銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

しあわせの隠れ場所◇◆The Blind Side

2010-02-28 | 映画:シネコン

上手く写せず(汗)

あなたの人生史上、最高の実話

MOVX京都にて初日に鑑賞。実在のアメリカンフットボール選手の半生を描いた作品だそうです。事前に前売りチケットを購入しょうとMOVX京都へ行ったら、置いていないとのこと。以前「3時10分・決断のとき」のときも同じことを言われたんだけど。。。これってメジャー配給じゃあなさそうですね。

主演は、「あなたは私の婿になる」のサンドラ・ブロック です。彼女の作品としてはかなり地味目ですね。と言ってもエンタメ性がないことはないのですが。。。。


さてどんな内容かというと、アメリカンフットボールのスター選手マイケル・オアー。昨期、ボルティモア・レーベンズにドラフト1巡目で入団し、NFLで活躍中の彼の生い立ちを綴ったベストセラーの映画化。
アメリカで3番目に貧しい地区に育った彼が、ある家族との出会いを通して自分の居場所を見つけ、アメフト選手としての未来を切り開いていくというお話。うぅ~ときそうな内容ですが、意外にサラッとしています。多分サンドラが演じたリー・アン・テューイという白人女性のキャラがことのほかエネルギッシュで頼もしい女性だからかもしれません。お涙ちょうだいというじめじめ感がないです。これが良かった!


裕福な白人家庭の夫人役のサンドラ。ゴージャスなところもなかなかいけてますよ。

あらすじ(日経トレンディネットより抜粋)

物語は10代のマイケルが、各地を転々としているところからはじまる。父親を知らず、麻●中毒の母親とも引き離されたマイケルは、どこに行っても居場所がない厄介者だ。今度も体格を買われ、スポーツ入学を果たすものの、寝場所さえ失うような日々を過ごしていた。

そんなある晩、凍てつくような寒さのなか、Tシャツに短パン姿で歩いていた彼は、家族と車で通りかかった白人女性リー・アン・テューイ(サンドラ・ブロック)に声をかけられる。そこでリー・アンは、マイケルが自分の娘と同級生であることを知ると、憐れみを感じてか車に乗せ、彼を自宅に招くことに。 

最初は一晩のつもりだった。だが、翌朝、マイケルのなかに何かを感じたリー・アンは、この家を去ろうとするマイケルを引き留め、一緒に暮らす決意をする。こうして、テューイ家では、リー・アンと夫ショーン(ティム・マッグロウ)と娘と息子のほかに、マイケルを加えた5人の家族生活がはじまっていく。
マイケルにとって、この家での新生活は戸惑いの連続だ。感謝祭の休日に、家族はアメフトを見ながらリビングのソファで食事をする。しかしマイケルは、1人背を向け、キッチンのテーブルで食べようとするのだ。その姿を見たリー・アンはすぐにテーブルへ移動してマイケルを囲み食事を共にする。


いよいよマイケルはこの家で本格的に家族の一員として暮らすことになる。リー・アンは彼に個室を用意。それを見たマイケルが「初めてだ」とつぶやく。これにリ対してリー・アンが軽い気持ちで「自分の部屋が?」と尋ねると、彼はひと言「ベッドが」と答える──。 自分の部屋どころではなかった、彼には自分のベッドすらなかったのだ。それを知ったリー・アンは、思わず言葉を失ってしまう。彼の人生がいかに過酷だったかを知り、自分たちの人生がそれと比べ、いかに恵まれているかを知ったのだ。

そんなマイケルを家族は、一生懸命受け入れようとする。マイケルも、いつしか、家族の一員として溶け込んでいく。そして、アメフトへのチャレンジが始まる。最初こそ、優しい性格が災いしてか、足を引っ張るばかりのマイケルだったが、リー・アンのアドバイスによりメキメキと頭角を現していく。  


チームの仲間を家族だと思って守るのよとリ―・アンはアドバイス。

マイケルはアメフトで頭角を現し、チームは試合に勝ち進んでいく。マイケルの才能に注目する大学のアメフトチームが次々とオファーをかけてくることに。。。。。
大学進学を決めたマイケルはどこの大学に決めるかの選択を迫られる。結局最終に決めたのはリ―・アン夫妻の出身校である、ミシシッピー大学なのだが。このことからリ―・アンとマイケルの関係に亀裂が生じることになるが・・・・・・。

