銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ココ・シャネル☆COCO・CHANEL

2009-08-13 | 映画:ミニシアター


8月11日、京都シネマにて鑑賞。開場1時間前にチケットを購入しようと行ったところ、すでに6割以上座席は売れている状態。それからあっという間に満席状態となり、立ち見も出るほどの盛況ぶり。お客さんの9割が女性で、しかも年齢層はちょっと高めだ。やはりシャネルはご婦人方の人気ブランドなのだとつくづく感じる。

さてシャネルの映画は、名女優シャーリー・マクレーンが1954年の往年のシャネルを演じ、若き日のシャネルを新鋭バルボラ・ボブローヴァが演じている。シャーリー・マクレーン、貫禄もさることながら、彼女が本当にシャネルなのではと思くらいシャネルになり切っているなあなんて思うのです。(実際のシャネル像を知らないのにね)

若き日のシャネル役のバルボラ嬢は、フランス人なのかと思ったら違いました。彼女はスロべキアの女優さんだそうです。見たところ地味なキャラなので、最初はちょっとイメージ的にどうかな?と思っていたのですが・・・・。ところがお話が進むにつれて、良くなってくる。シャネルに見えてくるのです。魔術のようです。女優さんのパワーなのでしょうか・・・・?


若き日のシャネル

STORY

15年ぶりの復帰コレクションを酷評されたココ・シャネルは、成功に至るまでの半生を振り返る。そこには最愛の恋人との思い出も秘められていた・・・・。

物語は、1954年のパリ。70歳のココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)の15年ぶりのコレクションが始まった。大勢の著名人やマスコミの注目を集めるが失敗に終わる。 ビジネス・パートナーのマルク(マルコム・マクダウェル)は大損害に頭を痛めるが・・・。ココは「失望は何度も味わっているわ」と。ここから少女時代からデザイナーとして成功するまでを振り返るーーーー。


アドリエンヌ(マギー・スティード)とは生涯のパートナー


「香水を選べない女に未来はない」

ココは本名ガブリエルという。縫製で生活を支えていた母の死後、体の弱い姉ジュリアと共にKOZIINに預けられる。父は二人を捨てたのだ。成長したココは、同じ年頃の叔母アドリエンヌとともに、ムーランの洋裁店のお針子となるが、騎兵隊の将校エチエンヌ・バルサンに求愛され、彼のロワイヤリュの屋敷で暮らす道を選ぶ。カフェで披露した歌にちなんで、彼女はココと呼ばれるようになった。


「女は男のためでなく、自分のために装うべきだ」

夢のような贅沢な生活。エチエンヌに乗馬を習うココ。
彼の親友ボーイ・カベルが訪れてパーティが開かれる。エチエンヌの元恋人エミリエンヌが、ココの着けている真珠のネックレスを見て、私のものだったと挑発。ココはプライドを傷つけられる。仕事が生きがいだというボーイに刺激を受け、帽子作りを始めるココ。自作の麦わら帽子は、社交界の場であるポロ競技場で有名デザイナー、ポール・ポアレの失笑を買うが、ある貴婦人の目に留まり、ココは自信を持つ。
そんなココを応援するボーイ。二人は惹かれあうもエチエンヌへの気遣いから去ってしまう。しかしエチエンヌに結婚の意志がないとことが分かる。ココは日陰の女として生きる屈辱に耐えられず、屋敷を出る。

エチエンヌからパリのアパルトマンを借りて帽子店を開くが、上手くいかず苦境に陥るココ。そんなときボーイと再会。彼の出資で立地のよいカンボン通りに開店して成功を収める!しかし高慢な英国大使夫人エリザベスに「男を食い物にする教養のないお針子」と陰口を言われ、大使館のパーティから締め出される。
YUDAYA人の母を持ち、父から拒絶されているボーイにはココの悔しさが痛いほど理解できた。二人の愛は深まる。だがボーイの求婚に、「私が自立してから」と答える。感情に溺れて傷つくことを恐れたのだが、ボーイの音信が途絶えると、不安と後悔に苛まれるのだった。
気分転換にアドリエンヌとドーヴィルへ出かけたココは、そこへ会いに来てくれたボーイと愛を確かめ合う。

そんな矢先第一次世界大戦が始まる。ボーイは戦場へ・・・。ココは彼の勧めでパリを離れ、ドーヴィルに店を出す。漁師の服にヒントを得、安価なジャージを使ってデザインをした着やすく動きやすい服は、疎開してきた上流婦人たちに歓迎され、ポアレの店の客を奪うほどの人気となる。


