銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

G.I.ジョー☆★G.I. JOE: THE RISE OF COBRA

2009-08-10 | 映画:シネコン

 この戦い、かなり刺激的。

8月8日、MOVX京都にて鑑賞。土曜日で、公開されて2日目ということもあってか、ほぼ満席状態でした。
G.I.ジョーといえば、フィギュアでした。女の子はバービー人形で遊んだ記憶があると思うのですが。男の子向けの玩具がこのG.I.ジョーで、兵隊人形だったんですね。当時はアメリカ製の玩具が大はやりだったように思います。

1964年にハズブロ社が作って紹介した、アクション・フィギュアは、まずTVシリーズが85年に登場したらしい。そのことで、アクションフィギュア、コミック・ブックと組み合わされることで、G.I.ジョーの人気はそれまで以上に沸騰したそうです。

大人気なのに、今頃やっと映画化とは?なんて疑問を持たれれる方も多いと思います。長い歴史の中で何度も検討されてきたのはもちろん言うまでもないのですが・・・。2000年にようやくハズブロ社はG.I.ジョーを再革新する道筋を見つけたそうで。製作に携わったブライアン・ゴールドナーは「今日的な意味を伝えることができるストーリー作りに焦点を絞ることができた」と語っています。また一つは同じくハズブロ社キャラクターを基にした「トランスフォーマー」の成功したことで、本作の映画化にも弾みがついたのも大きな理由のようだ。

映画化の経緯は色々あるようですね。ヒーローものの好きな方にはたまらないのでしょうね。

STORY

ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を目論む悪の組織“コブラ”に強奪される。その物質は本来ガン細胞の治療薬として研究開発されたものだったが、あらゆる金属を侵食し粉々にする驚異の性質を持つため、コブラと共謀する武器商人デストロの手によって世界を脅かす化学兵器として悪用されてしまうことに。そこでアメリカ政府は、世界屈指の精鋭で構成される最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”を、世界を救う最後の切り札として送り込むのだった。強靱な肉体と行動力を持ったエキスパート集団である彼らは、加速装置付きのハイパースーツなど最新のガジェットを操り、コブラに立ち向かう。そして両者は、G.I.ジョーの若きリーダー、デュークとコブラの中心メンバー、バロネスとの知られざる因縁をはじめとした逃れられぬ宿命に導かれながら、苛烈を極めた攻防を展開していくのだが…。
(allcinemaさんより)

世界最強のチームG.I.ジョーたち


手前左スネークアイズ(レイ・パーク


デューク(チャニング・テイタム)左、司令官ホーク(デニス・クエイド

デューク役のチャニング君は初めて見ました。デニス・クエイドは“バンテージ・ポイント”でお馴染み。

 スカーレット (レイチェル・ニコルズ

 リップコード (マーロン・ウェイアンズ

 
ヘビー・デューティー (アドウェール・アキノエ=アグバエ


左ブレーカー (サイード・タグマウイ

カバーガール (カロリナ・クルコヴァ)、そしてハムナムトラのブレンダン・フレイザー もちょっこと出演していました。

コブラ(世界最悪のTERO組織)


バロネスにはあのシエナ・ミラーが。ファクトリー・ガールが印象的です。

 デストロ (クリストファー・エクルストン

 ストーム・シャドウ (イ・ビョンホン

 コブラ・コマンダー 役には(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
「セントアンナの奇跡」にも出演していた。正体が分からず?マスクを取ったら彼でした。

Dr.マインドベンダー 役に ケヴィン・J・オコナー

ザルタン 役にはアーノルド・ヴォスルー


イ・ビョンホン演じるストーム・シャドウとスネークアイズの戦い。
二人は幼い時に、同じ道場で修行をした仲間だ。師匠である僧侶をストーム・シャドウが殺してしまう。その仇打ちなのかも・・・・。

この過去のシーンはちょっと違和感を感じてしまったが。


兵器をめぐってコブラとG.I.ジョーの壮絶なバトルが繰り広げられる!