印象的な言葉がある。リー・アンの友人が「あなた立派だわ。彼の人生を変えたんですもの」と言うのだ。これに対してリー・アンはこう言った。「いいえ。彼が私の人生を変えたの」と答える。素晴らしいですよね。決してマイケルを上から見ることはなかった。彼の存在を敬い、認めていたんだと思います。きっとマイケルにも通じたんだなあと。。。。。そしてこの家族は器が大きいとつくづく感じました。


リ―・アンの息子S・J・テューイ(ジェイ・ヘッド)。彼もマイケルを本当の兄のように受け入れているところなんか、凄い!母と同じく器の大きい人間。出来ているわ!
ジェイ君は「ハンコック」でシャリーズ・セロンの息子役だった子でした。演技達者な子だと思ったらなるほどう~ん納得。

サンドラ・ブロックは、こう話す。。「確かに私たち一家は、マイケルを愛情深く寛大に受け入れる。でも、そのお返しに、彼は私たちが気づかずにいたことをもたらしてくれた」。これは人に分け与える奉仕活動ではない。互いに助け合う、家族の絆の物語なのだ。本当にそうだと思う。誰かにしてあげるというものではなく、お互いに助け合うことの大事さ。これですよね。

リ―・アンと出会わなかったら、今のマイケルは存在しなかったでしょうね。人との出会いはある時は奇跡を起こすのかもしれません。

クリスマスカードの集合写真にはマイケルも一緒に♪

余談ですが、リ―・アンの娘コリンズ役のリリー・コリンズ、無茶苦茶キュートで可愛いです。そうそうマイケルの家庭教師スー夫人役でキャシー・ベイツ も登場しています。

エンドクレジットでは、実在のマイケル、ス―夫人そしてリ―・アンの家族の写真が映し出されます。

そして何よりもサンドラ・ブロックが様々な賞にノミネート、受賞するという快挙に。

アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされているので、賞の行方にも注目です。

頑張れ、サンドラ

一度はホームレスになるなど過酷な少年時代を過ごしながらも、ある家族との出会いによって自らの才能を開花させ、ドラフト1巡目指名でNFLデビューを飾ったマイケル・オアー選手の感動の実話をサンドラ・ブロック主演で映画化。原作はマイケル・ルイスのベストセラー・ノンフィクション『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』。共演はカントリー歌手のティム・マッグロウと「僕らのミライへ逆回転」のクィントン・アーロン。監督は「オールド・ルーキー」のジョン・リー・ハンコック

メディア 映画
上映時間 128分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2010/02/27
ジャンル ドラマ/スポーツ
映倫 G
オフィシャル・サイト
http://www.theblindsidemovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/theblindside/

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (13)   Trackbacks (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パレード | TOP | 春の気配が。。。。♪3月の気... »
最近の画像もっと見る

13 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これで… (KLY)
2010-02-28 23:06:26
サンドラがアカデミー賞獲れないともうずっと獲れないきがする…。その位素晴らしい演技でした。そしてサンドラに負けず劣らず家族のみんなが良かった。
お父さんのあの大らかさがあるからこそ、お母さんは自由に大胆にできるんだろうなって思います。^^
サンドラ・ブロック (にゃむばなな)
2010-03-02 17:52:49
美談すぎて胡散臭ささえ感じてもおかしくないのに、それを感じさせない作りがいいですよね。

そしてこの映画のサンドラ・ブロックはまさにオスカーもの。
恐らく最初で最後のチャンスになるでしょうから、是非彼女には受賞してほしいです。
こんにちは (たいむ)
2010-03-02 18:47:56
マイケルはこの上ない幸運に恵まれたことのもなるのだけど、人との出逢いが何かを変えることって本当にありますよね。
だけど、それを生かすも殺すも自分自身。まず自分から変わらないとですねー(^^;

オスカーの行方も気になりますねw
こんばんは。 (えい)
2010-03-02 22:51:51
>彼が私の人生を変えたの

この視点が、この映画の特徴を言い表している気がします。
migさんだったかな。
サンドラ・ブロックを江戸っ子というような表現をされていて、
べた~っとした感じがないところが
またすがすがしかったです。
にゃむばななさんへ。。。 (mezzotint)
2010-03-03 00:39:45
今晩は☆彡
TB・コメントありがとうございます。
そうなんですよ。何故かこれが自然な
感じで良かったです。
出来れば、サンドラさんにオスカーを
取って頂きたいと切に祈ります。
たいむさん♪ (mezzotint)
2010-03-03 00:47:13
おっしゃるとおりだと思います。
出会いが運命を変えるのは、本人の
努力も必要ですよね。チャンスを逃がさず
上手く切り開くことが出来たらいいのですが。
言うのは簡単だけど、実際は難しいこと。
そうオスカー、気になりますね。
えいさんへ♪ (mezzotint)
2010-03-03 00:53:23
いやあサンドラだから良かったのでしょうね。
きっと実在のリ―・アンもこういう
キャラなのだと思います。
お涙頂戴ぽくなる話ですが、あえて
カラッとしているところが良かった!!
Unknown (mig)
2010-03-03 00:54:13
mezzotintさん
こんばんは★

