銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

トンマッコルへようこそ♪観て良かった!

2006-11-10 | 映画:シネコン


心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当にいい映画でした。
トンマッコルとは→“子供のように純粋な”という意味だそうです

2005年、韓国で、観客に最も愛された映画。800万人が泣いて笑った
韓国映画界で、数々のハリウッド大作を抜いて興行収入NO.1の座にいた素晴らしい映画この村の人々は自然とともに暮らし、畑を耕し、食べ物を分かちあい、人々が笑顔を絶やすことなく暮らしている村・・・・。そこへ三組の兵士が偶然鉢合わせたようにやって来ます。心も体も疲れきった兵士たちが、村の人々との交流を通じて心の絆を取り戻していく姿を笑いと涙そしてファンタジータッチで描き上げたヒューマンエンタテイメントまた韓国のアイドルスターが誰一人出演していないというにも関わらず、この映画の面白さが口コミで広がったそうです。

1951年代、朝鮮戦争の最中、偶然に連合軍・韓国軍・人民軍の3組の兵士達が、この世のユートピア“トンマッコル”に迷い込む敵意むき出しで睨み合う彼らに、憎しみ合うことのバカバカしさを教えたのは、トンマッコルの住民たちいつしか村民たちとを唄い、一緒にジャガイモの収穫、気分転換に草(葦)で作ったそりで草原を滑る祭りで大いに騒ぎ、人間本来の心豊かな生活を送っているうちに、大切な絆や心を取り戻す6人の兵士たち、やがてこのトンマッコルにも危機が兵士たちは村と村民を守るために力を合わせて立ち向かう

原作は韓国の三谷幸喜と呼ばれている人気劇作家チャン・ジンの舞台劇。この作品をCM監督として国際的な賞を受賞した新鋭パク・ヴァンヒョンが本作で本格的にデビューしたそして韓国の大韓民国映画大賞で監督賞・新人監督賞をダブルで受賞そして音楽は日本の久石譲

話題満載の「トンマッコルへようこそ」、絶対お薦めですでのラストも・・・・。感動的ですそして村の娘ヨイルと少年兵ソ・テッキのも可愛くて、ちょっと切ない・・・。

村民をはさんで・・・にらみ合い


トンマッコルにやって来た6人のお客

 公式サイト  トンマッコルへようこそ

 


 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (11)   Trackbacks (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木更津キャッツアイ★ワールドシ... | TOP | やわらかい生活(~_~)寺島しのぶ... »
最近の画像もっと見る

11 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
終盤から結末までの心に残る物語展開は印象に残りました (たろ)
2006-11-10 10:59:38
お早うございます。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。

この作品の、シリアスとユーモアを織り交ぜた仕上りは中々見応えがあり、特に、終盤から結末までの心に残る物語展開が印象に残りました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2006-11-10 11:26:05
TBありがとうございました!
あたしも、見て良かった!と思いました。
ほんと、良い映画でしたねぇ。
Unknown (Ageha)
2006-11-10 16:58:10
コメントありがとうございました。
どうも最近、こちらから送信できるとこからはNGで
向こうから送ってくださった方への返信が
なんでできないね~んというおかしな状態になって
ご迷惑おかけしてます。

またお暇なときに遊びに来てくださいませ。
よろしくです~♪

で、肝心の本題ですが
韓国映画特有の残酷さもあるにはあったんですが
戦争の悲惨さから目をそむけないためには
これは仕方なかったかなと。
幾分偏見を持ってる韓国映画なんですが
この作品は感動ものでした。
TBありがとうございます。 (shamon)
2006-11-10 17:47:14
はじめまして~。

