銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

告白(2010)

2010-06-19 | 映画:シネコン


告白が、あなたの命につきささる。

遅まきながら、鑑賞して参りました。実は6月の気になる映画、観たい映画には入れてなかった。「嫌われ松子の一生」の中島監督作だということを知ったのと、そしてブロガーさんの評価もかなり良いこともあって、、、、。これはやはり観ないといけない作品だと思ったわけです。

ということで、観た感想はですが、はい凄い衝撃作でした!パチッ!どころではありませんでした。松たかこのセリフじゃないけど、「ドカン!」です。もうもうこれは素晴らしい作品でした。

この映像表現、凄く素晴らしい!ぐっと惹きこまれてしまいます。

STORY(今回はウィキぺディアさんから抜粋)

市立S中学校、1年B組。3学期の終業式の日、森口先生演じる松 たか子が教壇に立ち、間もなく教師を辞めることを告げるシーンから始まります。生徒たちはそんなことはお構いなく、皆それぞれ自分たちの事をしている。携帯でメールをしていたり、教室を抜け出すものがいたり、、、、、。友だち同士の会話を楽しむものもいる、ざわざわ状態の中、森口先生は話を続けるのです。普通なら、生徒たちの勝手な振る舞いを、正すところなのだろうけど。プチっときれることがないのは何なのだろう?


命の尊さを彼らはどこまで理解できているのか?


だがすべての生徒が関心ないねってわけではない。教師を辞める原因は多分あれだ!と分かっているから。その確認の質問が飛ぶ。


娘の愛美を失くした森口の復讐が始まる、、、、、。

実は数カ月前、学校のプールで彼女の一人娘が死んだ。森口は、娘は事故死と判断されたが本当はこのクラスの生徒2人に殺されたのだと、犯人である少年「A」と「B」を(匿名ではあるがクラスメイトには分かる形で)告発し、警察に言うつもりはないが、彼らには既に恐ろしい復讐を仕掛けたと宣告して去っていく。

森口先生が去り、新学期が始まった。
2年生に進級したB組の空気はどこか異様だった。「少年A」こと渡辺は相変わらず学校へ来ていたが、「少年B」こと下村は一度も姿を見せていなかった。その後のクラスの様子と、一年でB組に何が起きたか一切知らない新任教師の「ウェルテル」こと寺田良輝(岡田将生)の愚かな行いを、クラス委員長の美月が悠子へ綴った手紙の形で語りだす。


熱血教師役には岡田将生君。


生徒たちのダンスシーン、なかなかお洒落です。

 


子供たちの演技も光っているよね!

 

美月(橋本 愛)は下村とは幼なじみで、家も近所。下村が不登校になった後、ウェルテルと共に下村の家へノートなどを届ける役目を担うことになる。かつては下村に好意を抱いていたが、渡辺との接触で心移りした。家族を毒殺したルナシーに憧れ、毒薬などを集めている。ウェルテルを異常に憎んでおり、下村が母親を殺害したのはウェルテルのせいだと告白した。しかし、渡辺の逆鱗に触れて絞殺されてしまう。

母親を殺してしまった下村直樹(藤原薫)。原作では下村直樹の姉、聖美が登場して母の日記を読むという風になったいるが、映画には姉は登場しない。下村が母親を刺殺するまでの出来事が、息子を溺愛する一方的な母の思いと共に綴られている。


木村佳乃演じる母の迫真の演技も注目

息子が犯した事件に対して、すべて森口に原因があると決めつける母優子。異常までの溺愛ぶりがうかがえる。

母を殺した下村は更生施設へ送られる。施設内で、共犯者渡辺との出会い、愛美殺し、そして母を殺すまでの苦悩をフラッシュバックで綴られていく。

そしてこの事件の主犯格である渡辺修哉(西井幸人)。「少年A」として森口に告白される。幼い頃から母親に電子工学などを学んだ。両親が離婚していて、現在は父親の元で暮らしている。幼少期に母親から○待を受けていたが、反して彼自身は母親を執着的なまでに溺愛しており、母親を侮辱されることを嫌う。家を出た母に注目されたいということから様々な発明品を作る。
『処刑マシーン』こと『びっくり財布』が全国大会で特別賞を受賞。新聞に載るものの、ルナシーと名乗る十三歳の少女が家族全員を毒殺するルナシー事件の影に隠れてしまう。優秀ではあるが、同級生はもちろん、担任である森口も含めて、全ての他人を見下すところがあった。義理の母に子供が誕生した後は部屋を祖母の実家に移され、疎外感を持つことになる。その上森口の告白により、クラス全員からいじめを受けるも何と撃退する。
好意を持っていた美月と付き合うことになるが、下村とのことを気にしている美月に対して、下村と同じ次元で扱われていることを知ると彼女を馬鹿にし出す。それに反撃する美月にマザコン呼ばわり。終いには彼女にまで手をかけてしまう。