「戦争でも女は服を着るわよ」


やがて戦争が終わる。ココはパリの店を拡張できるまでになっていた。すべては順調だった。


TIME誌にはボーイの記事が・・・・。


ボーイの思いを断ち切るために髪を切るココ。

しかし、その後の大成功をもたらした「小さな黒いドレス」誕生の背景には、悲しい物語があった。ボーイは結局、父の名付け子で戦争未亡人のレディ・ダイアナと結婚した。ココに許しを乞い、二人でクリスマスを一緒に過ごす約束をしたが、その後、自動車事故で永遠にこの世を去ってしまう。


生涯でただひとり愛した男性、ボーイを亡くしたココが、自分のために作ったのが、小さな黒いドレスだったのだーーー。

今、マルクの反対を押し切って復帰第2回コレクションの準備を進め、窮地に立たされてしまったココは、初めてマルクにこの秘話を語り、「彼と一緒に始めたものを終わらすことはできない」と固い決意を伝える。マルクはココの願いに応えた。
こうして実現した第2回コレクションは大成功!ココは1971年、87歳で生涯を閉じるまで、世界のファッション界で揺るぎない地位を保つのだった。


「私は誰にも借りはない。私が感謝する相手は私だけ!それが“シャネル”って名の重みよ!」

 

それにしてもココ・シャネル、凄い人です。この時代に女性が自立なんてまったく考えなかった事だと思うのですが。彼女は何もないところから、ここまで上り詰めたわけです。それも半端なものではないわけです。ファッションを知らないものでも“シャネル”という名前だけは知っているくらい。そのくらいインパクトのある存在なのですから。香水、スーツ、バッグとトータルなファッションを世に広げた偉大なデザイナー。
才能があるのはもちろんですが、彼女の成功は何といっても努力の結果だと思います。人間は成功ではなく、失敗で強くなるという彼女の言葉が印象的です。普通なら失敗して凹むのがおちですものね。何事にも恐れず、突き進んだシャネルの心意気に共感しました。

そんなシャネルをシャーリー・マクレーンが見事に演じた。本当のシャネルは、マクレーンのような風貌ではなかったそうです。でもマクレーンは本当のシャネルに見えました。もちろん若き日のシャネルを演じたバルボラ嬢もマクレーンに負けず素晴らしかった!

シャネルが亡くなって40年の歳月が過ぎようとしていますが、シャネルを愛する女性は絶えないようですね。それにしてもかなり高額な品々です。私はシャネラーではないので分かりませんが。

メディア 映画
上映時間 138分
製作国 アメリカ/イタリア/フランス
公開情報 劇場公開(ピックス)
初公開年月 2009/08/08
ジャンル ドラマ/ロマンス/伝記

ファッション界の巨人、ガブリエル・“ココ”・シャネルの人生をシャーリー・マクレーン主演で映像化した伝記ドラマ。共演はマルコム・マクダウェル。また、若き日のココ・シャネル役でバルボラ・ボブローヴァ。監督は「アート オブ ウォー」、TV「ヒューマン・トラフィック」のクリスチャン・デュゲイ

オフィシャル・サイト
Lifetime http://www.mylifetime.com/on-tv/movies/coco-chanel (英語)
オフィシャル・サイト
http://coco-chanel-movie.jp/

※さて9月には、オドレイ・トトゥ主演のココ・アヴァン・シャネルが公開されます。これも楽しみです。

ココ・シャネル←シャネルについての詳細

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   Trackbacks (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« G.I.ジョー☆★G.I. JOE: THE RIS... | TOP | ナイトミュージアム2☆★ »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
copye_org@yahoo.co.jp (コピーブランド)
2009-08-13 11:14:45
当店には、ルイヴィトン、シャネル、グッチ、コーチ、ロレックス、プラダ、1 ディオール、ブルガリ財布 その他小物等、
FRANCK MULLER 、OMEGA、CARTIER、
CHANEL、BVLGARI、デュポン、ROLEX時針

▲信用第一、良い品質、低価格は。 
▲お客様が100%満足することは 本社が満足することです。
以下は当店の特恵です:

2件注文して1件商品(2000円)贈呈する

5件注文して3件商品(2000円/件)贈呈する

10件注文して10件商品(2000円/件)贈呈する

10品以上ご注文の場合は、なんと総額から12%offの大特典!

15品以上ご注文の場合は、なんと総額から15%offの大特典!

