銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

消されたヘッドライン◆STATE OF PLAY

2009-05-28 | 映画:シネコン

暴くのか、逃げるのかーーーー。

それは、ひとりの新聞記者が見た“現代アメリカの最大の闇”

5月25日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ラッセル・クロウ、また一段とでかくなりましたね。そのうえロングヘアーです。少しきもい感じもありますが・・・・。

実はラッセル・クロウ&ベン・アフレックのキャストではなかった?

この映画のキャスティングですが。最初は何と、ブラビとエドワード・ノートンだったそうです。ケヴィン・マクドナルド監督のところに、ブラビのプロダクションから、この映画の企画が来たそうで、話し合いも行われ、ブラビもこのジャーナリスト役を演じたいと意欲的だったそうです。ところが「ベンジャミン・バトン」の撮影で忙しくなった間に、監督らが脚本を完成させたものは彼の思うものではなかったようです。結局撮影の1週間前に降板ということになったというお話だそうです。
結果オーライ!監督曰く、主人公カル・マカフリーは、まともに女性とはつきあえず、見た目も冴えない男。ブラビのようなスーパースターが演じるのは、監督自身想像しづらかったと話しています。
そしてこの相手役に選ばれていたノートンのスケジュールにも支障が出て。彼も出演しないことになった。ノートン自身、ブラビとの再共演出来ることが魅力的な話だったのに、彼が出ないなら、意味がなくなったというわけらしい。そんな経緯があって、監督自身が役柄によりふさわしいキャストを得られることになったとのこと。
そいでもってラッセルがこの役に抜擢されたようですね。いやあ~良かったです。確かにブラビのイメージではないですものね。

原作となったのはTVドラマ・シリーズ。2003年5月18日~6月22日にかけて、イギリスBBC1で放送された「ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~」という作品だそうで、日本でも2008年10月8日より、NHKBS2で水曜日夜11時から放送されたらしい。TV版で脚本と製作総指揮を手がけたポール・アボットが今回の映画化でも参加している。英国のミステリー・ドラマ等で活躍している凄い人だそうである。同国出身のケヴィン・マクドナルドが監督したこの「消されたヘッドライン」はオリジナルのTV版の魅力を活かしながら独自の変更を加えているようだ。

STORY

スキャンダルから陰謀へ 

ワシントンD.C.でふたつの事件が相次いで起こった。

事件その①、ドラッグ中毒の黒人少年スタッグが、裏通りで何者かに射殺された。犯人は殺害直後、偶然現場を通りかかったサンドというピザ配達人までも口封じのため殺そうとしたが。重傷を負いながらも一命を取り留めた。

事件その②、気鋭の連邦議会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く有能な女性職員ソニア・ベーカーが、出勤途中の地下鉄で突然死した。

コリンズはその悲報を聞いて動揺を隠せない。大勢のマスコミの前で醜態をさらしてしまう。彼にはアンという妻がいるのだが、ソニアとFURIN関係にあったのだ。すかさずメディアはコリンズとソニアのスキャンダルを大々的に報じた。
アン・コリンズ(ロビン・ライト・ペン
ショーン・ペンの奥様です。


スティーヴン・コリンズ役には、ベン・アフレック。パール・ハーバーに出ていたけれど覚えていません。弟はケイシー・アフレック。

その成り行きを苦々しく見つめるのは、カル・マカフリー(ラッセル・クロウ)という地元新聞社ワシントン・グローブ紙の敏腕記者だ。彼とコリンズは大学時代からの友人だった。


その夜、カルはマスコミの取材攻勢によって行き場を失ったコリンズを自宅に迎え入れる。ソニアの死因はZISATUと報じられるが、コリンズはソニアから個人的な連絡を受けていたのでZISATU説はありえないと主張。


翌日、スタッグ殺害事件を担当していたカルは、死体安置所でスタッグの遺品のの通信履歴を調べ、驚愕の事実に突きあたる。何とスタッグは死の直前にソニアのに電話をかけていたのだ。鍵を握るのはスタッグの恋人だったマンディとう少女。彼女の情報→窃盗の常習犯だった彼の盗んだには何者かがトウサツしたソニアの写真が数点、拳銃も入っていたという。どうやらスタッグはのも持ち主に殺されたらしい。ソニアは、スタッグ殺しの犯人と同一人物に消されたのでは??まったく無関係に見えた事件は思わぬ形で結びつく。

真実を追う記者たち、迫る危険!

