銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス

2007-09-25 | 映画:シネコン

 

 

クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」

 

9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。

さて今回のこの「デス・プルーフ」と「プラネット・テラー」は二本立てにして、フェイクの予告編を挟んだ『グラインドハウス』という1本の作品として公開するという企画で、実際アメリカではこのスタイルで公開されているそうだ

 

「プラネット・テラー」はタランティーノの盟友ロバート・ロドリゲス監督の作品。実はこのような二本立てということもあって、ご当地アメリカでは、時間を短縮しなければならずをのんで、カットしたシーンも多かったようだ。そこで日本では編集されたシーンも含めたディレクターズ・カットの完全版をそれぞれ単独公開する運びになったというラッキーな公開。

そんなことで、その一発目がこの「デス・プルーフ」。あのクエンティン・タランティーノ監督の作品なのだ。「ホステル」以来の大ファンの私、ぜひこの作品は見逃せない。

さてさて『グラインドハウス』という言葉が気になるところですが・・・・。一体どういう意味なの

 

 『グラインドハウス』とは60~70年代、B級映画ばかりを2~3本立てで上映していた劇場のことを言うそうです。タランティーノはこの『グラインドハウス』映画の大ファン、そこで盟友ロドリゲスとタッグを組み、現代版グラインドハウス映画を完成させたというわけ。

 

いやいや凄い映画ここに登場する8人のバッドガールとタイトルとなっている、デス・プルーフ(耐死仕様)ので襲う殺人鬼スタント・マイク(カート・ラッセル)が見せる最高にスリリングなカーチェイスが・・・・・特に後半で披露されるカーチェィスには息を呑むものがあるのだ。何でも「キル・ビル」でユア・サーマンのスタントを務めたというスーパーガール、ゾーイ・ベル本人がやってくれる無茶苦茶凄いアクロバットなスタントライド。もちろん迫力満点なのだ!!!!(ちょいとネタバレですが、ワイヤーは使用らしい・・・・)でもそれ以外はCGなどは一切使わないという100%本物のカーチェイスだそうで・・・・。それから何と言っても、わざわざフイルムを傷だらけにして、60年~70年代の雰囲気を出しているところも、粋である

 カート・ラッセル(スタント・マイク)

強面で不気味な殺人鬼を演じている。こんな感じだったのかな?

STORY 

さてさてお話だが。舞台は夕暮れのテキサスから始まるオースティンのラジオ局の人気DJ ジャングル・ジュリア(シドニー・タミーア・ポワチエ)は親友のシャナ(ジョーダン・ラッド)、久しぶりに地元へ戻った大学時代の女友達アーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)と一緒に街へと繰り出したお気に入りのバーグエロスからテキサス・チリ・パーラーをはしごする3人そんな彼女たちをドクロマークのシボレーがつけまわしていたこの不気味な車を運転しているのは顔に傷痕のある中年男 スタント・マイクだ。最初は気味悪がっていた3人も、バーで会話をかわすうちに、警戒心を解いていった。その時、同じバーに居合わせたパム(ローズマッゴーワン)はこの男に車で送って欲しいとしかしパムを乗せた途端、男は豹変したそしてこの後、4人の女たちの身に一体何が起るのか???!!!

 

 

それから14ヵ月後。テネシー州で映画のスタントウーマンのキム(トレイシー・トムズ)とゾーイ(ゾーイ・ベル)、メイク係りのアバナシー(ロザリオ・ドーソン)、新進女優のリー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)はポッカリ空いたスケジュールを有意義に過ごそうと計画。ゾーイの希望で『バニシング・ポイント』に出てきた70年型ダッジ・チェレンジャーに試乗することに。リーをディーラーの元に残し、3人はアクロバティックなスタントライドを楽しむゾーイはボンネットに乗ってご機嫌だそんな彼女たちにあの不気味なシボレーの男スタント・マイクが目をつけた容赦なく車をぶつけてくる男に、タフな女の子たちの怒りが爆発猛反撃が始まったいよいよ世紀のカーチェイスが!!!さて結末はどうなるのか

 

 

