銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

グリーン・ゾーン(2010)GREEN ZONE

2010-05-15 | 映画:シネコン

グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。

上映開始されました。14日は東宝シネマズディということで、1000円で鑑賞できる日でした。ポイントを貯めて、フリーパスポートゲットしたいので、頑張っております。

寝不足ではなかったはずなのに、途中不覚にも睡魔に襲われてしまいました(汗)そんな状況が2度も、、、、、。やばいです。
そこへ来て、作品はエンタメント性の高いものではなく、ひたすら重く暗い感じです。何でもスリラーやサスペンスのジャンルらしい。う〜んそうかな?


ポール・グリーングラス監督といえば、2006年公開のユナイテッド93がとても印象に残っている作品、好きでした。無名の役者さんを起用してどこまでもリアリティ追及された非常に素晴らしい作品でしたよね。そんな監督が「ボーン・アルティメイタム」でタッグを組んだマット・デイモンと再タッグ。今回もマット以外の俳優陣はそれほどメジャーでない人が多いですね。
監督曰く、「ボーン・アルティメイタム」より本作はかなり前衛的な仕上がりらしいけど、、、、。言われてみるとそうなのかなあ?
演出方法は、何でもハンディカメラでの撮影が多いようで、そのせいでしょうか?ぶれているような感じもしました。映像が荒いようにも?これってわざとなのでしょうね。
暗いシーンも多くてよく見えないのも演出なのかな?


マットさん、なかなか迷彩服がお似合いです。

さて物語は、アメリカがイラク戦争を勃発させた大きな理由の一つ、イラクが大量破壊兵器を保有しているという問題が題材となっています。
これはアメリカの前政権、ブッシュ元大統領への皮肉なのか?それともアメリカ国民の反戦メッセージなのか?それとも単なる社会派アクション?監督はどのような思いで製作したのかな?なんて色々考えましたが、、、、。本音はどうなのでしょうね。それでいくと、「ハート・ロッカー」も同じですが。戦争ものが続くのはどうもね。

STORY

飛び交う偽情報。“真実”は一体どこにーー?

通称“グリーン・ゾーン”――。そこは、死と隣り合わせの危険地帯に囲まれた、一触即発の「安全地帯(グリーン・ゾーン)」。

ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の所在を追う極秘任務に就くが、探せども探せども、兵器の痕跡すら発見できない。大量破壊兵器に関する情報の正確性に不信を抱いたミラーは、作戦会議の席で情報源についての説明を求めるが、「情報は精査されている。黙って従いたまえ」と上官に一蹴されてしまう。更に、激しい銃撃戦の末に拘束した、大量破壊兵器発見の糸口と思われた重要参考人さえも、国防総省のクラーク・パウンドストーン(グレッグ・キニア)の手によって、力ずくで奪われてしまう。


国防総省のクラークから情報を聞き出そうとするローリー・デイン(エイミー・ライアン)はウォール・ストーリト・ジャーナル記者だ。

国防総省の動きを不審に思ったミラーは、同じ疑念を抱いていたCIAのマーティ・ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と共闘し、部隊を離れ単独で調査を開始。飛び交う偽情報と激しい銃弾戦をすり抜け、パウンドストーンに極秘情報を提供している正体不明の大物キーマン“マゼラン”を追う。果たして、大量破壊兵器の行方は? そして、執拗な妨害工作を仕掛けるパウンドストーンの思惑とは?
謎の核心に迫った彼が探り当てたのは、世界中に激震が走る衝撃的な“真実”だった……。 

CIA マーティン・ブラウンにはブレンダン・グリーソン
ハリポタシリーズでは、マッドアイ・ムーディ役で出演していた方でした。

そういえば、イラク人フレディを演じていた俳優さんですが、何と「君のためなら千回でも」に主役で登場していたハリド・アブダラでした。まったく分かりませんでした。
ユナイテッド93にも出演しています。


ボーンシリーズのマットと重なる!!


左米国陸軍少佐 ブリッグス(ジェイソン・アイザックス

解説(allcinemaより抜粋)

「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の監督・主演コンビ、ポール・グリーングラス・&マット・デイモンが、イラクの戦場を舞台に描く社会派サスペンス・アクション。多くの血が流れたイラク戦争において、その大義とされた“大量破壊兵器”を巡る情報そのものへの疑問を抱いた一人の米軍兵士が、アメリカ政府の激しい内部抗争に巻き込まれながら繰り広げる真実追求への孤独な戦いの行方を、極限のテンションと臨場感でスリリングに綴ってゆく。

メディア 映画
上映時間 114分
製作国 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2010/05/14
ジャンル アクション/サスペンス/戦争
映倫 G