最近多忙につきなかなかメッセージ出来なくてゴメンナサイ

サンドラが特に良かったですよね~、
これはもう是非とっちゃって欲しいなぁ。
ほんとに器が大きい家族だし、人間的に出来すぎてる美しすぎる話だなって思うんだけど、
実話だから凄いですよねー
写真みたら余計説得力ありましたね★
migさんへ♪ (mezzotint)
2010-03-03 10:39:25
TB&コメントありがとうございます。
サンドラ、本当に素晴らしい演技でした。
ぜひオスカーゲットしてほしいものです。
お忙しいようですね。体調に気をつけて
下さいませ。
こんばんは! (kira)
2010-03-04 22:09:43
大概私がとって欲しい作品とか、俳優が取れないアカデミー賞(笑)
今回ノミネートされてる作品もあまり観てないのですが
サンドラ、アカデミー賞主演女優賞とってほしいですね♪

サンドラも良かったけど、家族のみんなが温かくてとっても素敵でした♪
サンドラ。 (BC)
2010-03-06 06:02:02
mezzotintさん、おはようです。

実在の人物を演じると役になりきろうとするあまり誇張された演技になってしまって、
モノマネぽくなってしまう人もいるけど、
サンドラ・ブロックは金髪にしたり、リー・アンご本人の服を着たり
役作りへのアプローチをしているものの
演技自体はサバサバしたサンドラの素を活かして颯爽と演じていたのが良かったです。

『ジュリー&ジュリア』で完璧に役になりきったメリル・ストリープも上手かったけど、
やはり、サンドラにオスカーを獲ってほしいですよね。
サンドラ姐さん。 (ひきばっち)
2010-03-15 16:42:54
ようやく観てまいりました!
サンドラ姐さんよかったです(^^♪

仰るとおり、ストーリーがベタベタせずに、
カラッとしていてすがすがしかったですね。

それに、結構笑えるシーンも用意されていて、
映画としてもとてもバランスの良い作品だった
と思います。

リリー・コリンズはキュートでしたね!
なんでもフィル・コリンズの娘さんだそうですね・・驚き!
サンドラ・ブロック!! (sakurai)
2010-06-07 08:31:59
だいすきなんですよ。
あまり女優さんで、好き!っていう人はいないのですが、この人は、とっても好きです。
そうそう、もうちょっとじめっと来るのかなあ・・と思ったのですが、笑いも起こるほどで、うまい脚本でしたね。
あの「でっかい蜂みたいだ!」のラガーシャツもよかった。
セレブだから出来たのでしょうが、それを差し引いても、いい映画でした!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