後半のスタント・マイクと3人の女の子のカーチェイスは本当に息を呑んで観てしまう。それだけ迫力がある女の子だとなめていたスタント・マイクさてさて勝てるのか?生きるか?死ぬか?命がけ

 

タランティーノもバーの店主で出演

 

 DEATH PROOF デス・プルーフinグラインドハウス

 

この作品は結構お気に入りですね!若い女の子がここまでやる迫力とパワフルさに状態です。楽しくて、ハラハラ気分がすこぶるいい

「プラネット・テラーinグラインドハウス」も上映中開始しました 近々鑑賞予定です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   Trackbacks (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピカソ展♪美術館「えき」KYOT... | TOP | レミーのおいしいレストラン☆... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2007-09-26 08:41:10
昨日もう一本のグラインドハウス物を見てきました!
なんとも濃い二本ですよね。
ここまでB級に徹した作品はアッパレだと思います。
両作品に出演している人もいるので、それをチェックするのも楽しかったです。
若い女の子 (たいむ)
2007-09-26 17:34:50
スタントマン・マイクに負けず劣らずのあのパワーにはビックリでしたね。
・・・というか、マイクのヘタレにまたまたビックリww
もう笑うしかない作品にバンザイでしたww
リニューアルですね。 (apple-ogojo)
2007-09-26 18:53:20
リニューアルオープンですね。
私も久々に映画館に足を運ぼうかな?っと、思っているところです。
職場から頂いた、タダ券もあることだし…
せっかく見るんだから、選りすぐりの中から、
感情を綺麗にしてくれるような内容の物を見たい
ですね。
Unknown (c.mama)
2007-09-26 20:17:57
お邪魔します!

TBありがとうございました。

「デス・プルーフ」後半が本当に良かったですね~。
70年代映画好きな私は、ムハハハハッと笑がこみ上げ、ラストでは膝をポン!と打ってしまいしまいました。(笑)
本日、「プラネット・テラー」も観て参りましたので、記事にしましたら、また遊びにきてやってください。
私もちょくちょく遊びにこさせていただきます!
TBありがとうございました (くまんちゅう)
2007-09-26 21:52:45
車の場面は良かったですが、そこまでのダラダラに沈没してしまいました(泣
ロドリゲス版は楽しめました。
タラちゃんは役者の時が好きです。

それからリンク集に貼らして頂きました、よろしくです。
ついていくのがやっとw (メビウス)
2007-09-27 19:50:39
mezzotintさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

デメリットは女性のダラダラ会話のみ!!それ以外は自分も楽しめましたね♪タランティーノのオタク映画はついていくのがやっとですけど、ハマればこれほど面白い映画もありませんね(笑)
でも自分はもう一つの『プラネット・テラー』の方が好きですね♪もう爽快感抜群です。観たらTBさせて頂きますね♪
こんばんわ~ (ななな)
2007-09-28 19:36:42
mezzotintさん♪
最後の復讐はすごかったですよね!
もー、女の子たちのパワフルで恐いこと(笑
あの子達に目をつけてしまった変態おじさんの運が悪かったとしか言いようがないです。
でもそんな風に追いかけられるスタントマン・マイクにすっきりして、最後は一緒にガッツポーズしたくなっちゃいましたよ♪
こんにちは (カオリ)
2007-10-06 05:01:59
私は久々にB級路線を堪能しました!
たまにはああいうナンセンスで刺激オンリーって言うのもいいなあと。TBさせてくださいね!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

