銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

新春映画鑑賞第一弾は「愛のむきだし」で始まり。。。。。

2010-01-05 | 映画:ミニシアター


京都シネマにて鑑賞。

京都シネマ5周年特別企画、京都シネマで観たかった!スタッフセレクションと題して本作の上映が1月15日までやっております。他にも2009年で上映された色々な作品が1月22日(金)まで上映されます。見逃した作品がありましたら、ぜひ京都シネマへお越し下さいませ。詳細はクリックしてご覧下さい。料金は何と800円也。但し会員料金です。

ということで、前から気になっていた「愛のむきだし」をようやく鑑賞してきました。何と上映時間3時間57分!今までここまで長い作品は観たことがありません。正直ちょっと疲れました。ちなみに2時間上映後、10分の休憩あり。

さてどんなお話かと言うと結構やばいです(汗)フィクションではないらしい。う~んそうなんだ。
20年ほど前に監督が知り合った「TOUSATUのプロ」が新興宗教に入った妹を脱会させたという経験を基に、自身の体験や取材を組み込んだ3時間57分に及ぶ純粋かつ壮絶な恋愛叙事詩でそうです。
愛のむきだしというタイトルはそのとおり愛の本来の姿なんだろうね。愛の真髄を表すことがやっぱりむきだしという表現になるのは自然なことだ。それゆえにかなり危ないキーワードにいっぱいに。。。。。。

TOUSATU、RESUBIAN、PANTIRA、BOTUKI・・・・・。(禁止ワードだとひっかかるためあえてローマ字にしています。お許し下さい)以上のワードのため、R-15指定となっています。

この物語に登場する3人は愛に欠落しています。愛を埋めるために、それぞれ3人はやばい行為に走っていました。

それは、〇態行為、〇力、宗教です。

さてSTORYですが。(今回もウィキぺデイアさんより抜粋させてもらいます)

クリスチャンの家庭に生まれた男子高校生の本田悠(通称:ユウ、配役:西島隆弘(AAA))は、優しい神父の父テツ(渡部篤郎)と2人で幸せな生活を送っていた。 幼くして亡くした母親の「いつかマリア様のような人を見つけないさい。」という言葉を忘れずに。

後に、父テツに愛人カオリ(渡辺真起子)ができ、聖職者でありながらもカオリに没落していく。 しかしその愛人カオリも去り、ショックのためか父の性格は一変する。 ユウはテツから毎日「懺悔」を強要されるが罪を何も思い出せず、父との繋がりを失いたくないがために、しまいに様々な罪作りに励んだ。 その中で一つひとつ、父に許されることのないキリストの教えに反する罪があった。それは、女性の〇間ばかりを狙う「〇」。

ユウはテツに変〇と殴られるが、これこそが愛だと感じたユウは盗撮の様々な技術を身につけるが、ついに父から懺悔を拒否されるに至った。 父への執着心を愛と感じ取る感性が、ユウを盗撮のプロに仕上げていくが、それでもユウは全く〇欲を感じなかった。

しかし転機が訪れた。ユウが探し続けていた「マリア」との出逢いがあった。 その女性は、ユウの目の前で、不良少年たちの大群をカンフーで叩きのめしていた、女子高校生の沖島洋子(通称:ヨーコ、配役:満島ひかり)。 ユウはヨーコに生まれて初めて恋に落ちた。さらにヨーコも、共に不良少年たちと戦ってくれた女装していたユウ(通称:サソリ)に恋をした。

2人は初めて恋心を知ったのだった。 ユウはヨーコを想うと〇が止まらない。 ヨーコもサソリを想えば胸が痛くなり、初めて〇◇ニーを覚えた。

数日後、突然、テツはカオリと再会し、「一緒に暮らし、神父をやめて結婚する」と語るが、そのカオリには連れ子がいた。それがヨーコだった。 ヨーコはサソリに恋をするも、その正体が兄ユウだとは気がづかず、ユウを毛嫌いする。 ユウの混乱は加速度を増し、想いを押し殺すようにして盗撮を続けていた。

