモンド」です。 ゴールデン・グローブなどでも主演男優でノミネート。 ソロモンを熱演したジャイモン・フンスーさん...
ブラッド・ダイヤモンド 試写会 (レンタルだけど映画好き )
ダイヤの価値を決める“4つのC”── color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット) しかし、実は5つめのC<conflict>が存在することを、あなたは知る── [自由][家族][真実]──彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た。 2006年 ...
ブラッド・ダイヤモンド (愛猫レオンとシネマな毎日)
エドワード・ズウィック監督の最新作です。 前作は、トム・クルーズ、渡辺謙を起用した「ラストサムライ」 すばらしい作品でしたよね。 武士道の世界を、日本人より多く学んだんじゃないかなと思いました。 今回の映画も、何度もアフリカへ渡り、リサーチを重ねたそう...
ブラッド・ダイヤモンド (八ちゃんの日常空間)
というわけで、本年度劇場観賞80本目は、待ちに待ったブラッド・ダイヤモンドが公開です!もちろんカウントダウン上映で0時スタート(まるでウインドウズの発売開始みたいだなっ!)
「ブラッド・ダイヤモンド」 (雑板屋)
乾いた大地と血が交じり合う瞬間に・・・興奮の鳥肌! 少年兵らも奮闘する銃撃戦が、まるで自分に向けての低視線の接近戦のように感じられて・・・。 作品自体が真実を伝えようとするジャーナリズム魂が端々に感じられたので、非常に好感が持てた。 家族と平和を愛し...
「ブラッド・ダイヤモンド」 (雑板屋)
乾いた大地と血が交じり合う瞬間に・・・興奮の鳥肌! 少年兵らも奮闘する銃撃戦が、まるで自分に向けての低視線の接近戦のように感じられて・・・。 作品自体が真実を伝えようとするジャーナリズム魂が端々に感じられたので、非常に好感が持てた。 家族と平和を愛し...
メッセージが濃すぎです!!ブラッド・ダイヤモンド (日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。)
こんばんわ、maiです。 先ほど、お台場でこの映画を見てきました↓ 主演:レオナルド・ディカプリオ 出演:ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー 監督:エドワード・ズウィック この映画のお話は、ディカプリオ演じる盗人アーチャーが、たまたまダ...
ブラッド・ダイヤモンド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
シエラレオネ共和国という国を知っていますか?猫は知りませんでした。ギニアとリベリアに囲まれた感じのアフリカの国です。ダイヤモンドの産出量が多いダイヤモンド輸出国にもかかわらず、そのダイヤモンドのほとんどが非合法的に密輸出されている現状で、テロ組織の資金...
*ブラッド・ダイヤモンド* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2006年    アメリカ 内戦が続くアフリカ、シエラレオネ共和国。 メンデ族の漁師ソロモン・バンディー(ジャイモン・フンスー)は、愛する家族とともにつましいながらも満ち足りた生活を送っていた。自慢...
アフリカの「闇」を切り裂く「ブラッド・ダイアモンド」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 最近、アフリカをモチーフにした映画が増えてきている。それもアフリカの直面する諸問題(貧困、民族紛争、エイズ、飢餓など)に真正面から取り組んだ真摯な力作が目立つ。「ホテル・ルワンダ」、「ナイロビの蜂」、そして「ラスト・キング・オブ・スコットランド」。ど...
★「ブラッド・ダイヤモンド」 (ひらりん的映画ブログ)
2007/04/07劇場公開初日のナイト・ショウで観てきました。 さすが、レオナルド・ディカプリオ主演だけあって、 AM0:30からの上映回でも、まあまあの入りだったかなっ。
映画鑑賞記「ブラッド・ダイアモンド」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
ブラッド・ダイアモンド 鑑賞日:07.04.20 鑑賞場所:シネマイクスピアリ  給料の3ヶ月分・・・そう婚約指輪の定番「ダイアモンド」。 そのダイアモンドが彼女の薬指にはめられる前には、いくつものヤミの部分があった。 産出国のほとんどがアフリカ大陸。...
ブラッド・ダイヤモンド (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  内戦が続くアフリカのシエラレオネ。そこではRUFと呼ばれる反政府軍が、まるで戦国時代の野武士の如く、略奪と殺戮を繰り返していた。彼等の資金源はダイヤであり、これを密売して武器を購入するのである。  こうしたルートで取引されるダイヤを紛争ダイヤ...
「ブラッド・ダイヤモンド」 いつか理想郷になることを願う (はらやんの映画徒然草)
モノの価値というのは、人々がそれに価値があると信じるから生じるのであって、そのモ
【MOVIE】ブラッド・ダイヤモンド (思いつくままに)
■感想など そのダイヤには、誰の血が染み込んでいますか...? 冒頭から、目を背けたくなるようなシーン続出で、いきなり度肝を抜かれました。 RUFは反政府の主張のもと、罪もない人々たちを、殺したり、拉致してダイヤの 採掘を強要したり、子供たちには銃を持たせて...
『ブラッド・ダイアモンド』 (京の昼寝~♪)
[自由][家族][真実]彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た     ■監督 エドワード・ズウィック ■脚本・原案 チャールズ・レビット■キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、アーノ...
ブラッド・ダイヤモンド (It's a Wonderful Life)
実はそんなに期待してなかったんですけど、 なんのなんの、かなり骨太の力作で 2時間半ある上映後はいい意味でどっと疲れました。 普通に暮らす人でさえ命を落とさない方がラッキーに見える 10年ほど前のアフリカのシエラレオネ紛争。 恐ろしさや怒りを感じさ...