カルは同新聞紙のWEB版の若手女性記者デラ(レイチェル・マクアダムス)と組み、さらなる取材を進める。

 デラ・フライ役(レイチェル・マクアダムス)


コリンズは国防総省の一部事業民営化に関する公聴会で委員長を務め、その業務の受託を目指す民間軍事企業ポイント・コープ社と激しく対立していた。ソニアの死は、コリンズ失脚をもくろむポイント・コープ社の思惑なのでは?それがカルが思い描く陰謀の構図だったが、彼の厳しい上司である編集局長キャメロンは陰謀説に疑念を抱く。


キャメロン・リン(ヘレン・ミレン


しかしカルの推測はぐんぐん現実味を帯びていく。まず病院の集中治療室で意識を取り戻しかけたピザの宅配人サンドが、取材で駆けつけたデラの目の前で暗殺された。
デラが、その直前病院ですれ違った怪しげな男は、ソニアの死亡現場である地下鉄ホームの監視カメラに映っている。この男が殺し屋だと疑ってもおかしくないのだ。
次にポイント・コープ社の元軍人と接触するカルは、同社がイラク戦争で莫大な利益を得ているうえに、国内の軍事業務で数百億ドル規模の利権獲得をもくろんでいることを聞き出す。コリンズやカルが敵に回した相手は、あまりにも巨大で危険極まりない存在だったのだ。

そのスクープが、アメリカを葬り去る。

殺し屋の襲撃を危機一髪で逃れたカルは、ライバル紙にネタをスッパ抜かれて激怒するキャメロンから、8時間内に記事を仕上げろと厳命される。

残る手掛かりは、ポイント・コープ社とソニアの双方に接点を持つドミニク・フォイ(ジェイソン・ベイトマン)という広告PRマンだった。


ジェイソン・ベイトマン、「ハンコック」や「ジュノ」でお馴染の方でした。

ドミニクを強引にホテルへ連れ出し、違法行為と承知でビデオの隠し撮りインタビューを敢行するカルとデラ。

カルの鋭い追及に屈したドミニクは、自分がポイント・コープ社にソニアを紹介したこと、ソニアが同社のスパイとしてコリンズに近づき、図らずも恋に落ちた彼との子供を身ごもったことを告白する。


大物議員ジョージ・ファーガス(ジェフ・ダニエルズ


さらにコリンズの証言で、彼の後ろ盾であるべテラン議員ジョージ・ファーガスがソニアの採用を強く推薦した事実も発覚。ポイント・コープ社と現職大物議員が軍事利権をめぐって癒着し、一連の殺人事件に関わっていたという信じがたい図式が鮮明に浮かび上がった。
はたしてワシントン・グローブ紙は、この超大国アメリカを震撼させる世紀の一大スクープで、翌朝のヘッドラインを飾れるのか?
ぎりぎりまで延ばしてきた入稿の最終〆切は目前に迫っていた。疑惑を否定し、権力を傘に露骨な圧力をかけてくるファーガス。政治生命を賭して取材に応じ、すべての事実をぶちまけようと決意するコリンズ。

そしてもはや後戻りのできない国家権力との闘いに腹をくくるカル、デラ、キャメロン。しかしこの巨大な陰謀の闇には、命がけの取材を積み重ねてきた彼らにもまだ知りえない衝撃の真実が隠されていた・・・・。


スティーヴン・コリンズは真実をぶちまけるとカルに伝えるが・・・・。ところが予想もつかないドンデン返しとなるわけです。はい・・・・。しらじらしいよね。

イギリスBBC製作のTVシリーズ「ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~」をラッセル・クロウ主演で劇場版にリメイクした社会派サスペンス。舞台をアメリカに置き換え、一見関連のない2つの事件を繋げる国家的陰謀を嗅ぎ取った新聞記者が、真相をめぐって巨大権力と繰り広げる熾烈な駆け引きとその真実の行方をスリリングに描く。共演に「デアデビル」のベン・アフレック、「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「クィーン」のヘレン・ミレン。監督は「ラストキング・オブ・スコットランド」のケヴィン・マクドナルド。(allcinemaより抜粋)


ケヴィン・マクドナルド監督、若~い!

