銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

インクレディブル ハルク☆★

2008-08-05 | 映画:シネコン

 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。

 

8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。

 

マーベルコミックの人気ヒーロー「インクレディブル・ハルク」の映画化、そのハルクを演技派であるエドワード・ノートンが挑んだ。えぇ~~驚きですよね。ノートンのイメージから信じられないけど・・・・・。最初は少し抵抗もあったらしいです。でも違うことをやってみたいという時期だったようで、そんなときにこの話が舞い込んできたそうです。なるほどそういうきっかけだったのですね。

エドワード・ノートン、ヒーローにしては繊細な感じだけれど、よく観るとこのヒーローのもろさが、ノートンの持つ繊細さと合っているように思いました。実は個人的にはノートンという俳優さんも好きなので、新しいジャンルに挑戦するノートンにも期待して観にいったわけで・・・・。

そういえば、ティム・ロスも久々に観ました。今回はノートン演じるブルースの変身“ハルク”に対してのパワーに魅了され、自ら人体実験でハルクのように変化を遂げアボミネーションという姿になり、ハルクに戦いを挑むというブロンスキーという特殊部隊の兵士役。「海の上のピアニスト」での繊細なピアニストを演じていた彼の印象が強く残っていて・・・・・。今回の役はそれとは程遠いものでした。(ちょいとヨレヨレな感じでしたね)

疲れたティム・ロスだけど、モンスター願望も強い男を見事に演じていた。

さてこの映画のストーリーやエドワード・ノートンのこの作品への取り組みを交えながら、簡単に紹介?(いつも長ったらしいレビューなのもで)

出来るだけシリアスな方向にもっていきたいというノートンは脚本にも関わったらしい。若い頃に読んだコミックブックは漫画のような感じではなく、とてもリアルで大人っぽいファンタジーのように感じたと話す。これまで僕が観たヒーロー映画はあまり好きではなかった。ノーラン監督の「バッドマン ビギンズ」はこれまでのなかで最高のスーパーヒーロー映画だったという。

そんなノートンが演じた主人公、ブルース・バナーのストーリーはとても悲しい。科学者のバナーが、ロス将軍(ウィリアム・ハート)のもとで人体実験をしてた際、事故で多量のガンマを浴び、それ以来怒りを感じたりすると心拍数200を超えアドレナリンの分泌とともに約2.7メートルの巨大な緑色のモンスターに変身する体質となるわけだ。

そんなブルースの体質に注目したロス将軍は彼を利用しょうとするが、彼はそんなロスのもとから逃亡する。執拗以上に彼を追い続けていた。ある意味孤独な追放者というところだ。あまりひどい扱いを受けると自分の中から何かが飛び出し、相手を罰してくれる。そんなファンタジーには多くの人が共感できるとノートンは語る。

慎重で孤独な男 ブルース・バナー、自分の中にあるものをとても怖れて、ついに人々から遠ざかり、関わりをもたないようにしている。自分で自ら孤独にしている。そんな重荷を背負っているバナーをノートンはこだわって演じた。

ノートン演じるバナーは謎めいてなかなか良かった。

遠くブラジルで潜伏するバナー、怒りを制御することを学びながら、治療薬の開発に取り組んでいた元の体に戻るための方法を模索しているうちに、を通じてバナーは“ミスター・ブルー”というハンドルネームを持つアメリカの科学者とコンタクトを取ることに。自身の細胞の秘密を解き明かそうとしていた。ところがその矢先、バナーの潜伏先ロス将軍に割り出される特殊部隊員のエミル・ブロンスキー(ティム・ロス)率いる軍を送り込む。ついにバナーは包囲されてしまう。暴行を受けるバナー。そのとき、心拍数上昇し、体に異変が起こる

別人格ハルクが目覚めたのだたちまち部隊を蹴散らし、何処かへと消えていく・・・・。

ブロンスキーは目の前でおこったことに信じられないでいたハルクの圧倒的なパワーに魅了された。そして自らもこの“力”得ようとする。

 

心拍数が上昇すると、バナーの目は緑色に変身直前です。

 

