銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ミックマック(2009)

2010-09-25 | 映画:ミニシアター

 原題:MICMACS A TIRE-LARIGOT

世界が平和でありますように、、、、、。

悪人を鑑賞後、京都シネマにて鑑賞しました。予告編での映像がとても素敵だったので、楽しみにしていました。
主役バジルには「僕の大切なともだち」でダニエル・オ―トゥイユと共演したダニー・ブーン。ダニー・ブーン、ちょっとお年がいかれたのか?やつれたような気もします。もっとふっくらしていたよね。
映像は思っていたとおり、趣があってなかなか良い。バジルの仲間たちのキャラも個性があって面白いと思います。
ただお話の運びが結構ゆっくりしています。少々辛気臭い(>_<)それがどうもいけません。間延びした感じなもんで、何か観る前の高揚感が一気に下がってしまいました。
あまり面白くないやんか!!もう少しテンポを上げて欲しい。


フラカス(人間大砲)ドミニク・ピノン
ジャン=ピエール・ジュネ監督作品の常連俳優さんだそうです。55歳、何かもっとおじさんに見える。

結局最後まで、私はテンション上がることなく終わってしまいました。まわりのお客さんは、要所、要所で爆笑でしたが、、、、、。私は正直笑えず。一人しらけ状態(涙)

 
STORY(キネマ旬報より拝借)
 

ある日、レンタルビデオ店で働くバジル(ダニー・ブーン)は、発砲事件に巻き込まれ、頭にピストルの弾を受けてしまう。一命は取り留めたものの、頭には弾が残ったまま。仕事も家も失ったバジルは、外で寝泊りをしながらパントマイムで生計を立てながら暮らしていた。そんなバジルを見かけたガラクタ修理屋プラカール(ジャン=ピエール・マリエル)は、彼を仲間の所へ連れて行く。そこには、とても個性豊かな人々が住んでいた。冷蔵庫に入ることのできる“軟体女”(ジュリー・フュリエ)、計算の天才“計算機”(マリー=ジュリー・ボー)、人間バズーカでギネスブック記録を持つ“人間大砲”(ドミニク・ピノン)、ことわざの天才で元民俗歴史学者の“言語オタク”(オマール・シー)、ガラクタアーティストの“発明家”(ミッシェル・クレマド)ら、おかしな人々の笑顔には、温かな空気が満ちていた。新たな人生を歩み始めたバジルは、ある日ガラクタ集めの途中、兵器会社の横を通りかかる。そこは、バジルの頭に残った銃弾を造っている会社であった。さらにその向かいには、30年前に西サハラでバジルの父の命を奪った地雷を造った会社があった。自分の人生をメチャクチャにしたこの2つの兵器製造会社を許すことはできない、とバジルは仲間たちと共に“死の商人”への仕返しを開始する……。

 


ラ・モーム・カウチュ(軟体女)ジュリ―・フェリエ
本当に柔らかい身体ですね。冷蔵庫に入っていました。

反戦メッセージがあり、ブラックコメディでファンタジー性も、、、、。おとぎ話のようなティストも含まれていて、良いのですが。私的にはちょっと好みの作品じゃあないかも。フランス映画が嫌いなわけではありませんが、これはちょっと想像していたものではなかったです。

ジャン=ピエール・ジュネ監督は脚本も兼ねています。いやあオリジナル作品なんですね。その点はリメイクや、原作本の映画化じゃないのでやはり凄いですよね。


それぞれのキャラクターは何ともいえない味があります。

タンブイユ(料理番)を演じたヨランド・モローが特に印象深かった。

解説(allcinemaより拝借)

 「アメリ」「ロング・エンゲージメント」のジャン=ピエール・ジュネ監督が「ぼくの大切なともだち」の人気コメディアン、ダニー・ブーンを主演に迎え、奇想天外な物語と美しくもシュールかつ遊び心あふれる映像で贈るファンタジー・コメディ。不幸な人生を送る主人公が、その原因を作った2大軍事企業を相手に、個性豊かな仲間たちと繰り広げる壮大なイタズラの行方を風刺とユーモアを織り交ぜ綴ってゆく。

 ジャン=ピエール・ジュネ監督

第35回セザール賞
  • ノミネート: 音響賞
  • ノミネート: 美術賞 - アリーヌ・ボネット
  • ノミネート: 衣装デザイン賞 - マデリーン・フォンテーヌ

 

メディア 映画
上映時間 105分
製作国 フランス
公開情報 劇場公開(角川映画)
初公開年月 2010/09/04
ジャンル コメディ/犯罪
映倫 G

 

オフィシャル・サイト
http://www.micmacs.jp/
ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪人(2010) | TOP | テイク・マイ・アイズ(20... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も見ました (きさ)
2010-09-25 10:03:50
私も昨日見ました。
ジュネ監督は好きなので面白かったですが、前半はちょっとたるいかな。
でもジュネ監督はこんな感じですね。
後半は快調です。
反戦メッセージはそんなに重い感じはしなくて、題材の一つという感じですね。
ただ、フランスは世界有数の兵器産業大国です。
おかしな仲間を得た主人公が、どたばたの末、収まるところに収まります。
ラストがいいです。

撮影が日本人の永田鉄男さんというのがうれしいかったです。
Unknown (KLY)
2010-09-25 13:57:48
そもそもジュネ監督の作品はそんなに笑えるものでもないと思うのですが、ところどころ笑えた感じかなぁ。例えば中指立ててるとことかね。(笑)
個性豊かな出演者がとても魅力的なのですが、もう少しそれを活かしてくれるともっと面白かったかな。
こんにちは。 ()
2010-09-26 09:17:15
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

こちらの映画、期待とはちょっとちがってましたか。
そういう時って、心の入れ替えが難しいですよね。
自分も、前もって、あらすじ等を知ってからみるタイプではないので、時々、経験します。

