銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

1408号室◆ジョン・キューザックがホラーに挑む!

2009-02-10 | 映画:ミニシアター

 この謎を知り、生きて帰れる者はいるのか?

京都での上映はないと半ば諦めていた「1408号室」が何と!京都みなみ会館での上映が実現されました。2月7日、早速鑑賞!原作はあのホラーの巨匠、スティーヴン・キングの短編小説「一四〇八号室」(新潮文庫刊)「幸運の25セント硬貨」に所収。その作品の映画化されたものです。

スティーヴン・キングといえば、昨年上映された「ミスト」を思い出します。単なるパニック映画かと思ったら、人間が極限状況に陥ったとき、どのような心理状態になるのか?というものでした。霧に包まれた中に潜む謎の生き物に襲われるというホラー的な要素もあるのですが。人間の怖い一面も存分に味わえるという心理的要素も盛り込まれた作品でした。

さて今回の「1408号室」も奥が深い!スティーヴン・キングの作品にはワンパターンはありませんよね。そして今回も単なるパニック&ホラーではありませんでした。

鑑賞者も主人公と一緒にそれは凄い体験、体感するって感じでしょうか?最初は1408号室にお化けなんかが出てくる?のかと想像していたのですが、まったく裏切られました。そのようなものは登場しません。でも予想外の衝撃といいしれない恐怖に陥れられたとでもいいましょうか。とにかく部屋から脱出したい!!どうすればいいの?気が狂うほどの体験なのです。

まさにあかずの間に閉じ込められ、その中でもがき、苦しみ、戦う!

冒頭は意外にもすんなりとお話は進んでいきます。何も起こりそうな気配すら感じません。

STORY

オカルト作家マイク・エンズリン(ジョン・キューザック)は、自分の目で見たものしか信じない。かっては父子の交流を描いたフィクション小説などを執筆していたが、娘の死をきっかけに、その執筆路線を変え、今では全米各地の有名な幽霊ホテルや心霊スポットに出向いては、その噂の真相をルポする著作を出版している。これまで一度たりとも幽霊や超常現象に遭遇したことはなく、そうした噂は単に客寄せのための手段だと決め込み、まったく信じていない。頭はいいが皮肉屋の男だった。

サンタモニカの海でサーフィンをしていたある日、アドバルーンを見とれるあまり危うくおぼれかけたエンズリンのもとに、一通の葉書が届く。

差出人が記されていないその葉書には、「ニューヨーク、ドルフィンホテルの1408号室には入ってはいけない」と謎に満ちた言葉だけが綴られていた。

こんな葉書が来たら、行けといわれているようなもの。もちろん興味を覚えたエンズリンは早速下調べをし、このドルフィンホテルの1408号室に宿泊した56人の客がすべて死亡している事実を知り、さらに好奇心を刺激される。

次回作を完成させるために、エンズリンはドルフィンホテルにチェックインする。

執拗なまでに1408号室の宿泊にこだわるエンズリンに、ホテルの支配人オリン(サミュエル・L・ジャクソン)は再三にわたって説得する。自殺以外にも22人があの部屋で自然死を遂げたこと、偶発的に10分間だけ浴室に閉じ込められたメイドが救い出してみると両目を刺して笑っていたこと、これまでに1時間持ちこたえられた人がいないことーーーーー。オリンは最後にこう呟く。「あの部屋は邪悪な部屋だ。」と・・・・。

オリンは死亡した宿泊者のファイルまで見せて妥協を迫る!しかしエンズリンはオリンの警告を無視し、鍵を受け取ると、何年も宿泊客を迎え入れていない1408号室に足を踏み入れる・・・・・・。

 問題の部屋へと向かうエンズリン。

果たして、1408号室には、何が、あるのかーーーーー?

ここからは観客もエンズリンとともにドキドキ感を味わうことになります。一体なにがあるのかと怖いもの見たさに。

オリンからもらった高級酒を呑みながら、ベッドでこれから起こるべく恐怖を待つ。

徐々に恐怖は忍びよることに・・・・・。

突然鳴り響くベッド横のアラーム!あの懐かしいカーペンターズの♪メロディーが大きな音で流れ始める。これが始まり・・・・?

