銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

剱岳・点の記

2009-06-27 | 映画:シネコン


これは撮影ではない。“行”である。木村監督が称した。何かその意味が分かる気がした。

記憶が薄れない間に書こうと思いました。「トランスフォーマー・リベンジ」は爆睡のため、本当にリベンジしなければならなくなりました。なのでこの映画のレビュー、感想等を先に書きます。
実は私も10年近く前まで登山をしていました。剱岳は残念ながら、登っていませんが、槍岳、奥穂高岳、北岳、御岳山・・・・。3000メートルの山々、そして深田久弥が100名山と称した山など、おそらく20以上の山に出かけたと思います。なので今回本作はどうしても観たいなあと思っていました。

絶景はやはり自分の目で確かめることをお薦めします。スクリーンでは実感できない醍醐味があるからです。とはいっても軽々と行って下さいとも言える話ではありません。リスクのあることですから。

監督が言われるように“行”という言葉は本当にそうだと思います。スタジオでの撮影もあったそうですが、剱岳でのローケションを200日にもわたって行われたことに驚きでした。でもそうしないとその場の雰囲気は出せないでしょうね。木村監督の思いれが手に取るように感じられました。

現在はルートも整備されて、登山する人たちにとっても登りやすくなった剱岳ですが、山を知るものにはやはり難度の高い山の一つです。おそらく訓練しないと駄目だと思います。専門のツアーでも事前に訓練があるはずです。

このお話はまだ剱岳に登頂するルートはもちろんのこと、地図もなく、道を作らなければならかった時代。

時は、1906年(明治39年)、陸軍は国防のため日本地図の完成を急いでいた。そのために参謀本部陸地測量部測量手である柴崎芳太郎浅野忠信 )は最後の空白地点を埋めるため「陸軍の威信にかけて剱岳の初登頂と測量を果たせ」という命令を受ける。
立山連峰に屹立する剱岳はその険しさを前に、多くの優秀な測量部員も太刀打ちできず、未踏のままだった。また創設間もない日本山岳会も、海外から最新の登山道具を取り寄せ、登頂を計画していることもあって、「山岳会に負けてはならぬ」という厳命も受ける。

前任の測量手、古田盛作(役所広司 )を訪ねた柴崎はあらためて剱岳の恐ろしさを知るが、アドバイスとともに、山案内人宇治長次郎香川照之 )を紹介される。


新妻葉津よ(宮崎あおい )の励ましを受けて富山に向かった柴崎は、宇治と合流、調査のために山に入った。


香川照之、今回も味のある役どころでした。浅野忠信、いいですね。こっそりファンなのでした(笑)

その際謎めいた行者の言葉「雪を背負って登り、雪を背負って降りよ」以外、登頂の手掛かりすら掴めず帰京することに。
そして翌1907年、測量本番の登山が始まる。柴崎、宇治に測量夫の生田信松田龍平 )らを加えた総勢7人で、池ノ平山・雄山、奥大日岳、剱御前、別山等周辺の山々の頂に三角点を設置し、いよいよ剱岳に挑む。

ところが剱岳山頂までの道のりは想像を絶するものだった。ガレキだらけの切り立った尾根、雪崩や暴風雨など困難に続く困難。


地上では春でも山の上は冬同然です。


季節はずれの大雪に見舞われる。


道なき道は切り立った絶壁だ。
頂上までの登頂路すら見つけられず・・・・・。
そそり立つ頂を毎日仰ぎ見るばかり(苦)

重さ100Kg超の三角点用の石柱と測量器具を担ぎ、粗末な装備で挑むにはあまりにも絶望的状況。

宇治の卓越した山に対する勘をも疑うなど、柴崎は焦り始めていた。
はやる生田は南壁を登ろうとするが、足を滑らせ転落↓軽い怪我で済んだものの打ちひしがれる7人。

自分たちは本当に剱岳に登り切ることができるのか?命を危険にさらしてまで、測量する意味があるのか?そんな迷いが柴崎の胸中をよぎる。

一方、日本山岳会、小島烏水仲村トオル )らも剱岳に挑んでいたが、測量隊同様、容易には進めない状況だった。

山の尾根でひたすら三角点作りに邁進する柴崎たちを見て、小島たちは自分たちとは違う仕事に対する考え方を思い知る。
我々は登るのが目的だが、貴方たちは登ってからが仕事だ。

立山温泉で治療を行っていた生田は各人のをたずさえ再び測量隊に合流する。
それぞれが大切な人に思いをはせる中、柴崎には古田からの手紙が来ていた。


「人がどう評価しようとも、何のためにそれをしたかが大事です。悔いなくやり遂げることが大事だと思います」

今一度、皆に仲間の結束を訴える柴崎。そびえる頂を見て何度目かの挑戦をする。
柴崎と宇治は、行者の言葉にヒントを見出す。

一歩ずつ進む柴崎たちは無事に頂上に到達して、地図作りの任務をおえることが出来るのか・・・・?