ブロンスキーは軍の極秘研究“スーパー・ソルジャー計画”に志願するハルクとなったバナーの事故の真の目的はこの軍の計画の一環である。

バナーはミスターブルーの研究成果を頼りに、5年ぶりに密かにアメリカへ。彼がまず誰よりも会いたい人がいた。かって同じ研究室に在籍し、愛を確かめ合った女性、そしてロス将軍の愛娘ベティ(リヴ・タイラー)がいた。何も告げず去ったバナーのことを思いながら、もう彼女には新しい医師の恋人、レナード(タイ・バーレル)がいた。

 

   

べティ(リヴ・タイラー)とレナード(タイ・バーレル)

バナーはこのことを知ると、去っていきます。だがベティは最愛のバナーを見逃さなかった再会した二人は抱き合う

でもロス将軍とブロンスキーの追跡の手はすぐそこまでやって来た

 

 ロス将軍役(ウィリアム・ハート)

ヒゲがあって髪形もいつもとちょっと違うので、ウィリアム・ハートとは気がつきませんでした。そういえば最近観た「バンティジーポイント」にも大統領役で登場していましたね。

 

とにかくしつこく、バナーを追い詰めます追いつき追い越されとうとう追い詰めた~~~

バナーの心拍数は上昇ついにハルクに変身・・・・・。ベティも彼の変る様子を見て

爆発に巻き込まれるベティをハルクは助ける。そしてバナーから苦渋に満ちた胸の内を聞く。そして彼に協力することに。

いよいよ“ミスター・ブルー”に会うため、ニューヨークへと向かう

 

 ミスター・ブルーことスターンズ(ティム・ブレイク・ネルソン)

何か科学者には見えないひょうきんな人だけど・・・・?スターンズの研究の成果に最後の希望を託すバナーだ。

さて、元に戻ることが出来るのか????

ところがここにも軍の手が!!!ついにバナーは囚われることに

ブロンスキーはハルクに魅せられ、スターンズにバナーの血清を打つように迫る。そして彼はアボミネーションというモンスターへと変身する

 

これがアボミネーションですニューヨークの街を荒らしまわり、軍の力ではどうすることも出来ません

 

ついにブルース・バナーは、アボミネーションとの戦いに挑みます愛するベティのために、運命と対峙する覚悟を決めて。自らハルクになることを・・・・・。

 

 

ブルース・バナーの分身ハルク、何かあの繊細な彼とはかけ離れていて、衝撃的です。

 

エドワード・ノートンが演じるアメコミもこんなシリアスな作品になって、ちょっと今までのヒーローものが斬新に感じます。

結末は?これはどうぞシアターへ足を運んで観て下さい。

ところでちょいとネタばれです。何とラストにあの「アイアンマン」に主演のロバート・ダウニー・JRが主人公のトニー・スタークで登場します。マーベルつながりのようですね。次の作品紹介ってところですか。(9月27日公開です。)

 

 コミックはこのような本だそうです!マーベル・コミック

 

インクレディブル・ハルク 公式サイト

 

感想:ノートン的アメコミムービーはそれなりに楽しめました。主人公の刹那的なところも何かいいです。誰しもが心の中に持っている違う自分というものがハルクのような別の人格として現れ、何かを訴えるもしくは警告のような発信をしているのか?と思いました。エドワード・ノートン、大好きです

※もう長いレビューにはしないなんて言いましたが、また長いレビューになってしまいました。すみません

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンデラの名もなき看守 原... | TOP | 再会の街で・・・・。かなり... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2008-08-05 18:07:00
こんばんは~♪
いつもTN頂きありがとうございます☆
早速お返しさせてもらいました

ノートンがハルクって聞いた時は意外だったけど
結構お似合いでしたね

舞台挨拶では
4ヶ月しか住んでなかったって言うのに日本語、上手で、
本当頭がいいんだなぁって思いましたヨ、
さすがです。
こんばんは♪ (ミチ)
2008-08-06 23:21:07
mezzotintさん、暑中お見舞い申し上げます。
京都も暑いでしょう?
お化粧も流れちゃうほど暑いです(笑)

ノートンのハルクは本当に意外だったけれど、おかげでドラマ部分の質が上がったように感じました。
こんにちは♪ (きらら)
2008-08-07 09:31:51
毎日暑いですねー。
ホント、、、映画館いくまでがめちゃめちゃダルイです
ノートンを期待していたら
見せ場は全部ハルクに持っていかれちゃってちと残念でした。
アイアンマンはどうなんでしょうー?楽しみです!
こんばんは★ (dai)
2008-08-07 23:10:54
わざわざモーガンの記事にコメントありがとうございました。

記事の表示に関する問題は良く分からないです(汗)FC2はたまにそういう悪戯をしてくれますw

>誰しもが心の中に持っている違う自分というものがハルクのような別の人格として現れ、何かを訴えるもしくは警告のような発信をしているのか?

