銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

レボリューショナリー・ロード◎燃え尽きるまで

2009-02-04 | 映画:シネコン

 

 

Happyで美しい恋愛ドラマかと思っていたら・・・・。

1月30日、MOVX京都にて鑑賞。

「エレジー」とはまったく反対のドラマでした。あの「タイタニック」の美男・美女カップルが11年目に再度タッグを組んだ作品です。ケイト・ウィンスレットはこの作品で、見事第66回ゴールデングローブ賞主演女優賞をゲット!残念ながらレオ君はまた逃してしまいました。ちょっと残念ですね。

単なる夫婦の愛の物語だと勘違いしていました。ところがふたを開けたらまったく予想外の内容で、どのように書いたらいいのか?考えちゃいますよね。とりあえずライターや評論家ではないので、しょぼい感想程度ですが、お許しあれm(__)m

何かね、ラストが何ともいえない虚しさやいたたまれない気持ちが一気に押し寄せた感じでした。傍から見れば、理想的な夫婦で生活も中流階級。住んでいるところも、アメリカのコネチカット州で“レボリューショナリー・ロード”にある閑静な住宅街で、アメリカ人なら誰もが夢見る“豊かなアメリカ”の象徴的な場所らしいです。

このふたり、絵になりますね。何かハッピー♪そう

STORY(感想など含めて・・・・)

1950年半ば、夫フランク(レオナルド・デカプリオ)はここから毎日、ニューヨークの大会社に通勤し、その間、エイプリル(ケイト・ウィンスレット)はこんじんまりした可愛らしい白い家で、愛くるしいふたりの子どもの面倒を見る。そんな若々しい彼らを「とっても可愛いカップル」と賞賛し、何かと世話を焼くのが不動産業者のヘレン・ギヴィングズ(キャシー・ベイツ)や隣に住むシェップ(デヴィッド・ハーバー)とミリー(キャスリン・ハーン)キャンベル夫婦との付き合いもこなしていた。とにかく絵に描いたようなもう素晴らしい夫婦なんですね。

この出会いは運命的だけど、それは思わぬ方向へと繋がるものだった。

出会いはあるパーティ会場。フランクは彼女のような美しさに惹かれ、エイプリルは彼の個性豊かなに惹かれ、人生が素晴らしいものになると信じて結婚した。そうこの瞬間のひらめきが、後になってどつぼ状態にはまることになろうとは?

フランクはニューヨークの事務機会社ノックス社の社員、エイプリルは家庭を守る専業主婦。

ところがこのふたりの心の中には・・・・・。

フランクは漠然と抱いていたヨーロッパで成功する野望

エイプリルは夢見ていた女優への道

胸に秘めた思いは7年の結婚生活の中で、次第に二人の関係をギクシャクさせる。

そんなある日、エイプリルが突然切り出したとんでもない計画を提案!

それはこの家を引き払い、パリで暮らそうというものだった

良き母、良き伴侶に見えますが、実は・・・・・・。

戸惑いをみせるフランクだったが、互いの思いを押し殺し、“本当に生き甲斐のある結婚生活ではなかった”これまでの歳月を取り戻すため、この未知なる冒険に身をう委ねる決心をする!それは同時に、ふたりの愛が試される大きな賭けでもあった。

 

 ところが、予定外の出来事がエイプリルを襲う。一方フランクの身にもだ。エイプリルは望まない妊娠・・・・。フランクの場合は、仕事が認められるという大きな出来事が起こる。今までは仕事では報われなかっただけに、今後の道が大きく開かれるという大チャンス!パリ行きには躊躇するようになる。

エイプリルは大きな失望感に見まわれる希望の道はそこで絶たれた。逆にフランクにとっては、パリ行きを断念できる理由になったわけだ。内心はラッキーってところでしょうか。

エイプリルはまた普通の主婦としてこの場所で今までどおりの生活をしなければならくなった。自分の生きる道を模索しながら、やっと見つけた“パリ行き”なのに・・・・。夢は奪われ、行き先を見失ったのか?消失感が彼女を襲っているように見える。

50年前は、女性にとって結婚が一番の幸せだといわれた時代だった。今は随分変わってきた。働き、自立を目指す女性が当たり前の時代だが。

きっと結婚が唯一女性の幸せと言われ、エイプリルも何の迷いもなく、受け入れた。しかしいざ結婚はしたものの、自分が描いていたものではなかったことに気づいたのだと思う。完璧な結婚生活は、本人の無意識の中でストレスとなっていく。漠然としたイライラはやがて夫にも向けられる。

その関係は不協和音となり、ふたりの間に危機感が生まれるのはもちろんのことだ。乗り越えようと頑張るのか?あっさり別れてしまうのか?