66 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
デス・プルーフinグラインドハウス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイク...
デス・プルーフ in グラインドハウス (八ちゃんの日常空間)
毎回、通常上映で拍手が起こる映画なんて、そうザラにはないよね。 まさに「爽快」! さすがタランティーノ! グラインドハウス万歳!
映画 【デス・プルーフ in グラインドハウス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デス・プルーフ in グラインドハウス」 クエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。 ちなみに“グラインドハウス”とは、低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上...
「デス・プルーフ」  Death Proof (俺の明日はどっちだ)
本編が始まる前に上映されたロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』の予告編がまるで『シン・シティ』テイストたっぷりで、とてもワクワクさせられただけに、無意味にガールズトークが延々と続く前半はどうなるかと思ったけれど、ジョン・カー...
デス・プルーフ in グラインドハウス/カート・ラッセル (カノンな日々)
予告編を目にするまでは全く観る気はなかったんですよ。カート・ラッセルが暴れまくってるのを観たら気になり出しちゃって、どんな映画なのかとチェックしてみたらタランティーノがリスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げた云々かんぬんとあった...
デス・プルーフ in グラインドハウス (生まれてから今まで観てきた映画全部)
さてぶっ続けで幕間の予告が始まります(何だかわけの分からない食べ物のCMも入ります)。うろ覚えですがナチ収容所の狼女みたいな映画、これはたぶんイルザや女体拷問人グレタのパロディでしょう。何をやってもいけないと
デス・プルーフ / DEATH PROOF (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                              {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} タランティーノが来日...
デス・プルーフ in グラインドハウス (I am invincible !)
Death Proof Grindhouse 公開中なので、控えめに。 先日見た2本立て「グライドハウス U.S.Aバージョン」の、単独上映版。 2本立て版が91分に対し、単独版は113分。 あらすじ&全体の感想は、「グラインドハウス」の方に書いたから省略(笑) ここを読んで! ま...
感想/デス・プルーフ in グラインドハウス(試写) (APRIL FOOLS)
キレまくりのスリル&スピード! 『デス・プルーフ in グラインドハウス』9月1日キラーチェーン公開。テキサスに集まったガールズたちはバーで夜遊び。そこに現れた顔に傷のある中年男スタントマン・マイク。なにげない会話で彼女たちに近づき、家へと送る車中でこの男が...
映画「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 1日は映画の日と言うことでTOHO CINEMAS川崎、スクリーン5にて「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞した。 客入りは6~7割くらいで映画の日で初日なのに、ちと寂しい状況。男女比率は圧倒的に男が多く9:1くらいに感じた。 映画の話スゴ腕...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (てんびんthe LIFE)
「デス・プルーフ in グラインドハウス」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 面白いかつまらないか、賛否両論のタラちゃん作品。実際自分の目でみてこないと解らないと思ったので映画の日の初回鑑賞です。だいたいタラ作品ってストーリーを追うものじゃないから、そ...
映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年、米) (富久亭日乗)
★★★★☆  「キル・ビル」のクエンティン・タランテイーノが B級映画を模したカーアクションを撮った。 タランテイーノの映画は人によって評価が極端に異なるが、 この映画も然り。 原題は「Quentin Tarantino's Death Proof」。 「デス・プルーフ」というのは、スタ...
デス・プルーフinグラインドハウス (UkiUkiれいんぼーデイ)
往年のB級興行を復活させようと、タラちゃん&ロドちゃんの二人が作り出した企画。 ・・・ってことまでは知ってましたが 『デス・プルーフ』『プラネット・テラー』そして『USAバージョン』もあるっていうじゃないですかぁ。 しかも「ニセモノ映画の予告編...
デス・プルーフ in グラインドハウス (そーれりぽーと)
何かとつるんでやるのが好きなクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの二人が、今度はあえてB級カルト映画をそれぞれ1本ずつ撮った企画“グラインドハウス”。 今回は、先に上映されたタランティーノ監督作『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観てき...
デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。 (My Favorite Things)
スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (試写会帰りに)
