銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

NINE(2009)

2010-03-22 | 映画:シネコン

 世界は、男と女と愛でできている。

MOVX京都にて鑑賞。贅沢な作品ですよね。これだけ凄いキャストを揃えた映画はなかなか観ることはないでしょうね。
目移りするくらい素敵な女優陣に囲まれた監督グイド役にはあのダニエル・デイ=ルイス。そういえば、2007年の「ゼア・ウィル・ビ―ブラッド」では数々の賞に輝きましたよね。そんな彼が今回はミュージカル映画に登場、歌も披露していました。(歌声も素晴らしいです)
ミュージカル映画には疎い私なので、良く分かりませんが。何でもそのジャンルにしては、歌と踊りがたくさん詰まった作品ではないらしく、ミュージカル映画好きの人にはちょっと物足りなさもあるのではないかということらしいです。確かに初めから最後まで、歌や踊りばかりというものではなかったですね。
お話が主体となって、その間に歌や踊りが入るって感じですかね。

まあ私にとっては観やすくて、しかも分かりやすいというのが一番良かったなあと思いました。それにしても出演している女優陣の美しいこと!皆さんそれぞれの美しさ、可愛さにうっとり美しさにセクシーさに。。。。そしてダイナミックでパワフルさ!色々な面を兼ね備えた7人の女性たち。これだけでも観る価値あります。

さてお話は?(ウィキぺディアさんより抜粋)

映画監督グイド(ダニエル・デイ=ルイス)は、新作「イタリア」の制作進行に行き詰まり、親友のスタッフ・リリー(ジュディ・デンチ) の協力で海沿いのホテルで休暇をとることにした。そこに妻ルイザ(マリオン・コティヤール)を呼び寄せ苦しみを癒して貰おうとした彼は、突然押しかけてきた愛●カルラ(ペネロペ・クルス)の誘惑に困惑する。カルラを拒んだがゆえの自●未遂から解放されながらも、夫の猟●趣味と仕事一徹ぶりに愛想を尽かし、グイドのもとを去ったルイザのために、遂にグイドは「イタリア」撮影を中止してしまう。だが二年後、抜け殻のようになったグイドをリリーは新作撮影へと誘う。


ぺネロぺ演じるカルラ。こんなに足があがるんですね。相変わらずセクシーです。彼女は愛●役がお似合い。この作品でアカデミー賞助演女優賞にノミネート。

 リリー(衣装デザイナー) ジュディ・デンチ
ジュディはこの映画にいい味を添えていました。歌も良かったですよね。「イエス・ノ―、イエス・ノ―」の言葉が耳に残っています。

そして何といってもこの人、グイドの妻ルイザ役、マリオン・コティヤール。可愛いです。切ない歌声がたまらないです。

後半は変身!!セクシーな姿で登場。

 ステファニー役にはケイト・ハドソン
グイドを誘惑しちゃうファッション記者。パワフルでリズミカルな踊りに圧倒されました。


パワフルという意味ではこの人、ステイシー・ファーガソンサラギーナ(砂浜の娼婦)
この踊りは凄いパワーを感じましたね。

 


そしてそしてこの人、クラウディア(女優、グイドのミューズ)にはニコール・キッドマン
本当にお美しい方です。歌声もグッドでした。まさにミューズ的存在。


グイドの母親 にはあの大女優ソフィア・ローレン
ジュディと同じ年の75歳だそうです。

※グイド役はハビエル・バルデムが演じる予定だったそうですが。2008年5月より一年間の休業に入るため降板した。またクラウディア役には当初、キャサリン・ゼタ=ジョーンズがマーシャルと再タッグを組み出演する予定だったが、役どころの小ささが気に入らず降板しているらしい。

解説(allcinemaより抜粋)


 イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督による不朽の名作「8 1/2」を基にしたトニー賞受賞の大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカルを、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が錚々たる俳優陣を起用し映画化。新作の撮影を控えた一人の世界的映画監督が、その構想に行き詰まり精神的に追いつめられていく中、彼を取り巻く女性たちと繰り広げる混乱と混沌の行方が、華麗にして幻想的な歌と踊りで綴られてゆく。主演のダニエル・デイ=ルイスをはじめ、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレンと、オスカー俳優が6人も顔を揃えた豪華キャストが話題に。


  映画
上映時間 118分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(角川映画=松竹)
初公開年月 2010/03/19
ジャンル ミュージカル
映倫 G


撮影現場


オフィシャル・サイト
http://www.nine-9.jp/

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渇き◆◇THIRST(2009) | TOP | フィリップ、きみを愛してる! »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2010-03-22 01:52:48
ストーリー性の希薄さと解りにくさが排除された予告編が最高に良かったのはある意味当然だと思いましたよ。(笑)
だからこの映画は8人の超豪華俳優のオムニバスミュージカルとして観たほうが良いんだろうなって。その存在だけで人を惹き付けるハリウッドスターと、彼らの歌と踊り。素直に堪能しました^^
豪華すぎます (にゃむばなな)
2010-03-22 22:05:36
もうこれぞハーレム!でしたよ。
単に同じ年代の若い女性を集めるようなものではなく、年齢・国籍バラバラなところがいい!

まさかジュディ・デンチまで魅力的に見えるとは驚きでした。
mezzotintさん★ (mig)
2010-03-22 22:43:41
こんばんは♪


女たちがまたゴージャスで素晴らしい演技でしたよね。
ダニエルさんも良かったけど、
女たちが輝く作品でした!
こんにちは (たいむ)
2010-03-23 20:31:43
女優さんたちを観に行って、観る価値があったと思うけれど、それで満腹という感じ?

もう少し内容にノレるともっと楽しめたのだろうけど、グイドにも彼女たちにも共感できないんじゃダメですねー(^^;

migさん♪ (mezzotint)
2010-03-23 23:57:57
こちらにもありがとうございます!
この後、「フィリップ、きみを愛してる」を
鑑賞したのですが。。。。
ジムとユアンの素晴らしいラヴストーリー
の方が断然面白く、NINEがしぼんで
しまいました。
再タッグ観たかった・・ (メビウス)
2010-03-31 14:53:28
mezzotintさんこんにちは♪

こんなにも豪華な出演者が揃っていると、内容度外視でも観てみようと言う思いに駆られそうな気もするんですが、自分はその内容がちょっと好みとは違っていたので、結果的に女優陣(とデイ=ルイス)が歌って踊ってなミュージカル部分だけに注目してた感じでしたねぇ~。

でもキャサリン・ゼタ=ジョーンズが当初のミューズ役だったんですねぇ。ロブ・マーシャル監督との再タッグは見たかったですが・・・・役所の小ささ。なるほど、納得です(笑
Unknown (アイマック)
2010-09-17 23:39:12
レンタルでみましたー。
ダニエル・デイ=ルイスってソフトないい声してますね。
これは新発見でした。笑
話には入り込めなかったですが、キャストの歌とダンスは見応えありました!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

