銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ぼくのエリ、200歳の少女(2008)

2010-10-17 | 映画:ミニシアター

原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN(スウェ―デン語)、LET THE RIGHT ONE IN(英語)


怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋

すでにアメリカでリメイク版が完成して上映中。2010年10月1日にLet Me IN というタイトルで公開されました。日本で公開されるなら、邦題はどんなタイトルかも気になります。内容は、ほぼオリジナル版と同じようですが、、、、。雰囲気的には、私はオリジナル版の方が良いかなと思います。ちなみに監督はクローバーフィールド/HAKAISHAのマット・リーヴスです。

ヴァンパイア映画ですが、アメリカ映画のようなヴァンパイアを主体としたものではありません。どちらかといえば、ヴァンパイアとして生きているエリと、オスカー少年の淡くて切ない恋を描いています。恋ではあるのですが、、淋しい2人が心通じ合い真の友情を築いていくという風な感じでしょうか。

エリを演じたリ―ナ・レアンデションさん、不健康そうな顔色がまさにヴァンパイアのような顔つきです。

本作でデビューした新人さんですが、なかなか板についていますね。

オスカー役のカ―デ・へ―デブランド君、現在15歳。
この撮影の時は11歳だったそうです。エリ役のリ―ナさんは少しお姉さん。そしてカ―デ君も本作でデビュー。

STORY(キネマ旬報より拝借)

ストックホルム郊外で母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、毎日学校で同級生からの苛めに遭っていた。大人たちはその事実に気付かず、助けてくれる友達もない。いつも隠し持っているナイフで自宅の木を切りつけることで、辛い思いを1人紛らわせていた。そんなオスカーの前にある日、黒髪の少女が現れる。息も凍りつくような寒さの中、薄手のシャツ一枚で現れた少女は、オスカーの寂しい胸の内を見透かしたような言葉を残す。その頃、町では凄惨な殺人事件が起きていた。何者かが喉を切り裂き、血を抜き取られて逆さ吊りにされた若者の死体が森で発見されたのだ。再びオスカーの前に現れる少女。その表情はどことなく悲しげで、鼻を突く異臭を漂わせていた。エリ(リーナ・レアンデション)と名乗ったその少女は自分の誕生日を知らず、年齢も“だいたい12歳”とはっきりしない答え。不思議で秘密めいたエリだったが、オスカーは彼女と接しているうちに、胸の高鳴りを覚えていく。やがて、2人の間で夜毎、モールス信号による寝室の壁越しの会話が始まる。エリとの出会いを通じて、強くなりたいと願うようになったオスカーは苛めっ子に逆襲、大怪我を負わせる。興奮したオスカーはそれをエリに伝え、“血の契りを結ぼう”と親指をナイフで切る。床に滴り落ちる真っ赤な血。それを目にしたエリは、獣のように四つん這いになって床に落ちた血を啜る……。エリは200年もの間、各地を転々として生き血を啜ってきたヴァンパイアだったのだ。正体を知られ、町にいられなくなるエリ。別れの言葉もなく彼女が去ったことで、オスカーは再び以前のような孤独な日々を送ることになる。このまま町にとどまって死んだような日々を過ごすか、生きるためにエリを受け入れるのか……。やがて、失意のオスカーを人生最大の危機が襲う……。


スウェーデンの冬、この時期は日が照ることが少ない。そのせいか映像も非常にダークです。まるでオスカーの心を映しているような感じです。そんな孤独なオスカーの前に現れたエリもまさにダークな雰囲気。不気味な雰囲気を醸し出しているエリですが、オスカーは怖がるそぶりはありません。むしろ彼女に親近感をおぼえたようです。

それにしてもいじめ、暗くて陰湿ですね。映像と同じくらいに、、、、。
オスカーいじめのリーダーです。

吸血鬼として生きなければならないエリには血が必要なわけです。父親が彼女に変わって人に手をかける、何と睡眠薬を打って眠らせ逆さまに吊る。そして首を切って血を取りだす。そんな場面はそこまで細かく撮影されてはいませんが、、、、。でもこれってかなりえぐいです。

