銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。

2007-12-04 | 映画:ミニシアター

ファンタジーの中に、現実を見る

 

10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。

主人公の少女が出会うさまざまな怪物は不気味な雰囲気で、リアルさも感じる。まるで本当に存在するかのように思える。そして観客もその不思議な世界「パンズ・ラビリンス」に一緒に旅に出かけていくような気がしてならない。怖いけど、見てみたいって気持ちでドキドキハラハラする。

 

お話の舞台は1944年のスペイン、内戦が終結しても、ゲリラたちはフランコ将軍の圧政に反発山奥で血なまぐさい戦いが繰り広げていた

おとぎ話が好きな少女の名はオフェリア(イバナ・バケロ)。臨月の母カルメンと山奥の駐屯地へと向かっていた。仕立て屋だった父が亡くなり、母はフランコ軍のビダル大尉と再婚した。母は妊娠してから、体調を崩していた

休憩中、オフェリアは山道で石塚の破片を見つける。元の場所に戻すと昆虫ナナフシが飛び出した。

 

 不思議な昆虫ナナフシを見たオフェリア

 

オフェリアはダビル大尉をどうも好きになれない大尉は母より、どうもお腹にいる子どものことが心配そうだ。それは誕生する子どもは“男”と決めつけていからなのだ。

 

オフェリアと母は駐屯地に到着。母のために車椅子も用意されていた。ビダル大尉がお腹の子どもを気遣ってのことらしい。

オフェリアが快く思っていないのが通じてか?ビダル大尉は、オフェリアには冷たい態度だった。

そんな中で、小間使いのメルセデス(マリベル・ベルドゥ)はオフェリアに打ち解けてくれた。そんなメルセデスはビダル大尉の主治医となにやら密談何かありそう???

 

その夜更け、母カルメンは体調優れず・・・・。オフェリアは付き添い眠るそんな彼女の前にあのナナフシが「妖精さんなの?」と訪ねると・・・・。

 

ナナフシは妖精に姿を変えるそしてオフェリアは妖精に導かれ、の庭の奥にある迷宮(ラビリンス)へと誘う

そこで彼女を待っていたのは、ヤギの頭と身体をしたパン(牧神)。パンは彼女に驚くべき事を伝える

「あなたこそ、はるか昔から地下にある、嘘や苦痛のない“魔法の国”のお姫様。その昔、人間の世界に憧れて地上に出た途端、に目がくらみ、すべての記憶を失ってしまったのです」と・・・・・。

オフェリアは魔法の国のプリンセス、モアナだというのだ左肩に紅い印としてあるのが証拠らしい。

今も姫君のままか?それともただの人間になっているか?確かめなければならないと話す。

 パン(牧神)

パン役を演じたのは、「ファンタスティック4」でシルバーサーファーを演じた、ダグ・ジョーンズ。彼はギレル・モ・デル・トロ 監督作品の「ミミック」、では巨大昆虫役、「ヘルボーイ」では半魚人を演じている。何と身長192cmという高さまたこの作品では怪物ペイルマンの役も演じている。素顔はどんな方なのか・・・・。

父国王陛下と月の女神が、待っているという・・・・・

 

翌朝、オフェリアは左肩に紅い三日月のようなアザがあるのを確かめたそのことで、パンの言葉を信じた。パンにもらった道を標す本を。3つの試練に立ち向かう決心をする

 

 

第一の試練・・・・・死にかけている森の巨木を救い、花を咲かせること

 

そのためには根っこに居座る巨大カエルの口に石を投げ入れ、お腹から、黄金の鍵を見つけなければならない。

 

 巨大カエルは本当にでかい

何とか成功したぁ~~

 

さて第二の試練?・・・・・・壁の向うの世界に行き、時間内に鍵を使って、あるものを持ち帰ることだった。不思議の国には豪華な料理がいっぱ~い輝く短剣を手に入れたオフェリアは牧神(パン)との約束を破ってブドウを二粒だけ口にするいいのかな??

