銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

潜水服は蝶の夢を見る☆マチュー・アマルリックの素晴らしい演技!!

2008-03-09 | 映画:ミニシアター

 

20万回の瞬きで自伝を綴った、驚異の実話!

圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作 

 

2月16日、京都シネマにて鑑賞・・・・・。

 

 

 

実在した奇跡の伊達男、ジャン=ドミニク・ボビー

彼はファッション界を左右するフランス版ELLEの名編集長だった。2人の子持ちだった。42歳のとき、突然脳梗塞で倒れて、生死をさまよった後に目覚めると、左目以外は動かない状態になっていた意識、知力は元のままなのに、身体的自由はすべて奪われた状態、ロックト・イン・シンドローム。(詳細はクリックしてご覧ください)

E、S、A、R、I、N、T~~。使用頻度に基づいて並び替えられたアルファベットを読み上げてもらい、瞬きで合図するという新しいコミニュケーション方法を身につけて、自伝「潜水服は蝶の夢を見る」を書き上げたのだ。この作品は世界31ヶ国で発売されるやベストセラーとなる。

この作品を読み、感銘を受けたジャン=ジャック・べネックス監督はジャン=ドミニク・ボビーとクロードの執筆の模様を「潜水服と蝶(Assinge Residence)」という短編に収めている。

そして何と、ジャン=ドミニク・ボビーは、が出版されてすぐ、合併症で亡くなった。

 

 

今回、ジュリアン・シュナーベル監督によって、この作品は映画化された。彼が描く、“生きる”ことへのメッセージは・・・・・・。

 

元々監督は、70年代後半ニューペインティングの旗手としてニューヨーク美術界に彗星のごとく現れた、現代の寵児となった画家だったそうです。同じ画家仲間で友人のジャン=ミシェル・バスキアを描いた「バスキア」で監督デビュー。続く「夜になるまえに」でキューバの亡命作家、レイナルド・アレナスの生涯を壮絶な迫力で描き、ヴェネチア映画祭審査員特別賞を受賞という素晴らしい監督。そんな彼が待望の3作目として描いたのが、“生”。美しい映像が確かに印象的前半はジャン=ドミニク・ボビーの視点で語られていきます。まるで彼と一緒にいるような気になる。彼の想いや大切な人たちへの想いにも遭遇していく。身体は動かなくなったけど、“生きる”ことに目覚めた。生には必ず終わりがある。だからこそ、一度限りの人生を輝かしく、一瞬たりとも無駄にしてはいけないジュリアン・シュナーベル監督はそんなメッセージをこの映画を通じて送っている。

 

 

さてジャン=ドミニク・ボビーを演じる俳優はフランス映画界なくてはならない存在、マチュー・アマルリック、「キングス&クイーン」で、気になっていた方です。最近では、スピルバーク監督の「ミュンヘン」といった作品にも出演しています。007シリーズ22作目にも出演が決まっているらしいです。今回のこの役にはあのジョニー・デップも切望したらしいですが。でもこの難役はマチューの方がやはり適役のように思える多分マチューのナチュラルさがはまっていると思うんだけどね。

 

ジャン=ドミニク・ボビーの父親 マックス・フォン・シドー

あのイングマール・ベルイマン監督と出会い、多くの作品に出演し、国際的に名前が知られるようになる。デヴィッド・リンチ監督作品「砂の惑星」(84)、ウディ・アレン監督作品 「ハンナとその姉妹」(86)、スピルバーグ監督作品「マイノリティ・レポート」(02)、そうそうあの実写版「ハイジ」のおじいちゃん役も彼なのだ。そして何とあのジャッキー・チェン主演の「ラッシュアワー」にも登場していた?らしい。

 

 

 

口には特注の入れ歯を入れて麻痺した表情を出したという。大変でしょうね。

 

 

 STORY(少し冒頭の文と重複しますが・・・・。)