エリの父親、父ではないそうです。殺人未遂で捕まります。その後自らの命を絶ちます。

エリが人間を襲うシーンも一瞬ですが、上から襲うといのは何ともいえず。
襲われて死にいたらなかったあの女性、最期は病室で火だるまとなり、壮絶な死を遂げます。
そんなに怖さやエグさは感じませんでしたが、でも全体通して、一種独特なシュエ―ションに凄く惹かれました。
北欧のヴァンパイア映画に斬新さを観ましたです。


オスカーの就眠中に現れ、一緒にベッドイン、、、、。ドキドキ何か起こりそうな。



解説(allcinemaより拝借)

ヴァンパイアの恐怖や哀しみと同時に、孤独な少年の切なくも美しい初恋を繊細に描ききり世界中で絶賛の嵐が巻き起こったスウェーデン発の感動ヴァンパイア・ムービー。いじめられっ子の少年が、ひょんなことから恋に落ちてしまったヴァンパイアの少女と辿る哀しい運命の行方を、鮮烈な残酷描写を織り交ぜつつ静謐かつ詩的なタッチで綴ってゆく。ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。主演はカーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション。監督は、本国スウェーデンでテレビを中心に活躍してきたトーマス・アルフレッドソン。







 

メディア 映画
上映時間 115分
製作国 スウェーデン
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2010/07/10
ジャンル ホラー/ロマンス/サスペンス
映倫 PG12


オフィシャル・サイト
http://www.lettherightoneinmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.bokueli.com/







※日本での公開はいつ頃でしょうか?
   LET ME IN   


ジャンル:
ウェブログ
Comments (9)   Trackbacks (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闇の列車、光の旅(2009) | TOP | フェアウェルさらば、哀しみのス... »
最近の画像もっと見る

9 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-10-18 02:13:42
リメイク版のオスカーは『ザ・ロード』の男の子なんですよね。変にエンタメ要素入れないで欲しいな…。
北欧ならではの陰鬱とした雰囲気がかなり気に入ってます。基本的にはヴァンパイアモノだけど、背後にある哀しい歴史が推察できるあたりも深みを感じて、単なるモンスターとは一線を画していたように思いました。
あの男性は (sakurai)
2010-10-18 08:27:28
エリの父親でしたか?
不思議な存在でしたが、そうとは思わなかったかも。
あたしこれ駄目でした。
結構な評判で、どうだろ。。と思ったのですが、やっぱ子供をこういう風に扱うのって、あたしの感性とどうも合いません。

先日、映画の音響を担当している方とお会いしてお話する機会があったのですが、そのリメイク版の音も入れたそうです。
見ないつもりだったのですが、それ聞いたら見ないと・・ですね。
Unknown (mig)
2010-10-18 17:54:13
こんにちは〜

みましたね。これ、父親ではなく、ただ怪しい関係の人らしいです。
なんとなく父親にしては、、、、と思ったんだけど。

あとエリは男なんですよ、という話が私のコメントにいくつかきて、コメント欄で論争(ではないけど)そうか否かを話しあうのも大変なのでコメント欄一時さっき閉じましたけど
邦題の意味がまるで違ってきますよね。
原作では、そうということで映画ではそんな感じはないんですけどね〜
リメイクでどうなってるかは気になります。
migさんへ♪ (mezzotint)
2010-10-18 21:03:32
わあ〜エリって男の子?!
それなら本当に邦題、おかしいよね。
それからあのおじさん、父親じゃない、、、?
ただ怪しい関係だとはそれも知らず(笑)
てっきり父親だと勘違い(汗)
コメント出来なくて残念で〜す。
リメイク版の予告見たけど、ちょっと
分かりませんね。オスカー役が、ロードの
男の子とは驚きました。どうかな?
Unknown (mig)
2010-10-19 01:06:10
コメント欄あけました
冷たい温度感 (クラム)
2010-10-23 06:57:42
独特の、確かに不健康そうな空気に覆われた映画でした。
米国のリメイクって、その辺りが大きく変わるのでしょうね。
エリが男の子って話も驚きです。
それでも話の根本は変わらない・・・のかな。
こんばんは。 (オリーブリー)
2010-11-18 21:49:54
mezzotintさん、いつもありがとうです〜最近忙しくてトラバ逃げばかりでごめんなさい。