窓をのぞいた際に突然窓ガラスが下に落ちてくる。エンズリンは手を挟み、血だらけに・・・・・。

スイッチを切ったはずのアラームは再び鳴り始める。そして時間設定がスタート。その時間は60.00という数字になっていた。いよいよエンズリンへの攻撃が開始されるようである。

次々と起こる様々な超常現象がエンズリンに恐怖心へといざなう

部屋の空調設備もきかないため、フロントに電話。修理工の男性はやって来るものの、部屋に足を踏み入れようとはしない。部屋の外から、修理方法を伝えて去っていく。何とか冷房が直るが・・・・。

この部屋で亡くなった人たちの亡霊?が登場。窓から外へ落ちていく姿も見える。時には背後からエンズリンを襲おうとする。これは現実それとも幻なのか?幻覚と現実の間でエンズリンはおかしくなる。隣から聞こえる赤ちゃんの鳴き声に、壁を叩いて助けを呼ぶも、通じない。窓を飛び出し、隣の部屋へと行こうとしたが・・・・・。何と隣の窓は存在しない1408号室の窓以外、窓は存在しない。ウッソ~~

通機構を登り、隣へ・・・・。しかしそこで見えたものは、元妻の姿

一体どうなっているの?

冷房のスイッチに異常が?急激に温度が下がり、部屋の中は真冬状態。寒さで凍える。何とかPCで妻リリー(メアリー・マコーマック)にヘルプ!!しかし現状が上手く伝わらない。ここでは違う自分が登場して助けを求めるエンズリンを妨害するのだ。

どんどん負の状況に陥るエンズリン!意識は朦朧としていく。何処までは現実で、何処までが幻覚?

気がつけば、サーフィンで溺れたサンタモニカの浜辺?妻リリーとの再会?あの郵便局に行っている自分がいる。ところが、郵便局の壁が突如壊された。そこに現れたのは、紛れもないあの1408号室なのだ!現実なのか?幻覚なのか?意識が朦朧としたエンズリンはわけの分からない状況のなかを彷徨う。

気がつけば、部屋のテレビには、何と!妻リリーと自分そして亡き娘の姿が映しだされる。元気だったころの家族のむつまじい情景である。

何故?彼の過去を知っているのか。この部屋の正体は何なのか?

負の穴に落ちていくエンズリン・・・・。

部屋の中は廃墟のようになっている。この状況は本当なのか?憔悴しきったエンズリン。あとわずかでタイムリミット?のようだ。

廃墟の部屋から亡き娘が現れる。

冷蔵庫を開けたら支配人オリンがいる。

突然フロントからの。出ると、ゲームを続けるか?との質問が女性の声がする。彼はチェックアウトすることはもはや無理だと悟っていた。タイムリミットしたと思ったら、アラームはまた最初の60.00に戻った

そうチェックアウト=死に決まっている。もはやここから抜け出せない。そんな状況でもエンズリンはルポを続けた。そして最後の賭けに出た。

果たしてマイク・エンズリンは生きて、1408号室から抜け出せるのか?

  1408=1+4+0+8=13→ そう13は不吉な数字。1408はこういう意味だったのですね。

 妻リリー役 メアリー・マコーマック

 

 亡き娘 ケーティ役(ジャスミン・ジェシカ・アンソニー

 支配人オリンが裏で操っているのか?なんて思ったけど・・・・?

どうもそうではなさそうですね。

最後の賭けは・・・・・。彼は救われたのか?

まさに孤独で苛酷な戦いだと思いました。度肝を抜かれるような「1408号室」の結末はいかに?

