銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

英国王のスピーチ☆THE KING'S SPEECH(2010)

2011-03-04 | 映画:シネコン

 コリン・ファース、アカデミー賞・主演男優賞おめでとう!

英国史上、
もっとも内気な王。

いやいや、アカデミー賞ということで、満席に近い状態でした。受賞効果は本当に凄いもんです。主演は「シングルマン」でも高い評価を得た、コリン・ファースさん。見た感じはそんなに派手な役者さんではありませんが。演技力は一級ものです。
流石という感じです。

そして脇を固める2人、ジョージ6世の奥さま・エリザベス役のヘレナ・ボナム=カーター。ここ最近は結構個性的なキャラが多いのですが、今回はいたってシンプル。でも流石な演技で、光っておりました。

そしてこの人、ライオネル・ローグ役の、ジェフリー・ラッシュさん。パイレーツ・オブ・カリビアンの海賊バルボッサ役でお馴染の方、彼も素晴らしい演技!

王であろうと媚びることなく、ジョージに猛特訓するローグ役。
何となく一物あるそうなキャラだけど、、、、。こういう人物が必要だよね。

吃音で悩むジョージ6世、国民の前で演説をしなければならない環境だったが、大勢の人の前だと、書かれた文章さえしっかりと読めない。ジョージの表情も強張って何か痛々しく見える。そのことで拍車をかけてなお、吃音が酷くなります。

良いと聞けば、様々な言語聴覚士にあたり治療して来たが、未だに上手くいきません。妻エリザベスも一緒に奮闘してきたが。


王さまは大変です。そりゃ普通の者でも、こんな晴れがましい場所で喋れとい言われたら、ろれつが回らなくなりますよね。

プレッシャーに打ち勝つには自信をもたないとダメなんでしょうが。そういわれても緊張するのが人間の心理。


音楽を聴きながらの朗読実験。ジョージはこの奇妙な実験に対して違和感を感じるが、、、、。実はこの実験で驚くような結果が出たとはこの時知るよしもなかった。

ストーリー (MovieWalkerより拝借)

ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えていたため、英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男という華々しい生い立ちでありながら、人前に出ることを嫌う内気な性格となり、いつも自分に自信が持てないでいた。厳格な父はそんな息子を許さず、様々な式典のスピーチを容赦なく命じる。ジョージは妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)に付き添われて、何人もの言語聴覚士を訪ねるが一向に改善しない。ある日、エリザベスはスピーチ矯正の専門家・ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていく。ライオネルは、診察室では私たちは平等だと宣言、王太子を愛称で呼び、ヘビースモーカーのジョージに禁煙させる。さらに、大音量の音楽が流れるヘッドホンをつけ、シェイクスピアを朗読するという奇妙な実験を行うが、ジョージはこの治療は自分には合わないと告げ、足早に立ち去ってしまう。だがクリスマス放送のスピーチがまたしても失敗に終わったジョージは、ライオネルに渡された朗読の録音レコードを聞いて驚く。音楽で聞こえなかった自分の声が一度もつまることなく滑らかなのだ。再びライオネルを訪ねたジョージは、その日から彼の指導のもとユニークなレッスンに励むのだった。1936 年、ジョージ5世が亡くなり長男のエドワード8 世(ガイ・ピアース)が即位する。そんな中、かねてからアメリカ人で離婚暦のあるウォリス・シンプソンと交際していたエドワードが王位か恋かの選択を迫られる。彼は恋を選び、ジョージは望まぬ座に就くが、大切な王位継承評議会のスピーチで大失敗。だがジョージはライオネルの助けを借り、戴冠式のスピーチは成功に終わる。しかし、本当の王になるための真の試練はこれからだった。ヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦直前、不安に揺れる国民は王の言葉を待ち望んでいた。王は国民の心をひとつにするため、世紀のスピーチに挑む……。

1925年大英帝国博覧会閉会式で、ヨーク公アルバート王子はエリザベス妃の見守るうちに、父王ジョージ5世の代理として演説を行った。しかし、吃音症のためにさんざんな結果に終わり、聴衆も明らかに王子の演説に落胆してしまった。アルバート王子は「専門家」による治療を試すものの、結果は思わしくなかった。