宜しくお願いします
■URL:http://www.copye.org
素晴らしかったです。 (KLY)
2009-08-13 11:35:43
流石はオスカー大女優でした。圧倒的な存在感でしたよね。あれだけしか出ていないのに彼女が主演だと言われて異論を挟む人はいないのではないでしょうか。バルボラの演技も素晴らしく、彼女からシャーリーへ時代が飛んでも、2人の演技ががピッタリリンクしているのが良かった。2人で話し合ったりしたんでしょうかねぇ。見応え十分の作品でした♪
良かったですね♪ (オリーブリー)
2009-08-13 16:17:00
mezzotintさん、こんにちは。
暑中お見舞い申し上げます〜昨日の京都は猛暑だったみたいですね。
息子もそちらを引っ越して2年になるのですが、京都の暑さが懐かしい(?)です(笑)

ラブストリーの場面が多かったので、苦手な私は少々退屈でしたが、成功と挫折、一人の女性の伝記映画としては細部まで行き届いていましたね。
Unknown (mig)
2009-08-13 18:33:42
こんばんは★

TBコメありがとうございます♪
夏真っ盛りですね。

でも暑いのもいまだけだと思えば乗り切れます^^

わたしはブランドの中ではシャネル大好きですが
シャネル好きじゃなくてもちゃんと楽しめる作品に仕上がっていたし、ミーハーな物語ではなくきっちり作り上げてましたよね。
あと2作も楽しみです♪
こんにちは。 (rose_chocolat)
2009-08-16 22:42:45
40万お祝いコメントありがとうございます。
G.I.ジョーよりも、テーマ的にはこっちの方が好きな作品です。
やっぱり女性ですし☆
興味ありますよね〜。
女優さん (de-nory)
2009-08-26 21:56:55
こんばんは。
バルボラ・ボブローヴァ素敵な女優さんでしたね。
主演シャーリー・マクレーンじゃないって感じでした。
でもって (sakurai)
2009-09-26 08:25:32
こっち見て、しっかとシャネルの人生を勉強させてもらいました。
そうそう、素敵な台詞がちりばめられてて、ぐぐっときました。
戦争でも女性は服を着るし、自分のために装うべきだ!!なんて、すごいですよね。
私も「失敗が人を強くする!」という言葉がものすごく印象に残ってます。
今までブランド品には、興味も縁もなかったのですが、これから見る目が違いそうです。
76328823@qq.com (artsy mm)
2010-09-29 18:22:30
こっち見て、しっかとシャネルの人生を勉強させてもらいました。
そうそう、素敵な台詞がちりばめられてて、ぐぐっときました。
戦争でも女性は服を着るし、自分のために装うべきだ!!なんて、すごいですよね。
私も「失敗が人を強くする!」という言葉がものすごく印象に残ってます。
今までブランド品には、興味も縁もなかったのですが、これから見る目が違いそうです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

