銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2009-07-25 | 映画:シネコン

原題:HARRY POTTER & THE HALF−BLOODPRINCE

いきなりネタばれーーーーー!

ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)、お疲れ様でした!レイフ・ファインズは??
いよいよラストに近づいた。何と最終章はパート1と2があるそうです。2010年、2011年に公開。かなり力が入っているよ。
シリーズ第6作目となるハリー・ポッターと謎のプリンス。1作目からメンバーが変わらないというのは珍しいそうです。第1作目から5年の歳月が経った本作。皆さん、成長しました。ラドクリフ君も大人になっちゃいました。エマちゃんも魅力的な女性になりましたし・・・・。もちろんルバート君もです。前作からちょっと恋の始まりらしきところがありましたが、今回はラブシーンも見られます。すべて鑑賞してはいるのですが、どんなお話だったのか?完全に忘れているようなわけで・・・・。情けない話です(>_<)

魔の手はついに人間界へ!敵の最大の弱点を見つけたとき、
あのホグワーツ魔法魔術学校が、崩壊する。

遂に人間界にまで広がり始めた闇の帝王ヴォルデモートの脅威。もはや、魔法界にも、人間界にも安全な場所はない。
ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)はハリー(ダニエル・ラドクリフ)をヴォルデモートとの最終決戦に送り出す決意を固めた。
“その日”が刻一刻と近づいていることを確信していたからである。
不死身のヴォルデモートを倒す鍵を見つけるべく、ハリーとともに過去の記憶を追うダンブルドア。その重要な手掛かりを知る者はただ一人ーーーーかってホグワーツで魔法薬学を教えていたホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)。

新しいキャラクター登場!ホラス・スラグホーン先生(ジム・ブロードベント
ダンブルドアは彼を復職させるため、おいしい条件をほのめかす。
ホグワーツに戻ってくれば、前より高い給料、広いオフィス・・・・・・。
そして、魔法界一有名なハリー・ポッターを教え子にするチャンスが待っているとーーー。

崩壊の危機が近づくホグワーツの校内では深刻な事態がもうひとつーーーそれは思春期ならではの恋わずらい。
幼い頃からずっと共に過ごしてきたジニ―(ボニー・ライト)とハリー(ダニエル・ラドクリフ)の間には、いつしか友達以上ののもが芽生えつつあった。
そんな二人の前に立ちはだかるのはジニ―の彼氏のディーン・トーマス、そして兄のロン(ルパート・グリント)だ。しかしロンは自身の恋愛で悩んでいた。ラベンダー・ブラウン(ジェシー・ケイヴ)は容赦なくアタックしてくるし、それを見たハーマイオニ―(エマ・ワトソン)は嫉妬にかられながらも決して顔に出そうとしない。


ハ―マイオニ―内心穏やかではなさそうな?


ロンは競技でナイスプレーをして、皆からワーキャーと言われる人気者ロンを追っかけるラベンダーも益々ロンの虜状態
そして、“惚れ薬”入りのチョコレートが妙なところで効果を発揮し、事態は急転直下する。そんな恋愛ムード満開のホグワーツで、素知らぬ顔の生徒が一人だけいた。その関心はもっと深刻なことに向いていた。彼は自分の名を、たとえ悪名であっても、とどろかせてやろうと考えていた。ロマンティックなムードの中に忍び寄る悲劇ーーー。ホグワーツはもう二度と元には戻らないかもしれない。

ドラゴ(トム・フェルトン

さらに詳しく・・・・。

ナルシッサ・マルフォイ(ヘレン・マックロリーと姉であるベラトリックス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、「スピナーズ・エンド」という場所で住むスネイプ(アラン・リックマン)を訪れる。ナルシッサはスネイプに、ヴォルデモート卿から危険な使命を受けた息子ドラコを支援するよう頼み、その確約として魔法による決して破る事のできない誓約を結ぶ。


