銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ブラインドネス*見えない恐怖が、見えてくる。

2008-12-06 | 映画:シネコン

何故か?ただ一人“見えている”女が紛れ込んでいた。

12月1日、ファーストディーに鑑賞しました。1000円ですし、これはラッキー!日本の俳優がメインで登場していました伊勢谷友介さんに木村佳乃さんが素晴らしい演技で活躍。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロにダニー・グローヴァーそしてガエル・ガルシア・ベルナルという豪華キャストに混じってです。凄いですよね

ところで、ブラインドネスって何なのか?驚異的な伝染力を持つ奇病という意味だそうです。

始まりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明してしまう。医者の診断を受けるが、眼球には異常がない?原因不明のようである。

 

突然の出来事に男はパニック近くにいた男に助けを求める。

そして最初に男を診察した医師(マーク・ラファロ)も失明してしまう

その後、この謎の伝染病は男の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく有効な治療がない中、政府がとった政策は感染者の強制隔離だった。最初に失明した日本人とその妻(木村佳乃)、そして医師やサングラスの娘(アリシー・ブラガ)、黒い眼帯の老人(ダニー・グローヴァー)、また幼い少年(ミッチェル・ナイ)・・・・。そしてその中でただ一人“見えている”女がいた。何故か?発症を免がれたが、夫の身を案じて紛れ込んだ医師の妻(ジュリアン・ムーア)だった。収容所は軍によって厳しく監視され、食料や薬品の要求もままならず、衛生状態も日増しに悪化していった。

感染者の不安はやがて苛立ちへと変わり、所内の秩序は崩壊していく。

 

やがて、自ら「キング」を名乗る男(ガエル・ガルシア・ベルナル)とその仲間が銃の力で支配を始め、彼らの欲望の前に遂に犠牲者が出てしまう。

食料などをすべて取り上げる。要求をのまなければ、食料などを渡さないと脅しをかける。

この状況に耐え切れなくなった医師の妻は反撃を決意するが・・・・・。

少し思っていた内容ではなかった。この奇病から逃れるために人々が立ち向かうのかと思っていたら、そうではなく、この異常事態の中で人間がどんな精神状態に陥るかという人間心理を描いたものだった。視力が失うだけではなく、心までが飢餓状態になるのである。極限状態に陥ったら人間は何をするか?分からないんだとヒシヒシと感じる。

そういえば、「ミスト」と重なるように思った。不安や恐怖というのは、人間をパニック状態にさせるわけで。日々の生活の中でもちょっとしたことで、混乱を招くことはあるのは確かだし。自然災害で大きいダメージに直面すれば、もっと心理的な病になるのと同じだ。

そして醜い争いが起こる・・・・。こんなときだからこそ、皆で力を合わせてといけばいいいのにね。極限状態は心を蝕むのです。悲しい

閉塞感が多い現代社会だからこそ、この作品を鑑賞して見つめなおす必要はあると思うのです。

結局は自分にかえってきます。邪心や利己主義な心を持たないことが大事!

ラストは希望がありました。ミストのラストと違って良かった

突然、伊勢谷友介の視力が回復します、それは一体何なのだろう??と・・・・。

木村佳乃さん、伊勢谷友介君の英語は上手かった。日本語は少しぎこちなかったけれど、ほとんどセリフが英語だったからな?

「ナイロビの蜂」のフェルナンド・メイレレス監督が、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説『白の闇』を国際色豊かなキャスト陣で描いたパニック・サスペンス。ある日突然失明する謎の病気が感染症のように世界中に蔓延していく中、隔離施設に閉じ込められた発症者たちが極限状況で露わにしていく様々な人間の本性を寓話的に描き出す。主演は「エデンより彼方に」のジュリアン・ムーア。日本からも「CASSHERN」の伊勢谷友介と「寝ずの番」の木村佳乃が参加。(allcinemaより)

 

  監督:フェルナンド・メイレレス

※映画「シルク」を手がけたプロデューサー酒井園子さんが今回2作目の製作された作品だそうです。

原作ジョゼ・サラマーゴ 『白の闇』(日本放送出版協会刊)

