銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

127時間(2010)◆◇127 Hours

2011-06-20 | 映画:シネコン

            自分のミスは自分で片付ける、、、、? でもこれって苛酷過ぎるなあ。

パソコン教室の食事会の後、東宝シネマズ二条へ・・・・。

公開を心待ちにしていた作品です。主演のジェームズ・フランコ君、私的には好きな俳優さんで、しかもアウトドアものという事で興味深々。そしてそして監督はスラムドッグのダニー・ボイルさん。いやいやこんなに観たい度が色々揃っている作品なんてそうそうありません。

以前は山登りに高じて、いろんな山に行っていた私。主人公ア―ロンのような単独行動はほとんどしたことはありませんが。ア―ロンのような単独でこういう難関?ことに勝負をかけるって人、結構いるんですよね。

それしても、これは誰が見たってNG!行先を家族や知り合いに伝えない、しかも連絡する携帯電話等の所持品はない。(あの場所では圏外かもしれないので何とも言えませんが)

そしてどんな場合も装備!食料に飲料水も少し多めに、シュラフ(防寒用)、、、、、。

ア―ロンも失敗だと言ってましたが。。。。本当に大失敗の巻でした。

いくらタフなヒーローでも、いつ何処かで何が起こるかなんて想像できません。なんてえらそうなこといっぱい書いてしまいました。お許しあれ

後悔しても仕方ない。いかに起こったアクシデントに立ち向かうか?言うのは簡単。

しかしそれは想像を絶するようなものだった。

そんなア―ロンの5日間と7時間の格闘を描いたのが本作です。

冒頭はアップテンポな音楽に乗せて映像がいくつも切り替わり、何とも楽しい雰囲気です。リズム感たっぷり。
ア―ロンが仕事を終えて週末に大好きなクライミングへ出発する。準備万端!

  
タフなヒーロー、ア―ロンは慣れ親しんでいるブルージョン・キャニオンへ。

 
途中、若い2人の女性に出会い、ガイドをしたり、そんな彼の表情は自信に充ち溢れている。

ほどなく2人と別れ、再び単独で冒険。

ところが予期せぬことが、、、、。

 
この瞬間、落石に遭遇。そして何と、、、、。右手を岩に挟まれてしまいます。身動きできない(汗)

助けを求めようにも、周囲何kmにわたって誰もいない状態で、この日アーロンがここに来ていることを誰も知らず、捜索隊が来る可能性もゼロ。

ここからア―ロンの独りでの葛藤が始まります。回想シーンでは、何人かの登場人物もありますが、ほとんどア―ロン役のジェームズ・フランコ一人だけでお話は進んでいきます。

今までの経験や知識を活かして何とか岩を取り除こうと試みますが、まったく動きません。飲料水もだんだん残り僅かに。。。

  極限状態に陥るア―ロン。

気がおかしくなり、叫んだりする場面も、、、。でもここでパニックになってはと、冷静に戻る。ビデオをまわし、もしかの場合にメッセージを残さなければと。

様々な思い出が蘇る。家族のこと、恋人とのこと、、、、。

 

 突然雨が降り、谷底は水に溢れる。その勢いで体が自由になる?そんな妄想に駆られたり。父と出かけたキャニオンの事、母とのやりとり、妹の結婚、、、、。

 

苛酷な現実から逃れたいという思いに駆られながら。ジェームズ君の苦しいアップが映しだされます。彼の演技が映えますね。

ダニー・ボイル監督の演出も凄いですね。苛酷で辛い作品ですが、暗さを全面的に出さず、明るさもあります。

 

飲まず食わず状態。水が無くなると何と自分のおしっこで口を潤すことにしますが、、、、。吐きそうな状態で無理に飲み干していましたね。
わあ~辛そうです。

やっぱり尿の味だとつぶやいていました。

 人間は5日間くらい飲まず食わずだとやはり、死に至るということのようですが。意識も朦朧となって行くア―ロンの姿に思わず頑張って!なんて声をかけたくなりましたね。

生きたいという強い思いがある決断を下す事になる。それはまさに生きるか死ぬか?の驚くような決断でした。

痛いよ!目をそむけてしまう(涙)皆さん、ご存じだと思いますので、詳しくは語りませんが。

あらすじ(allcinemaより)

ある日、27歳の青年アーロンは一人でロッククライミングを楽しむため、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かった。美しい景観の中で様々な遊びに興じて大自然を満喫するアーロン。ところが、ふとしたアクシデントから、大きな落石に右腕を挟まれ、谷底で身動きがとれなくなってしまう。そこは誰も寄りつかない荒野の真ん中。おまけに彼は行き先を誰にも告げずに出てきてしまった。絶望的な状況と自覚しながらも冷静さを失わず、ここから抜け出す方法を懸命に模索するアーロン。しかし無情にも時間ばかりが過ぎていき、彼の強靱な体力と精神力もいよいよ限界を迎えようとしていた。

