銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

イースタン・プロミス “ロンドンの裏社会”とは・・・・?

2008-07-18 | 映画:ミニシアター

 

裏表の世界を生きる男女 

出会うはずのなかったふたりを運命が引き寄せる

 

7月14日、京都シネマにて鑑賞。度肝を抜くシーンから始まる。殺人シーンなのだが、かなりえぐくて、のけぞりまくり

 マフィアの首を切り裂くこの親子は一体?切り裂いたところから、血、血、血・・・・・・

さてこの後のシーンも結構凄い身元不明の少女の足元からどわっ~~と血が流れ出し、意識を失うのだここでもわぁ~~となってしまった。どうもは苦手・・・。

何なの一体??って感じ。さてここからお話の本題に入っていくようだ。この倒れた身元不明の少女は病院に運ばれる。ここで助産師として働くアンナ(ナオミ・ワッツ)はこの少女が身ごもっていることを知り、手術に立ち会うことに。女の子を出産後、彼女は息をひきとってしまう。少女のから、日記を取り出す。孤児となった赤ん坊のために、少女の身元を割り出そうと考えたのだ。

彼女の名前はタチアナ、ロシアの貧しい炭鉱町の生まれだった。マシな暮らしがしたくて、故郷を出て来た。と綴られていた。日記に“トランスシべリアン”というロシアン・レストランのカードがはさみ込まれていた。おぉ~これは何かの手がかりにところがアンナはロシア人とのハーフなんだけど、ロシア語が分からないんだよね。ということで、このカードを頼りにレストランへ・・・・・。

アンナはレストランのオーナー、セミオン(アーミン・ミューラー=スタール)と会う。タチアナの件を話すが、知らないと答える。だがの件を話すと、翻訳すると提案してくる。

 

 セミオンの店の前で、アンナはひとりの謎めいた男と出会うニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)という名前のその男は、アンナの運転するバイク(父の形見)に興味を持つが、アンナは素知らぬ顔で去る。

 ニコライはロシアン・マフィアの運転手で、組織の跡取りキリル(ヴァンサン・カッセル)のために働いていた

ロシアンマフィアは法の泥棒という悪名高い組織だった。ところでアンナはセミオンにのコピーを渡しちゃうんだけど、いいのかな?

そしてこのの中身に書き綴られた内容を伯父ステパンが読んでしまった。何とその内容は彼女は売○○だったこと、実はレ○プの果てに妊娠したなど、数々の恐ろしい事実が記されているらしい。深入りはしない方がいいと忠告を受ける

やがて伯父の不安は的中する!を読んだセミオンがアンナの病院に現れるそして彼は取引を持ちかける。にはキリルの情緒不安定で衝動的な行為の数々が記されているという。を返せばタチアナの住所を教えると・・・・・。

セミオンこそ、法の泥棒のボスで、キリルの父親だった。セミオンとの取引にはニコライが現れる。ステパンと母も同行して、を渡す。しかし肝心のタチアナの住所は知ることは出来ずニコライは今回の事件は忘れ、自分たちに近づくな忠告

ここはちょいとネタばれです。もしご覧になっていない方、またこれから鑑賞予定の方は観ないで下さい。

実はタチアナはキリルに暴力をふるわれ、レ○プされそうになった。しかし、キリルはそれを果たせず、かわりに父親セミオンがタチアナをレ○プし、彼女はセミオンの子どもを身ごもったのだ!何とあのおっちゃんが・・・・・。

日記を取り戻したセミオンはそれを焼き捨て、事実を知ったステパンの殺害を命じる。

セミオンはニコライに何を?