セブルス・スネイプミネルバ・マクゴナガルマギー・スミス

夏休み、ダーズリー家に帰省していたハリーは、彼を迎えに来たダンブルドアから、シリウス・ブラックの遺産を相続したことを知らされる。その後、親友ロンの実家へ向かう途中、ダンブルドアとともに彼の同僚であるホラスに面会したハリーは、引退したスラグホーンにホグワーツで再び教鞭を取るよう説得する。説得できたその後、ダンブルドアはこの一年間、自分の個人授業を受けてほしいとハリーに頼む。

隠れ穴」ではビルと婚約したフラーが夏を過ごしに来ていたが、それを好ましく思わないハーマイオニーやジニーは彼女を陰で「ヌラー」と呼び侮辱していた。しかし、ロンはフラーが気になるのか、二人をたしなめていて、ハリー達は「隠れ穴」の中の境界線で楽しい日々を送っていた。だが、外の世界では続々と恐ろしい事件が起こり始めていた。


ロンの妹ジニ―

新学期の準備のため、ハリー、ハーマイオニー、ウィーズリー一家はダイアゴン横丁に向かうが、ロンの兄、フレッドとジョージの悪戯専門店、「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」以外はどこにも活気がなかった。「マダム・マルキン」の洋装店でハリー、ロン、ハーマイオニーは、ドラコ・マルフォイと鉢合わせるが、マルフォイが挙動不審な態度をとっているのを怪しみ、後を追う。追跡に気づかず、「夜の横丁」の「ボージン・アンド・バークス」に入ったドラゴは、オーナーのボージンを脅し何かの修理方法を聞きだすが、結局修理方法は不明のまま。ハリーは、マルフォイが「マダム・マルキン」の店で左腕に触れられるのを嫌がったことを思い出し、「左肘に「闇の印」が刻印されているのでは?」と考え、ドラゴが死喰い人ではないかと推測する。しかし、ロンとハーマイオニーは聞く耳をもたない。ハリーはホグワーツ特でマルフォイの正体を探ろうとするが気づかれ石化されてしまう。そこをニンファドーラ・トンクスが見つけ無事ホグワーツに入ることが出来た。

しかし実際にホグワーツで「闇の魔術に対する防衛術」を担当していたのはスネイプでありスラグホーンは「魔法薬学」を教えることになっていた。ハリーが借りた魔法薬学の教科書には「半純血のプリンス」という名前が書かれており魔法薬の事だけでなく彼が発明した闇の呪文が多く示されていた。

この第6巻末にハリーは信頼していたダンブルドアを失い、「半純血のプリンス」の正体がスネイプだったということ、そして新たな謎の人物の存在を知ることになるのである。ということは、スネイプは、ヴォルデモートなのか?
今回は闇の帝王ヴォルデモートの隠された過去が解明されていく。彼の正体は、何と、過去にホグワーツで学んだ学生だったことが分かる。本名はトム・リドル

トム・リドル(16歳)(フランク・ディレイン
 トム・リドル(11歳)ヒーロー・ファインズ=ティフィン 彼はヴォルデモート役のレイフ・ファインズの甥だそうです。
ルーナ役(イヴァナ・リンチ
魔法学校の中でもユニークなキャラ。

残念ながら、レイフ・ファインズは登場せず・・・・。変わりに甥っ子が登場しました。
 

 
数々の冒険や戦いを通して逞しく成長したハリー・ポッターが宿命の対決へ始動し、いよいよ佳境に差しかかっていく人気シリーズの第6弾。思春期を迎えたホグワーツ魔法学校の生徒たちが恋愛ムードに浮き立つ中、ハリーは復活した宿敵ヴォルデモートの知られざる過去に迫りながら最終決戦へ向け新たな冒険に臨む。監督は前作「〜不死鳥の騎士団」に引き続きデヴィッド・イェーツ

メディア 映画
上映時間 154分
製作国 イギリス/アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2009/07/15

