銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

善き人のためのソナタ/“監視国家の驚くべき真実”

2007-03-14 | 映画:ミニシアター

  
シュタージとは・・・・?!
1989年のベルリンの壁崩壊は、いまだ記憶に新しい出来事だ。それまでのドイツは東西に分かれていた。この出来事によって、冷戦時代の終焉を迎えるわけだが・・・。旧東ドイツ(ドイツ民主共和国)で、その支配の中枢を担っていたシュタージについては、統一後も、長い間映画のテーマとしてはタブー視されていた。しかし17年経った今、ようやく人々は重い口を開き、当時の状況を語り始めたのである。

初監督作として世界で大絶賛を浴びるのは、弱冠33歳のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク(長~い名前ですね)79回アカデミー賞外国映画賞を受賞この映画製作にあたって、彼は歴史学者や目撃者の取材、記録文書のリサーチに4年という歳月を費やし、史上最大の秘密組織“シュタージ”の内幕を正確に描いた。そして、近年のドイツで最も重要な映画と称賛されている

《ストーリー》1984年11月の東ベルリン、壁が崩壊する5年前。DDR(東ドイツ国家)国民の統制と監視のシステムを強化しようとしていた。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラー(ウィリッヒ・ミューエ)は劇作家のゲオルク・ドライマン(セバスチャン・コッホ)と舞台女優で恋人のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむように、ヘムプフ大臣より命じられる。このことが成功すれば、出世が待っていた。早速ヴィースラーは彼らのアパートに向かい、隣人を脅して黙認させ、屋根裏に監視室を作り、盗聴を開始した。

ある夜、ドライマンの誕生パーティが開かれる多くの文化関係者が集まった。DDRから、職業活動の禁止をされていた演出家イェルスカは、ドライマンに“善き人のためのソナタ”の楽譜を贈るパーティ終了後のドライマンとクリスタは愛し合う。屋根裏部屋では、パーティに始まり、二人のまで・・・・。記録するヴィースラー、時間や様子の詳細を報告書に記載するといったものだ。

クリスタに目をつけたヴィースラーの上司、ヘムプフ大臣は舞台初日より、権力で関係を持っていた。その後も「君のためだ」と脅し、関係を続けるように迫るそんな状況をヴィースラーはドライマンにアパートのベルを鳴らし、目撃させる。つまり彼の心を痛めつけるのである。その一方、盗聴を続けるヴィースラーは本来の生活に戻る度、混乱する。むなしいひとり暮らしに、娼婦を呼ぶこともあった。数日後、ヴィースラーはドライマンのアパートから、ブレヒトのを持ち出す。そして初めてブレヒトを読んだ。

演出家イェルスカが自らの命を絶った彼を偲び、ドライマンは善き人のためのソナタを弾く。その美しいピアノの旋律は屋根裏部屋で盗聴を続けるヴィースラーの心を強く揺さぶる。彼の目からがこぼれる。イェルスカの死にショックを受けたドライマンは、DDRが公表しない、東ドイツの恐ろしい実態を西ドイツのメディアに報道させるべく、記者み連絡を取る。このことはクリスタにも知らすことはなかった。

クリスタは友人と会うと偽り、大臣との密会に行こうとしていた。ドライマンは知っていた。そして彼女が内緒で薬を続けていることも・・・・。追い込まれるように部屋を出るクリスタ、その彼女の前にヴィースラーは表れ、「今のあなたはあなたじゃない」と伝える。クリスタはこの見知らぬ人の言葉に心動かされ、約束の場所に行かなかった。

盗聴されているかどうかと確認するために友人の亡命の計画をたてるドライマン、その会話を盗聴するヴィースラーは見逃すことに。このことはドライマンに安心をあたえる。記者を呼ぶ。タイプライターを持ち込み、それで記事を打つ。タイプライターは床の仕切りに隠す事に。匿名の記事として、シュピーゲル誌に載る。緊張が走る監視の甘さに、ヴィースラーの上司グルビッツは気まずい立場となる。すべてを知りながら、今や偽りの報告をしているヴィースラーは知らないと伝える。ただドライマンが新しい演劇の準備をしている事だけ伝えた。グルビッツはドライマンのアパートを捜索するものの、証拠になるものは見つけることは出来なかった。