ステパンはその後、アンナやアンナの母へレンの前から姿を消してしまう。安否を気遣い、ニコライを疑うが、アンナはそれを否定する。バイクを修理して届けてくれたニコライが人に危害を加える人物には見えなかったのだ。

一方セミオンは、勝手にチェチェン人マフィアの一員を殺害したキリルを責めていた 抹殺されたチェチェンのマイフィアは“酒びたりのホモ”だと噂があり、広まりつつある状況だったから、抹殺すると判断したキリルは正しいとニコライは擁護する。このことで、セミオンは息子が絶対的な信頼を寄せるニコライがかなりの切れ者だと強く印象つけられる。そしていよいよニコライはこの法の泥棒の一員として迎えられる

 

 キリルを助けるニコライだが・・・・。

 

 

儀式で、彼は絶対的な忠誠を誓う、幹部としてのタトゥー(刺青)を受ける。

 

 

ところが、会談に出かけた公衆浴場で襲撃を受ける彼らはキリルの行為で兄弟を失ったチェチェンの一味。ニコライをキリルと間違えて殺しにやって来た。

このシーンはニコライ役のヴィゴは全裸で格闘するきわどい闘いが続き、息を呑んでしまう。まさに血だらけの格闘シーンだどちらが生きるか?死ぬか?って感じ。これもセミオンの罠だった子どもを思うがゆえとは言え、ニコライを犠牲にするなんて

あわや瀕死の負傷で助かったニコライ。入院先で再びアンナと再会。伯父のステパンの安否を気遣うアンナに、「心配は無用」と・・・・・。スコットランドで保護されていたのだ

ニコライの優しさに触れ、アンナはマフィアの一員であるはずの彼に心通わせる何かを感じる。

事件に深入りしてしまったアンナ、それをもみ消そうとするセミオンとキリル親子。さてさて物語は終盤を迎えるわけで・・・・・。

孤独と秘密を抱えたニコライ、本当の姿とは?実は・・・・・。内緒だよ

 

 二人の心はなのにね。

主演は、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』に続けてクローネンバーグ監督とタッグを組むヴィゴ・モーテンセン、『キング・コング』のナオミ・ワッツ、『オーシャンズ13』のヴァンサン・カッセルほか。2作続けて同じ俳優を使うことが少ないクローネンバーグ監督が、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のヴィゴ・モーテンセンを起用するとは、余程、意気が合ったと見た。二人のツーカーぶりは、スクリーンに十分現れている。(goo映画より) 

 

資料によると、タイトルの「イースタン・プロミス」とは、「英国における東欧組織による人身売買契約」のことだそうだ。映画の冒頭で出産後に死ぬロシア人少女も、キリルに強いられてニコライが交わる○婦も、イースタン・プロミスによって売られてきた女性たちである。この映画は秀れたエンターテインメントである一方で、英国の暗部に目を開かせてくれる作品ともなっている。 (映画の森より)

 

そしてこの映画で登場する“法の泥棒”(ヴォリ・ヴ・ザコネ)いう犯罪組織は実在するそうで、人身売買で利益を得る集団らしい。

ロンドンにも闇の社会がうごめいているんだと知り、ちょっと驚いたけど。考えるとこの手の作品は結構ありますよね。一般人には無縁かもしれないけど、ふとしたはずみで、こんな闇世界に入ってしまうとは限らないかも・・・・・。何かそら恐ろしい気がしたり。ところで、前回紹介した、「裏切りの闇で眠れ」のブノア・マジメル演じたフランクとニコライ役ヴィゴ・モーテンセン、何か重なるような気もするのですが・・・・?孤独を抱えたところかな。いずれにしてもふたりともかっこいい男性ですよね。

 

イースタン・プロミス 映画の詳細・リンクなどこちらからどうぞ

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏切りの闇で眠れ(-_-;) | TOP | 近距離恋愛・・・・・。 »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (xtc4241)
2008-07-19 19:48:29
こんばんは(いま19日pm8:45頃です)

遅れてやってきたxtc4241です(笑)

スタイリッシュで、繊細で、どこか熱さも持ってる・・・そんな素敵さにあふれてましたね。

ただひとつ、ナオミ・ワッツとビゴのからみが
もっとほしかった。望みすぎでしょうか?