 

不思議な事に壁の向うにこんな世界が

 

 誘惑に負けてしまった

その途端大変な事が!!!!子どもが大好物な怪物が、オフェリアを食べようと追いかけて来る逃げろ

 

 これが子どもをおびき寄せ食べるお化けぺイルマンだ。豪華な食事で不意をつくのだ

 

この失敗で、パンは怒っちゃい見放されてしまう。 オフェリアは結局すべての希望を失う母は難産の末弟を生んで死んでしまうし最悪の事態だ。

実は母を助けようとマンドラゴラの根っこ(パンからもらった)をベッドの下に忍ばせた。この根っこの力で、母は見る見るうちに元気になったのだけれど、ところがあの大尉に見つかり、この根っこは燃やされてしまう冷酷な大尉に腹が立つ

 

 ビダル大尉こそ、冷酷無比な怪物かもしれない。

罪のない農民までも殺してしまうファシストオフェリアはこんな養父にあたってしまい、お気の毒

 

これが人にパワーを与えたマンドラゴラの根っこ。薬草だ。人間の形に似ているところから、「神が人間を作る前に雛形として作った」という伝説がある。地面から引き抜かれるときに上げる「金を切り声の悲鳴」を聞いた人間は死ぬといわれている。

 

どん底に落とされたオフェリアだったが、何と牧神(パン)が突然現れた

 

「最後のチャンスをあげよう。弟を連れて迷宮へ行きなさい」

 

 

その頃ゲリラ軍は、ビダル大尉率いるフランコ軍に大打撃を

生き残ったビダル大尉は、自分の息子を取り返すために、オフェリアを追って、「迷宮」へ入る

その後、迷宮で何が起こったのかオフェリアはどうなったのか?

 

 

最後の試練に立ち向かったオフェリア。気がつけば紅い靴を履き、魔法の王国にいました。そしてそこで彼女の見たものは・・・・・。

 

現実では、悲しい結末だが、やっとオフェリアにとって本当の幸せがやって来たのかもしれない。だから魔法の国が、彼女の現実なのだと思えた。

 

お恥ずかしい話だが、スペインでの内戦についての詳細は何も知らなかった。この作品を通じて、歴史的背景を少しだが知ることができた。いつの世も、世界のあちらこちらで、こうした人々の争いが絶えず起こっているのだと思うと、悲しくなる。そんな背景をおりまぜてながら、こんな独創的なファンタジー作品が出来たことに感動。現実から目を逸らさずにいきたいものだ。

 

監督 ギレル・モ・デル・トロ 1964年 メキシコ生まれ

主な作品:「ブレイド2」(02年)、「ブレイド3」等 ハリー・ポッターシリーズのオファーが舞い込んだが、断っている。

 

パンズ・ラビリンス公式サイト

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (9)   Trackbacks (92)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池田満寿夫の版画★THE M&Y CO... | TOP | クワイエットルームにようこそ(-... »
最近の画像もっと見る

9 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんです (JT)
2007-12-06 01:34:24
こんばんはー
重たい作品二つめですね(笑)
おっしゃるとおり、この作品でスペインの内戦のことを再認識しました。
ほんと、スペインの人々にとっては、まだまだ歴史なるには生々しい傷跡が残ってるんでしょうね。
しかし、こういった世界観を持った監督ってなかなかいないです。牧神パンのユニークなあの姿、手に目のついた(確か)ベルイマン!もずっと記憶に残るキャラです。
Unknown (kazupon)
2007-12-06 20:17:19
こんにちわ!こちらこそいつもTBだけの
時が多くて申し訳ないです;;
この作品、もいのすごく独創的なのが素晴らしいですよね、映画ブログ書かれてる方、今年のベストに挙げる方が多いんじゃないかなぁと予測してます。
自分もスペイン内戦についてはほとんど無知で、いつも映画に教えてもらう事だらけです。^^
作品 (kimion20002000)
2007-12-06 23:44:31
tbありがとう。
そうですね。ハリーポッターは、似合わないかもしれませんね。僕は、この作品の設定資料集がでたら、迷わず、買います(笑)
こんばんは! (AnneMarie)
2007-12-07 20:16:44
この映画、すっごく観たいのになかなかいけずにいるんです。
でもこちらのブログを拝見してやっぱなんとかして観たいなーって気持ちでいっぱい♪
お邪魔します (jester)
2007-12-08 09:56:34
今までも何回かお邪魔していたのですが、コメントさせていただくのは初めてかな?