※脚本にはトニー・ギルロイが参加していた。最新作デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (2009)は今ひとつだったよね。本作はむちゃくちゃ悪くないけど、ありきたりな感じもしました。斬新さがないのでは・・・・・?

何かもう少し欲しいよね。なんだろう?最近そんなことを思う作品が多いような。

メディア 映画
上映時間 127分
製作国 アメリカ/イギリス
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2009/05/22
ジャンル サスペンス
暴くのか、逃げるのか──。


オフィシャル・サイト
http://www.stateofplaymovie.net/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://kesareta.jp/

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   Trackbacks (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイアナの選択:THE LIFE ... | TOP | 映画は映画だ▽▲キム・キドク... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
模様替え~ (KLY)
2009-05-29 00:00:54
おしゃれな雰囲気のサイトになりましたね~^^なんか落ち着きます♪

ラッセルのメタボはとりあえず置いといて、話的には彼のおかげで引き込まれました。が、まあ全体としてはまあまあって感じでしたよね。^^;
やっぱり連ドラが元だけに2時間にするとどこかで無理して脚本作ってるからそうなっちゃうのかなぁ。逆に言えばよくまとまってはいたと思いましたけど。

次のロビンフッドではラッセル痩せてるみたいですね~。migさんとこに写真ありました。(笑)
ラッセル・・・ (sakurai)
2009-05-29 08:43:36
「ワールド・オブ・ライズ」で、でっぷりとなってから、戻らず・・・勘弁して!ってなラッセルでしたね。
でも、あのきちゃない感じが今回の役にはあってたと思います。
政治と、金と、軍事企業!!アメリカの三大話になりそうですが、なかなかおもしろかったです。
ちゃんとTVシリーズ見ればよかったと今更ながら後悔。
でも、アメリカの新聞って、結構とんでもない取材のやり方やってんだな、などとも感じましたが、どこも同じなんでしょうかね。
次のシリーズだった「ステート・ウィズイン」は見て、とってもおもしろかったのですが、そっちも映画化されるのでしょうかね。ハリウッドのネタ不足も感じます。
TBありがとうございました (KGR)
2009-05-29 09:46:33
>本作はむちゃくちゃ悪くないけど、
>何かもう少し欲しいよね。なんだろう?

同感です。
途中まではなかなかおもしろかったのに、
最後はこじんまりと終結してしまった。
そんな感じでした。
Unknown (mig)
2009-05-29 18:24:12
こんばんは☆コメTBありがとうございます♪

ベンといえば「アルマゲドン」が一番ヒットしたかなぁ~その前から好きで全部観てますが、
ラッセルとの同級生はちょと無理あったかな(笑)

でもなかなか良かったですよね、
内容的にはわたしも普通で退屈しないかわりにハラハラしたりもなかったです
Unknown (えふ)
2009-05-29 21:20:10
ブラビとエドワード・ノートンのコンビも見たかった気もしますが、
これはラッセルとベンで良かったのかな~
という気もします(苦笑)
こんばんわ♪ (maru♪)
2009-05-31 01:59:32
TBありがとうございました!

ブラピだとヒーローになり過ぎる気がしますね。
カルは記者で刑事ではないので、
ラッセル・クロウのあの感じでよかったと思います。
エドワード・ノートンのスティーブンは見たかった気がしますが、
こちらもオチを考えるとベン・アフレックでよかった気がします(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