クリスタに裏切られた大臣は、薬物の不正購入という理由で彼女を逮捕刑務所へ連行してヴィースラーが取り調べを行う。シュピーゲル誌の記事がドライマンの書いたものだと認めなければ、二度と舞台に立てないという脅迫・・・・・。このことでタイプライターの在処を教えてしまう。しかし、タイプライターはなかった。直前に誰かが持ち去った罪の意識から部屋を飛び出したクリスタは、トラックに轢かれ、ドライマンの腕の中で息を引き取る。

作戦は中止。ヴィースラーはシュタージの郵便部に左遷。退役まで、蒸気でを開封するという作業の繰り返しの日々。それから4年後、ベルリンの壁崩壊をラジオで知る。

1991年、ドライマンは盗聴されていた事実を知る呆然とするドライマンは真相を知るべく、閲覧できるようになったシュタージの資料調べる事に・・・・・報告書には必ずHGWXX/7という記号が

感動のラストシーンに、思わずしてしまいました。そして旧東ドイツの驚くべき実情を知り、約20年前まで、こんなことが行われていたのだと・・・・。映画によって、この旧東ドイツの裏側に隠された現実を教えてもらった事は良かった。


重たい映画でしたが、“善き人のためのソナタ”の旋律は心に響くものがありました。ヴィースラーも・・・・。自分の人生より、大事なものを見つけたのでしょうか

 

追記:主人公ヴィースラーを演じたウィリッヒ・ミューエは旧東ドイツ生まれ、1975年にライプツィヒで演技を学び始めるまでは、土木労働者だったそうだ。実際彼も、シュタージに監視されていたらしい。数年にわたってIMをつけられていた。隣人も彼のことで質問を受けたようだ。ウィリッヒのファイルがあり、こう記載されていた。「男性の出入りがよくあり、ゲイであろう」と。その一方隣人から「女性の出入りが頻繁」とも言われたようだ。まるでフリー○○○愛好家になっていたらしい。そして、何と彼の妻で女優のイェニー・グロルマンに十数年間、密告され続けたことを2001年に知ることに。ドナースマルク監督によると、妻はシュタージに関わっていたことを詳細にしるしたファイルが254ページにもわたるという。妻はミューエの訴えを否定シュタージが偽のファイルを作成したと主張している。

 

何を信じればいいのかとこの話を聞いて思う。ウィリッヒ自身も辛い経験をしていることに驚きだ。映画の中で色々重なる場面もあっただろう。何を考え、演じていたのか???

※京都シネマにて鑑賞。

 

善き人のためのソナタ公式サイトお薦めです

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   Trackbacks (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴーストライダー<(`^´)>ニコラ... | TOP | オーロラ♪踊る、ただ一度の恋の... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (zooquie)
2007-03-14 23:52:33
コメントでは初めましてです。
ご挨拶がすっかり遅くなって申し訳ないです。
いつもTBありがとうございます。

この映画、自分がいかに無知であったかを
思い知らされたようなショックを受けました。

ウィリッヒ・ミューエにそんな過去があったとは
全く知りませんでした。
影のある人物を名演されていましたね。
人は経験により成長するのでせう。
本日2本立て (sameko)
2007-03-15 19:42:16
見に行ってきました!
どうも見に行くと1本では物足りない…
「エドワード・サイード」と「リトル・ミス・サンシャイン」見て来ました!
「エドワード・サイード」は、難しかった・・・
「リトル・ミス・サンシャイン」は、面白く感動した。
こんな簡単な感想と報告でした。
見に行く予定・・・ (sameko)
2007-03-17 17:26:12
「善き人のためのソナタ」面白そうだなって思っていまして、来週辺り行く予定です。この話に似たような映画があったのは…なんだったかな?
こんにちは☆ (mig)
2007-03-19 11:10:49
やっと観ることができました。
ほんとは京都へいった時偶然やっている劇場通ってみようかとも思ったんですが帰る前日の夜の回だったのでやめました