やがて渡辺は第二の殺人事件を計画する。その内容は無差別殺人である。しかしその計画は、渡辺の復讐に燃える森口の罠によって落とされていくことになる。

森口はシングルマザーだった。愛する桜宮がHI●だという事が分かり、結婚は実現せず。。。。。彼女も優子と同じく愛美を溺愛していた。そんな娘が理不尽な理由によって下村と渡辺に殺されたことを知り、復讐の鬼となる。桜宮の血液を渡辺と下村の牛乳の中に混入させたが桜宮の手によって阻止されてしまう。下村への復讐は成功するが、渡辺の弱点は見つからず。彼の作ったウェブサイトや彼の生育歴などを調べ尽くす。北原美月殺害ということも突き止める。執拗なまで調べた森口はいよいよ渡辺に最も恐ろしい復讐で追い詰めるのである。そして渡辺の弱点は渡辺の母親だということを知るのである。


森口悠子から渡辺へ携帯電話の電話口で救いようのない最後の宣告が行われる「これが私の復讐であり、あなたの更生の第一歩だと思いませんか? 」 なんて、、、、。

松たか子さん、凄かったです。冷静さと、狂気的が入り混じっている復讐の鬼を上手く演じていた。彼女のイメージから想像出来ない感じですが。でもこういうキャラって意外に松さんのような清楚な女性にいそうですね。それにしても渡辺と下村の個人的な理由から、何故関係ない我子が巻き添え食わなきゃならないのか?人間の命をどう思っているのか?

やるせないよね。所詮彼らは捕まったところで,法律に守られるものね。森口が何度もその事を言っていたね。

それにしても今回の中島哲也監督の作品、思い切りリアルでした。

 

解説(allcinemaより抜粋)

2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテインメント復讐劇。担任クラスの生徒に娘を殺された女性教師が繰り広げる復讐の顛末が、事件に関わった登場人物たちそれぞれの視点から緊張感あふれるタッチで綴られてゆく。主演は「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」の松たか子、共演に岡田将生、木村佳乃。

 

オフィシャル・サイト
http://kokuhaku-shimasu.jp/

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラスト・ソング♪(2010) | TOP | ザ・ウォーカ―(2010)THE B... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄かったですねぇ (KLY)
2010-06-19 23:54:16
原作を先日読み終わったのですが、文字からだけ受ける印象に、中島監督の演出と松たか子さんの演技力が加わって、作品としてのレベルが上がったように思います。
あんまり邦画らしくない作品かなって思いましたよ。^^;
すごい!! (sakurai)
2010-06-22 16:23:14
とは思ったのですが、けっして好きではないです。
話自体もなんか最悪な読後感で、いやーーーな気持ちにさせてもらったんですよね。
作者の方が、元教師だったと聞いて、彼女の元教え子がこの話を見て、どう思ったのか知りたいところですわ。
松さん、凄かったです。 (マリー)
2010-06-27 13:26:14
この作品は森口先生のキャスティングがすべてかな~と思った。
原作が凄いのだから、普通の作品になるわけがないと思えたし・・・
だから、松さんの演技が本当に迫力あって~良かったと思いました。

木村佳乃さんも、ぴったりでした。
また、子供たちの演技が素晴らしかったですね。
映像もこのストーリーなのに、美しくて
余計に切なさ・儚さを感じた。

少年犯罪・・どんな事件でも加害者も被害者もこんなに不幸なことはない。
SOSに気づいてあげたい。親としてそんなことを思いました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

