銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

アーサーとミニモイの不思議な国★字幕版&吹替え版

2007-10-23 | 映画:シネコン

 「ア~サ~~」と呼ぶおばあちゃん

 

10月2日に字幕版、8日に吹替え版で鑑賞。場所はどちらも、MOVX京都。吹替え版は支援の仕事での鑑賞でした。二度も鑑賞できてラッキー

主演は「プロヴァンスのおくりもの」、「チャーリーとチョコレート工場」などで活躍のフレディ・ハイモア君です。何ともう15歳日本で言えば中学3年生くらいなのか?結構若くみえますね。

 

監督はリュック・ベッソン、実写と3Dアニメーションの合体という作品ということで、ちょっと気になっていました。何でも企画から完成まで7年という歳月をかけた作品らしい。自ら原作・脚本・監督を手がけた一大プロジェクトもの原案はセリーヌ・ガルシアとパトリス・ガルシア夫妻、ベッソンはこの原案に魅了されたことから、この映画化を熱望したそしてこの企画は動き出したのだ。

 

パトリス・ガルシアはこの作品の映像世界を創り上げた人物。コミック作家で、映画界では特殊効果の専門家として知られている。その彼が、ベッソンと初めて組んだ作品が「フィフス・エレメント」(97年)である。今回もパトリスのイラストレーションと妻セリーヌのアイデアを元に、ベッソンが「アーサーとミニモイたち」と3冊の続編を出版。フランスで100万部以上売り上げ、世界34ヶ国で翻訳される大人気シリーズとなった

 

映画化には80億円という巨額な製作費が投入された。一般的に制作費10~13億円がヨーロッパ・アニメーションの相場らしいが・・・・。今回のこの作品は異例な額といえるそしてこのアニメーションはフランスが世界に誇るCGIの制作会社BUFのピエール・ブファンが初参加することになった。フランスの郊外に専用のスタジオを建てて、そこに100名以上のスタッフとともに3年間住み込みで制作を行ったというから、半端じゃない

 

天才子役フレディ・ハイモア、ミア・ファロウとともに、マドンナ、デイヴィット・ボウイ、スヌープ・ドッグといった豪華ボイスキャスト。

映画は2006年12月にフランスで公開され、600万人動員の大ヒットその後世界中で100億円以上を稼ぐ。ヨーロッパ・アニメーションとしては異例の大ヒット記録。そしてその話題作は日本に上陸したわけだ。

お話は・・・・。

 

裏庭に広がる、不思議な不思議なミニモイ族の世界

 

アーサーを愛するおばあちゃんは10歳の誕生日にケーキを・・・・。はミニカーも。このミニカー、後で大活躍することに

 

 

 

アーサーの両親はおばあちゃんに彼を預けたまま・・・・。誕生日にはかけてくるだけ

 

 

アーサー(フレディ・ハイモア)は冒険を夢見る10歳の少年。4年前に失踪した冒険家のおじいちゃんが残した数々の書物を読みふけっては、見果てぬ世界に思いを馳せるそんなある日、が立ち退きの危機にあることを知る借金の返済期日は2日後。おじいちゃんが裏庭のどこかに埋めたはずのさえみつければ・・・。何とか立ち退かなくても済むおばあちゃん(ミア・ファロウ)の言葉を頼りに、手がかりを探すアーサー。屋根裏での地図を発見したが、それにたどりつくには体調2mmのミニモイ族の住む王国に行かなければならないしかもその世界は裏庭にあるという。大切な思い出のつまった、そして愛する家族を守るため、アーサーの冒険がいま始まる

 

 

 おじいちゃんの望遠鏡でミクロの世界を

 

 

ミクロの国、ミニモイへと向かうアーサー、おばあちゃんに内緒でを運転。

 

 

 

ミクロの世界で知る、人生で大切なこと

 

ミニモイ族の世界に入り込んだアーサーは、宝物が“悪魔M”ことマルタザール(デイヴィット・ボウイ)が支配するネクロポリスにあることを知る。そしておじいちゃんがそのを探しにその地を目指し、消息を絶ったことも・・・・。

アーサーはおじいちゃんとを取り返すために、ミニモイ族の王女セレニア(マドンナ)とその弟ベタメッシュとともに闇の世界へ旅立つ。

 

 

自立心の強いセレニアに振り回されながらも、いざという時は底力を発揮するアーサー。何度も仲間の危機を救いながら、7つの王国を突き進む

最大の武器は「大切なものを守りたいという強さ」家族の絆、助け合う中で芽生えた仲間への友情、初めて知る小さな恋  ものより大切なものを守るために奮闘するアーサー

 

“悪魔M”ことマルタザール、後ろはあの

 

3人は力を合わせてマルタザールに立ち向かう

 

さてさて、はアーサーのもとにもどるのか消息を絶ったおじいちゃんにめぐり会えるのか?ハラハラ・ドキドキ、お話はどうなっていくのか????

