銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

フロスト×ニクソン◇◆FROSTNIXON

2009-04-06 | 映画:シネコン

 楽園か荒野か?ーーー人生を賭けた闘いが始まった!

政界復帰を狙う元アメリカ大統領ニクソン。
全米進出を狙う英国のテレビ司会者フロスト。
1977年、これが4500万人が見た伝説のインタビューだ!

3月31日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ニクソン大統領、ウォーターゲート事件・・・・。大統領の名前はもちろん、この事件の存在は薄ら記憶にあるけれど、どんなことだったのか?まったく知らなかった。そしてニクソン大統領が、この事件で大統領という地位から降ろされたというのも恥ずかしいことだが、知らなかった。

映画は娯楽性的な要素もあるけれど、歴史的や政治的なことなど、知らないことも教えてくれます。そういう意味では、勉強にもなるのですよね。多分この映画を観ていなければ、ウォーターゲート事件がどのような事件だったかも知らなかっただろうし、ニクソン大統領が辞任した原因さえ知らずにいたのですから(汗)勉強になりました。

でもこの手の作品はどうも苦手ですね。案の定、途中でzzzzとなってしまいました。

実はこの作品、2007年に舞台化されているそうです。主役のフロスト役とニクソン役には、映画と同じキャストだそうで・・・・。それも面白いですね。舞台と映画では少し違うでしょうしね。

 
フロスト役には、「クイーン」でイギリス前大統領ブレアを演じたマイケル・シーン。


ニクソン役には、フランク・ランジェラ。81回アカデミー賞では、主演男優賞にノミネートされたが。残念ながら賞は逃した。

物語

1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンフランク・ランジェラ )は、「アメリカの歴史上、自ら辞任した初の大統領」という不名誉なタイトルをまとい、政界の表舞台から去ることになった。ホワイトハウスを飛び立つヘリの乗り込むニクソン。その光景はテレビを通じて全世界に生中継され、実に4億人が目撃したらしい。(私も見たのかな?)この放映を観た一人のテレビ司会者ディビィッド・フロスト(マイケル・シーン )彼は母国イギリスとオーストラリアでトーク番組を持つ人気司会者。この辞任中継の視聴率の高さに、テレビ屋の本能を刺激される。早速一対一のインタビュー番組を企画。ニクソンの代理人であるエージェントのスウィフティ・リザール(トビー・ジョーンズ )を通じて出演交渉を開始した。


皆さん、見覚えあると思います。あの「ミスト」でスーパーの店長役だった人。彼がトビー・ジョーンズです。

数ヵ月後、フロストに電話をかけてきた、スウィフティは、60万ドルという法外なギャラを要求。フロストはこれを承諾する。いよいよこのプロジェクトのため、仕切り役のプロデューサーのジョン・バード(マシュー・マクファディン )を伴い、アメリカへ飛ぶ。

フロストは機内でナンパしたキャロライン(レベッカ・ホール )を連れ、カルフォリニア州サンクレメンテにあるニクソン邸に乗り込んだ。


プロデュサー、ジョン・バード。


フロストがナンパしたキャロライン。こんなときにナンパ??

ニクソンは邸内を見せながら、かってソ連書記長ブレジネフとの歴史的会談の模様を活き活きと語る。(自慢話ですね)

何と前払いとして20万ドルを出すはめになってしまったフロスト。ニクソンとは違って絶好調ではなかった。

アメリカで成功してみせるという野心に燃えるフロスト、3大ネットワークにこのインタビュー企画を売り込むが、拒絶されてしまう。

イギリス人の軟弱なテレビ司会者に大物政治家のインタビューなど務まるわけがない。これがネットワークの共通の見解だ。
交渉に苦戦していることを知ったニクソンの側近ジャック・ブレナン(ケヴィン・ベーコン )は「20万ドルだけもらって企画が流れるかもしれない」と静かにほくそ笑む。


久しぶりに観たケヴィン・ベーコン、いつも思うのですが、この人悪そうに見えるよね。

フロスト、番組を自主製作に変更して、放映権を売る方向に転換。借金して当面の製作費を捻出。いよいよ具体的なインタビューの準備をスタート!