僕も「イースタン・プロミス」の記事書きました。ついでに、「マホランド・ドライブ」の記事も書いてしまいました(笑)。
よければ、見てください。
こんばんは★ (dai)
2008-07-21 23:37:53
ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの記事にコメントをして下さってありがとうございます。
FC2はたまにはじくことがあるらしく困ったものです。

この作品で私の中での一番の見どころはヴィゴ・モーテンセンの裸での対決シーンでした。それ以外も人間ドラマなど重厚感があってよかったのですが、あのシーンのインパクトには負けますね。
おはようございます。 (michi)
2008-07-22 07:54:54
TBありがとうございます。
同じ暴力・マフィアジャンルですが「ヒストリー・オブ・・」とは
ヴィゴの顔つきが全く違っていたので驚きました。
クールでしたね!
今まで私の中で可もなく不可もなく。。。といった(失礼ですねっ)
俳優さんの一人だったのですが、人気の理由がわかりますね。
私、いきなりファンになりましたよ~。
ラストでこれからニコライはどうするつもりなのかとても気になりました。
知りたいけど、ああいう終わり方、いいですね!
待たされ過ぎた・・ (sakurai)
2008-09-25 22:33:55
のかなああ、と。
だいぶ前から話題になっていて、結構期待感がおっきかったんですよ。
でもって、やっと上映。
もうダンボのように期待が膨らんでて、どんだけすごい映画なんだろう・・・と勝手に膨らませ過ぎたのが敗因でした。
クローネンバーグにしてはずいぶん普通の撮り方で、ショッキングなシーンも少なく、ちょっと物足りなかったです。
ヴィゴさんは、とっても良かったのですがね。
『LOTR』前のヴィゴさんを思い出させてもらいました。
渋い! (にゃむばなな)
2009-05-14 21:01:03
ヴィゴ・モーテンセンの渋さに酔いしれた映画でしたよ。
黒い服が似合い男はやはり格好いいですよね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

