銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

それでも恋するバルセロナ♪VICKY CRISTINA BARCELONA

2009-07-01 | 映画:シネコン


Vicky Cristina Barcelona♪

スペインに行きたくなる〜〜!流れる音楽がまたよろしい。バルセロ〜ナ
ハビエルがイケメンに見えるな


バルセロナは、私が毎年出品しているミニプリント展が開催される場所です。そんなこともあってぜひ訪ねたい場所なんだけど・・・・・。いまだにそれは実現されておりません。治安は今一つよろしくないという噂も、特に南はやばそうです。その中心都市がこのバルセロナらしいけど。

映画はそんなことは何処吹く風のような感じもする情熱あふれる街。ガウディのサクラダ・ファミリアが代表的な世界遺産で有名だし、ピカソ、ミロ、ダリというスペインが生んだ芸術家が通ったバルも残っている。

そんな素晴らしいスペインでウディ・アレンが本作を撮った。

3人の女性が取り巻く一人の男・・・・・。

その男と出会ったことで、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)の人生は?

静かな男の声のナレーションで、物語は幕を開ける。

ヴィッキーとクリスティーナは親友同士だった。まったく正反対なふたりは恋愛観、考え方もまったく違っていた。

 ヴィッキー
誠意と安定を求めるタイプ。真面目な青年ダグ(クリス・メッシーナ)と婚約中。

 クリスティーナ
情熱的な恋を求める自由奔放タイプ。魅力あふれる男性を探している。

そんな2人はアメリカを離れ、ひと夏をバルセロナで過ごすことに。ヴィッキーの親戚であるナッシュ夫妻(ケヴィン・ダンパトリシア・クラークソン)の家に滞在して、バルセロナの街を観光。ガウディの建築物やミロの芸術に酔いしれ、堪能する毎日

ある晩、夫妻と訪れた画廊のパーティで画家のファン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会った

 ファン・アントニオ

野性的な魅力を持つ彼は、元妻であるマリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)と泥沼離婚をしたばかり。その噂にクリスティーナは興味を持つ。

深夜のレストランで2人はアントニオと偶然再会。「オビエドに招待したい。」「そこに何があるの?」「週末を過ごして街を案内する。食事とワインを楽しんでSETUKUSUをする」

その提案に厚かましいと憤慨するヴィッキー。クリスティーナは喜んで話に乗る。
「面白そうな男」「どこがハンサムじゃないし」「ハンサムよ。男っぽくてセクシーだわ」

結局クリスティーナを心配するヴィッキーも同行してでオビエドへ・・・・。
街を観光、写真を撮り、3人は芸術や恋を語り合った。

「愛はむなしすぎる。最高の女を愛したが、終わった・・・・」。アントニオは元妻にナイフで刺された話をする。ヴィッキーは呆れるクリスティーナはますます彼に惹かれるその日の夕食後、アントニオは2人を誘う。当然ヴィッキーは拒否。酔っぱらったクリスティーナは1人で彼の部屋に訪れる。ところがこれからというときに気分が悪くなり・・・・・。
翌日、ホテルで休むクリスティーナを残して出かけた2人。ともに1日を過ごす中で、
ヴィッキーは彼を知るにつれて、彼の魅力に取り付かれていく
彼の甘い言葉で帰り道、2人は一夜の関係を持つ・・・・・。

オビエドから戻ったヴィッキーはアントニオとの幻のよな夜を忘れられないとろが婚約者のダグが近々バルセロナに来て、結婚をしようと言う。そんな中クリスティーナがアントニオにデートに誘われた話を聞いて、心中がざわつく
旅先での失態に悔んでいたクリスティーナは彼の誘いに大喜び自宅兼アトリエに招かれ、激しくお互いを求めあう。


とうとうクリスティーナはアントニオの家でDOUSEIを始めることに。

ヴィッキーの元にはダグがNYからやって来た。ダグとは対照的なアントニオ。彼への想いを募らせ悩むヴィッキー。
4人でランチをした日、ヴィッキーは密かにアントニオに告白する。「貴方のことが忘れられない」「元妻が言っていた。“成就しない愛だけがロマンティックだ”と」。アントニオの気持ちがクリスティーナにあると知ったヴィッキーはダグとの結婚を決意。