そしてフロストがブレーンとして雇ったのは。この人たち



放送界で活躍するジャーナリスト ボブ・ゼルニック(オリヴァー・プラット

 


アンチニクソン派を代表するノフィクション作家ジェームズ・レストンJR
サム・ロックウェル )ジェシー・ジェイムズの暗殺に出演していた方です。

彼らにバートを加えたフロスト・チームはロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルに移動。そこに本拠地を構え、質問の練り上げ作業を開始する。

しかしフロストはミーティングには同席することはめったになかった。何故なら、番組のスポンサー探しというもうひとつの重要な仕事があったからである。

そして迎えた1977年3月23日、インタビューの初日。フロストは何といきなり、ニクソン側の取り決めを無視して録音テープの質問から攻め込んでいった。不意打ちをくらい、たじろくニクソン。しかし瞬時に体勢を立て直した彼は、ホワイトハウスにおける録音の歴史について延々と説明。まんまとフロストを煙に巻いた。


これは撮影風景ですが・・・・。

その後もフロストは単なる聞き役状態。この様子にレストンJRとゼルニック は焦りと苛立ちを募らせる。

2日後に行われたインタビューは、ベトナム戦争がテーマだった。「攻めろ」というバートのアドバイスに従い、カンボジア侵攻について、鋭いツッコミを入れるフロスト。しかし、ニクソンは、「逆にもっと早くカンボジアに侵攻していれば、もっと多くの米兵を救えた」と断言。自身の政策の正当性を強く印象づけることに成功!そして3回目、ニクソンの得意分野である外交問題のテーマは、もはやニクソンの独演会だった。

フロストのインタビューは、明らかにチームの狙いとは逆方向に進んでいた。

ゼルニックやレストンJRはニクソンが特赦によって追訴を免れたことに不満を持つアメリカ人に対して、テレビカメラの前で謝罪するニクソンを見せることが、ジャーナリストとしての自分たちの使命だと考えていた。

しかし今までのところフロストはニクソンを攻めきれず・・・・。偉大な大統領だとアピールさせるばかり。そのことで、レストンJRが爆発!チームに険悪な空気が流れる。

イースター休暇のため、インタビューが一時中断。そこへフロストにとってショッキングな知らせがもたらされた。彼のオーストラリアの番組が打ち切りになったのである。生活の糧が失われるという現実の重さに打ちのめされたフロストは、自分が重大な間違いを犯したのではないか?と感じ、不安と後悔にさいなまれる。

そんなときかかってきた一本の電話。それはニクソンからだった。今のところ、圧倒的にニクソンが優位に立っている。そのニクソンが挑発的な言葉をフロストに投げかけてきた。「私は君にとって最も手強い敵になる。スポットライトは我々の1人しか照らさない。もう1人は荒野が待っている。覚えておけ、ときが来たら私は全意識を集中して闘いに備える」

それを聞いたフロストの心の中で瞬時に炎が燃えあがった。なんとしてでもニクソンに勝ち、スポットライトの中で生き残ってみせる。意を決意したフロストはワシントンにいるレストンJRにウォーターゲート事件の再調査を依頼するのだが・・・・。

さてどちらに勝利の女神が微笑むのか?ニクソンに謝罪させるのは一筋縄ではいきそうにないようですね。さすが大物政治家です。外交が得意というニクソンをどのように料理するかはフロストの采配にかかってくる。難しいですね。観ている私は何が何だか、わかり難いです。政治はどうも苦手だな(>_<)


この笑みは勝利?それとも・・・・・?


監督ロン・ハワード

脚本:ピーター・モーガン 「クイーン」(06)の脚本も手がけている。

 この方が本物のデビッド・フロスト氏です。

    

オフィシャル・サイト
http://www.frostnixon.net/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.frost-nixon.jp/
メディア 映画
上映時間 122分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2009/03/28
ジャンル ドラマ/伝記/サスペンス

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イエスマン☆“YES”は人生のパ... | TOP | いのちの戦場▼アルジェリア1... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
結構楽しみに (sakurai)
2009-05-25 10:57:01
してたんですよ。
で、例のごとく、誰が監督かも調べずに・・・。
ロンちゃんでしたね。いつのように出来レース。
この人、絶対冒険しないんですよね。
結末がはっきりしてるもの、実際の物語、超売れた本・・これで映画を作ると。
最近、特にそういう傾向が顕著になってきたように思えます。
それで見せなきゃ、まずいだろ!みたいな。
で、見せちゃう。