 

かってない映像、かってない感動

 

今まで誰もがなしえなかった《ライブアクション》と《3Dアニメーション》二つの世界の融合。先ほども書いたが、スペシャリストとともに挑んだベッソンのファンタジー・アドベンチャー作品の醍醐味は本当に凄い。

 

 リュック・ベッソン監督

 

 何てったって、やはりこの子

フレディ・ハイモア君 1992年生まれ、6歳で映画デビュー。「トゥー・ブラザーズ」(04年)、「ネバーランド」(04年)等、さまざまな作品で活躍。公開待機作にロビン・ウィリアムズとの共演作がある。

 

 

ミア・ファロウ 1945年生まれ、えぇ~もうそんなお年だとは「ジョンとメリー」、「華麗なるギャッビー」は印象深い。最近では「オーメン」にも出演。

 

 

※エンディングのキャラクター紹介が楽しかった。それぞれがアニメーションで登場。これがまた可愛いリュック・ベッソンもアニメで登場した。この演出もなかなかお洒落でです。

 

日本語吹替え版キャスト

アーサー役・・・・神木隆之介     クーロマッサイ&イージーロー役
                                 タカ&トシ 

セレニア役・・・・戸田恵梨香     マルタザール役・・・・Gackt

 

ベタメッシュ・・・えなりかずき     おばあちゃん・・・・夏木マリ

 

アーサーとミニモイの不思議な国  

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランシルヴァニア*トニー... | TOP | ファンタスティック・④★☆銀河... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
遅ればせながら (zooquie)
2007-10-24 22:43:07
いつもTBを頂きながら、
なかなかコメントできずに失礼しております。

この映画は "ホントにリュック・ベッソンか?!"
と思うほど、ファンタジーに、冒険に、人間愛に満ちていて、自分にはかなりツボでした。

>最大の武器は「大切なものを守りたいという強さ」
>家族の絆、助け合う中で芽生えた仲間への友情、
>初めて知る小さな恋
>ものより大切なものを守るために奮闘するアーサー
名言ですね。

ハリウッド映画には作れない、
暖かい作品でした。
こんばんわ。 (masala)
2007-10-25 00:22:24
TBありがとうございます。
この映画の中のフレディは若いのですが、多分実写の撮影が随分と前に撮られたものだと思います。
先日テレビで来日したフレディが舞台挨拶をした映像を見ましたが、すっかり成長していてビックリしました、今は背の高い色白のあんちゃんになっていましたよ。
観れない~ (apple-ogojo)
2007-10-26 11:47:22
こんにちわ。いつも楽しく拝見させてもらっています。
児童デイのお手伝いが、忙しくて見に行く暇がありません。
土日は、人ばかりなので懸念してしまいますし…
やはり、私には、ここが一番居心地のいい映画館ですね。
初めまして (ケビン)
2007-10-28 01:11:18
こんばんは、初めまして。

TBありがとうございました。
ベッソンの引退作、絶対観なきゃ!と思って観にいってきました。
ベッソンらしく夢のあるような物語風に仕上がってましたが、実写の世界の方がベッソンの良さを実感できる気がします。
まだまだシリーズも続編があるみたいなので楽しみですね
こんばんは! (由香)
2008-07-12 23:33:08
お邪魔します♪
ハイモア君の作品はほとんど観ていると思いますが、いつまでもピュアで可愛らしいですよね~
でももう17才!!流石に最近は大人っぽくなったかしら、、、
いつまでも彼の良さを失わずに活躍して欲しいですね♪
この作品の続編も作られているようで楽しみです!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

