銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

永遠のこどもたち◆◇EL ORFANATO ギレルモ・デル・トロ製作作品その2

2009-01-16 | 映画:ミニシアター

 愛を信じたら、本物の光が見える。

ギレルモ・デル・トロ監督、今回は製作者として、この作品に関わっている。スペイン国内でゴヤ賞の7部門を獲得した他、数々の賞に輝いたこの作品ということと、休日というのも重なって大勢のお客さんだった。そういえば、「パンズ・ラビリンス」も衝撃的な作品だったよね。ファンタジーというものの、登場するキャラクターや人物も不気味なものがあって、結末も哀しいものだった。映像美とスペインの歴史的背景も取り入れながら、重厚な作品だった。

いきなりネタバレになるが、今回のこの作品の結末も哀しいものだった。ホラー映画ではあるが、軸にあるものは、母と子の物語。主人公母ラウラの息子への愛情の深さを思いしらされるような・・・・。その愛情の深さは物語が進むにつれてラウラを孤独へと導いていくことに・・・。そりゃ愛息シモンが突然いなくなるわけだから、正気がなくなるのは当たり前だ。日増しに息子への愛情は強くなり、夫も引いてしまうほどだ。当然の事だし、母ラウラの気持ちが分からなくはない。徹底的にシモン探しを始めるラウラ。そして驚くべき事実などが、次々と明るみになる。やるせない気持ちや物語の展開の恐ろしさ何かも、観ている私にもヒシヒシと伝わってくる。

あらすじ

海辺に建つ古い孤児院で他の孤児たちと楽しく暮らしていた少女ラウラ。やがて彼女は里親に引き取られ、孤児院を後にする。30年後、医師である夫カルロス(フェルナンド・カヨ)と7歳の息子シモン(ロジェール・プリンセプ)と共に、再びこの地に戻ってきたラウラ(ベレン・ルエダ)。彼女は閉鎖されていた孤児院を買取り、障害を持つ子どもたちのための施設として再建するため、開園準備を進めていた。そんな中、シモンがイマジナリー・フレンドを相手に楽しげに遊ぶようになり、かすかな不安を感じ始める。そして、施設の開園を祝うパーティが催された日、シモンが忽然と姿を消してしまう。警察も加わっての懸命の捜索も実を結ばず、その一方でオカルトめいた言動をエスカレートさせるラウラは次第に周囲から孤立していく。それでも必死にシモンの行方を追う中で、いつしか孤児院に秘められた恐ろしい秘密へと近づいていくラウラだったが…。(allcinemaより)

さらに詳しく・・・・。

広くて古い屋敷の中でたった一人の寂しさから空想上の友だちを作って遊んでいるシモンにラウラは不安を覚えるが。そんなシモンは難病抱えていたいるため、空想の友だちのことを嬉しそうに話す姿に、叱る気にはなれなかった。

そんなある日、開園準備に忙しいラウラを一人の老女が訪ねてくる。ソーシャルワーカーのベニグナ(モンセラート・カルーヤ)と名乗るその女は誰も知らないはずのシモンの病気のことや、シモンが養子であることなど、ぶっしつけに話始める。

ラウラは薄気味悪くなり、彼女を追い払う。だがその夜、屋敷の庭にある物置小屋から老女らしき影が出て行くところを見かけたラウラは恐怖にとらわれる。

一方シモンの空想上の友だちとの遊びはエスカレート状態となり。トマスという名前までつけて絵に描いて見せたり、宝探しごっこをしたり・・・・。

 

 

施設が開園して、友だちがやって来ればそんな遊びは止むだろうと思っていたラウラ。次第に不安に駆られる。

それから数日後、施設の入園希望者を集めたパーティの最中、忙しくしているラウラの気を惹こうと騒ぎ出したシモンを思わず叱りつけてしまう!