私、韓流はできるだけ敬遠しているんですが、
この映画はとても気に入りました^^。

女の子のアップの顔が

ナイナイの岡○

にそっくりなのを除けば^^;。
こんばんは♪ (ミチ)
2006-11-10 23:42:44
mezzotintさんもご覧になったのね!
良かったですよね、この映画。
上の画像にもありますが、村人を挟んでにらみ合い・・・のシーンで、だんだんうつらうつらして来るのが面白かったです。
村人たちは台の上に乗ったままでわけもわからずお口ポカーン状態で(笑)
ほんのりした笑いが満ち溢れて、韓国映画の中ではお気に入りです。
TBありがとうございました (sakurai)
2006-11-11 15:53:14
日本人がきゃーきゃー言ってるようなスターは居なかったですが、私目一押しのシン・ハギュンが彼らしく出ていたので、大満足でした。
現実と理想郷の世界、この対比も上手でしたが、やはり現実は厳しいです。
この後、記録が塗り替えられて、「グエムル」がいまんところ興行成績一番だそうなのですが、なんかねえ~。
悲しい可笑しい (現象)
2006-11-12 20:03:07
さきほどは「やわらかい生活」にTBいただきありがとうございました。
そのRTBとこちら「トンマッコル~」にTBさせていただこうと思ったのですが、
「やわらかい生活」のほうには反映させることができませんでした。
なんでだろ…どうもスミマセン。

CM出身というだけあって、映像が洗練させているように感じました。
韓国では興行1位だったんですか。
それも頷けますね。
こんにちは (charlotte)
2006-11-14 10:47:19
特に韓国映画…と意識しないで見てこれました。
ジブリに似ているというせいもあるかもしれません。
笑えて、泣けて、色々考えて・・・
こういう映画らしい映画はヒットするのもやはり私もうなずけます。
こんばんは! (hyoutan2005)
2006-11-20 17:35:55
笑って、泣いて。
心に然りと受け止められるメッセージも残してくれた良い映画でした。
期待が大きすぎたみたい (Yu-)
2006-11-23 09:26:54
mezzotintさん、こんにちは。
TBありがとうございました。
やっと映画館の上映に間に合いました。私も「手紙」も見たいし、他にも見たい作品がいっぱいで作品選びに迷いました。
私は期待が大きすぎたみたいです。
TBありがとうございました! (カツミアオイ)
2006-11-26 00:50:55
 脚本家さん、そんなに実力ある人なんですか~。
 でも、字幕で楽しめたということは、訳も良かったんですね。
 きちんと笑える(そして泣ける)コメディは、日本映画でもハリウッドでも貴重なので、これから伸びて欲しいです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