今は気軽に登山が出来る時代となった。彼のおかげで道も作られた。感謝ですね。

 
撮影風景です。いやあ半端じゃあないよね。カメラ機材を運ぶだけでも容易じゃないです。

悪天候の中で撮影しながら12時間かけてスタッフが歩き続けたり、行者が祈りを捧げるシーンも周りに隠れるところもな吹きっさらし。寒さの中2時間の撮影だった。

キャスト・スタッフ、皆さん、苛酷な状況の中で大変。

実体験だからこそ、ここまでの素晴らしい作品が完成したのだと思いました。登山するだけでもかなりの精神力、持久力がいるのに。撮影する。演じるという行為をやるとはまさに究極の映画です。

 

監督木村大作  

山岳測量シーンは、「これは撮影ではなく苦行である」「厳しい中にしか美しさはない」を基本方針とし、登場人物の目線や感覚を大切にするため、空撮CG処理に頼らず、多賀谷治をはじめとする立山ガイド協会会員の支援のもと、体感温度が氷点下40度にも達する立山連峰や剱岳で山小屋やテントに泊まりこみながら、明治の測量官が登った山に実際に登って当時の足跡を再現するなど、長期間をかけ丁寧に撮影を行った。

プレロケでは監督とスタッフが立山ガイドの支援を受け、ロングショット撮影を主とする実景撮影を実施した。

原作:新田次郎 『劔岳 点の記』(文春文庫刊)

メディア 映画
上映時間 139分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東映)
初公開年月 2009/06/20
ジャンル ドラマ
誰かが行かねば、
道はできない。
オフィシャル・サイト
http://www.tsurugidake.jp/


 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛を読むひと◆◇The Reader | TOP | ミヒャエル・ゾーヴァ展 »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい。 (KLY)
2009-06-27 02:21:14
名カメラマン木村大作の真骨頂というか、仕事に対するプロフェッショナルとしての誇りというか、ただただ頭が下がる思いです。「苦行である」ですか。そうでしょうね。本物を得るためにはそこまでしなくてはいけなくて、しかもそれは監督だけではだめなわけで…。監督の想いに応えた俳優・全スタッフ・関係者の方々のご苦労を考えると、「仲間たち」というエンドロールの重さが良く解ります。
Unknown (keyakiya)
2009-06-27 12:55:05
かって若い頃、一度劔岳に登りました、室堂から別山乗越へ、剣御前小屋、そして剣沢小屋、一服剣、前劔そして劔岳へのコースです。カニノヨコバイにはちょっと参りました。

柴崎測量隊は、雪渓を登っていますね。
今の長次郎谷でしょうか?

もう登るのは無理ですが、劔を眺めるだけなら、劔沢辺りにもう一度行きたいです。

映画はもう全編劔岳でしたね。撮影チームご苦労様でした。
TBありがとうございました (KGR)
2009-06-27 17:24:47
私の感想は「これはもはやドキュメンタリー」

本物にこだわった凄さが画面からにじみ出ていました。

観客の年齢層が非常に高かったのは意外でした。
監督の意図にかかわらず、皆さんお茶の間気分で、
感想など述べながらお気楽にご覧になっていたのが、
これまた意外でした。
TBどうもでした (くまんちゅう)
2009-06-27 19:21:02
過酷な撮影だったようですね
おかげで美しい迫力の映像が堪能できました
明治時代の苦行を追体験したスタッフに
お疲れ様と言いたいです
山登り好きなので苦労がわかりました
 (メビウス)
2009-06-27 22:58:41
mezzotintさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