少なくともフランクは乗り越えたいと思っていた。でもエイプリルはその気はなかった。つまりもうフランクを愛していなかったような?気がしたのですが。実際は分かりません。

書けば書くほど難しくなります。少なくともふたりの心がすれ違うことになったのはあるようですね。彼女が結婚して、訪れた人生の転機を彼と乗り越えることができなかったことでしょうか?つまり夫フランクとは運命共同体になれなかったのかもしれませんね。誰しも縁や運命というものが付きまといます。あのときあの人と出会っていたから、この人生がある。もしあの時ああしてたら、こうなっていた。色々考えるとつきませんが・・・・。その人、その人の人生、運命は決まっているということです。

エイプリルが結婚せず、独身で女優を続けていたらどうなっていたか?幸か不幸か?それも分かりませんね。

これが彼女の選んだ人生、そしてこの結末も彼女が選んだ人生なのでしょう。刹那的なものを感じましたが・・・・。心病んでいた彼女を夫フランクが癒せたら良かったのか?悔やんでも仕方ないけれど、この結末に複雑な心情になりました。

エイプリルは本当に燃え尽きたのでしょうか?

 

不動産仲介業 ヘレン・ギヴィングス(キャシー・ベイツ)

 

ジョン・ギヴィングス(マイケル・シャノン

ヘレンの息子。彼は夫婦の危機感を見抜いていた!凄い洞察力です。

ミリー・キャンベル(キャスリン・ハーン)

シェップ・キャンベル(デヴィッド・ハーバー)

密かにエイプリルに思いを寄せていた。ある夜、エイプリルと・・・・・。

 

モーリーン・グルーブ(ゾエ・カザン)

フランクの会社に勤める。フランクとできてしまう。

さて思いがけないとは言いませんが、ラストがかなり衝撃的です。ぜひ未見の方、シアターへお出かけ下さい!

 試練を乗り越えた盟友ケイトとの未知への挑戦

ケイトとなら、どんな困難も乗り越えられそうな気がしたんだ。(レオナルド・デカプリオ)

 夫とのタッグが実現した夢のプロジェクト

サムは「レオを夫役に!」っていうアイデアにも賛同してくれたの(ケイト・ウィンスレット)

「タイタニック」から11年ぶりに共演、この記事の詳細はこちらをご覧下さい。

※先日NHKBSで第66回ゴールデングローブ賞の授賞式が再放送されました。ケイト・ウィンスレットが2作品で助演女優賞、主演女優賞をダブルゲット。快挙です!彼女はかなり興奮していました。ケイトのイメージは落ち着いた女優さんって感じでしたが、意外にそそっかしく、せっかちな女性のように見えました。本当はどうなのでしょうかね。

更に追記解説:L・ディカプリオとK・ウィンスレットが『タイタニック』以来11年ぶりの共演を果たした本作。不世出の天才作家、リチャード・イエーツが61年に発表した処女小説を、『アメリカン・ビューティー』でオスカーに輝いたサム・メンデス監督の手により映画化。傍目には理想の夫婦に見えるカップルが、それぞれに理想と現実のギャップに悩み、葛藤し、立ちはだかる問題に阻まれながらも、愛と夢を守ろうと苦悩する姿が描かれる。メンデス監督は『アメリカン・ビューティー』同様に、眩いまでの陽の光のもとに、郊外に住む家族の抱える空虚さと絶望を描いているが、もがき苦しむ若夫婦の姿は、50年代のアメリカが進んだ道を暗示しているかのようでもある。
(goo映画より)

 

 公式サイト

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エレジー◇ELEGY 愛があるな... | TOP | この自由な世界で●it`s a f... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
すさまじきもの・・ (sakurai)
2009-02-05 10:13:03
を見た・・・と言う感じでしたね。
時代もあるのかもしれませんが、「リトル・チルドレン」なんてのもありましたから、郊外のマダムなんてのは、早々変わらないのでしょうか。
暇なのが一番の元凶だと思うのですが、アメリカの郊外の閑静な住宅地に住む妻は、コウでなければならない・・・と言う呪縛に、自らはまっているような気がしました。
郊外妻にぴったりなのは、ミリーみたいな、知ってるけど黙ってるわ・・・と言うタイプでしょうかね。
こんにちは~ (kira)
2009-02-05 13:06:03
ここで描かれている50年代のアメリカのマイホームブームは、
更に20年ほど遅れて日本にもやってきましたね。
同じような概観の家に、同世代の家族が
このレボリューショナリーロードのような人間関係を作っていった時代。
日本もアメリカも、人と同じレベルでいたいという願望は同じだったかも。
そんな「幸せごっこ」から抜け出したかったエイプリルは、やがて第2のジョンになるところ。
いえ、既に病んでいあたとも思えますが、、。
ドライに見える現代の女性も、結婚に多大な夢を持っているのは案外変わらず、
恋愛のゴールが自分にとっての「結婚」でいいのか?
もう一度考えて欲しいと思ったりしたオバチャンでした
ケイト。 (BC)
2009-02-07 14:50:42
mezzotintさん、こんにちは。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