ローグの治療は、一味違った。アルバート王子に対しても、愛称(バーティーとライオネル)を使い合うことを承知させ、くだけた環境を作り出して療法を始めようと提案する。これに対してアルバート王子は反発し、治療法そのものに納得しない。ローグは最新の録音機を使い、王子に自身の声を聞けない状態にし、シェークスピアの『ハムレット』の台詞をレコードに録音させる。王子はひどい録音になったと思い込み、また治療の見込みがなさそうなことに腹を立てて帰ろうとする。それならと、ローグは録音したばかりのレコードを王子に持って帰らせる。


ジョージ6世の父、ジョージ5世にはマイケル・ガンボン。

ラジオ中継で、国王は息子2人の息子の将来について心配していることを告げる。

 

ディヴィッド王子役には、ガイ・ピアーズ。
国王はデイヴィッド王子について次期国王として不適格だと考えていた。


弟であるアルバート王子が王族の責務をこなせるようにならねばならないことを強調し、常にきつく接していた。

1936年、国王ジョージ5世崩御。デイヴィッド王子が「エドワード8世」として国王に即位したが、、、、。アメリカ人で離婚歴があり、まだ2番目の夫と婚姻関係にあるウォリス・シンプソン夫人と結婚することを望んでいたので、王室に大きな問題が起こるのは明白だった。


当時の首相、チャーチルもディヴィッド王子の女性問題で頭を悩ましていた。

その年のクリスマス、城で行われたパーティで兄とシンプソン夫人の下品な姿を目のあたりにして、見かねたアルバート王子が兄王に離婚歴のある女性との結婚はできないことを指摘するが、そのことにキレたディヴィッドもアルバートの吃音問題を取りあげて、王位が欲しいのかと責める。関係は悪化、、、、。

結局、エドワード8世は、即位して1年も満たぬうちに退位し、アルバート王子が国王として即位することを余儀なくされた。アルバート王子は、この負担に大きな苦しみを感じることとなる。
益々プレッシャーは大きくなるのだ。


ジョージ6世の誕生だが、、、、。王位継承評議会での宣誓は散々なものとなった

再びローグを訪ね、指導を仰ぐことにしたのだが。

大司教の反対に遭遇。

大司教は、公の資格を持たないローグに対して反発。専門家の治療を受けるようにと要求し、ローグを国王から遠ざけようと試みるが。

ジョージ6世はそれまでにローグとの間に築き合ってきた信頼関係を一番とし、また彼自身も吃音症を克服しつつあることを自覚して、ローグを手放すことをせず、彼の治療方法を信頼することにするのだった。
彼の治療がジョージを勇気つけたというのも大きいだろうね。

歴史物は苦手ですが、これは意外に分かりやすかったかな。ローグとジョージのやり取りも結構面白くて、入りやすかった。何よりもコリン・ファース、ジェフリー・ラッシュの素晴らしい演技に感動。

解説(allcinemaより拝借)

「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポートで歴史的演説を成し遂げ、国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かう姿を描き出す。共演はジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター。監督は「くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-」のトム・フーパー。

 メアリー王妃 クレア・ブルーム

  ローグ夫人 ジェニファー・イ―リー

  チャーチル ティモシー・スポール

※タイトルの「スピーチ/speech」は演説という意味をもつと同時に、話し方、話しぶりという意味がある。そのため、映画の題は、「英国王の演説」それに「英国王の話し方」の2つの意味を表しているそうだ。(ウィキぺディアより)

メディア 映画
上映時間 118分
製作国 イギリス/オーストラリア
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2011/02/26
ジャンル ドラマ/伝記
映倫 G

 

オフィシャル・サイト
http://kingsspeech.gaga.ne.jp/
ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あっという間に3月に、、、、。... | TOP | 義兄弟(2010)▲▽SECRET REU... »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画の映像をネットに利用する場合… (流石埜魚水)
2011-03-05 08:47:47
お問い合わせ内容。映画の映像をネットに利用する場合…