ラストに向かってがすごく好きです
ありがとうございます☆ (たーくん)
2007-03-28 21:05:23
こちらこそコメントまでいただきありがとうございます!
なぜかTBできないこともあるようです。
ただコピペでもってきたものと書いてあるURLを確認してみて下さい。
頻繁に長いものになっているんです。。

ところで本題の映画ですが「感動のラストシーン」そうですね~
最後は少し爽やかな風も吹いたとてもよい映画でしたね^^ 
こんにちは! (アイマック)
2007-04-02 15:31:13
お久しぶりです♪

最近、ドイツ映画がいろいろ公開されてますね。
パフュームもそうだし。

シュタージについては、この映画で知りました。
ウィリッヒ・ミューエ自身も同じ経験があるとは!!!
重いですね・・・

人間不信になっちゃうけど、ドライマンとヴィスラーはみえないところでつながっていたんだよね。
最後の“感謝をこめて”の言葉に涙があふれてきました。
とっても心があたたかくなる映画でした☆
こんにちは♪ (ミチ)
2007-04-18 16:44:48
素晴らしい映画でした。
見ることができて良かったです。
ヴィースラーの心の変化がみどころでしたよね。
そして、ドライマンが感謝の意を表するために使った手段にも胸がジンときました。
ウィリッヒさん (kimion20002000)
2007-10-04 23:52:38
TBありがとう。
ウィリッヒさんの訃報を聞いて、あらためて、彼のしみじみとした演技を思い出しました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