その頃、膨大な会員数を誇り、営利を貪って、高層ビルまでを所持する悪の教団「ゼロ教会」という謎の新興宗教団体が世間を賑わせていた。 教祖の右腕の女・コイケ(安藤サクラ)は何を企んでいるのか、ユウとユウの家族に近づき始めた。 しまいにコイケは、ヨーコに自分がサソリだと思わせ、その後、家族丸ごと洗脳した。 家族の不信感を払拭できず、家を出て行くユウは、新興宗教団体「ゼロ教会」との戦いを挑むことになった。


本田悠役(西島隆弘)この人、サッカーの宮本選手似?〇撮するときのアクションは格好良かった!


ヨ―コ役(満島ひかり)沖縄出身で歌手でもあるらしい。


コイケ役(安藤サクラ)俳優奥田瑛二の娘。そう言えば母安藤和津に似ている。
こんなこと言ったら悪いけど、このキモい役がなかなかお似合い。演技は父譲りで上手い!!ビジュアル的にはちょっと。。。。。かも

そして、ここから「愛のむきだし」のストーリーが始まる。

新興宗教団体「ゼロ教会」の信者のコイケは、父親からの〇待と復讐の過去があった。 愛を足りずしてとる行動は、学校での流血を伴う暴〇であった。

ヨーコは〇気性の父親への嫌悪感が原因の男性不信に陥っていた。 その衝動が、懐かしい家族の風景を自らの手で壊した。

ユウは新興宗教団体「ゼロ教会」に洗〇されたヨーコの心を取り戻すべく全身全霊を傾ける。

そしてあまりに切なく、ドラマチックで、衝撃的なクライマックスへとなだれ込む。


父親テツ役には、渡部篤郎さん。真面目そうだけどちょいとエ〇ぽいところも。カオリに翻弄されてしまう意外に弱いお父ちゃん。

〇撮の巨匠役にあの大口広司が登場していたのはびっくりでした。えらいおじいさんにならはりました。グループサウンズで活躍していた頃の面影はなかった。

板尾創路はコイケの父親役で登場。相変わらずやらしい役です。でもお似合いです。

やらしいといえば、〇ダルト雑誌の編集長役の岩松了もそうだ。

リアルな性〇な描写はほとんどないものの、言葉ややらしいおじさんたちの目線、若い女の子の〇〇ティ姿などがちらついたりするので、見方によっては、ダメだと思う方もあるかもしれません。でも人間の本能や愛の根底にあるものは一体何なのか?と問いただした時、やはり人間の性が愛を生むというところに到達するのかもしれない。汚れのないものだけが愛の持つ本性ではないのだとメッセージしているのかも。

浜辺で満島ひかり扮するヨーコが西島隆弘扮するユウに掴み掛かり絶叫するように暗唱したのは、新約聖書コリントの信徒への手紙一第13章・愛の賛歌である。

聖書とこの物語の主人公たちがアンバランスにも見えるが実は一番近い接点があるんじゃないのなんて思ったり。。。。。

園子温監督の23作目の作品で、第9回(2008年)東京フィルメックスにおいて観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞。第59回(2009年)ベルリン映画祭に出品され、「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を受賞した。
(ウィキぺディアより抜粋)

解説

「〇殺サークル」「紀子の食卓」の鬼才・園子温監督が実話をベースに、カリスマ〇撮変〇男の予測不能の純愛の行方を、宗教ネタをはじめ多彩かつ過激なエピソードを散りばめ怒涛の展開で描き出す上映時間およそ4時間のエンタテインメント大作。主演はAAA(トリプル・エー)の西島隆弘と「プライド」の満島ひかり。共演に渡部篤郎、安藤サクラ。

メディア 映画
上映時間 237分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月 2009/01/31
ジャンル ドラマ/ロマンス
映倫 R-15
オフィシャル・サイト
http://www.ai-muki.com/

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (19)   Trackbacks (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ発表!2009年私... | TOP | 再びカールじいさんをUP!... »
最近の画像もっと見る