怒られたことで、すねて何処かへ行ってしまったシモン。ふと気になってシモンを探すが、代わりに現れた奇妙なマスクに覆われた子供。その子供のいたずらで、ラウラはバスルームに閉じ込められてしまう。

ようやく外に出たラウラはシモンを探して、屋敷はもちろんのこと、海辺の洞穴も探すが。神隠しにあったかのようにシモンは忽然と姿を消してしまう。

 シモンの名前を呼び続けるラウラだが・・・・。

警察も捜査に乗り出すが、シモンの行方は全く分からないまま、半年が過ぎていた。ラウラとカルロスは相変わらず望みをつないで、捜索を続けていた。

周囲の人々は難病を抱えているシモンはもう死んでいると思っていたが、ラウラはシモンは生きていると信じていた!

静まり返る屋敷の中で聞こえる物音や気配にますます敏感になり、誰かがいると言ってはカルロスを当惑させるようになっていく。

ある日、カルロスの運転で街に出かけたラウラは乳母車を押して歩くあの老女ベニグナを見つける。シモンの行方を知っているに違いない・・・・。声をかけようとした瞬間、目の前でベニグナは事故に遭い、命を落とす。

ベニグナの正体は?

彼女の部屋から1枚の写真と古い8ミリフィルムが発見される。実は彼女はラウラの過ごした孤児院の職員だったことがわかる。

ラウラがいた頃は楽しい日々だったが、ラウラが養女としてもらわれた後、孤児院で悲惨な出来事があったことを初めて知る。

そしてもっと驚くことが!ベニグナには息子がいたのだ。8ミリフィルムを見たラウラは驚愕!若き日のベニグナと息子の姿を見つける。その子供こそ、シモンがいなくなった日にラウラをバスルームに閉じ込めたあの子供だったのだ。そして名前は、シモンが話した“トマス”だったのである。

ここからさらにネタバレを・・・・。

何故?ラウラはこの場所へやって来たのか。それはシモンの生まれた秘密にあった。何とか7歳になるまで育てた息子はベニグナの言うように、ラウラの本当の子供ではなかった。未熟児でしかもすでに死を約束された子供だった。だがラウラはそのことを承知で育てることを決意。そしてどんなことをしてでも、シモンを守り育てようと思った。2000gしかない命は、ラウラに笑いかけた。そんなシモンへの強い愛情を持ったラウラはかって孤児だった自分が育った孤児院での幸せなときを過ごした場所で、シモンに幸せな生涯を送ってほしいと考えたのだ。そして30年ぶりにシモンを連れて移り住んだということ。

しかし運命は思わぬ方向へと進む。まさかこの施設で悲惨な事件が起こっていたなんて・・・・・・。そしてそのことは、屋敷の中に塗りこめられていた。ラウラがその事実を知ったのは、シモンが消えてからだ。皮肉な話である。

30年前に死んだトマスは入園パーティの日、子供たちに紛れてやって来た。そして、シモンはトマスがいなくなった途端、消えてしまった。実は死と隣り合わせという7歳のシモンは、敏感にこの屋敷に住み着いている死者と会話出来るようになっていたようだ。

ラウラはシモンの妄想だと取り合わなかった、しかしシモンがいなくなった今、無人となった屋敷のなかで、ラウラは何とかシモンに近づこうとするのだ。自ら死に至ることを始めるわけだ。息子への思いはラウラに思わぬ方向へと導くことになる・・・・・。シモンに逢いたい!ラウラの切実な思い、そして愛。シモンに会うには恐ろしい代償が待ち受けているのは分かっていても、恐怖よりシモンへの愛のほうが強いのだろう。

ラウラは分かっていた。シモンがすでに亡くなっていることを。でも逢いたい!そのシモンと会う方法を教えたのは霊媒師のアウロラ(ジェラルディン・チャップリン)

   

ラウラの哀しみ、苦しみを知って、こう語った。「その悲しみが力となって貴方を導き、彼の声を届けてくれるわ。そして見えないものを信じなさい。信じたら必ず見えるわ」と・・・・。

いよいよ彼女はシモンに会いに旅立つ。死者の中からシモンを探し出すために。

 

 

30年前、皆で遊んだかくれんぼ、「1、2、3、壁を叩け」と大きな木の幹を叩いたことを思い出し、シモンに会うために再現するラウラ。

日本の遊びと同じ。「だるまさんがころんだ」を思い出す。

とうとうカルロスがくれたクルスを切る!あぁ~~もう戻ることは出来ない。

ようやくシモンはラウラの腕の中に・・・・・。

 

シモンと再会した!周りには30年前のラウラの友だちがいる。これは現実?それとも夢?