63 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
『善き人のためのソナタ』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Das Leben des Anderen) ----これって来年度のアカデミー賞の ドイツ映画代表なんだよね? フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナ...
*善き人のためのソナタ* (Cartouche)
                              2006年 ドイツ映画 先日、[http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/44847064.html 『あなたになら言える秘密のこと』]を早々今年のベスト10入りさせてしまいましたが この作品は2007年ベストではなく、今...
善き人のためのソナタ/ウルリッヒ・ミューエ (カノンな日々)
アカデミー賞外国語映画賞受賞作です。出来れば受賞が決まる前に観ておきたかった作品なんですけど、受賞したおかげで私のホームシネコンでも上映してくれたわけなのでとっても感謝なのですが、そもそもこんなに素晴らしい作品に大手シネコンが手を挙げないというのはどう...
「善き人のためのソナタ」 ハリウッドリメイクしないでね! (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
原題直訳の英語題が「THE LIFE OF THE OTHER」。 めっちゃいい邦題をつけたな~と思いますが、若干ミスリードしてる感じ、します。 善き人への目覚めが、音楽だけではなかったです。 本! そして、SEX! このエロに目覚めるシーンが、ヘッドホンで聴く「ソナタ」、こっ...
善き人のためのソナタ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
1984年、冷戦下の東ベルリン。東ドイツの秘密警察、諜報機関であった国家保安省(シュタージ)のヴィースラーは、反体制派であるとの疑いがかけられていた劇作家ドライマンとその同棲相手である舞台女優のクリスタの監視を命じられます。彼らの住まいに盗聴器を仕掛け、24...
「善き人のためのソナタ」 (the borderland )
ベルリンの壁崩壊前の東ドイツというと「グッバイ・レーニン!」があります。壁が崩壊してからの変化に戸惑う普通の人たちを、せつなさとユーモアで包み、主人公の親を想う気持ちに熱いものがこみ上げてくる作品でした。 今作は、同じ時代の物語でありながら、また違っ...
映画 『善き人のためのソナタ』 (Death & Live)
すっごい久々に映画観ました。 『善き人のためのソナタ』  2006年 原題 : Das Leben Der Anderen 監督 : Florian Henckel von Donnersmarck ラストの台詞が良いのですよ。 「ギフト包装しますか?」 「いや、わたしのための本だ」 人間...
人は変わる? 「善き人のためのソナタ」 (平気の平左)
評価:80点
『善き人のためのソナタ』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
芸術は偉大。心にソナタが鳴り響く。 気高さと重厚さと深みを持ち合わせた名品。 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられ...
善き人のためのソナタ (映画のメモ帳+α)
善き人のためのソナタ&#8194;(2006 ドイツ) 原題   DAS LEBEN DER ANDEREN       (あちら側の人々の生活)      監督   フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク    脚本   フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク   ...
善き人のためのソナタ (シャーロットの涙)
この曲を本気で聴いた者は悪人になれない・・・ 祝アカデミー賞外国語映画賞受賞!
感想/善き人のためのソナタ(試写) (APRIL FOOLS)
壁があった頃の東ドイツを舞台にした社会派ドラマ。これは興味深い力作! 『善き人のためのソナタ』2月10日公開。劇作家ドライマンは、反体制の疑いをかけられ、国家組織シュタージによって監視されることになった。四六時中彼を盗聴するのはヴィースラー。監視されてる...
善き人のためのソナタ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  芸術と良心が打ち破った支配の壁  
善き人のためのソナタ (シュフのきまぐれシネマ)
? 善き人のためのソナタ  3/2(金)@シネマライズ 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ 他 配給:アルバトロス・フィルム てっきり、タイトルがタイトル...
善き人のためのソナタ (シュフのきまぐれシネマ)
? 善き人のためのソナタ  3/2(金)@シネマライズ 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ 他 配給:アルバトロス・フィルム てっきり、タイトルがタイトル...
『善き人のためのソナタ』が語る「おとぎ話」ではない歴史の現在形 (存在の耐えられない軽さ)
東西ドイツ統一をテーマにした映画と言えば、『グッバイ、レーニン!』という作品がある。母が眠る前(統一前)と目覚めた後(統一後)の間に起きたドラスティックな変化に対して、息子が時間を早送りすることで、旧体制の忠実な下僕だった母を新体制下の社会にソフトラン...
善き人のためのソナタ:自由と良心に賭ける人間讃歌 (犬儒学派的牧歌)