約200日間にも渡ってあれほど過酷な劔岳の山中で映画を作っていたのだと思うと、ホントこれは『撮影』と言うよりも『行』という言葉の方がしっくり来る感じがしますね。映画を通して当時の測量隊の地図作りの困難さも伺えましたが、同時にその困難さまでも忠実に再現して見せた製作陣のこだわりも垣間見れた気がします。
正にこういう命懸けの場所で演技や撮影をする『覚悟』を持った者たちが成し得た本物の作品ですね。自分も大絶賛です♪
ひえーー!! (sakurai)
2009-06-29 08:47:56
mezzotintさん、山の人だったんですか!!
尊敬!!すごい!!
あたし、絶対山は無理。
登るのはいいとして、あの荷物!!
素人は、登るだけ・・とつい考えるのですが、背中にとんでもない荷物をしょって登るんですよね。
友人に山岳部の人がいて、昔「こんなの背負うんだ」って、荷物を持たせてもらったことがありますが・・・・半端ないです。
あれ背負って登るなんて、・・・・考えられない。
でも、登りつめたときの感動は、計り知れないものだということもわかります。
その達成感みたいなもんが、映画全体にありましたね。
ここはやっぱ香川さんでした。
あの人は映画をびしっと締めてたような気がしました。
本格的に登山されていたのですね。 (晴雨堂ミカエル)
2010-01-20 05:32:29
おはようございます。映画ブログの晴雨堂です。
 
 本格的に登山をされていたのですね。私はもっぱらサイクリングで、登山は難易度の低い山をトレッキングする程度です。サイクリングでは荷物をチャリンコに積めますが、登山では全て背負っていくので腰が辛い。
 
 ところで、映画では日本山岳会を随分とお洒落なパーティに描いていましたが、実際はどうだったんでしょう?