オフィシャル・サイト
http://www.greenzonemovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://green-zone.jp/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   Trackbacks (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運命のボタン◎THE BOX(2009) | TOP | 9〈ナイン〉 9番目の奇妙な人... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね〜 (KLY)
2010-05-15 01:10:21
単なるアクション映画…かなぁ。そういう意味なら十分面白かったです。
でも反戦映画、批判映画ではないように感じました。というか、自分たちも出来るだけの事をした人間がいるんだよって言い訳を広めているかのように感じちゃったんですよ。
なんか複雑な感じの作品でした。
睡魔に (sakurai)
2010-05-17 11:00:23
襲われる気持ちもわからなくもないです。
ちょいと小難しい情報のやり取りに、ついていくのがなかなか大変だったですもん。
なんですが、あたし的には、面白かったんですよ。
「アラビアのロレンス」以来のあの辺と大国の関係。。100年近くたっても、何も変わらないみたいなもんも見えて、興味深かったです。
こんにちは。 (オリーブリー)
2010-05-17 16:51:01
えーー!!
フレディは「君のためなら〜」の人だったのぉ?
全然気が付かなかった…!!
彼もエリートだったのでしょうね。
ラストのセリフは心で頷きました。
スクリーンに釘付け・・。 (ひきばっち)
2010-05-21 20:23:23
私は何を隠そう、「ボーン・スプレマシー」も「ボーン・アルティメイタム」も未見という不届き者(?)なので、本作がとても新鮮でスクリーンに釘付け状態でした・・!
ストーリーの展開から判断しても、「まったくのフィクションではないな・・!」という緊張感があり、114分間あっという間でした。
こういう映画を商業ベースで作れるアメリカは、そういう意味ではすごいと思いました。
睡魔と闘う (ノルウェーまだ〜む)
2010-08-25 20:19:03
こんにちは☆
2度も睡魔に襲われましたか?
私は飛行機で見たので、最後の夜の戦闘シーンは絶対ヤバイと思いましたが、現実の夜の戦闘はこんなかんじだと、なんて恐ろしいのでしょう!間違えて撃たれちゃったりとかあるのかも・・・と思うと、本気で怖くて目が冴えちゃいました。
思ったより面白かった♪と、見終えた時は思ったのだけど、確かに監督はどんな思いで作ったのか見えてこないので、ラストの印象がうすくなっちゃいましたね。
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-12-30 01:22:41
TB有難うございました。
ジェイソン・ボーンシリーズの監督と主演
ということでかなりの期待を持ったのですが
自分にはイマイチでした。しかし、アメリカが
この題材をそして真相を描いたには
感服します。

今度訪れた際には、ブログ記事の冒頭に、
【評価ポイント】☆をクリックしてこの
映画の評価をお願いします(5段階評価)とあって、
☆が5つ並んでいますが、その☆の1つ目〜5つ目の
どこかをぽちっとお願いします!!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