84 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
『トンマッコルへようこそ』 (ラムの大通り)
※傑作『まぼろしの市街戦』オリジナルポスター。 最初はこの映画に似ていると聞いていましたが……。 ----トンマッコルって韓国の地名なの? あまり聞いたことないけど……。 「うん。これは架空の村で、 韓国語で“子どものように純粋な村”という意味。 舞台 ...
試写会鑑賞 ヤクルトホールにて ~ パク・クァンヒョン 「 トンマッコルへようこそ 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 晴れの木曜日です。 今日は、昨日 一足先に ヤクルトホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、パク・クァンヒョン氏の新作映画について。 『 トンマッコルへようこそ ( WELCOME TO DONGMAKGOL ) 』 ( ‘05年 韓国 ) 《 ...
トンマッコルへようこそ 06年211本目 (猫姫じゃ)
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高が ...
トンマッコルへようこそ/チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン (カノンな日々)
今年、大々々本命にしていた韓国映画で、DVDも試写会も見向きもせずにこの日を待ってました。ジブリの実写版なんていう評判も耳にしたけど、久石護さんのすばらしい音楽によるところも大きいですよね。 +++ちょいあらすじ
「トンマッコルへようこそ」感想と、久石譲のサウンドトラック (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「トンマッコルへようこそ」遂に見ました!随分長いこと待ちました。 一言で感想を言えば、後半まで5つ☆、最後の方でちょっと、なんとなく後味が良くなくて、☆が下がって4つ☆~半の間という感じでしょうか。やっぱり想
映画 「トンマッコルへようこそ」 (ようこそMr.G)
映画 「トンマッコルへようこそ」 を観ました。 ユートピアを思わせる山の村、トンマッコルにて偶然居合わせた 敵対する3組の兵士たちの物語。 この設定は今年初めの 「ククーシュカ ラップランドの妖精 」という 作品に似ています。こちらは一組 ...
トンマッコルへようこそ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Welcome to Dongmakgol”原作戯曲・脚本=チャン・ジン。監督・共同脚本=パク・クァンヒョン。音楽=久石譲。 1950年の朝鮮戦争下、トンマッコル(意味は「子供にように純粋な」)という架空の村を舞台にしたファンタジー仕立ての寓話劇。☆☆☆☆★
戦争の愚かさを描いた秀作映画。『トンマッコルへようこそ』 (水曜日のシネマ日記)
1950年代の朝鮮戦争中、韓国側にある「トンマッコル」という山中の小さな村を舞台に描かれた物語です。
トンマッコルへようこそ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  笑顔が一番 つよいのです。           評価:★8点(満点10点) 2005年 132min 監督:パク・クァンヒョン 主演:シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘギョン 【あらすじ】1950年代の韓国 ...
『トンマッコルへようこそ』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『トンマッコルへようこそ』鑑賞レビュー! 笑顔が一番つよいのです....。 トンマッコル、子どものように純粋な村 人々が自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず 暮らすこの村で偶然鉢合わせをした 3組の敵対する兵士たち 彼らが村人との交流を ...
イノセントワールド~「トンマッコルへようこそ」~ (ペパーミントの魔術師)
26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村。 1950年代の朝鮮戦争を舞台に 迷い込んだ兵士たちが人種・国籍に関係なく 笑顔で一つ ...
『 トンマッコルへようこそ 』 (My Style)
『 トンマッコルへようこそ 』を観た。 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。 その名はトンマッコル。 そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、 それに敵対する人民軍の3人がやって ...