グラマラスで露出過多な女の子達勢揃いの、お色気B級ホラー映画かと思いきや、後半、タフ過ぎる女の子達 VS 殺人鬼のCGなしのガチンコバトルに思わずのけぞります。ラストは痛快、拍手喝采!! 「これはガールズムービーだったんだ!」と終わった瞬間に気づきました(^○^) ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (ネタバレ映画館)
着メロはダリル・ハンナの口笛・・・
デス・プルーフ in グラインドハウス (映画鑑賞★日記・・・)
【Quentin Tarantino's Death Proof】公開2007/09/01(09/01鑑賞)製作国:アメリカ R-15監督・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ製作:クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シ...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」みた。 (たいむのひとりごと)
「エログロ下品、でも・・」に期待?が持てるお話を頂き、”考え中”を返上して早速鑑賞に出かけた。タランティーノ監督の来日時にゲスト出演された番組での、作品紹介によって興味は持っていたでの、この決断は素
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (NOHOHONブログ)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 結局、USA公開バージョンは観に行かず。 個別ロングバージョンを見に行きました。 やっぱり ちょっと後悔してます。 こりゃ2本一緒に観なきゃダメなんだろうなぁと。 追加したシーンは おしゃべりのシーンが長くなったんだと思う...
デス・プルーフinグラインドハウス (B級パラダイス)
これまた待ってましたの作品です。一週前くらいに六本木の映画館でUSAバージョンのを上映してたんでしたっけ?とりあえず私は完全版まで我慢しました(笑)
「プラネット・テラー in グラインドハウス」 (やまたくの音吐朗々Diary)
60~70年代に数多く存在した「インディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画」を現代によみがえらせようと、クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスがそれぞれにメガホンをとったタッグ企画「グラインドハウス」。 公開中の「デス・プルーフ in グラ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (Kinetic Vision)
女の子たちは携帯を持っているようなのでこれは現代の話だが、意図的につけられたフィルム傷やコマ飛びのある画面は昔の映画を想起させる。それはまるで、時代遅れの格好をしたスタントマン・マイク(カート・ラッセル)の世界
デス・プルーフ in グラインドハウス (2007) 113分 (極私的映画論+α)
 Quentin Tarantino\\\\\\\\\\\\\\\'s Death Proof ややこしいタイトルだから「デス・プルーフ」だけでいいと思います(笑)
「デス・プルーフinグラインドハウス」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトデス・プルーフ=耐死仕様のシボレーで女の子の乗る車をつけまわし、大激突して殺すのを快感とする スタントマン・マイク(カート・ラッセル)前半は みなさん書かれてますが 退屈・...
映画~プラネット・テラー in グラインドハウス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ 今日は「幸せのレシピ」のジャパンプレミア試写状を友達にあげてこちらの映画を鑑賞♪ “グラインドハウス”と呼ばれる、センセーショナルなB級映画にオマージュを捧げたアクション・ホラー。軍人マルドゥーン(ブルース・ウィリス)が細菌兵器をばら...
★ 『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (映画の感想文日記)
2007年。DimensionFilms. "DEATH PROOF". クエンティン・タランティーノ監督・脚本・製作・撮影・出演。  カート・ラッセル主演。  耐死仕様(デス・...
デス・プルーフinグラインドハウス (めでぃあみっくす)
ザ・ブライドの復讐二部作で復活し、カンヌ国際映画祭の審査委員長まで務め上げた映画ヲタク親父クエンティン・タランティーノ監督の大好きなB級テイストが満載すぎるほど満載な映画でした。あまり映画を見ない人やさほどQT映画が好きでない方には恐らく退屈な作品にな...
デス・プルーフ in グラインドハウス (C'est Joli)
デス・プルーフ in グラインドハウス’07:米 ◆監督・脚本:クエンティン・タランティーノ「キル・ビル」シリーズ◆出演:カート・ラッセル 、 ゾーイ・ベル 、 ロザリオ・ドーソン 、 ヴァネッサ・フェルリト 、 シドニー・...
「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。 {/kaeru_en4/}スポーツはもういいよ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}タランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」を観たら、スポーツをしたあとのような爽快感を覚えたからな。 {/hiy...
「デス・プルーフ inグラインドハウス」 やきにくのたむら (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