アメリカの人気ミリタリー・アクション・フィギュアから派生したTVアニメ・シリーズ「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」をベースに実写映画化したアクション・エンタテインメント。様々なガジェットを駆使する史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”が世界征服を企む悪の組織“コブラ”と繰り広げる壮絶バトルをスタイリッシュかつ迫力の映像満載で描く。監督は「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ
(allcinemaより抜粋)

前評判が高かっただけに期待度が大きかったが・・・・。まあこんなもんじゃないって感じですが・・・・。知名度の高いキャストが少ないので、何か物足りなさもあった。
イ・ビョンホンは個人的に、あまり好みじゃない。アクションは凄いけど・・・・。
シエナ・ミラーが登場したのは嬉しかった。ファクトリー・ガールの彼女が好きだったな~~!

メディア 映画
上映時間 118分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(パラマウント)
初公開年月 2009/08/07
ジャンル アクション

オフィシャル・サイト
http://www.gijoemovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.gi-j.jp/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生に乾杯!原題:KONYEC | TOP | ココ・シャネル☆COCO・CHANEL »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
KLY (KLY)
2009-08-10 23:22:41
良くも悪くもソマーズ監督テイストでしたねぇ。突っ込み所が多すぎるんですが、ここまで来るとわざとやってるんじゃないかとすら思いますが。(笑)
イ・ビョンホンがいきなりまた脱ぎ出したときには流石に笑いましたよ。しかも腹筋強調ポーズは『アイカム・ウィズ・ザ・レイン』と同じですしね~。
でも突っ込みいれつつも次も観てしまうんだろうなと思います。^^
kanryustory (kanryustory)
2009-08-11 15:46:38
他社より安い!! ★kanryustoryの商品案内

★こんにちは。^ー^kanryustoryショッピングモールと申します。

★イ・ビョンホン関連商品案内

G.I.ジョーのイ・ビョンホンタオル+映画チラシ
www.kanryustory.net/shopdetail/018009000026/order/

メール便で発送)CINE21 716号 G.I.ジョーのイ・ビョンホン+映画チラシ
www.kanryustory.net/shopdetail/014005000015/order/

MOVIE WEEK 389号 COVER-G.I.ジョーのイ・ビョンホン+映画チラシ
www.kanryustory.net/shopdetail/014005000013/order/

動画★色々\(^O^)/

G.I.ジョーのイ・ビョンホン interview
www.kanryustory.net/board/board.html?code=TM-kckinc_hompee1

こんにちは (かめ)
2009-08-13 04:30:43
TBありがとうございました。

パロディーなのか、オマージュなのか、パクリなのか分かりませんが、過去の作品を思わせるシーンがかなりあって、それなりに楽しめました。
CGとアクションはさすがに、スティーヴン・ソマーズ監督ですね。
期待したのね (sakurai)
2009-08-14 10:04:21
ビョンちゃん、あんまり好みじゃないんですか。
あたしもそれほど好きじゃなかったのですが、自分をかっこよく見せようとして、嫌味なほど決まる人は、そういないと思いますです。
あちらの方の中にいても、引けをとってなかったなあと。
変な日本は、・・・・変でしたね。
Unknown ()
2009-08-29 17:21:00
こちらこそ、いつもトラックバックだけで
失礼しております。
ジャンルを問わず雑食主義的な鑑賞は私と
同様なようで(気に障りましたら、失礼)
毎日愛読しております。
今後ともよろしくお願い致します。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

