銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

瞳の奥の秘密(2009)

2010-09-28 | 映画:ミニシアター

 EL SECRETO DE SUS OJOS

9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。
本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国のアルゼンチンアカデミー賞でも主要な部門を含む17部門でノミネート、何と13部門で独占受賞という快挙。

もちろん世界参加となる。そしてあのアカデミーで外国映画賞、カンヌ国際映画祭も制するんですね。
あのミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」も抑えての受賞とは本当に凄いですよね!

さて感想です。前半は正直だるかったです(笑)サスペンスですが、単にサスペンスではありません。登場する人物たちの心の変化やしがらみなどが複雑に映し出されていきます。重い作風という感じですね。

リリアナという女性が夫との朝食での幸せなひとときが映し出された思いきや、突然自宅にて何者かに暴行され、殺されるというショッキングな場面に変わります。
これは主人公ベンハミン・エスポシトが回想しているんでしょうね。25年前の事件への複雑な思いであるという事でしょうね。

そしてベンハミンの現在へと繋がっていきます。彼は定年となり裁判所を退職していました。退職した彼には仕事はもちろん、家族もなく孤独な時間を過ごしていたわけです。そんな彼は残りの人生であの忌まわしい25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意していたのです。

久しぶりに当時の職場を訪ね、元上司でかっての判事補、イレーネ・メネンデス・ヘイスティングスに出迎えを受ける。


イレーネ ソレダ・ビジャミル
1969年、アルゼンチン・ブェノスアイレス生まれ。2000年にリカルト・ダリンと共演した作品で主演女優賞に輝き、アルゼンチン屈指の演技派女優としての地位を確立している。


主人公ベンハミン リカルド・ダリン
1957年、アルゼンチン・ブェノスアイレス生まれ。アルゼンチンを代表する俳優の一人。10歳の時に俳優である両親と共演した舞台でデビュー。本作で、アルゼンチン・アカデミー賞最優秀男優を受賞。最新作は2010年カンヌ国際映画祭<ある視点>部門に出品された「Caranho」

ベンハミンはイレーネに想いを寄せていた。だが今は彼女は検事に昇格してその上2人の子供の母親だった。

お話は25年前から始まります。

さて忘れられない1974年の凄惨事件。


銀行員の夫リカルド・モラレスと幸せな新婚生活を送っていた23歳の女性教師リリアナ・コロトが自宅で暴行され殺害される。同僚ロマーノに担当を押し付けられて、渋々現場に向かったベンハミンは無惨な遺体を見て衝撃を受ける。彼が事件に取り組もうとした矢先、テラスの修理をしていた2人の職人が逮捕される。ロマーノが手柄を立てるために警察に手をまわした。拷問し嘘の自白をさせたようである。結局ベンハミンの告発で2人は釈放となる。


ロマーノの言いぐさが頭にくる!君は高卒だ、彼女は大学卒。

モラレスを訪ね、リリアナのアルバムを見せてもらう。リリアナのかっての故郷チビルコイに住んでいた時に撮影された写真の男に注目するベンハミン。男の名はイシドロ・ゴメス、リリアナの幼馴染。男は彼女を見つめていた。その瞳は暗い情熱が宿っていた。
モラレスがゴメスの母に居場所を確かめる電話をしたことから、ゴメスは勤務先の現場から、姿を消してしまう。ゴメスの実家の捜査を提案するも、面倒を避けたい判事に一蹴される。諦められないベンハミンは部下で友人のパブロ・サンドバルと不法侵入を決行、ゴメスが母に宛てた手紙を持ちだすも判事にばれてしまう。
越権行為はイレーネの働きで不問にされるが事件は未解決のまま葬られる。


パブロ・サンドバル ギレルモ・フランセーヤ
1955年、アルゼンチン・ブェノスアイレス生まれ。ガエル君の映画、「ルド&クルシ」に出演、あの兄弟をスカウトした役で登場している。本作でアルゼンチン・アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いた。