こちらの作品、地方(苦笑)へ来るのが遅くて、評判だけはサラッと頭には入っていましたが、私の印象としては良い作品だけどミスも目立つなぁ〜と感じました。

ヴァンパイアのエリに、更に試練(?)を与えたようなストーリーはある意味ビックリですが、彼女(?)の性別がどちらであっても、異種間の絆や共存を思わずにはいられない作品でした。
オリ―ブリーさん☆ (mezzotint)
2010-11-19 00:47:09
今晩は☆彡
こちらこそTBのみで失礼ばかりで申しわけ
ありません(汗)
そうそう200歳もそうですが、少女って
いうのもね、、、。男性だったというのは
migさんに教えてもらいわかったのでした。
ということでぼかしの辺りはまったく気づかず
ミスが多いとせっかく観ているのに気が散りますよね。しかし独特な映像が結構良かったな
と思うのです。
懐かしい (ノルウェーまだ〜む)
2010-12-11 07:18:46
こんばんわ☆
真っ白で、真っ暗な北欧の景色がやたら懐かしくて、涙が出そうでした。
一日のほとんどが暗い冬を、たった一人で過ごさなくてはいけない、多感な12歳の子供の心境を察すると、本当に涙が出ます。
私はとっても好きです、この映画。

かつてのオスカーだったに違いない老人の最後が切なかったです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