と、文句はこれくらいにして、映画はウォーターゲートは周知・・と言う前提で作られているような感じでしたね。
でも、実際のところはよくわかってないし、大統領が辞めたから、もうこれ以上いいんじゃない的な逃げ方の状況だったんでしょうね。
相手は高尚な強い意志の持ち主・・と言うわけではなく、偶然当てた・・というのが大きな勝利をつかむのも面白い視点だったのかもですね。
Unknown (光太)
2012-03-26 12:58:55
自分もニクソン大統領やウォーターゲート事件のことは
ほとんど知らなかったので、勉強にはなりました。
光太さん (mezzotint)
2012-03-29 19:13:22
今晩は☆彡
古い記事にTBありがとうございました。
すっかり忘却の彼方で(汗)すみません!
映画で色々分かることが多いので
本当に勉強になりますね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

56 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
フロスト×ニクソン (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞5部門にノミネートされた話題作。主演はアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたフランク・ランジェラ。そして相手役として『アンダーワールド:ビギンズ』が3月14日から公開されるマイケル・シーン。監督はもう数々のヒット作を生み出したロン・ハワー...
映画「フロスト×ニクソン」試写会@スペースFS汐留 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写会は産経新聞主催で映画上映前に、元財務大臣の塩川正十郎さんとフジテレビアナウンサー・黒岩祐治さんを招いて「メディアと政治」と言う題材のトークショーが行われた。しかし、このトークショーが曲者だった。まず本編上映前に「フロスト×ニクソン」の予告...
フロスト×ニクソン / FROST/NIXON (我想一個人映画美的女人blog)
1977年にTV番組で実際に繰り広げられた全4回にわたる伝説のインタビューを、 ロン・ハワード監督が再現した本作。 アカデミー賞作品賞他、監督賞、主演男優賞作品賞、脚色賞、編集賞でノミネートを受けたことでも注目{/atten/} でも実はケヴィン・ベーコンが出てるっ...
フロスト×ニクソン 大きな勘違いが発覚(^◇^;) (労組書記長社労士のブログ)
【 19 -5-】 正直、予告編で見てるときはちっとも興味なかったけど、どういうわけか、うっかり見に行ってしまった。  ウォーターゲート事件で失脚したニクソン大統領。その辞任中継の視聴率の高さに目をつけた人気テレビ司会者・フロストは、ニクソンへの1対1のインタ...
映画 「フロスト×ニクソン」 (ようこそMr.G)
映画 「フロスト×ニクソン」
「フロスト?ニクソン」 (古今東西座)
すっかり悪役人気が定着した感のある(?)ニクソン元大統領。この『フロスト?ニクソン』は、ニクソン大統領がウォーターゲート事件で失脚した後で初めて行ったデビッド・フロストとの伝説的なインタビュー番組の舞台裏を舞台化し、さらにそれを映画化したものである。197...
「フロスト×ニクソン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&#160; ーインタビューという名の決闘ーこのコピーのとおりでした。アメリカの歴史上、唯一任期中に辞任した大統領ニクソン。不正に手を染め、国民を失望させたにもかかわらず、恩赦により裁判を免れ、国民に対して謝罪をしていない元大統領にイ...
映画「フロスト×ニクソン」(2008年、米) (富久亭日乗)
 ★★★☆☆  Watergate scandal で自ら大統領を辞任したRichard Nixonと、 キャスターDavid Frostとの インタビューをめぐる心理戦を実話に基づいて映画化。 原題は「Frost/Nixon 」。        1974年、Watergate scandal により 第37代米大統領Richard Nixon...
フロスト×ニクソン (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作: ロン・ハワード キャスト デビット・フロスト☆マイケル・シーン リチャード・ニクソン☆フランク・ランジェラ ジャック・ブレナン☆ケヴィン・ベーコン キャロライン・クッシング☆レベッカ・ホール スイフティー・リザール☆トビー・ジョーンズ ...
フロスト×ニクソン (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
審理にたいくつした裁判員たちは、やはりダヨ~ンのおじさんを描くのだろうか?
フロスト×ニクソン (シネマ日記)
これは公開前から楽しみにしていた映画。基本的にアメリカのあのあたりの時代の映画が好きなんだけど、この1977年のデビッドフロストマイケルシーンとニクソンフランクランジェラのインタビュー対決のことはまったく知らなかったので、とても楽しみでした。フランクランジ...