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

54 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
劔岳 点の記 (LOVE Cinemas 調布)
『八甲田山』や『鉄道員』など数え上げたらきりがないほどの作品を手がけてきた名カメラマン・木村大作の監督初挑戦作品。原作は新田次郎の同名小説。出演は最近では『鈍獣』が記憶に新しい浅野忠信、「20世紀少年」の香川照之を中心に、『ハゲタカ』の松田龍平、モロ...
劔岳 点の記 (えいがの感想文)
2009年 監督:木村大作 出演:浅野忠信    香川照之    松田龍平    仲村トオル 実写という山々の映像はすばらしいものでありました。 かつての測量隊と同じ行程を辿って撮影したらしいじゃないですか。 そこには「本物」の美しさがありました。...
*劔岳 点の記* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 明治40年、地図の測量手として、実績を上げていた柴崎芳太郎は、突然、陸軍参謀本部から呼び出される。「日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せ」―当時、ほとんどの山は陸地測量部によって初登頂されてきたが、未だに登頂されて...
劇場鑑賞「劔岳点の記」 (日々“是”精進!)
劔岳点の記オフィシャルガイドブック「劔岳点の記」を鑑賞してきました日本映画界を代表する名カメラマン木村大作が自ら初監督に挑み、新田次郎の同名小説を完全映画化。明治時代末期、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍の命を受け、最後の空白地点を埋めるべく前人未踏...
「劔岳 点の記 」峻烈な映像に至福の時間 (Art- Mill)
http://www.tsurugidake.jp/ 映画を観る前から、新田次郎さんの原作「劔岳 点の記」を読み始めていましたが、読み終えないうちに我慢できず、映画を観てしまいました。 映画全編が「
劔岳 点の記 (悠雅的生活)
誰かが行かねば、道はできない。
劔岳 点の記 (映画君の毎日)
●ストーリー●明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎(香川照之)や助手の生田信(松田龍平)らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然...
劔岳 点の記 (Akira's VOICE)
ご苦労様です!  
【映画】劔岳 点の記 (新!やさぐれ日記)
▼動機 景色がキレイだったので ▼感想 DVDに付くであろう特典映像を見たい ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ 明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長...
映画「剱岳 点の記」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/6/24、109シネマズ木場。 このところ、109シネマズ木場のチケット売り場前には必ず列ができている。 今日もチケットを買うのに10分近くかかった。 まずまずの入りだが、客の年齢層はかなり高め。 映画に見入るのは良いが、しゃべりながら見るのは勘弁願い...
「劔岳 点の記」みた。 (たいむのひとりごと)
理由は「軍の威信」を守るため。軍上層部からの「何が何でも前人未到の剣岳”初登頂”をものにせよ」との「命令」に、一介の測量手が逆らえる筈もなし。命懸けともいえる剣岳へのアタックに一発勝負で臨ま無ければな
劔岳 点の記 (そーれりぽーと)
大自然を相手に、実写にこだわった過酷な撮影云々が公開前から噂になっていた『劔岳 点の記』を観てきました。 ★★★★★ 「素晴らしい」って言葉が似合う映画。 過酷な撮影と聞かされて、「最近はVFXで何でも出来ちゃうけど、どうして今更本物にこだわるんだろう」なん...
劔岳 点の記 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。新田次郎原作、木村大作監督、浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、夏八木勲、小澤征悦、宮崎あおい、役所広司。明治40年、劔岳(標高2999m)に公式初登頂した陸軍陸地測量部とその仲間たちの物語。実は昔々、自分も彼らと同じように雪渓を登り頂上に行...
劔岳 点の記 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
劔岳 点の記 ’09:日本 ◆監督:木村大作「憑神」「ホタル」(共に撮影) ◆出演:浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐...
劒岳 点の記(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】新田次郎 【出演】浅野忠信/香川照之/松田龍平/モロ師岡/蛍雪次朗/仁科貴/蟹江一平/仲村トオル/小市慢太郎/安藤彰則/橋本一郎/本田大...
[Review] 劔岳 点の記 (Diary of Cyber)
人間の生活を切り詰めに切り詰めて考えると、この世に存在する仕事のほとんどは、あまり、というより、全くと言っていいほど意味をなさない。今の仕事をしていると、時々そう思う。客観的に見れば、必要のない仕事だからだ。生産性も無く、ただ、経費を削ぐだけ。 それで...
劔岳 点の記 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
日本地図誕生にこんな秘話があったとは。明治40年、未踏峰の劔岳山頂を目指す測量手と山の案内人がいた。軍部が、日本山岳会への強いライバル意識をあらわにする中、命がけで地図作りに挑んだ男たちの気骨に胸を打たれる。名カメラマン木村大作の初監督作だが、圧巻なのは...
劔岳 点の記 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[剣岳] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年61本目(56作品)です。 上層部から「陸軍の威信にかけて、劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受けた陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)。 明治40(1907)...