生と死の間で見たものは、これこそ本当の愛なのだろう。ハッピーエンドじゃないけど、ラウラにとってはハッピーエンドなのかもしれないなあ。やっぱり「パンズ・ラビリンス」とどこか被るよね。ラウラのシモンへの愛、凄いよね。母はやっぱり強い!

 

監督:J・A・バヨナ

製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ

上映時間 108分
製作国 スペイン/メキシコ
公開情報 劇場公開(シネカノン)
初公開年月 2008/12/20
ジャンル ホラー/ドラマ/ミステリー

映画インタビュー「永遠のこどもたち」 バヨナ監督に聞くこちらをご覧下さい。

 

オフィシャル・サイト
http://www.theorphanagemovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.elorfanato-lapelicula.com/ (スペイン語)
オフィシャル・サイト
http://www.cinemacafe.net/official/eien-kodomo/

 

※1月12日、京都シネマにて鑑賞 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘルボーイ★ザ・ゴールデンア... | TOP | THE BANK JOB バンク・ジ... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラウラ。 (BC)
2009-01-17 13:10:28
mezzotintさん、こんにちは。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

30年前の友達と再会したラウラは子供の頃の自分に戻る事が出来て、
ラウラの心は満たされたのかもしれないですね。
ラウラも含めて“永遠のこどもたち”のように映りました。

この作品を観てヒューマンホラーのテイストが
中田秀夫監督の映画に似ているように感じていました。
J.A.バヨナ監督は中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』がお好きだったのですね。
ご無沙汰しております。 (apple-ogojo)
2009-01-18 21:46:50
遂に京都へ帰ってきました!
と、言ってもぷー太郎のままですが…
不景気なのかどうか…
希望する職種の面接を受けるも落ち続ける…
私に非があるのかどうか…

そんな時に気分転換へと映画館に足を運びたいところですが、なかなか。
やはり、足を運べない私にとっては、ここは、
とてつもなく居心地の良い映画館であります。
これからもよろしくお願いいたします。
この作品、 (michi)
2009-01-19 23:14:51
ずっと気になっているんですよね~!
都合がつかず、なかなか観に行けないんですが、、、悲
デル・トロ監督の作風が好きなので何とか劇場に足を運びたいと思ってます!
まじめに怖かったです (sakurai)
2009-03-06 11:58:56
あたし、怖いのだめなんです・・・。
怖かった・・。
これほど怖いとは。。。宣伝の仕方も上手かったですね。乗せられましたモン。
で、シモンは、死と隣り合わせにいたので、あっちの世界のことを敏感に感じ取ることができたと言うことですね。
なるほど。
別に、養子でなくても病気であると言うことが大事な要因かななどとも思ったのですが、そこんとこはどうなんでしょうね。
とにもかくにもラウラの想いがぐぐっと迫ってきました。
いやあ、怖かった (ノルウェーまだ~む)
2010-12-20 03:49:37
こんばんわ☆
近年にない怖さを味わいました。
それと同時に感動で涙も溢れ、母の深い愛に心が震えました。
私はラストをハッピーエンドと感じましたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