53 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
しあわせの隠れ場所 (LOVE Cinemas 調布)
アメリカNFLのドラフト1巡目で指名されデビューしたマイケル・オアー選手の実話を映画化。ホームレス同然の生活から、とある家族との出会いにより、自らの才能を開花させていくヒューマンドラマだ。主演は本作でアカデミー賞主演女優賞ノミネートのサンドラ・ブロック...
『しあわせの隠れ場所』 (ラムの大通り)
(原題:The Blind Side) ----この映画ってサンドラ・ブロックが 2009年度のゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した作品だよね。 「そう。それもドラマ部門のね。 最近の彼女ってコメディ路線が多かったから、 まずそのことにビックリ。 作品の内容を知るまで、 これ...
しあわせの隠れ場所 (心のままに映画の風景)
アメリカ、テネシー州メンフィス。 夫と2人の子供と暮らすリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オアー...
しあわせの隠れ場所 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>家族と共に車で帰路に着くリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オーア(クィントン...
しあわせの隠れ場所 (映画のメモ帳+α)
しあわせの隠れ場所(2009 アメリカ) 原題   THE BLIND SIDE  監督   ジョン・リー・ハンコック 原作   マイケル・ルイス      『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』 脚色   ジョン・リー・ハンコック 撮影   アラー・キヴィロ ...
しあわせの隠れ場所 (Memoirs_of_dai)
サンドラの代表作へ 【Story】 家族と共に車で帰路に着くリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オアー...
しあわせの隠れ場所 (映画道)
夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜、Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが、家や豊かな食事に感謝するマイケルから、幸せとは何かを教えられていく。やがて、マイケルはアメリカ...
しあわせの隠れ場所 (試写会) (風に吹かれて)
なんていい子なのぉ~~[E:crying]後見人は体育会系一家公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/theblindside2月27日公開実話の映画化原作: ブラインド
『しあわせの隠れ場所』 (The Blind Side) (Mooovingな日々)
テネシー州メンフィスのスラムで育ち、ホームレスだった少年マイケル・オーアがあるきっかけで市内のクリスチャン系の私立高校へ通うことになった。父親が誰だか分からず、母親には放棄されていたマイケルは自活する道を選ぶ。 ある冬の晩、薄着で外を歩いていたマイケル...
『しあわせの隠れ場所』 (めでぃあみっくす)
マイケル・オアー。誇りと勇気を持って家族を守り、アメフトプレースタイルの歴史を変えた名選手。そんな彼の感動実話を描いたこの作品は見終わった後に本当に「しあわせ」な気持ちになる素晴らしい映画でした。そしてこの映画におけるサンドラ・ブロックの素晴らしさに、...
「しあわせの隠れ場所」みた。 (たいむのひとりごと)
2009年、アメリカン・フットボールのボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の実話に基づいたノンフィクション小説を映画化したもの。孤独なマイケルと裕福なテューイ家、特に母親のリー・アン・
しあわせの隠れ場所 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 アメリカ版『ホームレス中学生』。スケールでかいです。
しあわせの隠れ場所 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Blind Side。ジョン・リー・ハンコック監督、サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン。アメリカで最も人気のあるプロスポーツNFLの2009年ドラフト1...
しあわせの隠れ場所/ The Blind Side (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 数日後発表になる本年度アカデミー賞で、作品賞と主演女優賞の2部門にノミネート中{/m_0151/}の実話 アメリカンフットボールのスター選手マイケル・オアー。 ...
信頼こそが最強の愛情になる。『しあわせの隠れ場所』 (水曜日のシネマ日記)
生活環境に恵まれなかった黒人少年がアメリカン・フットボールの選手になるまでの実話を基に描かれた作品です。
【しあわせの隠れ場所】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ 「夫は100近くの飲食店を持つオーナー、自分も仕事を持ち忙しく働くアンは二人の子どもと幸せに暮らしている。 ある日家族で学校からの帰り
幸せの隠れ場所 (Diarydiary! )
《幸せの隠れ場所》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - THE BLIND
「しあわせの隠れ場所」 (Con Gas, Sin Hielo)
隅っこにも幸せの光が降り注ぐ。 全米で大ヒットを記録し、知名度もあるS.ブロックが主演でオスカーにノミネートされているにも拘らず本作が限定公開なのは、フットボール(アメリカン)が馴染みのないスポーツだからというのは間違いない。 「ロンゲストヤード」は結...
しあわせの隠れ場所 (to Heart)
あなたの人生史上、最高の実話 原題 THE BLIND SIDE 製作年度 2009年 原作 マイケル・ルイス『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』(ランダムハウス講談社刊) 上映時間 128分 脚本・監督 ジョン・リー・ハンコック 出演 サンドラ・ブロック/ティム・マッグ...