       

オフィシャル・サイト
http://www.blindness-themovie.com/ (英語)

オフィシャル・サイト
http://blindness.gyao.jp/(日本)

 



 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トロピック・サンダー◇史上最... | TOP | デス・レース:DEATH RACE »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ。 (michi)
2008-12-07 18:51:23
日本人俳優もハリウッド作品に出演するようになって
とっても嬉しいです!!
しかも主要メンバーだったし♪
絶望的な収容所の日々でしたが
あのまま終わるラストでなくて良かったです。
日本人頑張ってました (くまんちゅう)
2008-12-08 20:17:30
英語の台詞も違和感無かったですね
ただ、話の展開がちょっとイマイチ
好きになれないのでした
感染原因を探る上で見えている人が
キーパーソンで・・・
って予想も外れ、活躍するのも
遅すぎじゃなかったかなぁ
TBありがとうございました (sakurai)
2009-01-10 16:26:31
あたしは、黒い闇なら、耐えられるような気がするんですよ。
でも、白い闇って、絶対人の精神をおかしくするんじゃないかと思ったのです。
そこで、精神がもっと破たんして行くはずじゃないかだろうかと、勝手に思ってたんですね。
あの中で、結構ああ言いながらも冷静でしたよね。
なんかいろいろと納得いかないところが多かったので、ぜひ原作を読まねばと思った所でした。
TB有難うございました。 (Hiro)
2009-10-22 00:13:55
ジュリアン・ムーア作品は結構みているのだが、
『フォーガットン』『トゥモロー・ワールド』など
非日常を描く作品への出演が多いような気がします。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