>現実では、悲しい結末だが、やっとオフェリアにとって本当の幸せがやって来たのかもしれない。

私はあのラスト、悲しすぎて・・・
やはりあの少女をどうしても現実で救ってあげたかったです。

でも、今まであまりみたことのない新鮮な感じのファンタジーでよかったですよね。

それと、いつもTBしていただいててありがとうございます!
お返しに行くと、すごくたくさんTBが貼ってあって、びっくりしてすごすご引き返してきちゃうこともあって・・・(殴
これだけTBなさるのはどんなに大変でしょう・・・それなのに私のところにまで貼って下さって、ほんとに感謝です。
HNのメゾチントって懐かしかった。学生時代、銅版画をやったことがあります。

また遊びに来てください。これからも宜しくお願いしますね。
オフェリア。 (BC)
2007-12-08 11:16:33
mezzotintさん、おはようです♪
トラックバックありがとうです。(*^-^*

主人公:オフェリアはある意味幸福だった(満たされていた)と信じたくなる気持ちになった物語でした。
今晩は~♪ (kira)
2007-12-08 23:02:22
TBありがとうございます♪
衝撃のファンタジー作品でしたね。
ずっと、ダークな色調の画面が、最後まぶしいぐらいの明るさになり、
オフェリアが子供の無邪気な表情になるのが印象的でした
オフェリア (kossy)
2008-01-08 03:05:12
いい映画でしたよね。
俺はラストでポカ~ンと口を開けてしまいました。
いいのか・・・これで・・・と。
でも涙が出ました。
これが現実なんだと・・・

そんなkossyですが、
今年もよろしくお願いいたします。
Unknown (ケント)
2008-04-16 14:32:12
こんにちは、ケントです。TBお邪魔しました。
ファンタジーというには、重く悲しいお話でしたよね。大人のファンタジーかもしれません。
観る人によってかなり意見が異なるような作品だと思いますが、僕には素晴らしい映画に映りました。
ラストの締めかたは実に見事ですが、「ステイ」と似ていましたね。
ファンタジー部分はオフェリアの願望と妄想だと思いましたが、どう感じましたか?