この映画のことは、全く知りませんでした。
ためになる?情報、ありがとうございます。

わたし (sakurai)
2010-12-15 12:23:34
ジュネ監督、大好きで、ずっと見てきたんで、いつもこんな感じですわ。
乗っていくまでがもどかしい・・。
完全な自分のモード、自分の世界観で作ってて、そのこだわりが凄い!
ストーリーは、これ!といったとこもないんですが、彼の渾身の映像は見た甲斐がありました。
そうそう、ダニーさん、ずいぶんやせましたね。最初、結びつかなかった。
なんだかチャップリンを彷彿させました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

18 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ミックマック (LOVE Cinemas 調布)
『アメリ』、『デリカテッセン』のジャン=ピエール・ジュネ監督最新作。父親を地雷で亡くし、自らも事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けた男が、仲間とともにその両方を製造した会社に復讐する様子をコミカルに描いたフレンチコメディだ。主演はフランスの人気コメディアンダ...
『ミックマック』は特攻野郎の一家だ! (映画のブログ)
 傑作『さんかく』の中に、「『アメリ』みたいでしょ」というセリフがあった。  『アメリ』みたい……すなわち、不法侵入や物品への干渉等...
ミックマック Micmacs A Tire Larigo ジャン=ピエール・ジュネ流、アタマの体操 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジャン=ピエール・ジュネ(仏)といえば、「アメリ」「デリカテッセン」の人。 今回も、彼の独特な「ネチっこさ」が、全編を通して満載されている。 (オープニングからして、たちまち) そして展開では「変なメンバー総動員」、という趣き。 私の場合、連発されるギャ...
ミックマック (だらだら無気力ブログ)
『アメリ』『ロング・エンゲージメント』のジャン=ピエール・ジュネ監督が 『ぼくの大切なともだち』の人気コメディアン、ダニー・ブーンを主演に 迎え、奇想天外な物語と美しくもシュールかつ遊び心あふれる映像で贈る ファンタジー・コメディ。 不幸な人生を送る主人...
「ミックマック」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督最新作は、頭に銃弾を撃ち込まれた男の、その銃弾を作った武器製造・販売会社と、父親の命を奪った地雷を作った軍事会社に、仲間ともに...
バジルと7人の仲間達 『ミックマック』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『アメリ』『デリカテッセン』『ロストチルドレン』『ロングエンゲージメント』のジャン=ピェール・ジュネ監督による底抜け脱線ファンタジー映画『ミックマック』物語・ビデオショップで働くバジル(ダニエル・ブー
ミックマック (心のままに映画の風景)
レンタルショップで働くバジル(ダニー・ブーン)は、発砲事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けてしまう。 一命は取り留めたものの、銃弾は頭に埋ま...
ミックマック (佐藤秀の徒然幻視録)
映像のサーカス 公式サイト。ジャン=ピエール・ジュネ監督、ダニー・ブーン、アンドレ・デュソリエ、オマール・シー、ドミニク・ピノン、ジュリー・フェリエ、ニコラ・マリエ、マリー=ジュリー・ボー、ミッシェル・クレマド、ヨランド・モロー、ジャン=ピエール・マリ...
ミックマック★★★★+劇場140本目:人間... (kaoritalyたる所以)
9/18の1本目。予告を何度も観ていて、面白そうだなぁ~と気になり、チェックしていた作品。アメリの監督と言われてもkaoritalyは未見ですが、もっと前の作品『デリカテッセン』を...
ミックマック (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作。「デリカテッセン」、「アメリ」に続いてファンタジックでシュールな映像をたっぷり盛り込み、風刺とニスタルジーで味付けした独特のジュネワールドが今度も縦横無尽に展開する。物語:ある日、レンタル・ビデオ屋の店...
ミックマック (迷宮映画館)
リアルタイム、ジュネ監督作品、コンプリート継続中!
アメリ監督最新作・映画<ミックマック> (美味-BIMI-)
それは、現代のおとぎ話 頭にうまったピストルの弾 パパは地雷でふっとんだ
ミックマック (銀幕大帝α)
MICMACS A TIRE-LARIGOT/09年/仏/105分/ファンタジー・コメディ/劇場公開 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 製作:ジャン=ピエール・ジュネ 脚本:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:ダニー・ブーン、アンドレ・デュソリエ、オマール・シー、ドミニク・ピノン ....
ミックマック (いやいやえん)
ジャン=ピエール・ジュネ監督作品。シュールな世界観と独特な色彩感覚は変わらず。 これはファンタジーだわ。フランス映画らしいエスプリが効いた展開。 バジルの復讐に加担するメンバーがまた個性的でコミカルで面白い。復讐といってもレベルは悪戯サイズ。とはいえ...
ハンバーガーじゃないよ(寒っ!)~「ミックマック」~ (ペパーミントの魔術師)
自分で書いてて寒いギャグですが、 ミックマックとはいたずらって意味なんだそうですね。 ・・・にしては、大人のやるコレは いたずらなんてレベルのしろもんじゃないんです。 韓国映画だったらまちがいなくものすごい 悲惨な状態なはずなんですが なんだかチャ....
映画評「ミックマック」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年フランス映画 監督ジャン=ピエール・ジュネ ネタバレあり
『ミックマック』 ('11初鑑賞126・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月18日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
ミックマック (ダイターンクラッシュ!!)
2013年8月29日(木) レンタルDVD 銃撃戦の流れ弾に当たり、一命は取り止めたが、頭の中に銃弾が残ってしまった男。 ビデオ店員の職も失いホームレスとなるが、謎の生活共同体の爺さんに仲間として勧誘された。 銃弾の製造会社と昔父親を無くした地雷の製造会社、2つ...