61 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
『ブラインドネス』・・・全世界失明の先にあるもの (SOARのパストラーレ♪)
深く、そして重い作品だった。当たり前だと思っている人間社会のモラルや秩序が、目が見えなくなることであっけなく崩壊していく様が怖い。
ブラインドネス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全世界、失明。』  コチラの「ブラインドネス」は、驚異的な伝染力を持つ奇病<ブラインドネス>により、人類が次々と失明してゆき、不安と恐怖がひき起こすパニックの渦中に、ただ一人”見えている”女が紛れこんでいた様を描く、11/22公開のPG-12指定の心理パニ...
映画 『ブラインドネス』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスが、ノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化した心理パニック・サスペンス。視界が真っ白になる伝染病がまん延する状況下で、人間の本性や社会の恐怖をあぶり出していく。街の交...
ブラインドネス (生まれてから今まで観てきた映画全部)
本日はフェルナンド・メイレレス監督の新作「ブラインドネス」を観てきました。今日が初日で土曜のお昼に鑑賞したにも関わらず、お客さんが10...
ブラインドネス (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原作はノーベル文学賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」、フェルナンド・メイレレス監督。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー。何か頭と尾は立派だが、中身...
ブラインドネス (悠雅的生活)
見えない時、見えてくるもの。
「ブラインドネス」見えるものと見えないものと (ももたろうサブライ)
監督 フェルナンド・メイレレス少しあらすじ 街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介)がパニックに陥る。その後、彼を診察した医者(マーク・ラファロ)、彼の車を盗んだ男にも同じ症状が出る。この感染症と思われる症状...
「WALL・E/ウォーリー(字幕版)」みた。 (たいむのひとりごと)
Waste(ゴミ)Allocation(配置)Load(積載)Lifter(運搬機)Earth-Class(地球型)・・で、WALL・E/ウォーリー、だそうだ。ぶっちゃけただの”ゴミ処理ロボット”なん
ブラインドネス(2008年) (勝手に映画評)
伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩...
ブラインドネス/Blindness (我想一個人映画美的女人blog)
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作! 『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。 いよいよ...
『ブラインドネス』 (ラムの大通り)
(原題:Blindness) ----あっ、この映画なら フォーンも聞いたことあるニャあ。 確か『ナイロビの蜂』の監督作品で 日本からは伊勢谷友介と木村佳乃が参加してるんでしょ。 カンヌ国際映画祭で オープニングを飾った上にコンペティション作品にも 選ばれたとも聞いたけど...
「ブラインドネス」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
諦めていなければ、終わったわけではない。突然視界が真っ白になる。それが次々に伝染していく。原作はあるようだが、根底に流れるのは、最近とみに増えた感のある極限状態における人間ウォッチングである。ゾンビや地球外生命体が眼の伝染病に置き換わっただけと言ってし...
ブラインドネス (ともやの映画大好きっ!)
(原題:BLINDNESS) 【2008年・カナダ/ブラジル/日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 第61回カンヌ国際映画祭オープニング作品。 第33回トロント国際映画祭特別上映作品。 第21回東京国際映画祭特別招待作品。 ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」を国際色...
ブラインドネス (映画鑑賞★日記・・・)
【BLINDNESS】PG-122008/11/22公開(11/22鑑賞)製作国:日本/ブラジル/カナダ監督:フェルナンド・メイレレス出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリシー・ブラガ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー全世界、失明。
ブラインドネス (メルブロ)
ブラインドネス 234本目 2008-40 上映時間 2時間2分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 ジュリアン・ムーア マーク・ラファロ アリス・ブラガ 伊勢谷友介 木村佳乃 ガエル・ガルシア・ベルナル 会場 TOHOシネマズ府中 評価 6点(10点満点)  ...
ブラインドネス (だらだら無気力ブログ)
ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説『白の闇』を映画化した パニックサスペンス。ある日、車を運転中の日本人の男性が突然、目の前が真っ白になり視力を 失う事態に見舞われる。男性は眼科で検査を受けるも原因は不明。 しかし彼に接触した人間も同様の症状に見舞...
ブラインドネス (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本、カナダ、ブラジル 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア    マーク・ラファロ    ガエル・ガルシア・ベルナル    ダニー・グローヴァー    サンドラ・オー    木村佳乃    ...
映画レビュー「ブラインドネス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
公式サイト◆プチレビュー◆謎の病の発生により人間の本性がむき出しになる心理パニック・サスペンス。メイレレスの手腕が見事。 【90点】  街角で若い男性が突然視力を失う。それから各地で失明者が続出し、白い闇の病“ブラインドネス”は驚異的なスピードで拡大し...