ケイトとレオは再共演だけあって演技の呼吸は合っていましたね☆

ケイトは『ホリディ』では明るくはじけた役柄を演じていて生き生きしていたので、
素はキュートな女性なのかもしれないですね。
(*^-^*

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

65 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは──誰もが逃れられない<運命の愛> あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。』  コチラの「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、不沈の大ヒット作「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの再共...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (LOVE Cinemas 調布)
つい先日のゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来11年ぶりに共演。しかも監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットの旦那様。アカデミー賞では3部門でノミネートするなど、とにか...
レボリューショナリー・ロード (迷宮映画館)
サム・メンデス節!!全開。
レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで■この脇役がすごい! (映画と出会う・世界が変わる)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの熱演・好演に異論はないが、この主人公ふたりを引き立たせて、この映画の核心をついている脇役はキャシー・ベイツ演じるヘレンの息子ジョンである。心を病む人物であるが、二人の実体を見事に顕在化していくのである。...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで/Revolutionary Road (いい加減社長の映画日記)
ここんところ、観たい映画が目白押し。 困ったもんです。時間的にも、お金的にも^^; まずは、「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」を選択。 ディカプリオ、ウィンスレットの「タイタニック」コンビの共演。 そして、アカデミー賞候補になったことでも話題に...
「レボリューショナリー・ロード」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  とても重い。でも秀作。サム・メンデス監督の作品に共通することかもしれませんがとにかく重たい、でも見応えがあり、心に残る何かがあります。「アメリカン・ビューティ」しかり、「ロード・トゥ・パーディション」「ジャーヘッド」どれ...
レボリューショナリー・ロード (Akira's VOICE)
趣味を持とう。  
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ともやの映画大好きっ!)
(原題:REVOLUTIONARY ROAD) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★☆☆☆) 1961年に発表されたリチャード・イエーツの処女小説「家族の終わりに」を映像化。 「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが、11年ぶりに競演するヒューマンド...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ。「タイタニック」はヨーロッパからアメリカへ、そして今度はアメリカからヨーロッパへ、逆タイタ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (to Heart)
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベ...
「レボリューショナリー・ロード~燃え尽きるまで」みた。 (たいむのひとりごと)
”おままごと”から脱出するはずだった。。。傍から見れば順風満帆、美男美女の似合いの夫婦に2人の可愛い子供たち。閑静な郊外の住宅地に庭付き一戸建て持ち、理想的な家庭を営んでいるウィラー家。でもそれは、夫
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (めでぃあみっくす)
本当の幸せって何なんでしょう?誰もが不満のない生活を望んでいるのに、幸せな生活を送るためには不満も必要かも知れない。結婚経験のない私にはまだまだ実感のないことの多い映画でしたが、見終わった後、年々なくなっていく私の結婚願望がさらになくなってしまいそうに...
★★★★★ 『レボリューショナリー・ロード/ 燃え尽きるまで』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/イギリス。"REVOLUTIONARY ROAD".   サム・メンデス監督。  今年に入って10回目を超えた「NO MORE 映画泥棒」のCMを見ながら、今年は月に5本程度、年間60本程度にしようと...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (そーれりぽーと)
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップル...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。 (MOVIE レビュー)
1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最...
[映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも...
「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード   レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (カノンな日々)
『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりに共演!という宣伝文句はワタシ的には何故かマイナス効果でイマイチ気が乗らなかったんです。ケイトは相変わらずでかいし。ところが監督が『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデスだ...
レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで (Kaz.Log ☞ Loft Cinema)
=== 「燃え尽きるまで」 というニュアンスでは無いと思うけど・・・ === {{{: 【レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで】 REVOLUTIONARY ROAD 2008 '''監督・製作''' サム・メンデス  '''原作'&#0...
「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
えぐり合うふたり。考えさせられる映画はいい。しかも描かれているのが夫婦のあり方である。おもしろくないわけがない。主役のエイプリルとフランク以外にも夫婦が出てくるが、つくづく痛感するのが幸せとは主観であるということ。ぎくしゃくし始めた夫婦関係に対し、エイ...
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (かいコ。の気ままに生活)
1950年代半ば、夢に人生を懸けようとする夫婦の葛藤と運命。「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」公式サイト「タイタニック」コンビのねっとりラブストーリーかと思ってたら・・おもーい家庭崩壊の話でした~ ひええー大企業に勤め、郊外に住み、子供2人、....
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 』 (音次郎の夏炉冬扇)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの共演と聞けば、誰しも97年の超大ヒット作を思い浮かべるでしょうが、小生その映画を観に行かなくて変人扱いされましたっけ。周囲には劇場で複数回観た人(4回観たツワモノもいた)も珍しくなかったのになんでだろう...
★レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008)★ (CinemaCollection)
REVOLUTIONARYROADそれは──誰もが逃れられない<運命の愛>あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。<↑そう言う感じの映画ではなかったような・・・>上映時間119分製作国アメリカ/イギリス公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2009/01/24ジャンルドラ...
映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008年、米・英) (富久亭日乗)
   ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Yatesの処女小説『家族の終わりに』 原題は「Revolutionary Road 」。       ◇  1955年、 結婚7年...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (2008)/アメ... (NiceOne!!)
原題:REVOLUTIONARYROAD監督:サム・メンデス原作:リチャード・イェーツ出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、キャスリーン・ハーン、マイケル・シャノン公式サイトはこちら。<Story>1950年代のアメリカ、コネチカット州....
マーティン・スコセッシが遠藤周作原作の「沈黙」を映画化!■は... (映画と出会う・世界が変わる)
遠藤周作原作「沈黙」の映画化はマーティン・スコセッシの念願の企画であったが、どうやら、本格的に動き出したようだ。この企画のニュースを知ったときには、おそらく原作の骨子はそのままに、どこかに舞台を移すのかと思ったら、どうも原作そのままのようだ。「沈黙」に...
映画 【レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで」 リチャード・イェーツの小説を『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映像化。『タイタニック』主演の二人が11年ぶりに共演を果たす。 おはなし:1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット...
婚活女性にオススメ!『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (水曜日のシネマ日記)
夢や希望に人生を懸けようとする若い夫婦の理想と現実を描いた作品です。
【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 (日々のつぶやき)
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ あなたの最愛の人は あなたを愛していますか ―。 「田舎のレボリューショナリー・ロードに住む夫婦フランクとエイプリルと二人の娘。誰もが認める理想的な
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (映画鑑賞★日記・・・)
原題:REVOLUTIONARY ROAD公開:2009/01/24製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:119分鑑賞日:2009/01/24監督:サム・メンデス出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハ...
2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(更新:2009/01/25) * 評価:★★★☆☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の28本目。 なんて云って良いのだろう。 ラストのジョン・ギビング...
2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(更新:2009/01/25) * 評価:★★★☆☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の28本目。 なんて云って良いのだろう。 ラストのジョン・ギビング...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ネタバレ映画館)
乗りかけた船には乗ってしまえ・・・沈没することを恐れずに・・・
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (NAOのピアノレッスン日記)
~世界中の“ふたり”へ捧ぐ、深く切ない運命の愛~忙しすぎて、やっと新年1発目を見ることができました。^^;2008年  アメリカ作品  パラマウントピクチャーズ配給 (09.1.24公開)監督:サム・メンデス原作:リチャード・イェーツ  「家族の終わ...
*レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1950年代のアメリカ、コネチカット州。フランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、甘い新婚時代の暮らしも次第に色あせていく。演劇志向のエイプリルは地元の劇団の舞台...
レボリューショナリー・ロード (Peaceナ、ワタシ!)
- あなたの最愛の人は あなたを愛していますか-。 レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット、「タイタニック」以来の共演となる2人の主演作ともなれば、当然話題性抜群。しかも監督はサム・メンデス(ケイトの旦那様!)です。 結婚の理想と現実の狭間にゆれ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 「ありがとう」「ごめんね」このふた言さえあればいい。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (2008・アメリカ/イギリス) (白ブタさん)
タイタニック以来の共演というレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。 恋愛物かと思ったのですが・・・
映画レビュー「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ヴィレッジブックス)◆プチレビュー◆幸せを求めてもがく夫婦の姿が哀しい。タイタニックのロマンスの対極にある辛らつな家庭劇。 【75点】  1950年代のアメリカ。郊外の新興住宅街に住むフランクとエイプリルは、二人...
レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで◆郊外型夫婦の破滅の物語 (好きな映画だけ見ていたい)
   画像:「レボリューショナリー・ロード」 (ヴィレッジブックス刊)   「レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで」 (2008年・アメリカ/イギリス)    REVOLUTIONARY ROAD 「タイタニック」の主演コンビによるラブロマンスかと思いきや、これがみごとに予...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+イギリス合作映画、ケイト・ウィンスレットの夫:サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット『タイタニック』以来11年ぶりの共演作。
映画 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤(かっとう)と運命を描く感動作。作家リチャード・イェーツの小説を原作に、『アメリカン・ビューティー』のアカデミー賞受賞監督サム・メンデスが映像化。1950年...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (pure's movie review)