42 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アーサーとミニモイの不思議な国 (Akira's VOICE)
既視感を寄せ集めたファンタジー。
アーサーとミニモイの不思議な国 35点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ミクロの仲間だ 三勇士 公式サイト リュック・ベッソン原作・脚本・監督によるファンタジー風映画、なのだが、売れ線を狙ったであろう設定や映像とは反対に、子供向けとしてもファンタジーとしても中途半端な凡作に終わっている。 現実世界を実写、小人世界を人形...
『アーサーとミニモイの不思議な国』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【 ARTHUR AND THE MINIMOYS 】 2006年/アスミック・エース/104分 【オフィシャルサイト】 監督:リュック・ベッソン 出演(声):フレディ・ハイモア/神木隆之介、ミア・ファロー、マドンナ/戸田恵梨香、デヴィッド・ボウイ/Gackt、ジミー・ファロン/えなりか...
試写会「アーサーとミニモイの不思議な国」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「アーサーとミニモイの不思議な国」の試写会に出席してきました日本語吹き替え版での上映。「レオン」「フィフス・エレメント」のリュック・ベッソンが原作と監督を手掛けたファンタジー。本作を最後に監督引退宣言をしたことでも...
アーサーとミニモイの不思議な国 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
実写と3Dアニメの融合がつむぎ出す不思議な映像は、フランス発のおとぎ話。幻想的な絵柄が米国や日本のアニメとは一線を画している。裏庭に住む体長2ミリのミニモイ族の世界に入り込み、大冒険を繰り広げる少年の物語だ。難点はCGのキャラクターがまったく可愛くない...
62『アーサーとミニモイの不思議な国』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 62『アーサーとミニモイの不思議な国』 評価:★★★☆☆ 原題は「Arthur et les Minimoys」でリュック・ベンソン監督の最後の仕事? でも、3編で1作品みたいなので、暫くは辞めないのかな?
★アーサーとミニモイの不思議な国(2006)★ (CinemaCollection)
ARTHURANDTHEMINIMOYSARTHURETLESMINIMOYS行方不明のおじいさんはどこに…ミクロになったアーサーのもうひとつの世界での大冒険上映時間104分製作国フランス公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2007/09/22ジャンルファンタジー/アドベンチャー/ファミリー【...
「アーサーとミニモイの不思議な国」 ジム・ヘンソンへのオマージュか? (はらやんの映画徒然草)
リュック・ベンソンの久しぶりの監督作。 10本撮ったら監督はやらないと言っている
アーサーとミニモイの不思議な国 (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 フランス 監督:リュック・ベッソン 出演:フレディ・ハイモア/ミア・ファロウ ストーリー:アーサーは冒険を夢見るごく普通の少年。両親と離れ、祖母と暮らしているが、土地代未払いのため屋敷は立ち退きを迫られている。そんなある日、...
アーサーとミニモイの不思議な国・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
どこかで観たような世界観に、どこかで会ったようなキャラクター。 リュック・ベッソンが引退を宣言して挑んだ「アーサーとミニモイの不思議な国」は、彼としては初のCGアニメと実写の合成で描くファンタジーアドベンチャー。
アーサーとミニモイの不思議な国(吹替え版) (八ちゃんの日常空間)
誰もが楽しめるオーソドックスなファミリー映画。リュック・ベッソン、やっぱりエンタメの映画作家!
アーサーとミニモイの不思議な国/フレディ・ハイモア (カノンな日々)
お台場映画王での観賞です。もうじき一般公開される作品なので、その時でも別に良かったんだけどチケットが手に入ったものですから観に行ってきました。シネマメディアージュで映画を観るは数年ぶりになります。確かココで最後に観た映画は「千と千尋」だったかな? 作...
映画 「アーサーとミニモイの不思議な国」 (ようこそMr.G)
映画 「アーサーとミニモイの不思議な国」 を観ました。
★「アーサーとミニモイの不思議な国」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは、「チネチッタ川崎」で2本。 その1本目は、久々にリュック・ベッソンが監督をしたという本作。 実写と3Dアニメで作ったという本作は、何度か予告編を観てたので、ちょっと期待あり。 冒険ファンタジーは、ひらりん結構好きだからね。
アーサーとミニモイの不思議な国 /ARTHUR AND THE MINIMOYS (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                                                                  ...
