銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

今度は愛妻家

2010-01-21 | 映画:シネコン


夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。

おぉ~こういう話しだったとは。。。。

東宝シネマズ二条にて鑑賞。新年2作目の邦画です。あの豊川悦司と薬師丸ひろ子が2度目の共演となる作品だと思います。(1992年の「きらきらひかる」以来だと記憶)
鑑賞している間は、気付かなかったのですが、この作品の舞台はほとんど北見夫婦の家が中心です。沖縄旅行での浜辺のシーン、商店街、近所の小さな神社なども少し登場するんですが。ほぼこの2人の愛の巣が中心となります。
何故なのか?と調べたら、実は2002年に舞台となった作品だということが分かりました。中谷まゆみさんの戯曲。中谷さんは、大学在住から第三舞台の演出助手としてやって来られた脚本家だそうです。

STORY(テレビTOKYO CINEMA STORYより抜粋)

かつては売れっ子カメラマンとして名も実力もあったが、今はロクに仕事もせずにぐうたらな毎日を送っている北見俊介(豊川悦司)。女性に甘く、気ままに生きる典型的な駄目亭主だ。大の健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)は、そんな夫に文句を言いながらも何くれなく世話をやいている。


クリスマス直前に、半ば強引に連れていかれた子作りのための沖縄旅行から1年後。相変わらず、だらけた毎日を過ごす俊介は、なぜか一枚も写真を撮ることができない。ある日、友達と箱根旅行に行く間際になってあたふたとするさくらは、いつものように軽口をたたく俊介に、「子供を作る気がないなら、別れて」と悲しげな表情で告げる。いつもと違うさくらの態度に、なんとか応え、その場を乗り切るが、二人の関係は以前とは微妙に違っていた。


金髪ヘアのトヨエツもなかなかイケてます。

さくらと入れ代わりに、映画のオーディション用の写真を撮ってもらうために、バーで知り合った女優志願の蘭子(水川あさみ)がやってくる。俊介は蘭子といいムードになるが、電車を乗り過ごして戻ってきたさくらにシャワーを浴びている蘭子の靴を見られて、ついに愛想を尽かされてしまう。結局、俊介は蘭子とのHはとりやめ、写真も助手の誠(濱田岳)に任せてしまう。

いつまで経っても、さくらは旅行から帰って来ない。始めは独身生活を楽しんでいた俊介だったが、次第にさくらがいない生活に苛立ち始める。近所で洋品店を営むユリ(井川遥)を飲みに誘うも、さくらが気になり自らやめてしまう始末。ぼんやりと過ごす俊介を不安気な様子で見つめる誠と、北見家に出入りする世話焼きのOKAMAの文太(石橋蓮司)。蘭子の妊娠騒動が起こる一方で、俊介はさくらをたずねてやってきた西田(城田優)という青年の存在が気になっていた。


石橋蓮司が何故か美輪明広と被って見えた?


カメラはハッセルブラッドを使用。う~ん凄い


そこへ突然帰宅したさくらは「一年前から好きな人がいる」と告白し、離婚記念に写真を撮って欲しいとお願いする。さくらの言葉に、俊介は一年ぶりにカメラを手にし、写真を撮りはじめる…。


「ねぇ、写真撮ってよ。」一年前の沖縄旅行で言われた同じ言葉を思い出す北見。
喧嘩が絶えなかったけれど、穏やかで楽しかった夫婦生活が、どこでどうくるってしまったのか?愛して結婚したはずなのに、いつの間にか素直になれなくなっていた日々。いなくなってみて初めて、さくらの存在の大きさに気付く俊介。近づいてきた、クリスマスの夜。戻ってきたさくらに初めて自分の想いを口にする俊介。取り戻せない時間の中、抱きしめあった二人は…。

さくらが大事な存在だと改めて感じた俊介はもう一度やり直すつもりでいたから。この物語ははそんな俊介とさくらの夫婦再生物語なのだと勝手に思っていたら、全く違いました。あまりにも切なくて悲しいことになっていたんですね。ネタばれになるので、この先は書きません。

ちょっとヒントです。大事なものだったと気づくのはその存在がその場所から無くなったときかな?