確かに人間はコインのように大なり小なり表裏一体であり、誰しもがハルクが住み着いていると言ってもいいかもしれませんね。
やっぱ (sakurai)
2008-08-13 23:07:26
意外性ですかね。でもよかったぁ。
ちょっとさびしげな目がぐぐっときました。
ミスター・ブルーが、次のキモかな・・・などとも思ったのですが、「アイアンマンかよ!」と突っ込んでました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

70 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk (我想一個人映画美的女人blog)
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) 誰...
インクレディブル・ハルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もち...
【インクレディブル・ハルク】 (日々のつぶやき)
監督:ルイ・リテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 「科学者のブルース・バナーはある実験中に放射能を浴びたことが原因で、感情的になり心拍数が上がるとパワーアップして緑の巨
アメコミ映画夏の陣 その一 「インクレディブル・ハルク」 (小覇王の徒然なるままにぶれぶれ!)
    部屋を軽く掃除してバルサンを準備、セットして映画を観にいった。観る映画は
「インクレディブル・ハルク /THE INCREDIBLE HULK (2008) 」 ジャパンプレミア (MoonDreamWorks★Fc2)
【インクレディブル・ハルク】2008年7月26日(土)公開 監督 : ルイ・レテリエ ...
『インクレディブル・ハルク』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『インクレディブル・ハルク』の試写会に行ってきました。 いゃ~
「インクレディブル・ハルク」みた。 (たいむのひとりごと)
思い切り続編を作る気マンマンって終わり方で、今回は序章に過ぎない感じだね。今のところ“ハルク“は単なる怪物で、怪力と強固な肉体以外にどうという能力は持っていないようだが、もしかするとこの先どんどん進化
インクレディブル・ハルク (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
主人公の苦悩はドラマとして、愛する女性を守る気持ちはラブストーリーとして見応えがある。科学者ブルースは、心拍数が上ると巨人ハルクと化す肉体の治療法を研究しているが、陰謀を企てる軍により追いつめられる。超人になりたくないヒーローという個性に加え、恋人ベテ...
インクレディブル・ハルク (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE INCREDIBLE HULK) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 2003年に公開された「ハルク」(原題:HULK)のリメイク作品。 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父ロス将軍(ウィリアム・ハー...
『インクレディブル・ハルク』 (2008) / アメリカ <ジャパン... (NiceOne!!)
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート....
インクレディブル・ハルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~【story】ブルース・バナー博士(エドワード・...
インクレディブル・ハルク (映画通の部屋)
「インクレディブル・ハルク」THE INCREDIBLE HULK/製作:200
インクレディブル・ハルク (心のままに映画の風景)
科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、 ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた...
『インクレディブル・ハルク』('08初鑑賞100・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 8月1日(金) 三宮シネフェニックス スクリーン1 にて 18:45の回を鑑賞。
インクレディブル・ハルク 男だから強さに憧れるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【28 -14-】 昨日は映画の日{/m_0058/}、仕事も早く終わりそうだし、飲み会の約束も珍しくないし、よ~し映画見に行こうって思って調べたら、「インクレディブル・ハルク」が金曜やのに封切りやった{/m_0167/}  この夏は「バットマン」に「アイアンマン」「ハンコック...
『インクレディブル・ハルク』 (ラムの大通り)
(原題:IThe Incredible Hulk) ※映画の見どころに触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、何年か前にも映画になったよね。 確か、あのときはエリック・バナが主演で 監督が、あのアン・リー。 「...
★インクレディブル・ハルク<ジャパンプレミア>★ (CinemaCollection)
THEINCREDIBLEHULKその「力」、ためらうな。製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/08/01ジャンルアクション/SF/アドベンチャー【解説】2003年にアン・リー監督、エリック・バナ主演で実写映画化されたマーベル・コ....
インクレディブル・ハルク (2008) THE INCREDIBLE HULK 112分 (極私的映画論+α)
「サンダVSガイラ」(爆)
「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/7/22、東京国際フォーラムでの開催。 実は同じ日に「ダークナイト」の試写会もあったのだが、 悩んだ末「ハルク」を選択。 例によって事前に指定席券と交換する方式。 2階席中段だったが、運のいいことにほぼ中央が当たる。 スペシャルゲストとして水島ヒロが...