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (83)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンシャイン・クリーニング | TOP | ディア・ドクター☆笑福亭鶴瓶×西... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
中休み (KLY)
2009-07-25 03:01:01
ハリーたちの恋愛模様も長いシリーズの中では1度ぐらいあってもいいかなと、これはこれで面白かったです。まー6年生ですしね〜。(笑)エマが随分大人になったなぁって思ったら、3人とももう二十歳前後なんですね。そりゃまあ大人だ…。^^;
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-07-26 08:08:03
あたしもそんなもんです。
本も一応・・・(やっとでしたが)読みましたけど、細かいところはさっぱりおぼえてないし、ダイジェスト版の映画で確認している・・といった次第です。
ひとえに、ヴォルデモード卿が出なくて、あたしはがっくりでしたわ。ヴォルデモード卿を見に行ってるようなもんなのにぃ!!
ハーマイオニーはきれいですね。
はやく、ハーマイオニーを卒業して、いろんな映画でみたいです。

「蟹工船」ご覧になったのですね。はやく見たいわ。
一粒で二度美味しい (メビウス)
2009-08-14 21:29:20
mezzotintさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ヴォルデモートとの決戦の準備をするパートではダンブルドアが殉職しちゃうし、ホグワーツ学校のパートではロンとハーマイオニーのロマンスに展開があったりと、なんだか今回のハリポタは一粒で二度美味しいような作りになっていて、個人的にはどっちも楽しめた感じがしますね。半純血のプリンスの正体も結構驚きましたし、一番好きなキャラクターのルーナは相変わらず不思議ちゃんで凄い面白かったですしね〜。
ルーナは最終章でも活躍して欲しいところですw