47 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
永遠のこどもたち :大阪ヨーロッパ映画祭 (だらだら無気力ブログ)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・ドロをプロデューサーに迎えて 制作されたスペインのホラー映画。アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表 作品やゴヤ賞7部門などなど、多くの賞を受賞した作品。孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い...
『永遠のこどもたち』... ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:スペイン+メキシコ合作映画、J・A・バヨナ監督、ベレン・ルエダ主演、『パンズ・ラビリンス』の監督ギレルモ・デル・トロが製作したホラー映画。 ≪第15回大阪ヨーロッパ映画祭【ヨーロッパ最新映画初上映】にて鑑賞、J・A・バヨナ監督ディスカッション&サイン...
永遠のこどもたち (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題:EL ORFANATO、英語タイトル:THE ORPHANAGE(孤児院) J・A・バヨナ監督、ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ。「永遠」と言えば「死」の言い換えというのが相場で、「死」を覚悟...
永遠のこどもたち ▲1 (レザボアCATs)
・永遠のこどもたち@映画生活
永遠のこどもたち (いとし・こいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
永遠のこどもたち 2009 1/7@ヒューマントラストシネマ シネアミューズからヒューマントラストシネマに名前が変わってたのが先ず驚き。 ホラーは基本ムリなんだから、観る前からびびり入ってんのに、んなことで驚かせないで欲しかったなーんつってな。
『永遠のこどもたち』 (2007)/スペイン・メキシコ (NiceOne!!)
原題:ELORFANATO/THEORPHANAGE監督:J・A・バヨーナ出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ試写会場 : 一ツ橋ホール(2008年12月20日公開)公式サイトはこちら。<Story>海辺にある....
永遠のこどもたち/EL ORFANATO/THE ORPHANAGE (我想一個人映画美的女人blog)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースのミステリーサスペンス。 スペインで大ヒットを記録、 今年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた作品{/kirakira/} 今年観られる映画ももうわずか。 20日公開作品は駆け込みでいっぱい...
永遠のこどもたち (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『永遠のこどもたち』  (2007) = 海辺に建つ、古い孤児院で育った少女ラウラ(べレン・ルエダ)。 30年後、その懐かしい館を、障害をもつ子供たちのためのホームにしたいと買い取り、医師である夫カルロスと、7歳の息子シモンとともに移り住む。 ...
永遠のこどもたち (そーれりぽーと)
まーた『シックスセンス』を引き合いに出す映画かと思ってたら、こないだ新作映画が公開されたばかりのギレルモ・デル・トロが2007年にプロデュースしたものとのこと。 これはひょっとしたらひょっとするんじゃ?と期待を胸に、関西では今週公開の『永遠のこどもたち』を...
永遠のこどもたち (描きたいアレコレ・やや甘口)
ドアは静かに締めましょう...。 ネタバレしてるかな...。 ちょっと前に『ティンカーベル』を観たけど、アレは綺麗な映像に気を使い、小さ...
「永遠のこどもたち」 幸せは主観 (はらやんの映画徒然草)
2008年の劇場観賞の最後となるのは、本作「永遠のこどもたち」。 ギレルモ・デル
永遠のこどもたち (Memoirs_of_dai)
死≠不幸 【Story】 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
「永遠のこどもたち」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「El Orfanato」...aka「The Orphanage」 2007 メキシコ/スペイン 子供をなくした母親の狂気とも思える姿を描いたミステリアス・サスペンス・ホラー。 ラウラに「美しすぎる母/2007」のベレン・ルエダ。 ラウラの夫カルロスにフェルナンド・カヨ。 息子シモン...
「永遠のこどもたち」 (首都クロム)
 床が、家が、低く唸るように軋む。蝶番が不気味な音を立てて扉がひとりでに開き、ひやりとした風が抜けていく。“彼ら”がやってきた合図だ。ラウラは背後の気配に振り返った。彼女しか居ないはずの室内、しかし廊下の突き当たりには愛息子シモンと同じ年頃のこどもが立...
大人になんかならないよ J・A・バヨナ 『永遠のこどもたち』 (SGA屋物語紹介所)