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

92 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
パンズ・ラビリンス 90点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
王女だなんてパンパパン 信じはしないわパンパパン♪ 公式サイト 『ブレイド2』『ヘルボーイ』など、ダーク系アメコミ映画を手がけてきたギレルモ・デル・トロ監督の、戦時下のスペインを舞台とした最新作。 予告編やCMなどの印象では、戦乱の時代に少女が魔法の世...
パンズ・ラビリンス (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
本年度ベスト1映画に決定か!
mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女...
「パンズ・ラビリンス」(メキシコ/スペイン/アメリカ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
少女は理想郷の存在を信じた。 目を背けたくなる現実からここではない何処かへ「パンズ・ラビリンス」。
パンズ・ラビリンス (Akira's VOICE)
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
感想/パンズ・ラビリンス(試写) (EDITOREAL)
ダークファンタジー。いや、ダークリアル?? 『パンズ・ラビリンス』10月6日公開。1944年スペイン。オフェリアは、臨月を迎えた母の再婚相手である大尉の元に越してくる。内戦と独裁的な大尉、そして日に日に体調が悪化する母。辛い日々の中オフェリアは妖精の姿を見つけ...
★ 『パンズ・ラビリンス』 (映画の感想文日記)
2006年。スペイン。"EL LABERINTO DEL FAUNO". ギレルモ・デル・トロ監督。  監督はスペイン人だと思ったらメキシコ出身だったが、『ドン・キホ...
『パンズ・ラビリンス』 (Sweet*Days**)
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父...
Pan's Labyrinth 「パンズ・ラビリンス」 (表参道 high&low)
大人向けのフェアリーテールなんでしょうかPan's Labyrinth(パンズ・ラビリンス)は40年代のスペインを舞台にした女の子と「パンの迷宮」の物語。 現実の世界では主人公の母親がファシストの将軍と再婚しレジスタンスと戦う拠点に移動、妖精と知り合いになった彼女(名...
”パンズ・ラビリンス” (映画趣味)
”パンズ・ラビリンス”を観た。 よかった。 おとぎ話。切ない、切ないおとぎ話。 1944年、スペイン。おとぎ話が好きなオフェリアはお母さんと一緒に新しいお父さんのもとへ向かう。新しいお父さんは軍隊の”大尉さん”。”大尉さん”には部下がいてゲリラ達と戦ってい...
「パンズ・ラビリンス」 (首都クロム)
 あくまで私個人の抱いたイメージですが、昨夏の「ローズ・イン・タイドランド」が“現実世界で生きる手段の一つとしての妄想”なら、今作は“現実世界で生きることを拒絶するための妄想(或いは幻想)”という位置付けなのかも知れません。厳しい現実に対して、前者は不...
パンズ・ラビリンス (シャーロットの涙)
ファンタジーは現実と共にあるべき・・・
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
「パンズ・ラビリンス」 (或る日の出来事)
これから観ようと思っている方へ忠告。 少女が主役の可愛いファンタジーと思ってはいけません。圧倒的に残酷な戦争の現実を直視した、重い作品。 今年のアカデミー賞で、撮影・美...
パンズ・ラビリンス (e3 ~えっちと映画とエトセトラ~)
http://www.panslabyrinth.jp/ 1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア。母は冷酷な独裁主義の大尉と再婚する。 恐ろしい義父から逃れたいと願う彼女は、屋敷の近くで謎めいた迷宮を見つけ出し、足を踏み入れると、 迷宮の守護神“パン”が現れる。 パンは「あ...
「パンズ・ラビリンス」:表参道バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}表参道とか原宿とかって、個性的なお店がいっぱいあるんだけど、どこに何があるのかよくわからないのよね。 {/kaeru_en4/}まったく、迷宮みたいな町だもんな、このあたりは。東京人でも、なんか、おのぼりさんになった気分になるぜ。 {/hiyo_en2/}迷宮、すな...
パンズ・ラビリンス /EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH (我想一個人映画美的女人blog)
                                       {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} ずっと気になってた作品だったので、初日に観てきま...
「パンズ・ラビリンス」 現実から逃避しないために (明日へのヒント by シキシマ博士)
かなりグロテスクなシーンもあるので、全ての人に認められはしないでしょうね。 カテゴリーで分けるとしたら、ファンタジーに振り分けられてしまうのでしょうけれど、実際に描かれているのは生々しい現実世界そのものです。 ファンタジーを取り入れたのは、現実世界をよ...
パンズ・ラビリンス (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Pan’s Labyrinth”脚本・監督=ギレルモ・デル・トロ。撮影=ギレルモ・ナバロ。美術=エウヘニオ・カバレロ。音楽=ハビエル・ナバレテ。今春のアカデミー賞では、6部門にノミネートされて、撮影・美術・メイクアップの3部門で受賞したダーク・ファンタジー。☆☆☆...