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

83 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ハリー・ポッターと謎のプリンス (LOVE Cinemas 調布)
言わずと知れた大人気「ハリーポッター」シリーズの第6弾。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリンント、エマ・ワトソンのお馴染み3人衆にマイケル・ガンボン、アラン・リックマンら教授陣ももちろん登場します。監督は前作「不死鳥の騎士団」に引き続きデヴィッド・イ...
映画鑑賞記「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.07.20 鑑賞場所:シネプレックス幕張 <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  ヴォルデモートがマグル、魔法使い両方の世界における支配力を強める中、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、最終決...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (描きたいアレコレ・やや甘口)
今回だけ原作を読んでいない(今まで買ってた)...だから "謎のプリンス"って『ナルニア国物語』のカスピアン王子 みたいなのを期待してました...
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 (ラムの大通り)
(原題:Harry Potter and the Half-Blood Prince) -----今日は超話題作「ハリポタ」の初日。 なんでも日米同時公開ニャんだって。 そういえば、公開が当初の予定から半年以上も伸びたよね。 日本でのマスコミ向け社内試写はなく、 完成披露が一回あっただけ。 えいはこ...
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2008)/イギリス・アメリカ (NiceOne!!)
原題:HARRYPOTTERANDTHEHALF-BLOODPRINCE監督:デヴィッド・イェーツ出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジム・ブロードベンド、ヘレン・マックロリー、ヘレナ・ボナム=カーター公式サイトはこちら。<Story>闇の帝王ヴォルデモー....
ハリーポッターと謎のプリンス/HARRY POTTERandTHE HALF-BLOODPRINCE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click キャッチコピーにある通り、「クライマックスはここから始まる!」 6作目!残すところは2010年冬と2011年春か夏公開でラストらしい。 こんなに長く続くものだ...
【映画評】<!-- はりーほったーとなそのふりんす -->ハリー・ポッターと謎のプリンス (未完の映画評)
ヴォルデモート卿の過去が暴かれる、人気のファンタジー大作「ハリー・ポッター」シリーズ第6弾。
ハリー・ポッターと謎のプリンス IMAX-3D版/ダニエル・ラドクリフ (カノンな日々)
IMAXデジタルシアターで3Dバージョンの鑑賞です。冒頭約12分間が3Dに変換されたこのバージョンで観られるという貴重な機会を得られたこともあってとっても楽しみにしてました。物語もいよいよ佳境の1歩手前ですね。前作でかなり暗黒度も増してきてワタシ的にもかなり盛り...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (だらだら無気力ブログ)
J・K・ローリング原作のベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの 映画版第6作。ハリーはダンブルドア校長とともに復活したヴォルデモート卿 との決戦に向けて、彼の知られざる過去を探る。ヴォルデモート卿の支配力が強力になっていくなか、その脅威がホグワー...
[映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆なかなかの出来でした^^  私は、『ヱヴァ:破』(クリック!)を観てから、ほかに何を観てもノリきれない自分がいたのですが、この作品を観て、「やっぱ、映画は悪くないな^^」と思わせられました。  今日は遅番仕事だったので、午前中の公開一発目を観てきて、...
ハリーポッターと謎のプリンス (いやいやえん)
映画館で観て来ましたよッ。169分という長丁場なんですが、それでもやはり描写しきれなかったんだなぁ(当たり前か!) 最終章に向けてのメインのシリアスな本筋に、ロマンスや成長なんかをうまく融合していました。毎度思うことだけどみんな成長したよねえ…冒頭の黒...
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の感想です。 (MOVIE レビュー)
シリーズ第6作目となる『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を観ました。第1作の『ハリー・ポッターと賢者の石』から早7年ですね。「また一段と大人びてみんな大きくなったなぁ」って、まず思いましたわ!(笑)その後、「先生方はお年を召されたなぁ・・・」と(自分の...
劇場鑑賞「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (日々“是”精進!)
 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』オリジナル・サウンドトラック/サントラ[CD]「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を鑑賞してきました数々の冒険や戦いを通して逞しく成長したハリー・ポッターが宿命の対決へ始動し、いよいよ佳境に差しかかっていく人気シリーズ....
ハリー・ポッターと謎のプリンス (めでぃあみっくす)
シリーズ6作目としては一つ一つのエピソードも短く淡白で、全体的に見ても盛り上がりに欠けているものの、「クライマックスはここから始まる」という宣伝文句よろしくハリー・ポッター“クライマックスシリーズ”の序章として見るにはまぁ十分な映画でした。 ただやっぱ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (心のままに映画の風景)
闇の帝王ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)がマグル(人間)と魔法使い双方の世界で支配力を強めていくなか、ハリー(ダニエル・ラド...