  映画
上映時間 131分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東映)
初公開年月 2010/01/16
ジャンル ドラマ/コメディ

監督:行定勲

主題歌:井上陽水 『赤い目のクラウン』

劇中では、2人が「夢の中へ」を唄っています。

薬師丸ひろ子さん、現在45歳。14歳でデビューだそうです。何と芸歴31年。


オフィシャル・サイト
http://www.kondoha-aisaika.com/

 


 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィクトリア女王 世紀の愛(2... | TOP | サロゲート◇◆SURROGATES(200... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
薬師丸さんて (KLY)
2010-01-21 01:02:19
すごく可愛らしい方ですね。最初はトヨエツとの夫婦というのが何となく違和感を感じたのですが、流石にお2人とも上手いんですぐ馴染みました。
あの写真撮影のシーンとか大好きなんですが気分が盛り上がってきたところで、蘭子の恋愛話がちょっと長すぎ…。なんだかそこですっかり醒めちゃった感じでした。ちょっと残念です。
Unknown (sakurai)
2010-01-22 09:14:59
>大事なものだったと気づくのはその存在がその場所から無くなったときかな?
で、そうれじゃあ遅いのよ!って言いたかったのかあ・・とも思いました。
あたし、話知ってて見たもんで、ちょっと違った見方をしてたかも。
なので、KLYさんと逆で、主人公二人の話より、脇の話の方が面白かったです!
こんにちは~♪ (ひきばっち)
2010-01-22 10:01:38
途中でお話の時系列がこんがらがって、
あれ??となっていると、文ちゃん(蓮司)は出てくるし(笑)、
脇の二人がくっついて・・・。

結構いそがしい作品でしたが、私は監督の思惑どおり、しっかり泣かせていただきました(笑)
エンディングちょっと間延びかなという気もしましたが・・。
訂正・・。 (ひきばっち)
2010-01-22 10:04:52
蓮司さん・・でしたねm(__)m
八セルブラッド (de-nory)
2010-02-11 13:02:20
mezzotintさん。こんにちは。

八セルブラッドがすごいことを知っている、mezzotintさんがすごい。
なかなか、これがすごいカメラだと知る人少ないんじゃないかな。
昔、カメラの業界で仕事をしていた時期がありまして。
撮影会でメーカーのセールスさんとご一緒したことがありました。
その時、撮影させてもらったことがありますよ。