ブラッド・ダイヤモンド (いろいろと)
レオナルド・デイカプリオ 出演  4月7日~公開中 狂気と混乱が支配する内戦化の
『ブラッド・ダイヤモンド』 (映画館で観ましょ♪)
映画で知る事実。 あまりに残酷で目を覆いたくなる凄まじい事実。 楽しいばかりが映画ではない、 こういう映画も必要なのだ...と思う。 すっかり大人になったレオ様は こんなひねたクセのある役をきっち
自分の血を流してでも守るべきもの●ブラッド・ダイヤモンド (Prism Viewpoints)
ダイヤの価値を決める4つの“C” Color ―――― (色) Cut ――――― (カット) Clarity ――― (透明度) Carat ―――― (カラット) しかし、実は5つめのC Conflic
「ブッラッド・ダイヤモンド」映画感想 (Wilderlandwandar)
各所で骨太ドラマと評判の良い映画「ブッラッド・ダイヤモンド」(原題 BLOOD
《映画》 ブラッド・ダイヤモンド (古谷千秋の食い倒れ日記)
ユナイテッド・シネマ豊洲にて『ブラッド・ダイヤモンド』を鑑賞。内戦が続く1999年のアフリカ、シエラレオネを舞台に戦争の元凶と言われる「紛争ダイヤ」をテーマにしている。ここのところ、ホテル・ルワンダ、ナイロビの蜂、ルワンダの涙など、アフリカを舞台にした素晴...
映画「ブラッド・ダイヤモンド」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ブラッド・ダイヤモンド」に関するトラックバックを募集しています。
映画「ブラッド・ダイヤモンド」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年34本目の劇場鑑賞です。「戦火の勇気」「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック監督作品。内戦の続くアフリカ奥地を舞台に、隠された巨大なピンク・ダイヤモンドをめぐって3人の男女の運命が交錯する社会派アドベンチャー・スリラー。ダイヤモンド業界の暗部に...
ブラッド・ダイヤモンド (まぁず、なにやってんだか)
映画の日の2本目は「ブラッド・ダイヤモンド」鑑賞です。 公開からだいぶ経ちますが、こちらも映画の日だけあって、半分以上の席が埋まっていました。 この映画のディカプリオ、かっこいいかも。 ちょっとワルで頭もよい。でも体力なし(本人も劇中、煙草をやめなき...
『ブラッド・ダイヤモンド』 (たーくん'sシネマカフェ)
2つの意味で(鑑賞時期を遅らせたことと作品内容が)良かった!銃関連の事件直後に観たい衝動で鑑賞していたらヘコんでいたと思う。。 原題:BLOODDIAMOND監督・製作:エドワード・ズウィック 脚本:チャールズ・レビット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモ...
ブラッド・ダイヤモンド (とにかく、映画好きなもので。)
 ほのかなアフリカの家族の風景から入り込んでいくダイヤモンド紛争の姿。  今までアフリカがダイヤモンドを産出する有名な大地という認識はあった。そこを中心としたダイヤモンド産業にはある種憧れに似た感覚を覚えていたものだ。  普段、あまり...
ブラッド・ダイヤモンド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ダイヤの価値を決める“4つのC”── color 色 cut カット clarity 透明度 carat カラット しかし、実は5つめのC<conflict 争い>が存在することを、あなたは知る── [自由][家族][真実]──彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た』  コチラの「ブ...
ブラッド・ダイヤモンド@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する作品は、ディカプリオ主演の映画『ブラッド・ダイヤモンド』です。 まずはストーリーから・・・ 1999年、内戦に揺れるアフリカのシエラレオネ共和国。 ダイヤの密輸に手を染める元傭兵(レオナルド・ディカプリオ)と貧しいながら幸せな生活を送る純朴...
『ブラッド・ダイヤモンド』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ元傭兵のダイヤ密売人アーチャー(ディカプリオ)反政府軍RUFの襲撃によって家族と引き裂かれたソロモン(フンスー)、そして、紛争ダイヤモンドの真実を暴こうとするジャーナリストのマディー(コネリー)。アフリカのシエラレオネ共和国で3人の男女が運命的な....
【映画】ブラッド・ダイヤモンド…娯楽性とメッセージ性の塩梅が良いんじゃない? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}は深夜までお仕事{/face_hekomu/} 今日{/kaeru_rain/}は朝から理髪店(山口県)に行ってまいりました。急に髪の長さが1/3ぐらいになったから寒いです{/hiyo_en1/} 明日こそは年賀状{/mail/}書かないと{/ase/} さて、本日は映画レビュー。 これで鑑賞...
ブラッド・ダイヤモンド (ももママの心のblog)
ディカプリオの熱演、ジャイモン・フンスーの存在感、知的で大人なジェニファー・コネリーの魅力で、重いテーマを前面に出した。このところ、アフリカを題材にした映画が相次いでいるが、単なるエキゾチックな国としてではなく、超人気俳優を配し派手な爆破シーンをさしは...
ブラッド・ダイヤモンド (映画大好きだった^^まとめ)
1 : 名無シネマ@上映中 : 2007/05/17(木) 14:45:18 ID:2kVbCsuVダイヤの価値を決める”4つのC”色(color) カット(cut) 透明度(clarity) カラット(carat)しかし、実は5つめのCが存在することをあなたは知る ...