銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

LION/ライオン ~25年目のただいま~(2016)**LION

2017-04-09 | 映画:シネコン

Movix京都にて鑑賞。こんな奇跡のようなお話があるとは驚き!しかもグーグルアースでね。でも実話だそうで、ラストでは実際の人たちが映るのであぁ~やっぱりそうなんだと実感。

大人になったからのシーンが多いのかと思いきや、前半は主人公サルーの少年時代のものすごく波乱万丈時代が映し出される。インドは少しでも場所が変わると言葉も通じなくなるから大変だよね。ましてや5歳の男のが迷子になるとこれは非常に辛いことだなあと実感!ましてや広いインドでの迷子はかなり多いようで、サルーみたいな境遇は珍しくないようだ。

色々な危機を脱出してはまたとんでもないことになる。

あの時駅のホームで兄を待てばこんなことにならなかった?でも後のことを考えるとそれもどうだったのか?回送電車に乗っていった先から、彼の先の見えない旅は始まる。優しくされてついて行けば、どうもとんでもない事態に。間一髪それからも逃れ・・・・・。

結局最後は、施設に入れられてしまい。ところがラッキーなサルーは心優しいオーストラリア人夫婦の養子となり、見知らぬ土地で過ごすことに。


そのジョンとスー夫婦にはデヴィッド・ウェンハムニコール・キッドマン

その後もこの夫婦はマントッシュという男の子を養子に迎えるがその子はなかなかサルーのようにはいかなく。結局成人してからも夫婦の悩みとなる。そういう意味ではサルーは夫婦にとっては心のよりどころだったのかも。


サルー役の男の子はサニー・パワール。これが映画初出演だったようですね。可愛い子でした。


大人になったサルーにはデヴ・パテル。スラムドッグで主役を務めたあの青年です。


サルーの恋人ルーシーにはルーニー・マーラ
わき役陣も超豪華ですね。

優しい両親に恵まれて生活するサルーですが、やはり25年前に生き別れとなった母や兄グドゥのことが今も頭の中から離れない。何とか見つけたいという一心でパソコンでグーグルアースで探す。記憶にあるのは町の名前と給水塔があるというホンマにわずかなもの。それにしても不思議です。どうやって見つけ出せたのかが・・・・。

でも実際見つけたのですから凄いことですよね。できればもう少しその辺を詳しく作品の中で表現してほしかったなあというのがあります。

あらすじ(allcinemaより)

優しい養父母のもと、オーストラリアで何不自由なく育った青年サルー。友人や恋人にも恵まれ、幸せな日々を送る彼だったが、ひとつだけ誰にも言えない悲しい過去があった。インドの田舎町に生まれたサルーは5歳の時、不運が重なり兄とはぐれ、たったひとり回送列車に閉じ込められて、遥か遠くの街コルカタに運ばれてしまう。そして言葉も通じない大都会で過酷な放浪の末に、オーストラリア人夫婦に養子として引き取られたのだった。ある時、サルーの脳裏にこれまで押しとどめていたそんな少年時代の記憶が強烈によみがえる。インドの家族への思いが募り、わずかな記憶を頼りに、Google Earthで故郷の家を見つけ出すと決意するサルーだったが…。

解説(allcinemaより)

5歳の時に迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、大人となりGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした奇跡の実話を「スラムドッグ$ミリオネア」「奇蹟がくれた数式」のデヴ・パテル主演で映画化した感動ドラマ。共演はルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン。監督は、これが長編デビューとなるオーストラリアの新鋭、ガース・デイヴィス。

メディア 映画
上映時間 119分
製作国 オーストラリア
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2017/04/07
ジャンル ドラマ
映倫 G

あ!ライオンというタイトルは最後まで観て頂いたらわかります。ここはネタバレしませんね。それにしてもあの広大なインドの中でよくぞ見つけたものです。それはほんまに驚きです。皆さんぜひシアターで・・・・。

オフィシャル・サイト
http://gaga.ne.jp/lion/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   Trackbacks (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムーンライト(2016)*... | TOP | はじまりへの旅(2016)... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

9 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (試写会) (風に吹かれて)
その名はライオン 公式サイト http://gaga.ne.jp/lion4月7日公開 実話の映画化 原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山
LION ライオン 25年目のただいま~/LION (我想一個人映画美的女人blog)
やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人に......
LION/ライオン ~25年目のただいま~★★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分......
「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 (ここなつ映画レビュー)
感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に......
LION/ライオン 25年目のただいま (映画的・絵画的・音楽的)
 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (to Heart)
原題 LION 製作国 オーストラリア 上映時間 119分 原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊) 脚本 ルーク・デイヴィス 監督 ガース・デイヴィス 出演 デヴ・パテ......
「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 (或る日の出来事)
Google、株、上げたな!?
「LION/ライオン 25年目のただいま」 (Con Gas, Sin Hielo)
1,600kmも回送で走る列車があるなんて。 大海を隔てて離れ離れになった母と子が25年ぶりに奇跡の再会を果たす。それが実話だと言うのだから事実は小説より奇なり、映画にはうってつ......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (心のままに映画の風景)
1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(......