ハリー・ポッターと謎のプリンス【2009アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINC
ハリー・ポッターと謎のプリンス (悠雅的生活)
選ばれし者。
ハリー・ポッターと謎のプリンス [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE公開:2009/07/15製作国:イギリス/アメリカ上映時間:154分鑑賞日:2009/07/15監督:デヴィッド・イェーツ出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジム・ブロードベント、ヘレナ・ボナム=カー...
「ハリー・ポッターと謎のプリンス(字幕版)」みた。 (たいむのひとりごと)
敗北感を味わいながら次を待つ・・・というのは、例えて言うなら『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』の時に似ているだろうか。しかし!『ハリー・ポッターと死の秘宝』は2部作だそうだ。(2010年11月/2011
ハリー・ポッター 謎のプリンス (You got a movie)
監督    デイビッド・イェーツ キャスト  ダニエル・ラドクリフ       ルパート・グリント       エマ・ワトソン       ジム・ブロードベンド       ヘレン・マックロリー       ヘレナ・ボナム=カーター  主人公の三人も...
映画レビュー「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Harry Potter and the Half-Blood Prince [Original Motion Picture Sound Track]◆プチレビュー◆シリーズ第6作は、想像を絶する悲劇とユルい青春恋愛模様が錯綜。マニアックな1本になった。 【65点】 闇の帝王ヴォルデモート卿が復活し、その力が強まる中、ハリー...
映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想 (Life on Mars)
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」見てきました。 宿敵ヴォルデモート卿は出ませんし、ハリーの活躍も少ないですが、思春期の葛藤・恋・友...
映画 【ハリー・ポッターと謎のプリンス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第6弾。デヴィッド・イェーツ監督が続投。 おはなし: ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
“『ハリー・ポッター』鑑賞”―は、当たり前の行事になっている我が家でも、、、誰もそれ程楽しみにしているわけでもなかったりして〜アハ今回は、シリーズで初めて字幕版を観賞―【story】ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大になっていくなか、ハリ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (ともやの映画大好きっ!)
(原題:HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE) 【2009年・イギリス/アメリカ】劇場で鑑賞(★★★★☆) 2001年「ハリー・ポッターと賢者の石」(原題:HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE) 2002年「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(原題:HARRY POTTER A...
映画「ハリーポッターと謎のプリンス」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
初日の興行成績は全米で5800万ドル、全世界、といっても10カ国ほどだが、 4500万ドルを超え、初日で1億ドル突破した。 全米では7/16の木曜も2200万ドルを稼ぎ出しており、 週末までに全米1億ドル突破は間違いないところ。 金曜日に2千万ドル以上稼...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ホグワーツ魔法学校の6年生になったハリーたちは、もう高校三年生の年齢になった。学校内では現代っ子らしく恋の悩みもあり、闇の帝王ヴァルデモードとの戦いもいよいよ学校内に及んで来る。青春の楽しいことも悲しいこともバランスよく配置され、魔法の戦いが現実世界に...
映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 109シネマズでは毎月19日はシネマポイントカード会員のみ¥1000で映画が見られる日だ。この日は日曜日と重なり公開5日目の「ハリー・ポッター」を上映するシアター1はほぼ満席である。  映画の話 ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大に...
♯36 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (cocowacoco)
映画 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE を観ました        デヴィッド・イェーツ監督 J・K・ローリング原作 2008年 アメリカ/イギリス 今回、疑心暗鬼になりそうなハリーも、ダンブルドア校長には忠実でし...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (映画情報良いとこ撮り!)
ハリー・ポッターと謎のプリンス 闇の帝王ヴォルデモートが力を強めと動いている。 ハリーは、ホグワーツもかつて程安全ではないと考えていた。 そこでダンブルドア校長は、かつての友、ホラス・スラグホーンを教授といして向かいいれた。 そんな緊張感がある中...
★「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、 ハリポタ・シリーズの第6作目。 このシリーズは4作目から劇場鑑賞してるひらりん。 だんだん大きくなっちゃって・・・と、 誰もが出演者の成長を見守ってるシリーズだよね。