突然のご質問をお許し下さい。映画の好きなブロガーです。私はブログやHPで映画の話題を載せています。時代劇から邦画洋画の話題作、古い懐かしの名画・・・とうとうさまざまです。その中で、映画の紹介のために公式サイトに掲載された映像や、上映中の作品ならば、映画ブログやサイトの映像をコピーして、自分のサイトに掲載しています。恐らくブログを発行している方は皆共通している行為だろうと想像します。東映や松竹等の配給会社の提供する写真や映像は、映画宣伝のため提供されているもので、映画のファンであり、いい映画を広く知ってもらうための普及に利用しているという軽い意識で利用させていただいてます。その裏には、少しも商業行為で利益に関係のないHPであり、これは著作権に抵触しない・・・という勝手な思い込みがあります。しかしこの写真、画像のコピーは、無断掲載、著作権に抵触する行為になるのでしょうか・・・?

私、現在、就職のためにWEBデザインを勉強しているものです。ホームページ製作練習のために、ある学校の講師の計らいで、映画のHPを「ドリームウィーバ」で製作して、面接先の会社にだけ閲覧できるようにあるサイトに掲載させてもらってます。しかしパスワードを付けて閲覧を限定、アドレスとバスワードを教えないと見れないように限定しています。こうした方法でも無断掲載、著作権に抵触する行為になるのでしょうか???

よろしければ、映像資料の個人のブログ・HPへの掲載が、著作権違反になるかどうか、参考見解をお答えいただけないでしょうか?
こちらにも^^ (ひろちゃん)
2011-03-08 13:47:10
コメトラありがとうございました!
アカデミー賞の作品賞にふさわしい作品
でしたよね^^
王室ものでしたが、わかりやすい内容で
最後まで飽きずに楽しめました♪
素直に面白かったです!

コリンのオスカーは納得でしたが、バルボッサ(笑)いえ、ジェフリーの演技も秀逸でした!

私だったらオスカー挙げます(笑)
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-09 20:50:05
不覚にも1時間近く、観賞中に爆睡
してしまいました(笑)
せっかく楽しみにしていたのに…
アカデミー賞を獲得する良質な
作品であることは感じました。
夫婦で見ることをお勧めしたいです。
私も見ました (きさ)
2011-03-13 07:42:41
面白かったですが、手堅い感じの作りでちょっと個人的にはわくわく感がもう少し欲しかったかな。

ジェフリー・ラッシュはうまいなあと思いますが、この映画では製作総指揮も手がけているんですね。
コリン・ファースの吃音演技もすごいです。
ヘレナ・ボナム=カーターは久々に普通の人の役ですね。
ガイ・ピアースは久々に見た気がします。離婚暦のある女性と結婚するために王位を退位するエドワード8世を演じています。
ティモシー・スポールのチャーチルが詳しい人によると話し方とかそっくりだそうですね。
Unknown (cochi)
2011-04-19 07:14:37
以外と渋いというのが、作品評価です。でもこの程度のユーモアとシリアス感と節度がちょうどぼくにはいいレベルです。戴冠式前と後では、作品の雰囲気が少し違ってきました。やはり国王という立場と、王族という立場では、当然違うんですね。イギリス映画は英語が綺麗ですので、僕のような者でも多少聞き取れ、耳がとても心地良く感じます。
cochiさん☆★ (mezzotint)
2011-04-20 00:43:15
今晩は☆彡
歴史物は苦手で、つい尻込みしてしまう
のですが、おっしゃるようにユーモアも
程よくあって観やすい作品でした。

王族のときのジョージは何だか自信なさそうな
いかにも臆病な感じだったけど、国王に治まる
と、自信の無さと威厳?っていうか、、、。
国王だぞ!ということを匂わす場面が
ちょこちょこ見え隠れしていましたね。
コリン・ファースの演技はさすがだななんて
思いました。
オスカー受賞 (sakurai)
2011-05-02 22:39:53
どーーれ、どんなもんかい・・と、結構身構えて行ったのですが、あっさりやられました。
よかったです。素直に感動しちゃった。
よく出来てましたね。
映画のような人生とでも言いましょうか、見事でした。
やはり役者のうまさが光ってましたね。
格が違いますわ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