43 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
グリーン・ゾーン (LOVE Cinemas 調布)
『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』でコンビを組んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが、イラクを部隊に大暴れ!大量破壊兵器の有無に隠されたアメリカ政府の内紛に翻弄される主人公を描いたサスペンス・アクションだ。脚本は『ミス...
グリーン・ゾーン (to Heart)
グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。 原題 GREEN ZONE 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス 上映時間 114分 脚本 ブライアン・ヘルゲランド 監督 ポール・グリーングラス 出演 マット・デイモン/グレッグ・キニ...
グリーン・ゾーン (風に吹かれて)
大量破壊兵器は なぜ見つからない公式サイト http://green-zone.jp監督: ポール・グリーングラス  「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」「ユナイテッド93」映画の原案
グリーン・ゾーン (Akira's VOICE)
「戦争」なんて,もともと無意味。  
戦場のジェイソン・ボーン「グリーン・ゾーン」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ブライアン・ヘルゲランド脚本、ポール・グリーングラス監督による『グリーン・ゾーン』(Green Zone)。ジェイソン・ボーンシリーズでみせた手持ちカメラと高速カット割りによる臨場感は今作でも全編にわ
グリーン・ゾーン (映画鑑賞★日記・・・)
【GREEN ZONE】 2010/05/14公開 アメリカ 114分監督:ポール・グリーングラス出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックスグリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地...
グリーン・ゾーン / Green Zone (勝手に映画評)
2003年3月19日に米軍を始めとした有志連合がイラクに攻撃を始める『証拠』である『大量破壊兵器』。探せば探すほど、その存在に疑問が生じてくる『大量破壊兵器』の謎に、マット・デイモン演じるロイ・ミラーが命を掛けて迫ります。 いまとなっては『大量破壊兵器』なる...
グリーン・ゾーン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★★【5点】まるで『ボーン』シリーズの第4弾のようだった。
グリーンゾーン/GREEN ZONE (いい加減社長の映画日記)
戦争物は、苦手ではあるんだけど、予告編でサスペンス風味が面白そうで。 「グリーンゾーン」を金曜日のレイトショーで鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーの時間としては、普通かな。 「グリーンゾーン」は、大きめのスクリーンで、4〜5割。 【ストーリー...
グリーン・ゾーン (犬・ときどき映画)
グリーン・ゾーン「GreenZone」 <Story> イラクが大量破壊兵器を隠しているとの情報を得て、ロイ・ミラー(マット・デイモン)が率いる部隊は、情報通りの場所を捜索していた、しかしその作戦も3度失敗し、兵器は見つからない。 情報源が確かなのか上官に詰め寄るミラ...
グリーン・ゾーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『ボーン・アルティメイタム』のポール・グリーングラス監督×マット・デイモンのコンビということで観て来ました〜【story】ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、大量破壊兵器の行方を追う任務に就くが、国防総省の要人パウンドストーン(グレッグ・キニア)...
「グリーン・ゾーン」  GREEN ZONE (俺の明日はどっちだ)
・ 『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』で良い仕事を見せてくれたマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、三度合い見えタッグを組んだ期待のサスペンス・アクション。 冒頭のアメリカ軍の空爆から逃げ惑うフセインの側近の軍関係者の姿を手...
グリーン・ゾーン (心のままに映画の風景)
フセイン政権陥落直後のイラク、バグダッド。 米陸軍のロイ・ミラー准尉(マット・デイモン)の部隊は、大量破壊兵器の発見という極秘任務...
グリーン・ゾーン (迷宮映画館)
これはフィクションです・・・。の最後の文句が深い。
一番の悲劇は・・・。『グリーン・ゾーン』 (水曜日のシネマ日記)
イラク中心部のアメリカ軍駐留地域グリーン・ゾーンを舞台に大量破壊兵器の所在の秘密を描いた作品です。
「グリーン・ゾーン」戦場のジェイソン・ボーン(^^;?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マット・デイモン] ブログ村キーワード  “主演 マット・デイモン 監督 ポール・グリーングラス”3度目のタッグ。「グリーン・ゾーン」(東宝東和)。「ボーン」シリーズの2人が仕掛けた、“ノンストップ・アクション大作”(←何か安っぽいな〜、この書き方…)。『114分...
グリーン・ゾーン (そーれりぽーと)
最強タッグでシリアスなドンパチもの?? 『グリーン・ゾーン』を観てきました。 ★★★★ スティーブン・ソダーバーグ辺りが撮ってたらもっと人物に焦点当てた社会派映画になってたろうけど、ボーンシリーズ2&3で大成功した監督作だけあって、功名な展開とアクションが...
グリーン・ゾーン (だらだら無気力ブログ)
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモン とポール・グリーングラス監督のコンビが再びタッグを組んでおくるサスペン スアクション。 イラク・バグダッドとその近郊を舞台に、イラクが開発した大量破壊兵器の 在りかを求めて特殊任務に...
劇場鑑賞「グリーン・ゾーン」 (日々“是”精進!)
「グリーン・ゾーン」を鑑賞してきました「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の監督・主演コンビ、ポール・グリーングラス&マット・デイモンが、イラクの戦場を...
『グリーン・ゾーン』は諸刃の剣 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『グリーン・ゾーン』は、イラク戦争の背景に焦点を当てて映画化した作品である。  本作はワシントン・ポストのバ...
グリーン・ゾーン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2003年、米英連合軍によって陥落したイラクの首都バグダッドで、この街のどこかに隠されているはずの大量破壊兵器を探す任務を負った兵士が直面した真実に迫る緊迫のアクション。 物語:イラク戦争開戦から四週間、米陸軍のロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン...
「グリーン・ゾーン」 そんな国を誰が信用するのか (はらやんの映画徒然草)
タイトルの「グリーン・ゾーン」とはイラク戦争時、首都バグダットへの侵攻後市内に設
『グリーンゾーン』|「『大量破壊兵器はなかった』と認めたら負けだと思っている」 (23:30の雑記帳)