*『しあわせの隠れ場所』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ジョン・リー・ハンコック監督、サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン出演。
しあわせの隠れ場所 (メルブロ)
しあわせの隠れ場所 (原題: THE BLIND SIDE) 304本目 2010-8 上映時間 2時間8分 監督 ジョン・リー・ハンコック 出演 サンドラ・ブロック(リー・アン・テューイ)     ティム・マッグロウ(ショーン・テューイ)     クィントン・アーロン(マイケル...
ふ@劇場映画れびゅー (そーれりぽーと)
ふ ファイナル・デッドコースター ファイナル・デッドサーキット 3D ファイヤーウォール ファインディング・ニモ ファウンテン 永遠につづく愛 ファンタスティック・フォー 超能力ユニット ファンタスティック・フォー:銀河の危機 プール Vフォー・ヴェンデッタ...
しあわせの隠れ場所 (そーれりぽーと)
ラグビーに続いてアメフトで感動できるか? 『しあわせの隠れ場所』を観てきました。 ★★★★ アメフトのスーパールーキーが生まれるまでを描く本作、彼を支えた“家族”の優しさに胸を打たれまくります。 金銭的に余裕があるからとか、慈善事業の一貫とか、そういうも...
『しあわせの隠れ場所』:必見。これぞ善きアメリカ映画 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
これはお薦め、必見の善きアメリカ映画。 わたしが映画を観始めた頃、テレビでよく往年の名作映画が放送されていました。 登場人物が善人で、だれもが幸せを信じていて、幸せになることを信じさせてくれるような映画たち。 いつしか、そんな映画は少なくなり、遊園...
「しあわせの隠れ場所」優しい心になれる、深イイ話。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[しあわせの隠れ場所] ブログ村キーワード  全米アメフトに実在する、或るスター選手の生い立ちを綴った感動実話の映画化。「しあわせの隠れ場所」(ワーナー・ブラザース)。驚くなかれ、実話って言ってもこれは過去の物語ではなく、つい最近の出来事、ほぼ現在進行...
しあわせの隠れ場所 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2009年にボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の実話に基づいたノンフィクション小説を映画化。 物語:テネシー州のメンフィス。体の大きなスラム街出身の黒人少年マイケル。母親と離れて帰る場所がなく、独りぼっちの生活を送っていた彼は、世話を...
しあわせの隠れ場所 (Movies 1-800)
The Blind Side (2009年) 監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:サンドラ・ブロック、クィントン・アーロン、ティム・マッグロウ、キャシー・ベイツ 貧しい黒人青年と彼を引き取った裕福な白人家庭の交流を実話に基づいて描いたドラマ。 後に、アメリカン・フットボール...
しあわせの隠れ場所 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年3月10日(水) 20:55~ 品川プリンスシネマ5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『しあわせの隠れ場所』公式サイト ラジー賞受賞女優がアカデミー主演女優賞を取った作品。 日本語タイトルが、ウィル・スミスの感動押し付け愚作群に似...
[映画『しあわせの隠れ場所』] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆良い映画でした^^  優しさに溢れたテューイ家の母親役を演じたサンドラ・ブロックは、この作品で今年のアカデミー主演女優賞とのことですが、「女王」の如く美しかったですよ^^  今まで、「馬」とか「ホース」とか、「鼻の下が長い」とか言って、すいませんでし...
アメリカン・ドリーム~『しあわせの隠れ場所』 (真紅のthinkingdays)
 THE BLIND SIDE  テネシー州メンフィス。裕福な白人女性リー・アン(サンドラ・ブロック)は、あ る寒い夜、薄着で街を彷徨う大柄な黒...
『しあわせの隠れ場所』の目をつぶる勇気 (映画のブログ)
 『あなたは私の婿になる』と同様、『しあわせの隠れ場所』もオファーはまずジュリア・ロバーツにいったという。  しかしサンドラ・ブロッ...
お薦め映画『ハート・ロッカー』 (♪心をこめて作曲します♪)
骨太な作品で、センチメンタルな表現は一切ない。今まであまり知られていなかった爆発物処理班の仕事において、彼らがいかに危険で過酷な状況の中、使命感を持って仕事を遂行しているかを知ることができる。
「しあわせの隠れ場所」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「しあわせの隠れ場所」 新宿ピカデリーにて。 監督・ジョン・リー・ハンコック 原作・マイケル・ルイス「ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟」 実在のアメリカン・フットボールのスター選手で...
『しあわせの隠れ場所』 2010-No10 (映画館で観ましょ♪)
2009年、ボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の 実話に基づいたノンフィクション小説の映画化。 ストーリーは知...
『しあわせの隠れ場所』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「しあわせの隠れ場所」□監督・脚本 ジョン・リー・ハンコック □原作 マイケル・ルイス □キャスト サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ...