さて事件から1年が経った頃、ベンハミンは駅で偶然、モラレスと再会。彼は毎日、曜日ごとに駅を変えて、ゴメスが現れるのを見張っていた。


モラレス パブロ・ラゴ
1972年、アルゼンチン・ブェノスアイレス生まれ。1979年子役としてTVシリーズでデビュー、それ以来数多くの作品に出演している。あの「今夜、列車は走る」にも出演。本作ではアルゼンチン・アカデミー賞助演男優賞にノミネートされている。
ガエル君似?違う

モラレスの深い愛情に揺さぶられたベンハミンは「彼の瞳を見るべきだ。あれこそが真の愛だ」とイレーネに捜査の再開を嘆願する。封印した事件の書類を引っ張り出すことに、、、、。ところが肝心の手紙がない?!どうも相棒パブロの仕業。

手紙にはサッカーチーム“ラシン”の選手の名前が出てくる事に気づく。これこそ重要な事実。。。。。

スタジアムにて張り込み。ゴメスはついに現れる。取り押さえることに成功!
しかしゴメスは否認し続ける。やはり彼ではないのか?
ところがイレーネの尋問の凄さで何と彼は自白することに。これは凄かった。侮辱を駆り立て彼の自白を上手く引き出すとは!!

ところがこの後意外な展開に・・・・・。
ゴメスは終身刑を宣告されて万事上手くいったように見えたが、、、、。モラレスの連絡でびっくり!テレビにゴメスが映っていた。しかも大統領のSPとして付き添っているのだ。ゴメスはゲリラの情報提供を協力することを条件に釈放されていたのだ。
何と酷い話である。正義は死んでしまうのか!


エレベーターでゴメスと遭遇、銃を取りだすゴメス。緊張するシーンでした(汗)

そしてまもなくパブロが、ベンハミン宅で撃ち殺される。ベンハミンの身が危ないことが分かる。結局ベンハミンはイレーネの計らいで地方の地に身を隠すことになる。


駅で別れをする際、ベンハミンはイレーネに告白できたのに、、、、、。
勇気がなかった。さて25年後、彼は失われた歳月を取り戻すことが出来るのか?

長い物語を見せてもらった。前半はこのペースについていけず、少々しんどかったけど、、、、、後半は展開が色々あって、身を乗り出し鑑賞していました。

解説(allcinemaより拝借)

 2009年に本国アルゼンチンで公開されるや歴史的な大ヒットとなり、みごとアカデミー外国語映画賞にも輝いたサスペンス・ドラマ。25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督は人気TVシリーズの演出などでハリウッドでも活躍するアルゼンチンの俊英フアン・ホセ・カンパネラ

メディア 映画
上映時間 129分
製作国 スペイン/アルゼンチン
公開情報 劇場公開(ロングライド)
初公開年月 2010/08/14
ジャンル ドラマ/犯罪/サスペンス
映倫 PG12

ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──
未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。

オフィシャル・サイト
http://www.hitomi-himitsu.jp/
 
 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (13)   Trackbacks (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テイク・マイ・アイズ(20... | TOP | 寒くなったり、暑くなったり... »
最近の画像もっと見る

13 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-09-29 00:11:03
20年越しの事件と恋愛の両方を実に上手く融合した脚本でした。オマケに両方ともにキチンと結末に対する伏線があるんですよね。でもそれをそれと気付かせないという…。事件の結末はもちろんですが、タイプライターのAの秘密なんて実にうまいよなぁ・・・。^^
いいですね。 (きさ)
2010-09-29 05:35:53
これは良い映画でした。
「インセプション」と並んで今の所今年後半の洋画ベストかも。
朝日新聞の沢木耕太郎の映画評「銀の街から」で取り上げられていました。
http://doraku.asahi.com/entertainment/movie/review/100818_2.html
見たいです ()
2010-09-30 06:25:35
この映画、見たいです。
身を乗り出してしまうなんて、面白そうではないですか!
京都は、良質な映画が多く上映されるので、羨ましい限りですよ。