*フロスト×ニクソン* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2008年  アメリカ ウォーターゲート事件で失脚したニクソン大統領。その辞任中継の視聴率の高さに目をつけた人気テレビ司会者・フロストは、ニクソンへの1対1のインタビュー番組を企画。ニクソン側も扱い...
Frost/Nixon (2008) (アヤは観た。)
監督: ロン・ハワード 出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケヴィン・ベーコン、 レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ、マシュー・マクファディン、オリヴァー・プラット、サム・ロックウェル ウォーターゲートという名の過去を消し去りたい元大統領ニ...
フロスト×ニクソン (とりあえず、コメントです)
ウォーターゲート事件で大統領の座を降ろされたニクソン元大統領と イギリスやオーストラリアの番組で司会として人気のあったデビッド・フロストを描いた物語です。 インタビュー番組に人生を賭けて闘いを繰り広げた二人の姿が印象的な作品でした。 大統領を辞職し失意の...
『フロストXニクソン』 (めでぃあみっくす)
インタビューは格闘技である。これはインタビュアーの誰もが納得する言葉だそうです。ウォーターゲート事件以来沈黙を守ってきたリチャード・ニクソンとイギリスの人気トークショー司会者デビッド・フロストを中心に彼らのブレーンも巻き込んだ歴史的インタビューの舞台裏...
フロスト×ニクソン (りらの感想日記♪)
【フロスト×ニクソン】  ★★★☆ 映画(祭)(12) ストーリー ウォーターゲート事件で辞任に追い込まれ、その後罪を認めることなく沈黙を守
フロストXニクソン (映画通の部屋)
「フロストXニクソン」FROST/NIXON/製作:2008年、アメリカ 122
フロスト×ニクソン (映画のメモ帳+α)
フロスト×ニクソン(2008 アメリカ) 原題   FROST/NIXON 監督   ロン・ハワード 原作   ピーター・モーガン 脚色   ピーター・モーガン 撮影   サルヴァトーレ・トチノ 音楽   ハンス・ジマー 出演   フランク・ランジェラ マイケル・シー...
フロスト×ニクソン (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ロン・ハワード
フロスト×ニクソン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] 期待し過ぎた分だけ評価は辛めに・・
フロスト×ニクソン (勝手に映画評)
アメリカ史上(いまのところ)唯一、任期中に辞任した大統領ニクソン。汚名を何とか返上し政界復帰を目論む、そのニクソンと、アメリカ進出の為の足掛かりを得ようとする、イギリス人TVショーの司会者フロスト。その両者のトークバトルとも言うべき4日間のインタビュー模...
映画レビュー「フロスト×ニクソン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
オリジナル・サウンドトラック「フロスト×ニクソン」◆プチレビュー◆決闘に例えられた伝説のTVインタビューは知的心理戦。F・ランジェラのニクソンに思わず唸る。 【75点】 ウォーターゲート事件で辞任したニクソン元大統領に、英国人のTV司会者フロストが...
フロスト×ニクソン (そーれりぽーと)
今年のアカデミー賞を観てて、ニクソン大統領って何した人?フロストって誰よ?等と思っていた『フロスト×ニクソン』を観てきました。 ★★★★ 『ウォッチメン』の世界では豪腕を発揮して1985年も大統領として在任していたニクソンですが、現実世界ではウォーターゲー...
フロスト×ニクソン (メルブロ)
フロスト×ニクソン 251本目 2009-12 上映時間 2時間2分 監督 ロン・ハワード 出演 フランク・ランジェラ マイケル・シーン ケビン・ベーコン レベッカ・ホール 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 8点(10点満点)    アカデミー賞作品賞など主...
「フロスト×ニクソン」:墓地下バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こんな東京のど真ん中にアメリカ軍の施設があるとは、知らなかったわ。 {/kaeru_en4/}ひょっとして、俺たちの会話を盗聴しているんじゃないか。 {/hiyo_en2/}そんな、しょーもないことするわけ、ないでしょ。 {/kaeru_en4/}しかし、アメリカじゃあ、大統領だ...
映画『フロスト×ニクソン』 (健康への長い道)
久し振りの完全休養日&#63903;。 アメリカン・グラフィック・ノベルを映画化した『ウォッチメン』とどちらを観に行くか迷いました。 でも、映像がウリのハリウッド超大作との相性があまり良くない自分の好みを考えて、まずはこちらから。 Story ウォーターゲー...
「フロスト×ニクソン」 言葉の拳闘 (はらやんの映画徒然草)
昨日観た「ウォッチメン」にもニクソンが出てましたが、こちらの作品「フロスト×ニク
