銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

イントゥ・ザ・ワイルド☆ショーン・ペン監督作品

2008-10-05 | 映画:シネコン

 彼が最後に呟いた言葉は、”アラスカの罠にはまった”でした・・・・・。

 

9月30日、この日は、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」とこの作品を鑑賞しました。東宝シネマズ二条で観た「イントゥ・ザ・ワイルド」、俳優ショーン・ペンが監督した2001年の「プレッジ」以来実に6年ぶりとなる新作です。

原作はジャーナリストで登山家のジョン・クラカワーが書いたノンフィクション「荒野へ」。1992年の夏、アメリカ最北部アラスカ州の荒野でクリストファー・マッカンドレスという若者の死体が発見された。この出来事はマスコミに取り上げられ、全米の多くの人々の関心を引いた。何故なら彼の死があまりにも謎めいていたからだった。東海岸の裕福な家庭で育ち、優秀な成績で大学を卒業。そんな人生のエリートコースを約束されていた若者が全てを捨てて旅立ち、2年間のさすらいの果てにアラスカで早すぎる最期を迎えたのである。この誰もが「なぜ?」と疑問を抱く大いなる謎の解明に挑んだのが、ジョン・クラカワーである。綿密な追跡取材を基に発表したこの作品は一躍ベストセラーとなり、センセーショナルな反響を呼び起こした。

その作品に激しく揺さぶられた読者のひとりがショーン・ペンだった。何とか映画化したいという情熱で、10年近い歳月を費やし、ついに映画化権獲得を得てこの「イントゥ・ザ・ワイルド」を完成させた

主役に抜擢されたのは、エミール・ハーシュという若い俳優さん。最近ではウォシャウスキー兄弟監督の“スピードレーサー”(08)に主演しているそうです。(この映画は未見です)ちょっとデカプリオ似ているような気もします。

映画はアラスカでのクリスの姿を映しながら、それと平行して卒業したシーン、両親、妹との絡み、旅の途中での出会いが映し出されます。彼は裕福な家庭に育ち、両親は彼に卒業祝いとして新車を与えようとしますが、「車なんか欲しくない。何も欲しくない!」とそっけなく答えます。まもなく所持金の2万4000ドルを慈善団体に寄付して、両親や妹カーリンに何も告げることなく、中古の車に乗り、行方をくらました。これがクリスの壮大なる旅の始まりとなる。途中アリゾナ州のミード湖で鉄砲水に見舞われたクリスは惜しげもなく、車を捨て、そして名前もアレクサンダー・スーパートランプという別名を名乗ることに。彼は全てを捨てたのは、物資社会からの脱出して新たに生まれ変わる。ルールにも束縛されない自由を得るためだった。

 

旅の途中、様々な人との出逢い。

ヒッピーのカップル、レイニーとジャンのトレイラーに乗せてもらう。複雑な過去を引きずるジャンはクリスに音信不通の息子の面影を重ね合わせる。

サウスダコタ州では大農場を営むウェインの元で働く。陽気なウェインをクリスは兄のように慕う。アラスカに行くんだと荒野のど真ん中で生きるとまくし立てるクリスの無鉄砲さに諌めようとするが。ある違法行為でウェインは逮捕される。働く場所を失ったクリスは、再びさすらいの旅へ・・・・。

 

コロラド州でカヤックに乗り、スリルな急流くだりを体験。メキシコへの国境を越えたのち、再びカルフォルニアへ。1991年の暮れ、アウトサイダーの集まる場所スラブ・シティのコミュニテイでレイニーとジャンに再会新たに16歳の少女、トレイシーとの出逢いが。彼女はクリスにしかしクリスには、恋よりも何よりも大切な目的があった。

1992年1月、クリスはカルフォルニアのソルトン・シティでロン・フランツという老人と出会う。ロンはクリスが仕事もせず、野宿をしながら、旅をすることに不思議だと感じていた。しかし何故か同時に親しみを感じる。互いの身の上話で打ち解け、二人で岩肌の山を登るハイキングに興じ、数週間のうちに世代を超えた友情を育んでいく。やがて別れの日がロンは再び孤独な日々に戻ることが恐ろしくなる。“養子にしたい。私は君の祖父になりたい”と切実に申し出るが、クリスはアラスカ行きを止めることはできなかった。