トンマッコルへようこそ・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スタジオジブリ的アニメ風実写映画。 人里はなれた山中に、誰も知らない理想郷があるという物語や伝説は多い。 古くは陶淵明の「桃花源記」の中の桃源郷、近代ではヒルトンの「失われた地平線」のシャングリラなどがその代表だ
「トンマッコルへようこそ」(ネタバレ) (ひねもすのたりの日々)
夜空に星、地には花、人々は笑顔。争いのない幸せな村、トンマッコル。ある日そこへ、
トンマッコルへようこそ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
江原道の山の奥深く、神秘的な森のはずれに、その村はありました。トンマッコル、“子どものように純粋な村”の意味を持つ村。そこでは、おおらかな心を持つ村人たちが、人望厚い村長(チョン・ジェジン)のもと、のんびりと自給自足の生活を営んでいます。そんな ...
トンマッコルへようこそ (そーれりぽーと)
東京国際映画祭の影響か、今週封切作品は大粒揃い。ロードショー当日は何を観ようか考えていたら、全くノーマークだった『トンマッコルへようこそ』をおすぎがテレビコマーシャルで大絶賛していたので、昨晩のうちにレイトショーに予約しておいて、さっき観てきま ...
トンマッコルへようこそ (カフェ☆小悪魔)
笑顔が一番つよいのです。入村する◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆争いを知らない村『トンマッコル』に迷い込んだ南軍兵士。しかし、そこへ敵対する北軍兵士がヨイルに導かれ入村する。彼らは村人を真ん中に挟んでにらみ合いを始める。 ...
映画~トンマッコルへようこそ (きららのきらきら生活)
 「トンマッコルへようこそ」公式サイト期待の韓国映画その1、やっと試写会当たった♪うれしぃぃ☆ 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村、トンマッコルが山奥にあった。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、 ...
トンマッコルへようこそ (ネタバレ映画館)
でかいイノシシにはスローモーションがよく似合う。
【トンマッコルへようこそ】 (NAO-C☆シネマ日記)
『トンマッコル』 ・・・ 子供のように純粋な村 <<若干ネタバレあり>> 連合軍・人民軍・韓国軍と3組の兵士がこの「トンマッコル村」へやって来た。 特に人民軍と韓国軍は互いに睨み合い銃を向け合う。 そんな戦いの緊張感を緩めてくれるのが、この村の人 ...
トンマッコルへようこそ (ENTERTAINMENT)
「トンマッコルへようこそ」観てきました。 シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジュン 「800万人が笑って泣いた、感動のエンタテインメント」の宣伝通り、 前半は笑い、後半は本当に涙涙涙です。 戦争の悲惨さが表現されつつ、ファンタジーの ...
06-51 トンマッコルへようこそ (奇跡の人の映画部屋)
鑑賞日 10月29日 感 想  韓国で800万人が笑って泣いた!ナンバー1ヒット!!との触れ込みの映画ですが、
トンマッコルへようこそ(10/29鑑賞) (京ポンで今日もゆく~)
韓国映画トンマッコルへようこそを観て来ました。 とても良かったです。結末は悲しかったけど…。 出てくる役者さん、皆いい味だしてましたねぇ。 お勧めだお^o^ [監]パク・クァンヒョン  [出]シン・ハギュン/チョン・ジェヨン/カン・ヘジョン他 [おはな ...
トンマッコルへようこそ (とりあえず、コメントです)
さすがは昨年韓国内で興収No.1になった映画です。 厳しく辛い中にも笑いと歓びがあってちょっとファンタジーっぽい、心に残る作品でした! 1950年。朝鮮半島が二分して戦争を行なっている時のこと。 外の世界とはかけ離れて自給自足で生活している“トンマッコ ...
「トンマッコルへようこそ」 (てんびんthe LIFE)
「トンマッコルへようこそ」ヤマハホールで鑑賞 韓国では珍しいファンタジー作品だそうです。真夏のGTFでの試写会からすこぶる前評判のいい作品。あまりに期待していたらなかなか当たらなくてやっと今日みてきました。基本は朝鮮南北戦争。よくわからないけれど ...
感想/トンマッコルへようこそ(試写) (APRIL FOOLS)
話題の韓国映画『トンマッコルへようこそ』10月28日公開。朝鮮戦争のさなか、"子供のように純粋な"という意をもつ村「トンマッコル」にバラバラと迷い込んだ6人の兵士。連合軍米人、韓国軍(南)と人民軍(北)の兵士、と敵対関係にある彼らだったけど、文明や争 ...
★「トンマッコルへようこそ」 (ひらりん的映画ブログ)
韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。