★原題:Das Leben der anderen ★監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマ...
映画~善き人のためのソナタ (きららのきらきら生活)
 「善き人のためのソナタ」公式サイト第79回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品国家保安省(シュタージ)局員のヴィスラーは劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予...
善き人のためのソナタ◆冷徹なシュタージ局員を変えた自由の旋律 (好きな映画だけ見ていたい)
   「善き人のためのソナタ」 (2006年・ドイツ)  監督・脚本: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク  音楽: ガブリエル・ヤレド/ステファン・ムッシャ  出演: ウルリッヒ・ミューエ/マルティナ・ゲデック/セバスチャン・コッホ 久々に感動作と出合...
善き人のためのソナタ (working title -annex-)
善き人のためのソナタ (2006) フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督 配給:アルバトロス・フィルム  東西統一より数年前の東独。  恐るべき監視社会の実態と、一つの悲劇。 まずこの作品は、2つの見所があると思います。  一つは、東西ドイツが...
善き人のためのソナタ (めでぃあみっくす)
旧東ドイツで反体制的な西側思想の疑いがある劇作家を盗聴・監視する国家保安省の局員を通して描かれる自由と愛を求める人間の姿を丁寧に描いた素晴らしき映画でした。『仕立て屋の恋』と少し似ていて淡々としたすごく地味な作品でしたが、見終わった後には何ともいえない...
『善き人のためのソナタ』 (マガジンひとり)
@渋谷シネマライズ、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督。 「その曲を本気で聴いた者は、悪人になれない…」 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省シュタージ局員のヴィースラー大尉(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャ...
#34.善き人のためのソナタ (レザボアCATs)
素晴らしい傑作!アカデミー賞受賞の一日前に、見に行って、「これ、(外国語映画賞)取れるといいね~♪」なんて言ってたのですが、そうですか、やはり、取りましたか!納得です。私、アカデミー外国語賞はいつも気になってしまうんですが、この作品も、本当に傑作と自信...
善き人のためのソナタ/Das Leben Der Anderen (我想一個人映画美的女人blog)
今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したドイツ映画{/kirakira/} 先月から日本公開されていて、ずっと観たいと思ってたけどやっと観てきた♪ ほとんど前知識なく観たんだけど 評判通り、良い作品でした{/hikari_pink/} 時は1989年のベルリンの壁崩壊少し以前。 共...
『善き人のためのソナタ』 (カエルノセカイ)
1984年11月の東ベルリン。 DDR(東ドイツ国家)は、一党独裁体制の下、反乱分子と目される人物に対する盗聴や尾行の強化、密告を奨励する監視国家であった。 国家保安省(シュタージ)に所属し、尋問や諜報活動を任務とするヴィースラー大尉(ウルリッヒ・ミューエ)は...
善き人のためのソナタ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  この曲を 本気で聴いた者は、 悪人になれない         評価:★7点(満点10点) 2006年 138min 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 主演:ウルリッヒ・ミューエ マルティナ・ゲデック セバス...
善き人のためのソナタ (It's a Wonderful Life)
盗聴された事ってありますか?って聞かれても答えられませんよね。 以前テレビで、ごく普通の民家にも盗聴器が仕込まれてるのを 発見するのを見たことがあるんですが、出てきてびっくりして、 「何でウチが盗聴されてるのか?」って人ばかりが被害者でした。 怖い...
★「善き人のためのソナタ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みもシネコン2軒はしご。 1本目は川崎チネチッタで、今年のオスカーで外国語映画賞を獲得したドイツ映画。
『ブラックブック』&『善き人のためのソナタ』のセバスチャン・コッホ! (映画『ブラックブック』公式ブログ~バーホーベンはお好き?~)
『ブラックブック』を宣伝している間に勝手に人気が急上昇したのは '''アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『善き人のためのソナタ』'''にも出ている '''セバスチャン・コッホ'''でしょう。 ヒロインのエリスが憎むべ...
善き人のためのソナタ(映画館) (ひるめし。)
この曲を本気で聴いた者は、悪人になれない
「善き人のためのソナタ」(ドイツ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
盗聴器を通して知る自由、愛、音楽、文学。 それは自分自身を変えてしまうこと。 予想もしない人生に目覚めること。 「善き人のためのソナタ」
『善き人のためのソナタ』 (たーくん'sシネマカフェ)
評判が良いため、せっかく都心し来たので鑑賞することに。この「善き人のためのソナタ」は旧東ドイツの冷戦時代の出来事を描いたもの。監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ...