64 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
G.I.ジョー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この戦い、かなり刺激的。』  コチラの「G.I.ジョー」は、50年の歴史を持つアクション・フィギュアの世界を実写映画化した8/7公開のアクションなのですが、早速公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪予告で使われていたアクション・シーンは確かに”...
G.I.ジョー (LOVE Cinemas 調布)
G.I.ジョーと言えばアクション・フィギュア。ある特定の世代以上にとってはかなり入れ込んでいる人も多いはず。本作はこのフィギュアをTVアニメ化した番組をベースに実写化した作品。監督は「ハムナプトラ」シリーズで製作・監督を務めたスティーヴン・ソマーズ。出...
G.I.ジョー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
『トランスフォーマー』の製作陣と『ハムナプトラ』の監督が組んだハイパー・アクション・ムービー『G.I.ジョー』。『トランスフォーマー』と同様、ハズブロ社の人気玩具を下敷きにしたハリウッド映画だ。 物語:戦車、飛行機、建物など、金属ならなんでも瞬時に食い...
G.I.ジョー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:G.I. JOE: THE RISE OF COBRA公開:2009/08/07製作国:アメリカ上映時間:118分鑑賞日:2009/08/07監督:スティーヴン・ソマーズ出演:  チャニング・テイタム/デューク  レイチェル・ニコルズ/スカーレット  マーロン・ウェイアンズ/リップ・コード  シ...
G.I.ジョー/チャニング・テイタム (カノンな日々)
アメコミ物かと思ったら元はフィギュア・シリーズから生まれたTVシリーズ「地上最強のエキスパート・チームG.I.ジョー」という作品らしいです。これって有名なんですか?予告編の映像は迫力ありましたけど、この手のは本編は別物で肩すかしに合うことも多いので油断禁物な...
G.I.ジョー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:G.I. Joe: The Rise of Cobra。スティーヴン・ソマーズ監督、チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ、デニス・クエイド。物語というより近未来戦争のショーウィンドウ、というか近未来武...
G.I.ジョー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[G.I.ジョー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年71本目(66作品)です。 【あらすじ】 巨大軍事企業NARS産業の工場から究極の化学物質「ナノマイト弾頭弾」の輸送をしていたNATO特殊部隊のデューク(チャニング...
「G.I.ジョー」燃える!“おっとこの子のための映画!” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[G.I.ジョー] ブログ村キーワード  この夏、最高のアクション超大作!「G.I.ジョー」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。ハッキリ言って、“超おバカ映画”ですよ。でも、こんなのは日本では作れません。コレ作っちゃうんですもんね~。さすがハリウ...
劇場鑑賞「G.I.ジョー」 (日々“是”精進!)
「G.I.ジョー」を鑑賞してきましたアメリカの人気ミリタリー・アクション・フィギュアから派生したTVアニメ・シリーズ「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」をベースに実写映画化したアクション・エンタテインメント。様々なガジェットを駆使する史上最強の...
G.I.ジョー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
派手そうな映画だなぁ~どんなもんかしら?【story】世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させ、あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を...
[映画『G.I.ジョー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆監督が『ハムナプトラ』シリーズの人だそうで、面白いのだろうけど、A級アクション作品には成りきれない匂いがプンプンしているのだが、さて、どうであったか?  なお、腐女子の姪っ子と観に行ったのだが、「腐」故に、姪っ子は声優へのこだわりが大きく、今回は吹き...
G.I.ジョー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:G.I.JOE:THE RISE OF COBRA) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 第2次世界大戦時にコミックとして誕生し、1964年にアクションフィギュアが発売。 1985~1987年にアニメ「地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー」が放送され、1990~1992年には...