映画「アーサーとミニモイの不思議な国」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 4日、九段下の九段会館にて「アーサーとミニモイの不思議な国」の字幕スーパー版を試写会で鑑賞した。 開場時間10分前に会場に到着したところ、早めに開場したらしく列は無く直ぐに入場出来た。客入りは7~8割ほどでファミリームービーらしく小さな子供も多数来場...
アーサーとミニモイの不思議な国 (B-scale fan's log)
公開中 リュック・ベッソン監督 フレディ・ハイモア主演     共演 ミア・ファロー 他 満足度 3.0 ベンソン監督が何故この映画を作ったか知りませんが、 「パパだって子供向けの作品が作れるんだよ」 って感じに仕上がった作品。 いつもの切れ上がった支離滅...
10の満月を数えて (CINECHANの映画感想)
239「アーサーとミニモイの不思議な国」(フランス)  アーサーは10歳の少年。4年前に冒険家のおじいさんが失踪し、今はおばあさんと二人暮し。しかし、お金が払えなくて、すぐにでも家を追い出されそうになっている。  アーサーはおじいさんが残した宝物の地図...
アーサーとミニモイの不思議な国 (ルナのシネマ缶)
リュック・ベッソンが引退を かけて作った作品らしいですが、 フランスで思った以上に ヒットしたらしいので、 早くも続編が作られるとか?・・・・ 前回の「アンジェラ」もいまひとつ でしたが、今回もなんとなく いまひとつ!っといった感じでしょうか! 客の入...
アーサーとミニモイの不思議な国 (5125年映画の旅)
アメリカの片田舎で暮らす少年アーサー。借金を返さないと家を追い出される事を知ったアーサーは、祖父の残した宝を探し出す決意をする。そしてアーサーは祖父の残したヒントを頼りに、豆粒のような種族「ミニモイ」が暮らす世界へ辿り着く。そこでアーサーを待ってい...
「アーサーとミニモイの不思議な国」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「アーサーとミニモイの不思議な国」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演・声優:フレディ・ハイモア、ミア・ファロー、マドンナ、デヴィッド・ボウイ、スヌーブ・ドッグ、他 *監督:リュック・ベッソン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事...
アーサーとミニモイの不思議な国 (映画鑑賞★日記・・・)
【ARTHUR AND THE MINIMOYS】2007/09/22公開(09/15先行にて鑑賞)製作国:フランス監督・原作・脚本:リュック・ベッソン原作:リュック・ベッソン『アーサーとミニモイたち』(角川書店刊)出演:フレディ・ハイモア、ミア・ファロー、ペニー・バルフォー、ダグ・ラン...
アーサーとミニモイの不思議な国 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
体長2ミリになった元気いっぱいのアーサーが、裏庭の地下に住むミニモイ族の仲間たちとともに大冒険を繰り広げるファンタジー大作『アーサーとミニモイの不思議な国』。 アーサーは冒険を夢見るごく普通の少年。両親と離れ、祖母と暮らしているが、土地代未払いのため...
『アーサーとミニモイの不思議な国』(2006) (【徒然なるままに・・・】)
体長わずか2ミリというミニモイ族が住む極小世界を舞台にしたファンタジー・アドベンチャーで、「10本撮ったら監督業から足を洗う」と宣言しているリュック・ベッソンが、自作の小説を実写と3DCGアニメーションを駆使して映画化した10本目の作品。 といってもパトリ...
「アーサーとミニモイの不思議な国」を観る (紫@試写会マニア)
好きな映画監督は?と聞かれれば、数あるお好みの監督の中でも特にお気に入りの彼、リュック・ベッソンを挙げない訳にはいきません。彼の最新作で監督としては多分最期の作品になるであろう(嘆っ)「アーサーとミニモイの不思議な国」(吹き替え版)を観てきました。 ...
「アーサーとミニモイの不思議な国」★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'06年製作、監督・原作・脚本・製作 : リュック・ベッソン 出演 フレディ・ハイモア、ミア・ファロウ他 声の出演 デイビッド・ボウイ、マドンナ、ロバート・デ・ニーロ他。日本語吹き替え:神木隆之介さん、戸田恵梨香さん、 えなりかずきさん他によるCGアニメ・...
『アーサーとミニモイの不思議な国』(日本語吹き替え版)を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1572に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  リュック・ベッソン、本当にこれで監督業を引退しちゃうの? 『アーサーとミニモイの不思議...
『アーサーとミニモイの不思議な国』 (映画館で観ましょ♪)
リュック・ベッソンの映画というコトで見てみようかと。 で、 次女を誘ったら「見ない」というので一人で出かけました。 ・・・なのに吹替えしか上映してない! 字幕版なら マ...
『アーサーとミニモイの不思議な国』チャリティイベント舞台挨拶@丸の内プラゼール (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