どうフォローしていいものやら…なんか文句ばっかりになってしまったので未見の方およびこの映画が好きな方は読むのをご遠慮いただけるとありがたいです。せっかく訪問してくださったのにまことに申し訳ございません(以下ネタバレあり)(ここからネタバレ)
『グリーンゾーン』|「『大量破壊兵器はなかった』と認めたら負けだと思っている」 (23:30の雑記帳)
どうフォローしていいものやら…なんか文句ばっかりになってしまったので未見の方およびこの映画が好きな方は読むのをご遠慮いただけるとありがたいです。せっかく訪問してくださったのにまことに申し訳ございません(以下ネタバレあり)(ここからネタバレ)
「グリーン・ゾーン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「グリーン・ゾーン」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ポール・グリーングラス 帰京して一発目は、マット・デイモン主演×監督ポール・グリーングラスという「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・...
グリーン・ゾーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:GREEN ZONE) 【2010年・フランス/アメリカ/スペイン/イギリス】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) イラク戦争の大義とされた「大量破壊兵器」を巡り、その情報に疑問を抱いた一人の米軍兵士が真実を追求していくサスペンス・アクション。 イラク戦争開戦か...
「グリーン・ゾーン」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 イラク戦争戦時下のイラク・バグダッド。ロイ・ミラー率いるMET隊は、大量破壊兵器(WMD)捜索作戦を三度展開するも、いずれも空振り。飛び交う嘘情報に苛立ちを募らせてい...
グリーン・ゾーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『決死のWMD<大量破壊兵器>捜索、唯一の手掛かりは”偽情報”だった─。』  コチラの「グリーン・ゾーン」は、「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモン主演の3度目のタッグとなる5/14公開の戦争サス...
大量破壊兵器は存在しない〜『グリーン・ゾーン』 (真紅のthinkingdays)
 GREEN ZONE  2003年、「大量破壊兵器が存在する」という大義名分のもと、アメリカはイラク に戦争を仕掛ける。軍からの指令により、兵...
★「グリーン・ゾーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
マット・デイモン主演でポール・グリーングラス監督作といえば、 「ボーン〜」シリーズのコンビ。 原題も「GREEN ZONE」だけど、これはイラク・バクダッドの米軍駐留地域の事。
グリーン・ゾーン (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[グリーン・ゾーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年36本目(34作品)です。 【あらすじ】 フセイン政権崩壊直後のバグダッド。 ロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)率いる部隊は、砂漠地帯に隠された大...
グリーン・ゾーン (Movies 1-800)
Green Zone (2010年) 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、 グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、 エイミー・ライアン 2003年、米軍によるイラク制圧後、グリーン・ゾーンと呼ばれる占領地帯で、開戦の要因となった大量破壊兵器(WMD)を捜索す...
『グリーン・ゾーン』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「グリーン・ゾーン」        □監督 ポール・グリーングラス □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □キャスト マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ラ...
グリーン・ゾーン (こんな映画見ました〜)
『グリーン・ゾーン』 ---GREEN ZONE--- 2010年(フランス/アメリカ/スペイン/イギリス) 監督:ポール・グリーングラス 出演: マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ フセイン政権陥落直後のイ...
グリーン・ゾーン ぎりぎりマット・デイモン愛でるだけの映画になるのを回避(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=19 -7-】 マット・デイモン好きのうちの奥さんが「絶対に観に行く!」と息巻いていたら、試写会が当たった☆⌒(>。≪)イテェ 試写会場は初めて行くABCホール、どの席がいいのかわからんかったから、最前列の真ん中あたりを陣取ってみた(スクリーンが小さ...
グリーン・ゾーン 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
「グリーンゾーン」戦争の目的 (ノルウェー暮らし・イン・London)
見た直後は、聞いていた評判のわりに面白かった!と思ったのだけど・・・・ 機内上映で観たせいか、見てから随分時間がたってしまったからか、結末が印象に薄い。
グリーン・ゾーン (Green Zone) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・グリーングラス 主演 マット・デイモン 2010年 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス映画 114分 アクション 採点★★★★ この辺もあっちこっちと合併しまくって市を名乗るようになりましたが、まだ町だった頃は町長選なりなんかの節目になると、...
【映画】グリーン・ゾーン…私なりに色々書いたけど全部削ってこんな感じ。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告 先週は息子が帰省。で、2010年7月5日(金曜日)に関東の方に戻りました。 息子が帰って来たからと言って、特に何もしてやらなかったけど、私の家がヤツの息抜きになったのなら幸い…どうなんだろうねぇ{/face_ase2/...
No.230 グリーン・ゾーン (気ままな映画生活)
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51787981.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
mini review 10512「グリーン・ゾーン」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾ...
『グリーン・ゾーン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グリーン・ゾーン 』 (2010)  監  督 :ポール・グリーングラスキャスト :マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、ハリ...
喪中映画評「グリーン・ゾーン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ポール・グリーングラス ネタバレあり