51 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
NINE (LOVE Cinemas 調布)
フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』を基にしたトニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。主演のダニエル・デイ=ルイスを始め、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール...
NINE (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『映画史上最もゴージャス&ファッショナブル!』  コチラの「NINE」は、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」を半歩進んだ解釈に音楽とダンスを加えミュージカル化した舞台を「シカゴ」、「SAYURI」のロブ・マーシャル監督が映画化した3/19公開のミュージカル映...
豪華ミュージカル映画<NINE(ナイン)> (美味-BIMI-)
舞台はイタリア――。 天才映画監督のスランプ。 彼に夢中な女達。愛を選びきれない男。 彼が見つける9つめの愛とは? 世界は、男と女で出来ている。。。   見終わった後、踊りだしたくなる映画でした!   歌もまた、耳に残ります!とくに「CINEM...
NINE (Akira's VOICE)
男は女性がいないと生きていけません!  
「NINE」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                     「NINE」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ロブ・マーシャル フェデリコ・フェリーニ自らが監督した自伝的映画「81/2」の、ブロードウェイ・ミュージカル版を、「シカゴ」のロブ・マ...
『NINE』 (めでぃあみっくす)
シネマ・イタリアーノ!そう歌いながら、ずっとこの雰囲気に溺れていたいと思える映画でした。別にストーリーは特別面白いとかいう訳ではないのですが、あの7人の女優陣による、それぞれのミュージカルシーンがとにかくいい!個人的にはもっと見ていたくなるほどに、雰囲...
♪☆『NINE』☆♪ (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン出演。
[映画『NINE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何の予備知識もなく、何か絢爛豪華なイメージだったので、楽しみにして映画館に向かった。  粋なプレイボーイの映画監督の、これまでの女性遍歴と、現在の女性関係・映画監督としての行き詰まりの物語で、  はじまってすぐに、「ああ、これはフェリーニ監督の物語か...
映画を観た~NINE/ナイン~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
NINE (ともやの映画大好きっ!)
(原題:NINE) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1963年にアカデミー賞を受賞したフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」。 この作品の半歩進んだ解釈を加え、1982年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演された作品を映画化。 ミュージカル版は同年...
NINE (そーれりぽーと)
1月9日の記事で豪華すぎて楽しみって件を書いた『NINE』が公開されたので、早速観てきました。 ★★★ 『8 1/2』に1/2足した本作よりも、引いた『8人の女たち』に軍配。 豪華! →贅沢 →もったいない そんな感想で、尻下がりに盛り上がりに欠けたブツ切りミュージカ...
NINE (★YUKAの気ままな有閑日記★)
そろそろ春休み~観たい映画がテンコ盛りまずはコチラから・・・【story】イタリア、ローマにある映画スタジオで映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は頭を抱えている。撮影開始も間近だというのに、脚本は白紙のままなのだ。苦しみの果てに、彼は自分...
「ナイン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  圧巻…。完成度の高いミュージカルシーンに圧倒された120分。ダーティな明るさがあった「シカゴ」とは違ってスランプに陥った巨匠監督というテーマが鬱陶しくアメリカではあまり好まれなかったのか、評判も今ひとつでした。アカデミー賞で...
NINE (C'est joli~ここちいい毎日を~)
NINE’09:米 ◆原題:NINE◆監督: ロブ・マーシャル「SAYURI」「シカゴ」◆出演: ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、 ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギー ◆STORY◆...
★「NINE」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
オスカーなどの賞レースではぱっとしなかったみたいですが、 ひらりん的にはニコちゃん・ペネちゃんの初共演作ってことで、 久しぶりに週末のナイトショウに足を運びました。
『NINE』とは、8.5+0.5? (映画のブログ)
 1960年代、チネチッタ、モノクロ、映画監督を取り巻く美女たちとくれば、大傑作『8 1/2(はっか にぶんのいち)』だ。  『8 1/2』の題名は、フェ...
NINE / NINE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click フェデリコ・フェリーニ監督作「8 1/2」(1963年)を原作とする、 ブロードウェイ・ミュージカル 「ナイン(Nine)」 (1982年初演)をさらに映画化{/ee_3/} ...