9/19(水)に丸の内プラゼールで行われた、リュック・ベッソン監督、フレディ・ハイモア主演の『アーサーとミニモイの不思議な国』の日本語吹き替え版キャストによる舞台挨拶レポートをいまさら(爆)登壇したのは、神木隆之介、戸田恵梨香、えなりかずき、タカアンドトシ...
アーサーとミニモイの不思議な国 (めでぃあみっくす)
「10作撮ったら引退する」と公言していたリュック・ベッソンの映画監督としての最終作のはずなのに、なぜかパペットムービーでしかも3部作構想によるシリーズ化が決定しているのか、その真相を確かめるべく見てきましたが、先日『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見てき...
『アーサーとミニモイの不思議な国』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
巨匠リュック・ベッソンを虜にしたファンタジー・ワールド
映画:アーサーとミニモイの不思議な国 試写会 (駒吉の日記)
アーサーとミニモイの不思議な国【字幕版】試写会(イイノホール) 「言葉は他の言葉で隠される」 え”?アーサーとミニモ・・・と某団体を思い出したのは私だけ?そして実写とアニメの組み合わせというとディ○ニーのロジャーラビットとか、ピンクパンサーとか。 ...
アーサーとミニモイの不思議な国(フランス) (映画でココロの筋トレ)
Amebaの独占試写会に参加してきましたー。 ご招待ありがとうございます! 映画は「アーサーとミニモイの不思議な国」だよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:神木隆之介、戸田恵梨香、えなりかずき、タカアンドトシ、Gackt 上映時間:104分  好奇心...
アーサーとミニモイの不思議な国(試写会) (カリスマ映画論)
 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ミクロな世界のマクロな冒険!!  
『アーサーとミニモイの不思議な国』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
クチコミネタ:Ameba 独占試写会 『アーサーとミニモイの不思議な国』 280組560名様ご招待! アーサーは冒険を夢見る10歳の少年。4年前に失踪した冒険家のおじいさんが残してくれた数々の書物を読みふけっては、見果てぬ世界に思いを馳せる毎日。そんなある...
アーサーとミニモイの不思議な国(フランス) (映画でココロの筋トレ)
Amebaの独占試写会に参加してきましたー。 ご招待ありがとうございます! 映画は「アーサーとミニモイの不思議な国」だよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:神木隆之介、戸田恵梨香、えなりかずき、タカアンドトシ、Gackt 上映時間:104分  好奇心...
『アーサーとミニモイの不思議な国』06・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ好奇心旺盛な10歳の少年アーサー(フレディ・ハイモア)は祖母(ミア・ファロー)の語る冒険家の祖父の昔話が大好きだ。ある日、4年前に突然疾走した祖父の屋敷が人手に渡ることになる。アーサーは祖父が昔、庭のどこかに埋めたルビーを借金の返済にあてようと...
『アーサーとミニモイの不思議な国』 (『映画な日々』 cinema-days)
アーサーとミニモイの不思議な国 リュック・ベッソン監督が自著である児童文学シリーズを 実写とCGアニメを融合し映画化。 個人評価 ★★...
アーサーとミニモイの不思議な国 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】10歳の少年アーサー(フレディ・ハイモア)は、祖母(ミア・ファロー)の語る冒険家の祖父の昔話が大好きだった。ある日、4年前に突然疾走した祖父の屋敷が人手に渡ることになる。アーサーは祖父が昔、庭のどこかに埋めたルビーを借金の返済にあて...
アーサーとミニモイの不思議な国(2006) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Arthur and the Invisibles。リュック・ベッソン監督、フレディ・ハイモア、ミア・ファロー。(声)マドンナ、デヴィッド・ボウイ、スヌープ・ドッグ、ロバート・デ・ニーロ、アレン・ホイスト、チャズ・パルミンテリ。実写とアニメで構成されたフランス...
アーサーとミニモイの不思議な国 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『実写と3-Dアニメが融合した超ミラクルな ファンタジー・アドベンチャー!』  コチラの「アーサーとミニモイの不思議な国」は、実写と3-Dアニメを融合させたファンタジー・アドベンチャーです。監督は、このテの作品がちょっと意外なリュック・ベッソン監督なのです...
【映画】アーサーとミニモイの不思議な国…フレディ・ハイモアは児童文学の挿絵みたいな顔になった (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休の初日です。 前日が遅かった訳でも無いのですが、何故か14:30過ぎまで長時間睡眠してしまったピロEKです 特に語るべき日常も無いので…早速、映画観賞記録です。 「アーサーとミニモイの不思議な国」 (監督:リュック・ベッソン、出演:フレディ・ハイモ...