19 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cochi)
2010-01-06 13:12:38
cochiです。長い作品でしたが、単純にすっきり圧倒されました。いくつかの話が渾然一帯となって支離滅裂寸前?奇想天外?まぁ面白ければどちらでもいいですが。若い3人には、感謝ですよ。このくらいむきだしてやると、不思議なパワーが生まれますね。
ここにきて (sakurai)
2010-01-06 22:31:50
なんかむきだし状態ですね。
嬉しいような、ちょっとさびしいような、複雑な気持ちです。
結構な期待感を持って臨むと、どうなんでしょうね。
まっさらな気持ちとは、少々違うかと思いますが、それでも十二分にパワーは、ずしんと感じられたのでは!!
あれだけパワーが伝わってくる映画は、近年なかったです。
男の子、可愛かったですね。でへ。
だめだ・・・。おばさん根性、丸出しです。
DVD。 (BC)
2010-01-07 01:04:49
mezzotintさん、こんばんは。

この作品、ようやくレンタル出来ました☆
今度の連休にDVDを観る予定です。
感想UPしたらトラックバックしますね♪
新春第一弾!? (ノルウェーまだ~む)
2010-01-09 00:10:46
こんばんわ☆
新春早々、濃い映画鑑賞ですね!
最近「愛のむきだし」が人気のようですね。
私はロンドンで秋に公開された時に、残念ながら見損ねてしまったので、秘密の方法で半分まで見ました(爆)
まさか、4時間近くもあったとは…
前半はなかなか期待できるかんじだったので、残りを見たいです。
懺悔を一生懸命しようとするユウが、切なくて泣きました。
まだ~むさんへ (mezzotint)
2010-01-09 00:23:23
今晩は☆彡
おぉ~ロンドンでも上映されたのですね。
ベルリン国際映画祭での受賞がやはり大きい
のでしょうね。ぜひ後半ご覧頂きたいです。
結末は秘密です(笑)
BCさんへ♪ (mezzotint)
2010-01-09 00:26:11
観られたらぜひ感想をお待ちしております。
良い評価だといいなあ~~!
むきだせ、わっしょい (かえる)
2010-01-09 01:52:01
幸先のいいスタートをきりましたねー。
去年は検索ワードに結構
「愛のむきだし パンチラ」てのがありました。w
園監督はかなり好きなんですー。
勢いのある映画 (えい)
2010-01-12 23:32:16

こんにちは。

これは「勢いのある」映画でしたね。
後半、少し胃もたれしたけど、
あっという間に
インターミッションがやってきた記憶があります。
こういうタブーに挑戦する映画は好きです。
えいさんへ♪ (mezzotint)
2010-01-12 23:52:46
今晩は☆彡
コメントありがとうございました。
お薦めの映画情報もありがとうございます。
2作品、チェックしてぜひ鑑賞したいと
思います。タブーに挑戦、良いですね。
私もこういう作品、好きです!
園監督に拍手したいですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。 (rose_chocolat)
2010-01-13 20:03:15
mezzotintさん
いつもありがとうございます。 TBばかりですみません(汗) なかなかコメント残せませんで。。。
またよろしくお願いいたしますね。

さて本作ですが、昨年my映画ランキング邦画第1位に勝手に輝いちゃってます(笑) いろいろいい作品なったんだけど、やっぱりこれが一番インパクトありました。
4時間なのに全然飽きなかったですし、面白かったし、バカバカしかった(笑) けど大好き♪
Unknown (ジョー)
2010-01-13 22:26:26
こんばんは。
満島ひかりに、安藤サクラの怪演競争はすごい。そもそも「愛のむきだし」なんてタイトルからしてすごいですよね。しかも、観終わるとタイトルどおりの映画だったかも、と思ってしまったりして、まったく侮れません。
安藤サクラ。 (BC)
2010-01-13 23:14:38
mezzotintさん、こんばんは。
遅くなりましたが感想UPしました☆