★パンズ・ラビリンス(2006)★ (CinemaCollection)
ELLABERINTODELFAUNOPAN'SLABYRINTHだから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。上映時間119分製作国メキシコ/スペイン/アメリカ公開情報劇場公開(CKエンタテインメント)初公開年月2007/10/06ジャンルファンタジー/ドラマ/ホラー映倫PG-12【解説】「ブレイド2」....
「パンズ・ラビリンス」人生はおとぎ話じゃないけれど (再出発日記)
「人生はおとぎ話じゃないのよ。現実は残酷なものなの。」内戦終結後もフランコ軍への抵抗運動が続く1944年スペインの山岳地帯。少女オフェリアは、臨月の母と共に再婚相手のフランコ軍大尉の駐屯地にやってくる。大尉は非情で残酷、罪無き者を平気で殺し、母を子供を...
『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
いろんな世代、体験次第で見方が変わる傑作。誰かにとっては道を左右するほどの傑作、誰かにとってはお金のムダになるすごい作品。
『パンズ・ラビリンス』 ('07初鑑賞121・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 10月13日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 15:50の回を鑑賞。
夢はもうひとつの人生である…―「パンズ・ラビリンス」 (豆酢館)
少しだけ追記しました。ちょっと誤解を招く表現がありましたので。 これだけは劇場で観ておきたいと思い、念願の鑑賞と相成りました。 だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 「パンズ・ラビリンス」(2006年製作) 公式サイトはこちら。 監督:ギレルモ・...
パンズ・ラビリンス (I am invincible !)
臨月で体調を崩している母カルメン(アリアドナ・ヒル)と共に、母の再婚相手ビダル大尉(セルジ・ロペス)のいる山の駐屯地にオフェリア(イバナ・バケロ)はやって来た。 どうしても好きになれない冷酷非道なビダル大尉、次第に体調が悪くなりベッドから離れられない母...
パンズ・ラビリンス - Pan's Labyrinth - (個人的評価:★★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
パンズ・ラビリンスは、テレビCMや映画館の予告編で見ておらず、たまたま、チネチッタのオンライン座席予約でアクセスしたときに、作品自体を知り、面白そうだったので、さっそく観...
パンズ・ラビリンス (映画のメモ帳+α)
パンズ・ラビリンス(2006 メキシコ・スペイン・アメリカ) 原題   EL LABERINTO DEL FAUNO    監督   ギレルモ・デル・トロ   脚本   ギレルモ・デル・トロ       撮影   ギレルモ・ナヴァロ                   音楽  ...
パンズ・ラビリンス (★Shaberiba ★)
ありのままの現実は,生きるにはつらすぎた。 だから少女は幻想の国で永遠の幸せを探した・・
パンズ・ラビリンス (Big Screen)
○EL LABERINTO DEL FAUNO ○PAN'S LABYRINTH ○2006メキシコ/スペイン/アメリカ/119min ○公開(CKエンタテインメント) 2007/10/06・映倫 PG-12 ○ジャンル ファンタジー/ドラマ/ホラー[◆◆◆◆◇◇]4/6 スペイン内戦の最中、ヒロインのオフェリア(イ...
「パンズ・ラビリンス」  (ハピネス道)
今年のアカデミー賞を見ていたとき、 美術賞、メークアップ賞、そして撮影賞の3部門を受賞したこの作品のことは何も知りませんでした。 メキシコ、スペイン合作の異色のファンタジーがこんなにも高い評価を得たのは何故だろうかと、興味津々でした。 日本公開は10...
『パンズ・ラビリンス』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画の中でビダル大尉は周囲からカピタン(Capitan)と呼ばれていましたね。彼の威厳を示すかのように何度も何度も...。これで思い出したのが行進曲「エル・カピタン」。
度肝を抜かれた!『パンズ・ラビリンス』 (水曜日のシネマ日記)
第76回アカデミー賞で撮影賞・美術賞・メイクアップ賞を受賞し、脚本賞・外国語映画賞など6部門でノミネートされた作品です。
パンズ・ラビリンス(映画館) (ひるめし。)
この無垢な魂が、世界を変える。
「パンズ・ラビリンス」を観る (紫@試写会マニア)
またまたアカデミー受賞(撮影・美術・メイクアップ)作品を試写する機会に恵まれました。日本ではこの秋に公開予定なので、少し早めの試写会です。 「パンズ・ラビリンス」、直訳すると“妖精パンの迷宮”でしょうか。 ダークで、魅惑的で、人間の弱さと儚さとが併せ持...
パンズ・ラビリンス (そーれりぽーと)
今年のアカデミー賞中継を見ていて、ひときわ目を引いたのが、この『パンズ・ラビリンス』。 何が面白そうって、独特な造形が目立つファンタジーの世界。 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督作なんて代名詞が付くこの映画、この監督に鬼才なんていつから付いたんだろう? 半年...
パンズ・ラビリンス (It's a Wonderful Life)
2006年度私的ナンバー1映画だった「トゥモロー・ワールド」 の凄まじい撮影、アカデミー賞撮影賞取らなきゃウソだろーって 思ってましたが、見事に逃して賞を持っていったのがこの作品。 いったいどんな凄い映画なんだろ?って心待ちに待つこと半年・・長い!...
パンズ・ラビリンス (めでぃあみっくす)
アカデミー外国語映画賞を逃したとはいえ、やはり前評判が高いだけあって見終わってから時間が経つにつれ心に来るものが徐々に増えていく不思議な魅力を持ったダーク・ファンタジーでした。恐らく映画ファン以外の方にはあまり理解されないタイプの作品かも知れませんが、...