G.I.ジョー/G.I.JOE: The Rise of Cobra (いい加減社長の映画日記)
金曜日、仕事で出かけた横浜から、豊島園に直行。 途中、新宿あたりで大雨になり、どうなることかと思ったけど。 豊島園到着時には、小雨になっていて、無事(?)「G.I.ジョー」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、雨のせいか、金曜日のレイトショーにしても、人は少なめ。 ...
G.I.ジョー (Akira's VOICE)
「スターウォーズ」のパロディ?  
ゴー、『G.I.ジョー』! (映画のブログ)
 80年代半ば、相次ぐ日米合作アニメの製作が話題になった。ハズブロ社の玩具展開用アニメの『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』と...
G.I.ジョー (生まれてから今まで観てきた映画全部)
久しぶりに映画を観てきました。もちろん「G.I.ジョー」ですよ。いや本当は他にも観たい物はあったのですが、何となく何も考えなくて観れそう...
「G.I.ジョー」みた。 (たいむのひとりごと)
こちらも続編をやるき満々なようだ。日本では20数年前にTVアニメが放送されていた「G.I.ジョー」。よって「G.I.ジョー」の名には聞き覚えがあるのだけど、まったく見ていなかったことから初めて見るのと
映画「G.I.ジョー(字幕版)」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『G.I.ジョー』を観て来ました。採点はちょっとおまけの★★☆☆☆(5点満点中2点)です。 今日は日米同時公開初日って事で字幕版。予告編を見て、ド派手なアクションとVFXを期待して行っただけで、できるだけ事前情報なしに行きました。それが良くなかったのか、...
G.I.ジョー (そーれりぽーと)
『G.I.ジョー』って、米国の女の子が可愛いバービーで遊ぶように、男の子がカッコイイ兄ちゃんの人形でお人形さん遊びするアレでしょ?日本じゃ考えられない文化だけど。 男の子用人形って、日本ではロボットとか戦隊ヒーローモノ、もしくはウルトラマンやら筋肉マンやら...
『G.I.ジョー』 (きららのきらきら生活)
「G.I.ジョー」観てきました♪
『G.I.ジョー』 ('09初鑑賞104・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 8月8日(土) OSシネマズ ミント神戸  スクリーン7にて 15:30の回を鑑賞。
G.I.ジョー・・・・・評価額1300円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今時珍しい脳味噌筋肉系の大バカアクション映画。 「G.I.ジョー」というタイトルからは、60年代生まれの私の世代は戦争映画を連想してしまうが...
G.I.ジョー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] 「じ~あいじぇ~ん、おとな一枚!」「もういちど要望を!?」
G.I.ジョー (だめ男のだめ日記)
「G.I.ジョー」監督スティーヴン・ソマーズ出演*チャニング・テイタム(デューク)*レイチェル・ニコルズ(スカーレット)*マーロン・ウェイアンズ(リップ・コード)*シエナ・ミラー(バロネス)*レイ・パーク(スネークアイズ)*イ・ビョンホン(ストームシャドー)*ジ....
「G.I.ジョー」 (てんびんthe LIFE)
「G.I.ジョー」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 「G.I.ジョー」が何なのかまったくわからないまま、普通にアクション映画と思って楽しめればいいと思いましたが、楽しいというより極度の疲労感が残りました。 ハンドカメラによる画面のゆれ、そしてほぼ全編CGで作られ...
レビュー:G.I.ジョー (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[エンターテインメント大作][アクション][現実世界を舞台にしたSF][突っ込んだら負け][洋画][実写][スコープサイズ][122分] エンタメ度:★★★★★ ファミリー向け:★★★★☆ 公開日: 2009年8月7日 監督: スティーブン・ソマーズ ...
映画 【G.I.ジョー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「G.I.ジョー」 人気フィギュアから派生した1980年代のテレビアニメ「地上最強のエキスパート・チームG.I.ジョー」をベースにした実写作品。 おはなし:世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を...
G.I.ジョー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
世界を救っているのか、ブッ壊しているのか、区別がつかない超ド級のアクション映画は、人気ミリタリー・フィギュア・シリーズの実写映画化。近未来を舞台に、破壊兵器ナノマイトを奪った悪のテロ組織コブラに、国際機密部隊G.I.ジョーが立ち向かう。だが、隊員のリーダー...
『G.I.ジョー』・・・B級ならではの醍醐味を楽しめれば (SOARのパストラーレ♪)
観る前の期待感と観た後の失望感、その落差の度合いという点では今年これまでに劇場鑑賞した35作品中文句なしの一等賞である(笑)
G.I.ジョー (だらだら無気力ブログ)