安藤サクラは奥田瑛二・安藤和津夫妻の娘さんだったのですね。
顔立ちはお母さん似、演技力はお父さんの素質を受け継いでいるのでしょうね。
複雑な心情の難しい役柄を見事に演じきっていましたね。
rose_chocolatさんへ♪ (mezzotint)
2010-01-14 00:40:31
こちらこそ本年も宜しくお願いします。
凄い、2009年ベスト1ですか!!
私も昨年鑑賞していたら、ベスト10に入れて
いたと思いますよ。4時間という長さですが、
これは見ごたえありましたものね。
新春一発目にこの作品というのもかなり
刺激強かったですよ(笑)
またTBやコメントでお邪魔するつもりですので、ぜひお付き合い下さいませ。
ジョーさんへ。。。。 (mezzotint)
2010-01-14 00:47:20
本当にむきだしてました!
タイトルどおりというのも、凄いです。
満島ひかりさんは、お顔が可愛いもんで
怪演でもご愛嬌あるんですが。。。。
安藤サクラさんは、すべて怪演という感じで、
かなり不気味でキモいなあなんて(笑)
そんな安藤さん、これから目が離せませんね。
益々期待大な女優さんですね。
安藤サクラさん (mezzotint)
2010-01-14 00:52:51
BCさん
今晩は☆彡
早速TB&コメントありがとうございます。
再度お邪魔したいと思います!
そうなんですよ。安藤サクラさんは、
奥田映二ご夫妻の次女さんなんです。
注目株の女優さんですよね。お父さん譲り
の演技力はさすがだと思いました。
Unknown (もりだくさん)
2010-02-04 19:44:38
TBありがとうございました。大変遅ればせながら返させていただきました。
僕はこの作品が本当に気に入りまして、今色んな名画座にリクエストしまくってます!w
その甲斐あってか今度東京の早稲田松竹という名画座で上映されることが決定しました!うれしくて今からわくわくしてます。
長文・駄文失礼しました。
続き見ました! (ノルウェーまだ~む)
2010-10-27 06:18:57
mezzotintさん、こちらにも♪
ロンドン映画祭で園監督の新作「冷たい熱帯魚」のチケットを買ったので、慌てて続きを見ました(笑)
いやはや、すごい作品ですね~
そして、タイムリーにも満島ひかりちゃんが、結婚したんですってね。
色々ビックリさせられました。
こんばんは♪ (mig)
2011-01-05 23:57:33
あ!ちょうど1年前に記事upされたんですね!
私、まる2年て書いたけど1年前ってことなのかな?新年またいじゃったんでややこしいな。。。

安藤和津はけっこう綺麗だけど、ふたりの悪いとことったような全然綺麗じゃない子でしたね~、コイケ役がぴったりでした☆

あとは満島ひかりちゃん、やっぱり可愛いです~
面白かったぁ。
安藤サクラ (mezzotint)
2011-01-06 08:30:00
母上に似ておられますが、、、何故か(笑)
でも演技はやはり父親譲りで上手いですね。
演技派でいかれるのだと思います。
満島ひかりちゃんは可愛いですね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