37 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ココ・シャネル/シャーリー・マクレーン (カノンな日々)
シャネルを描いた伝記映画はこの他にオドレイ・トトゥが主演の『ココ・アヴァン・シャネル』ももうすぐ日本で公開されるんですよね。それを知らなかった当初は「あれ?シャーリー・マクレーンも出てくるの?」とごっちゃになってました。シャネルのことは学生時代に服装史...
ココ・シャネル (LOVE Cinemas 調布)
誰もが知っているファッションブランド「シャネル」の創始者、ガブリエル・“ココ”・シャネルの伝記映画。主演でシャネルを演じるのはオスカー女優シャーリー・マクレーン。共演に若き日のシャネルを本作大抜擢のバルボラ・ボブローヴァ、そしてマルコム・マクダウェル...
ココ・シャネル (心のままに映画の風景)
1954年のパリ。 15年のブランクから復帰したココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)のコレクションは、周囲の厳しい反応で不評に終わる。 ...
ココ・シャネル (そーれりぽーと)
今年はココ・シャネル生誕125周年にかけて、彼女関連の映画が3本も国内外で公開されるのだそうで、そのうち最初に日本に上陸した『ココ・シャネル』を観てきました。 ★★★ 老いて尚ファッション界のトップに返り咲き席巻する夢を“当然”と断行するシャネルは、結果1...
ココ・シャネル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
偉大なデザイナー、ココ・シャネルの伝記映画が相次いでやってくるが、本作はもっともわかりやすい作りではなかろうか。孤児院育ちから、お針子になり、帽子作りで頭角を現した若き日々は、運命の恋人ボイ・カペルの出現によって激変していく。映画は恋愛を中心に語られる...
「ココ・シャネル」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.8.9 公開中の「ココ・シャネル」。 監督:クリスチャン・デュゲイ 脚...
ココ・シャネル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] 実は、デザイン画が描けなかった世界のトップクリエイター。
「ココ・シャネル」 自分らしくあれ (はらやんの映画徒然草)
先日「ブランドの条件」という本を読んだところ、シャネルについて書いてあって興味が
ココ・シャネル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は流行をつくっているのではない スタイルをつくっているの』  コチラの「ココ・シャネル」は、創業から100年、世界のトップ・ブランドであるシャネルの創業者で、生誕して125周年を迎えたココ・シャネルの生涯を描いた8/8公開のバイオグラフィー映画なのです...
ココ・シャネル (シネマ大好き)
ブランドに興味がなく、シャネルでもったことのあるのは、昔買ったアリュールだけ。香水をつけるのも何となく落ち着かず、いつの間にか古くなってしまった。でも、ココ・シャネルその人には興味あり。ということで観てきました。 70歳で15年ぶりのショーに失敗したココ...
『ココ・シャネル』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:COCOCHANEL監督:クリスチャン・デュゲイ脚本:エンリコ・メディオーリコスチューム・デザイナー:ピエール・イブ・ゲロー出演:シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。<...
*『ココ・シャネル』* ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ映画、クリスチャン・デュゲイ監督、シャーリー・マクレーン主演。
『ココ・シャネル』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ココ・シャネル」□監督 クリスチャン・デュゲイ □脚本 エンリコ・メディオーリ □キャスト シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガモア・ステヴナン、オリヴィエ・シトリュク ■鑑賞日 7...
ココ・シャネル (to Heart)
私は流行をつくっているのではない スタイルをつくっているの 製作年度 2008年 上映時間 138分 監督 クリスチャン・デュゲイ 出演 シャーリー・マクレーン/バルボラ・ボブローヴァ/マルコム・マクダウェル/マルク・ボウシエ/サガモア・ステヴナン/オリヴィエ・シトリュク...
【ココ・シャネル】 (日々のつぶやき)
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演:シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル    私は流行をつくっているのではない           スタイルをつくっているの 「1954年のパリ、15年ぶりにコレクションを開催したココ
ココシャネル 映画 (youtube最新動画ニュースblog)
シャネル【送料・ラッピング無料】ドットが危なげに浮遊する、ココシャネルマークとの総柄ネクタイ商品価格:15,750円レビュー平均:0.0 ココ・シャネルCOCO・CHANEL - 銅版画制作の日々残暑お見舞い申し上げます。暦の上では、立秋ですが・・・。それにしても暑い(汗)(...
ココ・シャネル/不在の父を求めて (マダム・クニコの映画解体新書)
ココは「恋多き女」といわれているが、少女時代に母を亡くし、頼るべき父にも棄てられて孤児になったため 、男性に父親的な存在を求めたのである。  その一方で、そうしたトラウマから、男性を心から信頼することが出来ず、結果的に棄てられる、ということを繰り返した...
モードの先駆者〜『ココ・シャネル』 (真紅のthinkingdays)
  COCO CHANEL  1954年、パリで15年ぶりのコレクションを開いたココ・シャネル(シャーリー・ マクレーン)。しかし、プレスの評価は惨...
*ココ・シャネル* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2008年  アメリカ 1954年、パリ。空白の15年を経て、復帰コレクションを用意したココ・シャネルのオートクチュール店にはたくさんの評論家や顧客が詰め掛けていた。しかし、コレクションは不評に終わり、...