NINE (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スタジオに入っても、全く脚本のアイデアが浮かばない映画監督グイド(ダニエル・デイ・ルイス)が途方にくれている。彼がアイデアをひねり出そうと悪戦苦闘する様子を、関係ある女性たちがパフォーマンスを披露する。どの女優もいいのだけど、イタリアの母とも言えるソフ...
『NINE』 (Cinema + Sweets = ∞)
この春話題のミュージカル映画『NINE』。 先日、PROUD×CSGyao PRESENTS の試写会でよみうりホールで少し早めに観賞することが出来ました。 あいにくの雨の日の試写会でしたが、客入りが悪いようで2階席はかなりガラガラの状態でした。 ミュージカル映画は敬遠される人...
「NINE」期待したほどでは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
内容があまり・・・つまらなかったです。 えっ?!これで終わっちゃうの??って一瞬焦りました・・・。3つ☆~3つ☆半(☆の殆どはペネロ...
「NINE」みた。 (たいむのひとりごと)
ブロードウェイミュージカル『NINE』の映画化。本場のミュージカルをみたことがないから本当の意味で比較にならないけれど、映画ならではの演出効果でより幻想的で煌びやかな作品になっていたように思う。なんて
映画鑑賞記「NINE ナイン」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.03.22 鑑賞場所:シネプレックス幕張 映画史上最もゴージャス&ファッショナブル 世界は、男と女と愛でできている。 <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  1964年、イタリア。世界的に有名な映画監督、グイド・コンティーニは新作映画...
■映画『NINE』 (Viva La Vida!)
フェデリコ・フェリーニ監督が1963年に製作した映画『8 1/2』をミュージカルにして、物語を半歩前進させた映画『NINE』。 『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督しています。 才能ある映画監督の“選ばれし者の恍惚と苦悩”を描いた作品とも言えますが、「妻も愛人もマ...
シネマ・イタリアーノ~『NINE』 (真紅のthinkingdays)
  NINE  1965年、ローマ。チネチッタ撮影所では、マエストロと呼ばれる映画監督グイ ド(ダニエル・デイ=ルイス)が、新作映画『ITARIA...
NINE (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ミュージカル映画界にまた新たな歴史が刻まれます。トニー賞5部門受賞のブロードウェイの名作舞台を、オスカー・キャスト&スタッフが完全映画化。 映像ならではの目もくらむエンターテーンメント! 物語:1964年のイタリア。世界的な映画監督グイド・コンティーニ...
NINE (ケントのたそがれ劇場)
★★★  イタリアの天才映画監督を主人公にしたミュージカル風の映画。ミュージカル映画とはっきり書かないのは、今までのミュージカルとはちょっと違う風味だったからである。 と言うのも、歌や踊りのシーンは、主人公グイドのイマジネーションの世界だからである。た...
NINE (心のままに映画の風景)
1964年イタリア。 映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)待望の新作は、撮影開始目前で脚本が未完成で白紙状態。 プレッ...
NINE (風に吹かれて)
華麗なる女たち公式サイト http://www.nine-9.jpトニー賞受賞のブロードウェイミュージカルの映画化舞台の基は、フェデリコ・フェリーニ監督、マルチェロ・マストロヤンニ主演の「81/2」監
『NINE ナイン』:判りやすくなった分、評価は分かれるだろうねぇ @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
フェリーニの『8 1/2』を観たのは何時(いつ)のことか・・・ 当時はサッパリ判らなかった。 その証拠に、同じフェリーニの『甘い生活』とゴッチャになっている。 さて、そのフェリーニの『8 1/2』のミュージカル版の映画化、いやぁ、こんなに判りやすいとはビック...
NINE (俺の明日はどっちだ)
・ 今は亡きイタリア映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニが1963年に製作した彼の代表作のひとつである『 8 1/2 』. その作品が1982年にブロードウェイで『 NINE 』というタイトルでミュージカル化され、それをさらに『シカゴ』のロブ・マーシャル監督が錚々たる俳優陣を起...
NINE (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ミュージカル映画] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年21本目です。 【あらすじ】 1964年、イタリア。 最新作「ITALIA」の脚本がなかなか書けず、苦悩する映画監督のグイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイ...
「NINE」(アメリカ 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
スランプに苦しむ映画監督と彼を取り巻く女性たち。
NINE (Movies 1-800)
Nine (2009年) 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ・ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ジュディ・デンチ フェデリコ・フェリーニ監督の63年作イタリア映画「8 1/2」を元に作られた大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル「NINE」の映画化...