31 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
愛のむきだし (cochi のArt-Mill)
作品データ 原題:Love Exposure 製作年:2008年 製作国:日本 配給:ファントム・フィルム 上映時間:237分 スタッフ 監督:園子温 アクション監督:カラサワイサオ エグゼクティブプロデューサー:横濱豊行 、 河井信哉 プロデューサー:梅川治男 アソシエ...
愛のむきだし (迷宮映画館)
凄い!という言葉を、いままで簡単に使いすぎてた。すいません。こういう映画にこそ使わなければならない!!!
『愛のむきだし』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY )
むきだそうぜ。 神父である父テツのもとにサオリという女が現れてから、ユウと父の間がギクシャクとし始め・・・。透明感のあるみずみずしい邦画が最も好きだって思っている私なのに、その真逆にあるような激しくて粘度の高い園監督作品には何故かいつも心掴まれてしま...
愛のむきだし (to Heart)
原題 LOVE EXPOSURE 製作年度 2008年 上映時間 237分 映倫 R-15 原案・脚本・監督 園子温 (そのしおん) 出演 西島隆弘/満島ひかり/安藤サクラ/尾上寛之/永岡佑/中村麻美/渡辺真起子/板尾創路/岩松了/堀部圭亮/深水元基/吹越満/渡部篤郎 『紀子の食卓』が世界的に高く...
愛のむきだし (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
愛のむきだし [DVD]なんとエネルギッシュな映画だろう。神父の父が強制する懺悔に応えるため罪作りに励む純粋な少年ユウは、次第に女性の股間の盗撮のエキスパートに。ある日、彼は運命の女性ヨーコと出会い恋に落ちるが、彼らに怪しげな宗教団体の魔の手が迫る。ヨーコの...
愛のむきだし (単館系)
「 キリスト教、罪作り、盗撮、アクション、カルト教団、三角関係、女装、脱出…。 人間の本質を『 むきだし 』にする間違いなく本年度No.1の...
映画 「愛のむきだし」 (ようこそMr.G)
映画 「愛のむきだし」
「愛のむきだし」 (古今東西座)
盗撮少年の話で上映時間237分と聞けば、そんな映画を誰が観に行くんだと思われそうだが、海外の映画賞に出品された(おまけに受賞まで)れっきとした日本の作品である。この作品に『プライド』(→記事)の好演が印象的な満島ひかりが出演していると知り、どうしても観た...
愛のむきだし (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
愛のむきだし [DVD] ¥4,040 Amazon.co.jp 幼い頃、母が病気で他界。その後、神父になった父、テツと2人で暮らすユウ。理想の女性、"マリア"にめぐり合うことを夢見ながら、父との平穏な日々を過ごしていましたが、ある日、テツは、教会に転が...
愛のむきだし (あーうぃ だにぇっと)
監督・原案・脚本: 園子温 キャスト ユウ☆西島隆弘 ヨーコ☆満島ひかり コイケ☆安藤サクラ 尾上寛之 清水優 永岡佑 広澤草 玄覺悠子 中村麻美 サオリ☆渡辺真起子 テツ☆渡部篤郎 他 【ストーリー】 敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭...
愛のむきだし/西島隆弘、満島ひかり (カノンな日々)
あの園子温監督の最新作です。園子温さん、次は何をやらかすんだと思ったらなんと237分という大長編作品です。4時間ですよ、4時間!ちょっと頭おかしいんじゃない?(笑)。実話がベースらしいんですが予告編を観た限りではいったいどこが実話なんだろって感じでしたよね...
『愛のむきだし』 (ラムの大通り)
----『愛のむきだし』、 タイトルからしてスゴいけど、 えっ、これ237分もあるの? 「そう。インターミッションまで設けられていたよ」 ----そんな疲れそうな映画、よく観に行ったね? 「ところが、 これが案内を読んでいると、 スゴくオモシロそうでね」 ----それって、...
愛の付け毛 (Akira's VOICE)
「愛のむきだし」 「エクステ」 
『愛のむきだし』 (Rabiovsky計画)
映画「愛のむきだし」公式サイト 園子温 - Wikipedia 監督・脚本・原案:園子温 出演:西島隆弘 、満島ひかり 、安藤サクラ 、渡部篤郎 、渡辺真起子 2008年/日本/237分 おはなし Yahoo!映画 敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西...
09-50「愛のむきだし」(日本) (CINECHANの映画感想)
裏切らないもの、それは愛  敬虔なクリスチャンの一家に生まれた青年、角田ユウ。母を早くに亡くし、神父の父テツと2人暮らしの彼は、理想の女性“マリア”に出会う日を夢見て満ち足りた毎日を送っていた。  ところが、ある出来事をきっかけに優しかった父はユウに懺...
「愛のむきだし」勢いのある映画でした (ポコアポコヤ 映画倉庫)
年始早々、濃~い話を見せてもらいました。まさか4時間もある映画だったとは・・・。
『愛のむきだし』 (2008)/日本 (NiceOne!!)