『パンズ・ラビリンス』で一躍脚光を浴びたギレルモ・デル・トロが制作に回った作品。
『永遠のこどもたち』 (ラムの大通り)
(原題:EI Orfanato) ----『永遠の子供』って ピーターパンなんかに使われる言葉だよね。 このポスターからは そんなイメージがまったく伝わらないけど…。 「実はもっとショッキングなのもあるんだけどね…。 原題は『孤児院』。 日本の配給や宣伝サイドはホラー色を払...
『永遠のこどもたち』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「平安」のある場所。 『永遠のこどもたち』 "EL ORFANATO" "THE ORPHANAGE" 2007年・スペイン&メキシコ・108分 監督:J・A・バヨナ 製作:マル・タ...
永遠のこどもたち (映画通の部屋)
「永遠のこどもたち」 El Orfanato/製作:2007年、スペイン=メキシ
★永遠のこどもたち(2007)★ (CinemaCollection)
ELORFANATOTHEORPHANAGE愛を信じたら、本物の光が見える。上映時間108分製作国スペイン/メキシコ公開情報劇場公開(シネカノン)初公開年月2008/12/20ジャンルホラー/ドラマ/ミステリー【解説】「パンズ・ラビリンス」「デビルズ・バックボーン」のギレルモ・デル・トロ....
永遠のこどもたち (to Heart)
愛を信じたら、本物の光が見える。 原題 EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 製作国・地域 スペイン/メキシコ 製作年度 2007年 上映時間 108分 監督 J・A・バヨナ 音楽 フェルナンド・ベラスケス 出演 ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジェール・プリンセプ/ジェラルディ...
「永遠のこどもたち」 (或る日の出来事)
んん…あんまりピンとこなかったなあ。 ギレルモ・デル・トロが製作にまわった映画で、彼の好みっぽいホラーミステリー調に、母の愛などもあ...
345「永遠のこどもたち」(スペイン・メキシコ) (CINECHANの映画感想)
きっと生きていると信じている  海辺に建つ古い孤児院で他の孤児たちと楽しく暮らしていた少女ラウラ。やがて彼女は里親に引き取られ、孤児院を後にする。  30年後、医師である夫カルロスと7歳の息子シモンと共に、再びこの地に戻ってきたラウラ。彼女は閉鎖されてい...
試写会「永遠のこどもたち」 (流れ流れて八丈島)
今日も今日とて、おなじみ一ツ橋ホールで試写会「永遠のこどもたち」を観てきました。ハリウッド大作映画じゃなく、スペイン映画です。凄くいい作品でしたホラー映画のようでもあり、サスペンス映画のようでもあり、「シックス・センス」的なスピリチュア映画でもあり・・...
永遠のこどもたち (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞永遠のこどもたち/EL ORFANATO 2007年/スペイン、メキシコ/108分 監督: J・A・バヨナ 出演: ベレ...
永遠のこどもたち (小部屋日記)
El Orfanato(2007/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督: J・A・バヨーナ 出演:ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ジェラルディン・チャップリン/ロジェール・プリンセプ/マベル・リベラ/モンセラット・カルージャ 『シックス・センス』以来の衝撃と感動 愛...
永遠のこどもたち(2007スペイン=メキシコ) (☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆)
“愛を信じたら、本物の光が見える…「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ製作で贈る愛と哀しみのミステリアス・ホラー” さてさて年末も押し迫ってきて、しなければいけないことがたまり過ぎ、映画なんか観てる場合ではないぞ、とか思いながらも、今年もあと少...
『永遠のこどもたち』 (めでぃあみっくす)
ホラーとしても素晴らしい。ミステリーとしても素晴らしい。でも母の愛を描いた映画としてはもっと素晴らしい。そう思えるほどに完成度の高い映画でした。『海を飛ぶ夢』や『パンズ・ラビリンス』を始めとする最近のスペイン映画は本当に面白いです。そしてこの映画もその...
『永遠のこどもたち』:情感と論理が絶妙な味わいの切ない怪談 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
スペイン製の怪談は子供をモチーフにしたものが多く、近くは本作品製作者ギレルモ・デル・トロ監督の『デビルズ・バックボーン』や『アザーズ』『ダークネス』など、古いところでは『汚れなき悪戯』だって撮り方によっては怪談になりうる。 さて、本作品は、情感と論...
永遠のこどもたち (心のままに映画の風景)
孤児院で育ち、里親に引き取られたラウラ(ベレン・ルエダ)は、 30年後、閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホ...