善き人のためのソナタ (とにかく、映画好きなもので。)
 その曲を本気で聴いた者は、悪人になれない。  1984年の東西冷戦下のベルリン。DDR(東ドイツ国家)は、国民の統制と監視システムを強化。  当時、国家保安省(シュタージ)のヘムプフ大臣は、劇作家ドライマン(セバスチャン・コッホ)...
善き人のためのソナタ (future world)
ベルリンの壁が崩壊する前の東ドイツ・・共産圏社会主義ということぐらいなら知ってるが、 国家警察(シュタージ)や国家の圧力でこれほどまでの監視国家だったとは知らなかった。 監視国家の実態・・・国への反逆行為が疑われる人物の監視、盗聴器やカメラの設置、ソ...
善き人のためのソナタ (小部屋日記)
Das Leben Der Andere(2006/ドイツ) 【劇場公開】 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ/マルティナ・ゲデック/セバスチャン・コッホ/ウルリッヒ・トゥクール/トマス・ティーマ/ハンス=ウーヴェ・バウアー 本年...
世界を集める (世界を集める)
1980年代以降、ドイツ社会主義統一党のエーリッヒ・ホーネッカー書記長は、ハンガリーやポーランドで社会変革の動きが強まってからも、秘密警察であるシュタージ|国家保安省を動員して国民の統制を強めていた。しかしながら、1989年8月19日、ハンガリーで汎ヨーロッパ・ピ...
善き人のためのソナタ (しぇんて的風来坊ブログ)
東西冷戦時代。 旧東ドイツはシュタージという国家的監視により国民は監視され反動分子は摘発されていた。 そのシュタージの監視者としての任務を当たり前のように、間違った事でないと信じていた「彼」は、ある芸術家を監視する事によって・・・。   監視国家とい...
彼らを支え続けていたのは尊い心。『善き人のためのソナタ』 (水曜日のシネマ日記)
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中で自分たちの信念を貫こうとする芸術家と、それを監視する国家保安省局員の物語です。
善き人のためのソナタ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1984年、東西冷戦下の東ベルリン。壁が崩壊する5年前。DDR(東ドイツ国家)国民の統制と監視のシステムを強化しようとしていた。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラー(ウィリッヒ・ミューエ)は劇作家のゲオルク・ドライマン(セバスチャン・コッホ)と舞台女...
映画 【善き人のためのソナタ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「善き人のためのソナタ」 アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。 『グッバイ、レーニン!』も東ベルリンを舞台にした作品だったけれど、この作品は綿密なリサーチに基づきシュタージの内幕を表した、サスペンス性に富んだ美しいヒューマンドラマとなっている。 ...
「善き人のためのソナタ」 DAS LEBEN DER ANDEREN (俺の明日はどっちだ)
とにかくお見事というか、本当に完成度が高く見応え充分で、観終わった後すぐ誰かに勧めたくなる、そんな映画だった。 舞台は1984年、壁崩壊前の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)に所属し、国家に忠誠を誓う真面目で優秀で、だけど生き方は不器用な男ヴィースラー大...
「善き人のためのソナタ」国民を監視する国 (再出発日記)
『善き人のためのソナタ』という映画がはねたあと、近くの公園に弁当を食べに行った。GWの始まりの昼下がり、後楽園をぐるりと囲む旭川はゆたりと流れ、岡山城がかむなび山(聖なる山)の操山を借景として黒くそびえていた。満足して弁当を捨てるゴミ箱を探す。数年前には...
[ 善き人のためのソナタ ]ラスト1分、涙腺決壊ス (アロハ坊主の日がな一日)
[ 善き人のためのソナタ ]をシネマライズで鑑賞。 今年イチオシというのなら、僕は迷わず本作をオススメする。 監督は弱冠33歳のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。2007年アカデミー賞 外国映画賞を受賞している。この映画を観れば日本代表の[ フラガー...
「善き人のためのソナタ」映画感想 (Wilderlandwandar)
「囚人番号227番取り調べ室へ入れ」「ボクはやっていない」「正直に話せ」「ボクは
善き人のためのソナタ (とんとん亭)
「善き人のためのソナタ」 2007年 独 ★★★★★ 胸を打つ・・・・そのソナタを聴いた人には悪い人はいない。 そのソナタを書いた人も演奏する人も、聴いて、そっと涙する全ての人に。 まず、驚いたのがベルリンの壁崩壊前の、東ドイツの国政だ。 徹...
善き人のためのソナタ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Das Leben Der Anderen”(The Lives of Others)監督・脚本=フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。撮影=ハーゲン・ボグダンスキー。音楽=ガブリエル・ヤレド、ステファン・ムーシャ。☆☆☆☆☆
善き人のためのソナタ (eclipse的な独り言)
 人の私生活を覗き見るという行為は多分、楽しいのでしょう。でもやはり許される行
善き人のためのソナタ (Big Screen)
○DAS LEBEN DER ANDEREN/THE LIVES OF OTHERS ○2006/138min/ドイツ/ドラマ[◆◆◆◆◆◆]6/6 ○公開アルバトロス・フィルム/公開2007.02.10 シュタージ(旧ドイツ秘密警察)の一員であるヴィースラー大尉(ウルリッヒ・ミューエ)が、彼の監視下にある芸...