解説

巨匠スティーヴン・キングの短編ホラーをジョン・キューザック主演で映画化。超常現象を疑い、呪われた部屋として知られる“1408号室”に宿泊してその謎を解明しようとした主人公に襲いかかる想像を絶する恐怖を描く。共演はサミュエル・L・ジャクソン。監督は「すべてはその朝始まった」のミカエル・ハフストローム

 

原作:

  スティーヴン・キング  
  『一四〇八号室』(新潮社刊『幸運の25セント硬貨』所収)
メディア 映画
上映時間 104分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ムービーアイ)

初公開年月日●2008年11月22日

この部屋はあなたの心を破壊する!

オフィシャル・サイト
http://www.1408-themovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://room1408.jp/

 

 


  

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この自由な世界で●it`s a f... | TOP | ベンジャミン・バトン★数奇な... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジョン・キューザック (にゃむばなな)
2009-02-10 21:09:05
やはりジョン・キューザックの選ぶ脚本にはハズレなしでしたね。

それにしても1+4+0+8=13っていうのはちょっとムリがあるようにも思えましたよ。
それならあのホテルの広さからいっても1417号室も1+4+1+7=13になりますからね。
Unknown (KLY)
2009-02-10 23:45:43
こんばんは^^
コメ&いつもTBありがとうございます。

私は基本的にホラー作品が苦手なんであまり見ないんですが、これは観てみて、ホラーといえるのかなぁと感じました。ミステリアスではあるんですが、あんまり怖いとは感じなかったですし。^^;

あ、それと私のサイトの「お奨めブログリンク集」に「銅版画制作の日々」さんを入れさせていただきました。もしも不都合があるようでしたらおっしゃってください。
今後ともよろしくお願いします^^
キング! (りゃんひさ)
2009-02-11 00:03:06
キング、大好きなのもので、映画化作品は見逃せません。今回のは原作は読んでいましたが、ちょいと内容を忘れていました。ホテルの壁をつたうハナシは『キャッツ・アイ』の1エピソードにも登場しています。キングはよっぽど高いとこ嫌いなのでしょう。次なる映画化作品も期待しています。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

