銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ウォール・ストリート(2010)◆WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS

2011-02-15 | 映画:シネコン

 欲望は、罪なのか。

東宝シネマズ二条にて鑑賞。14日はシネマズデイということで1000円でした。お客さんの入りもまずまず。
前作からもう23年も経っているんですね。ちょっと時間が経ち過ぎって気もするんですが、、、、。

オリバー・ストーンといえば、前回観たのは「ブッシュ」。今回もブッシュでタッグを組んだ、ジョシュ・ブローリンが出ていました。
マイケル・ダグラスさん、年いきましたね。咽頭癌を患ったそうです。何でも末期だったそうで、そんな状態を克服したとは驚きです。

金融危機だとか投資とか、そういう専門的なことはまったく分かりません。でもそこまでの知識はいらないようなので、観やすいといえば、観やすいかもしれませんね。

2時間13分という長さの割には、う~んちょっと中途半端な感じだったように思うんですが、、、、。

ラストがいけませんね。無理におさめたって感じで、終わりよければ全て良しならいいのですが、これはその反対ですね。
こんなこと言っちゃいけませんが、う~んお粗末な気がします。

さて今回は顔ぶれが若くなりました。最近様々な作品でブレイク中のシャイア・ラブーフがゴードンの娘の恋人ジェイコブで登場。そしてゴードンの娘ウィニ―にはあのキャリー・マリガン。若い息吹きで作品を入れたのは良いのだけれど、、、、。

チャーリー・シーンもちょっと出演。クレジットには名前なしか、、、、。本当にちょっとだけだった。

あらすじ(今回はウィキぺデイアより拝借)

ゴードン・ゲッコーはインサイダー取引と証券詐欺罪で8年の懲役の後出所した。その7年後、ウォール街で働くジェイコブ・ムーアが勤務するKZI社の株が突然急落し破綻する。経営者のルイスは○殺し、自社株に投資していたジェイコブも資産を失ってしまう。

ルイス役にはあのフランク・ランジェラ、こんなおじいちゃん?だったかな。地下鉄で飛び込み○殺してしまい、出番はあっという間に終わってしまいました。

株価急落の原因は、投資銀行経営者のブレトンが、あらぬ噂を裏で振りまいていたことを知る。ブレトンは自分の会社が危機だった時代、KZI社のルイスが援助を拒否したことを覚えていた。


ブレトン役にはジョシュ・ブローリン、右のご老人はジュール・シュタインハート役のイ―ライ・ウォラック、イ―ライさん、何と現在95歳で今の現役の俳優さんだそうです。

ジェイコブは友人とともに、ゴードンの講演会に参加する。会場を出たゴードンをつかまえ、自分がゴードンの娘ウィニーと交際していることを明かす。ゴードンも昔ブレトンに取引の情報を漏らされたことで、8年もの長い懲役を喰らったと考えていた。そしてサブプライムローンを発端とする金融市場の崩壊を予期していた。


ゲッコーは絶縁状態のウィニーとの仲を取り持つことを条件にジェイコブと手を組むことに同意する。

 


本能の赴くままに“欲望”を追及し、卓越した頭脳とあらゆる手段で虎視眈々と復活を目論むゲッコー。パーティにも顔を出すゲッコ―。

ジェイコブはブレトンの会社に誘われ働くことにしたが、投資方針が合わず、強く推していていたベンチャー企業への投資を反故にされる。そんな中、金融市場崩壊が始まった。状況をなんとかしたいジェイコブがゴードンに相談すると、ウィニー名義の大金がスイスの銀行口座にあることを打ち明けられる。ウィニーを説得してスイスへ飛び、その金を引き出すことに成功するが、ゴードンを訪ねると彼はアパートから消えていた。 


ゴードンがトンヅラした理由はすぐに分かるよね。これ見え見えだもの。


失意のジェイコブ

そしてウィニ―とも溝が出来ちゃう。彼女は父親への憎しみとジェイコブへの不信?なんかで失意のどん底状態。その上にジェイコブの子どもを身ごもっていた。


と思ったら何とあっという間に修復?
実際にお2人はお付き合いしているそうですが(笑)マジ映画の中も私生活の延長みたいな感じがしたけど。

そうそうあの人も、、、、。スーザン・サランドン。ジェイコブのママ役で登場していましたね。どうしょうもない母でしたが。

 オリバー・ストーン監督は今回も出演。

解説(allcinemaより拝借)

 前作「ウォール街」でメガホンを執った巨匠オリヴァー・ストーンとその巧演でオスカー主演男優賞に輝いた名優マイケル・ダグラスが再びコンビを組んだ23年ぶりの続編。ある野望を秘めた若き銀行マンとその婚約者、そして復活を目論む元カリスマ投資家それぞれの欲望や愛憎を浮き彫りにしながら繰り広げる彼らの運命の行方を、金融不安に陥った現代の世相を背景に描き出す。共演に「トランスフォーマー」シリーズのシャイア・ラブーフ、「17歳の肖像」のキャリー・マリガン、「ブッシュ」のジョシュ・ブローリン。

メディア 映画
上映時間 133分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2011/02/04
ジャンル ドラマ
映倫 G

   

オフィシャル・サイト
http://www.wallstreetmoneyneversleeps.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/wallstreet/

※予告編で結構気になってましたが、それほどではありませんでした。とにかく無理にまとめ過ぎがダメなのでは?

