銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

毎日かあさん(2011)

2011-02-21 | 映画:シネコン

泣いてるヒマがあったら、笑おう。

MOVX京都にて鑑賞。20日はMOVXデイということで、1000円。しかも日曜日ということで多くのお客さんです。本作は大人気!
キョンキョンと永瀬さんの元夫婦の共演というのもあるからでしょうね。
悪くはないんだけど、でもねちょっと個人的にはシンパシー感じなかったんですよね。隣の席のお姉さんたちはいたく感動して涙していましたが、どうもそこまではいかなかった。

去年鑑賞した永作さん&浅野君コンビの「酔いがさめたらうちに帰ろう」の方が好きだったなあ。
酔いさめは鴨志田さんの原作を元にだから、ちょっと違うか(笑)あちらはどちらかと言えばシリアスです。

西原さんは同年代であるキョンキョンに共鳴していたらしいね。確かにキョンキョン演じる西原さん、母は強しって感じで、たくましい。ただちょいと力入りすぎって気もしたけど(笑)

永瀬正敏君、こういう破滅的キャラが似合いますね。

どちらかと言えば、本作はコミカルな中に涙ありって感じなのかなあ。原作が漫画なので、やっぱそうですよね。

酔いさめと比べるっていうのも、おかしいかしら?こちらを先に観ていたらまたまた観方や思いも違っていただろうか。

どちらにしても小泉さん&永瀬君コンビもコミックな夫婦を笑いと涙で程よく演じていたとは思います。


真ん中のゴンゾ(古田新太)は2人を引き合わせた恋のキューピット?
実は本当の2人を結びつけたのはテレビでお馴染の勝谷誠彦さんらしい。ということはゴンゾが勝谷さん?だね。

 

ストーリー(Movie Walkerより拝借)ネタばれ含みます。

今日もサイバラ家に、嵐のような朝がやってきた。仕事場の机で寝てしまったサイバラリエコ(小泉今日子)を大声で起こす母トシエ(正司照枝)。息子のブンジ(矢部光祐)は6歳になってもまだオネショのクセが治らない。ブンジと4歳の娘フミ(小西舞優)を保育園に送り届けるが、サイバラのママ友でもある麦田さん(鈴木砂羽)が5人の息子たちを体育座りさせ点呼をしたり、子供たちが走り回ったりとそこは戦場のような世界。そんな保育園を後にして、ようやく忙しい朝は一段落するが、締め切りに追われる人気漫画家のサイバラは休む暇もなく仕事開始。優秀なアシスタントの愛ちゃん(田畑智子)と共に夜遅くまで働くのだった。だが仕事が終わると、次は子供たちを寝かせる時間だ。一日の終わりのひと時の楽しみは、子供たちは絵本、母は酒。サイバラが子供たちの布団の中でグラス片手に絵本を読み聞かせると、目まぐるしい一日も何とか無事に終わりを迎える。一方、元戦場カメラマンの夫カモシダ(永瀬正敏)は、アルコール依存症で病院に入院中。ところがある日、勝手に退院してきた彼は、作家になると宣言したものの原稿も書かずにまた酒に手を伸ばしてしまう。やがてカモシダの心は日に日に混乱し、妄想がひどくなり、とうとうサイバラは彼に離婚届けを渡す。失ったものの大きさに気付いたカモシダは、完全隔離された病院に転院することを決意。海辺の病院に入院する彼を見送るために、4人の元家族は久しぶりに再会する。サイバラは、友人のゴンゾ(古田新太)に紹介されて、バンコクで初めてカモシダと会った時のことを思い出していた。時は流れ、子供たちも父親の不在に寂しさを募らせる中、遂にカモシダが依存症を克服、サイバラは元夫を家族として再び迎え入れる。しかし、喜びも束の間、今度はカモシダのガンが発覚。ようやくしっかりと手を繋いだ家族に、避けられない別れが待っていた……。


おかしゃん、おとしゃん。娘がそう呼んでいたのは、酔いさめと一緒でしたね。これがどちらも印象的でした。


アルコール依存症。そんなにリアルには感じなかったけど。このあたりはあっさり描かれているか。

こんな夫を抱え、仕事に子育て。。。。確かに強くなきゃやっていけない。


ドッグフードも意外にイケるって。。。。これもうちょっと笑えるツボがあれば最高だったかも。


ブンジに鴨志田、尿失禁?


このシーンはアットホームな。。。。キョンキョンが本当に母に見えます。

解説(allcinemaより拝借)

元夫婦の共演としても話題となった小泉今日子と永瀬正敏の主演で贈る感動ファミリー・ドラマ。原作は人気漫画家・西原理恵子が日々の出来事を綴った同名エッセイ漫画。元気な子どもたちに振り回され、アルコール依存症に苦しむ夫との葛藤を抱えながらも、パワフルな毎日を送る主人公の家族への深い愛を笑いと涙で綴る。監督はデビュー作となる前作「かぞくのひけつ」で第47回日本映画監督協会新人賞を受賞した小林聖太郎。


永瀬君、役作りのためのダイエットで激痩せ。

 