『パンズ・ラビリンス』サウンドトラック (エミー・ファン!ブログ)
『パンズ・ラビリンス』サウンドトラック アカデミー賞作曲部門ノミネート。音楽ははハビエル・ナバレテ、ギレルモ・デル・トロ監督作品では 『デビルズ・バックボーン』を担当...
パンズ・ラビリンス (日常の履歴)
半年以上前から、海外の高い評価は耳に入ってきていて、公開を待ちわびてた作品。 ダーク・ファンタジーとは聞いてたけれど、思ってた以上に現実世界のお話がメインだった。 それも、第二次大戦中の内戦状態にあるスペインが舞台。 主人公の少女はその渦中にあって、明...
パンズ・ラビリンス (しぇんて的風来坊ブログ)
試みの面白さや意図は素晴らしいものがあるのに、今ひとつピンと来なかった。 舞台になるのはスペイン内戦直後のフランコの独裁恐怖政治の頃。ピカソの「ゲルニカ」の元になった内戦でもあり、その後の恐怖政治は典型的な独裁者による弾圧があった時代。 そんな時代だか...
★「パンズ・ラビリンス」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス (Prism Viewpoints)
パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。 『Pan's Labyrinth』 『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia) スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、 妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉
#155.パンズ・ラビリンス (レザボアCATs)
毒々しい残酷なファンタジーに喝采を!ああ、素敵だな・・・ウットリするよ。素晴しい!本当に素晴らしい!
『パンズ・ラビリンス』 (ラムの大通り)
(原題:El laberito del Frauno) ----これってずいぶん前に観たんじゃなかった? 「映画のポイントをどこにおいて、 フォーンに喋るか、 ちょっとそこを決めかねていたんだ」 ----イメージとしてはダークファンタジーだよね…。 「うん。 舞台は1944年のスペイン。 内戦...
パンズ・ラビリンス (5125年映画の旅)
第2次大戦下のスペイン。少女オフェリアは身重の母と共に新しい父親である軍の大尉の元に送られる。残忍にレジスタンスを抹殺してゆく大尉に恐怖を感じるオフェリア。彼女はある晩、不思議な妖精の導きによって謎の迷宮に辿り着く。そこに現れた牧神パンは、オフィリ...
『パンズ・ラビリンス』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
ファンタジーは好きです。だから、ファンタジー映画はなるべくもれずに見たい。というわけではるばる銀座のシネカノンまで見に行った。しかも、シネカノンは、上向いてますね。知らない間になんと劇場が増えていた。いままで、有楽町のビックカメラの上にあったシネカノン...
映画「パンズ・ラビリンス」 (happy♪ happy♪♪)
予告を観て想像していたのとちょっと違い ダークファンタジーでハラハラドキドキ{/hiyo_shock2/} 映像は好きだけど、あまりにも悲しく 残虐シーンで何度目をつぶってしまった事か。。。{/hiyo_cry2/} でも作品としては見応えある作品だと思います{/star/}{/star/}{/...
映画「パンズ・ラビリンス」 (日々のつぶやき)
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ 予告で見た限りだと、間違いなく子供向けのファンタジーだと思っていました。が、たくさんのブログで高評価されていて、気になって
パンズ・ラビリンス (映画鑑賞★日記・・・)
【PAN'S LABYRINTH】PG-122007/10/06公開(10/16鑑賞)製作国:メキシコ/スペイン/アメリカ監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル1944年のスペイン。内戦終結後もフラン...
映画~パンズ・ラビリンス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ...
【映画】パンズ・ラビリンス (新!やさぐれ日記)
■状況 MOVIX伊勢崎にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 各映画評で好評だった為 ■感想 すみません。無料で観ちゃってごめんなさい。 ■あらすじ 1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)...
パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして
パンズ・ラビリンス (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ダークでビターな大人向けのファンタジーです。 舞台は、1944年、内戦終結後のスペイン。父をなくしたオフェリアは、母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地で、ビダル大尉の子どもを身ごもった母のカルメンと暮らしています。オフェリアは、体調の悪い母を心配し...
「パンズ・ラビリンス」感想 ダークな不思議の国のアリス (ポコアポコヤ 映画倉庫)
不思議の国のアリスのダーク版というか、大人向けのファンタジーと、1944年のスペイン内戦時代とを、2つ上手い具合に並行させながら、描いているという、ひとひねりある映画。
パンズ・ラビリンス (EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH) (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