映画は、泣きました。
オカマのお父さんがお礼を言うラスト。
ぐっと来てしまいました。


post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

34 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
今度は愛妻家 (LOVE Cinemas 調布)
脚本家・中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を実写映画化。結婚10年目を迎える夫婦、自堕落な生活を送る元売れっ子カメラマンと、おっとり型の妻を描いたドラマだ。監督は3月に『パレード』の公開も控えている行定勲。主演は『20世紀少年』の豊川悦司、共演に『ALWAYS 三...
今度は愛妻家 (迷宮映画館)
後悔、先に立たず。
『今度は愛妻家』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介は、健康マニアの妻さくらに日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行くことにするが、その日を境に俊介とさくらに...
「今度は愛妻家」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                            「今度は愛妻家」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・中谷まゆみ 監督・行定 勲 ネタバレあります。 不思議な作品ですな。 観終わって、どれが夢か現かよく判らなくなる・・。 しかし、やがてそんな事...
今度は愛妻家(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[今度は愛妻家] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年2本目です。 【あらすじ】 かつては人気のカメラマンだった北見俊介(豊川悦司)は、今は仕事をせずに、気ままに生きる典型的なダメ亭主。 そんな夫に文句を言い...
『今度は愛妻家』 (ラムの大通り)
----確かこの映画、 観る前は「かなり、きつそう」って言っていたよね。 「うん。 白髪の豊川悦司 がカメラを構え、 横には寂しそうな顔をしている薬師丸ひろ子。 そこにキャッチコピーが 『夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある』。 このメインビ...
映画 「今度は愛妻家」 (ようこそMr.G)
映画 「今度は愛妻家」
今度は愛妻家 (あーうぃ だにぇっと)
監督: 行定勲 キャスト 北見俊一☆豊川悦司 北見さくら☆薬師丸ひろ子 古沢蘭子☆水川あさみ 古田誠☆濱田岳 井川ゆり☆井川遥 西田健人☆城田優 原文太☆石橋蓮司 他 【ストーリー】 かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然...
「今度は愛妻家」失って知る大切な人と愛されていた日々 (オールマイティにコメンテート)
「今度は愛妻家」は亭主関白で自由気ままなダメ夫と健康オタクの妻が離婚寸前までいってしまい沖縄へ離婚旅行へ行くがそこから1年の月日を経て妻が出て行ってしまうストーリーである。確り内容を辿っていくと冒頭のストーリーの意味を確り理解できるけれど、人は失って知...
映画「今度は愛妻家」 (FREE TIME)
映画「今度は愛妻家」を鑑賞しました。
『今度は愛妻家』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥、津田寛治、奥貫 薫■鑑賞日 1月16日(土)■劇場 チネチッタ■c...
映画「今度は愛妻家」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい。   映画の話 かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のあ...
今度は愛妻家 (なりゆき散策日記)
 テレビ東京主催の試写会にあたったのでいきました。 今度は…って離婚でもなにかする展開なのかと意味深なタイトルですね。ホームページは ココ 会場は年配のご夫婦、女性同士の組み合わせが多かった。この作品は、結婚していれば夫婦でみてほしい。まだ結婚していな...
『今度は愛妻家』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:行定勲原作:中谷まゆみ出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優試写会場 : 東商ホール公式サイトはこちら。<Story>かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介(豊川悦司)。しかし、今ではなぜか1枚の写真も撮る事ができず、ぐうたら....
『今度は愛妻家』:さがしものは何ですか、タンタタン♪ @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
年頭早々、琴線に触れる映画に出逢ってしまいました。
今度は愛妻家 (まてぃの徒然映画+雑記)
邦画で久しぶりに涙をこらえました。元売れっ子カメラマンだけど、今は仕事もせずぐうたらと貯金を食いつぶしている北見俊介(豊川悦司)。妻のさくら(薬師丸ひろ子)は人参茶を作って新聞記事は必ずスクラップにする健康オタクで、俊介の身の回りの世話をかいがいしくや...
今度は愛妻家 (いい加減社長の映画日記)
予告編で気になっていた作品。 公開初日の午前中に行こうと思ってたけど、ネットで空席を見ると少なめ。 不安になりながらも、なんとか通路側の席を確保して、「今度は愛妻家」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、土曜日の午前中としては、かなり少なめ。 「今度は愛妻家」...