『フロスト×ニクソン』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:FROST/NIXON監督・製作:ロン・ハワード脚本・原作・製作総指揮:ピーター・モーガン出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケビン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。<Story....
「フロスト×ニクソン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Frost/Nixon」2008 USA/UK/フランス “楽園か荒野か──人生を賭けた闘いが始まった!”...フロストとニクソンのバトル・トーク。 37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンに「グッドナイト&グッドラック/2005」「スーパーマン・リターンズ/2006」のフラ...
フロスト×ニクソン (心のままに映画の風景)
1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)が、ウォーターゲート事件の汚名にまみれて辞職。 ...
フロスト×ニクソン (映画の話でコーヒーブレイク)
{/m_0146/}久々の映画館{/m_0146/} 初めて「ららぽーと横浜」内にあるTOHOシネマズ横浜へ。 何故わざわざJR鴨居駅下車でららぽーとまで足を運んだかというと・・・、 本作「フロスト×ニクソン」が見たかったからなんです。 アカデミー賞にもノミネートされた話題作にも...
フロスト×ニクソン FROST/NIXON (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ロン・ハワード監督、フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケヴィン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ、マシュー・マクファディン、オリヴァー・プラット、サム・ロックウェル。今もアルジャジーラ英語ニュースでインタビュー番組を持っ...
見逃さなくて良かった「フロスト×ニクソン」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}ウオーターゲート事件で米史上初の任期途中降板となったニクソンに、コメディアン上がりのフロストが真相を語らせようとインタビューを挑むが……{/映画/}いや~、面白かった。思ってた以上に。思ってたよりずっと。 以下、ネタバレあり、です{/クラブ/}{/ク...
『フロスト×ニクソン』:似た者同士のガチンコ一騎打ち映画 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
月イチ集う映画ファンの会合で、観たひとの評判が高かった一品。舞台劇の映画化なので『ダウト』のような演劇臭があるかと思いきや、まさに映画として撮りきったロン・ハワード監督作品です 。
フロスト×ニクソン (心のままに映画の風景)
1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)が、ウォーターゲート事件の汚名にまみれて辞職。 ...
フロスト×ニクソン (Diarydiary!)
《フロスト×ニクソン》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - FROST /
Let's Get Ready To Rumble (宇宙のめいぐると)
「フロスト×ニクソン」
映画日記りぼーん『フロスト×ニクソン』 (CHEAP THRILL)
で、『愛のむきだし』を見た直後に新宿武蔵野館でこの『フロスト×ニクソン』を見たのだが……これは意外な面白さだ! パッとタイトルを聞いただけで「堅そうだな…」とか「政治とかよくわかんねえ…」などと思う人って多いと考えられる。 ボクだってニク...
フロストXニクソン (迷宮映画館)
あたしの言わせると、政治版スポコン物語の王道だった。
【機内上映】「フロスト×ニクソン」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
そのまま捉えていいのか判断に苦しむ。史上初の任期中辞任に追い込まれるも、謝罪を一切せず再び政界への返り咲きを狙ってきたリチャード・ニクソンに、政治とは無縁のバラエティ司会者のデヴィッド・フロストが戦いを挑む。この下りは極めて魅力的だ。実際、フロストがニ...
Frost/Nixon / フロストxニクソン (Akasaka high&low)
最初は大統領らしくなかったFrank Langella(フランク・ランジェラ)が最後はニクソンよりニクソンに見えた舞台の映画化がFrost/Nixon(フロストxニクソン)。 ベテランのRon Haward(ロン・ハワード)が光を上手く使った映像で時代の寵児Peter Morgan(ピーター・モーガ...
フロスト×ニクソン■現代版「眼下の敵」 (映画と出会う・世界が変わる)