会話の妙味が魅力のタランティーノですが、今回の娘っ子たちのトークに琴線は触れまへんでしたわ。 やっぱり得意のオタ会話でないと・・・。 学生時代、女の子と会話するより篭って映画ばっかり見てたんだから、一人で脚本書かんと、女性陣からリアルでオモロイ娘っ子トー...
映画レビュー「デス・プルーフinグラインドハウス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆タランティーノ印のB級ガールズ・ムービー。前半と後半の激しい転調に思わずクラクラする。【65点】 テキサスの田舎町。女の子たちがバーに繰り出した。そこで、スタントマン・マイクという遊び人風の中年男と知り合うが、実はマイクは耐死仕様(デス...
デス・プルーフ in グラインドハウス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60~70年代のアメリカの殆どの都市にあった"グラインドハウス"を再現するべく、エクス...
デス・プルーフ in グラインドハウス (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿武蔵野館> 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ デス・プルーフ。それはスタントマンが乗る「耐死仕様」のスタントカーのこと。 面白かった!ENDマークが出たときはスカッとして思わず大笑いしてしまい...
デス・プルーフinグラインドハウス (C note)
グラインドハウスって?アメリカで上映された完全版を、アメリカ以外の国ではバラバ
スタントマンVSスタント・ガールズ (CINECHANの映画感想)
220「デス・プルーフinグラインドハウス」(アメリカ)  テキサスの田舎町。人気女性DJ、ジャングル・ジュリアは親友の金髪のシャナ、久しぶりに町に戻ってきた?バタフライ?ことアイリーンと一緒に町へ繰り出し、一夜の気晴らしをすることに。お気に入りのバー、グ...
デス・プルーフ in グラインドハウス  (naguCo.com)
ジャパンプレミアに行って来た!! 生タランティーノにも逢ったよ~~{/heartss_pink/} キュートなオタク少年が良い大人に成長しました。 みたいな感じ。 舞台挨拶後はなんと客席でみんなと一緒にご鑑賞{/hikari_pink/} オイラの1ブロック隣の同じ位置にお座りでした...
デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち
★「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (ひらりん的映画ブログ)
B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画の日。「タランティーノだから観て置こうか...」これだけで十分、映画を観る気にさせてくれるのです。今日もポップコーンを楽しみに劇場へ...。
デス・プルーフinグラインドハウス「耐死仕様」 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 70年代の頃に映画館で観たようなレトロっぽい雰囲気を敢えてフィルムのキズやリールのコマ飛びなど
「デス・プルーフ/プラネット・テラー in グラインドハウス」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 「プラネット・テラー in グラインドハウス」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演(デス・プルーフ):カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、ジョーダン・ラッ...
映画:デス・プルーフ in グラインドハウス ジャパンプレミア (駒吉の日記)
デス・プルーフ in グラインドハウス ジャパンプレミア(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ) 「1970年型ダッジ・チャレンジャー」 ■クエンティン・タランティーノ監督による舞台挨拶 台風の余波で雨上がりの中、朝8:30からチケット引換に行きました。10人弱というとこ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (バビロン21)
前回の日記に書いた通り、仕方なく観てきました。 タランティーノの「デス・プルーフ」。 以下、感想を記します‥‥ 「グラインドハウス映画入門」などという本に参加させていただいた 分際で、こんな事言うのは気が引けるんだが‥‥‥‥ (内容も含めて)ズタズ...
デス・プルーフ in グラインドハウス(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/ゾーイ・ベル/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ヴァネッサ・フェルリト/
デス・プルーフ in グラインドハウス [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★☆☆ http://www.grindhousemovie.j
B級の極み 「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (平気の平左)
評価:75点
「デスプルーフinグラインドハウス」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
力は抜けてるけど、細かいところに気は抜かない。(たぶん)実は、とても恥づかしい話ながら、Q.タランティーノ作品。初めて観ました。作風は結構好みに近いはずなのですが、なぜかこれまで縁がなかったんですよね。本作は、敢えて粗い映像や音声に編集することで、場末の...
デス・プルーフ in  グラインドハウス (映画を観たよ)
さぁ、もう1本♪
デス・プルーフinグランインドハウス (ぷち てんてん)