「今度は愛妻家」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 原作は2002年に初演され、大ヒットした脚本家・中谷まゆみのオリジナル戯曲。「今度は~」というタイトルと予告映像から、離婚した夫婦が紆余曲折の末によりを戻す物語、とばかり思っていたが、いやはや、これはうまい具合に裏切られた格好である。 おそらく鑑賞さ...
今度は愛妻家 (to Heart)
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 製作年度 2009年 上映時間 131分 原作 中谷まゆみ 監督 行定勲 出演 豊川悦司/薬師丸ひろ子/水川あさみ/濱田岳/城田優/津田寛治/奥貫薫/井川遥/石橋蓮司 脚本家・中谷まゆみ原作の同名舞台劇を豊川悦司...
今度は愛妻家 (B-scale fan's log)
公開中 行定勲監督     出演 豊川悦司、薬師丸ひろ子、     水川あさみ、濱田岳、石橋蓮司 他 新評価 5.0 昨日見た映画より高得点をつけないと。 久しぶりに泣かされる映画を見たな~と。 物語はスランプで撮れなくなった写真家と、 その旦那に愛想を尽...
今度は愛妻家 妻と一緒に見ても大丈夫なのかっ・・・( ̄ω ̄;)エートォ... (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=2 -1-】 今年最初の試写会当選がこの映画。 あらすじを読んでいて、この映画を妻と見に行ったら、立場がやばくて隣でどんどんちっちゃくなっていかなくてはならないのではないかと不安で胸が潰れそうだった・・・(T∇T)アハハ・・・(|||_ _)ハハ・・・ ぎ...
「今度は愛妻家」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2010年:東映/監督:行定 勲) 中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を、若手実力派の行定勲監督により映画化。 世話好きで美しい妻・さくら(薬師丸ひろ子)との結婚生活も10年目、かつては売れっ子カメラマン
今度は愛妻家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
試写会に誘っていただいてノーチェックで観に行った『今度は愛妻家』は行定監督作品でした。うっわ、、、当たりかはずれか?どっちだろうっと期待感低めで鑑賞開始(笑)だって、結構この監督さんの作品大作系はずしまくっているんですもの、、、こどものいない夫婦。気持ち...
10-25「今度は愛妻家」(日本) (CINECHANの映画感想)
探し物は何ですか?  かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介だが、今は写真も撮らずにダラダラと呑気な毎日を送っている。一方、健康オタクの妻さくらは、そんな夫に文句を言いながらもかいがいしく世話を焼く日々。  しかしあるとき俊介は、友だちと箱根旅行に行...
今度は愛妻家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
・゜゜(ノД`)゜゜・ウワァァァァァァァァァァァン!! 予告編を見て、離婚した夫婦の話なのかなあと思っていたら、完全に騙された。 まさか、...
今度は愛妻家 (5125年映画の旅)
写真家の北見俊介は、妻のさくらとの関係が上手くいっておらず、自身も仕事をせずにだらだらと日々を過ごしていた。ある日、いつものように愚痴をこぼす俊介に、突然さくらは離婚を切り出してくる。   やられた!もうこれしか言えないくらいショッキングだった。...
今度は愛妻家 (墨映画(BOKUEIGA))
「忘れ物を取りに走る、妻の後姿。 何だかもの悲しくなり、シャッターを切った。」 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフ...
『今度は愛妻家』 (『映画な日々』 cinema-days)
1年間写真が撮れずにいるカメラマン そんな仕事もしないぐうたら亭主に 愛想を尽かした女房は... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑...
今度は愛妻家 (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』を渋谷TOEIで見てきました。  どうもなかなか評判が良さそうなので、足を運んでみた次第です。  この映画には、大きく言って問題が二つあるかもしれません。  一つめは、戯曲の映画化という点です。  映画の設定場所が雑司ヶ谷の鬼子母神近くと酷...
【映画】今度は愛妻家 (★紅茶屋ロンド★)
<今度は愛妻家 を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 ちょっと久しぶりの邦画です。 公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとても良いものばかりで、すごく気になっていました。レンタル新作だ...
mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が涙と笑いが交互に訪れる感動ドラマとして演出。夫婦を演...
『今度は愛妻家』 今度とは今年のことだ! (映画のブログ)
 劇中でニンジン茶の不味さが繰り返し語られるが、ニンジンの皮にはβ-カロチンが豊富に含まれるので、ニンジン茶を飲めば白内障予防になる...
映画評「今度は愛妻家」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・行定勲 重要なネタバレあり。出来れば未鑑賞の方は採点だけ参考にしてください。それでもどうしてもこの駄文をお読みになりたいという方はどうぞ。
今度は愛妻家 (こみち)
 JUGEMテーマ:邦画   北見俊介は、駄目夫ですね。   妻に発覚しただけで10人と浮気をしていたなんて。   妻が死んだとなったら、人が変わったようになってしまうのは北見俊介は内弁慶だったのか。 ...