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (9)   Trackbacks (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・タウン(2010)◆◇THE TOWN | TOP | 幸せの始まりは(2010)◇◆HO... »
最近の画像もっと見る

9 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-02-16 00:44:46
ゴードンは年を取って丸くなったというよりも、私は円熟味を増したと感じました。昔よりも敵に回したくないというか。
結局彼だけは自分の望むもの全てを手にしているところが流石だと思いましたよ^^
ラストは・・・ (ノルウェーまだ~む)
2011-02-16 03:05:27
こんばんわ☆
私もラストは無理やり納めたってかんじがして、いただけませんでした。
シャイアくんもいまひとつ金融界でしのぎを削ってやっていっているように見えなかったですし・・・
ラスト・・・ (マリー)
2011-02-16 11:06:57
こんにちは~~♪
予告やストーリーを見てたら、まさかああいうラストって意外でしたね~。
まさにご都合主義的な?(笑)
それでも、ハッピーエンド好きの私はおっけ~にしちゃったけど、一般の方は(笑)きっと、これはないだろ~!?と突っ込んでいるだろなと思ってた。やはりそういう意見が大半のようで・・・
なんで、ゴードンを最後まで“悪”にしなかったのかな~?
まさか病気のこともあってラスト変えてしまった?とまで考えてしまった。
最後まで世の中金だろ~でよかったような気がします。

それとも↑でKLYさんがおっしゃってますが~
全て手にいれたゴードン、あっぱれ!でいいのかな~。
マイケル・ダグラス (mezzotint)
2011-02-16 12:01:30
KLYさん
ちゃんと前作をご覧なっての本作鑑賞!
凄いなあなんて、、、。なるほど単に
マイケルさん、年喰ったんではないのですね。
やはり比べてみると色々分かるんだ。
そうですね。最後は彼の勝ちでしたね。
ゲッコ―は上手くやりました。
まだ~むさんへ♪ (mezzotint)
2011-02-16 12:05:19
そうなんです。あのラストでガクンとなりました。
シャイア君のキャラとやはりあの若さじゃあない
でしょうか。その辺でそう見えないんじゃない
かななんて思いました。
なんて偉そうなこと言えませんが(笑)
マリ―さん♪ (mezzotint)
2011-02-16 12:10:59
ラストの展開、ハッピーなのは別に良いのですが、、、、。何か無理やりに持っていった
ような気がしたんですがね。
もう少し伸ばしても、自然に持っていって
欲しかった気がしました。おっしゃるように
マイケルの病気も原因もあってのラスト(笑)
それひょっとしてあるかも、、、、。

ゴードン、あっぱれですね。上手くやりました。

半端な (sakurai)
2011-02-16 20:21:28
その感じ、よくわかる。
ゲッコーさんが、どっちなのかがよくわかんないのはいいのですが、最後のあれは無理矢理感がありましたよね。
病気のこともあって、丸く収めたってのもあるんでしょうか。
警鐘にしたいんだろうととは思いましたが、ガツンとは来なかったです。
20数年前に前作見て、なんかよくわかんないけど、すごいなああ・・・と結構なショックは受けたんですよ。
まだ若かったのよね、あたしも。
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2011-02-19 01:42:32
またまた寒くなりました(T^T)
mezzotintさんのところも今頃は凄い
冷え込みかたでは?お互いに風邪には気を
つけましょうね(^_-)-☆

で、この作品なんですが、私も予告編から
期待しすぎたことあって、ちょっとイマイチな作品になってしまいました。
ラストの無理矢理まとめ感(笑)は、マイケルが病気だったせいもあったんですねσ(^◇^;)

前作は、すっごく面白かったって言う印象があったのですがσ(^◇^;)
ひろちゃん♪ (mezzotint)
2011-02-19 10:52:12
いやあはっきり分かりませんが、、、。
マイケルさんの病気が原因でラストが
あんな風になったという意見が多いです。
あくまでも憶測ですが(笑)

前作の方が良かったようですね。
今回は全体にゆるい感じで、やはり面白さ
に欠けたようですね。

は~いお互いに体調に気をつけましょうね!
またお邪魔します♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