オフィシャル・サイト
http://www.kaasan-movie.jp/
メディア        映画
上映時間     114分
製作国        日本
公開情報     劇場公開
初公開年月日 2011年2月6日
ジャンル    ドラマ:ファミリー
映論          G
ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   Trackbacks (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シチリア!シチリア!(20... | TOP | ヒアアフター(2010)☆He... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-02-21 02:19:11
キョンキョンは実際に西原先生の漫画殆ど持ってるぐらいファンなんですって。だから力も入ったのかもしれないですね。
私はこの全然違う小泉さんがふとした瞬間に西原先生本人に見えてしまうことがあって、そこに惹かれてました。
まー、本人たちは余り影響を肯定しないかもしれませんけど、やっぱ元夫婦だけあって、夫婦の演技はそりゃ上手いですよね。(笑)
KLYさん♪ (mezzotint)
2011-02-21 13:03:07
なるほど、キョンキョンは西原さんのファン
だったんだ!どおりで力入っていました。
個人的には永作さん&浅野君の作品が好きでした
が・・・・。これも嫌いではなかったです。
どちらを先に見るかで、随分観方も変わったかも
しれません。
酔いサメ (sakurai)
2011-02-21 21:55:26
みないといけませんね。こうなると。
いつも行く映画館じゃないんで、気をつけないと!
うん、やはり全体が断片的なかなあと感じました。元を知らないんで、よくぞつなげた!という評もあるようですが、やっぱ一貫した物語とは、ちょっと違ったかな。
でも、子役のうまさと可愛さで帳消し。
フミちゃん、よかったです。
ぜひ! (mezzotint)
2011-02-22 10:37:21
sakuraiさま
「酔いさめ~」必見です!
これからなんですね。感想お待ちしています。
フミちゃんの「おかしゃん、おとしゃん」が
グィと心を掴みますね。最高ですわ。
呼び方。 (BC)
2011-02-22 20:16:37
mezzotintさん、こんばんは。

『酔いがさめたらうちに帰ろう』のほうが評判良いようですね。
やはり、『毎日かあさん』は元夫婦が主演という先入観も入ってしまうからなのかな?

“おかしゃん・おとしゃん”という呼び方が微笑ましいですよね。(*^-^*
“ママ・パパ”ではなく、
“お母さん・お父さん”とキチンと呼ばせているんだろうけど、
舌足らず?な子供にしたら上手く言えないから
“しゃん”になってしまうのかもしれないですね。^^
BCさん☆ (mezzotint)
2011-02-23 00:24:38
今晩は☆彡
どうなんでしょうね。
「酔いがさめたらうちに帰ろう」、かなり
シリアスな感じですね。こちらは、漫画が
原作なので、こんな感じなのかなあ?
もう少し、永瀬君演じる鴨志田さんの状況を
表現してもらいたいとか。。。。ちょっと
全体に浅いような気もしたり。

「おかしゃん、おとしゃん」この響きは何か
凄く心に残りましたね。好きです。
Unknown (Nakaji)
2011-03-07 14:09:17
こんにちは♪
おかしゃん、おとしゃんに癒されました。
酔いさめ (sakurai)
2011-04-14 18:18:47
見ました!
レビュー探したんですが、書いてなかったのかな?探せなかったです~。
あたしもこっちの方が好きだったなあ。
映画としての完成度が全然違ったように感じました。
見たかった病院の中の様子とか、西原さんの奮闘もいいけど、物語になるのはやっぱおとしゃんの生き方の方かな。。みたいな。
脇役の方々のうまさと存在感が光ってましたわ。
やっぱ忘れそうになって、ぎりぎりで行けました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

10 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
毎日かあさん (LOVE Cinemas 調布)
毎日新聞に連載されている西原理恵子原作の同名漫画を実写映画化。自身が体験した子育てを含む日常をつづっている。主人公・西原理恵子を小泉今日子が、元戦場カメラマンの夫を永瀬正敏が演じる。可愛らしい子供たちとの楽しい生活、アル中の夫との厳しい現実、あるがまま...
毎日かあさん (迷宮映画館)
話題性は十二分、それに見合った映画になったかどうかは、・・・・
~『毎日かあさん』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、小林聖太郎監督、小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝出演。
『毎日かあさん』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 毎日かあさん 』 (2011)  監  督 :小林聖太郎キャスト :小泉今日子、永瀬正敏、正司照枝、矢部光祐、小西舞優、田畑智子、 大森南朋、古田新太、光石研、鈴木砂羽 漫画家の西原理恵子が自身の...
映画鑑賞記「毎日かあさん」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:11.02.25 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 一度すきになった人をきらいになるのはむずかしい <ストーリー> (cinemacafe.netより引用) わんぱく盛りの2人の子供の母親・サイバラ。漫画家として活躍したくましい生活を送る一方、元戦場カメラマン...
毎日かあさん (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「毎日かあさん」監督:小林聖太郎原作:西原理恵子出演:小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝、古田新太、大森南朋、田畑智子、光石研、鈴木砂羽、柴田理恵、北 ...
毎日かあさん (C'est joli~ここちいい毎日を~)
毎日かあさん'11:日本◆監督:小林聖太郎「かぞくのひけつ」◆出演:小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝◆STORY◆サイバラ一家に今日も朝が来た。締め切りに追われる ...
毎日かあさん(2011-015) (単館系)
毎日新聞に連載されている西原理恵子原作の同名漫画を実写映画化。 立場が逆の作品に「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」という作品があるんだそう。 #だって見てないし・・・ 永瀬正敏と小泉今日子もと...
酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (迷宮映画館)
アルコール依存症入院体験記として見ると、非常に興味深い。
映画 毎日かあさん (VAIOちゃんのよもやまブログ)
西原理恵子の同名原作漫画が2011年に実写映画化された「毎日かあさん」。原作漫画を読んでいたり、TVアニメをそこそこ観ていることもあり、タイミングよくWOWOW無料視聴期間に放送さ ...