涙、涙・・・ (YOU-kiss)
久しぶりに先行試写会に行って来ました。 その名も『トンマッコルへようこそ』。 キャッチコピーは“800万人が笑って泣いた、感動のエンターテイメント”。 う゛ーん。。。 この手のコピーの韓国映画で時間を無駄にしたこと、たぁくさんありま ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「トンマッコルへようこそ」 架空のユートピア“トンマッコル”を舞台に、敵対する兵士たちが癒されていく姿を描く。 “トンマッコル”は“子供みたいに純粋”という意味。1950年代、その地上の楽園みたいな村に迷い込んできた米軍、韓国軍、北朝鮮軍 ...
トンマッコルへようこそ (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 yahooのオンライン試写会が当たって「トンマッコルへようこそ」の記事をずっと書いていませんでした。忘れてたわけじゃないんですけどね。  朝鮮戦争中の50年代。  人里離れた山奥に戦争とも無縁に自給自足で暮らす村”トンマッコル”はあります。  そこに ...
「トンマッコルへようこそ」 (the borderland )
子供のような純粋な村という意味のトンマッコル。 前半の微笑ましい村の様子や、敵同士の交流が人間の良さを写し出してる分、後半の村を守るための作戦がより切なくなります。 イノシシとの格闘は、思いっきり「スウィングガールズ」でした(^^; 【ネタバ ...
GTF試写会:『トンマッコルへようこそ』 (hoppenの韓的な日々♪)
以前、ご紹介したGTFシネマフェスティバルの試写が当たり、 『トンマッコルへようこそ』を、一足早く見てきました。 1950年の朝鮮戦争時代を、ファンタジーで描いたというこの映画。 音楽は、ジブリ作品でお馴染みの久石譲さんです。 予告で、『となりのトトロ ...
トンマッコルへようこそ (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
トンマッコルとイノシシが取り持つ縁(笑 どんな映画かも知らずに行った。 なんだか意外と良かった。 ちょっとクスクス笑えて悲しくなる。 あー、、でもタイムリーな話題過ぎて ちょっと素直に見られない自分が・・・
映画「トンマッコルへようこそ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終 ...
「トンマッコルへようこそ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「トンマッコルへようこそ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、他 *監督:パク・クァンヒョン *音楽:久石譲 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバッ ...
『トンマッコルへようこそ』 (Rabiovsky計画)
『トンマッコルへようこそ』 監督:パク・クァンヒョン 音楽:久石譲 出演:シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、    ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー 、リュ・ドックァン 、チョン・ジェジン 、   ...
『トンマッコルへようこそ』 (моя комната ~まやこむなた~)
む・・これはなかなか・・。いわゆる”韓流”のイメージをちょっと覆すような作品。ハリウッド的エンタテインメントにちょっと近いかも。韓国では国民の6人に1人が見る大ヒットを記録し、2005年韓国で最も愛された映画として数々の映画賞を受賞した。本作が長編映 ...
トンマッコルへようこそ (SSKS*)
オフィシャルサイト 2005韓国 監督:パク・クァンヒョン 出演:チョン・ジェヨン/シン・ハギュン/カン・ヘジョン/イム・ハリョン/ソ・ジェギョン ストーリー:朝鮮戦争中の1950年、連合軍のアメリカ兵スミスの戦闘機が、山奥の村トンマッコルに墜落する。 ...
トンマッコルへようこそ(GTFトーキョーシネマショー2006/試写会) (Movies!!)
チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン出演。パク・クァンヒョン監督作品。 笑顔を絶やさず暮らす村、トンマッコルで偶然鉢合わせをした3組の兵士。彼らが村の人々との交流を通じて心を取り戻していく姿を笑いと涙とファンタジーの香り豊かに描き上げ ...
映画鑑賞記「トンマッコルへようこそ」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.11.5 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  同じ民族が北と南に分かれて激しい戦闘を行った朝鮮戦争。 無邪気で争うことを知らない平和で静かな小さな村にも忍び寄る戦争の影。 心のふるさと”トンマッコル”で癒された兵士たちは、奇跡を ...