58 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
イースタン・プロミス (ありがとう大作戦!)
映画「イースタン・プロミス」を観た。 (2007/英・加/100分/デヴィッド・クローネンバーグ監督) ストーリーはほとんど知らず、 クローネンバーグ監督だからという理由だったのだけれど やはり裏切られない作品だった。 昨年公開の「ヒストリー・オブ・バイオ...
イースタン・プロミス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ここでしか、生きられない。』  コチラの「イースタン・プロミス」は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の監督デヴィッド・クローネンバーグと主演ヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、6/14公開となったR-18指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観...
『イースタン・プロミス』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イースタン・プロミス」□監督 デヴィッド・クローネンバーグ □脚本 スティーヴン・ナイト □キャスト ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニ...
『イースタン・プロミス』 (ラムの大通り)
(原題:Eastern Promises) ----この映画、ヴィゴ・モーテンセンが アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたんだよね。 「うん。だけど、 もっと多くの賞にノミネートされてもよかったんじゃないかな。 デヴィッド・クローネンバーグの、 これはいい意味での成熟を感...
イースタン・プロミス/ヴィゴ・モーテンセン (カノンな日々)
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』という映画は興味があったけど、公開時は見逃しちゃって暫く経ってからWOWOWでの放送で観ました。バイオレンス物という事で内心ヒヤヒヤしてたけどノワールな物語でなかなか見応えのある作品でした。(感想日記には書いてません)。で、...
【映画】 イースタン・プロミス (映画、こんなん観ましたけど…)
今回は、映画「イースタン・プロミス」 病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、...
イースタン・プロミス (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
暴力的なフィルム・ノワールだが、クローネンバーグにしては抜群に判りやすい。ロンドンのロシアン・マフィアの闇の世界を描いた犯罪映画だ。謎の運転手ニコライ役のビゴ・モーテンセンの体当たりの演技が新鮮。全裸での壮絶な格闘シーンや全身に施された凝った刺青など、...
『イースタン・プロミス』 (2007) / イギリス・カナダ (NiceOne!!)
原題:EASTERNPROMISES監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、シニード・キューザック鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>病院で働くアン...
イースタン・プロミス (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ネタバレありです。 病院で助産師として働くアンナの下に、意識を失った一人の少女が運び込まれます。彼女は妊娠をしており、病院で女の子を産み落としますが、彼女自身は息を引き取ります。彼女が持っていたバッグにはロシア語で書かれた日記らしいものが...
イースタン・プロミス (ダイターンクラッシュ!!)
6月27日(金) 20:10~ 109シネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:売り切れ ※パンフレットからプログラムと表記を改める 『イースタン・プロミス』公式サイト 近年、作風(芸風?)が変わったデヴィッド・クローネンバーグ先生の新作。前...
映画 『イースタン・プロミス』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンス。出産と引き換えに死亡した少女の日記をきっかけに、非情なマフィア...
『イースタン・プロミス』 (Eastern Promises) (Mooovingな日々)
冷酷で謎めいたニコライはロンドンの最も悪名高い東ヨーロッパ系マフィア一家の元で働く運転手。北ロンドンの病院の美しい助産婦アンナと不意に出会う時、彼の慎重に維持された存在が揺さぶられる。アンナは病院に運び込まれ死んだ14歳の妊婦タチアナの所持していたロシ...
イースタン・プロミス(映画館) (ひるめし。)
ここでしか、生きられない。
イースタン・プロミス (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
デヴィッド・クローネンバーグ監督のロシアン・マフィアを描いた映画です。主演のヴィゴ・モーテンセンがアカデミー主演男優賞にノミネートされています。 ロンドンのある病院に身元不明の妊娠した少女が運び込まれ、女の赤ん坊を出産して死亡する。助産婦のアンナは少女...
映画 「イースタン・プロミス」 (After the Pleistocene)
 マフィアの運転手ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)の体一面に描かれたタトゥ(入れ墨)が、暗黒社会の深淵を物語っているように見える。それは消しようのない個人の来歴、犯罪履歴をも刻み込んだもの。こんなヤクザの世界は一般のカタギの人は知らない方がよいと助産婦...
Eastern Promises 「イースタン・プロミス」 (表参道 high&low)
変化する身体に興味があったDavid Cronenberg(デビッド・クローネンバーグ)が大きな組織にフォーカスを移し制作した2作目がEastern Promises(イースタン・プロミス)。 ロンドンのロシアン・マフィアと偶然接点を持つ看護婦のストーリーは全体的に暗くてゆったりとし...
イースタン・プロミス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
      = 『イースタン・プロミス』  (2007) = イギリス、ロンドン。 助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院で、ロシア人少女が出産直後に死亡した。 アンナは、少女が遺した日記を頼りに、孤児となった赤ん坊のために身元を調べ始める。 ...