35 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
1408号室 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この部屋はあなたのココロを破壊する』  コチラの「1408号室」は、宿泊した56人全員が死亡したチェックアウト不能の「1408号室」を舞台に繰り広げられる、11/22公開となったノンストップ・パニック・スリラーなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪主演は、ジ...
1408号室/1408 (いい加減社長の映画日記)
いゃ~~、気になる映画が一気に4本も公開。 「私は貝になりたい」 戦争もの苦手、中居くん嫌いな私はちょっとパスかな。 暗そうだし。 仲間由紀恵さんは好きだけど、やはりコメディチックな役柄の方が好き^^ 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 おバカ映画で、...
1408号室 (LOVE Cinemas 調布)
スティーブン・キング原作、ジョン・キューザック主演のホラー作品。サミュエル・L・ジャクソンも出演しているが、←のチラシの2ショット程には重要な役回りと言う訳ではない。『グリーンマイル』、『ミスト』を超えたとありますが、『ミスト』はともかく『グリーンマイ...
『1408号室』('08初鑑賞147・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:25の回を鑑賞。
『1408号室』 (めでぃあみっくす)
スティーブン・キング原作の映画化という一抹の不安はあれど、ジョン・キューザックが選んだ脚本ということで見てみましたが、いい意味での悪い意味でもいや~な映画でした。『ミスト』のようにクリーチャーが出てくる映画ではないのですが、ホラー映画としては十分面白い...
1408号室 (Memoirs_of_dai)
ONE ROOM 【Story】 呪われた場所を取材し、執筆することで生計を立てている作家マイク(ジョン・キューザック)は、ある朝海岸でドルフィン...
『1408号室』:邪悪な部屋、その存在理由@オンライン試写 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
ホテルの支配人サミュエル・L・ジャクソンが作家のジョン・キューザックを案内するエレベータの中で言う。 「従業員たちはその部屋のことは「無いもの」として行動しています。あたかも13階があっても「無いもの」と行動するのと同じように」。
1408号室 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。スティーヴン・キング原作、ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ。ニューヨークのドルフィンホテル(Dolphin Hotel)は1910年代創業だが、1408号室の宿泊者は2度と出...
1408号室 (だらだら無気力ブログ)
スティーヴン・キングの同名小説を映画化。 宿泊した者は必ず死亡するという呪われた部屋の謎を解こうとその部屋に 宿泊した男に降りかかる恐怖を描く。超常現象を信じない作家のマイク・エンズリンは幽霊が出たり、怪奇現象が 起きるホテル等を訪ねては、その体験を本...
劇場鑑賞「1408号室」 (日々“是”精進!)
幸運の25セント硬貨「1408号室」を鑑賞してきましたスティーブン・キングの短編小説を原作にしたミステリー・ホラー。過去に次々と死者を出し、宿泊することを禁じられている高級ホテルの一室に足を踏み入れた作家が、不可解なな現象に襲われていく。現実と虚構との境...
1408号室 (Akira's VOICE)
恐怖のお仕置き部屋。  
2008-82『1408号室』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-82『1408号室』(更新:2008/11/26) 評価:★★☆☆☆ スティーヴン・キング原作ホラー。 特徴としては「幻覚系恐怖」ってところでしょうか。 恐さはあったが訴えかけるものがない。 ただのホ...
1408号室 (小部屋日記)
1408(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ミカエル・ハフストローム 出演:ジョン・キューザック/サミュエル・L・ジャクソン/メアリー・マコーマック/トニー・シャルーブ この部屋はあなたのココロを破壊する 1+4+0+8=13 原作はスティーヴン・キングの同名短編...
1408号室 (そーれりぽーと)
スティーブン・キング原作の中で全米で一番ヒットしたのだそうで、こないだの『ミスト』の面白さから相当期待をして『1408号室』を観てきました。 ★★★ アンチオカルトなのにオカルト本で飯を食ってる作家が、ホテルの呪われた部屋の嘘を暴こうと泊って酷い目に会う話...
310「1408号室」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
邪悪の部屋にドクロ10を  ある理由から、超常現象を一切信じず、幽霊や怪奇現象が噂されるスポットを訪ね歩いては、その体験をまとめた文章を書くオカルト作家のマイク・エンズリン。ある日彼の元に一通のハガキが届く。絵柄はニューヨークのドルフィン・ホテル。「1...
「1408号室」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  お疲れさま、ジョン・キューザック…。…というのが観終わってからの感想です。NY ドルフィンホテル 1408号室(数字を分解して足すと13)密室で繰り広げられる心理ホラーということでほとんどジョン・キューザックが出ずっぱりで、しか...
「1408号室」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