潜水服は蝶の夢を見る」の主人公は、パリのファッション誌「ELLE」の編集長だったジャン=ドー、42歳。彼は、超一流の服を着て、超一流の食事と酒を楽しみ、超一流の旅を満喫して、超一流の女と戯れている、そんなちょいワルオヤジだ。だが、ある日、愛車のジャガーを転がして、パリ郊外の(事実婚状態の)妻と暮らす子供たちの元へ遊びに行った帰り、彼の人生は急転直下する。脳梗塞を起こした彼は、左目の瞳と瞼の筋肉としか動かなくなり、左目の視覚と聴覚以外のすべての感覚がマヒしてしまうのだ。

肉体という檻に閉じこめられた“ロックト・イン・シンドローム”という症状に陥り、潜水服を着たような状態になったジャン=ドーは、絶望の淵に落とされるが、蝶のように飛躍できるイマジネーションと記憶を頼りに自伝を書き始める。

美しい言語療法士が苦心の末編みだしたコミュニケーションの手段を使って、綴るわけだ。彼女が「E、S、A、R、I、N……」とフランス語単語の使用頻度順に並べたボードのアルファベットを読み上げる。ジャン=ドーは(聴覚はあるので)欲しい文字の時、2度ウィンクして1文字ずつ選んでいく。そうして20万回のまばたきの果てに完成するのが、ジャン=ドーによる自伝「潜水服は蝶の夢を見る」である 

 

スティーブン・スピルバーグ監督の「ミュンヘン」で謎めいた小男の武器商人ルイを演じたフランス人俳優マチュー・アマルリックは、スピルバーグの右腕である同作プロデューサーのキャスリーン・ケネディに請われて、この難役に挑んだ。ついでながら、美しい言語療法士役のマリ=ジョゼ・クローズも「ミュンヘン」に出演していたし、撮影監督のヤヌス・カミンスキーをはじめとするスタッフはスピルバーグ組で固められている。

映画が感動的なのは、「奇跡の人」のヘレン・ケラーとサリバン先生ではないが、ジャン=ドーと美しい看護師、美しい妻や恋人との苦痛にも似たコミュニケーション法をじっくりと語っているからだろう。まばたき20万回など、狂気の沙汰としか思えない。そしてまた、彼の左目と化したカミンスキーのカメラワークが圧倒的に素晴らしい。

シュナーベル監督はこの映画でゴールデン・グローブ監督賞と外国語映画賞を受賞。また、米アカデミー賞でも監督・撮影・脚色・編集賞の4部門にノミネートされるという快挙を成し遂げた。

シュナーベル監督の信奉者で、前作「夜になるまえに」でボンボンという抱腹絶倒のおかまキャラを演じたジョニー・デップは、07年にもっとも感動した映画としてこの作品を挙げているほどだ。

その秘密を探るべく、現在製作中の007シリーズ最新作「007/クォンタム・オブ・ソラス(Quantum of Solace)」で、ジェームズ・ボンドの敵、ドミニク・グリーン役に抜擢され、今後国際的な活躍が期待される、パリにいたマチュー・アマルリックを電話で直撃した。難役ジャン=ドーを演じた苦労話から、感動のツボとなる脚本やカメラワークについて明かしてくれた。(eiga・comより)

 

主演のマチューが語ってくれています→こちらです

 

 

潜水服は蝶の夢を見るオフィシャルサイト

 

 

 追記:E、S、A、R、I、N、T~~がいまだに記憶として残っています。何故か?