イースタン・プロミス (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ヴィゴ・モーテンセン(49)のチ○コw
イースタン・プロミス (とりあえず、コメントです)
デヴィッド・クローネンバーグ監督の最新作です。 ヴィゴ・モーテンセンが出演しているというくらいしか知らなかったので、 ハードな暴力描写にビックリでした(^_^.) ロンドンのドラッグストアにひとりの少女が助けを求めてきた。 彼女はそのまま血を流して気絶してしま...
イースタン・プロミス / Eastern Promises (我想一個人映画美的女人blog)
第32回トロント国際映画祭(9/15閉幕)で上映された全349作品の中から 観客の投票で最も支持を受けた、 最高賞となる観客賞(The People's Choice Award)ピープルズチョイスを受賞した作品。{/hakushu/} それは、、、、 デビッド・クローネンバーグ監督の最新作{/att...
【映画】 イースタン・プロミス (映画、こんなん観ましたけど…)
今回は、映画「イースタン・プロミス」 病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、...
イースタン・プロミス (ネタばれせずにCINEるか)
ビゴ・モーテンセン&デビット・クローネンバーグのコンビによるバイオレンス・シリーズ第2弾は、ロンドンが舞台のロシア版ゴッドファーザーといった趣の作品。ロシア料理店オーナー兼マフィアのボス・セミアンの下で運転手を勤めるニコライがビゴ・モーテンセンの今回の...
★「イースタン・プロミス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、珍しくバイオレンスモノを3本取り揃えてる「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目(2本目は「リボルバー」、見逃したのは「シューテム・アップ」)。
当たんねぇかなジャガー・ルクルト (宇宙のめいぐると)
「イースタン・プロミス」
★イースタン・プロミス(2007)★ (CinemaCollection)
EASTERNPROMISESここでしか、生きられない。上映時間100分製作国イギリス/カナダ/アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2008/06/14ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ映倫R-18【解説】「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ...
イースタン・プロミス・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
果たされる事の無い、「東方の約束」 デビッド・クローネンバーグが前作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のヴィゴ・モーテンセンと再び組...
99●イースタン・プロミス (レザボアCATs)
グッと来る重さに満足。ヴィゴ・モーテンセンの演技の渋さに心魅かれまくり。“クライム・ムービー”と覚悟して見たら、意外や今までのこのジャンルの映画に、決して引けを取らない佳作だったのでした。アッパレ。
イースタン・プロミス (シャーロットの涙)
「イースタン・プロミス」…東欧組織による人身売買契約
『イースタン・プロミス』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
『イースタン・プロミス』2008年(英)監督デヴィッド・クローネンバーグ オープニングから恐ろしく衝撃的なのである。陰気な理髪店。澱んだ雰囲気の中、十六歳の少年が男を見つめる。すると、彼はその男の喉をまるでパンを切るかのように酷く雑に力任せで切り裂き、...
『イースタン・プロミス』@シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、息を引き取る。バッグに入っていた手帳にはロシア語で日記らしいものが書かれており、少女がロシア人であることが分かる。手術に立ち会ったアンナは、少女の身元を確認する...
イースタン・プロミス (5125年映画の旅)
助産師・アンナが勤める病院に妊娠した14歳の少女が運び込まれる。少女はそのまま息を引き取るが、赤ん坊は一命を取り留めた。少女の残した日記からアンナはあるレストランに辿り着くがそこはロシアン・マフィアの拠点だった。そこでアンナは、マフィアの運転手・ニ...
【イースタン・プロミス】 (MINT ROOM )
★★★★★(少しおまけ)……★は5個で満点、☆は0.5点です。ネタバレ有りなのでご注意。[監]デビッド・クローネンバーグ [脚]スティーブ・ナイト [音]ハワード・ショア [出]ヴィゴ・モーテンセン ナオミ・ワッツ バンサン・カッセル [制作データ]2007英.カナダ/...
イースタン・プロミス (小部屋日記)
Eastern Promises(2007/イギリス=カナダ=アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン/ナオミ・ワッツ/ヴァンサン・カッセル/アーミン・ミューラー=スタール 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であってもー ...
イースタン・プロミス (映画を観たよ)
うー。
イースタンプロミス (シネマ日記)
デビッドクローネンバーグ監督、ヴィゴモーテンセン、ナオミワッツ。お~魅力的な監督にキャスト、とは思っていたけど、劇場まで見に行くつもりはなかったこの作品。が、「美しすぎる母」を見に行ったときに予告編を見て、これは見に行くべしな作品に格上げされました。ロ...
イースタン・プロミス (心のままに映画の風景)
クリスマスを控えたイギリス、ロンドン。 助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、ロシア人少女の妊婦が運び込まれてきた。 少女...
【2008-168】イースタン・プロミス (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であっても──
イースタン・プロミス (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  冴え渡る『渋さ』と『色香』に果てなく墜ちる  
「イースタン・プロミス」 (てんびんthe LIFE)
「イースタン・プロミス」シャンテシネで鑑賞 映画館で作品をみるにあたり、1800円の正規料金を払ってみることは1年のうちでも数回しかありません。 特に韓フェスなど割引がきかない企画ものをぬいたらほとんどないんですが、これはシャンテ上映の前売りがとうと...