逃避としてのファンタジーは誰しも覚えがあるもの。 特にこどもの頃は、とくに現実がつらいものでなくても、しょっちゅうトリップしてしまうものですよね。 古今東西の名作ファンタジーはストーリーそのものが「現実逃避」だったりします。 C.S.ルイスの「ナルニア」や...
◇『パンズ・ラビリンス』◇ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:スペイン+メキシコ合作映画、ギレルモ・デル・トロ監督。
パンズ・ラビリンス (心のままに映画の風景)
1944年のスペイン。 内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人々がゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、ゲリラの鎮圧にあ...
パンズ・ラビリンス (to Heart)
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 ...
パンズ・ラビリンス (Chocolate Tran9uilizer)
監督、脚本:ギレルモ・デル・トロ  出演:セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ほか 最近よくあるファンタジー映画とはだいぶ趣の異なる作品でした。 少女の悪夢(=ファンタジー世界)1割、悪夢よりも酷い現実が9割くらいの構成。 ファンタジー世界はデーモニッシ...
パンズ・ラビリンス (future world)
「アカデミー賞3部門受賞作品」スペイン・メキシコ・アメリカの合作~ ちょっと異色な‘ダークファンタジー’くらいに思ってました。 ・・・とんでもない、カテゴライズは難しい・・・ とにかく、お腹イッパイ、凄い作品です。 現実はあまりにも過酷で、夢の国で...
パンズ・ラビリンス (2006年・スペイン、メキシコ) (白ブタさん)
ダークなファンタジー・・・{%butterfly_a%}
『パンズ・ラビリンス』 7.5P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:7.5P見にいった人の評判がヤケにいいので、上映中に何とかいきたい!と思ってました。週末は東京にいたので、友達と一緒に見にいってきましたー。【STORY】1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオ....
パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
パンズ・ラビリンス (えいがの感想文)
2006年/メキシコ=スペイン=アメリカ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ    セルジ・ロペス    マリベル・ベルドゥ 悲しみにあふれた濃密なファンタジー。 「大人のための」と言ってもいいのかも。 12歳の少女オフェリアにと...
映画『パンズ・ラビリンス』 (健康への長い道)
水曜日、会社帰りに『パンズ・ラビリンス』を鑑賞。たびたび劇場で予告編を目にはしていたものの、いまひとつ興味は持てなかったのですが・・・。 あちこちのブログで結構評判が良いのと、少し映画を観ない日々が続いて何だか映画欠乏症になり、「ああ獵劇場...
「パンズ・ラビリンス」みた。 (たいむのひとりごと)
おとぎ話の大多数は「めでたし、めでたし。」で締めくくられる。けれど、そんな大多数には必ずといって残酷な場面が盛り込まれ、主人公には試練が待ち構えている。試練を乗り越えた者だけがたどり着くことのできる「
『パンズ・ラビリンス』:スペイン内戦の流血の記憶を辿る迷宮譚:Myムービーに掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
『パンズ・ラビリンス』のレビューを「スペイン内戦の流血の記憶を辿る迷宮譚」と題して、Myムービーに掲載しました。
パンズ・ラビリンス (小部屋日記)
Laberinto del fauno, El/Pan's Labyrinth(2006/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ /アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ だから少女は幻想の国で、永...
パンズ・ラビリンス (future world)
「アカデミー賞3部門受賞作品」スペイン・メキシコ・アメリカの合作~ ちょっと異色な‘ダークファンタジー’くらいに思ってました。 ・・・とんでもない、カテゴライズは難しい・・・ とにかく、お腹イッパイ、凄い作品です。 現実はあまりにも過酷で、夢の国で...
あまりにも世界は残酷だから (CINECHANの映画感想)
291「パンズ・ラビリンス」(スペイン・メキシコ)  1944年内戦集結後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは身重の母親と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母親を労りながら...
パンズ・ラビリンス (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  現実という迷宮で彷徨う心の行方  
*バンズ・ラビリンス* (Cartouche)
{{{   ***STORY***          2006年  スペイン・メキシコ 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思...
映画:パンズ・ラビリンス (駒吉の日記)
パンズ・ラビリンス(有楽町シネカノン一丁目) 「次の満月が訪れる前に試練に耐えて王国に戻るのです」 大人たちは地上の自由を求め闘い、少女は地底の王国を夢をみた・・・ 母の再婚で継父とうまくいかない少女のダーク・ファンタジー。というくらいの情報で臨み...
パンズ・ラビリンス (Good job M)