 

 (続)追記:感想等・・・・。私が仕事でかかわっている人たちもハンデイを持った人たちだ。その多くは先天的な人なので、この主人公のような中途障がいではない。言葉も持たない人、わずかな単語のみという人もある。だからどこまで自分のことを理解しているか?わからないけど。特に突然の病魔によって“ロックト・イン・シンドローム”のような状態に陥ったとき、どこまで当事者が受け入れられ、そして前向きに考えられる人がどれだけいるのだろうか?と・・・・ふと考えてしまった。でもジャン=ドミニク・ボビーの生き方を見て、凄く勇気づけられた人も多いだろうし、病気によって何かのハンディを抱えることになった方、ぜひこの映画を観て欲しいと思う。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカン・ギャングスター★... | TOP | Once ダブリンの街角で♪ »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
まちゅー (かえる)
2008-03-10 01:47:00
mezzotintさん、こんばんは。
"マチュー・アマルリックの素晴らしい演技!!"
とタイトルにも入っているのが嬉しいです!
セザール賞主演男優賞もとれてめでたいです。
小柄なマチューの軽やかさが本作の表現に最適だったと思いますー。
フランス語でつくられたことも大事ですよねー。
トラバどうもでした (くまんちゅう)
2008-03-10 20:55:39
マチューのほぼ片目だけの演技なのに感情が伝わってきたのは驚きでした。
冒頭の映像でジャン=ドーの気持ちに引きずり込まれました。心の叫びが切実なのに可笑しかったです。
サッカー最後まで見せてくれ~~
E、S、A、R、I、N、T~~。 (りゃんひさ)
2008-03-10 23:24:11
TB&コメントありがとうございました。当方のチェック頻度により若干タイムラグあることご容赦ください。
さて、本作品で印象に残った(けれど書き漏らした)ことを。

E、S、A、R、I、N、T~~

フランス語発音をあえてカタカナで書くと

ウーエスアーエールイーエヌゥティ~~

です。
これが実に美しく耳に響きました。

abc~~(アーベーセー~~)と比べて、なぜか話し言葉のように、ささやき声のように聞こえて。

いかがでしたでしょうか?


TBありがとうございました (オリーブリー)
2008-03-12 18:32:21
mezzotintさん、こんばんは。

ジョニー切望した役ですし、彼が演じていたらどうなったのだろう…なども含めて観てしまいましたが、
少なくても、もし英語で演じたなら、
“E、S、A、R、I…”は、ここまで心地の良い響きではなかったかもしれないと思いました。
仏語は子守唄のように眠気を呼ばれるので、私は苦手なのですがこの響きはとても良かったです♪

ジャン=ドーの妻の立場でも考えると、
彼女も良く出来た人だと思いました。
彼の父親にも心配りをしていたようだし、
実際旨くいってなかったのに献身的な看護ではなかったでしょうか~
彼女もいつの間にか“E、S、A…”をスラスラ言えてましたものね。

泣かせる映画ではなく、ユーモアもあってとても素敵な映画でした(*^_^*)
こんにちは♪ (ミチ)
2008-03-31 11:12:58
彼のようになった人全てが、彼のように前向きに生きていけるとは限らないんですよね。
彼自身の資質と、彼を支え続けた人たちの愛と努力が本当に素晴らしかったと思います。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