21 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ウォール・ストリート (LOVE Cinemas 調布)
1987年に公開された『ウォール街』の続編。同じオリヴァー・ストーン監督とマイケル・ダグラスのコンビが、今回は現代の金融事情をベースにマネー・ゲームの世界を描き出す。主演は「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。共演に『17歳の肖像』のキャリー・マ...
「ウォール・ストリート」欲望の亡者 (ノルウェー暮らし・イン・London)
私の生活とは縁もゆかりもない世界だから言うけど、恐ろしい世界である。 結果的に人が死のうが、傷つこうがお構いなし。 マネーゲームがもたらす修復不可能な深い溝が、そう簡単に埋められるとは到底思えないのだけど・・・・・
ウォール・ストリート (迷宮映画館)
ずいぶんと丸くなったなあ、、、監督もゲッコーも。
ウォール・ストリート (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS。オリバー・ストーン監督、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、スーザン・サランドン ...
ウォール・ストリート (心のままに映画の風景)
2001年、ウォール街のカリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)は、8年の服役を終え出所した。 2008年、ニューヨーク。 投資銀行に勤めるジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は、...
ウォール・ストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) ジェイコブの着メロが『続・夕陽のガンマン』のテーマ曲ということは
『ウォール・ストリート』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ウォール・ストリート」□監督 オリヴァー・ストーン □脚本 アラン・ローブ□キャスト マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ...
ウォール・ストリート (Akira's VOICE)
無駄に長いし,中身は生ぬるいし・・・  
ウォール・ストリート (映画鑑賞★日記・・・)
【WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS】 2011/02/04公開 アメリカ 133分監督:オリヴァー・ストーン出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イ ...
ウォール・ストリート (こんな映画見ました~)
『ウォール・ストリート』---WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS---2010年(アメリカ)監督:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス 、シャイア・ラブーフ、 ジョシュ・ブローリン、 キャリー・マリガン 前作「ウォール街」でメガホン...
ウォール・ストリート / Wall Street: Money Never Sleeps (勝手に映画評)
1987年の映画『ウォール街』の続編。 前作で、インサイダー取引にて収監されていたゲッコーが、刑期を終えて出所するシーンから始まります。ゲッコーが戻してもらう携帯電話が物凄く大きいのが、時代を感じさせます。しかし、ゲッコーの出所は2001年という設定なのですが...
映画「ウォール・ストリート」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ウォール・ストリート」観に行ってきました。 1987年公開映画「ウォール街」の続編作品。 新エネルギーを開発するベンチャー企業を支援しようと奮闘するシャイア・ラブーフ演じる若き証券マンのジェイコブ・ムーアと、8年の服役ですっかり過去の人となった、...
ウォール・ストリート (試写会) (風に吹かれて)
ゴードン・ゲッコー イズ バック公式サイト http://movies.foxjapan.com/wallstreet2月4日公開ウォール街(1987)の続編監督: オリバー・ストーン2008年、ウォ
「ウォール・ストリート」 信用は回復できるか? (はらやんの映画徒然草)
僕はメーカーに勤めているもので、どうも金融という商売がうさんくさく見えて仕方があ
ウォール・ストリート (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ウォール・ストリート'10:米◆原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS◆監督:オリヴァー・ストーン「プラトーン」「ウォール街」◆出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブ ...
ウォール・ストリート (5125年映画の旅)
2008年。サブプライム問題によって金融界は不安定な状態にあった。大手証券会社も株価急落によって破綻し、経営者は地下鉄に身を投げた。その会社に勤めていたジェイコブは危 ...
ウォール・ストリート (naguCo.com)
ずっとずっと観たかった度が1位だったの まーまー期待に反することもなく オリバー・ストーン監督は苦手なんだけど これは前作から好き ダグラス扮するゴードン・ゲッコー ショバに出てきても即大活躍の敏腕っぷり 本国では、前作のゲッコーが格好良過ぎて 彼に憧れた....
映画『ウォール・ストリート』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-12.ウォール・ストリート■原題:WallStreet,MoneyNeverSleeps■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月5日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ...
映画 ■■ウォール・ストリート■■ (Playing the Piano is ME.)
経済は苦手... 数字も苦手... 23年前の前作「ウォール街」見ていないのも敗因?
ウォール・ストリート (銀幕大帝α)
WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS/10年/米/133分/ドラマ/劇場公開 監督:オリヴァー・ストーン キャラクター創造:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イーライ・ウォラック、ス....
【映画】ウォール・ストリート…バブルの恩恵は受けてないけど不況の煽りは感じる (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
記事のサブタイトル的な事は記事内には全く書いていませんので注意。 本日から夜勤のピロEKです。 久しぶりにブログ更新。前の記事をアップしたのが11月6日ですから随分空いちゃいました。 その間は、仕事が忙しかったり、本やらゲームやらのインプットが立て込んでア....