49 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
消されたヘッドライン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そのスクープが、時代を揺るがす。』  コチラの「消されたヘッドライン」は、2003年にイギリスBBCで放送された大ヒットサスペンスドラマをハリウッドで映画化した5/22公開の社会派サスペンスなのですが、早速観てきちゃいましたぁ~♪ちなみにオリジナルのドラマ...
消されたヘッドライン/ラッセル・クロウ (カノンな日々)
この映画、脚本にはトニー・ギルロイも参加してたんですね。シネコンに掲示されてたポスターを見たときに初めて気づきました。劇場予告編では濃厚そうなサスペンスって印象でしたけど、その一方でラッセル・クロウのロン毛とちょっとメタボな体型が気になるのでした(笑)。...
消されたヘッドライン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:STATE OF PLAY。ケヴィン・マクドナルド監督、ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン。ラッセル・クロウの主演する映画はどうも水が合わない、というか、この作...
消されたヘッドライン (LOVE Cinemas 調布)
イギリスの大人気サスペンスドラマをハリウッドでリメイクした作品。主演ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンと実力ある俳優がそろったサスペンスムービー。監督はドキュメンタリー映画の鬼才ケヴィン・マクドナルド。...
『消されたヘッドライン』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
『消されたヘッドライン』俺たち!ジャーナリスト試写会っていうので試写会に当たって、昨夜は東宝東和さんの試写室で試写を観てきました。 東宝東和さんの試写室、確か2度目のはずなんですけど、めちゃくちゃ道に迷ってしまった方向音痴な自分。30分以上歩いて、しかも...
消されたヘッドライン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
観ようか、、、観まいか、、、悩んだのよ~コレ。・・・・・ラッセル・クロウったら、、、太り過ぎじゃないポヨ~ン いや、、、笑顔はキュートだけどサ【story】ワシントン・グローブ紙の敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、旧友の国会議員コリンズ(ベン・アフレ...
消されたヘッドライン (迷宮映画館)
2時間に収めるのは、やっぱもったいない。
試写会「消されたヘッドライン」(写真追加) (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/4/26、スペースFS汐留での開催。 プロガー限定。 最初に登壇したスタッフの言によれば、マスコミ試写より早い、とのこと。 本当かどうかは分かりませんが、「早く見せてあげる」というフレーズには滅法弱い。 映画本編開始前の出来事は別記事に書いた。 ...
[消されたヘッドライン] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:STATE OF PLAY公開:2009/05/22製作国:上映時間:127分鑑賞日:2009/05/23監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン、ジェフ・ダニエルズ...
【消されたヘッドライン】 (日々のつぶやき)
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン      暴くのか、逃げるのか―。 「ワシントンで起きた二つの事件。 黒人の少年がド
いろんな題材がてんこ盛り。『消されたヘッドライン』 (水曜日のシネマ日記)
殺人事件を切っ掛けに新聞記者の目線を通して様々なアメリカの闇の部分が見えてくるサスペンス映画です。
消されたヘッドライン (Peaceナ、ワタシ!)
暴くのか、逃げるのか-。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 週末『消されたヘッドライン』の試写会へ行ってきました! なんと! 「ブロガー限定」の試写会だったんです! (マスコミ関連の試写より早いんだって…) わ~、招待されるとは光栄だわ...
消されたヘッドライン 戦争とはお金儲けのためのものなのか・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 31 -8-】 スタートレック{/m_0058/}がどうしても観たくて{/m_0084/}、で、見に行くなら日曜日になるんで、少しでもお安く{/m_0186/}観るために、公開日{/m_0167/}前日ギリギリで前売り券{/m_0065/}をゲットしてきた。 するとちょうど「消されたヘッドライン」がまもな...
映画「消されたヘッドライン」@スペースFS汐留 (masalaの辛口映画館)
今回の試写会は劇中に登場する新聞社“ワシントン・グローブ社”日本支社に登録した市民ジャーナリストを招いた試写会で、なんとマスコミ試写より早いブロガー試写会だそうだ。上映前には「鑑賞の心得」、超簡単な「カルトクイズ」があっての上映となった。客入りは満席。...
消されたヘッドライン ▲65 (レザボアCATs)
'09年、アメリカ原題:State of Play監督:ケヴィン・マクドナルド製作:アンドリュー・ハンプトン、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー製作総指揮:ポール・アボット、E・ベネット・ウォルシュ、ライザ・チェイシン、デブラ・ヘイワード原作:ポール・アボット脚本...