ところで、お願いがあるのですが、相互リンクを貼っていただけないでしょうか。
大丈夫なようでしたら、是非、お願いいたします。
こんにちは~☆ (kira)
2010-09-30 10:48:42
凄惨な事件の幕開けは期待が走りましたが、
それ以降のぬるい展開、
あり得ない出来すぎ(サッカー場)家宅侵入等々、
段々引いてしまったんですよね(笑)
評判がすこぶるヨカッタし、かなり期待しすぎだったのかも

ベンハミンの、特に男に対する態度が好きになれなくて、(爆)
kiraさん☆ (mezzotint)
2010-09-30 23:41:37
期待しすぎて、ダメでしたか、、、、。
私も前半のあのだるくてゆっくりモード
に耐えられなくて。思わずzzzzに
なりそうになりましたが、後半何とか
展開にメリハリがついて持ち直したという
状況で。もしかして後半も同じなら、
きっとkiraさん同様辛口になっていたと
思います。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2010-10-01 01:13:43
自分のブログには、割合、いい評価にしましたが、実は思ったほどの作品でもなくて(笑)
質も高いし、いい作品だとは思うのですが
ベンハミンとイレーネの25年に渡る純愛に、ちょっと乗り切れなくて(^^;

冒頭は好きな感じでしたが、前半確かに
タルイところもありましたよねσ(^◇^;)
私も後半の展開から、グイグイと言う感じ
でした(^_-)-☆
ドラマチックな展開。 (BC)
2010-10-01 04:57:44
mezzotintさん、おはようです。

確かに、モラレス役のパブロ・ラゴはガエルくんに似ていますね。^^
ガエルくんをもっとニヒルにした感じかな。

後半はドラマチックな展開でしたね。
おはようございます。 (アイマック)
2010-10-01 08:58:01
パブロの人は「ルド&クルシ」に出てるのね。
エレベーターのシーンはドキドキしましたよ。
ただ、突っ込みどころもあってその辺が気になりました。
駅のところは不覚にも泣いてしまったけどね^^;
ひろちゃんへ (mezzotint)
2010-10-01 23:15:25
やはりそうでしたか、、、。
好みな作品といえばう~ん微妙ですね。
前半はどうしょうもなくだめでした(笑)
何とか後半の展開が良かったので。
じんわり良かったかな。
BCさんへ♪ (mezzotint)
2010-10-01 23:41:01
おぉ~やはり似ていますか?
この人の出演していた「今夜、列車が走る」
もなかなか良かったです。
前半はあまりにも話の進み方が遅くて
ちょっとだめでしたが、、、、。
後半の展開が良かったので、
じんわり良かったということで(笑)
アイマックさん☆★ (mezzotint)
2010-10-01 23:43:49
パブロ役の方、そうらしいです。
でもあんまり結びつかなくて(笑)
エレベーターのシーンは本当にどきどき
ものでした。突っ込みどころが多い、、、。
確かにそうですね。
秀作 (にゃむばなな)
2010-10-04 20:23:17
改めて思うのが、こういう上質な映画がアカデミーで外国語映画賞受賞だけに終わるのは本当にもったいないですよ。
作品賞候補が10作品に増えたのなら、こういう映画もノミネートしてほしかったと思えるほど、素晴らしい映画でした。
これは傑作! (sakurai)
2010-11-05 08:10:41
いろいろと感じ方もあるんですね!
あたしはこれは最高でした。
今年、1,2を争うくらい。
いやーー素晴らしかったです。
あのパブロの存在がまたよかった。
かれの男気に(ベンハミンの想像にすぎないかもしれませんが・・)やられました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