イースタン・プロミス (夫婦でシネマ)
クローネンバーグとヴィゴ・モーテンセンのタッグが、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の二匹目のどじょうを狙って成功しました!
映画:イースタン・プロミス (駒吉の日記)
イースタン・プロミス(シャンテシネ) 「生まれたときからロシアの地に埋もれている」 R-18指定なだけにイロイロ生々しかった。。。オープニングの出産シーンとか理容室での暗殺絡み、一番の見所?なサウナでの格闘シーンも。「全裸だからと不自然なアングルに...
デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観た! (とんとん・にっき)
「イースタン・プロミス」を観ようと日比谷の「シャンテ・シネ」まで行きながら、突然主旨を変えて「幻影師アイゼンハイム」の方を観てしまいました。そのリベンジということで、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観てきました。この作品は、
イースタン・プロミス  EASTERN PROMISES (映画の話でコーヒーブレイク)
{/onpu/} 夏休み~、こう暑いとで少々ダラケ気味です{/face_ase1/} あれもこれも片付けて、映画を見て、たまった本を読んで~、ブログ一杯書いて~とか、 計画倒れで休みの終わりに自己嫌悪…といういつものパターンは避けたいなぁ~。 「シネマリンのただ券があるので...
心臓の上に星を二つ見た (CINECHANの映画感想)
185「イースタン・プロミス」(イギリス・カナダ)  クリスマスを控えたイギリス・ロンドン。助産婦のアンナが働く病院に、10代の幼い妊婦が運び込まれる。少女は女の子を産んだ直後に息をひき取る。少女のバッグにあった日記を見つけ出したアンナは、孤児となった...
【イースタン・プロミス】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 「助産婦のアンナは救急車で運ばれた身元不明のロシア人の少女の手術に立ち会った。少女は死亡、生まれたばかりの娘とロシア語の日記が遺された。 何とか
映画 【イースタン・プロミス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「イースタン・プロミス」 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組んだ犯罪バイオレンス。 おはなし:看護士アンナ(ナオミ・ワッツ)の勤める病院にロシア人の少女が運び込まれ緊急...
イースタン・プロミス (Diarydiary!)
《イースタン・プロミス》 2007年 イギリス/カナダ映画 - 原題 - EAS
「イースタン・プロミス」 t.A.T.u. (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
変態SFX映画でハードコアでバイオレントなデビッド・クローネンバーグの映画やのに、妙齢の女性一人客が多いなぁ~と思ったけど納得! しかも隣席をなるべく等間隔に空けて座ってた理由にも納得! 生ツバを飲み込む音を聞かれたくないのね!(←そこまで考えてないよ!...
イースタン・プロミス (迷宮映画館)
みんな、みんな怪しすぎる・・・。
イースタン・プロミス■暴力の中の異形の愛 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画に登場する街、つまり舞台のロンドンであるが、常に曇天のどんよりとした空模様。そして冷たさを感じる。この空気感がこの作品のムードを支配している。そういえば、「告発のとき」もまた、曇り空と寒色系の街中の色が、戦争による哀しみと残酷さに彩られた社会と...
「イースタン・プロミス」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
クリスマスを控えたロンドン。助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、10代の幼い妊婦が 運び込まれる。少女は、女の子を産んだ直後、息を引き取った。少女のバッグからロシア語で 書かれた日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ちゃんのためにと少女の身元を...
イースタン・プロミス (映画鑑賞★日記・・・)
【EASTERN PROMISES】R-182008/06/14公開製作国:イギリス/カナダ/アメリカ監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザッ...
映画『イースタン・プロミス』を観て (KINTYRE’SDIARY)
62.イースタン・プロミス■原題:EasternPromises■製作年・国:2007年、イギリス・カナダ■上映時間:100分■字幕:石田泰子■鑑賞日:7月12日、シャンテ・シネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:デヴィッド・クローネンバーグ□脚本:ス...
【映画】イースタン・プロミス…「フリチン」と「フルチン」ってどう違うのかね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}から3月ですねぇ。 1月は行く、2月は逃げる(※以下、この話は何度もしているので略{/face_ase2/}) 夜勤明けの土日な現在なのですが、 以前夜勤をやっていた頃に比べると体調が戻りにくくなっているようです{/face_hekomu/} 昨日も今日も寝てばっかり...
イースタン・プロミス (めでぃあみっくす)
とても渋い映画でした。そしてとてもデビッド・クローネンバーグ監督作品とは思えないくらいに格好いい映画でした。ヴィゴ・モーテンセンのモザイクなしで全裸格闘シーンが何かと話題になっていた映画でしたが、個人的にはそのシーンよりも彼の一挙手一投足がとにかく渋く...
イースタン・プロミス (Addict allcinema 映画レビュー)
ここでしか、生きられない。
イースタン・プロミス (こんな映画見ました~)
『イースタン・プロミス 』 ---EASTERN PROMISES--- 2007年(イギリス/カナダ/アメリカ) 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ 、ヴァンサン・カッセル、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック ロン...
イースタン・プロミス/Eastern Promises(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワードイースタン・プロミス(原題:Eastern Promises)キャッチコピー:ここでしか、生きられない。製作国:イギリス/カナダ/アメリカ製作年:...