いよいよクリスとの別れの日がやって来た。ロンの思いは・・・・。

 クリスの旅は再び始まる。

1992年5月、ついにクリスは旅の最終目的地点アラスカの山岳地帯に到着。わずかな食糧と狩猟用のライフルを背負い、雪の降り積もった 険しい大地を踏みしめながら、山を越え、川を渡り、ひたすら奥地へと進む。やがてクリスは雨風にさらされ、ぽつんと放置されたバスを発見する。それは2年間に渡る旅の目的を成し遂げるには格好の“住家”だった。

静寂と野生動物によって支配されたその広大な空間はまさにクリスが夢見ていた絶対的な孤独の荒野だった。見るもの、触れるものすべてが新鮮で驚きの大自然には、クリスの想像が及ばない“罠”が潜んでいた。

ここからが凄いです。彼は様々なアクシデントに遭遇します。かなりリアルに映し出されています。自然の驚異に何処まで彼は立ち向かえるのでしょうか。

人間も動物も、食べないと生きてはいけません。野性動物は、やはり強いです。人間はやはりこういう環境には慣れていません。わずかな食糧で、ここへ来た彼にとって、一番の問題は食糧が底をついたことかもしれません。ライフルを持って動物を撃ち、調理して食べるのです。でもそういつも獲物は現れない。次第に米もなくなり、どうしても獲物を捕獲しないとね。印象深いシーンは大きなへら鹿を捕獲し、解体するところ、ロンの忠告だった?か忘れましたが、手早くしないとハエがたかり、蛆虫が沸く。そういう状態になると、駄目だと。まさにそのことが現実に起こりました。やむなく、その鹿の遺体は野鳥の餌に・・・・。

クリスの目の前に立ちはだかった自然の驚異。それはその後も起こります。力尽きた彼はその場所から撤退することに。来た道を戻ろうとするのですが、川の増水状態を目の前にします。渡ろうとしますが、濁流に呑み込まれそうに・・・・。危うく溺れるところでしたが、助かります。結局バスへ戻ることに。

 本は孤独を癒す唯一のものだった。日記も書き続けます

空腹状態は極限にまで達します。野生の食用になる植物を探し始めます。を読んで食べられる野草の採集を続けます。しかしここにも落とし穴が・・・・。

文献の見間違えが彼の体に異変を起すことに毒性のあるものを食べてしまう。それは飢餓状態を起し、意識にも障害が起こると書き記されていたのだ。

痩せ衰え、歩行も困難になるクリスの最期は壮絶なものだった。

役作りのために18kgまで減量したエミール・ハーシュの凄い演技は本当のクリスかと思うくらいの迫真さを感じる。

ところで一方彼の家族は・・・・・。

こんな悲しい結末を向かえるクリスの状況はまったく知ることもなく、彼の実家では、両親、父親ウォルト(ウィリアム・ハート)と母親ビリー(マーシャ・ゲイ・ハーデン)が警察や私立探偵にわが子の捜索を依頼し、妹カーリン(ジェナ・マローン)は彼の胸のうちに思いを馳せていた。マッカンドレス家には複雑な事情があり、繊細なクリスの気持ちを理解していたカーリンは彼が姿を消した理由がわかるような気がした。クリスが自分を探さないで欲しいと願っていることも。

親の心、子知らずという言葉がありますが、この場合は子の心、親知らずなんでしょうか。彼にとっての家族の存在ってなんだったのでしょう?色々疑問は残ります。

 

本当の自由には、必ずリスクはつきものだと思います。今回の結末は彼がそのことを頭においていたかどうか?いや餓死寸前で多分気づいたのだと思います。彼が漠然と、アラスカという大地に憧れ、目指した。そのときはきっとそこまでの自然の驚異には気づいてなかったのだと思います。あまりにも無防備だったのは事実だし、自然の厳しさに打ち勝てる状況ではないですよね。この生き方がいいか?どうか?はそれぞれの価値観だろうし。受け入れられる人もあれば、否定する人もあるでしょう。どんな生き方を選んだとしても、きっとリスクはつくのだと肝に命じる必要があると思います。きっと生きて戻るつもりだっただろうに、悲しい結末で若い生涯を終えたことには何ともいえません。

ラストは本当のクリスの写真が映しだされます。このショットと同じです。

 

 

監督・製作・脚本: ショーン・ペン

   

原作: ジョン・クラカワー  
  『荒野へ』(集英社刊)

キャスト 

  キャサリン・キーナー ジャン・バレス
  ヴィンス・ヴォーン ウェイン・ウェスターバーグ
  クリステン・スチュワート トレイシー
  ハル・ホルブルック ロン・フランツ

オフィシャル・サイト
http://www.intothewild.com/ (英語)