なんという面白さ!辞任したニクソンを相手にトーク番組を作り、それを自分のステップアップにしようとするテレビの人気司会者。そしてそれの出演によって挽回をねらうニクソン。そしてその二人の周辺の思惑と様々な駆け引き。エポックメイキングなインタビュー番組が出来...
「フロスト×ニクソン」は、テレビが作る劇場社会にひたっている... (映画と出会う・世界が変わる)
フロストとニクソンの対決は、まずはフロストが先制パンチを浴びせるが、そこはしたたかで老獪なニクソン、実にうまくかわして、優位に進めていく。このあたりは国内の政敵やマスコミだけではなく、世界中の国々のリーダーたちとわたりあってきたアメリカ大統領の底知れぬ...
フロスト×ニクソン■あの深夜の電話の真相は? (映画と出会う・世界が変わる)
フロストとニクソンの対決において、当初はそのしたたかさでニクソンが圧倒的に優位であったが、最後にフロストが逆転を果たす。その逆転のきっかけをつかんだのは、あのニクソンからフロストへの深夜の電話であった。このエピソードが実際にあった出来事であるかどうかは...
「フロスト×ニクソン」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
二人の心理戦・・
『フロスト×ニクソン』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
ウォーターゲート事件で、史上初めて辞任に追い込まれたニクソン大統領。イギリスの人気TV司会者フロストは、アメリカでの成功を狙い、ニクソンへの単独インタビューを企画する。一方、政治家としての復帰を望むニクソン陣営も、これを一つの好機ととらえインタビューに...
DVD:フロスト × ニクソン FROST NIXON ネタはいいんだけど、料理しきれたか。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「ダ・ヴィンチ・コード」でかなりミソのついたロン・ハワード監督の新作だったので、公開時にバスしたのが今作。 対決物だけに、演出力が大事だからだ! その判断は後述する。 主演二人のアクターの出来は良い。 ニクソン役のフランク・ランジェラは狡猾でタフそうな感...
フロスト×ニクソン (映画鑑賞★日記・・・)
原題:FROST/NIXON公開:2009/03/28製作国:アメリカ上映時間:122分監督:ロン・ハワード出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケヴィン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ、マシュー・マクファディン、オリヴァー・プラット、サム・ロックウェ...
映画 【フロスト×ニクソン】 (ミチの雑記帳)
DVDにて「フロスト×ニクソン」 今や伝説となった、デビッド・フロストと元大統領リチャード・ニクソンのトークバトルをドキュメンタリータッチで描く。監督はロン・ハワード。 おはなし:1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン(フランク・ラ...
フロスト×ニクソン (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『フロスト×ニクソン』  (2008) = 1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)が、ウォーターゲート事件の汚名にまみれて辞職。 その光景をテレビで見ていたトーク番組の人気司会者デビッド・フロスト(...
フロスト×ニクソン (悠雅的生活)
ウォーターゲート事件。その後。男たちの対決。
映画評「フロスト×ニクソン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり
【映画】フロスト×ニクソン…の記事&輸入家具の味がした話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
連日雨{/kaeru_rain/}です。 雨{/kaeru_rain/}だと肌寒い{/face_hekomu/}のですが、室内で何かもう一枚着るというほどでも無く…肌寒さを我慢しながら記事を書いております{/face_hekomu/} まずは近況報告から 昨日、セブンイレブンで買った飲み物{/drink_juice/} ド...
「フロスト×ニクソン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ニクソン大統領関連の映画は何本か観たことあったなー。
フロスト×ニクソン (いやいやえん)
まるでボクシングのような舌戦。 ニクソン元大統領が任期中に起こした「ウォーターゲート事件」や「ベトナム戦争」等の事をを司会者デビッド・フロストがインタビューを行い、ニクソン本人の口から事件の真相を炙り出そうとする物語です。 ウォーターゲート事件の詳細...
フロスト×ニクソン (我が頭に巣くう映画達)
46点 2008年のアメリカ映画で、 監督は「ビューティフル・マインド」、「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード、 主演はマイケル・シーン、フランク・ランジェラです。 ウォーターゲート事件によ...