トンマッコルへようこそ (迷宮映画館)
朝鮮戦争真っ只中。韓国軍側の応戦が優勢になっていた頃のようなので、戦争がはじまってだいぶ経ったのではないかと想像します。半島をまっぷたつに割って、同胞が向き合った戦争、国全体がもろに戦争一色になっていたはずなのに、ここだけはそんな世俗の憂さはま ...
『トンマッコルへようこそ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトンマッコル。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。顔を合わすなり、銃を持ってにらみ合う ...
トンマッコルへようこそ (まぁず、なにやってんだか)
「トンマッコルへようこそ」は「笑えて泣ける」らしいので、公開されたら観に行こうと思っていました。運良く試写会が当たり、行ってきました。ふれ込みどうり、笑えて泣けて、あたたかい気持ちになれる素敵な映画でした。 観る前は、この映画はイケメンは出る ...
トンマッコルへようこそ (knockin' on heaven's door)
Welcome to Dongmakgol 「子供のように純粋な村」トンマッコルに辿りついた敵同士の兵士たち。のんびり、ほっこりの桃源郷に迷い込んだ彼らの運命は如何に? リアル戦争映画風の出だしから一転、ユーモア溢れるファンタジーへと昇華する。ずっとトンマッコル ...
トンマッコルへようこそ (5125年映画の旅)
朝鮮戦争真っ只中の韓国。飛行機が墜落して重傷を負ったアメリカ軍大尉、ふとした事から一緒に行動するようになった二人の韓国軍兵士、敵に追われ多くの仲間を失った三人の北朝鮮兵士。彼らは偶然立ち寄ったトンマッコルの村で鉢合せになる。いざこざの末、村の ...
トンマッコルへようこそ:ファンタジーが生み出す普遍的なメッセージ (犬儒学派的牧歌)
★監督:パク・クァンヒョン(2005年 韓国作品) MOVIX京都にて鑑賞 ★あらすじ(Yahoo!...
トンマッコルへようこそ (エリ好み★)
いつも思うんです。会ったことがない人を友達と思うのは難しいかもしれない、でも会ったことない人を自分の敵と思い込むことも、もっとあり得ないフィクションじゃないか、って。
トンマッコルへようこそ (今日のわたくしゴト)
オープニングの墨絵のような、徐々に滲んでいくイラスト、いいですね。 美しさの完成度が韓国らしい。 前半から中盤までは、ハンカチ取り出して、涙をぬぐってしまいました。 いつもティッシュで足りるのにね。 途中までは、「連理の枝」に続いて、 「遠くまで見 ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (don't worry!な毎日)
 「なぜそんなに怒っているのですか?」と、 トンマッコル(子どものように純粋な心)という名前の村の村長は言うのだ。  私にこのひと言が突き刺さる。  朝鮮戦争のさなか、国軍、人民軍、連合軍の兵士がそれぞれの事情で迷い込んだ 「トンマッコル ...
【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでし ...
トンマッコルへようこそ@シネマスクエアとうきゅう (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
国を南北に分けて戦争が起こり、部隊を離れた3組の兵士が山岳部の村トンマッコルにたどり着いた。アメリカ人の空軍兵は負傷して動けず、村民は彼を親身に治療するが言葉が分からない。連合軍の2人と人民軍の3人はいがみ合っているが、村民にはその理由が分から ...
トンマッコルへようこそ (ぷち てんてん)
実は「父親たちの星条旗」の後に見たので、少々気持ちを入れ替えないといけなかったんですよね。こちらはコメディっぽい所もあって、救われる所もあったんですが。できれば、独立して見た方がこの映画の良さが分かったかもしれませんね~。☆トンマッコルへようこ ...
トンマッコルへようこそ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Welcome to Dongmakgol”原作戯曲・脚本=チャン・ジン。監督・共同脚本=パク・クァンヒョン。音楽=久石譲。 1950年の朝鮮戦争下、トンマッコル(意味は「子供にように純粋な」)という架空の村を舞台にしたファンタジー仕立ての寓話劇。☆☆☆☆★
トンマッコルへようこそ (三度の飯より映画好き)
“子どものように純粋な村”、トンマッコル。朝鮮戦争の真っ只中、この争いを知らない平和な村に3組の相容れない兵士たちがひょんなことから転がり込むことに。最初はいがみ合っていた兵士たちだったが、穏やかな村民たちのおかげでいつしか憎みあうことが馬鹿らし ...