25 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ぼくのエリ 200歳の少女 (だらだら無気力ブログ)
スウェーデン人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー 『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。 同級生のイジメにあう孤独な少年がヴァンパイアの少女と出会い、ひょんな ことから恋に落ちていくも彼女の正体を知った少年の戸惑いと、彼女を受け 入...
『ぼくのエリ 200歳の少女』・・・ (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:スウェーデン映画、トーマス・アルフレッドソン監督、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作&脚本、カーレ・ヘーデプラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナル出演。
ぼくのエリ 200歳の少女 (LOVE Cinemas 調布)
スウェーデンの人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を本人の脚本で映画化。ヴァンパイアと孤独な少年の恋愛を描いたラブストーリーだ。主演はカーレ・ヘーデブラントとリーナ・レアンデション。監督はトーマス・アルフレッドソン。...
ぼくのエリ 200歳の少女 (迷宮映画館)
久々にむかむか来た・・。
ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
ぼくのエリ 200歳の少女 (to Heart)
怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋 原題 LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN 製作年度 2008 製作国・地域 スウェーデン 上映時間 115分 映倫 PG12
ぼくのエリ200歳の少女 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
孤独な少年が初めての恋に落ちた。その相手の謎めいた少女は12歳のまま、時を超えて生き続けるヴァンパイアだった。スウェーデンのベストセラー小説「モールス」を映画化した禁断の恋の物語。トライベッカ映画祭で最優秀作品賞を受賞。監督は、トーマス・アルフレッドソ...
「ぼくのエリ 200歳の少女」 (Con Gas, Sin Hielo)
生への執着力に吸い取られるぼく。 「200歳の少女」とはとんでもないながら頭にこびり付く副題である。 しかしいくら注意して観ても劇中でエリが200年生きているという証は...
10-210「ぼくのエリ 200歳の少女」(スウェーデン) (CINECHANが観た映画について)
殺してでも生き残りたい  ストックホルム郊外の小さな町。集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー。同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想してはじっと堪え忍ぶ日々。  そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と...
映画に五目並べ?(ぼくのエリ 200歳の少女) (まけまけま連珠譜)
ぼくのエリという映画を観てきたんですが、とても血の気が多い映画でしたね。血の気が多いのに、美しく仕上がっているラブストーリー? ラブストーリーですが、ホラー好きでなかったらデートには向かないと思います。 で、劇中に、親子で紙に鉛筆で何か書き込んでゲーム...
『ぼくのエリ 200歳の少女』:これは、直前に読んだ本が悪かった @ロードショウ・ミニシアター (りゃんひさ MyBlog〜映画レビューなど)
スウェーデンのスティーヴン・キングといわれるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説の映画化。 これは、直前に読んだ本が悪かった。 内容に共通するところが多々あって、ちょっと集中力が殺がれてしまいました。
「ぼくのエリ 200歳の少女」 LET THE RIGHT ONE IN (俺の明日はどっちだ)
12歳のオスカーはストックホルム郊外の街で暮らす繊細で孤独な少年。学校で深刻ないじめにあっているが、親も教師も彼の状況に気付かない。ある日、アパートの隣に引っ越してきたエリという少女に出会う。一方、街では、残虐な殺人事件が...
ぼくのエリ 200歳の少女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】 北欧というお国柄ゆえ、詩的情緒あふれる作品に。
ぼくのエリ 200歳の少女 (5125年映画の旅)
いじめられっこの少年・オスカーの家の隣に、老人と少女が引っ越してくる。オスカーはその少女・エリと仲良くなるが、二人が越してきた時を境に、町では生き血を搾り取る猟奇的な殺人事件が発生するようになる。エリの正体は、200年生きるヴァンパイアだった。  ...
ぼくのエリ 200歳の少女 (心のままに映画の風景)
ストックホルム郊外の小さな町。 集合住宅で母親と暮らす12歳の少年オスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生にいじめられていた。 ある晩、隣の部屋にエリ(リーナ・レアンデション)という...
「ぼくのエリ 200歳の少女」静寂と気高さ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヴァンパイア映画の続いた今年。 群を抜いて存在感のある作品となったこの映画は、さすがハリウッド版でスピードリメイクされるだけのことはある! 透き通るような肌の、透き通るほど純粋な少年の初恋は、息を呑むような透き通る大自然の北欧の、誰の足跡も無い真っ白に...
ぼくのエリ 200歳の少女 (いやいやえん)
ああ、そうなんだこれは邦題が間違っていますね。 エリはある部分でオスカーに聞くんです「もし女の子じゃなくても好きだと思うの?」と。 少年期の孤独感や疎外感、不安などをバンパイアに絡めて恋愛めいた関係にもっていくところが非常に繊細で切なくて良かった。永...
ぼくのエリ 200歳の少女 (銀幕大帝α)
LAT DEN RATTE KOMMA IN/08年/スウェーデン/115分/ヴァンパイア・ホラー・サスペンス・ロマンス/PG12/劇場公開 監督:トーマス・アルフレッドソン 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『モールス』 出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデショ...
ぼくのエリ 200歳の少女 (Låt den rätte komma in) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 カーレ・ヘーデブラント 2008年 スウェーデン映画 115分 ラブロマンス 採点★★★★★ 初恋の思い出ってのはさっぱり覚えていないんですが、初めての彼女の事は意外とまだ覚えているもので。未練とかそんな感じのは全然ない...
ぼくのエリ 200歳の少女 (Recommend Movies)
恐ろしくも、哀しく、美しい、12歳の初恋。 世界中の映画祭で60の賞を受賞した禁断の恋物語! ハリウッドでも早々にリメイクされたみたい いじめられっこで繊細な12歳の少年オスカーは友達が欲しい...
ぼくのエリ 200歳の少女 (RISING STEEL)
ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN 2008年 スウェーデン映画 監督:トーマス・アルフレッドソン 脚本・原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテ...
映画評「ぼくのエリ 200歳の少女」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年スウェーデン映画 監督トーマス・アルフレッドソン ネタバレあり
ぼくのエリ 200歳の少女 (こんな映画見ました〜)
『ぼくのエリ 200歳の少女』---LAT DEN RATTE KOMMA IN  LET THE RIGHT ONE IN---2008年(スウェーデン )監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー、ヘンリック・ダール、カーリン・バーグ....
『ぼくのエリ 200歳の少女』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:208年  制作国:スウェーデン  上映メディア:劇場公開  上映時間:110分  原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN  配給:インターフィルム  監督:トーマス・アルフレッドソン  主演:カーレ・ヘーデブラント      リー...
ぼくのエリ 200歳の少女 (mama)
LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN 2008年:スウェーデン 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・ ...