ハリー・ポッターと謎のプリンス (ダニエル・ラドクリフさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフさん(のつもり) 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(Harry Potter and the Half-Blood Prince)を先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
ハリー・ポッターと謎のプリンス (迷宮映画館)
えーーーー!!!・・・。。。
ハリー・ポッターと謎のプリンス/Harry Potter 6 (いい加減社長の映画日記)
15日という中途半端な平日に公開。 公開初日に観ると、2ポイントもらえる、ということで、なんとかレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、平日の割には多めかな。 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は、大きめのスクリーンで、7割程度。 【ストーリー】 ヴ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (映画君の毎日)
ストーリー:ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大になっていくなか、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、極めて重要な情報を握っているダンブルドアの旧友で元...
2009-61『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2009-61『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(更新:2009/07/18) * 評価:★★★★☆ 去年上映予定が『ダークナイト』の上映とかぶった為に1年先延ばしになり、待ちに待った感じのハリー・ポッターの第6...
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 ('09初鑑賞92・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (5段階評価で 3) 7月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:40の回を鑑賞。
ハリー・ポッターと謎のプリンス (Akira's VOICE)
やや長いけど,見応えは大きくて満足!  
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ハリー・ポッターと謎のプリンス」公式サイト「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第6弾。前作の時もそうでしたが、ハリポタ試写会はコンサートなみの厳戒態勢。持ち物検査(化粧ポーチの中まで)の上に、金属探知機で隈なく調べられてものす....
ハリー・ポッターと謎のプリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『クライマックスは、ここから始まる!』  コチラの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は、ご存じ「ハリポタ」シリーズの第6弾となる最新作で、7/15に日米同時公開となったアドベンチャー・ファンタジーなのですが、IMAX・3D版で観て来ちゃいましたぁ〜♪「トラン...
[映画][劇場公開]ハリー・ポッターと謎のプリンス 80点 (さとうれおはオレだけか)
↑のバージョンの予告で大体アクションが見れてしまうので注意。 2作目から5作目は安かったのでブルーレイで購入して復習した甲斐がありよくわからないところはそんなになかったかな。 セックスを連想させるようなことも吹き替え版なのにあったが子供の反応は良かったよ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (Diarydiary!)
《ハリー・ポッターと謎のプリンス》 2008年 イギリス/アメリカ映画 − 原題
ハリー・ポッターと謎のプリンス (そーれりぽーと)
『ハリー・ポッター』シリーズ第六章の映画化は、原作が第七章で終了していてオチまで解ってる状態での映画化なので、作る側の苦労は相当なものだろうと想像しながら、IMAXデジタル3D版の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を初日レイトショーで観てきました。 ★★★★...
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE】 2009年/英・米/ワーナー/154分 【オフィシャルサイト】 監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジム・ブロードベント、ヘレン・マックロリー、ヘレナ・ボナ...
ハリーポッターと謎のプリンス (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ハリーポッターと謎のプリンスの映画公開されたようですが、6はドラゴ・マルフォイが活躍していたと思います。ヴォルデモートの過去にも迫りますが、トム・リドルとしてホグワーツにいたこともあります。7は前編・後編と分けるようです。
ハリー・ポッターと謎のプリンス (ルナのシネマ缶)
シリーズもクライマックスが 近づき、ダークさも 増してきましたが、 今回は、「ホグワーツ青春白書」で ちょっと和む感じも ありました。 全体的にはがんばって 2時間半にまとめたなぁ〜って 感じでした。 ヴォルデモートの支配力が強大になっていくなか、 ...
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (或る日の出来事)
ハリー・ポッターのシリーズ第6弾。
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
原題は「HarryPotterandtheHalf-BloodPrince」「謎のプリンス」だと物語の真意が伝わらない。混血や半純血という言葉が、差別だの言葉狩りだのの対象となったのだろうけれど・・文学的な方面から見ればヒステリック過ぎて困った事だ。「半純血のプリンス」とは、マグル(....
ハリー・ポッターと謎のプリンス (Notorious Last Words)
〔ハリー・ポッターと謎のプリンス/HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE〕 2009年*アメリカ・イギリス*ファンタジー、アドベンチャー、ロマンス  闇の帝王ヴォルデモートがマグル(人間)と魔法使い双方の世界で支配力を強め、その脅威はハリーたちのホグワ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