mini review 07075「善き人のためのソナタ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが歴史学者や目撃者への取材を経て作品...
善き人のためのソナタ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1984年、壁崩壊直前の東ベルリン。 盗聴器から聞こえてきたのは、 自由な思想、愛の言葉、そして美しいソナタ・・・。 それを聴いたとき彼は、生きる歓びにうち震えた――。』  コチラの「善き人のためのソナタ」は、2/10公開になったアカデミー外国語映画賞ノ...
『善き人のためのソナタ』'06・独 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじシュタージ(国家保安省)の局員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。ヴィースラーは盗聴器を通して彼ら...
『善き人のためのソナタ』 (Sweet*Days**)
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション(2007/08/03)ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ 他商品詳細を見る監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク  C...
善き人のためのソナタ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。シュタージ(国家保安省)のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューェ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命...
善き人のためのソナタ ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
この作品も今年の早々に鑑賞したのだが、やはりきちんと細部を確認したかった作品。今年はなぜかこのパターンが多く、だすからどうしてもレビューが遅れてしまっている。この傾向が暫く続くんのではないかと思う。 東西ドイツ時代というのは、同じ第2次世界大戦敗戦国...
「善き人のためのソナタ」 (クマの巣)
「善き人のためのソナタ」、DVDで観ました。 正直あまりにアカデミー外国語映画賞を取った作品で好きなのがないのですが観ました。……まあまあでした。 崩壊前の東ドイツの政府が反逆者を見つけようとすることで起
善き人のためのソナタ (映画鑑賞★日記・・・)
【DAS LEBEN DER ANDEREN/THE LIVES OF OTHERS】2007/02/10年公開製作国:ドイツ 監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ、ウルッヒ・トゥクールとにかくすばらしい作品で...
善き人のためのソナタ (映画鑑賞★日記・・・)
【DAS LEBEN DER ANDEREN/THE LIVES OF OTHERS】2007/02/10年公開製作国:ドイツ 監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ、ウルッヒ・トゥクールとにかくすばらしい作品で...
映画「善き人のためのソナタ」を観た! (とんとん・にっき)
「盗聴」とは、他人の会話や通信などを、知られないようにそれらが発する音や声をひそかに聴取・録音する行為です。聴取した音声から様々な情報を収集し、関係者等の動向を探る目的で用いられます。旧ソ連時代、在モスクワの外国公館すべてに盗聴器が仕掛けられていると
『善き人のためのソナタ』 (2006) / ドイツ (NiceOne!!)
監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク音楽:ガブリエル・ヤレド出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ鑑賞劇場 : CINECITTA川崎公式サイトはこちら。<Story>1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安....
善き人のためのソナタ (Das Leben der Anderen/ The Lives of ... (communication 101)
すばらしい映画である。 1984年の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)のヴィースラー大尉は、徹底した尋問により西ドイツ亡命への協力者等、共産主義体制に背く人々次々に検挙。彼の揺るぎのない共産主義への忠誠は、しかし、劇作家ドライマンとその同棲相手の舞台女優...
『善き人のためのソナタ』 (・*・ etoile ・*・)
これも見たかった。以前WOWOWで放送していたのを録画していたので見る。 「1984年旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)の大尉ヴィースラーはヘムプフ大臣の依頼を受け、劇作家ドライマンの監視をするが、彼を通して芸術を知り・・・」という話。これは、しっとりとした良...
善き人のためのソナタ (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2006年 製作国:ドイツ 監 督:フロリアン・ヘン
「善き人のためのソナタ」 感動からエナジーを得よう (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「善き人のためのソナタ」  人間不信からの解放   【原題】DAS LEBEN DER ANDEREN 【公開年】2006年  【制作国】独  【時間】138...