メディア 映画
上映時間 94分
製作国 アメリカ/イギリス
公開情報 劇場公開(FOX=ギャガ)
初公開年月 2011/06/18
ジャンル ドラマ/サスペンス/アドベンチャー
映倫 G

  

解説(allcinemaより)

 アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル・ヒューマン・ストーリー。誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない絶体絶命の窮地に陥った青年が、肉体と精神の極限からいかにして生還を果たしたかを、主人公の心の軌跡とともにリアルかつエモーショナルに綴ってゆく。主演は「スパイダーマン」シリーズ、「スモーキング・ハイ」のジェームズ・フランコ。

                
ア―ロン・ラルストン、事故現場で、、、、。         ア―ロン・ラルストン本人です。

彼は今も登山家として活躍中。

オフィシャル・サイト
http://127movie.gaga.ne.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.127hoursmovie.com/ (英語)

※ ジェームズ・フランコ、好感度アップ 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (20)   Trackbacks (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しみのミルク(2008)■□LA... | TOP | ロシアン・ルーレット(2010... »
最近の画像もっと見る

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-06-20 01:28:44
あのシーンは私は歯を食いしばって手を強く握り締めちゃいました。私がそんなことしてもしゃーないのですけど(笑)
でもそれだけジェームズ・フランコがアーロンという人間の心情、いやアーロンそのものを見事に演じきっていました。
ボイル監督の相変わらず素晴らしい映像センスに音楽センスは脱帽です^^
お久しぶりです ()
2011-06-20 06:44:10
自分も観てきました。
いやぁ、序盤の楽しい雰囲気と後半の過酷さのギャップが激しかったですね。
でも、生き抜くってことの、人間のたくましさを感じる映画でした。
正直、エグイシーンはありましたが・・・
あのシーン、、、。 (mezzotint)
2011-06-20 21:05:34
KLYさん

凄かったですね。思わず、観ている私たちまで、食いしばってしまいますよね。

ジェームズ・フランコ、素晴らしい演技でした。監督がおっしゃるには、彼は非常に
頭の良い人らしいです。
亮さん★☆ (mezzotint)
2011-06-20 21:08:55
ご無沙汰です。
おぉ~ご覧になられたんですね。
そう最初の方はあんなにリズム感があって
楽しい感じだったのですが、、、、。
後半はとても辛かった(涙)
でもあの方法しか助かる方法はなかったんでしょうね。
前を向こう (クラム)
2011-06-21 01:02:59
冒頭の躍動感と、過酷な状況に置かれながら暗さに覆われない雰囲気は
ある意味つながっているのでしょうね。
アーロン本人も、J.フランコとタイプは違いますが、
明るく快活そうな感じが伝わってきます。
クラムさん☆★ (mezzotint)
2011-06-24 23:59:15
勇気をもらいました!
この映画を観て、また山に行きたいと
思いました。昨年の暮れに1000m弱の
山に登ったんですが、息が切れて・・・・。
やはり続けないとだめです。

体力に精神力が要りますね。
ア―ロンを見習わないといけないなあ
とつくづく思いました。
山岳モノ。 (BC)
2011-06-25 00:38:17
mezzotintさん、こんばんは。

この作品、映画ブロガーさん達の間で話題になっているようですね☆
山岳モノなので観応えはありそうですね。

ミニシアターは会員になっていると連日割引が効くけど
シネコン映画はポイント貯まっていない時は
前売り買っていないと正規料金払わないといけないのでキツイから
サービスディに時間の都合が合えば観に行こうかな?
是非! (mezzotint)
2011-06-25 01:03:52
BCさん

今晩は☆彡
是非観て下さい。
主役を演じたジェームズ・フランコ、素晴らしい演技でした!
もちろんダニー・ボイル監督の演出に
つきますが・・・。
実話だけにちょっと驚きもあります。
準備万端 (sakurai)
2011-06-25 12:12:44
今まできっと、何事もなく、大きな事故にも遭遇せず、無事に帰ってきてたんでしょうね。
それが普通の山登りとか、アウトドアの冒険だと思うんですが。
やはり、こういうのは準備に準備を重ね、周到なものが必要なんだと言うことを、それこそ身をもって知ったというか・・・。
とにかくフランコ君の熱演に、力が入ってしまって、疲れた映画でした・・。
sakuraiさん☆★ (mezzotint)
2011-06-26 22:08:04
自然は一変して凶器にもなりますからね。
この場合は主人公の落石が災いですが、
でもこれも明らかに自然の怖さの一つ。