39 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
瞳の奥の秘密 (LOVE Cinemas 調布)
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・...
『瞳の奥の秘密』(2009)/スペイン・アルゼンチン (NiceOne!!)
原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞...
瞳の奥の秘密 (あーうぃ だにぇっと)
7月5日(月)@都内某所で鑑賞。 この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。 某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。 一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑) どこか天候がおかしく感じる今...
瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました~ アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネ...
瞳の奥の秘密 (映画的・絵画的・音楽的)
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼ら...
『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。
瞳の奥の秘密 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:EL SECRETO DE SUS OJOS、英題:THE SECRET IN THEIR EYES。フアン・ホセ・カンパネラ監督のスペイン・アルゼンチン合作映画。今年の米アカデミー外国映画賞受賞作品。リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ、ギレ...
瞳の奥の秘密 (to Heart)
ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 原題 EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES 製作年度 2009年 製作国...
瞳の奥の秘密/リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル (カノンな日々)
本国アルゼンチンでは大ヒットを記録し第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。70年代の軍事政権下のアルゼンチン社会を背景に過去の記憶に支配され苦悩する男の姿を描くサスペンス・ドラマ。 出演はその他に、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、カルラ...
情熱の行方~『瞳の奥の秘密』 (真紅のthinkingdays)
 EL SECRETO DE SUS OJOS  THE SECRET IN THEIR EYES  裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ リン)は、2...
映画「瞳の奥の秘密」 (今日の素敵さがし)
 あえて画像を不鮮明にした幾つかのシーンで幕を開ける。そのイントロでワクワクしてくる。とりわけ、心をひっ掻くのは、男と女が駅で別れるシテュエーション。それは後で重要な意味を持つのだが。
映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にな...
映画レビュー「瞳の奥の秘密」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
El Secreto De Sus Ojos◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみ。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前の未解決事件を題材に小説を書き始める。1974年に起こった残忍な殺人事件は...
★瞳の奥の秘密(2009)★ (CinemaCollection)
THESORCERER'SAPPRENTICEELSECRETODESUSOJOSTHESECRETINTHEIREYESブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。上映時間129分製作国スペイン/アル...
瞳の奥の秘密 (風に吹かれて)
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2
瞳の奥の秘密 (小部屋日記)
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする...
『瞳の奥の秘密』 (ラムの大通り)
(原題:El secreto de sus ojos) 「う~ん。これは体調がいいときにもう一回、じっくりと観たい…。 そういう手合いの映画だね」 ----へぇ~っ。そうニャンだ。 アカデミー賞外国語映画賞受賞とは聞いていたけど、 いったい、どんなお話ニャの? 「それは、比較的簡単...
瞳の奥の秘密 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
闇に葬られた事件を小説にすることで、失われた過去と向き合う男の物語。本年度アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞し、アルゼンチンのアカデミー賞でも13部門を制覇。 物語:刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意...
瞳の奥の秘密 (心のままに映画の風景)
刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。 かつての職場を訪ね、当時の...
《 瞳の奥の秘密 》 (映画 - K'z films -)
フアン・ホセ・カンパネラ監督作品。第82回アカデミー賞にて、最優秀外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画です。アルゼンチン・アカデミー賞では主要部門を総なめにした驚異的な作品で、主演はアルゼンチンにおける国民的俳優、リカルド・ダリンとソレダ・ビジャミルが...