早いもので、2001年のシリーズ開始から既に8年。 ハリーたちはホグワーツ魔法学校の6年生となり、もう見た目は完全に大人だ。 第4作の「炎のゴ...
★ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008)★ (CinemaCollection)
HARRYPOTTERANDTHEHALF-BLOODPRINCEメディア映画製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/07/15ジャンルファンタジー/アドベンチャー【解説】数々の冒険や戦いを通して逞しく成長したハリー・ポッターが宿命の対決へ始動し、いよいよ佳境に差....
ハリー・ポッターと謎のプリンス (だめ男のだめ日記)
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」監督デヴィッド・イェーツ原作J・K・ローリング出演*ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)*ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)*エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)*ジム・ブロードベント(ホラス・スラグホー...
レビュー:ハリー・ポッターと謎のプリンス (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ファンタジー][魔法][学園物][シュールなロマンスコメディ][実写][洋画][スコープサイズ][154分] 重く暗い雰囲気:★★★★☆ ウザく感じるロマンス:★★★☆☆ 監督: デイビッド・イェーツ 出演: ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワト...
【ハリー・ポッターと謎のプリンス】もう子どもではいられない世界 (映画@見取り八段)
ハリー・ポッターと謎のプリンス 〜Harry Potter and the Half-Blood Prince〜 監督: デヴィッド・イェーツ 出演:  ダニエル・ラドクリフ、ルパート・...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (★ Shaberiba )
ハリーポッター第6弾!!宿敵ヴォルデモートを倒すための鍵は彼の少年時代に? 最終戦に向けてのハリーたちの戦いが始まろうとしている!!
ハリー・ポッターと謎のプリンス (2008/イギリス・アメリカ) (白ブタさん)
ハリー・ポッターもとうとう第6弾。 今までかかさず見てるから、行くしかないよね〜ってことで、行ってきました{%音符webry%}
映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督、デヴィッド=イェーツ。脚本、スティーヴ=クローヴス。原作、J=K=ローリン
ハリー・ポッターと謎のプリンス (2008) 154分 (極私的映画論+α)
物語はいよいよ佳境へ・・・ HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE
ハリー・ポッターと謎のプリンス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
いよいよクライマックスが幕開け!宿敵との対決を前にハリーが覚悟を決める!! 第1作から8年、全世界で大ヒットを記録し続けるファンタジー・シリーズの最新作がお目見え!本格化する宿敵ヴォルデモートとの戦い、恋や友情など青春模様、そして、ハリーを襲うシリ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (*nicoponism)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス(字幕版)』 鑑賞メモこれがあのハリー・ポッターなのか?!今までとはまったく違った奥深さ・・・。まさにシリーズのクライマックスの到来をひしひしと感じました。プリンスの正
映画版 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
[ハリー・ポッターと謎のプリンス] ブログ村キーワード 原作で6巻が一番好きなので当初公開予定だった昨年11月から待ちに待ったハリポタ映画・第6作目を、本日レディースデーなので吹き替えで(理由は本文にて)観てきました。 超ネタバレ有り部分は闇文字の反転仕様に...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (Peaceナ、ワタシ!)
- クライマックスはここから始まる! - 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を観てきました。 とうとう6作目ですね〜。原作は最終巻まで揃えているものの、なかなか読めなくて、映画は前作の『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から、原作未読のまま鑑賞しています。...
ハリー・ポッターと謎のプリンス☆独り言 (黒猫のうたた寝)
うっわ、、、150分の上映時間?うーーん、、、ちょっと腰が引けるなぁっと思いつつ原作読む気がまったくないハリー・ポッターは映画でっと決め込んでいる手前(笑)観に行ってきました。時間長いから、字幕はやめて吹替えを選択したのはある意味よかったかもしれません。...
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 ハリーの成長が窺える (はらやんの映画徒然草)
<最後にネタばれあるので、注意です。でも多分みんな知っていると思うけど(笑)>
[映画]ハリーポッターと謎のプリンス (落とし穴には気をつけろ!)
待ってましたのハリーポッター第6弾。全然混んでなかったのにはちと驚きましたが、突然この話だけ観ても分からないだろうから、仕方ないか 今回は謎のプリンスにとり憑かれたように心惹かれるハリーと、学生達の恋模様がお話の中心ですが、恋愛話に重点を置いたことから...
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』:早くクライマックス始まれ! (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
原作のファンでないので、ハリーやハーマイオニーやロンやその他の登場人物にあまり思いいれがないので、少年少女たちの好いたの惚れたのを長々と見せられて、かなり退屈でした。