Similar Entries

70 Trackbacks

『潜水服は蝶の夢を見る』:主人公に同化し、人生の素晴らしさを感じる (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
左目以外は不随のロックトイン・シンドロームになった主人公が、左目のまばたき20万回で綴った自叙の映画化と聞いて、「つらい物語なんだろうなぁ」との先入観があった。 しかしながら、文芸春秋の星取りでも★4つ、5つで、前向きになれると聞き、観に出かけた次第。
『潜水服は蝶の夢を見る』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
感動のバタフライ・エフェクト。 まばたきが文字になり、目がカメラになり、僕らは深海から天空に飛び立つ蝶に出逢う。 ファッション誌「ELLE」の編集長ジャン=ドミニク・ボビーは、 脳梗塞で倒れて生死をさまよい、全身が麻痺して左眼だけしか動かせない体となって...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、ジャン・ピエール=カッセ...
「潜水服は蝶の夢を見る」 (或る日の出来事)
素晴らしい映画だった。早くも今年のマイ・ベスト候補は間違いない。 原題は「潜水服と蝶」だが、日本語タイトルも悪くない。映画ファンなら...
潜水服は蝶の夢を見る (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ぼくは生きている。 話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。』  コチラの「潜水服は蝶の夢を見る」は、2/9公開となった"20万回の瞬きで自伝を綴った、脅威の実話!圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作"なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
潜水服は蝶の夢を見る (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
ジャン=ドミニック ボービー原作、 ジュリアン・シュナーベル監督、マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー。原作者の実体験に基づいた映画で、本来なら「潜水服」というより「潜水鐘」。英訳はDiving Bellだ。最も原始的な潜水装...
潜水服は蝶の夢を見る (八ちゃんの日常空間)
生きている証を持ちたい!衝撃の感動作!
潜水服は蝶の夢を見る (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
 突然脳梗塞で倒れ、全身が動かなくなった男の物語です。作者自身の話です。  ファッション誌「ELLE」の編集長だったジャン・ドーは病院で目が覚める。医師の質問に答えるが、相手には伝わらない。全身が麻痺し話せず、体も動かないジャン・ドーに対して医師は、彼...
潜水服は蝶の夢を見る (映画のメモ帳+α)
潜水服は蝶の夢を見る(2007 フランス・アメリカ) 原題   LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON / THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY(英題)   監督   ジュリアン・シュナーベル   原作   ジャン=ドミニク・ボビー 『潜水服は蝶の夢を見る』    脚色  ...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (Gingham Notes)
『潜水服は蝶の夢を見る』を観ました。 ジャン=ドミニク・ボビーは、ファッション誌『ELLE』の編集長。愛称は、ジャン=ドー。いまは恋人と暮らしているが、休日には3人の子どもと会い、子どもたちの母親とも関係は円満、仕事も何もかもが順風満帆に輝いていました。し...
潜水服は蝶の夢を見る/le scaphandre et le papillon (我想一個人映画美的女人blog)
原題はle scaphandre et le papillon "ー身体は潜水服を着たように重たくても、僕の想像力と記憶は蝶のように自由に羽ばたくー" 実話です。 {/book/}ジャンドミニクは三人の子の父親であり、雑誌ELLEの編集長として充実した人生を送っていた。 ある日突然、倒れ気がつ...
映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆  病に倒れた仏ファッション誌「Elle」の編集長が、 不自由な体で自叙伝を綴った実話の映画化。 原題(英題)は「Le Scaphandre et le papillon(The Diving Bell and the Butterfly )」。  42歳で人生の絶頂にいたJean-Dominique Bauby (Mathieu ...