34 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
英国王のスピーチ (LOVE Cinemas 調布)
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニ...
英国王のスピーチ (シネマDVD・映画情報館)
英国王のスピーチ 子供の頃から悩む吃音のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。型破りのセラピスト、ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、渾身の......
英国王のスピーチ (心のままに映画の風景)
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...
「英国王のスピーチ」 (Con Gas, Sin Hielo)
寛容の時代だからこそ耐えられた。 本作の勝因は、まずは物語だ。上に立つ人間だからこそ抱える苦悩を、吃音という分かりやすく且つ新鮮な媒介を通して真っ直ぐに描いた。 次に役者陣。C.ファースの実直さとJ.ラッシュの懐の深さの調和が素晴らしい。 だから、4部門と...
英国王のスピーチ (試写会) (風に吹かれて)
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何
英国王のスピーチ / The King's Speach (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックして ね ←please click   先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。
★英国王のスピーチ(2010)★ (CinemaCollection)
THEKING'SSPEECH英国史上、もっとも内気な王。映時間118分製作国イギリス/オーストラリア公開情報劇場公開(ギャガ)初公開年月2011/02/26ジャンルドラマ/伝記映倫G【解説】「ブリジット・ジ...
No.243 英国王のスピーチ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
英国王のスピーチ (Akira's VOICE)
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
「英国王のスピーチ」は怪演と怪優たちが生... (映画と出会う・世界が変わる)
最近はすっかり怪容貌コスプレ女優となってしまったヘレナ・ボナム=カーターが、今回はごく普通のメイクと衣装で登場しているではないか。彼女をはじめとしてこの作品の出演者たち...
英国王のスピーチ (★ Shaberiba )
83回アカデミー賞作品賞を含む主要4部門の受賞作品
『英国王のスピーチ』:風格感じる人間ドラマ、アカデミー賞も当然 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
これはズルイ映画である。 王様という雲の上の(ような)ひとを弱点のある人間としてして描いていて、その弱点を克服していくのが主題であるのだから。
■映画『英国王のスピーチ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
スピーチこそが (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で 王...
英国王のスピーチ (にき☆ろぐ)
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
『英国王のスピーチ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...
英国王のスピーチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...
英国王のスピーチ(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 今日は旦那が仕事帰りに『マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』を見に行くので夕飯の用意しなくていいんで.+゜*。(o´∇`*)のほほん.+゜*。:゜+ と ...
『英国王のスピーチ』 (beatitude)
アカデミー賞、取りましたね無愛想なMr.ダーシーをやっても、ゲイの大学教授ジョージをやっても吃音の王をやってもイギリスを背負って立ってるようなコリン・ファース。カッコイイなぁ~ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えてい....
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
「英国王のスピーチ」 友が聞いている (はらやんの映画徒然草)
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い
英国王のスピーチ (だらだら無気力ブログ)
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的...
『英国王のスピーチ』 (pure breath★マリーの映画館)
          英国史上、もっとも内気な王  『英国王のスピーチ』 監督・・・トム・フーパー 出演・・・コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリ...
英国王のスピーチ (Art-Millー2)
実話に基づく物語となれば、歴史の裏舞台を見ているようで、妙に感慨深いもの。演説上手なヒットラーを向こうに回して、国民を奮い立たせるスピーチをするところは感動ものでした。やはりイギリスだね。王室を題材にしてもウイット感覚が生きている。 《英国王のスピ...
国民に告ぐ (宇宙のめいぐると)
「英国王のスピーチ」
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
英国王のスピーチ (迷宮映画館)
さすがの俳優たちの素晴らしい妙を、たっぷり堪能しました。素晴らしかったです。
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
史劇を愉しむ~第19章「英国王のスピーチ」 The King's Speech(2010 ワインスタイン・カンパニー) (事務職員へのこの1冊)
第18章「蒼き狼」はこちら。 皇室の万世一系ってのもかなり疑わしいが、イギリスの
「英国王のスピーチ」 (或る日の出来事)
ううむ…ソツがない。
【映画】英国王のスピーチ…前回に引き続きダン・シモンズの話を書いて見た (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そういえば、先日2012年6月27日(水曜日)は、職場(というか会社)の食事会でした。 お店は某食べ放題のお店…以前行った時よりなんか味が良くなっていたような気がします 以下は映画観賞記録。もうすぐ2011年分終了。 「英国王のスピーチ」 (監督:トム・フーパ...