瞳の奥の秘密 (メルブロ)
瞳の奥の秘密(原題: EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES) 328本目 2010-32 上映時間 2時間8分 監督 フアン・ホセ・カンパネラ 出演 リカルド・ダリン(ベンハミン・エスポシト) 、 ソレダ・ビジャミル(イレーネ・メネンデス・ヘイスティングス...
瞳の奥の秘密 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年10月3日(日) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『瞳の奥の秘密』公式サイト アカデミー外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画。 ミステリーであり、ラブストーリーである...
瞳の奥の秘密☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アルゼンチンを舞台に描かれたミステリーベース、でも実は愛の深さを描いた作品と。巷の評判はとってもいい作品です。裁判所を退職し、かつてかかわった事件を小説にしようとしていたベンハミンは、あの頃の女性上司に逢いに行く。事件は25年前の女性暴行殺人事件。一度は...
『瞳の奥の秘密』 (こねたみっくす)
瞳の奥に秘められたのは愛が隠した正義という名の狂気か、それとも正義を貫けなかった後悔が隠した真実の愛なのか。 第82回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのアルゼンチン映画。静かで上質な大人のサスペンスドラマが最後に辿り着く2つの秘密に、まるでビターコーヒー...
瞳の奥の秘密 (映画の話でコーヒーブレイク)
本年度アカデミー賞最優秀外国語賞受賞を取ったアルゼンチン映画です。 アルゼンチンの映画を初めて見ました。 サスペンスというだけで、どういうストーリーか知らずに見たのですが・・・、 最後までグイグイ引き込まれ、見終わった後ちょっと席を立てないほどの衝撃を受...
映画「瞳の奥の秘密」 (Andre's Review)
  el secreto de sus ojos アルゼンチン 2009 10年8月公開 劇場鑑賞 アカデミー賞の外国語映画賞は毎年良い作品が多いので、今年の受賞作であるこの作品もとても気になっていました。 ブエノサイレスの裁判所を定年退職したベンハミンは25年前の事件を小説にしようと執...
『瞳の奥の秘密』:もっさりした演出で興味が半減のサスペンス @ロードショウ・ミニシアター (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
久々の劇場鑑賞作品は、第82回米国アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画です。 25年前の未解決殺人事件と、25年に渡って秘めた男女の愛の彷徨を、過去と現在、そして未解決殺人事件をモチーフに小説を書く主人公の男性の想像とが交叉しながら進む映画です...
瞳の奥の秘密 (Diarydiary! )
《瞳の奥の秘》 2009年 スペイン/アルゼンチン映画 - 原題 - EL SE
瞳の奥の秘密 (迷宮映画館)
これはすごい!!傑作だ。
「瞳の奥の秘密」 EL SECRETO DE SUS OJOS (俺の明日はどっちだ)
・ 25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく極上のラブ・サスペンス・ミステリー。
『瞳の奥の秘密』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。シークエンス自体についての記載もあり。第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチンのファン・J・カンパネラ監督による『瞳の奥の秘密』。封印された真犯人。アルゼンチンに
瞳の奥の秘密■情熱の様々な顔 (映画と出会う・世界が変わる)
巧妙に出来た映画とはこういうものを言うのだろう。物語を映像で見せることに徹したというべきか、鑑賞者への挑戦とでもいうべきか非常に見応えがあり、もう一度見たいと思わせる。...
瞳の奥の秘密■個人を描きながら、国家への... (映画と出会う・世界が変わる)
この映画では25年という時間の流れがある。この25年の間にアルゼンチンという国も、そしてそこに生きる人々の生活も変わっている。この映画は、あくまでも個人の物語をその人の視点...
瞳の奥の秘密 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
瞳の奥の秘密’09:スペイン、アルゼンチン◆原題:EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES◆監督:フアン・ホセ・カンパネラ◆出演:リカルド・ダリン、ソレダー・ビヤミル、パブロ・ラ ...
瞳の奥の秘密 (映画鑑賞★日記・・・)
【EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES】2010/08/14公開 スペイン/アルゼンチン PG12 129分監督:フアン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハ ...
mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一....
「瞳の奥の秘密」(スペイン/アルゼンチン 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
25年の歳月。 情熱。 『A』。
瞳の奥の秘密 (こんな映画見ました~)
『瞳の奥の秘密』---EL SECRETO DE SUS OJOS THE SECRET IN THEIR EYES---2009年(スペイン/アルゼンチン)監督:フアン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル 、パブロ・ラゴ 、ハビエル・ゴディーノ 2009年に本国アルゼンチンで公...
映画評「瞳の中の秘密」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アルゼンチン=スペイン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ ネタバレあり