 


 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤ん坊少女★楳図かずお漫画の... | TOP | アウェイ・フロム・ハー◎君を... »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBどうもでした (くまんちゅう)
2008-10-05 21:28:06
彼の達成すべき最終目的が見えなかったのが、残念でした。
明確な目的があれば生きて返れたのかな?
と考えてしまいます。
緩慢な自殺か?自暴自棄な逃避行か?
答は簡単には出せないようです
今原作を読んでいます。
TBありがとうございました。 (hal)
2008-10-06 08:13:49
自然の驚異を感じると同時に、人間は一人ではいきていけない動物なのであることを改めて思い知らされました。
こんばんはー。 (★しんぽん★)
2008-10-06 22:54:53
TBありがとうございますー。
gooブログとの相性が悪いみたいでTB貼れないのでコメントで失礼しますー。
エミール・ハーシュの演技はすさまじいものがありますよねー。最後のシーンが忘れられません。
家族を顧みずに旅を続けた彼の気持ちは、家庭環境が複雑なので仕方ないのかなーという気も。
もうちょっと年齢を重ねても生きていたら、許せる時がきたのかもしれないのにねーと思わされました。
Unknown (紫(むらさき))
2008-10-07 11:59:34
TB出来なくてすみません。
こっちの作品にもTBさせて頂きます。

個人的にはこの映画わざわざ行かない系でした。
が、鑑賞して話の深さ、映像の美しさに感銘しました。基本、ハリウッド大作は好みですが、今年度の洋画で感銘を受けた五本指にははいりそうです。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-10-29 08:36:48
映画としては一級品でしたが、彼の生き方は釈然としませんでしたね。
その辺の見る人の釈然としない気持ちもちゃんと包括して映画にしてるショーン・ペンは、さすがだなあと。
やっぱこの人も天才に入れたいです。
そうそう、ちょっとワイルドさを引いたディカプリオに見えました、エミール君。
解体は素人には難しい・・・ (エルダム)
2008-11-25 17:33:21
自分の住んでいるところでは今月がこの映画が公開でした。主人公のアレックスことクリスは自然と一体になりたかったのではと感じました。つまり野生動物になりたかったかと。鶏と猪の解体をしたことがあるのでわかりますが、素人には(クリス君)肉の解体は難しいです。怒られながら解体した苦い思い出が・・・。ちなみに生肉がおいしいです。そのままかぶりつけば良かったのに・・・。
自然に帰る (PineWood)
2015-10-15 04:06:10
本編には自然に帰る時に何を見いだせるのかという旅のチャレンジ精神を感じました。都会では駄目になってしまうというシーンと大自然との対比も見事でした。最期に人間の絆に希望を見出すが、その時は自然に復讐されて孤独のうちに…。ラストが悲劇なだけに16才のクリステイアン・スチュアートと結ばれていたらとか、皮の職人の老人の養子になっていたらーなどと色々考えさせられた。ケルアックの(オン-ザ-ロード)などにも我が道-マイウエイを往く生き方があったがー。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