消されたヘッドライン (だめ男のだめ日記)
「消されたヘッドライン」監督ケヴィン・マクドナルド出演*ラッセル・クロウ(カル・マカフリー)*ベン・アフレック(スティーヴン・コリンズ)*レイチェル・マクアダムス(デラ・フライ)*ヘレン・ミレン(キャメロン・リン)*ジェイソン・ベイトマン(ドミニク・フォイ....
『消されたヘッドライン』 (2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:STATEOFPLAY監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ジェイソン・べイトマン試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>ワシントンD.C.で相次いで起こった二つの事....
消されたヘッドライン (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/アメリカ・イギリス 監督: ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ    ベン・アフレック    レイチェル・マクアダムス    ヘレン・ミレン
消されたヘッドライン (勝手に映画評)
元はイギリスで製作されたTVドラマ「ステート・オブ・プレイ ~陰謀の構図~」。元となったドラマは、全6時間の作品であったのですが、映画化に際して、2時間の物語に再構成されています。 6時間を2時間にしたわけですが、それが功を奏したのか、ちょっと小忙しい感は若...
「消されたヘッドライン」 (てんびんthe LIFE)
「消されたヘッドライン」よみうりホールで鑑賞 久々に面白いサスペンスをみたと感じました。 新聞社、政治家、闇の組織、殺人…。 おいしいとこ取りな感じもするけれど、それなりに緻密になれらた原作がなければ成り立っていかないと思のです。 ラッセル・クロウは...
「消されたヘッドライン」みた。 (たいむのひとりごと)
予告編やキャッチコピーから、またしても余りに強大な闇の力と圧力に屈するしかない・・といった後味のスッキリしないラストを思って観ていたのだが、どうしてどうして(^^)「えー、新聞がはみ出て折れてるんです
消されたヘッドライン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] たった一言、口が滑ったことも見逃さない敏腕記者。
映画レビュー「消されたヘッドライン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
◆プチレビュー◆巨大な権力にペンの力で挑むポリティカル・サスペンス。終盤、ひねりすぎるのが惜しい。 【70点】 ワシントングローブ紙の敏腕記者カルは、黒人少年の射殺事件と、国会議員コリンズの部下で愛人の女性が突然死した事件に、奇妙な共通点を嗅ぎ取り調べ...
消されたヘッドライン (ダイターンクラッシュ!!)
5月24日(日) 17:00~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『消されたヘッドライン』公式サイト 薄汚いデブが似合うラッセル・クロウと阿呆面ベン・アフレック競演の政治スリラーかつ企業...
消されたヘッドライン   試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
暴くのか、逃げるのか──。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 巨大権力VS.新聞社 果たして、本当にペンは剣よりも強いのか。 何の関係もない2つの殺人事件がひとつの糸で結ばれた時、”現代アメリカ最大の闇”がその姿を現す。 2009年 ...
消されたヘッドライン (心のままに映画の風景)
ワシントンDC。 ドラッグ中毒の黒人少年スタッグが何者かに射殺された。 時を同じくして、国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフ...
【映画評】<!-- けされたへっとらいん -->消されたヘッドライン (未完の映画評)
辣腕新聞記者がアメリカ軍需産業の闇を暴くサスペンス映画。
「消されたヘッドライン」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.5.19 22日に公開される「消されたヘッドライン」。 監督:ケヴィン...
『消されたヘッドライン』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【STATE OF PLAY】 2009年/米・英/東宝東和/127分 【オフィシャルサイト】 監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン
消されたヘッドライン (だらだら無気力ブログ)
イギリスのBBCテレビのテレビドラマを舞台をアメリカに変更して リメイクしたサスペンス。 関係のない2つの事件から巨大な陰謀を嗅ぎ取った新聞記者が真相を めぐって奔走する様をスリリングに描く。ワシントンDCでドラッグ中毒の黒人少年が射殺される事件と。 国...
消されたヘッドライン/State of Play (いい加減社長の映画日記)
更新が、遅れておりますが^^; 先週の土曜日は、レイトショーのはしご。 ほんとは、金曜日の公開日に観たかったんだけど、またしてもミーティングが長引き、間に合わず。 ということで、1本目は、「消されたヘッドライン」。 ラッセル・クロウ演じるジャーナリストが、巨...
『消されたヘッドライン』 (・*・ etoile ・*・)
'09.04.26 『消されたヘッドライン』(試写会)@スペースFS汐留 yaplogで当選。映画の中で主人公が勤める新聞社、ワシントン・グローブ社の日本支社がweb上で発足。ブロガー記者の記事をピックアップしていくのだそうで、この試写会もブロガー限定。ワシントン・グローブ...