映画の日は違うものを見たんですが、今日はたまったポイントを利用してタラちゃんのデス・プルーフを見てきました♪☆デス・プルーフinグランインドハウス☆(2007)クエンティン・タランティーノ監督カート・ラッセルヴァネッサ・フェルリトシドニー・ターミア・ポワチエロ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (夫婦でシネマ)
おバカ映画の傑作!
#122.グラインドハウス その2『デス・プルーフ』 (レザボアCATs)
『グラインドハウス その1『プラネット・テラー』』に引き続き、USAバージョンのレビューです。上の『プラネット・テラー』との合間に予告編を挟んで、いよいよ、タランティーノ監督の方が始まったのでした~。
デス・プルーフ in グラインドハウス  (naguCo.com)
ジャパンプレミアに行って来た!! 生タランティーノにも逢ったよ~~{/heartss_pink/} キュートなオタク少年が良い大人に成長しました。 みたいな感じ。 舞台挨拶後はなんと客席でみんなと一緒にご鑑賞{/hikari_pink/} オイラの1ブロック隣の同じ位置にお座りでした...
デス・プルーフinグラインドハウス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
究極のスリルと最強のヒロイン。スッキリ爽快なガールズ・スラッシュ・ムービー誕生! その車が走り出す瞬間、男の欲望は燃えさかり、女の本能は剥き出しになる! 1作目:夕暮れのテキサス。オースティンのラジオ局の人気DJジャングル・ジュリアは、親友のシャナ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (It's a Wonderful Life)
今年の公開ラインナップの中でもひときわ楽しみに していた作品。 タランティーノは勿論、ロバート・ロドリゲス作品も大好き! に加えて今回は「グラインドハウス」の再現だとか。 タランティーノ編を早速観てきました。 いや~フィルムや音のブチ切れ具合とか、...
デス・プルーフinグラインドハウス(07・米) (no movie no life)
これだから映画は止められない。 このたび、タランティーノとロドリゲスがタッグを組んだ「グラインドハウス」の2作品。話題になっているので、遅ればせながら「デス・プルーフ」を10月1日の映画の日に観てきました。ポスターのお土産つき。(上) タランティーノ
TAXi?/デス・プルーフ (まじめにふまじめ★)
狙ったわけぢゃないけど、B級カーアクション映画を続けて 観てしまいました。(^^
デス・プルーフinグラインドハウス (TRIVIAL JUNK Blog)
悪気はなかったんです!! <公式ページ> タランティーノが趣味丸出しで作った、昔のB級アメリカ映画のレプリカ企画。 映像の独特な荒れ方や文字フォントのバタ臭さには、その時代の映画にさほど詳しくなくても思わずニヤリとするでしょう。 タラってホントに「映画...
映画[ デス・プルーフinグラインドハウス ]タランティーノワールド (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ デス・プルーフinグラインドハウス ]をみゆき座で鑑賞 アメリカでは本作と、盟友ロドリゲス監督の[ プラネット・テラーinグラインフハウス ]を2本立てにして、フェイクの予告を挟んだ[ グラインドハウス ]という1本の作品を公開するという企画で、実際に...
デス・プルーフ in グラインドハウス (Death Proof) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クエンティン・タランティーノ 主演 カート・ラッセル 2007年 アメリカ映画 113分 アクション 採点★★★★ 『溶解人間』とか『ジャイアント・スパイダー大襲来』とか大好きです。もちろん顔がドロドロと溶ける様や、台車に乗っかったでっかいハリボテから人々が笑...
デス・プルーフ in グラインドハウス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車「デス・プルーフ」に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。 ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目をつける。 車をぶつけ...
デス・プルーフ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  デス・プルーフとは、「耐死亡性」を備えていること。映画のスタントマンが乗る車は、当然この仕様になっている。 この作品ではカート・ラッセル演じるところの殺人鬼マイクもスタントマンで、この仕様の車を暴走させる。そして事故を装った殺人を実行するの...
『デス・プルーフinグラインドハウス』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに彼への警戒心を緩めていくが・・・。感想...
デス・プルーフ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 Quentin Tarantino's Death Proof 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 113分 監督 クエンティン・タランティーノ 脚本 クエンティン・タランティーノ 撮影 クエンティン・タランティーノ 出演 カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン ローズ・マッゴ...
【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。...
絶倫の花道 (MESCALINE DRIVE)
クエンティン・タランティーノの高笑いが聞こえる。「デスプルーフ in グラインドハウス」は、脳天にインサートされるくらいに面白い! 尻!まず尻。そして脚!次に土手。漏れそうバタフライ。 くだらないお喋りには我慢しろ。高まる欲望の捌け口はちゃんと用意されてい...