しあわせの隠れ場所 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BLIND SIDE】 2010/02/27公開 アメリカ 128分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノンバート・コットンあなたの人生史上、...
しあわせの隠れ場所 (映画的・絵画的・音楽的)
 『しあわせの隠れ場所』を渋谷東急で見ました。  この映画に主演したサンドラ・ブロックがアカデミー賞主演女優賞に輝いたということもありますが、おすぎの「この春、一番のスポーツ映画でしょう」という言葉に押されて映画館に行ってきました。 (1)この間見たイー...
しあわせの隠れ場所 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:ジョン・リー・
しあわせの隠れ場所 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  どうも分かり難い邦題である。サンドラ・ブロック主演ということで、暗いイメージのある原題『The Blind Side』を避けたのだろうか。本作は、ボルチモア・レイブンスに指名入団したマイケル・オアーの実話で、彼の光の部分だけではなく闇の過去...
『しあわせの隠れ場所』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
こんな時代に、何の共通点がなくても、人と人は繋がりあえる。 ひとりぼっちの黒人少年と、ある家族の心の絆を描く感動の実話!
しあわせの隠れ場所★★★★+劇場40本目:... (kaoritalyたる所以)
映画の内容を詳しく知らなかったけど、アメリカで評判っぽいニュースを聞いていて楽しみにしていたこの映画、サンドラ・ブロックが見事にオスカーを獲って、ますます期待の膨らんで...
10-78「しあわせの隠れ場所」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
もう家族になっていると思ってました  夫と娘、息子の4人で幸せに暮らす裕福な白人家庭の夫人リー・アン。彼女はある凍てつくような真冬の夜、ひとり寂しくTシャツと短パンで歩いている巨漢の黒人少年に目を止め、声をかける。そして、マイケルと名乗るその少年を放っ...
10-78「しあわせの隠れ場所」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
もう家族になっていると思ってました  夫と娘、息子の4人で幸せに暮らす裕福な白人家庭の夫人リー・アン。彼女はある凍てつくような真冬の夜、ひとり寂しくTシャツと短パンで歩いている巨漢の黒人少年に目を止め、声をかける。そして、マイケルと名乗るその少年を放っ...
「しあわせの隠れ場所」  THE BLIND SIDE (俺の明日はどっちだ)
・ 暖かい家族にも恵まれた裕福な白人女性が不幸な境遇の黒人少年マイケルを助け、成功者へと導くという話そのものは本当に “ いい話 ”だと思うし、主人公に扮する勝気な性格のサンドラ・ブロック自身、彼女の魅力が十分生かされていたとも思う。 加えてこの話そのもの...
『しあわせの隠れ場所』 (purebreath★マリーの映画館)
      ひとりぼっちの黒人少年と、ある家族の心の絆を描く感動の実話!『しあわせの隠れ場所』監督・脚本・・・ジョン・リー・ハンコック原作・・・マイケル・ルイス出演・・...
しあわせの隠れ場所 (迷宮映画館)
サンドラ・ブロックに拍手!!!
しあわせの隠れ場所 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あなたの人生史上、最高の実話』  コチラの「しあわせの隠れ場所」は、「ウルトラ I LOVE YOU!」でラジー賞を受賞したサンドラ・ブロックが、その翌日オスカーを獲得したバイオグラフィー映画です。とは言っても主演はもちろんサンドラなのですが、主人公は全米で...
Blu-ray:しあわせの隠れ場所 今時珍しい "アメリカの良心"を描き予想外に芯を食った (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2009年のNFLドラフト1巡目で、ボルチモア・レイブンズに指名され入団した(実際このシーンが出てくる)マイケル・オアー Michael Oher(写真中央)のエピソードに基づく実話の映画化。 「ただのスポーツもの」なんじゃないかと、と公開時は敬遠したのだけれど、鑑賞後はこ...
しあわせの隠れ場所 (こんな映画見ました~)
『しあわせの隠れ場所』 ---THE BLIND SIDE--- 2009年(アメリカ) 監督:ジョン・リー・ハンコック 出演: サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ 、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ 、ジェイ・ヘッド  一度はホームレスになるなど過...
しあわせの隠れ場所/The Blind Side(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[しあわせの隠れ場所] ブログ村キーワードしあわせの隠れ場所 (原題:The Blind Side)キャッチコピー:あなたの人生史上、最高の実話製作国:アメリカ製作年:2009年配給:ワーナー・ブラ...
しあわせの隠れ場所 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 ***ちょっと つぶやき***多忙続きで頭が飽和状態になり、すっかりブログをサボっている今日この頃。劇場になかなか行けないし、家でDVDを観る余裕もないし(そもそも先日DVDプレイヤーが壊れた・涙)、本を読んでも感想を書く気力がない・・・・・「ダメだぁ~こんなこ...
映画評「しあわせの隠れ場所」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ジョン・リー・ハンコック ネタバレあり
しあわせの隠れ場所 (mama)
THE BLIND SIDE 2009年:アメリカ 原作:マイケル・ルイス 監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:サンドラ・ブロック、クィントン・アーロン、ティム マッグロウ、キャシー・ベイツ ...