『劔岳点の記』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・撮影:木村大作原作:新田次郎出演:浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐志、國村隼、夏八木勲、松田龍平、仲村トオル、役所広司公式サイトはこちら。<Story>明治40年、地図の測量手として、実績を上げていた柴崎芳太郎(浅野忠信)は、突然...
「劔岳 点の記」:葛西南高校前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}高校生諸君、遅刻しそうになったらこのフェンスを乗り越えて行け。 {/hiyo_en2/}なに、よからぬことアジってるのよ。 {/kaeru_en4/}いや、誰かが行かなければ道はできない。 {/hiyo_en2/}なにそれ。「劔岳 点の記」の中のセリフみたいなこと言って。 {/kaer...
剣岳 点の記 (映画通の部屋)
「剣岳 点の記」製作:2009年、日本 139分 監督、脚本、撮影:木村大作 原
『剣岳 点の記』 (つれづれなるままに)
木曜日に 『剣岳 点の記』の試写会に行ってきました。 木村大作監督、浅野忠信さん
「劔岳 点の記」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年・東映/監督:木村 大作) 「八甲田山」、「復活の日」、「駅 -STATION-」、「鉄道員(ぽっぽや)」等の、スケール感ある日本映画の名作を撮って来た名キャメラマン、
映画 【剣岳 点の記】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「剣岳 点の記」 新田次郎の同名小説の映画化であり、名カメラマン木村大作の初監督作品。 おはなし:明治40年、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、宇治長次郎(香川照之)を案内人とし、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑むが・・・。 ...
剱岳 点の記 (迷宮映画館)
やはり、この映画の見どころは、映像の切り取り方と、風景に尽きる。
劔岳 点の記 言葉に出来ない映像美と感動(TωT)ウルウル (労組書記長社労士のブログ)
【 36 -8-】  TOHOシネマズ、梅田でも難波でも上映していないので、わざわざ西宮ガーデンズまで行って鑑賞。 むちゃくちゃく楽しみにしていた、もしかしたら今年では一番楽しみにしていた映画かも。  古来よりその険しさから「針の山」、宗教上の理由から登ってはなら...
【レビュー】☆☆「剣岳-点の記-」~命懸けの迫力ある映像美~ (映画の部屋☆とらとら分室(^^;)
ただ地図を作るためだけに … 空撮等の手法は用いずに 人の目線で画像を切り取る 空の色 山の稜線 特に雲の映像が綺麗だった 空に浮かぶ雲の姿だけでなく 陸地に映る雲の「影」が 効果的に描画されているのが印象的でした どこかでメイキング映像を観ました 木村監...
劔岳 点の記 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
新田次郎原作の、実話を基にした小説の映画化です。実際に立山の剱岳でロケを行っているので、映像が素晴らしいです。(なお、映画の題名は「劔岳」ですが、変換が面倒なので文中では「剱岳」になっています。)「点の記」とは測量用の三角点設置を記録した公文書のことで...
剣岳 点の記 2009年日 ☆3.9 (映画に浸れ。 -携帯メルマガの発行人dkのブログ-)
Mhb vol.1068 2009年06月27日 19時00分 発行  木村大作監督。浅野忠信、香川照之出演。  明治40年。日本地図を作るために全国各地を測量してきた日本陸軍。その陸軍測量手の柴崎にある特命が下る。いまだ測量にいたっていない前人未到の剣岳を、誰よりも早く制覇す...
「劔岳 点の記」執念の映像 (再出発日記)
「厳しさの中にしか美しさはない」監督・撮影:木村大作原作:新田次郎出演:浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐志、國村隼、夏八木勲、松田龍平、仲村トオル、役所広司木村監督の執念の映画である。ストーリーはいたって簡単、地図を完成させるために劔...
映画「劔岳 点の記」 (FREE TIME)
映画、「劔岳 点の記」を鑑賞しました。
劔岳 点の記 (花ごよみ)
原作は新田次郎の同名小説。 出演は浅野忠信、香川照之、松田龍平、 仲村トオル、宮崎あおい、役所広司…。 監督は70歳にして、 本作が初メガホン。 カメラマンとしては、 キャリア50年の木村大作。 自然の驚異、圧巻の風景、 迫力ある映像。 ↓は夕焼けと雲海の...
劍岳 点の記 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作は新田次郎の小説であるが、主人公の柴崎芳太郎は実在人物であり、小説同様、陸軍参謀本部陸地測量部の陸地測量官だったという。そして劍岳における功績等についても事実そのものであるから、これはある意味歴史ドキュメンタリーといっても過言ではないだ...
レビュー:劔岳 点の記 (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ドキュメント風ドラマ][測量][史実物][山][実写][邦画][スコープ] 風景写真度:★★★★☆ 監督: 木村大作 出演: 浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐志、國村隼、夏八木勲、松田龍平、仲村トオル、役所広司 配給: 東映 明治40年...
劔岳 点の記 (ダイターンクラッシュ!!)
7月7日(火) 20:55~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『劔岳 点の記』公式サイト いかにも東映ぽい高齢者向きな雰囲気の作品だが、近年の東映作品の中では、力の入った素晴らしい作品である。愚作「男たちの大和(YAMATO)...