念願の芸術家の彼女となったクリスティーナ。アントニオと街に出かけ、写真、詩、彼の仲間たちとの最高のときを過ごしていた。アメリカにはなかった憧れの生活。


しかしそんな日々はつかの間、何と彼の元妻がZISATUMISUIを起こし、2人の家に転がり込んで来る!
美しいが情緒不安定なエレーナと彼女を助けておきながら、何かと激しく口論するアントニオ。英語とスペイン語が混ざりあいのバトル。何かにつけてアントニオ、「英語で話せ!」エレーナに・・・・。

「君は壊れている!」「気まぐれな私が好きなくせに!」。元夫婦の不思議な関係に戸惑うクリスティーナ

3人の不思議な共同生活が始まった。高飛車で自分勝手だが、天才的な芸術家のエレーナはクリスティーナに写真を教える。最初は距離を置いていたクリスティーナも彼女の才能と美しさに魅了され、ついにはアントニオとエレーナがNERUことも許してしまう。さらには、クリスティーナ自身もエレーナと・・・・

オビエドの週末が忘れられず、ダグとアントニオの間で揺れるヴィッキーの想いは
アントニオとエレーナと完璧な▲関係を築きながらも、少しずつ乱れていくクリスティーナの心は

同じ男性を愛してしまった親友2人とその男とその妻。情熱の都バルセロナで絡み合う、4人のひと夏の恋の行方はーーーー


さすがスペイン人のおふたり、スペイン語でのバトルは見ものです。クレイジー?なマリアを見事に演じたぺネロぺ嬢。


慎重派だったヴィッキーもアントニオの魔力に堕ちてしまった
アントニオの魅力は何なのか

キャスト

クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)


マリア・エレーナ(ぺネロぺ・クルス)


ファン・アントニオ(ハビエル・パルデム)


ヴィッキー(レベッカ・ホール)


ジュディ・ナッシュ(パトリシア・クラークソン)
エレジーでも、ぺネロぺと共演。


マーク・ナッシュ(ケヴィン・ダン)トランスフォーマーでは主人公のパパ役。

 


ダグ(クリス・メッシーナ)

そして本作監督と脚本を手がけたこの方、ウディ・アレン。


愛はすべてのものの、消す事のできない要素。
どの国の文学、映画、舞台、どれをとってもストーリーの中にはラブストーリーが見え隠れしている。どんなにそれを隠そうとしてもロマンスの要素は隠しきれない。つまりそれは人間の、毎日の生活から消すことのできない一部だからなんだ。(インタビューより)

映画製作のきっかけは? スペインから、映画を作りませんか。製作費はだしますよと言ってくれたのがスタートだったらしい。アメリカでは自分で好きなように作るという条件が通せなくなってきた。小姑がそばで立って睨んでいるって感じになってしまった。「お好きにどうぞ」と言ってくれるヨーロッパで映画を作っているそうだ。

▲関係というとドロドロしたイメージがあるが、そんなイメージは吹っ飛ばすような何か楽しくてお洒落な作品だったと思います。スペインの情熱が伝わってきます。何といっても音楽♪が良かった
さて貴方は3人の女性のどのタイプ?

 ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリスで3本の作品を手掛けたウディ・アレン監督が、今度は初めてバルセロナを舞台に撮り上げたロマンティック・コメディ。バカンスでスペインを訪れた対照的な2人のアメリカ人女性と、地元のセクシーな画家、そしてエキセントリックなその元妻、4人が織り成す複雑な恋模様が情熱的かつコミカルに綴られる。出演はハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール。ペネロペ・クルスは本作の演技でアカデミー賞助演女優賞をはじめ数々の映画賞を受賞。(allcinemaより抜粋)

メディア 映画
上映時間 96分
製作国 スペイン/アメリカ
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2009/06/27
ジャンル コメディ/ロマンス
この恋、想定外
オフィシャル・サイト
http://vickycristina-movie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://sore-koi.asmik-ace.co.jp/