2008年度 アメリカ作品 119分 パラマウント配給 原題:REVOLUTIONARY ROAD STAFF 監督:サム・メンデス 脚本:ジャスティン・ヘイス 原作:リチャード・イェーツ『家族の終わりに』( CAST レオナルド・ディカプリオ  ケイト・ウィンスレット  キャシー・ベイツ マ...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (Sweet*Days**)
監督:サム・メンデス  CAST:ケイト・ウィンスレット、レオナルド・ディカプリオ、キャシー・ベイツ 他 ゴールデングローブ賞 主...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ~ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました~ (お客さんが6~7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代半ば、アメリカ。富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク・...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年1月24日 公開 ★★★★★ なかなか良かった!星5つ! 夫婦ゲンカで雨降って地固まる・・・とはいかなかった。 映画でアメリカ人の夫婦ゲンカを観るといつも思うのよ、すんごいよね! 思いっきりするよね、あの人...
レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
映画史上永遠のカップル、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが待望の再競演。運命のふたりがたどり着く愛の終着点。物語:1950年代のアメリカ、コネチカット州。フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)は、閑静...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (菫色映画)
2008年 アメリカ・イギリス 監督:サム・メンデス 原作:リチャード・イェーツ 出演:レオナルド・ディカプリオ    ケイト・ウィンスレット    キャシー・ベイツ    キャスリーン・ハーン    マイケル・シャノン 「彼らは理想の夫婦よ」 そ...
映画鑑賞記「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.02.06 鑑賞場所:シネマイクスピアリ それは─誰もが逃れられない<運命の愛> <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  1950年代のアメリカ。エイプリル(ケイト・ウィンスレット)とフランク・ウィーラー(レオナルド・ディカプリオ)の夫婦は...
レボリューショナリーロード / 燃え尽きるまで (Diarydiary!)
《レボリューショナリーロード / 燃え尽きるまで》 2008年 アメリカ/イギリ
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (悠雅的生活)
すれ違う心。愛しているはずなのに…   
レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで  (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが共演するのは、あの歴史的ラブストーリー『タイタニック』以来、なんと11年振りだという。ほんに月日の経つのは早いもので、当時まだ20代だった両名とも、いつの間にやら30代になってしまった。 共...
★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (明るくなるまで待って Wait until light)
幸せな夫婦の破綻の物語だと知ってはいたのだが、こんなにもいきなり核心の部分に切り
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (小部屋日記)
Revolutionary Road(2008/アメリカ=イギリス)【劇場公開】 監督・製作: サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン/デヴィッド・ハーバー/キャシー・ベイツ あなたの最愛のひとは あなた...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (こんな映画見ました~)
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 ---REVOLUTIONARY ROAD--- 2008年(アメリカ/イギリス) 監督:サム・メンデス 出演: レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット 、キャシー・ベイツ 1950年代のアメリカ郊外を舞台に、一見理想的な夫婦...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:サム
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
映画史上永遠のカップル―― レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット待望の再競演。 運命のふたりがたどり着く、愛の終着点。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで☆独り言 (黒猫のうたた寝)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』コンビ再び~~~っと予告で煽ってた『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』新興住宅地に住む一組の夫婦フランクとエイプリルは傍目には美男美女の理想的なカップル・・・2人の子供にも恵...
「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」 (或る日の出来事)
1950年代、アメリカ・コネチカット州。ニューヨーク州のとなり、東海岸に面した州だ。 新しい生活を求めて冒険しようとした夫婦(もしく...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Addict allcinema 映画レビュー)
あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
09-43「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
本当に必要なものを知る  1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた閑静な新興住宅街に暮らすフランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、二人のかわいい子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、その見た目とは裏腹に、彼らはそれぞれ...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (make myself just as hard)
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008年・アメリカ/イギリス)フランク(レオナルド・ディカプリオ)にとっての父親の存在の大きさが、印象的に描かれていた。DVDの特典映像を見ると、フランクが父親と過ごした時間の回想シーンがもともとは含ま...
映画『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観て (kintyre's Diary~Goo Version)
9-10.レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで■原題:Revolutionary Road■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:119分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月1日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 日本版予告編...