映画 「インクレディブル・ハルク」 (ようこそMr.G)
映画 「インクレディブル・ハルク」 を観ました。
インクレディブル・ハルク (ネタバレ映画館)
セキュリティ・ソフトがノートンってのは・・・
「インクレディブル・ハルク」今度は、スッキリ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日2008年7月24日 21:49 ※投稿日時を、上映開始日に設定。上映開始後1週間固定。  心拍数が200を超えると、緑の巨人に変身してしまう科学者の悲哀を描いた、アメコミ「ハルク」の映画化。「インクレディブル・ハルク」(ソニー・ピクチャーズ エ...
「インクレディブル・ハルク」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「インクレディブル・ハルク」公式サイトエリック・バナのハルクは未見デス。まっさらで期待せずに観にいってきました~^^;マーベルのヒーローものながら えらい後ろ向き興奮してハルクに変身するとバーサク状態になって誰も手が付けられなく...
「インクレディブル・ハルク」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ  監督/ルイ・レテリエ  出演/エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ウィエイアム・ハート  ジャパンプレミアに行ってきました。しかしキャストは来日せず、プレミアとは名ばかり・・・(涙)...
インクレディブル・ハルク (レンタルで映画)
 今日は「インクレディブル・ハルク」へ。この映画にはリヴ・タイラーが出てるんですよね。彼女は「魅せられて」を観て以来の大ファンでして、メジャー級な映画として映画観で見れるのも久しぶりのような気もします。だから嬉しい限り。しかも今作ではヒロイン!なんです...
インクレディブル・ハルク (5125年映画の旅)
天才科学者ブルース・バナーは、大量の放射能を浴びる実験によって、怒りに反応して変身する巨人ハルクへと変貌してしまう。危険な力を恐れたブルースは、恋人を残し南米に逃亡する。一方米軍は、彼の力を利用しようと南米に部隊を派遣する。追っ手から逃れたブルース...
ヒーローを超えた男。『ダークナイト』 (水曜日のシネマ日記)
映画『バットマン ビギンズ』の続編です。
映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう...
インクレディブル・ハルク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ 「生身の人間より鉄!」トニー・スタークの登場には驚いた。
インクレディブル・ハルク (Akira's VOICE)
怒らせたらエライ事になります。  
インクレディブル・ハルク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アクション/SF/アドベンチャー  監督:ルイ・レテリエ  出演:エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ティム・ブレイク・ネルソン 【物語】  科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の...
「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー (はらやんの映画徒然草)
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
インクレディブル・ハルク (りらの感想日記♪)
【インクレディブル・ハルク】 (18) ★★★★ 2008/08/01ストーリー 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベ
インクレディブル・ハルク (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 THE INCREDIBLE HULK 上映時間 112分 製作年度 2008年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/08/01 監督 ルイ・レテリエ 脚本 ザック・ペン 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス ティム・ブレイク・ネルソ...
★「インクレディブル・ハルク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
インクレディブル・ハルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味も...
インクレディブル・ハルク (Memoirs_of_dai)
大きくなってもズボンは破れず! 【Story】 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は5年前の放射能実験の失敗で、強大な力を備...
映画 『インクレディブル・ハルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、...
「インクレディブル・ハルク」 (てんびんthe LIFE)
「インクレディブル・ハルク」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 おすぎがCMやっているのでみようかどうしようか悩みましたが、映画の日なのでみることにしました。 おすぎのCMは気に入らないけど、私はこの作品好きです。 愛があって、苦悩して、とても人間臭...
インクレディブル・ハルク(映画館) (ひるめし。)
その「力」、ためらうな。
[映画『インクレディブル・ハルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^v」と言うパンチさに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うよ...