6月29日、MOVX京都にて鑑賞。

追記:映画のテーマ曲として繰り返し流れる“バルセロナ”という曲を歌い、演奏するこのバンドは一般的には無名である。実は送られてきたテープからアレンが偶然に出会い、一発で気に入りテーマ曲に採用したラッキーなバンドだそうだ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミヒャエル・ゾーヴァ展 | TOP | 7月の注目映画は・・・・? »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
メロメロ (KLY)
2009-07-02 01:33:17
大好きなスカーレットとペネロペの共演で、それだけで大満足でした。はぁ〜、どっちもホントセクスィ〜でした。(笑)
しかし、さすがはウディ・アレン、一歩間違えるとドロドロなのに、このコメディタッチ。気楽に楽しめる娯楽映画でしたね。^^
こんにちは〜♪ (由香)
2009-07-05 16:18:52
お邪魔します〜♪
ちょっとありえない恋愛模様でしたが(笑)何だか知らないけど面白かったです。結構お気に入りかも〜
ペネロペ、スカちゃん、ハビエルとキャストが魅力的だったのも良かったです。
それにしてもペネロペは綺麗ですね〜
スカちゃんが小娘に見えちゃうくらいでした(笑)
ラテン (かえる)
2009-07-10 03:41:56
こんばんは。おーら。
バルセロナって、とっても魅力的な街ですよねー。
スペインは同じ国でも地方によって特色が色濃いのでどこも魅力的なんですが。
バルセロナはカタルーニャなので、位置的には南ではなくて北東部ですよね。
南というとアンダルシアー。
確かにスペインはヨーロッパの中では比較的治安がよくない方ではあるけれど、まぁヨーロッパですからね。
スペインには3年前に、マドリーやトレドや南の方には行ったのですが、バルセロナには寄れずで、卒業旅行以来訪れていないのですが、やっぱり行きたくなっちゃいました。
グエル公園は大好きだし、ガウディ建築は素晴らしいですよねー。
スペインの芸術って素晴らしいですよねー
すっきりテンプレ (sakurai)
2009-08-26 14:56:28
ですねえ。
あたしもそろそろ変えよう。

この後、96時間を見て、ヨーロッパの若い女性の二人旅はこえーーー、と言う内容だったので、特になんかなあと思っちゃった。

考えてみると、こういうモテモテ、フェロモンむんむんのハビエルさんって、あんまり見たことないですよね。・・・・やっぱ苦手だ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