ブルガリの財布 ブランドアイテム (流行の財布ブランド通販)
ブルガリブランドの特徴 ブルガリは、イタリアの宝飾店として始まり、時計やアクセサリーなどで有名です。 現在では120年以上の歴史を誇る格調のある高級品ブランドとなっています。ブルガリで最近人気が高い商品は、B-ZERO1シリーズなどとよばれるモチー...
ココ・シャネル (墨映画(BOKUEIGA))
ブランド品。私にとっては、ほとんど興味が無い世界。 ファッションに気を使わなくは無いのだけれど、「有名ブランドでないといかん。」ということは全く無い。 そんな、私でも知っている「シャネル」。 その創始者ココ・シャネルの半生を描いたドラマである。 シャネル...
「ココ・シャネル」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
純粋なフランス映画で見たかった!!何となく違和感が拭えないのですよねえ・・渋谷ル・シネマは、シャネルの話だけにほとんどが女性客。黒と金のおシャネル満艦飾の婦人から109ファッションまで幅広い年齢層。どことなく香水の香りも漂っていました。映画そのものは・・....
「ココ・シャネル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Coco Chanel」 2008 USA/イタリア/フランス/UK ココ・シャネルに「アパートの鍵貸します/1960」「愛と喝采の日々/1977」「あの日の指輪を待つきみへ/2007」のシャーリー・マクレーン。 若き日のココ・シャネルに「見つめる女/2004」「気ままに生きて/2006」...
ココ・シャネル (映画どうでしょう)
映画 ココ・シャネル の感想 トップブランドシャネルの創始者でデザイナー、ココ・...
ココ・シャネル (映画の話でコーヒーブレイク)
あまたある伝記物の本や映画は、大きく分けて二通り。 困難を乗り越え成し遂げた功績を称え賞賛するものと、 偉人として確立しているイメージと異なる面を描き、「実はこんな面もあった」とか 「えっ、こんな人だったの・・・」ちょっとしたショックを与えるもの。 「人間...
ココ・シャネル (こんな映画見ました〜)
『ココ・シャネル』 ---COCO CHANEL--- 2008年(アメリカ/イタリア/フランス) 監督:クリスチャン・デュゲイ 出: シャーリー・マクレーン 、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル ファッション界の巨人、ガブリエル・“ココ”・シャネルの人生をシ...
ココ・シャネル (Diarydiary!)
《ココ・シャネル》 2008年 アメリカ/イタリア/フランス映画 − 原題 −
ココ・シャネル (迷宮映画館)
ダイジェスト版を見た後、ちゃんと人生を追って見れた。
映画 【ココ・シャネル】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ココ・シャネル」 デザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。 おはなし:1954年のパリ。空白の15年を経て復帰コレクションを用意したココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)だが、新作ショーは不振に終わる・・・。 先日「ココ・アヴァン・シ...
ココ・シャネル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「私は誰にも借りはない。私が感謝する相手は私だけ!それが“シャネル“って名の重みよ!」ファッション界に革命をもたらした世界的なデザイナー、ココ・シャネル。 数々の伝説に彩られた彼女の人生の真実を豪華キャストで感動的に描く。 物語:1954年、パリ。70歳...
「ココ・シャネル」の方が「ココ・アヴァン・シャネル」より創作... (映画と出会う・世界が変わる)
「ココ・アヴァン・シャネル」と比較すれば、この「ココ・シャネル」の方が非常に面白く、そして彼女の心情がよく描けていたと思う。何よりもクリエイターとしての彼女の思いはよく描けていたし、ボーイ・カペルが彼女を支援したのが決して金持ちの道楽や気まぐれではなく...
ココ・シャネル (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ココ・シャネル’08:イタリア+フランス+米 ◆原題:COCO CHANEL◆監督: クリスチャン・デュゲイ「ヒューマン・トラフィック」(TVM) 「アート オブ ウォー」◆出演: シャーリー・マクレーン 、 バーボラ・ボブローヴァ 、 マルコム・マクダウェル ◆STORY◆1954年、...
mini review 10442「ココ・シャネル」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
現在でも世界中で愛されるトップブランドの創始者でデザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。第二次世界大戦後、亡命生活を終えてファッション界へカムバックを果たした1954年以降のシャネルが、自身の駆け出しの時代を追想する2部構成で、世界で最も有名なデ...
「ココ・シャネル」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
シャーリー・マクレーン演じるの“現在”よりも、回想シーンの方が多かったんですね
映画評「ココ・シャネル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年フランス=イタリア=アメリカ映画 監督クリスチャン・デュゲイ ネタバレあり
ココ・シャネル (映画鑑賞★日記・・・)
【COCO CHANEL】 2009/08/08公開 アメリカ/イタリア/フランス 138分監督:クリスチャン・デュゲイ出演:シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガモア・ステヴナン、オリヴィエ・シトリュク1954年、パリ。15年の沈黙を経て、復帰...
■映画『ココ・シャネル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
女性の憧れのハイブランド、シャネルの創始者、ガブリエル・シャネルの“女の一代記”とでもいうべき映画『ココ・シャネル』。 71歳になったシャネルが、過去の自分を回想するというスタイルで、過去の恋愛や“シャネル”ブランドが確立していく様子を描き出します。 シ...