公開日 2007/10/6 12/8(大分県)監督:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ/ダグ・ジョーンズ/セルジ・ロペス/アリアドナ・ヒル 他【あらすじ】1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア。母はフランコ軍のビダル大尉と再婚するが、オフェリアは残忍な新し...
パンズ・ラビリンス (ダイターンクラッシュ!!)
12月24日(月) 21:15~ シネカノン有楽町1丁目 料金:1300円(会員料金) パンフ:800円 『パンズ・ラビリンス』公式サイト 少女が主演であるのだが、極めてダークなファンタジー。如何にもヨーロッパな雰囲気の映画だ。監督はメキシコ人だけど。 スペイン...
「パンズ・ラビリンス」 不透明な時代のファンタジー (はらやんの映画徒然草)
先日、いつもお世話になっているブロガーさん方とお食事をした時に、みなさんが高評価
【パンズ・ラビリンス】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題: EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 】 監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ     製作年度:2006年  日本公開:2007年10月6日  上...
「パンズ・ラビリンス」  EL LABERINTO DEL FAUNO (俺の明日はどっちだ)
実は観る前は少女が主人公で何気に毒気のありそうなファンタジーという予告編から受けた印象から、どこかギリアムの「ローズ・イン・タイドランド」みたいな作品を勝手に想像していた。 ところがどっこい、実際に観てみるとその予想とは大きく異なり、単なるファンジーに...
パンズ・ラビリンス■悪意に満ちたダーク・ファンタジー (映画と出会う・世界が変わる)
「美少女とスペイン戦争」といえば神秘的なまでに優れた作品になるようだ。「パンズ・ラビリンス」を見ながら思い出したのは「ミツバチのささやき」だ。主人公の美少女をめぐる現実ともうひとつの世界。どちらもスペイン戦争がフランコの勝利に終った後の時代。もうひとつ...
パンズ・ラビリンス (ネタバレ映画館)
恐怖の口裂け男!
パンズ・ラビリンス■プロローグとエピローグが語るものとは? (映画と出会う・世界が変わる)
まず、映画の冒頭でひとつのエピソードが語られる。それは、地底の世界に病気も苦しみもない王国があり、その国には美しい王女様がいた。彼女は、日の光、青い空、風に憧れ夢見ていた。そんなある日、彼女は、お城をこっそり抜け出して人間の世界へ行った。しかし、明るい...
映画 【パンズ・ラビリンス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「パンズ・ラビリンス」 ギレルモ・デル・トロ監督による、アカデミー賞3部門受賞のダーク・ファンタジー。 おはなし:1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい...
映画『PAN'S LABYRINTH』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
去年の10月に『スマステ』の「月イチゴロー」で吾郎ちゃんが、「コトイチ!(今年一番!)」と大絶賛していた映画『PAN'S LABYRINTH』をやっと観に行くことができました。 単館ロードーショー向けの作品なんですが、去年の10月に公開されたにも関わらず、口コミなどで話...
『パンズ・ラビリンス』 (映画館で観ましょ♪)
第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。 そこで見た短い映像にかなり惹きつけられた。 そんなワケですごく観たいと...
パンズ・ラビリンス (C'est Joli)
パンズ・ラビリンス’06:メキシコ=スペイン=アメリカ ◆原題:EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH◆ 監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「ミミック」◆出演:イバナ・バケロ 、 セルジ・ロペス、 マリベル・ベルドゥ、 ダ...
パンズ・ラビリンス (とんとん亭)
「パンズ・ラビリンス」 2007年 メキシコ/スペイン/アメリカ ★★★★★ 王国で迎えられた、姫・・・・。その国で幸せになって欲しい・・・ 悲惨な現実社会から、逃避したいと願う少女が描いた妄想。 1944年、スペイン。 内戦終結後も、山で....
パンズ・ラビリンス (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  少女が主役で、妖精やモンスターが登場するファンタジー映画なのだが、『ナルニア物語』とか『ライラの冒険』などの娯楽フアンタジーとは全く異なる作品である。 というのも、この映画のファンタジー部分は、主人公の少女オフェリアが、現実逃避するために...
パンズ・ラビリンス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1944年、スペイン。 内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。 この地でゲリラの鎮圧にあたる...
パンズ・ラビリンス ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
公開以前からオスカーを賑し話題になっていた作品であるが、日本公開後も一段と世間の話題をさらったという印象がある。第79回(2006年)アカデミー賞では、メキシコ/スペイン/アメリカ合作ながら、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞。この勢いで外国語映画賞も獲得する...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...