映画 『永遠のこどもたち』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。短編映画やミュージックビデオ制作で活躍するJ・A・バヨーナが初の長編監督を務め、主演は『美しすぎる母』のベレン・ルエダ。孤児院で育った...
永遠のこどもたち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛を信じたら、本物の光が見える。』  コチラの「永遠のこどもたち」は、12/20公開になったスピリチュアル・ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪2009年初となる映画館での鑑賞作品です。2006年の「ポビーとディンガン」、2007年の「リトル・ミス・サ...
永遠のこどもたち (2007・スペイン/メキシコ) (白ブタさん)
今年の劇場1作目です{%クラッカーwebry%} 『レボリューショナリーロード』 が1作目と前の記事で書いたのですが、予定変更で(^^ゞ
永遠のこどもたち (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2007年 製作国:スペイン/メキシコ 監 督:J・
永遠のこどもたち (ダイターンクラッシュ!!)
1月20日(火) 21:20~ 109シネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『永遠のこどもたち』公式サイト 泣けるホラーだと聞いている。 ただ、あまりにスピリチャアル過ぎて、いまいち解釈ができないところも多々あり、評判ほどの感...
「永遠のこどもたち」(スペイン/メキシコ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
パーティーの日、ひとり息子が姿を消した。
うしろのしょうめんだあれ (宇宙のめいぐると)
「永遠のこどもたち」
永遠のこどもたち (Diarydiary!)
《永遠のこどもたち》 2007年 スペイン/メキシコ映画 - 原題 - EL O
永遠のこどもたち (迷宮映画館)
怖かった・・・。
映画* 永遠のこどもたち/ The Orphanage (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
怖い!と見聞きして心の準備が出来ていたはずだけど、やっぱり怖かった。 ホラー映画が苦手なのにそれでも観たのは、このお話の本質はそれとは違うところにある、とも聞いていたからで、まさにその通りでした。 ラウラは、夫と息子・シモンと共に、海辺に...
永遠のこどもたち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
古く広大な屋敷で起こる怪事件と、突然消えた我が子の行方を捜す母親の強い愛を描くスペイン製のサスペンス。 製作は、「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロー。監督は新人のJ・A・バヨナ。ゴヤ賞で脚本賞ほか7部門を受賞。 物語:海沿いにある、ある孤...
【映画】永遠のこどもたち (新!やさぐれ日記)
▼動機 「パンズ・ラビリンス」が面白かったから ▼感想 ホラー?ファンタジー?サスペンス? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
映画 【永遠のこどもたち】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「永遠のこどもたち」 『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。 おはなし:孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホ...
永遠のこどもたち DVD (★ Shaberiba ★)
『愛を信じたら、本物の光が見える』本物?悲しすぎる結末に涙。。
永遠のこどもたち [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:EL ORFANATO公開:2008/12/20製作国:スペイン/メキシコ上映時間:108分監督:J・A・バヨナ出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ、モンセラート・カルーヤ愛を信じたら、本物の光が...
永遠のこどもたち■「チェンジリング」の反対側の物語 (映画と出会う・世界が変わる)
「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースにまわった作品。「パンズ・ラビリンス」は大変に手のこんだ、仕掛けの多い作品であったが、この「永遠のこどもたち」もまた、作品自体が魅力的なうえに仕掛けがいっぱいで何回も見たくなる作品である。ク...
永遠のこどもたち (mama)
EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 2007年:スペイン・メキシコ 監督:J・A・バヨナ 製作:ギレルモ・デル・トロ 出演:ベレン・ルエダ、ジェラルディン・チャップリン、フェルナンド・カヨ、マベル・リベラ 海辺の孤児院で育ったラウラは、障害を持つ子どものホームに...
永遠のこどもたち (悠雅的生活)
海辺の館。だるまさんが転んだ。宝探しゲーム。