勝ち目のない60分一本(?)勝負。建物に人間様が襲われる映画って、「悪魔の棲む家」だとか「ハウス」だとか、かなり昔に流行っていた気がする。でも、この1408号室の「邪悪」ぶりは相当に凝っていておもしろい。一件落着かと思わせておいてまだまだ終わらない緻密なしつ...
★「1408号室」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、 TOHOシネマズの「1ケ月フリーパスポート」は使い切ったけど、 まだまだ鑑賞ポイントが貯まってるので、 それを使ってタダ観をしました。 本作は、数多くの作品が映画化されてるスティーヴン・キングの原作。 全米では彼の作品の中でもトップクラ...
1408号室 (5125年映画の旅)
ホラー作家のマイクの元に届いた一通の絵葉書。ニューヨークのドルフィンホテルが描かれたその絵葉書には、「1408号室に入るな」という言葉だけが綴られていた。興味を持ったマイクはドルフィンホテルに赴き、支配人の制止を無視して1408号室に泊まる。そこで...
1408号室 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 スティーヴン・キング原作の短編小説を映画化したホラー「1408号室」を見ましたよ!  主人公マイク(ジョン・キューザック)は全米にある怪現象が起こるといわくつきのホテルの部屋に宿泊して体験談を書くことをなりわいにしているライター。  いろいろなところ...
【1408号室】 (日々のつぶやき)
監督:ミカエル・ハフストローム 出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック 「オカルト作家のマイク・エンズリンは、幽霊が出るなどの超自然現象の起こる部屋に実際に泊まっては本に書いていたが、自分は全くそういう存在を
1408号室・・・・・1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スティーブン・キング原作で、ホテルを舞台としたゴーストストーリーと言えば「シャイニング」が思い浮かぶが、今回恐怖への扉が開くのは、...
★1408号室(2007)★ (CinemaCollection)
1408この部屋はあなたのココロを破壊する映時間104分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ムービーアイ)初公開年月2008/11/22ジャンルホラー/サスペンス【解説】巨匠スティーヴン・キングの短編ホラーをジョン・キューザック主演で映画化。超常現象を疑い、呪われた部屋とし....
「1408号室」 (或る日の出来事)
おもしろかった。 あるホテルの恐怖の一室での体験を、どのように見せるのかが興味深かったが、ジョン・キューザック扮する主人公の作家の精...
1408号室 (ネタバレ映画館)
カーペンターズの曲が怖くて聴けなくなりそう・・・
1408号室◆キング原作の良質ホラー (好きな映画だけ見ていたい)
     「1408号室」 (2007年・アメリカ) 原作はスティーブン・キングの短編集「幸運の25セント硬貨」所収の一編。過去に56人もの宿泊客が命を落としたいわくつきのホテルの一室で、オカルト作家が体験する怪異を描いたサスペンス・ホラー。物語の舞台はほとん...
1408号室 (近未来二番館)
1408号室 - goo 映画 11月26日映画館にて  困ったことにスプラッタ嫌いのホラー好き。近頃スプラッタとホラーはイコールではないけれど、か...
1408号室 ★★★☆☆ (TRIVIAL JUNK Blog)
部屋「泊めるなよ!絶対泊めるなよ!」 <公式サイト> スティーブン・キングの同名の短編小説を映画化。 キング映画と言えば当たり外れが激しい、っつーか7割以上ハズレじゃねぇかボケ!という切ない状況がありますが、これはそもそも彼の小説が映像化に不向きなせい...
1408号室 (描きたいアレコレ・やや甘口)
ホテルの部屋で暴れてはいけません。 ネタバレしてます。 1408号室を開けると、そこには鎖(ブラック・スネイク・モーン)と蛇(スネーク...
164●『1408号室』 (レザボアCATs)
←このチラシにある、「S・キング映画史上No.1ヒット」。この煽り文句、大丈夫なんでしょうか。。。こんなこと言ったらみんな、期待しちゃうじゃんか、と、キングのファンとしては青くなりながら、でもやっぱり期待に胸を膨らませながら見に行って来た・・・!
1408号室 (ダイターンクラッシュ!!)
6月13日(土) レンタルDVD 1408号室 [DVD]出版社/メーカー: 東宝メディア: DVD 『1408号室』公式サイト 終盤で「やっぱりそれかよ!」という展開を見せる。 「このまま終わったら許さねーぞ。」と思っていると、あまりなやり方で元に戻す。 何日間か時間は消費して...
【映画】1408号室…関係ない蛇足が長め…の記事&エアコン故障とその後 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ホントこの夏、この国は天災に見舞われ続けてる様子で{/face_hekomu/}… 北部九州から中国地方にかけての集中豪雨{/kaeru_rain/}が過ぎたかと思えば、台風の影響でもっと東の方で大雨{/kaeru_rain/} その後は結構大きな地震{/face_hekomu/}ですか…来週、息子が某企業の職...
1408号室 (心のままに映画の風景)
アメリカ各地の超常現象をルポする作家のマイク(ジョン・キューザック)のもとに、 ドルフィンホテルの1408号室には絶対に入ってはならない...
『1408号室』 (『映画な日々』 cinema-days)
1408号室 超常現象を信じないオカルト作家が ホテルの一室で体験する未曾有の世界。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) ”モダ...
映画『1408号室』を観て (KINTYRE’SDIARY)
92.1408号室■原題:1408■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:11月22日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督:ミ...