62 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
それでも恋するバルセロナ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この恋、想定外』  コチラの「それでも恋するバルセロナ」は、第81回アカデミー賞でペネロぺ・クルスが助演女優賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した6/27公開のウディ・アレン監督のラブコメディなのですが、早速観...
それでも恋するバルセロナ (心のままに映画の風景)
クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、ひと夏のバカンスを楽しむためバルセロナにやって来た。...
それでも恋するバルセロナ/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
だいぶ前から劇場予告編がかかっていたこともあって楽しみにしていました。ペネロペにスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールという豪華女優陣があのハビエル・バルデムを巡って恋のドラマを繰り広げそうな感じでしたけど、話の中身がまだよくわからない予告編で既に...
それでも恋するバルセロナ ウディ・アレン監督 (ネット社会、その光と影を追うー)
映画それでも恋するバルセロナは、親友のクリスティー
★★★★ 『それでも恋するバルセロナ』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/スペイン。"Vicky Cristina Barcelona".   ウディ・アレン監督・脚本。  バカンスでバルセロナを訪れた2人のアメリカ人女性が、そこで出会ったセクシーな画家と繰り広げるドタバタ騒ぎ...
映画レビュー「それでも恋するバルセロナ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Vicky Cristina Barcelona [Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆人生は貪欲に楽しむべし。バルセロナの街の魅力を堪能できるアレン流のラブ・コメディーだ。 【65点】 夏のバカンスでバルセロナを訪れた親友同士のヴィッキーとクリスティーナは、セクシーな画...
『それでも恋するバルセロナ』 (・*・ etoile ・*・)
'09.06.24 『それでも恋するバルセロナ』(試写会)@ユナイテッドシネマ豊洲 これ見たかった! yaplogで当選。いつもありがとうございます。今回はららぽーと豊洲内にあるユナイテッドシネマ豊洲での試写会。稼動しているシネコンなので設備が充実。音響もいいし座席も見...
それでも恋するバルセロナ (だらだら無気力ブログ)
ウディ・アレン監督がスペイン・バルセロナを舞台に恋愛観が対象的な二人の アメリカ人女性とスペイン人画家とその元妻が織りなす四角関係の恋模様を 描くロマンチック・コメディ。ヴィッキーとクリスティーナは恋愛観は正反対なんだが親友同士。 ヴィッキーは堅実かつ...
それでも恋するバルセロナ (LOVE Cinemas 調布)
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女...
試写会「それでも恋するバルセロナ」 (流れ流れて八丈島)
今日は、これから虎ノ門のニッショーホールで試写会「それでも恋するバルセロナ」を観ます。スカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスが出てるってだけで、観る価値あると思うけど、監督がウディ・アレンだから、作品としてのレベルも高そうですね。ゴールデングローブ...
『それでも恋するバルセロナ』 (Vicky Cristina Barcelona) (Mooovingな日々)
ウッディアレン監督、スカーレットヨハンソン、ハビエルバルデム、ペネロペクルス、パトリシアクラークソン、ケヴィンダン、レベッカホール、クリスメッシーナ。 ヴィッキーとクリスティーナは親友同士でヴィッキーは慎重派で堅実な彼と婚約中。 一方クリスティーナは...
★「それでも恋するバルセロナ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。
“それでも恋するバルセロナ”映画史に残るシーン (Art- Mill)
たぶん、映画史において語り継がれるシーンとなることでしょう。 ペネロペ・クルスとスカーレット・ヨハンソンの写真現像の暗室でのキスシーンです。 びっくりしました。もう
★★★★ 『それでも恋するバルセロナ』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/スペイン。"Vicky Cristina Barcelona".   ウディ・アレン監督・脚本。  バカンスでバルセロナを訪れた2人のアメリカ人女性が、そこで出会ったセクシーな画家と繰り広げる...
「それでも恋するバルセロナ」3タイプの美女〜 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
世の女性達が、この人相手じゃ絶対かなわない〜と思う、黒髪おっぱい美女代表ペネロペと、金髪おっぱい美女代表スカーレット・ヨハンソン^...
それでも恋するバルセロナ (いとし・こいし 〜いとしいこいしいものごとのおぼえがき〜)
それでも恋するバルセロナ  @ 6/27(土)ユナイテッドシネマとしまえん 原題:Vicky Cristina Barcelona 婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家
それでも恋するバルセロナ (描きたいアレコレ・やや甘口)
ハビエル・バルデムが楽しそう〜です。(^^) ハビエル・バルデムという人は...『ノーカントリー』でおかっぱ頭でパスパス人を殺してた...
「それでも恋するバルセロナ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「それでも恋するバルセロナ」公式サイトバルセロナでの四角関係の恋愛を描くロマンチックコメディー。この四角が男女2人ずつじゃなく、男1人に女3人結構面白く観られたのに、96分と短い上映時間が長く感じて結局面白かったのかそうでないのか...
【それでも恋するバルセロナ】 (日々のつぶやき)
監督:ウディ・アレン 出演:ハビエル・バルデム、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クスル、パトリシア・クラークソン      この恋、想定外 「バルセロナに休暇で来ているヴィッキーとクリスティーナは親友同士、ヴィッキーの親戚の家に滞在している。
それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona (我想一個人映画美的女人blog)
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDVD...
「それでも恋するバルセロナ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ウディ・アレン監督の新作ペネロペ・クルスがオスカーで助演女優賞を受賞した、その評判の演技豪華なキャストの面々楽しみな要素がギュッと詰まった本作がやっと公開されました!期待通り、面白かったです。見どころは、とにかく豪華なキ...