2008-56『インクレディブル・ハルク』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-56『インクレディブル・ハルク』(更新:2008/08/08) 評価:★★★☆☆(★★★★☆の間) 非運のヒーローとでも云うべきだろうか。 成りたくてなった訳ではない緑色の怪物、超人ハルク。 ...
伸びるズボンはいてるの?【インクレディブル・ハルク】 (犬も歩けばBohにあたる!)
アン・リー監督がメガホンをとった「ハルク」から早5年。 あの映画は散々でした。何
インクレディブル・ハルク (小部屋日記)
The Incredible Hulk(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 怒りや恐怖の感...
『インクレディブル・ハルク』 (Sweet*Days**)
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑...
『インクレディブル ハルク』 (『映画な日々』 cinema-days)
 シリーズ第二作  INCREDIBLE = 「信じられない,驚くべき」  ブルース・バナー”ハルク” VS  エミル・ブロンスキー”アボミネーション” ...
「インクレディブルハルク」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
正気と狂気の境界が適当。前作の「ハルク」は見ておらず、米国ではそこそこヒットしたけど、わが国ではさっぱりだったという印象しかない。今回それほど間をおかずに、続篇ではない新作を世に送り出してきたのは、前作を失敗と捉えているからであろう。主演にE.ノートンを...
『インクレディブル・ハルク』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【THE INCREDIBLE HULK】 2008年/ソニー・ピクチャーズ/112分 【オフィシャルサイト】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ウィリアム・ハート、ティム・ロス
「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたの...
エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけ...
インクレディブル・ハルク (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 見かけ変われど、愛は変わらず
インクレディブル・ハルク (迷宮映画館)
この配役を、いったい誰が思いついたんだ!!
インクレディブル・ハルク 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
インクレディブル・ハルク (お萌えば遠くに来たもんだ!)
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その...
インクレディブル・ハルク ( Art- Mill  あーとみる)
インクレディブル・ハルクHP http://www.sonypictures.jp/movies/theincrediblehulk/ エドワード・ノートンといえば、「幻影師アイゼンハイム」を思い出す。彼には、苦悩とそれを乗り越えようと
インクレディブル・ハルク (ダイターンクラッシュ!!)
8月15日(金) 21:15~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『インクレディブル・ハルク』公式サイト アン・リーの超駄作「ハルク」が公開されてそんなに経っていないのに、早くも作り直し。(当初は、続編としての企画だったようだが...
『インクレディブル・ハルク』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレデ...
怒れる緑の巨人 (CINECHANの映画感想)
220「インクレディブル・ハルク」(アメリカ)  科学者のブルース・バナーは研究中の事故で多量のガンマ線を人体に浴び、怒りを感じて心拍数が200を越えると巨大な緑のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。以来彼を利用しようとする軍の追跡を逃...
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
アングリー・フィスト (宇宙のめいぐると)
「インクレディブル・ハルク」
『インクレディブル・ハルク』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
日本ではアメコミのヒーローというより、TVドラマのヒーローという印象が強いんじゃないかと思われる、マーベル・コミックを代表するスター「ハルク」、2度目の映画化作品。なんせコミックの方は殆ど紹介されていないのに、TVシリーズは『超人ハルク』のタイトルでし...
「インクレディブル・ハルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
思ってたよりもずっと楽しめました^^
【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こ...
インクレディブル・ハルク (Addict allcinema 映画レビュー)
その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  2003年に上映された前作『ハルク』は、人間ドラマに焦点をあて過ぎ、ヒーローものとしてはかなり評価が低かった。それで今回は、続編ではなくストーリー・キャスト・スタッフを一新して製作されたようである。従ってハルク誕生シーンは、観客たちの周知で...
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...
「インクレディブル・ハルク」 (或る日の出来事)
「アベンジャーズ」の予習のために観賞。思いのほか、おもしろかった。
インクレディブル・ハルク (こみち)
JUGEMテーマ:洋画      ◆超人ハルク    アベンジャーズに登場したハルクを見て見たくて    正月に「インクレディブル・ハルク」を見ました。    圧倒的に強いハルクに立ち向...