53 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
イントゥ・ザ・ワイルド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンド...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Into The Wikd) ----これって、今回のカンヌ映画祭審査委員長ショーン・ペンの 最高傑作と言われている超話題作だよね。 トレーラーでは「きみの青春は...
イントゥ・ザ・ワイルド (めでぃあみっくす)
この映画を見終わった後、少しだけショーン・ペンが羨ましく思えました。おそらく彼はこの『荒野へ』という原作を映画化したことで、彼の中での「幸福論」に答えを出すことができたのでしょう。幸せなんて人それぞれ千差万別、なのに世間は人並みの幸せを求めている矛盾。...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (小さな街から)
裕福な家庭に育ち、アトランタの大学をハーバードのロースクールに行くことも可能なほど優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハッシュ)は、卒業式の後、貯金をすべて慈善団体に寄付し、現金とカードも燃やしてしまって、あてのない旅に出ます。 車が壊れたので移
イントゥ・ザ・ワイルド/INTO THE WILD (我想一個人映画美的女人blog)
名優、ショーン・ペンが10年の歳月をかけて実現{/star/}監督、脚本した会心作{/atten/} 試写行って来ました。 全米で大ベストセラーとなったジョン・クラカワー原作の「荒野へ」で実話。 持ってたチラシをじっくりみてなかったから、てっきりショーン・ペン主演して...
★「イントゥ・ザ・ワイルド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。 ショーン・ペン監督作品で、 「スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。 実話ものらしいけど、アラスカ・・って、見るからに寒そう。
『イントゥ・ザ・ワイルド』 ★★★ (時流を聴く)
3連休の中日、『イントゥ・ザ・ワイルド』を観るために浦和美園のシネコンへ。   この映画は絶対観に行く!と決めていたのは撮影監督が『モーターサイクル・ ダイアリーズ』のエリック・ゴーティエだから。 上
イントゥ・ザ・ワイルド (映画のメモ帳+α)
イントゥ・ザ・ワイルド(2007 アメリカ) 原題   INTO THE WILD    監督   ショーン・ペン    原作   ジョン・クラカワー 『荒野へ』(集英社)    脚色   ショーン・ペン       撮影   エリック・ゴーティエ           ...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (古今東西座)
こんな僕でも(?)若い頃に「自分は親の言いなりになって敷かれたレールの上を走らされてるだけじゃないのか?」なんて青臭いことを思ったことがある。この『イントゥ・ザ・ワイルド』の主人公クリストファー・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)はそれに加えて家庭環...
映画「イントゥ・ザ・ワイルド」を試写会にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 19日「イントゥ・ザ・ワイルド」@一ツ橋ホール 試写会の主権はニッポン放送「高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン」で、上映前にパーソナリティーの高嶋ひでたけさんとアシスタントの小口絵里子さんの舞台挨拶があり上映、客入りは7割ほど。 映画の話...
「イン・トゥ・ザ・ワイルド」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Into the Wild 」2007 USA 裕福な家庭に育った青年が文明を捨て荒野へと旅立つロード・ムーヴィー。 クリスに「卒業の朝/2002」のエミール・ハーシュ。 母親ビリーに「ポロック2人だけのアトリエ/2000」「ルイーズに訪れた恋は/2004」のマーシャ・ゲイ・ハーデ...
INTO THE WILD そのまま帰って来れなかったのか。 (労組書記長社労士のブログ)
【36-18-】  今日から10月、今月は下半期のスタートということで、いろんなことが変わります。 ◆ 政管健保→協会けんぽに ◆ 厚生年金の保険料 149.96/1000(労使各々74.98/1000)→153.5/1000(76.75/1000) ◆ 姥捨て山医療制度、失礼、長寿医療制度(←嘘つき)...
★★★★★ 『イントゥ・ザ・ワイルド』 (映画の感想文日記)
2007年。アメリカ。"INTO THE WILD".   ショーン・ペン監督。  裕福な家庭に育ったクリス・マッカンドレスという青年が、すべてを捨て去り、放浪の旅に出て、むごたらし...
イントゥ・ザ・ワイルド (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。 ジョン・クラカワー原作、ショーン・ペン原作、エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、ジェナ・マローン、クリステン・スチュワート、ブライアン・ディアカー...
イントゥ・ザ・ワイルド (だらだら無気力ブログ)
何もかも捨てて、放浪の旅に出てアラスカを目指した青年の姿を描いた ドラマ。原作はジョン・クラカワーの『荒野へ』。優秀な成績で大学を卒業したクリス。両親を嫌っているクリスは 義務で大学を卒業したことで、自由を求めて家族を捨て放浪の旅にでる。 道中、彼はいろ...
イントゥ・ザ・ワイルド (シャーロットの涙)
レザー・トランプ~皮靴の放浪者が本当に欲していたものは・・・