「潜水服は蝶の夢を見る」 20万回のまばたきで綴られた物語 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 今年のアカデミー賞で、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞の 4部門にノミネートされている本作品。 (外国語作品賞にノミネートされていないのが不思議…) 公開が楽しみでした。 初日に早速観てきました。 ジャン=ドミニク・ボビー。 雑誌EL...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (Sweet*Days**)
監督:ジュリアン・シュナベール CAST:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ 他 第60回カンヌ映画祭 監督賞他受賞 第65回ゴ...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (ラムの大通り)
(原題:Le scaphandre et le Papillon) 「いやあ、久しぶりに見応えある映画を観たね」 ----そうニャの。 これってよく分かんないタイトルの映画だよね。 ある意味、アスミック・エースっぽい気もするけど…。 「うん。確かにそうかも。 この映画、タイトルだけでは想像...
映画 「潜水服は蝶の夢を見る」 (ようこそMr.G)
映画 「潜水服は蝶の夢を見る」 を観ました。
失って気付く大切な事。『潜水服は蝶の夢を見る』 (水曜日のシネマ日記)
脳梗塞で倒れてしまった男性の実話を描いた作品です。
潜水服は蝶の夢を見る (映画を観たよ)
正直、思っていた作品と違いました。
ヘレン・ケラー 写真 (コレ知ってる?)
☆マチュー・アマルリックの素晴らしい演技に・・・・ながら、美しい言語療法士役のマリ=ジョゼ・クローズも「 ミュンヘン 」に出演していたし、撮影監督のヤヌス・カミンスキーをはじめとするスタッフはスピル...
【潜水服は蝶の夢を見る】 (日々のつぶやき)
監督:ジュリアン:シュナーベル 出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ 『ぼくは生きている。』 「それまで有名雑誌の編集者として活躍し幸せに暮らしてきたのに、突然体に自由を失うロックト・インシンドロームに冒さ
まばたき20万回【潜水服は蝶の夢を見る】 (犬も歩けばBohにあたる!)
人気ファッション誌「ELLE」の編集長だったジャン=ドミニック・ボビー氏。 突然
潜水服は蝶の夢を見る (映画通の部屋)
「潜水服は蝶の夢を見る」 Le Scaphandre et le Papillo
潜水服は蝶の夢を見る (la Casa del Lapiz:鉛筆庵)
              *公式サイト 2007年/フランス/112分 原題:LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON 監督:ジュリアン・シュナーベル 原作:ジャン=ドミニク・ボビー 出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリー=ジョゼ・クローズ、アンヌ・コンシ...
映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆  病に倒れた仏ファッション誌「Elle」の編集長が、 不自由な体で自叙伝を綴った実話の映画化。 原題(英題)は「Le Scaphandre et le papillon(The Diving Bell and the Butterfly )」。  42歳で人生の絶頂にいたJean-Dominique Bauby (Mathieu ...
映画 『潜水服は蝶の夢を見る』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。昏睡(こん...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (晴れたらソファで何を見ようか)
『アニー・リーボヴィッツ』を見た後、1時間程休憩。ちょっと遅いお昼を久しぶりにマックで、しかも30店舗限定だという(限定ものに弱い)、「イタリアンハーブえびフィレオ」なんていうのを食べた後、再度シネカノン有楽町2丁目で『潜水服は蝶の夢を見る』を観賞。感...
【映画】潜水服は蝶の夢を見る (新!やさぐれ日記)
■動機 なんとなく、観ておいたほうがいいかなっと ■感想 合わなかった。 ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 昏睡(こんすい)状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないエル誌編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・ア...
潜水服は蝶の夢を見る (toe@cinematiclife)
★『潜水服は蝶の夢を見る』は私にとって、久々のフランス映画でした。 オープニングクレジットを見るまで、フランス映画とは知りませんでした[E:coldsweats01] 正確に言えば、フランス、アメリカ合作映画ですが・・・。 どっか、スペインあたりの映画かと思っており、...