行先を告げていれば、ここまでの選択を
する必要はなかったんだけれど、、、。
それも自分のミスだし、仕方ないかなと
思います。でもその大変な状況を、自分で
解決するという姿勢には、山岳家の覚悟
みたいなものを感じましたです。

そしてその役をあのように見事に演じた
フランコ君に、私は惚れちゃいました(笑)
原作本 (ノルウェーまだ~む)
2011-06-27 08:18:45
こんばんは☆
TBありがとうござました。
たまたま昨日HMVで原作本を手にとって見たところです。
ご本人のその瞬間の写真など載っていました。
赤いTシャツを着ていると、ジェームズ君はそっくりです。よく研究しているな~と感心しちゃいました。
写真は挟まった腕、自分と腕、そして切って残された腕のみ・・・
きり終えてなお、写真に残そうとするその精神力に脱帽でした。
まだ~むさん♪ (mezzotint)
2011-06-27 13:01:31
原作本、ご覧になられたんですね。
その瞬間の写真も載っているとは、、、。

そうですか切り取った腕まで載せる。
本当に凄い事ですね。
並大抵の精神力ではないですわ。
Unknown (Nakaji)
2011-07-07 15:23:03
こんにちは♪

本当に痛くて痛くて見れなかったです。。。
フランコ君の演技もすごかったですね。
もーーー見終わった時に本当に疲れました(笑)
Nakajiさん☆★ (mezzotint)
2011-07-09 21:59:44
今晩は☆彡

わあ~疲れましたか!
一体どうなるのか?ハラハラもんでしたし。
それだけで疲れるかもしれませんね。
 (とらねこ)
2011-07-12 01:38:05
mezzotintさん、こんばんは。
わあ、なんかこの回のmezzotintさんの感想、とても良かったです。
いつものように映画のあらすじが書いてあるのではなく、自分の感想が書いてあって。面白く読めました。
とらねこさん♪ (mezzotint)
2011-07-12 07:19:31
おはようございます!
わあ~!ありがとうございます。
感想書くのが苦手(汗)なもんで、、、。
ついレビューのみみたいな感じになります。

本作はかなり思い入れがあって・・・。
アウトドアにジェームズ君なのでかなり
力を入れて書きました。それが良かった
んですね。
きっとこんなに思える作品にこれからも
出会えると良いのですが(笑)
こんばんは^^ (ヒロ之)
2012-01-07 00:50:41
夜分遅くにすみません。
レンタル開始されたので観ました!

フランコの演技に魅せられ、90分間の展開に釘付けでありました。

主人公の辛さ、後悔、苦痛などがひしひしと伝わって来て、観ている私も疲れるお話でしたが、脱出した後の救出シーンからの流れは本当に心の底から感動出来るものでありました。

評判通りの素晴らしい出来で満足です^^
ヒロ之さん☆★ (mezzotint)
2012-01-08 00:00:10
今晩は☆彡

コメントのお返しが遅くなりました!

おぉ~レンタル開始されたんですね。
私ももう一度観ようかな?
フランコ君上手かったですよね。ほぼ一人芝居
ですから、彼の演技一つでどうなるかです。

ボイル監督の演出もやはり良かったし、、、。
このコラボは成功でした。
満足されて良かった♪
Unknown (せつら)
2012-01-25 11:04:56
初めまして、TBが受け付けなかったようで申し訳ありませ
んでした。
スパム対策のキーワードで引っかかったのかもしれません
一応解除したので大丈夫だと思います。

こういう実話を元にしたパニック作品を見るとほんと怖いですね
この事例にしても結局助かるには自分でうでを切らないと
いけなかったわけだし、あの状態で上に出られても偶然
人に出会えたから助かったかもしれないし、やはり
行き先は残しておかないとだめですね
せつらさん♪ (mezzotint)
2012-01-25 11:46:29
再度TBさせて頂きました。
上手くいったようです!!

色々とすみませんでした。
私も以前登山をしていました。
特に単独登山はかなりリスクが
あり、余程周到な準備をしておかないと
何が起こるかは分かりません。
基本行先は家族や知り合いには教えておかない
とね。携帯はあの場合繋がるかどうか?
はちょっと分かりませんが・・・。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