アメリカの人気ミリタリーフィギュアから派生したTVアニメ「地上最強の エキスパートチームG.I.ジョー」をベースに実写化したアクションB級映画。 悪の組織コブラと国際機密舞台G.I.ジョーとの壮絶な戦いを描く。NATOの資金で開発した最強兵器ナノマイトが兵器メーカ...
G.I.ジョー (2009) G.I. JOE: THE RISE OF COBRA 118分 (極私的映画論+α)
まさに「矛盾」です(笑)
「G.I.ジョー」 (みんなシネマいいのに!)
 映画化の話を聞いた時、今更感とハリウッドも真剣企画がないことを実感した。 しか
「G.I.ジョー」 荒唐無稽、一気呵成 (はらやんの映画徒然草)
「G.I.ジョー」というと、兵隊さんのお人形というイメージ(古っ!)があるのです
「G.I.ジョー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「G.I.ジョー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:チャニング・テイタム、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ、シエナ・ミラー、レイ・パーク、イ・ビョンホン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、アドウェール・アキノエ=アグ...
G.I.ジョー - G.I.JOE THE RISE OF COBRA - (個人的評価:★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
さっそく「G.I.ジョー」を観てきました。 副題の「THE RISE OF COBRA」から「G.I.ジョー・シリーズ」のオープニングを飾る作品であることは想像...
★「G.I.ジョー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 このタイトルって、軍人ヒーローの名前なのかと思ってたら、 いつの間にか、特殊部隊の名前になってたのね。 原題も「G.I. JOE: THE RISE OF COBRA」。 2009年製作のヒーロー系アクション、118分もの。
G.I.ジョー (Memoirs_of_dai)
まさかの二番煎じ 【Story】 世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最...
『G.I.ジョー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【G.I. JOE: THE RISE OF COBRA】 2009年/パラマウント/118分 【オフィシャルサイト】 監督:スティーヴン・ソマーズ 出演:チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ、デニス・クエイド
G.I.ジョー お金が掛かった仮面ライダーシリーズみたい (労組書記長社労士のブログ)
 衆議院選挙前哨戦もたけなわで、先日はうちの労働組合の中央委員会の前段に、推薦している候補者を招いて決起集会を開催、候補者本人8名、代理4名が来て頂いて順に決意を述べてもらい、最後にみんなでガンバロー三唱、なかなか盛り上がった。 それぞれの選挙対策本部で...
●G.I.ジョー(34) (映画とワンピースのこでまり日記)
なんで観客の年齢層高いんだ・・・?あ・・・イ・ビョンホンか・・・。
G.I.ジョー (ダイターンクラッシュ!!)
2009年8月13日(木) 21:15~ TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『G.I.ジョー』公式サイト CGアクション大味監督スティーブン・ソマーズの新作。CG大味アクション映画。 俺のG.I.ジョーの認識は、「走れG.I.ジョ~!」と...
G.I.ジョー (迷宮映画館)
夏にいいですねえ。スカッとボガンと!!
映画 「G . I . ジョー」 の感想です。 (MOVIE レビュー)
「G.I.ジョー」を観てきました。と言っても「HACHI」を観た45分後位の時間差で、この「G.I.ジョー」を観ると言う荒技の2本立てで観たんですよ!{/face_ase2/} 内容的には真逆の感動物映画の後にこの映画を観たからと言う訳でもないですが、ちょっと全編にチープ感が漂う...
G.I.ジョー (りらの感想日記♪)
【G.I.ジョー】 ★★★☆ 映画(24)ストーリー ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を目論む悪の組織“コブラ”
G.I.ジョー (映画君の毎日)
●ストーリー●世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府は世界...
G.I.ジョー (映画君の毎日)
●ストーリー●世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府は世界...
映画感想『G.I.ジョー』 なかなか。。。 (レベル999のマニアな講義)
内容NATOの特殊精鋭部隊を率いるデューク(チャニング・テイタム)は、親友のリップコード(マーロン・ウェイアンズ)らとともに、“ナノマイト弾頭”輸送の任務を命じられる。途中、謎の集団の襲撃を受け、ひとり、またひとり倒れていく隊員達。その集団の中の1人の...
映画「G.I.ジョー」  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
日米同時公開で、全米では堂々の5千万ドル超で初登場第1位を勝ちとった。 2009/8/10、109シネマズ木場で鑑賞。 今年は、毎月10日が109シネマズ10周年記念で一人1千円。 夏休みとも重なって大変混んでました。 *** デニス・クエイド、チャニング...