潜水服は蝶の夢を見る (Johnnyダイアリー)
潜水服は蝶の夢を見る監督:ジュリアン・シュナーベル【ジャン=ドミニク・ボビー】マチュー・アマルリック【セリーヌ・デスムーラン】エマニュエル・セニエ【アンリエット・デュラン】マリ=ジョゼ・クローズあらすじジャン=ドミニク・ボビー(愛称ジャン=ドー)、42...
潜水服は蝶の夢を見る (knockin' on heaven's door)
Le Schaphandre et le Papillon 想像力と記憶は、蝶のように自由に羽ばたく。全身の自由を失っても、言葉を語ることができなくても、生きることは続いていく。 43歳の時、脳梗塞で倒れたジャン=ドミニク・ボビーが瞬きで記した自伝の映画化。彼の目に映る世界をき....
「潜水服は蝶の夢を見る」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Le Scaphandre et le papillon」...aka「The Diving Bell and the Butterfly」 2007 フランス/USA 原作者であり、主人公のジャン・ドミニクに「キングス&クイーン/2004」「ミュンヘン/2005」のマチュー・アマルリック。 彼の3人の子供たちの母親セリーヌに「フ...
『潜水服は蝶の夢を見る』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「皮肉」が爽快。 『潜水服は蝶の夢を見る』 "LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON" "THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY" 2007年・フランス&アメリカ・112分 監督:ジ...
目は口ほどにものを言える ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』 (SGA屋物語紹介所)
世界的に有名なファッション雑誌『ELLE』の編集長、ジャン・ドミニク・ボビー(通
潜水服は蝶の夢を見る TIFF鑑賞記その4 (シャーロットの涙)
マチュー・アマルリック セザール賞主演男優賞おめでとう♪
「潜水服は蝶の夢を見る」:春日二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}学校の校門が並んでいる風景を見ると、この時期、卒業の頃が思い出されるわ。 {/kaeru_en4/}おや、お前にも卒業なんて頃があったのか。 {/hiyo_en2/}当たり前じゃない。早く窮屈なセーラー服を脱ぎ捨てて、蝶のように美しく変身したいって願ったものよ。 {/k...
【「007/クォンタム・オブ・ソラス」】  (映画で元気)
 昨年『007/カジノ・ロワイヤル』でダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボン
【「007/クォンタム・オブ・ソラス」】  (映画で元気)
 昨年『007/カジノ・ロワイヤル』でダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドとして公開されましたが、その次回作が「007/ク...
【「007/クォンタム・オブ・ソラス」】  (映画で元気)
 昨年『007/カジノ・ロワイヤル』でダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドとして公開されましたが、その次回作が「007/クォンタム・オブ・ソラス」です。 MTVによれば、そのプロットが明らかになったようです。 「前作「007/カジノ・ロワイヤル...
「潜水服は蝶の夢を見る」 静かなる闘い (はらやんの映画徒然草)
この映画は難病を題材にしている映画ですが、最近の日本の映画の難病もののように泣け
潜水服は蝶の夢を見る (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Le Scaphandre et le Papillon”原作=ジャン=ドミニク・ボビー『潜水服は蝶の夢を見る』。監督=ジュリアン・シュナーベル。脚本=ロナルド・ハーウッド。撮影=ヤヌス・カミンスキー。「ウィ」は1回、「ノン」は2回、合計20万回の瞬きで自伝を綴った「ELLE」の元編...
潜水服は蝶の夢を見る (future world)
脳梗塞の一つロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)~ 意識は全く正常なのに身体的自由を全て奪われる・・・ そんな状況で、人は‘記憶と想像力’をどこまで‘生’の糧と出来るのだろうか。 重く身動きのとれない‘潜水服’に縛られてしまった主人公ジャン=...
潜水服は蝶の夢を見る (心のままに映画の風景)
雑誌ELLEの編集長、42歳のジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は、 ドライブ中に突然脳梗塞で倒れてしまう。 病室で目覚め...