34 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
127時間 (LOVE Cinemas 調布)
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
127時間 / 127HOURS  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後…」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...
映画:「127時間」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月20日(月)/。 映画:「127時間」。 【監督・脚本】 ダニー・ボイル 【原   作】 アーロン・ラルストン 【脚   本】 サイモン・ボーフォイ 【撮   影】 アンソニー・トッド=マントル、エンリケ・シャディアック 【音   楽】 A...
「127時間」 (Con Gas, Sin Hielo)
今までの君は間違いじゃない。 究極の選択により奇跡の生還と聞けば、だいたい展開は分かろうもの。見どころは、主人公の感情の移り変わりとその演出だった。 落石に腕を挟まれるまでの元気が過ぎるほどのアーロンと、一転して表情や口調といった細かい部分に注目が集....
127時間 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月20日(火) 18:45~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『127時間』公式サイト 崖の隙間で岩に手を挟まれ動けなくなった男。 まるで「オープン・ウォーター」や「フローズン」のような設定だが、...
127時間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミング...
劇場鑑賞「127時間」 (日々“是”精進! ver.A)
“生”への執着 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106210004/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.14 Interscope Records (2010-11-22) 売り上げランキング: 5724 Amazon.co.jp で詳細...
127時間 (心のままに映画の風景)
自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫するアーロンだったが、ふ...
127時間 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞 ...
127時間 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:127 HOURS) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第83回アカデミー賞、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・歌曲賞・編集賞の6部門ノミネート。 第68回ゴールデングローブ賞、男優賞・脚本賞・音楽賞の3部門ノミネート。 第64回英国ア...
ダニー・ボイル監督『127時間』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。原作はアルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした「127時間」。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル。主演
127時間 えっ?これって実話っ? (労組書記長社労士のブログ)
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる~~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げ...
127時間 (試写会) (風に吹かれて)
生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア
「127時間」 127 Hours (2010 FOXサーチライト) (事務職員へのこの1冊)
トレッキング(というかケイビングに近い)の最中に岩の裂け目から落下し、同時に腕を
127時間 (迷宮映画館)
フランコ君に尽きます!
「127hours」(邦題 127時間)精神力との戦い (ノルウェー暮らし・イン・London)
精神力との戦いである。 実際に体験したアーロン・ラルストンは当然ながら、主役のジェームス・フランコ、そして見ている観客がまず精神力を試される。 はたして最後まで見届けられるか・・・・?
■映画『127時間』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などという、海外の前評判を聞いていたので、どんな残酷な作品かと思っていたのです。 しかし...
身動き取れぬ 127時間 (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時間 この ある種の限定空間の中で話は進んでいくのですが 流石 オスカ....
『127時間』 (だらだら無気力ブログ)
アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない 絶体絶命の...
127時間 (映画的・絵画的・音楽的)
 『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。  物語の主人公は、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたア...
127時間 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
127時間'10:米、イギリス◆原題:127 Hours◆監督:ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」◆出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプ ...
127時間 127HOURS (まてぃの徒然映画+雑記)
冒険家の実話を『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が映画化! いつもアウトドアを楽しんでいるアーロン(ジェームズ・フランコ)は、金曜日の夜いつものようにMTBをSUVの屋根に乗せて、ブルー・ジョン・キャニオンを目指す。車...
127時間 #44 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:127 hours 監督:ダニー・ボイル 製作:クリスチャン・コルソン、ダニー・ボイル、ジョン・スミッソン 製作総指揮:バーナード・ベリュー、ジョン・J・ケリー、フランソワ・イベルネル、キャメロン・マクラッケン、リサ・マリア・ファルコー...
生きることをあきらめない~『127時間』 (真紅のthinkingdays)
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
僕と岩の7,620分間 (宇宙のめいぐると)
「127時間」
「127時間」 自分と向きあった127時間 (はらやんの映画徒然草)
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ
『127時間』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
127時間 (銀幕大帝α)
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン...
『127時間』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:94分  原題:127 Hours  配給:20世紀フォックス  監督:ダニー・ボイル  主演:ジェームズ・フランコ      ケイト・マーラ      アンバ...
ダニー・ボイル監督 「127時間」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、主演ジェームズ・フランコで映画化し、昨年2011年度アカデミー賞作品賞と主演男優賞にノミネートされた作品 ブルーレイで鑑賞 オフィシャルサイト⇒http://movies2.foxjapan.com/127hours/ 【あら...
127時間 (いやいやえん)
「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人でもホイホイ行けちゃうアウトドア好きな人はとくに要注意な本作...
【映画】127時間…蛇足を排除してヤッツケてみる(6)蛇足はイキ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月2日(日曜日)は、ブログ書いてる時間以外、寝っぱなしの一日でした で、本日二回目の投稿。 本当は「ダークナイト・ライジング」と「アベンジャーズ」の映画観賞記録をそろそろアップしたいのですが、全く纏まっていなかったりして ということで、本日は....
映画評「127時間」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年イギリス=アメリカ合作映画 監督ダニー・ボイル ネタバレあり
「127時間」 (或る日の出来事)
あきらめるな!