『G.I.ジョー』 (2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:G.I.JOE:THERISEOFCOBRA監督:スティーヴン・ソマーズ出演:チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ、デニス・クエイド、レイ・パーク公式サイトはこちら。<Story>1990年代、世界征服をたくら...
G.I.ジョー見てきた【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
六本木ヒルズのTOHOシネマズでG.I.ジョーを見てきました。 6回分ポイントが貯まってたので無料で。 イ・ビョン・ホンのハリウッド進出作品なんですね。 白いニンジャ役でした。
GIジョー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  なんとなく『GIジェーン』と勘違いをしていたようだ。もちろん軍人達が主役の作品だが、戦争映画ではなくアメリカンヒーロー映画なのである。 『ファンタスティックフォー』や『XーMEN』にも似ているが、彼等は生身の人間であり、超人ではなく兵器や武...
GIジョー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  なんとなく『GIジェーン』と勘違いをしていたようだ。もちろん軍人達が主役の作品だが、戦争映画ではなくアメリカンヒーロー映画なのである。 『ファンタスティックフォー』や『XーMEN』にも似ているが、彼等は生身の人間であり、超人ではなく兵器や武...
G.I.ジョー (Movies 1-800)
G.I. Joe: The Rise of Cobra (2009年) 監督:スティーブン・ソマーズ 出演:チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、マーロン・ウェイアンズ、レイチェル・ニコルズ アメリカの人気フィギアから生まれたTVアニメを元に実写映画化したアクション映画。 現代科学の域を超...
映画「G.I.ジョー」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 TOHOシネマズでは“TOHOシネマズデイ”と称して毎月14日に¥1000興行を行っている。「G.I.ジョー」を上映しているスクリーン4はお盆休みと重なり満員御礼の満席だ。男女比は男8:女2と言うシネコンでは珍しい、圧倒的に男だらけの熱気に包まれた上...
G.I.ジョー【2009アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:G.I. JOE: THE RISE OF COBRA(2009年アメリカ
G .I .ジョー (映画の話でコーヒーブレイク)
休みに入ると気が緩み・・・あの映画で書こう、これも書こうと思いながらいま一つ 気合が入りましぇ~ん{/kaeru_shock2/} 8月も折り返し、ここらでガツンとアクション映画で喝! を入れたのに・・・ 気持ちを奮い立たせて書いたのに{/body_deject/}・・・書き終わって...
G.I.ジョー (墨映画(BOKUEIGA))
フィギュアから生まれた映画。 それだけに、各キャラや、メカなどといったところでの完成度は非常に高いと思う。 しかし、物語はご都合主義と言うか、つっこみ所満載。 アクションを中心に、見所はたくさんあり、飽きさせない作りではある。 そこが楽しめればOK。 つま...
G.I.ジョー (週末映画!)
映画 G.I.ジョー の感想・評論のまとめ
G.I.ジョー■アクションはあるが、ドラマはない (映画と出会う・世界が変わる)
もし、「忠臣蔵」が全編にわたって討ち入りシーンであったとしたらどうであろうか?そんなものは意味がないと即座に言われるであろう。当然だ。討ち入りがクライマックスになるのは、その前のドラマが積み重なっているからである。この「G.I.ジョー」を見ながら、そん...
民主党か?「G.I.ジョー」か? (映画と出会う・世界が変わる)
勢いというのは怖いもので、4年前の自民党、そして現在の民主党は、まさにそうである。映画で言えば、「G.I.ジョー」はその通りの映画である。人命及び人権軽視のアクション映画という批判を軽く吹き飛ばすエネルギーは認めるものの、終わってみると何が残るのか?そ...
「G.I.ジョー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
突っ込みどころはあれど、思いがけず楽しめました♪
『G.I.ジョー』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
『トランスフォーマー』のヒットは、次なるオモチャの映画化企画を実現させた! G.I.ジョーというとアメリカはハズブロ社から、日本ではタカラから販売されていた、第二次大戦時のアメリカの軍人(だよね)をモデルにしたアクション・フィギュアを思い出す。ライバル...
映画評「G.I.ジョー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督スティーヴン・ソマーズ ネタバレあり
【映画】G.I.ジョー…僕は人形好き・母はビョンホナー (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
定時で帰れているとはいえお仕事は盛り沢山 ここ最近は某有名アニメとも(仕事で)格闘中のピロEKです(割とツラめ) 今日は特に近況ら...