邦題のイマジネーション!「潜水服は蝶の夢を見る」 (茅kaya日記)
JUGEMテーマ:映画 すごく気になっていたんですこの邦題。 原題はLe scaphandre et le papillonですから どこにも夢を見るなんて言葉ないですよね。 たまたまTVの映画紹介を見ていて、 この映画を知って、 もう、そのタイトルだけで心惹かれました。 ち...
『LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON』潜水服は蝶の夢を見る (キマグレなヒトリゴト)
瞬きだけで綴る人生とは。 ぽちっとプリーズ。 潜水服は蝶の夢を見る
潜水服は蝶の夢を見る(2007年・仏/米) (SCARECROW'SROOM)
★彼が綴った言葉を是非読んでみたい…と思わせられる作品です★実は…個人的に難病系の映画が苦手なんです。その理由については一部の作品で見られる「は~い、泣ける映画を作りましたよ~、この映画で泣かない人は心が貧しい人ですよ~、クライマックスは思いっきり盛り...
潜水服は蝶の夢を見る (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  厚い殻を打ち破る、無限大のイマジネーション  
潜水服は蝶の夢を見る (Osaka-cinema-cafe)
今年のアカデミー賞の監督・撮影・脚色・編集賞の 4部門にノミネートされ、「パイレーツ~」の ジョニーデップが大絶賛! (本来なら、ジョニーデップ主演でしたが、「パイレーツ~」の 撮影で降板になったとのこと) 主演男優賞をあげても良いのではと、個人...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (2007) / フランス・アメリカ (NiceOne!!)
原題:LESCAPHANDREETLEPAPILLON/THEDIVINGBELLANDTHEBUTTERFLY監督:ジュリアン・シュナーベル原作:ジャン=ドミニク・ボービー脚本:ロナルド・ハーウッド出演:マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー公式サイトはこちら。<S....
潜水服は蝶の夢を見る (シネマ大好き)
「潜水服は蝶の夢を見る」。脳梗塞により”閉じ込め症候群”に陥った元「ELEE」の編集長・ジャン・ドミニク・ボービーが、唯一動かせる左目のまばたきで綴ったエッセーの映画化。 冒頭、やや下のアングルから二人の医師が話す画面が映り、その焦点がぼやけたり合ったり...
潜水服は蝶の夢を見る (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。 「身体は“潜水服”を着たように重くても、ぼくの想像力と記憶は、“蝶”のように自由に羽ばたく__。」実在した奇跡の伊達男、ジャン=ドミニク・ボビー!   順風満帆に輝いていた人生が、...
潜水服は蝶の夢を見る (シュフのきまぐれシネマ)
潜水服は蝶の夢を見る  2/9(土)@チネチッタ こう毎週末になると雪じゃ寒くてヤんなっちゃうわっとバーゲンでゲットしたパラビオンの紫色の長靴を履いて行ってきました。なのに川崎は雪残ってないでやんの。海っぺりは暖かいのかしらん。 初日なのに深
映画鑑賞記「潜水服は蝶の夢を見る」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:08.03.01 鑑賞場所:シネプレックス幕張 ぼくは生きている。話せず、身体は動かせないが、確実に生きている。 実話に基づいた感動ロマン。 <ストーリー> (cinemacafeより引用)  ジャン=ドミニク(マチュー・アマルリック)は目覚める。そこは...
『潜水服は蝶の夢を見る』 2008-No16 (映画館で観ましょ♪)
実在したフランス版「ELLE」の編集長。 42歳で脳梗塞で倒れてしまう。 身体はまったく動かない・・・唯一動くのは左目だけ。 その唯...
潜水服は蝶の夢を見る (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイトはコチラ 私はこの映画嫌いじゃないけど、感動しない人は1万人以上いるかも→おすぎは映画評論家を続けられるのか!? まぁたしかに健康な頃の主人公・ジャン=ドーは、なかなか身勝手な男だった感じだし、健康を失って初めて気付くものがたくさんある...
映画 【潜水服は蝶の夢を見る】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「潜水服は蝶の夢を見る」 ファッション誌ELLEの編集長だったジャン=ドニミク・ボビーが20万回の瞬きで綴った自伝小説の映画化。 おはなし:1996年、42歳のジャン=ドミニク(マチュー・アルマリック)は脳梗塞で倒れる。昏睡状態から目覚めたものの、彼は左目...
潜水服は蝶の夢を見る (eclipse的な独り言)
 この映画、ジョニー・デップでは演じることはできなかったと思います。(2008年
「潜水服は蝶の夢を見る」 LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON (俺の明日はどっちだ)