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「イントゥ・ザ・ワイルド」の試写会に行ってきた。ショーン・ペンが監督・脚本、エミール・ハーシュ主演で、実話の映画化。大学を優秀な成績で卒業した主人公クリスが、家族もお金も車も捨てて家出して、アレクサンダー・スーパートランプという偽名を使ってバックパッ...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画大学の卒業式、誇らしげに見守る両親そんなシーンで始まるこの映画は裕福な家庭に育った優等生の青年クリストファーが23歳の若さでアラスカの大地に散るまでを描いた実話に基づく物語でした。ショーン・ペンが10年の歳月をかけて映画化した思い入れの深...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
旅と人生いう永遠のテーマがショーン・ペンによって描き出されるなんて最高。 1990年夏、アトランタの大学を卒業した22歳のクリスは、1人旅に出る。男なら、ショーン・ペンのように生きろって感じ。俳優ショーン・ペンも素晴らしいと思うけれど、それ以上に映画監督シ...
イントゥ・ザ・ワイルド (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
若者が欲するピュアな孤独を描いた秀作。大学卒業と同時に家族や金銭、車を捨てて、真の自由を求めてアラスカの荒野を目指す青年クリスが、彷徨の果てに悲劇的な最期を迎えるまでを静かにつづる。一歩間違えば甘ったれた青年のドジな物語なのだが、若さとはいつも必要以上...
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
上映時間は、148分。 かなり長め。日本的、生半可な、東南アジア方面への「自分探し」卒業旅行感覚とか、そんな生ぬるさはこの映画には皆無です。尺の長さ故、「中だるみするかな?」と鑑賞前は感じていましたが、一つ一つのエピソードの出来がとても良い感じに仕上が...
「イントゥ・ザ・ワイルド」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「イントゥ・ザ・ワイルド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ジェナ・マローン、ウィリアム・ハート、キャサリン・キーナー、クリステン・スチュワート、ヴィンス・ヴォーン、ハル・ホル...
イントゥ・ザ・ワイルド (5125年映画の旅)
大学を卒業したクリスは、金も車も捨てて、家族に何も告げる事無く放浪の旅に出る。様々な地をさまよったクリスは、旅の集大成としてアラスカに向かう。 アカデミー賞俳優ショーン・ペンが監督したロードムービー。クリス・マッカンドレスという青年がアラスカの奥地...
試写会「イントゥ・ザ・ワイルド」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/8/5、有楽町朝日ホールでの開催。 最前列4列は座席ではなくイスを並べてあった。 運悪く、とても姿勢の良い男性が前に座ってしまった。 ところがこの男性、上映の途中でやおら立ち上がり、 頭をかがめるでもなく、堂々とゆっくり歩いて席を移動。 暫くして傘を忘...
【映画】イントゥ・ザ・ワイルド (芸術に恋して★Blog★)
「INTO THE WILD 」。タイトルバックが表示された瞬間、なんだか不思議な興奮を覚えた。それは未知なる世界へと旅立つ事への不安と期待だったのだろうか?
SeanPennの「Into the Wild」 (犬連れ国際結婚)
2007年も、後、もう少しで終わろうとしているが、今年、映画館で観た映画で忘れられない、そして、忘れてはいけない映画に、Sean Pennの Into the Wild がある。この映画は、Sean Pennが10年ほど前に、その映画のモデルとなったC...
イントゥ・ザ・ワイルド (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&青春  監督:ショーン・ペン  出演:エミール・ハーシュ      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ウィリアム・ハート      ジェナ・マローン 【物語】  1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、 ク...
★イントゥ・ザ・ワイルド(2007)★ (CinemaCollection)
INTOTHEWILDそして僕は歩いて行くまだ見ぬ自分と出会うために映時間148分製作国アメリカ公開情報劇場公開(スタイルジャム)初公開年月2008/09/06ジャンルドラマ/青春【解説】若さゆえの生真面目さで自らの心と向き合い、過酷なアラスカの大自然に立ち向かっていった一人の...
イントゥ・ザ・ワイルド (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「イントゥ・ザ・ワイルド」の感想です
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (てんびんthe LIFE)
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 よみうりホールで鑑賞 これまた、主人公に思い入れができなくて、私には受け入れられない作品でした。 監督はあのショーン・ペン。 途中でほかの監督さんたちのように自分でも少し登場するのかとも思ったのですがそんなことはあり...
イントゥ・ザ・ワイルド (2007) (カタヤマ 無断でブログ)
これは観たい!とは思ってたんですが 近場で上映してるところが少なく あやうく逃すところでした。。。 1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、クリス・マッカンドレス。卒業祝いに新車を買ってあげるという両親の申し出をあっさり断っ...
イントゥ・ザ・ワイルド (2007・アメリカ) (白ブタさん)
試写会に行ってきました(^^♪
イントゥ・ザ・ワイルド (雨は止まない)
予告編を観て、これは観なくちゃと思ってました。 ショーン・ペン監督だし。 クリスの人生を、正しいとか間違ってるとか言うことは、意味ないことだと思うのですよ。 彼は行かざるを得なかったんだもの。 旅の動機は、私が想像していたものとはずいぶん違っていまし...
イントゥ・ザ・ワイルド (りらの感想日記♪)
【イントゥ・ザ・ワイルド】 ★★★★☆ 試写会(22) 2008/09/8 ストーリー 1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業し