トンマッコルへようこそ (ゆず暦)
早々と前売りを買っていたのだけれど、近くの映画館で上映されてなく、やっと今日観に行くことができました。 解説: 架空のユートピア“トンマッコル”を舞台に、敵対する兵士たちが癒されていく姿をとらえた人間ドラマ。戦争に疲れ果てた男たちが、心優しい村人 ...
映画:トンマッコルへようこそ 試写会 (駒吉の日記)
トンマッコルへようこそ 試写会@ヤクルトホール 「楽しいリズムに甘いメロディー」 GTFで予告編をみて、絶対観たいと思った作品のひとつ。駒吉の中では韓国映画No1です!(そんなにたくさん観てはないですが・笑) 仙人達が住むようなファンタジーの村 ...
トンマッコルへようこそ (シャーロットの涙)
1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトンマッコル。 そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。顔を合わすなり、銃を持ってにらみ合う ...
理想郷へようこそ (number.3*)
「トンマッコルへようこそ」  800万人が笑って泣いた!!2005年、観客に最も愛された映画 2005年度の韓国映画界で、数々のハリウッド大作を抜いて興行収入NO.1の座に輝いた「トンマッコルへようこそ」。映画そのものの面
「トンマッコルへようこそ」へ、ようこそ (映画雑記・COLOR of CINEMA)
久石譲の音楽、いいなぁ~、ということで「トンマッコルへようこそ」へ、ようこそ。物語・朝鮮戦争のさなか「子供のように純粋な村」トンマッコルに6人(3つの軍)の敵対する兵士が迷い込む。彼らは最初こそ諍いが
『トンマッコルへようこそ』 (初鑑賞107本目・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 11月3日(金・文化の日) シネ・リーブル神戸シネマ3にて 18:30の回を鑑賞。
真・映画日記『トンマッコルへようこそ』 (CHEAP THRILL)
10月31日(火) 朝、通勤~スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 午後6時20分に終業。 神谷町駅から六本木へ。 3の出口から出てシ ...
トンマッコルへようこそ(ネタバレ) (ぐらのにっき)
基本的にネタバレですが、重大なネタバレには伏字を使います。 かなり前、シネマスクエア東急で「僕の大事なコレクション」を見た時に予告を見て、行こうと決めていた映画でした。 話も面白そうだし、映像も綺麗だし、というのもありましたが、決定打になったのは ...
トンマッコルへようこそ (ネタバレ映画館)
でかいイノシシにはスローモーションがよく似合う。
トンマッコルへようこそ (韓国映画好き)
1950年,朝鮮戦争の真っ只中。山奥の平和な村・トンマッコルにアメリカの戦闘機が墜落した。乗っていたのは連合軍の兵士スミス。トンマッコルに住む少女ヨイル(カン・ヘジョン)がこれを目撃し、村の人たちに知らせに行く途中で人民軍リ・スファ(チョン・ ...
tcaqmqofngg (ripajxbsdk)
jfhbkxju ofuqkcjsdk niudyzcofk kvtbwziow
トンマッコルへようこそ (とにかく、映画好きなもので。)
どこかの山の奥にある村。そこは世間の争いとは無縁のゆったりとした時間が流れる平和な村でした。その名はトンマッコル。  1950年代の朝鮮戦争最中、この村にやってきたのはアメリカ人パイロットのスミス。韓国軍の2人と対立する人民軍の3 ...
『トンマッコルへようこそ』(シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン ) (雲のゆくえ)
「トンマッコルへようこそ」オリジナル・サウンドトラックファンタジーとリアルが入り混じるフシギな映画でした。 久石譲さんの音楽なので、幻想的なシーンはどこかしらジブリっぽい感じがしてほのぼのするんだけど、そういうシーンがあるだけに戦争のむごさも強 ...
トンマッコルへようこそ (八ちゃんの日常空間)
オールナイト明けなのにちっとも眠くならなかった。すなわち、非常に楽しめたわけだ。 戦争を背景にして、「同じ民族、殺し合うなんてバカバカしい」というメッセージは十分に伝わってくるのだから、最後の悲劇はなくてもいいのになぁ。
トンマッコルへようこそ (It's a Wonderful Life)
もうすぐ上映終了の劇場も多いようですが、ギリギリセーフ。 こんないい映画を劇場で見逃す所でした。良かったです。 パク・クァンヒョン監督は、本作で長編デビューだそう。 CM畑出身らしい凝った映像ももちろん印象に残りますけど、 シリアスな中に ...
「トンマッコルへようこそ」 (the borderland )