「それでも恋するバルセロナ」みた。 (たいむのひとりごと)
いやぁ〜凡人の私には、女3人、誰の感覚も共感しきれないっつうか、どこか理解不能な恋のおはなし。懲りないひとりのモテ男だけが(一応)トクしちゃってる感じではあるけど、女たちも”ひと夏の情熱”を十分に焦が
『それでも恋するバルセロナ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:VICKYCRISTINABARCELONA監督・脚本:ウディ・アレン出演:スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、レベッカ・ホール鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>バカンスでバルセロナ....
*『それでも恋するバルセロナ』* ※ネタバレ含 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ映画、ウディ・アレン脚本&監督、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム共演。
それでも恋するバルセロナ (Diarydiary!)
《それでも恋するバルセロナ》 2008年 スペイン/アメリカ映画 − 原題 −
★それでも恋するバルセロナ(2008)★ (CinemaCollection)
VICKYCRISTINABARCELONAこの恋、想定外メディア映画上映時間96分製作国スペイン/アメリカ公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2009/06/27ジャンルコメディ/ロマンス【解説】ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリスで3本の作品を手掛けたウディ・ア...
それでも恋するバルセロナ (Memoirs_of_dai)
それでも観ちゃうアレン映画 【Story】 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ...
「それでも恋するバルセロナ」を観る (紫@試写会マニア)
ウディ・アレン監督作品「それでも恋するバルセロナ」を観てきました。 実はちゃんとシアターでW・アレン監督作品を鑑賞したのは初めて。彼の作品はとっても魅力的だ、とは思うのだけど、何か‘虫が好かない’部分が。満足感が得られないこと・・・数回。それでも足を運...
「それでも恋するバルセロナ」  Vicky Cristina Barcelona (俺の明日はどっちだ)
「成就しない愛こそのみが真にロマンチックな愛」なのか・・・。 スペインのバルセロナを舞台に、二人の対照的なアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻という4人の登場人物を軸にウディ・アレンが四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。 ニュー...
『それでも恋するバルセロナ』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは真面目で、立派な若者と婚約中。一方のクリスティーナは自由奔放で、情熱的な恋を常に探している。そんな二人は、バルセロナで一夏を過ごすことになる。そこ二人は魅力的な画家、フアン・アントニオと出会う。クリステ...
それでも恋するバルセロナ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重な...
それでも恋するバルセロナ ニッショーホール 2009.6.10 (◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜)
ペネロペとスカーレットの競演って言うのを聞いて、 是非みたかった作品 試写で観てきました。 あらすじ:バカ...
それでも恋するバルセロナ (めでぃあみっくす)
「この恋、想定外」の割には「この映画、想定内」でした。まぁウディ・アレン作品なので面白いことは面白いのですが、ちょっと毒の効き方が物足りないというか、パンチが効いていないというか、全体的にあまり印象に残らない映画でした。そしてこの映画を見てもバルセロナ...
それでも恋するバルセロナ (こんな映画見ました〜)
『それでも恋するバルセロナ』 ---VICKY CRISTINA BARCELONA--- 2008年(スペイン/アメリカ) 監督:ウディ・アレン 出演: ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリス...
『それでも恋するバルセロナ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
アカデミー賞に絡んだ作品の6月公開作品って今年は異様に多い気がしますね。たいがいGWを狙った上映くらいまでな気もするのに。。。 ということで、ペネロペ・クルスにアカデミー助演女優賞をもたらしたウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』を観ましたー。 ...
「それでも恋するバルセロナ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ウディ・アレン監督、もう、彼も御年73歳ですが、相変わらず、質の高い作品を制作しています。 で、今回の、「それでも恋するバルセロナ」って映画も、彼らしい、「先の読めない展開」は、前作「マッチ・ポイント」と同様に、「どうするの?この彼は?」な、こう言うの...
それでも恋するバルセロナ (映画どうでしょう)
映画 それでも恋するバルセロナ の感想 ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナ...
それでも恋するバロセロナ ▲96 (レザボアCATs)
'08年、アメリカ・スペイン原題:Vicky Cristina Barcelona監督・脚本:ウッディ・アレン製作:レッティ・アロンソン、ギャレス・ワイリー、スティーブン・テネンバウム製作総指揮:ハウメ・ロウレス撮影:ハビエル・アギーレサロベ美術:アラン・バネ編集:アリサ・レプ...
「それでも恋するバルセロナ」:中葛西五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんなところに欧風の古城が・・・。 {/hiyo_en2/}なんだかんだ言って、みんなヨーロッパには憧れてるからね。 {/kaeru_en4/}とくに日本人の女性はな。 {/hiyo_en2/}アメリカ人でも憧れるんじゃないの? {/kaeru_en4/}ああ、「それでも恋するバルセロナ」な...
それでも恋するバルセロナ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[それでも恋するバルセロナ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:9.0/10点満点 2009年64本目(59作品)です。 クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と、ヴィッキー(レベッカ・ホール)は、スペインのバルセロナでバカンスを取...