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 (『映画な日々』 cinema-days)
シリーズ第六作 ハリーは署名入りの教本を参考に ホラス教授の魔法薬学で好成績を修めるが... 【個人評価:★★☆】 (劇場鑑賞) 原題...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (Movies 1-800)
Harry Potter and the Half-Blood Prince (2009年) 監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント、マイケル・ガンボン 魔法使いの少年の成長を描いた世界的ベストセラー小説の映画化第6弾。 宿敵ヴォルデモート卿を倒す...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (犬・ときどき映画)
ハリー・ポッターと謎のプリンス[HarryPotter and The Half Blood Prince] 公開から半月、もうそろそろ空いているかと思いきや、字幕版でもまだまだ混んでいました。 Story ホグワーツに新しい魔法薬の先生がやってくる。 ボルデモードは人間界にも影響を及ぼすようにな...
09-205「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(イギリス・アメリカ) (CINECHANの映画感想)
改竄された記憶  闇の帝王ヴォルデモートがマグル(人間)と魔法使い双方の世界で支配力を強め、その脅威はハリーたちのホグワーツ魔法学校にも及んでいた。校内を警戒し始めるハリー。最終決戦が迫っていることを知っているダンブルドア校長は、そんなハリーに来たるべ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】デビッド・イェーツ 【出演】ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ジム・ブロードベント/ヘレナ・ボナム・カ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (メルブロ)
ハリー・ポッターと謎のプリンス 274本目 2009-34 上映時間 2時間34分 監督デビッド・イェーツ 出演 ダニエル・ラドクリフ  エマ・ワトソン  ルパート・グリント  ジム・ブロードベント 会場 TOHOシネマズ 府中 評価 6点(10点満点)  いわずと知れ...
◆『ハリー・ポッターと謎のプリンス』◆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:イギリス+アメリカ合作映画、デビッド・イェーツ監督、ダニエル・ラドクリフ主演。 ≪IMAX(3D)上映≫
「ハリーポッターと謎のプリンス」プチレビュー (気ままな映画生活)
遂に6作目、そして最終章の7作目まであと残りわずか。 もうラストスパートの段階に差し掛かったのに、 お話は最後の30分までがのんびり学園モードでした。
ハリー・イン・ザ・ダーク〜『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 【吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE  闇の帝王ヴォルデモートが復活し、その影響力はホグワーツ魔法学校に迫 ろうとしていた。ダンブルド...
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」ハリーの師匠が残した最終決戦への布石と序曲 (オールマイティにコメンテート)
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」はハリー・ポッターシリーズ第6弾の映画で謎のプリンスを追うために過去の出来事に立ち向かうハリーが最終決戦へ向けての序曲が始まるターニングポイントのストーリーである。最終章直前に知る真実と恩師との別れに物語は佳境を迎えよ...
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』’09・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじついに復活を果たした邪悪な魔法使いヴォルデモートはその支配力を魔法界のみならず、マグル(人間)の世界にまで広げようとしていた。そんな史上最大のピンチが迫る中、ハリー・ポッターはホグワーツ魔法魔術学校の校長、ダンブルドアとともに来るべき最終決戦の...
選ばれし者のプライド。『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 (水曜日のシネマ日記)
「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第6弾です。
ホレール3 (虎犇秘宝館)
中学校から家に帰る途中、いつものように丹平は惚田博士の研究所に立ち寄った。そして、いつものように冷蔵庫を勝手に開けて爽健美茶をゴクゴクゴク・・・すると研究室から惚田博士の声がした。「完成じゃ!完成じゃよ〜!!」研究室では博士が小躍りして喜んでいる。「完...
映画評「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督デーヴィッド・イェーツ ネタバレあり
ハリー・ポッターと謎のプリンス (mama)
HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE 2009年:アメリカ 原作:J・K・ローリング 監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジム・ブロードベント、ヘレナ・ボナム・カーター、ロビー・コルトレーン、ワーウ...
ハリー・ポッターと謎のプリンス (mama)
HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE 2009年:アメリカ 原作:J・K・ローリング 監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジム・ブロードベント、ヘレナ・ボナム・カーター、ロビー・コルトレーン、ワーウ...
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
いよいよ大詰めとなるシリーズ第6作。 実はこの作品、原作小説を読んでません。 翻訳版が出る前にネタバレ・サイトなどでストーリーを知ってしまったので、率先して読む気が失せてしまったから。 そして映画版も、小説を読んでから、とグズグズしているうちに公開が...