「劔岳 点の記」日本映画の王道。コレは本物! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[剣岳] ブログ村キーワード  CG、デジタル全盛のこの時代に、敢えて“人間力”で挑んだ本作「劔岳 点の記」(東映)。力技の感じられる、正に“本物の映画”でしたよ。  明治39年。日露戦争に勝利した日本は、更なる国防の必要性を痛感。そのために、完全なる日本...
劔岳 点の記 (犬・ときどき映画)
劔岳 点の記を観ました。 原作を読んでから観ました。 STORY 物語は明治時代、地図を作製する「測量」の仕事は軍の管轄下にあり、前人未到の剱岳に登って測量するのは軍からの絶対的な命令。測量士の柴崎は命令を受け、まず前年の秋に下見に行く。 案内人は、先輩の測...
「劔岳 点の記」 仲間たち (はらやんの映画徒然草)
「何故山に登るのか?」 この問いに「そこに山があるから」と答えたのは、エベレスト
剱岳 点の記~映像美と実直な演技!裏方さん役者さん、尊敬いたします (シネマでキッチュ)
「剱岳 点の記」 初日、夕方6時10分の回、観てきました。 土曜の夕飯時のわりにはお客さんの入りもよく 何よりも驚いたことは 2時間20分の長尺、本編終わりエンドクレジットが延々と流れても お客さん誰1人席を立たなかったことです。 場内明るくなるまでみんなじ...
「剱岳 点の記」夏に涼しい映画 (ノルウェー暮らし・イン・London)
夏はホラーと誰が決めたの? 観るなら、こんな雪山登山がいいかも♪ 勿論、吹雪いて、遭難しかけて、雪崩に埋まったり・・・・・ほ~ら、涼しくなった~
▲『剱岳 点の記』△ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、新田次郎原作、木村大作監督&撮影、浅野忠信主演。
『劔岳 点の記』 (『映画な日々』 cinema-days)
明治末期、 日本地図最後の空白点を埋める為、 未踏の劔岳に挑んだ測量手たちの記録 【個人評価:★★☆】 (劇場鑑賞) 木村大作第一...
劔岳点の記■「仲間たち」が作った映画! (映画と出会う・世界が変わる)
この作品は日本映画ではトップクラスの撮影監督である木村大作の初監督作品。原作もあり、また彼自身の中で明確な構想はあったであろうこの作品の製作過程においても彼自身において「何故、この映画を撮るのか?」という自問自答の連続ではなかったろうか?それはこの作品...
劔岳点の記■理性で見るべく作られた映画 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見た感想としては、まず「久々に本格的な映画を見た」という思いである。しかし、この映画、よくよく考えれば、かなり異色の内容である。人間側のドラマが非常に淡白である。そもそも対立がなく、悪役が存在しない。それどころか人間側の主人公がほとんど不在で...
劔岳点の記■この映画を活かすものは? (映画と出会う・世界が変わる)
この映画の中で陸軍の測量隊と当時、発足したばかりの日本山岳会の劔岳初登頂争いが描かれる。映画においては陸軍の測量隊が主人公であるが、もしかしたら、監督のシンパシーは日本山岳会にあったのではなかろうか。陸軍の場合はそれまでの日本地図の空白部分を完成させる...
映画館で観る映画 「劔岳 点の記」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
何と言っても、連なる山々の荘厳な映像に尽きる映画だと思います{/山/} 雪のないときも、雪崩だったり雨だったりでも、太陽が雲海の中にそびえているのも、珍しい動物や虫が横切るのも。どれもこれも、溜息が出るほど美しかったです。これは映画館で観るべき。 {/映...
映画「劔岳 点の記」 (おそらく見聞録)
監督:木村大作(巨匠キャメラマン) 出演:浅野忠信(◎)香川照之(すばらしい!)松田龍平 出演:仲村トオル 宮?あおい 役所広司 夏八木勲    明治時代、軍の命令で日本地図唯一の空白地点だった未踏峰、 富山県にある剱岳の測量を行った測量士たちの...
「劔岳 点の記」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
山々の神々しいまでの美しさ!
「劔岳 点の記」 感動からエナジーを得よう (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「劔岳 点の記」  山岳映画の金字塔   【原題】 【公開年】2008年  【制作国】日本  【時間】139分  【監督】木村大作 ...
『剱岳 点の記』 DVD鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎や助手の生田信らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然の厳しさを見せつけられた測量隊だったが、柴崎と宇治...
映画評「劔岳 点の記」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・木村大作 ネタバレあり
劒岳 点の記(2008) (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
1970年代から日本映画のカメラマンとして活躍してきた木村大作が監督しているので、現地でロケをした迫力ある映像が圧巻だ。山岳シーンは当時の測量隊が歩んだ行程をそのまま撮影していて、自然の美しさと厳しさを実感できる。特に感動するのは、山岳会と陸軍測量隊が小旗...
映画 劒岳 点の記 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
昨年話題になった映画「劒岳 点の記」。地上波で放送されていたのでX95で録画し、PSPに転送して鑑賞しました。新田次郎の同名小説の映画化ということなんですが、そもそも原作小説を知らなかったりしますし、‘み’は山とかは殆ど興味がなく、せいぜい高尾山に...
劔岳 点の記 (こんな映画見ました~)
『劔岳 点の記』 2008年(日本) 監督:木村大作 出演:演: 浅野忠信、香川照之、松田龍平 、 仲村トオル、 宮崎あおい 、 石橋蓮司、 夏八木勲、役所広司 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎(浅野忠信)は、国防のため日本地図の完成を...