子供のような純粋な村という意味のトンマッコル。 前半の微笑ましい村の様子や、敵同士の交流が人間の良さを写し出してる分、後半の村を守るための作戦がより切なくなります。 イノシシとの格闘は、思いっきり「スウィングガールズ」でした(^^; 【ネタバ ...
トンマックルへようこそ (愛猫レオンとシネマな毎日)
「トンマックル」とは、トン=子供のような、マックル=純粋な村、を意味するらしいです。 奥深い山の中で、白い蝶の精霊にひっそりと守られて存在するこの世のものとは思えぬような桃源郷。 村人たちはベジタリアンで畑仕事に精を出し、日々平和に助け合って暮 ...
理想郷。 (ひょうたんからこま)
『トンマッコルへようこそ』(2005年・韓国/132分)公式サイト以下ネタバレ~1950年代初頭、朝鮮戦争が勃発し、この地では民族が別れて悲しい戦いが繰り広げられていた。人々にその存在すら知られぬ秘境の村・・・、戦争と言う言葉の定義さえ持たぬ純 ...
「トンマッコルへようこそ」 (古今東西座)
幾つかのブログで僕も大好きな名作『まぼろしの市街戦』との類似性(悪く言えばパクリ)が書かれていたのを読んで、ならば内容的に優れている作品になっているのではと期待して観に行った。 確かに戦争中に桃源郷とも思える場所に彷徨いこむ設定と知恵遅れの女の子 ...
No246「トンマッコルへようこそ」~男たちが最期に交わした、とびっきりの笑顔~ (パラパラ映画手帖)
とても不思議な世界。 こんな世界が現実にあったら本当にすてきだ。 久石譲のセンチメンタルで大らかな音楽がぴったりで、 観る者をトンマッコルへいざなってくれる。 汗をかいて畑で働き、草そりで子どものようにスリルを味わい、 家族と食事をし、 笑顔 ...
「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに (はらやんの映画徒然草)
久石譲さんの音楽がとても作品の雰囲気にあっていました。 音楽は全然詳しくないので
トンマッコルへようこそ(韓国) (映画でココロの筋トレ)
きゃ~~、11月24日(金)までの上映だってー。うっかりしてた。 ということで、あわてて行って来ました。22日(水)に。 「トンマッコルへようこそ」( →公式HP  ) 出演:シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリ ...
『トンマッコルへようこそ』(’05 韓国) (よんふぁ広場2~HONDOのつぶやき~)
 監督・脚本:パク・クァンヒョン  プロデューサー・原作・脚本:チャン・ジン  音楽:久石譲  出演:シン・ハギュン  チョン・ジェヨン  カン・ヘジョン  スティーブ・テシュラー 1950年に突如勃発した朝鮮戦争の真っ只中、そんなことなどお構いなし ...
トンマッコルへようこそ Welcome to Dongmakgol (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン ソ・ジェギョン、リュ・ドグァン、スティーブ・テシュラー出演 1950年11月 朝鮮戦争の最中 スミスが操縦するアメリカ軍戦闘機が 朝鮮半島の山中に墜落します 負傷したスミスは村で手当 ...
映画『トンマッコルへようこそ』(ネタバレ注意) (三遍まわってタバコにしょ。)
  ひとことで言えば、1950年頃の、朝鮮戦争を舞台にした戦争映画、 ということ
トンマッコルへようこそ (銀の森のゴブリン)
2005年 韓国 2006年10月公開 評価:★★★★☆ 監督:パク・クァンヒョ
映画「トンマッコルへようこそ」 (<花>の本と映画の感想)
トンマッコルへようこそ 監督  パク・クァンヒョン 出演  シン・ハギュン   チョン・ジェヨン カン・ヘジョン  イム・ハリョン ソ・ジェギョン  スティーヴ・テシュラー 韓国  2005年 朝鮮戦争の真っ只中、韓国軍、人民軍、連合軍の兵士が、...
『トンマッコルへようこそ』 (はなことば)
2005年の作品。記事後半でねたばれもしますよ。 たまには映画でも、と思って、久々に映画DVD借りてきました。 内容は、朝鮮戦争の最中、トンマッコルという不思議な村にやってきた南の兵士・北の兵士・アメリカ人兵士。最初は一触即発だったけど、村の空気に包ま...
トンマッコルへようこそ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『笑顔が一番つよいのです。』  コチラの「トンマッコルへようこそ」は、10/28公開になる韓国のハートウォーミングなコメディなんですが、久々にオンライン試写会が当たったので、観ちゃいましたぁ~♪  あたしはやっぱり日本人だから、たくさんの北野監督作品や...
~『トンマッコルへようこそ』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2005年:韓国映画、パク・クァンヒョン監督、久石譲音楽、チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン共演。 ≪DVD観賞≫