★「ブラインドネス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ 今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、 先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。
ブラインドネス (そーれりぽーと)
もしも人々が一斉に視力を失ったら。 そして、何故か自分だけが見え続けていたら。 『ブラインドネス』を観てきました。 ★★★★ うーん。 思わず唸ってしまうリアリティー。 大半を限られた空間である収容所でのエピソードとしている辺りで、主人公の心理を自分の事の...
ブラインドネス (eclipse的な独り言)
 どこまで深読みすればよいのか・・・悩まされる映画でした。(11月23日 清水M
ブラインドネス/Blindness (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、急遽日曜の朝一の回で観に行くことにした「ブラインドネス」。 かなり宣伝してるけど、M・ナイト・シャマラン監督の「ハプニング」を連想させる感じがあって、ちょっとはずれの不安も^^; 「UCとしまえん」は、ちょっと少ない感じかな? 「...
ブラインドネス (5125年映画の旅)
ある日突然、視界が白く覆われ盲目となる奇病が世界中で蔓延した。政府は感染者を隔離するが、感染者は完全に政府から見捨てられていた。隔離施設から出ることが出来ない感染者たちは次第に平常心を失い、その中の一人が銃を持ち施設を支配しようと画策する。しかし施...
「ブラインドネス」 (或る日の出来事)
ううむ…どうなんだろう。 ジョゼ・サラマーゴが書いた原作「白の闇」が、すごく良かったと感じていて、その延長線上で映画を観たせいか、こ...
映画 【ブラインドネス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブラインドネス」 『ナイロビの蜂』のメイレレス監督がノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白い闇」を映画化。 おはなし:街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった日本人男性(伊勢谷友介)。原因は一向に分か...
ブラインドネス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制...
『ブラインドネス』2008・11・23に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ブラインドネス』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、車を運転していた日本人の男性(伊勢谷友介)が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た眼科専門医(マーク・ラファロ)は、眼球に異常は認められなかった...
ブラインドネス (描きたいアレコレ・やや甘口)
どよ~ん。見えないって辛いのね。で、観てても辛かった(汗) よく、わからなかった、映画の内容...。あんまり面白いとも、興味深いとも...
[映画『ブラインドネス』を観た(パワフル!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、パッと見で似た作品イメージであるシャマランの『ハプニング』にも、なかなかの高評価を与えた者であるが、  いかんせん、所詮は、この『ブラインドネス』の前座でしかなかったようだ。  『ブラインドネス』・・・、物語の中盤、この下腹部に鬱積する暗澹たる...
ブラインドネス/ジュリアン・ムーア (カノンな日々)
特にファンというわけでなくても伊勢谷友介さんと木村佳乃さんが出演している(それも重要な役っぽい)というのは、映画好きな日本人としては興味を惹かれるところです。しかもここ数年の伊勢谷友介さんはいい感じですしね。予告編自体もけっこう面白そうな感じだったし、ノ...
*ブラインドネス* (Cartouche)
{{{   ***STORY***      日本=ブラジル=カナダ とある都会の街角。日本人の男が運転する車が交差点で立ち往生していた。突然目の前が真っ白になり、完全に視力を失っていたのだ。親切な男に助けられ家まで送り届けられるが、そのまま車を持ち去ら...
「ブラインドネス」貧困と暴力そして希望 (再出発日記)
(ちょっと粗筋)ひとりの男が失明した。突然目の前が真っ白になり、視力を完全に奪われたのだ。そして、それは悪夢の始まりだった。世界各地で同時発生した“白い病”は、爆発的な伝染力を持っていた。原因不明、治療法もない。これ以上の混乱を恐れた政府は、失明患者の強...
ブラインドネス(映画館) (ひるめし。)
全世界、失明。
【ブラインドネス】 (日々のつぶやき)
監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ガエル・ガルシア・ベルナル 「ある街で車を運転していた日本人男性が突然目が真っ白になり見えなくなった。通りがかりの男性に運転してもらい妻の待つマンショ
★ブラインドネス(2008)★ (CinemaCollection)
BLINDNESS全世界、失明。失明するより怖いー私だけが見えていることが上映時間121分製作国日本/ブラジル/カナダ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2008/11/22ジャンルサスペンス/SF/ドラマ映倫PG-12【解説】「ナイロビの蜂」のフェルナンド....
ブラインドネス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「全世界失明」の中で見えるのが自分だけだったとしたら・・・!? “見えない”恐怖より“見える”恐怖の悲劇。 物語:それは一人の日本人男性が突如失明したところから始った。車を運転していた男(伊勢谷友介)が突然視力を失ったのだ。 目に映るのはただ白い世...
ブラインドネス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 隔離病棟での争いは人間の醜い部分がさらけ出される。
ブラインドネス (映画通の部屋)
「ブラインドネス」 BLINDNESS/製作:2008年、カナダ=ブラジル=日本
「ブラインドネス」 豊かさと倫理 (はらやんの映画徒然草)