「NINE」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1982年にトニー賞を受賞した大ヒットミュージカルを、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。 ちなみにそのミュージカル、1963年に制作されたフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的映画「81/2」が元になっているそうな。マメ知識な。 主演のダニエル・デ....
NINE (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオ...
『NINE』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「NINE」□監督 ロブ・マーシャル □脚本 アンソニー・ミンゲラ □キャスト ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ロー...
【NINE】 (日々のつぶやき)
監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ニコール・キッドマン、ジュディ・デンチ  世界は、男と女と愛で できている。 「映画監督のグイドはスランプ中。脚本が全く書けず、主演女優しか決まっていな
*NINE* (Cartouche)
    [[attached(0,style="MARGIN-LEFT: 1px" class=popup_img_500_333 width=500 height=333)]]   イタリアが世界に誇る映画監督、グイド・コンティー二。だが豊かなはずの想像力が突如として消え果てた彼は、9作目となる新作の脚...
NINE(ナイン) (映画!That' s Entertainment)
●「NINE(ナイン)」 2009 アメリカ The Weinstein Company,Relativity Media,118min. 監督:ロブ・マーシャル 脚本:アンソニー・ミンゲラ、マイケル・トルキン 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、    ジュディ・デン...
NINE (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロブ・マーシャル 【出演】ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ/ニコール・キッド...
ロブ・マーシャル監督 「NINE」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
休みの度、映画に行きたいと思いつつ… 公休になると、いろいろ用があったり、お小遣いがなかったりで久しく映画に行けませんでした。 そんな事を繰り返してる内にDVDでレンタルで良いか?ってなっちゃうので 今日は意を決して映画鑑賞 今年劇場4作品目はコチラ↓...
NINE (5125年映画の旅)
最新作の撮影が目前に迫っている映画監督のグイド。しかし彼は自身最大のスランプの最中で、脚本は1ページも書き上がっておらず、キャストも主演以外は一切決まっていない状態だった。そんなグイドの前に妻や愛人をはじめとする様々な女性が現れ、グイドはますます苦悩...
「NINE」 遅すぎた成長 (はらやんの映画徒然草)
死んだジャンルと思われていたミュージカル映画を見事復活させ、活況にしたきっかけは
NINE (ここにあるもの)
映画監督はつらいよ。 シネマ・イタリアーノをつくりあげる女性の数々。各種取り揃えております。 ダニエル・デイ=ルイスの声が素敵過ぎてびっくり。 公開から1ヶ月も放ったらかしにしていたので、 「まだやってるよね…」と不安になっていた『NINE』を観てきた。 やっ...
NINE★★★★+劇場44本目:ファビュラ... (kaoritalyたる所以)
4/10に観に行った映画は、豪華キャストで話題のミュージカルです映画監督グイドを演じるダニエル・ディ・ルイスが、まぁ情けない役なんですがカッコイイというか、ほっとけない...
NINE (迷宮映画館)
豪華な役者陣は目にいいが・・・。
NINE (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:NINE 制作:2009年・アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギーほか あらすじ...
NINE (小部屋日記)
NINE(2009/アメリカ・イタリア)【Blu-ray】 監督:ロブ・マーシャル 出演;ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ/ニコール・キッドマン/ケイト・ハドソン/ソフィア・ローレン/ステイシー・ファーガソン 世界は、...
映画評「NINE」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ロブ・マーシャル ネタバレあり
NINE (いやいやえん)
マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、二コール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ケイト・ハドソンなどなど女優陣が非常に豪華で華麗です。 歌とダンスは見ごたえがあるのだけれど、ストーリーがコレじゃなあ…ちょっと眠たくなってしまいま...
【映画】NINE…熟女好きとかいう気持ちはよく分からない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日のクリスマスイブは会社でお仕事をしていたピロEKです 世間は三連休だったらしいですが、一昨日は夜勤明けで寝て終了 昨日、2011年12月24日(土曜日)は前述のように昼から夜中にかけてお仕事 実質休みらしい休みだったのは本日2011年12月25日(日曜日)ぐらいです...