35 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
告白 (LOVE Cinemas 調布)
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・...
映画『告白』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
告白 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化{/ee_3/} 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白...
「告白」 (Con Gas, Sin Hielo)
過酷という種類のエンタテインメント。 「嫌われ松子の一生」が06年2位。「パコの魔法の絵本」が08年1位。 競馬予想で言えば連対率10割、本命ぐりぐり二重丸の中島哲也監督作品と来たら、期待しないわけがない。 しかし果たして、その大きな期待を決して裏切らない、...
『告白』:度肝を抜かれる映像だが意外と・・・ @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
多分、今年度2010年日本映画最大の問題作(のように思う)の『告白』。 原作は未読ですが、登場人物それぞれ一人称の「告白」で成り立っているのでしょうね。 それを、時間軸を見事に交差させ、視点も交差させ、時間の流れるスピードも工夫して、中島哲也監督が撮り...
『告白』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、中島哲也監督&脚本、湊かなえ原作、松たか子、岡田将生、木村佳乃共演。
★「告白」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 松たか子はなーー、声のトーンがイマイチ、ひらりんに合わず、 ヴィヨンの妻もHEROの検事の助手も良かったけど・・・。 今回は原作の評判が良かったのと、 予告編見てたら、ドッカーーンと爆発するシーンがあったので、 こりゃまた、中島哲...
『告白』 はじけたのは何か? (映画のブログ)
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
映画鑑賞記「告白」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.06.16 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 告白が、あなたの命につきささる <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  ある中学校、雑然とした教室。終業式後のホームルーム。1年B組、37人の13歳。教壇に立つ担任・森口悠子(松たか子)が語り出...
告白 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  少年犯罪の法的限界、母親と子供との在り方を、告白と復讐で紡いでゆく、暗く重いテーマを扱った作品である。だがスピーディーな映像とテンポの良いミュージックを使い、その重苦しさを軽快なイメージに見せかける手法は、なかなか斬新で見事であった。従来の...
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
告白 (心のままに映画の風景)
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白 (Akira's VOICE)
命を知るための課外授業。  
映像化の成功例 (笑う学生の生活)
15日のことだが、映画「告白」を鑑賞しました。 本屋大賞を受賞した原作 教師の娘の死をめぐるそれぞれの告白 いやー、久しぶりガツーンくる衝撃 原作を読ん...
告白 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 106分 映倫 R15+ 原作 湊かなえ 脚本 中島哲也 監督 中島哲也 出演 松たか子//岡田将生/木村佳乃 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを中島哲也監督が映画化。...
「告白」えげつない…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とあ...
告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(...
告白 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私...
[映画『告白』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だ...
告白 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月14日(月) 21:50~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『告白』公式サイト 中学校が舞台。 松たか子演じる教師、娘が生徒に殺されたと復讐に燃えるミステリー。 原作は本屋大賞受賞。例によって...
「告白」 人間の本質は自己中心性 (はらやんの映画徒然草)
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自
映画「告白」(ネタバレ注意) (MAGI☆の日記)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...
告白 (松たか子さん) (yanajun)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ...
告白 13歳ってこえ~っノォオオオオオ!! な~んてねっ。 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文...
【映画】告白 (新!やさぐれ日記)
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白(日本) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告で気になったので「告白」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生 上映時間:106分  中1のあるクラスの終業式後のホームルーム。 担任教師がたんたんと語ったのは、「わたしの娘が死にました。警察は事故死...
告白 (ここにあるもの)
信じることと、憎むことばかりが心を支配している蛹の時。 ひとつのパーツが、全てを粉々に壊してゆく。そこに救いはない。 都合よく救われない。要するに、そういうこと。 2009年本屋大賞受賞した湊かなえ『告白』の映画化。 本屋大賞といっても、読書が苦手な私には全...
告白 (映画的・絵画的・音楽的)
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜ...
『告白』@テアトルダイヤ (映画な日々。読書な日々。)
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この...
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
映画「告白」 (itchy1976の日記)
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...
「告白」(日本 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
13歳の殺人犯。 3歳の被害者。
映画「告白」見ました (国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ)
  小説は随分前に読みました。 小説はとても面白かったけど、結局誰一人救われないので読後どんより・・・ 映画化の話を知った時は「これをどんな風に?」っていうところに興味がわきつました。 小説の映画化という意味では、超完璧・・・というか小説でいまいちリ...
『告白』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
とある中学の終業式。今月で教師を辞めるという担任の女教師が、淡々と「告白」を始める。 私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです――。 湊かなえのベストセラー小説を映像化。...
映画評「告白」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・中島哲也 ネタバレあり