本作を観て思い出したのが、ロバード・ゴールディングの「蝿の王」。 映画化もしてい
★★ 『ブラインドネス』 (映画の感想文日記)
2008年。日本/ブラジル/カナダ。"BLINDNESS".   フェルナンド・メイレレス監督。  木村佳乃と伊瀬谷友介が出演していることで話題になっていた映画だったが、出演といってもどうせチョイ...
「ブラインドネス」 (かいコ。の気ままに生活)
視界が真っ白になる伝染病がまん延する心理サスペンス。「ブラインドネス」公式サイト「全世界、失明。」「誰もが見えないのになぜ私だけ見えるのか」の予告でちょっと興味もって観にいったんですケド・・想像してたのと違いました。全員が失明する極限状態の人間がどうす...
ブラインドネス・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ある日突然、全人類が失明してしまったら・・・ 「ブラインドネス」は、人類から視覚が奪われた世界を描く、異色のSFサスペンス。 ノーベル...
322「ブラインドネス」(カナダ・ブラジル・日本) (CINECHANの映画感想)
見えない恐怖、見える恐怖  ある日、車を運転していた日本人の男が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た医者によれば、眼球に異常はなく原因は不明だった。  その後、同様の患者が各地で続出、混乱が広がっていく。感染症の疑いが...
ブラインドネス を観ました。 (My Favorite Things)
今日も必殺プランBで、朝から映画を観ることにしました!
「ブラインドネス」 (てんびんthe LIFE)
「ブラインドネス」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 ガエルが気になったので観にいきました。 まさに彼でなくてはできないようなチンピラ風な役で、実を言うと、すごくがっかりしました。 もっと他にやらせる役はないのか!と言いたいです。 悪い奴だけど憎めな...
ブラインドネス (えいがの感想文)
2008年/カナダ=ブラジル=日本 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア    マーク・ラファロ    ガエル・ガルシア・ベルナル    伊勢谷友介    木村佳乃 あれよあれよと世界中の人々の目が見えなくなっていくというお話。 ...
【映画評】ブラインドネス (未完の映画評)
「白い闇」と称される突然失明する謎の伝染病によって人々が極限状態に追い込まれるパニック・サスペンス。
ブラインドネス (ネタバレ映画館)
観客からは見えてますよ・・・ジュリアン・ムーアさん。
ブラインドネス (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  あなたには何が見える?  
ブラインドネス (へでいくっ!)
お互い見えない同士のセックスって、想像力膨らんで、けっこう燃えそう・・・ ぁ 失礼。映画の中でそういうシーンがあるんです。 極限の中で問われる人間性。あなたは自分の倫理観に自信が持てますか?そんな映画です。 自分だけ目が見えるなら・・・ 悪いこ...
100人の村の世界 (宇宙のめいぐると)
「ブラインドネス」
ブラインドネス (迷宮映画館)
ぜひ、読みたい本だったが、映画が先になってしまった。
ブラインドネス 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
「ブラインドネス」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
この病原体(?)は一体・・・?
【映画】ブラインドネス…見えなくなる映画ですが…観なくても良かったかな (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は、娘が先日行われた七夕教書会なる書道のイベントでナンヤラ賞を受賞したとのことで、授賞式に門司港{/m_0036/}まで行ってきました。 今回の賞は…まぁ常連みたいなモノなので特に珍しくも無いみたいなんですが… 今チャレンジ中(?)の松本清張生誕...
『ブラインドネス』 (『映画な日々』 cinema-days)
ブラインドネス ”白い病”と名付けられた原因不明の 伝染性失明が瞬く間に伝播。 罹患者は即刻隔離収容されるが... 【個人評価:★★ (2.0...
「ブラインドネス」大解説~「私には見えなくなる」の意味~ (映画にみるキリスト教文化と聖書)
医者の妻だけ目が見えるワケ。ラストシーンのナレーションと「私には見えなくなる」の意味。なぜ目が見える医者の妻は「力」を使おうとしないのか。医者の妻が収容所で泣いた理由。日本で「ブラインドネス」が不評をかう要因。黒い眼帯の老人とラジオ。亡くなった女を清め...
ブラインドネス (mama)
BLINDNESS 2008年:カナダ・ブラジル・日本 原作:ジョゼ サラマーゴ 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、アリス・ブラガ、ダニー・グローヴァー、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー、木村佳乃 ...
ブラインドネス (mama)
BLINDNESS 2008年:カナダ・ブラジル・日本 原作:ジョゼ サラマーゴ 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、アリス・ブラガ、ダニー・グローヴァー、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー、木村佳乃 ...
映画『ブラインドネス』を観て (KINTYRE’SDIARY)
94.ブラインドネス■原題:Blindness(EnsarioSobreaCegueira)■製作年・国:2008年、カナダ・ブラジル・日本■上映時間:121分■鑑賞日:11月29日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キ...
ブラインドネス (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 映画はモノクロームな世界観。 モノクロームって、Artを感じさせて くれますよね? 解説 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスが、ノーベル 文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化した心理パニック ・サスペンス。 ...