消されたヘッドライン (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:ケヴ
消されたヘッドライン (犬・ときどき映画)
消されたヘッドライン[State of Play] ストーリー 冒頭、黒人の青年が銃で撃たれて殺される、そこを偶然通りかかったピザの配達人も撃たれて重体。 そして翌日の朝、コリンズ議員の助手のソフィアが謎の死をとげる。 コリンズとソフィアは不倫関係にあったのだ、そしてそ...
消されたヘッドライン (Movies 1-800)
State of Play (2009年) 監督:ケビン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン 2003年にイギリスで放映され好評を博したTVシリーズ(全6話)をハリウッドで映画化した作品で、ワシントンを舞台に、射殺と転...
消されたヘッドライン - STATE OF PLAY - (個人的評価:★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
ラッセル・クロウ×ベン・アフレックということで興味を持った消されたヘッドラインを観てきました。 CMとかキャッチコピーで煽ってた割...
「消されたヘッドライン」を観る (紫@試写会マニア)
「消されたヘッドライン」を観てきました。 新型インフル騒ぎで試写会を遠慮し、縁がない作品とやや諦めていたのですが、やっぱり観て良かった。何の特典もない平日の真昼間に行く劇場はスカスカ。でも男気あふれる作品のせいか、部長クラスのお独り様スーツ族が暗がりの...
「消されたヘッドライン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「State of Play」2009 USA/UK/フランス 新聞記者カル・マカフリーに「プロヴァンスの贈りもの/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「ワールド・オブ・ライズ/2008」のラッセル・クロウ。 下院議員スティーヴン・コリンズに「ハリウッドランド/2006」の...
消されたヘッドライン を観ました。 (My Favorite Things)
ベン・アフレックはやはり相性が悪いかも…。
「消されたヘッドライン」(試写会:教育会館 一ツ橋ホール) (なつきの日記風(ぽいもの))
JUGEMテーマ:映画 現題:「STATE OF PLAY」 監督:ケヴィン・マクドナルド 原作:ポール・アボット 脚本: マシュー・マイケル・カーナハン、トニー・ギルロイ、ビリー・レイ 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダム...
「消されたヘッドライン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                         「消されたヘッドライン」 ラストの解りにくさを除けば素晴らしい作品ですね! コンピューターなどに押されて情報媒体としては斜陽的な位置づけにある「新聞」というメディアを扱ったクライム・サスペンスであります...
アンジェリーナさんとブラッド・ピットさんジンバブエの首相に哀悼の電話 (アンジーとブラビの芸能&慈善活動のニュース)
第81回アカデミー賞授賞式に出席した俳優ブラッド・ピットと女優アンジェリーナ・ジョリー
消されたヘッドライン(アメリカ/イギリス) (映画でココロの筋トレ)
なんとなく観てみよっかな。と、「消されたヘッドライン」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン 上映時間:127分 ...
消されたヘッドライン (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[消されたヘッドライン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年50本目(46作品)です。 国会議員のスティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く美人職員のソニア(マリア・セイヤー )が、出勤途中に駅の...
『消されたヘッドライン』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
地下鉄構内で一人の女性が事故死した。 その被害者ソニアは、民間軍事企業ポイント・コープ社と国防総省との癒着を追及する調査委員会を主導している気鋭の若手議員コリンズのスタッフで、かつ愛人関係にあったことからマスコミはスキャンダルに飛びついた。 しかしワシ...
mini review 10433「消されたヘッドライン」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
イギリスのBBCテレビの人気ドラマを『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド監督が映画化したポリティカル・サスペンス。あるスキャンダルをきっかけに、巨大な陰謀に巻き込まれていく記者たちの戦いの日々を描く。粘り強いベテラン記者を演じる...
『消されたヘッドライン』 (『映画な日々』 cinema-days)
消されたヘッドライン 親友の議員がスキャンダルに嵌められた。 新聞記者は事件を追う内に背後に隠された 意外な真相に気付く... 【個人評...
映画評「消されたヘッドライン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ=イギリス映画 監督ケヴィン・マクドナルド ネタバレあり
消されたヘッドライン (いやいやえん)
全く関係ないように見えた2つの事件が重なるとき、軍需産業の絡んだ陰謀、政治家と企業の癒着など、政治の暗部がみえてくる…と思ったような思ってないような作品。 結末のどんでん返しは捻られており、オチがまさ