試写会『イントゥ・ザ・ワイルド』 7.5P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:7.5Pショーン・ペン監督作っていうことで気になっていた映画。この日ショーン・ペン大好き友達に突然試写会に誘われて、急遽見に行ってきましたー。【STORY】大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入....
「イントゥ・ザ・ワイルド」を観る (紫@試写会マニア)
監督がショーン・ペン。これだけで魅力は感じていた。実話のベストセラー「荒野へ」の映画化、「イントゥ・ザ・ワイルド」を観てきました。いいもの観たな、と思っています。 私は‘試写会マニア’なので当たれば大概の試写に出かけるが、仕事もあるし体調も(今はこれ...
120●イントゥ・ザ・ワイルド (レザボアCATs)
忘れ難い作品になりそう。自分にとっては、ジャック・ケルアックの『路上』と、ヘミングウェイの『海流の中の島々』を足したような、大好きな作品になった。
イントゥ・ザ・ワイルド (eclipse的な独り言)
 すごいもの、観てしまった。そんな感じです。(10月8日 日比谷 シャンテ・シネ
『イントゥ・ザ・ワイルド』 (いつか どこかで)
映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を見ました。
イントゥ・ザ・ワイルド  INTO THE WILD (映画の話でコーヒーブレイク)
ロシア映画「12人の怒れる男」公開の最終日、折角銀座まで遠出したので 帰りにこれまた見たかった本作を川崎で鑑賞。 「12人の・・・」は2時間40分、本作は2時間28分、トータル5時間超え{/face_acha/} ちょっと無茶をしてしまいました。 私の無謀はこの程度・...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 同世代だから感じる苛立ち (はらやんの映画徒然草)
1968年生まれ。 エンドロール前に実話を元にしたこの作品の主人公クリス・マッカ
イントゥ・ザ・ワイルド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 真理の探究・原理への挑戦・果てなき逃避  
イントゥ・ザ・ワイルド (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  すべてを捨て去り、一人でアラスカまで旅をする青年を描くヒューマンドラマ。実話をアレンジした話であるが、この青年がなぜ自分採しの旅に出る必要があったのかを、時間を前後させながら克明に描いてゆく。  それにしても、この青年の心は、余りにも繊細で純...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 2008-No66 (映画館で観ましょ♪)
ショーン・ペン監督作品 『スピード・レーサー』に主演したエミール・ハーシュが 18キロも減量して演じている。 『 そして僕は歩いて...
270「イントゥ・ザ・ワイルド」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
そして僕は歩いていく、荒野へ  1990年夏、アトランタのエモリー大学を優秀な成績で卒業した22才の青年・クリス・マッカンドレス。卒業祝いに両親から新車を買ってやるという申し出を断り、預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げず、無一文で旅に出る。  ...
『イントゥ・ザ・ワイルド』@テアトル・タイムス・゛スクエア (たーくん'sシネマカフェ)
映画友から薦められたこととショーン・ペン(監督)、実話なことで観たいと思い「イントゥ・ザ・ワイルド」鑑賞。(c)MMVIIbyRIVERROADENTERTAINMENT,LLCandPARAMOUNTVANTAGE,ADivisionofPARAMOUNTPICTURESCORPORATION.AllRightsReserved.原題:INTOTHEWILD監督・脚本:ショ....
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました
イントゥー・ザ・ワイルド (ピースのAMEBLO CANTABILE)
【INTO THE WILD】 頭もよく将来を期待されていた一人の青年が、何もかもを捨てアラスカの地を目指して放浪の旅をする人間ドラマ。 実際の話をショーン・ペンが監督をしてるんですがいい映画だと思います。
イントゥ・ザ・ワイルド (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INTO THE WILD公開:2008/09/06製作国・年度:上映時間:148分監督:ショーン・ペン出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホル...
イントゥ・ザ・ワイルド (サムソン・マス=ラーオの失脚 -日曜日の映画たち-)
    = 『イントゥ・ザ・ワイルド』  (2007) = 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は、車や財布を捨て、自由を手に入れるために放浪の旅へと出る。 ヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。 アラスカ山脈の人気のな...
イントゥ・ザ・ワイルド / 75点 / INTO THE WILD (FUNNY GAMES?)
"頭(知識)"ではなく"心(経験)"で生きた・・・その不器用さは途轍もなく美しい 『 イン・トゥ・ザ・ワイルド / INTO THE WILD 』 2007年 アメリカ 148分 監督 : ショーン・ペン 脚本 : ショーン・ペン 原作 : ジョン・クラカ
Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会...
映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
81.イントゥ・ザ・ワイルド■原題:IntoTheWild■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月27日、テアトル・タイムズスクエア(新宿)ス...