息子とドライヴ中に突然の病に倒れ、身体の自由を奪われてしまったELLE編集長、通称“ジャン=ドー”が、全身の中で唯一動く左目の瞬きだけで綴った自伝ベストセラーを映画化した作品。 いかにもフランス映画といったシャルル・トレネの“ La Mer ”が流れる中、レントゲ...
潜水服は蝶の夢を見る [監督:ジュリアン・シュナーベル] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
精神だけが生きているんじゃなく、精神こそ命そのものなんだ。死にいく運命にある難病患者を支える人の気持ちより、死にいく運命そのものを体感させる
映画『潜水服が蝶の夢を見る』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
約1ヵ月ぶりに映画館に行きました。ずーっと観たい!と思っていた映画、『潜水服は蝶の夢を見る(原題:LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY)』を観て来ました。 この作品は実話を基にした物語で、2007年度の外国語映画賞を総なめにした...
潜水服は蝶の夢を見る (ももママの心のblog)
有名な編集者ジャン=ドーが42歳にして脳梗塞に倒れる。死んだほうがマシだと考えていた彼だが、左目の瞬きだけで本を出版。病は、彼から想像力を奪うことが出来なかった!
感想/潜水服は蝶の夢を見る(試写) (EDITOREAL)
「何をやったらいいんだ?」「瞬き20万回です」「20万で足りるのか?」(※)。『潜水服は蝶の夢を見る』2月9日公開。『ELLE』編集長だったジャン=ドミニク・ボビーは、突然の脳梗塞で倒れる。めざめた彼は体を動かすことも声を出すこともできなくなっていた。唯一機能し...
真・映画日記『潜水服は蝶の夢を見る』 (          )
JUGEMテーマ:映画 2月10日(日)◆711日目◆ 昼前に外出するが、 JR吉川駅で立ち往生。 武蔵野線が止まっていたからだ。 12時半過ぎにようやく電車が来る。 これなら『ミスター・ロンリー』の3時からの回が丁度いいかも。 とりあえず「シネマライズ」へ...
生きたいという思いの強さ。~「潜水服は蝶の夢をみる」~ (ペパーミントの魔術師)
カンヌもゴールデングローブ賞も監督賞とって もちろんアカデミー賞にもノミネートされてる作品。 おすぎが宣伝する映画と相性悪いのな、私って。(笑) でも今回のは違ってた。マジオススメの・・・ ど根性映画やん。(コラ) 講談社からハードカバーが出てます。 98...
潜水服は蝶の夢を見る■想像力は最後の最大の武器! (映画と出会う・世界が変わる)
この題材であれば、ともすれば、暗く絶望的なトーンになりがちであるが、そこを落ち着いた明るい色調の美しい画面が救っている。いかなる絶望的な状況、がんじがらめになった状況であっても、それを救うのは「想像力」だということであろう。この映画を一人の男に起きた状...
ELLE元編集長の闘病記、ジョニー・デップで映画化、のはずが (パリノルール blog)
「キングス&クイーン(DVD)」で好演をみせたマチュー・アマルリック(Mathi...
潜水服は蝶の夢を見る (映画鑑賞★日記・・・)
【LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY】2008/02/09公開製作国:フランス/アメリカ監督:ジュリアン・シュナーベル出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、アンヌ・コンシニ、パトリック・シェネ、...
潜水服は蝶の夢を見る (悠雅的生活)
20万回の瞬きと、想像力と、記憶。
潜水服は蝶の夢を見る (小部屋日記)
LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON(2007/フランス=アメリカ)【DVD】 監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:マチュー・アマルリック/エマニュエル・セニエ/マリー=ジョゼ・クローズ /アンヌ・コンシニー/マックス・フォン・シドー 原作本は世界31カ国で出版されたベ...
『潜水服は蝶の夢を見る』 『トゥヤーの結婚』 (マガジンひとり)
@池袋・新文芸坐 『潜水服は蝶の夢を見る』 Le Scaphandre et le Papillon(ジュリアン・シュナーベル監督・2007年フランス=アメリカ) ELLE誌の編集長で3人の子どもの父親でもあるジャン=ドミニク(マチュー・アマルリック)は、順風満帆な人生を送っていたものの、あ...
『潜水服は蝶の夢を見る』'07・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昏睡状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識は、はっきりしているにもかかわらず、言葉を発することができない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)はま...