原題:LOVEEXPOSURE監督・脚本・原案:園子温出演:西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡部篤郎、渡辺真起子鑑賞劇場 : ユーロスペース公式サイトはこちら。<Story>幼い頃に母を亡くし、神父の父テツ(渡部篤郎)と二人暮しのユウ(西島隆弘)。理想の女性“マ...
「愛のむきだし」:光林寺前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この先へ行けばフランス大使館にたどり着く。 {/hiyo_en2/}恋の国、フランスね。おしゃれな映画もたくさんあるし。 {/kaeru_en4/}フランス映画のようにソフィスティケイトされた恋もいいが、むきだしの愛の話もなかなかいいぞ。 {/hiyo_en2/}園子温監督の「...
★『愛のむきだし』★ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、園子温監督&脚本&原案、西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡部篤郎、渡辺真起子出演。 ≪DVD観賞≫
愛のむきだし☆独り言 (黒猫のうたた寝)
4時間近い上映時間に、インターバルがあると聞いてましたが、腰が引けていた劇場鑑賞^^;DVDになったので、さっそく借りに行って鑑賞。ほんとに怒涛の前半と後半の2本立てでした(笑)カトリックの神父になった父は、ひょんなことからある女性を愛し、そして捨てられたこと...
【DVD】愛のむきだし (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 満島ひかりを追って ▼感想 奇跡。 ▼満足度 ★★★★★★★ けっさく ▼あらすじ 敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始める。父の期待に...
映画「愛のむきだし」 (おそらく見聞録)
監督:園子温(その しおん) 出演:西島隆弘(最高)満島ひかり(最高)安藤サクラ(怖ええ)渡辺真起子 渡部篤郎  出演:板尾創路 岩松了 大口広司 岡田正 倉本美津留 堀部圭亮 尾上寛之 清水優  盗撮に明け暮れ、罪作りに励む、神父を父に持つ主人...
愛のむきだし(DVD鑑賞) (~映画盛り沢山~)
やばいやばいやあばいあやばいあやばいやあhc:sjdsぎおれ」:gl;fほrgjkdlbv;えrp めちゃくちゃいいです やばいって打てなくなるほどww もりだくさんとしては今年観た邦画の中でダントツ一番なだけでなく、今まで観た邦画の中でも3本の指に入るくらい好きです ...
mini review 10444愛のむきだし」★★★★☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
『紀子の食卓』が世界的に高く評価された園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。幼少時に母親を亡くし理想の女性像を追い求める主人公を、人気グループAAAの西島隆弘が熱演。ヒロインに『プライド』の満島ひかり、彼らに近づく新興宗教団体の女に『風の外側』...
『愛のむきだし』 そっちとこっちを分かつのは? (映画のブログ)
 私の大好きな映画に『エル・トポ』がある。美しく、刺激的で、面白い、最高の映画だが、残念ながら重大な欠点がある。  『エル・トポ』は...
愛のむきだし (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    [[attached(1,center)]]    = 『愛のむきだし』  (2008) = 敬虔なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始める。 父の期待に応えようと、懺悔のために毎日罪作りに励むうちに、罪...
愛のむきだし (映画的・絵画的・音楽的)
 前日のブログ記事で書きましたように、TSUTAYAから『愛のむきだし』のDVDを借りてきて見てみました。  この作品は、昨年さまざまの賞(注1)をもらって注目されていましたから是非映画館で見たいものだと思っていましたが、余りにも長尺のため二の足を踏んでいたところ...
愛のむきだし / Love Exposure (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
愛のむきだし (銀幕大帝α)
LOVE EXPOSURE/08年/日本/237分/ドラマ・ロマンス/R-15/劇場公開 監督:園子温 出演:西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡辺真起子、渡部篤郎 <ストーリー>
愛のむきだし (ダイターンクラッシュ!!)
2011年2月26日(土) 16:55~ キネカ大森1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:非売 愛のむきだし [DVD]出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメントメディア: DVD 『愛のむきだし』公式サイト やっと観た。しかし劇場で鑑賞できた。数ある...
愛のむきだし (いやいやえん)
237分とか約4時間の半端ない長時間の作品ですが、一気に引きこまれてしまいました。「冷たい熱帯魚」の監督さんです。 簡単にいってしまえば、変態、盗撮、洗脳、父子、原罪、カルト教団、信仰、希望、愛、という