それでも恋するバルセロナ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
3人の女と1人の男。惹かれあう4人の関係は、予想不可能の怒涛の展開へ! どうなる!?・・・この恋!__青い空の下、最高にセクシーでスリル満点な“バカンスの恋”が始る。あなたもきっと、バルセロナで身を焦がす恋がしたくなる__。 年一作のペースで新作を...
それでも恋するバルセロナ■本当の主役はウディ・アレン (映画と出会う・世界が変わる)
どの俳優も自分の役柄を実にのびのびと演じているのであるが、中でもペネロペ・クルスは悪女・猛女を怪演して、見ていて痛快。これは快演と言うべきか。ウディ・アレンの新たなミューズとなったスカーレット・ヨハンソンは確かに魅力的ではあるのだが、より新しい魅力を発...
それでも恋するバルセロナ (5125年映画の旅)
ヴィッキーは婚約者との結婚を控えた堅実派の女性。クリスティーナは危険な恋に燃える情熱派。親友同士の二人は、バカンスのためにバルセロナに長期旅行にやって来た。二人はそこで、魅力的な画家のフアン・アントニオと出会い、恋に落ちる。しかしそこに、フアンの元妻...
それでも恋するバルセロナ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
えーーーっと、これってウッディ・アレンの映画なんだよね。観始めてから、冒頭のナレーションでげんなり(爆)『それでも恋するバルセロナ』すっかり忘れてましたよ、、、爺様の作品って、、、実は、ウッディ・アレンの爺様の作品って苦手。。。この告白は、随分前からし...
『それでも恋するバルセロナ』 Vicky Cristina Barcelona (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
低温ウディが熱いスペインへ。 親友同士のヴィッキーとクリスティーナはひと夏のバカンスのためバルセロナを訪れる。NYからイギリスへ渡ってかつての輝きを取り戻したウディ・アレンが今度はスペインへやって来た。それも旅ごころをくすぐる魅惑のバルセロナが舞台だな...
「それでも恋するバルセロナ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
わかったつもりは永遠に。自分を確実に成長させるものを慎重に選択するヴィッキーと、奔放だけど自分に必要じゃないものは確実に拒否するクリスティーナ。正反対の価値観を持つと描かれている二人だが、根底に流れるものは実は似ている。二人とも「自分はもう少しのところ...
『それでも恋するバルセロナ』:ニューヨーカー in バルセローナ (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
前作『タロットカード殺人事件』のズンダラ振りに、「あ〜、ウディ・アレンもホント歳を喰ったなぁ」と思っていたところ、この新作にはハマリました。
それでも恋するバルセロナ (Movies 1-800)
Vicky Cristina Barcelona (2008年) 監督:ウッディ・アレン 出演:レベッカ・ホール、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス スペインのバルセロナへバカンスにやって来た2人のアメリカ人女性が、1人のスペイン人画家と出会い、恋に落ちる...
それでも恋するバルセロナ (映画の話でコーヒーブレイク)
毎度おはこび、ありがとうございます。 「旅の恥はかき捨て」なんてぇことを申しますが、旅に出ると理性のたがが外れ、 思いもよらない行動に出るというのは洋の東西と問わず起こることのようでございます。 八っあん、熊さんではございませんが、ヴィッキー嬢とクリステ...
『それでも恋するバルセロナ』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑...
それでも恋するバルセロナ (ここにあるもの)
上映期間終了、ギリギリ。 公開直後に買って、お財布にいれっぱなしだった前売券、やっと出番だね。 『それでも恋するバルロナ』(ウディ・アレン監督・2008米) ウディ作品には珍しく、丸の内ピカデリーにて。なんで恵比寿じゃないんだろ?? なんでちょっと不思議...
それでも恋するバルセロナ (ロッタの映画日和)
ウディ・アレンの最新作。監督自信が出ていない映画なので、ちょっとほっとしました(笑) 映画館へ行ったの久しぶりだ〜! 夏のバカンス...
それでも恋するバルセロナ (迷宮映画館)
うーん、ちょっと期待が大きかったかな。。。。
それでも恋するバルセロナ を観ました。 (My Favorite Things)
チョッと軽めの作品が観たくて…チョイス。
それでも恋するバルセロナ (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
それでも恋するバルセロナ’08:米、スペイン ◆原題:VICKY CRISTINA BARCELONA◆監督: ウディ・アレン「タロットカード殺人事件」「マッチポイント」◆出演: スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、 レベッカ...
「それでも恋するバルセロナ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
バルセロナを堪能いたしました♡
映画評「それでも恋するバルセロナ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ウッディー・アレン ネタバレあり
「それでも恋するバルセロナ」 (或る日の出来事)
つまらん。ウディ・アレンの映画は、たまに好きなものもあるが、これはどうも…。 本作がお好きで、けなされると怒るような方は、以下、読ま...
『それでも恋するバルセロナ』 (『映画な日々』 cinema-days)
それでも恋するバルセロナ 性格の違う親友二人が旅先で 知り合った男性に恋をする... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Vic...
『それでも恋するバルセロナ』 ('10初鑑賞46・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 3月29日(月) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
mini review 10464「それでも恋するバルセロナ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、各々の個性や恋愛観のもとに駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続き...
それでも恋するバルセロナ (Yuhiの読書日記+α)
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。キャストはスカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、レベッカ・ホール他。 <あらすじ> バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(ス....